Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘John Paczkowski’

sesamestreetmacbookair

繰り返し出てくるウワサのひとつが Retina ディスプレイの MacBook Air だ。

今週のスペシャルイベントでも期待するひとは多いが、John Paczkowski がそれを否定している。

Code/red: No Retina MacBook Air at Thursday Apple Event | Re/code

     *     *     *

まだ終わらない Retina MacBook Air のウワサ

Retina MacBook Air Rumors to Continue for Foreseeable Future

たしかにアップルは Retina MacBook Air を開発しているかもしれないが、今週のイベントで発表されることはない。アップル情報に詳しい複数のソースによれば、イメージの新しくなった超軽量ラップトップは木曜日のイベントでは披露されないという。今月初めにもいったように、このイベントは、アップル最新の iPad、新ハイレゾ iMac、それに OS X Yosemite というタイトルで飾られることになるだろう。

Apple may well have a new MacBook Air with Retina Display in the pipeline, but it’s not going to unveil it this week. Sources familiar with Apple’s plans tell me that the company’s latest reimagining of the ultralight laptop won’t be shown off at its Thursday event. As I reported earlier this month, this event will be headlined by Apple’s latest iPads, a new hi-res iMac and OS X Yosemite.

     *     *     *

少なくとも Way Too Long(お待たせ)には含まれないと。

やっぱり控え目なイベントになるか・・・

Read Full Post »

oompaipad

やっと iPad イベントのスクープ!

Apple to Hold iPad Event on October 16 | Re/code

     *     *     *

iPad イベントは10月16日

複数のソースが Code/red に語ったところによれば、アップルの次なるイベントは10月16日(木) — 10月21日ではない — に開催されるという。予想される見出しは:最新の iPad ラインアップ、それに 9to5Mac が今週初めに伝えた新しい iMac。さらには OS X Yosemite も。

Sources tell Code/red the company will hold its next special event on Thursday, Oct. 16 — not the 21st. Headlining the gathering: The latest updates to its iPad line, along with those new iMacs that 9to5Mac told us about earlier this week. Also: OS X Yosemite.

アップルの9月イベントが目を見張るような壮観だったのに比べると、今回はもっとリラックスしたものになるだろう。会場もアップル本社の Town Hall Auditorium で、例の不思議な建造物もなければ、奇妙な一曲だけのコンサートもなしだ。アップルのコメントは得られなかった。

Given the breadth and spectacle of Apple’s September event, this one will be a more laid-back affair held at the company’s Town Hall Auditorium in Cupertino, without any mysterious white structures and awkward one-song concerts. Apple declined comment.

     *     *     *

さあ、いよいよか・・・

     *     *     *

追記:これまでで最も退屈なイベント?

控え目といわれる iPad イベントについて Mark Gurman が冷めた見方をしている。

一連のツイートから:

Mark Gurman @markgurman

これまでで最も退屈なイベントになる?
Our Most Boring Event Yet

Mark Gurman @markgurman

Tim Cook が登場して iPhone の販売実績、Apple Watch の素晴らしさについて語る。アップルストアでの iPhone 発売ビデオも。それから Craig が登場、Yosemite について語る。
Tim Cook walks on stage, talks iPhone sales, Apple Watch amazingness, shows video of iPhone retail launch. Craig up. Talks Yosemite.

Mark Gurman @markgurman

続いて Phil の登場。新しい iMac とMac mini について語り、Yosemite での動きが素晴らしいという。Tim の再登場。iPad は革命的だと。また Phil が登場・・・
Phil comes up, talks new iMacs and Mac minis, says they work beautifully with Yosemite. Tim back, iPad is a revolution. Phil back…

Mark Gurman @markgurman

新しい iPad Air にはゴールド版も。10% 薄く、やや高速になり、2013 年 iPhone の Touch ID ボタンを装備。出荷は10月末。
New iPad Air comes in gold, is 10% thinner, slightly faster, has the Touch ID button from 2013’s iPhone. Ships end of October.

Read Full Post »

tim-cook-ios7

Apple Taps Interim PR Boss | Re/code

After nearly six months of searching and deliberation, Apple appears to have settled on a successor to Katie Cotton, its former VP of worldwide corporate communications — and it’s not former White House Press Secretary Jay Carney. It’s Apple comms veteran Steve Dowling…

Given that, there’s a new question that’s top of mind for Apple watchers: What will Nat Kerris — who has headed up Apple product PR for years — do now?

