Feeds:
投稿
コメント

mark-gurman

[Mark Gurman:photo

このところ目覚ましい活躍を見せる Mark Gurman が John Gruber のポッドキャストに登場した。

Daring Fireball: “This Week on The Talk Show: Mark Gurman” by John Gruber: 22 April 2014

新進気鋭の若手が大ベテランに声をかけられた形だ。

久しぶりにオモシロくて、夜明けのベッドの中でみっちり聞いてしまった。

話題の中心は、Greg Christie の引退をめぐる Gurman のスクープ

併せてアップル報道のあり方やウワサの取り上げ方にも及ぶ。

ウラ取りが出来ない、セカンドソースの取れないものは記事にしないという Gurman の姿勢が的中率の高さにつながるのだろう。

何よりもソースとの信頼関係を大切にし、出所の分からないネタには手を出さないという。

「見知らぬひとからの美味しそうなサンドイッチが玄関においてあっても誰が手を出すだろうか」という比喩がオモシロかった。

直接取材に出歩くことはしないが、様々な手段があるので取材できるという。

高校生のプロとして登場した Gurman も、今やミシガン大の2年生になった。

学業の傍らプロとして 9to5Mac に記事を書くというのだから何ともスゴい。

伝説的な「Think Secret」のハーバード大生を Gruber が引き合いに出すのも宜(むべ)なるかな。

当然アップルの最近のウワサについても触れる。

3つだけ。

・OS X 10.10 の製品名

Yosemite(ヨセミテ)というのはいい名前だ[Gruber]

・iWatch/ウェアラブル

まだ時間がかかりそう[Gurman]

・新しいカテゴリー製品

- Tim Cook の発言にも関わらず今の時期になってもまだ音沙汰無し
- ラップトップ以上の何かが出てもおかしくない[Gruber]
- 何かまずいことが起きたのでは[Gurman]

アップルのニュースやウワサを追いかけるひとにとってはなかなか興味深く、参考になる話が多い。

全体を通して聞かれるとオモシロいと思う。

個人的にとくに興味があったのは、ウラ取りの出来ない話は記事にしないという点。

見るからにオイシそうな話で、飛びついて失敗したことが何回かある。

レポーターと異なり読者に過ぎない筆者としては、自分の足で取材することなどできないから、複数の記事で確認できないかぎり自分のブログには取り上げないよう努力している。

Gruber と Gurman の話はブロガーにとっても大変参考になる・・・

★ →[ポッドキャストを聞く:The Talk Show

boyle-dicaprio

[DiCaprio と Boyle:photo

映画好きの MG Siegler が、Christian Bale ではなく Leonardo DiCaprio がジョブズ役になりそうだというのでガッカリしている。

ParisLemon: “Boyle & DiCaprio To Team Up For The Steve Jobs Film?” by MG Siegler: 21 April 2014

     *     *     *

Boyle 監督、DiCaprio 主役か

Boyle & DiCaprio To Team Up For The Steve Jobs Film?

The Hollywood Reporter 紙の Kim Masters いわく:

Kim Masters:

ソニー・ピクチャーズは期待のスティーブ・ジョブズ伝記映画の監督を David Fincher から Danny Boyle に替える方向で協議に入った。Boyle は Leonardo DiCaprio に主役の話を持ちかけているという。

Moving fast to replace David Fincher on its highly anticipated Steve Jobs movie, Sony Pictures is in talks with Danny Boyle to direct the biopic of the late Apple Computer co-founder. Boyle is said to have approached Leonardo DiCaprio to star.

     *     *     *

ガッカリだ

David Fincher と Christian Bale の組み合わせほどよくはない・・・というか、もっとずっと悪い。

Not as good as the Fincher/Christian Bale combo, but could be a lot worse.

興味深いことに、『アメリカン・サイコ』(原題:American Psycho)の主役は DiCaprio が降りた後 Bale になった。(Bale としては今回の役を承諾していたワケではないので[MG Siegler の期待は]完全に夢物語に終わってしまった。)Boyle と DiCaprio が一緒に仕事をしたのは『American Psycho』の代わりに撮った『ザ・ビーチ』(原題:The Beach)が最近作だった。

Interestingly enough, Bale got his role in American Psycho when DiCaprio dropped out. (Though Bale was obviously never actually committed here, it was more of a perfect pipe dream.) And the last time Boyle and DiCaprio worked together was the movie DiCaprio made instead of American Psycho: The Beach.

     *     *     *

先日 The Dissolve が、どんな役にも挑戦して成りきってしまう Bale の特集をしていた。いわく「どんな役にでも変身する Christian Bale」(Christian Bale, shape-shifter)と。

Bale がジョブズを演じることを期待してのことだろう。

DiCaprio のジョブズなんてなかなか想像できない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

伸び悩む iPad

Braeburn-Group-iPad-Edited

[伸び悩む iPad:chart

iPad が伸び悩んでいると Jean-Louis Gassée が指摘している。

Monday Note: “The iPad Is a Tease” by Jean-Louis Gassée: 20 April 2014

それに対する John Gruber のコメントが興味深い。

Daring Fireball: “On the Leveling-Off of iPad Sales” by John Gruber: 21 April 2014

     *     *     *

頭打ちになった iPad の伸び

On the Leveling-Off of iPad Sales

対前年比で見ると iPad の伸びが頭打ちになってきていると広く言われていることについて Jean-Louis Gassée いわく:

Jean-Louis Gassée, on the widespread expectation that year-over-year iPad sales have leveled off:

感動に満ちたコマーシャルにもかかわらず、アップルの iPad に対する期待は現実的な可能性を大きく超えている。iPad だけを利用するユーザーの数は多いが、それ以外にもかなりの数の両刀使いのユーザー、すなわちタブレットと従来の PC を日常的に使用するユーザーが存在するのだ。

Despite the inspiring ads, Apple’s hopes for the iPad overshot what the product can actually deliver. Although there’s a large numbers of iPad-only users, there’s also a substantial population of dual-use customers for whom both tablets and conventional PCs are now part of daily life.

非現実的な期待から覚めたとき、iPad の売れ行きには小康状態が訪れると思う。多くのひとが当初期待したほど iPad が PC に取って代わるのは時期尚早だったと。

I see the lull in iPad sales as a coming down to reality after unrealistic expectations, a realization that iPads aren’t as ready to replace PCs as many initially hoped.

     *     *     *

要すれば

要すれば Gassée は、タブレットの売れ行きは頭打ちになる、iPad の成長には Mac のようにより高度の作業ができる能力が必要だといっている。

In short, Gassée is arguing that tablet sales have hit a wall, and that the iPad needs to grow more Mac-like capabilities for advanced tasks.

     *     *     *

iPhone を視野にいれると

Gassée に対して Benedict Evans がつぎのようにツイート。興味深い議論の輪が広がっている。

Gassée’s piece spawned an interesting thread on Twitter, in which Benedict Evans argued:

議論の前提: iPad の伸び悩みは PC 市場にとって悪いニュースであり、電話が PC 利用の大きなシェアを占めることができることを意味する。

Posit: slow iPad sales are worse news for the PC market: implies phones can take the greater share of PC use cases.

     *     *     *

iOS デバイスで考えると

これはなかなか説得力があると思う。われわれはタブレットの究極の役割を過大評価し、電話の役割を過小評価したのかもしれない。そしてこの議論は業界全体が5インチサイズの電話ディスプレイに向けて動いていることでいっそう混乱する。

I find that compelling. We might have overestimated the eventual role of tablets and underestimated the role of phones — and the whole argument is further muddled by the industry-wide move toward 5-inch-ish phone displays.

     *     *     *

最後の一行がとくに興味深い。

exhibit-no-413046

[消費者はアップルにないものを望んでいる:chart

アップル対サムスン裁判で表に出た証拠のひとつに上のスライドがあった。ライバルのように大型モデルを出さないと iPhone は伸びないというアップルの内部資料だ。

iPhone だけで考えれば、ライバルに対抗するためには大型スクリーン iPhone を出すのが必然のように思える。

一方 Gruber のコメントに従えば、iOS デバイスとしての iPhone と iPad はお互いに食い合う関係にあることになる。

ウワサの大型スクリーン iPhone についてアップルがどう出てくるのかたいへん興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

アップルの真実

Bjwcn0yCQAAiwKO

[The Three Noble Truths of Apple | @Britanniacomms

一枚の写真がすべてを語る・・・

Nike_Fuelband_SE_35829199_02

[ナイキの FuelBand:image

FuelBand からナイキが撤退するというウワサは以前から聞こえていたが、とうとう開発チームを解雇したらしい。

CNET: “Exclusive: Nike fires majority of FuelBand team, will stop making wearable hardware” by Nick Statt: 18 April 2014

     *     *     *

開発チームを解雇

スポーツ用品メーカーのナイキはウェアラブルハードウェアからの撤退を考えており、同社のフィットネストラッカー FuelBand の開発にあたってきたチームのほとんどを今週解雇した、と事情に詳しいある人物が CNET に語った。・・・

Nike is gearing up to shutter its wearable-hardware efforts, and the sportswear company this week fired the majority of the team responsible for the development of its FuelBand fitness tracker, a person familiar with the matter told CNET. […]