Read Full Post »

flintcenter

[iPhone 6 イベントの会場の不思議な建造物:MacRumors

ウェアラブルのスクープをものにした John Paczkowski が、肝心の出荷はだいぶ先になるといっている。

     *     *     *

ウェアラブルデバイスはすぐには出荷されない

9月9日にはアップルが新しいウェアラブルデバイスを出すのだろうか? 実際にそれを手にするまでにはしばらく時間がかかりそうだ。その情報を知る立場にあるソース(複数)によれば、市販されるまでには数か月かかるだろうという。ソースのひとりは「すぐには出荷されないだろう」という。じゃいつアップルはみんなが待ちこがれているウェアラブルを出すのだろうか? それは不明だ。自分の考えではクリスマスシーズンがすぎるまでは市販されないだろうと思う。2015 年初期と考えた方がいいかも・・・

[…] So that new wearable device Apple is introducing on September 9? It’s going to be a while before anyone is actually wearing it. Sources in position to know tell me it won’t arrive at market for a few months. “It’s not shipping anytime soon,” said one. So when does Apple plan to ship its eagerly anticipated wearable? That’s not clear, but my understanding is that we’re unlikely to see it at retail until after the holiday season — think early 2015.

     *     *     *

そんなに前広にアップルが公表する理由は何だろうか? John Gruber の考えが興味深い。

オリジナル iPhone のときと同じ

本当だとしたら何故だろう? オリジナル iPhone が事前に発表されたのと同じような理由ではないかと考える。そうしなければ世界中の規制当局への申請の段階でリークしてしまうだろう。それに、新しいカテゴリーの製品につきもののオズボーン効果の心配をする必要もなくなる。

If true, why? I’m guessing something similar to why they pre-announced the original iPhone — otherwise it would leak through regulatory filings with various governments around the world. Plus, they have no worries about the Osborne Effect with a new product category.

     *     *     *

アップルの情報はもっぱらリークが主体になってしまったが、確たる情報はまだない・・・

Read Full Post »

flintstone-wristphone

John Paczkowski が9月9日の iPhone イベントについて新たな情報を提供している

     *     *     *

新しいウェアラブルも?

2つの次世代 iPhone が9月9日に発表されることは前にお知らせしたが、併せて新しいウェアラブルもひとつ発表される予定であることが分かった。(「ジョーク」じゃないよ、Gruber さん。)予想どおりなら新しいデバイスは、アップルの健康・フィットネスプラットフォーム HealthKit や、接続機器をコントロールする HomeKit を活用したものになるハズ。もっともどの程度ないしはどんな形になるかは不明。

[…] Apple now plans to unveil a new wearable alongside the two next-generation iPhones we told you the company will debut on September 9. (Funny “joke,” Gruber.) The new device will, predictably, make good use of Apple’s HealthKit health and fitness platform. It will also — predictably — make good use of HomeKit, the company’s new framework for controlling connected devices — though it’s not clear how broadly or in what way.

プレスへの招待状はいつ発出されてもおかしくないよね。以前述べた10月のイベントがどうなるかはっきりしないが、今のところまだその予定ではないかと思う。

[…] Invitations should be going out any day now, right? No word yet on the fate of the October event I mentioned earlier this summer, though I imagine it’s still on.

     *     *     *

これまでと違っていっさい情報ソースを明らかにしていない点、また「ひとつのウェアラブル」というだけで「iWatch」とはいっていない点が注目される。

この秋はアップルから目が離せない・・・

     *     *     *

追記:なぜリーク写真がないのか

Paczkowski の特ダネには反論もある。今のいままでニュースが秘匿されていた点だ。ソースが明らかにされていないせいでもある。

その一例:

     *     *     *

リーク写真は?

Roland3486@Roland3486

そんなことはない。それならプロトタイプの写真が出回ったはずだ。iPad や iPhone の写真は早くから出回っているではないか。
@JohnPaczkowski Not going to happen! By now we would have seen prototype pics being publish.Remember the iPad and iPhone pics came out early

     *     *     *

Paczkowski の反論:

厳しい機密保持

John Paczkowski @JohnPaczkowsk

[出回っていない理由:]新製品であること。サプライチェーンの規模が小さいこと。それに機密保持をいっそう厳しくやっていること。
@Roland3486 new product. Much smaller supply chain. Double down on secrecy.

Read Full Post »

Update:Gruber が前言撤回?》

20140805_161103

[モトローラのウェアラブル Moto 360:Mister Gadget

John Gruber が彼一流のさりげないやり方で、アップルが腕時計型ウェアラブルデバイスを来月発表すると示唆している

今年夏に出荷されるというウワサの Moto 360 Smartwatch について触れたコメントだ。

     *     *     *

アップルのウェアラブルは9月発表か

モトローラのデザイナーは Moto 360 Smartwatch へ注意を引こうとやっきだ。まるでパンクしたタイヤのような妙な形なのに・・・

It looks like Motorola’s designers tried to draw as much attention as they could to the 360’s stupid flat-tire display shape.

来月アップルが腕時計型ウェアラブルデバイスを発表してもまだ出荷されてないということになったらもっと不様だろう。

The only way this could get funnier would be if it doesn’t even ship until after Apple announces their wrist wearable thing next month.

     *     *     *

これはこれまでの John Paczkowski の10月説とは異なっている。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Gruber が前言撤回?

9月発表を示唆したばかりの Gruber が前言を撤回したようだ・・・

     *     *     *

ジョークだよ

John Gruber ‏@gruber

・・・ところで、アップルが腕時計型ウェアラブルを9月に発表するのかそれとも10月にするのか自分にはさっぱり分からない。ジョークをいっただけ・・・

John Gruber ‏@gruber

@Casey… By the way, I have no idea whether Apple is planning wrist thing for September or October, just making a joke.

     *     *     *

はてさて・・・

Read Full Post »

announcmentiphone6codered

今年の iPhone イベントの期日が確定したと John Paczkowski が報じている。

WSJBloomberg もそれを確認している。

それにしても 4.7 インチと 5.5 インチディスプレイの iPhone が二つとも追加されるというウワサは本当なのだろうか。

Read Full Post »

tim_cook_redchair

[Cook の意向か:photo

辞めたばかりの Katie Cotton の後任に外部の人材も検討中だと John Paczkowski がすっぱ抜いている。

Re/code: “Apple Looks Outside for New Comms VP” by John Paczkowski: 09 June 2014

     *     *     *

フレンドリーで、より親しみやすい顔を

Cotton の後任ポストの内部候補者は少なくとも2人 — 広報ベテランの Steve Dowling および Nat Kerris — はいるが、アップルは外部の人材も求めている。情報を知る立場にあるソースが Code/red に語ったところによると、Tim Cook が人材探しを指揮しており、知名度の高い外部候補者も検討中だという。Tim Cook はアップルの広報に「よりフレンドリーで」、「より親しみやすい」顔をあてるべく特に注意を払っているという。広報担当副社長は直接 Cook の指揮下にはいることを考えればなんら驚くべきことではなく、可能な限りベストの人材を据えたいと望んでいるのは明らかだ。さりながら、スティーブ・ジョブズが手塩にかけてきたベテラン2人を外部者に変えるのは、アップルの広報戦略および広報チームにとって大転換でありたいへん興味深い。

And though there are at least two well-qualified internal candidates for the job — comms veterans Steve Dowling and Nat Kerris — Apple is also looking outside the company for Cotton’s replacement. Sources in position to know tell Code/red that CEO Tim Cook is overseeing the search, aiming to find some high-profile external candidates for consideration. And he’s paying particular attention to those he believes could put a friendlier, more approachable face on Apple’s public relations efforts. Hardly surprising, as VP of comms is a position that reports directly to Cook, and he obviously wants to put the best person he possibly can into it. But interesting nonetheless, as passing over a pair of veterans groomed under company co-founder Steve Jobs for an outsider could herald a big shift in Apple’s PR strategy and its comms team.

     *     *     *

John Gruber がこのニュースに注目している。

Daring Fireball: “Intrigue Regarding Katie Cotton’s Successor” by John Gruber: 09 June 2014

興味をそそられる

2つの意味で興味をそそられる。

I find this intriguing on two levels:

1)Tim Cook は誰を外部から連れてきて、いかなる変化が生じるだろうか?

1. Who from the outside might Tim Cook bring in, and what changes would they make?

2)Paczkowski のこの話のソースは誰か? この話を知りうる立場のひとは非常に限られている。Tim Cook がリークしたいと考えたのか、それとも誰かが Cook の意思に反してリークしたのかそのどちらかだ。どちらにしても興味をそそられる。Cook が漏らしたとすれば唯一考えられる理由は、候補者の網を広げたい、少なくとも外部者も検討していることを世に知らしめたいということだろう。それともあるいは、候補者のインタビューが始まったとき必然的に起きるであろうゴシップに先制攻撃をかけるためか・・・

2. Who is Paczkowski’s source for this story? Surely there are only a few people in a position to know this. Either Tim Cook wanted this leaked, or, someone leaked this against Cook’s wishes. Either way it’s intriguing. The only reason I can think of why Cook would want this leaked is to cast a wider net for candidates — to spread the word that he’s at least considering hiring an outsider. Or, I suppose, to preempt the inevitable gossip once he does start interviewing candidates.