     *     *     *

ハードウェアへの依存度を減らす Nike+

手首につけるフィットネストラッカーのマーケットでは競争が激化しており、ナイキのデジタルアプリエコシステムである Nike+ は、スマートフォンのセンサーが改良されるにつれてウェアラブルへの依存度を減らしてきている。換言すれば、ナイキがハードウェアレースに参加することは、同社のウェアラブルハードウェアが明確な収益をもたらせないでいることからますます意味を持たなくなってきている。とくにアップルやグーグルのような会社が競争への参加を準備中であるのでなおさらそうだ。

There’s increasing competition in the market for wrist-worn fitness trackers, and Nike’s digital app ecosystem, Nike+, has grown less reliant on wearables as smartphone sensors have improved. In other words, it makes less and less sense for Nike to stay in the hardware race when its physical wearables are not bottom-line needle movers, especially as companies like Apple and Google prepare to join the fray.

     *     *     *

アップルの Tim Cook がナイキの取締役を務めていることはよく知られている。(ナイキの FuelBand アプリは iOS デバイスでしか利用できず、Android バージョンはない。)

もしナイキが iWatch などアップルの動向に通じているとしたらとても興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

3D プリンターなら早い

3D-printing-homes

[3D プリンター製の建材で:photo

WSJ: “How a Chinese Company Built 10 Homes in 24 Hours” by Esther Fung: 15 April 2014

     *     *     *

短時間で建設

中国の建設業者は大規模な不動産プロジェクトでも非常に短時間で建設することで有名だ。ある会社が更に一歩進める試みをしている。

Chinese companies have been known to build major real-estate projects very quickly. Now, one company is taking it to a new extreme.

     *     *     *

3D プリンターで家を建てる

蘇州市の建材会社 Winsun New Materials は、2千万元(320 万ドル)と12年の歳月をかけて開発した巨大な 3D プリンターを利用してこれまでに 10 軒の 200 平方メートルの家を建てたという。
  

Suzhou-based construction-materials firm Winsun New Materials says it has built 10 200-square-meter homes using a gigantic 3-D printer that it spent 20 million yuan ($3.2 million) and 12 years developing.

     *     *     *

積層プロセス

3D プリンターが登場し数年経つが、モデル、プロトタイプ、航空機パーツ、ときには宝石のような小さいものまで作るのに利用されるようになった。3D プリンターの積層プロセスでは、材質のレイヤーをひとつひとつ重ねて最終製品が作られる。

Such 3-D printers have been around for several years and are commonly used to make models, prototypes, plane parts and even such small items as jewelry. The printing involves an additive process, where successive layers of material are stacked on top of one another to create a finished product.

     *     *     *

巨大な 3D プリンター

Winsun の 3D プリンターは高さ 6.6 メートル、幅10 メートル、長さ 150 メートルで、製造のための「インク」はセメントとグラスファイバーを混ぜたものから作られる。中国のグリーンアジェンダに鑑みて、将来は建築現場や採掘現場の廃材を使って 3D ビルを建てる計画だと言う。

Winsun’s 3-D printer is 6.6 meters (22 feet) tall, 10 meters wide and 150 meters long, the firm said, and the “ink” it uses is created from a combination of cement and glass fibers. In a nod to China’s green agenda, Winsun said in the future it plans to use scrap material left over from construction and mining sites to make its 3-D buildings.

     *     *     *

法規制のハードル

Winsun によれば、これら建築資材の印刷費用は従来の約半分だという。技術としては効率的なようだが、法規制というハードルがあるために広く利用されるには至らなさそうだ。

Winsun says it estimates the cost of printing these homes is about half that of building them the traditional way. And although the technology seems efficient, it’s unlikely to be widely used to build homes any time soon because of regulatory hurdles, Mr. Chen said.

     *     *     *

中国が最初ではない

3D プリンターで家を作る試験を行ったのは中国が最初ではない。アムステルダムの建築家たちは 13 室ある家を家具まで含めて 3D プリンターで建築している。このブロジェクの責任者であるオランダの建築家は、完成には3年かからないだろうとウェブサイト上で述べている。

The Chinese firm isn’t the first to experiment with printing homes. Architects in Amsterdam are building a house with 13 rooms, with plans to print even the furniture. The Dutch architect in charge of the project said on the project’s website it would probably take less than three years to complete.

     *     *     *

アメリカが国を挙げて 3D プリンティングに取り組んでいるのも分かる気がする。

やはり既存の法規制がネックになってくるか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

ペン回しがスゴい!

[Epic Pen Spinning | YouTube

まるで自分の意志があるみたい・・・

[via The Loop

★ →[ビデオを見る:YouTube