     *     *     *

秘密主義の権化からフレンドリーな顔へ。ジョブズの時代は終わったということだろう。

Gruber に一目置かせる Paczkowski のソースの影がちらついてこれまた興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[Strength – TV Ad:Apple

まだ WWDC も終わらないのにウェアラブルイベントの10月説が飛び出した。

Re/code: “Apple Plans October Wearable Launch Event” by John Paczkowski: 06 June 2014

     *     *     *

ウェアラブルは10月デビューか

アップルが10月を当面の目標に決めた。もうすぐ出るでるといわれていたウェアラブルデバイスの発売予定日だ。アップルの計画に詳しい筋によれば、アップルは10月のスペシャルイベントでこのデバイスを発表する予定だという。WWDC で発表されたばかりの HealthKit 健康・フィットネス情報収集アプリを利用したデバイスだ。秋までの間に事情が変わることがあるか? もちろん変わり得るが、今のところは10月を目標にしている。

October. That’s the tentative launch date Apple has set for its first, long-in-the-offing foray into wearable devices. People familiar with Apple’s plans tell Code/red the company hopes to schedule a special event that month to show off the device, which is designed to make good use of the HealthKit health and fitness information-gathering app it recently showed off at WWDC. Could things change between now and fall? That’s certainly possible. But right now October is the target date.

     *     *     *

日経も同じ情報

日経も同じ情報を得ている。そのソースによれば、アップルはこのデバイスに自信を持っており、月産 300 〜 500 万台の見込みだという。最近のアップルのコマーシャル[冒頭ビデオ]も、またアップル副社長の Eddy Cue が先週の Code Conference で威勢のいい楽観主義を見せたのもこのせいかもしれない。「今年後半に、アップルにおける25年のキャリアのうちでもベストの製品を準備中だ」と彼は語った

The Nikkei is hearing the same thing and its sources say that Apple is so confident in the gadget that it’s looking to produce three million to five million units per month. Which may explain not only the company’s latest ad, but Apple VP Eddy Cue’s heady optimism at our Code Conference last week. “Later this year, we’ve got the best product pipeline that I’ve seen in my 25 years at Apple,” Cue said.

     *     *     *

確度の高いソースを持つ John Paczkowski の情報だけに要注意。

(ちなみに日経のソースはアジアのサプライヤー筋のように思える。)

9月に iPhone、10月にウェアラブルイベントということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:時代は変わる — John Gruber》

katie_cotton

[Katie Cotton:photo

アップル広報として名を馳せた Katie Cotton がアップルを去る・・・

Re/code: “Code/red: Apple PR Impresario Katie Cotton to Retire” by John Paczkowski: 07 May 2014

     *     *     *

アップル広報の責任者 Katie Cotton の退職

Katie Cotton, Communications VP Who Helped Shape Apple’s Story, Retiring

本日のビッグニュース。アップルの広報担当副社長としてアップルの時代を変える製品群の記者発表を仕切ってきた Katie Cotton が退職する。ほぼ20年にわたるアップルのキャリアで Cotton は、共同設立者スティーブ・ジョブズと現 CEO Tim Cook の門番として iMac から iPad にいたるほぼすべての記者発表を扱ってきた。彼女は長い間アップルの強力な役員のひとりとしてアップルブランドを取り巻く神秘性や排他性を形作る中心的な役割を果たしてきた。彼女が会社を辞めるのは画期的なことだ。「Katie は18年にわたりすべてをアップルに捧げてきました」とアップルのスポークスマン Steve Dowling はいう。「彼女は子供と共に過ごしたいと考えてきました。彼女が辞めるのはとても残念なことです。」Cotton は Re/code に対しアップルを去るのは彼女のキャリアの中で最も難しい決心のひとつだとコメントした。「とても辛いことです。アップルは自分の心の拠り所でしたから」と。

Big news out of Apple today. Katie Cotton, who as VP of worldwide corporate communications at Apple has helped steward the announcement of some of tech’s most transformative products, is retiring. During her nearly two decades at Apple, Cotton served as gatekeeper to company co-founder Steve Jobs and current CEO Tim Cook, and guided the media narrative around pretty much everything from the iMac to the iPad. She’s long been among the company’s most powerful executives and played a key role in shaping the mystique and exclusivity surrounding the Apple brand. Her departure from Apple is a milestone. “Katie has given her all to this company for over 18 years,” Apple spokesman Steve Dowling said in a statement. “She has wanted to spend time with her children for some time now. We are really going to miss her.” Reached for comment, Cotton told Code/red her decision to leave Apple was among the most difficult of her career. “This is hard for me,” she said. “Apple is a part of my heart and soul.”

     *     *     *

アップル広報といえば無味乾燥な答えを返す秘密主義の権化のように受け取られてきた。

口を開いたら何を言い出すか分からないジョブズを支えて18年も続いたことは Katie Cotton の有能さを物語るものだろう。

ジョブズの死から議会証言に至る Tim Cook の新しい舵取りに、忠実な門番としての役割も終わったと感じたのではないか。

ひとつの時代の終わりを見る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《追記》技術ライターたちの反応

技術ライターたちの反応が、アップルとの距離感がそれぞれ見えるようで興味深い。

Frank X. Shaw @fxshaw

偉大な人物のひとり Katie Cotton の退職おめでとう。ご健勝を祈ります。
Congrats on retirement and best of luck to Katie Cotton, one of the greats.

Tim Carmody @tcarmody

質問をしても電話に出るなとか、電話は返すなとか、広報係に Katie Cotton ほど指示したヤツはいない。
Nobody told her flacks not to answer your questions or return your calls like Katie Cotton

Larry Dignan @ldignan

アップル広報のチーフ Katie Cotton が退職する。これで 2001 年から待っている返事がもらえるだろうか・・・
Apple PR chief Katie Cotton retires. Guess I should stop waiting for her to return my call from 2001.

Kevin Roose @kevinroose

「大立て者」、「強力な」、「時代を変える」などなど、技術レポーターたちがアップル広報の門番にへつらう。
“Impresario,” “powerful,” “transformative”: words tech reporters use to flatter PR gatekeepers.

John Paczkowski @JohnPaczkowski

Kevin Roose 宛。たしかに、iMac、iPod、iPhone、iPad、そのどれもテクノロジーの世界を大きく変えたりはしなかった。それに誰がアップルの話題に興味を持ったりするだろうか?
@kevinroose yeah iMac, iPod, iPhone, and iPad didn’t change the tech landscape at all. and who pays attention to apples media story, anyway?

Zac Hall ¯\_(ツ)_/¯ @apollozac

Katie Cotton、Greg Christie、Scott Forstall、John Browett、Ron Johnson、Bertrand Serlet、 Tony Fadell,、Gray Powell — このひとたちはみな新たに会社を起こすべきだ。
Katie Cotton, Greg Christie, Scott Forstall, John Browett, Ron Johnson, Bertrand Serlet, Tony Fadell, & Gray Powell should start a company.

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》時代は変わる — John Gruber

Katie Cotton がアップルを去ることについては多くのひとが感慨を覚えるようだ。

John Gruber もそのひとりで、なかかな興味深いエピソードを紹介している。

Daring Fireball: “Katie Cotton” by John Gruber: 07 May 2014

     *     *     *

アンテナゲート事件

2010 年7月、自分はアップルを襲った真の意味での広報の危機を目撃していた。iPhone 4 の「アンテナゲート」(Antennagate)事件だ。よく知られるとおりアップルは製品発表にかんする記事を極力コントロールしようとする。そして概ねそれに成功する。しかしアンテナゲート事件はコントロールできなくなりつつあった。「ある持ち方をすると iPhone 4 はシグナル強度を失う」というものから「iPhone 4 は電話をかけられない。リコールの必要があるかもしれない」というものまで。まったくのナンセンスだったが、反論する必要があった。この問題を芽のうちに摘むことが重要で、そのためスティーブ・ジョブズはハワイでの休暇を切り上げて戻ってきた。

Back in July 2010, I was witness to one of Apple’s few true PR crises in recent history: iPhone 4 “Antennagate”. Apple, famously, works hard to control the narrative surrounding its product releases, and generally does so successfully. But the Antennagate story was spinning out of control: from “the iPhone 4 can lose signal strength if held in certain ways” to “the iPhone 4 can’t make phone calls and might need to be recalled”. It was nonsense, but needed to be refuted. Nipping this thing in the bud was important enough that Steve Jobs flew back early from a vacation in Hawaii.

     *     *     *

金曜日のプレスイベント

このプレスイベントは金曜日に行なわれたが、そのこと自体が異常だった。「月曜まではとても待てない」という状況で、燃え広がる前に火を消す必要があった。緊急事態のプレスイベントでもないかぎり金曜日には開かれない。

The event was held on a Friday, which itself is unusual. It was a “this thing can’t wait until Monday” situation — a fire that needed to be put out before it spread. Non-emergency press conferences are not held on Fridays.

     *     *     *

夏風邪をこじらしていた

その数日前にアップル広報のひとりがコンタクトしてきた。その週末にプレスイベントがあるとすれば、関心があり出席できるだろうかと。当時自分は夏風邪をこじらしていた。それだけでもいつもの大陸横断フライトは気が進まなかった。しかし自分は仮病使いではなかったで、風邪の話はしたけれど、週末には元気になって旅行できると思うと答えた。これは逃しては成らぬ大切なものに思えたからだ。(そしてそれは正しかった。)

An Apple PR rep had been in contact with me a few days prior, to ask if I’d be interested and available for a possible press event later in the week. At the time, I was suffering from a lingering summer cold, which made the prospect of a transcontinental flight even less appealing than usual. But I’m no malingerer, and so though I mentioned my cold, I said I’d almost certainly be in shape to travel by the end of the week. This seemed like something I wouldn’t want to miss (and I was right).

     *     *     *

最終返事は18時間前

最終的に「オーケーです。参加者リストはいりました。もし可能ならご招待します」という返事が来たのは東部時間の木曜午後 — イベントの18時間前だった。午後3時に Priceline[逆オークションサイトとして有名]でフライトを予約、その3時間後にはフィラデルフィアからサンフランシスコに向かう飛行機に乗っていた。

The final, “OK, it’s on, and you’re invited if you can make it” didn’t come until Thursday afternoon ET — a mere 18 hours before the event. I booked a flight on Priceline at 3p, and three hours later I was in the air, en route from Philly to SFO.1

     *     *     *

antennagate-town-hall

空いていた Town Hall 講堂

このプレスイベントに招待された人数は異常に少なかった。これまで自分が出席したかぎりでは最も少なかった。アップルキャンパスの Town Hall 講堂で開かれたこのイベントのビデオを見れは、比較的小さなこの講堂が空いているのが分かる。自分が出席したことのあるアップルのメディアイベントは立ち見席オンリーが常だった。

The press list for the event was unusually small — by far the least-attended Apple event I’ve ever witnessed. You can see in the video of the event that Apple’s on-campus Town Hall auditorium wasn’t nearly filled to capacity, and Town Hall is a relatively small venue. Every other Apple media event I’ve attended has been standing room only.

     *     *     *

3列目

自分は首に大型の一眼レフカメラを掛けていた。席を探していると、写真をとるなら後方に、そうでなければ3列目の席にご案内しますといわれた。自分のカメラはダテだったから(自分のサイトに写真を載せることはメッタにない)、3列目の席を選んだ。前2列はいつもどおりアップル幹部や従業員たちで占められていた。

I was wearing a large SLR camera on a strap around my neck. As I filed in to find a seat, I was offered a choice: if I wanted to take photos during the event, I could sit toward the back; if I were willing to forgo taking photos, I could sit up front in the third row. I only had my camera with me on a lark — the advantages of publishing a website that runs photographs only rarely — so I took the seat in the third row. The first two rows, as usual, were occupied by senior Apple executives and employees.

     *     *     *

風邪のお具合は?

席に着くと、2列目にいた Katie Cotton が微笑んで挨拶した。「ハーイ、John、出席してくださってありがとう。風邪のお具合はいかがですか?」

As I took my seat, Katie Cotton, sitting in the second row, smiled and greeted me. “Hi John, glad you could make it. How’s the cold?”

もうそのときは風邪はたいしたことなかったので良くなったと彼女に答えた。でも笑いながら尋ねた。「風邪をひいていることをどうして知ったの?」

I was feeling fine, the cold not much more than a memory at that point, and told her so. But I had to ask, laughing, “How did you even know I had a cold?”

     *     *     *

何でも知ってるんだよ

彼女が返事をする前に、真ん前の席に座っていた Greg Joswiak が振り返っていった。「John、Katie は何でも知ってるんだよ。」

Before she could answer, Greg Joswiak, sitting directly in front of me, turned around. “John, Katie knows everything.”

     *     *     *

世界的レベルの PR 会社

大企業の多くは外部の PR 会社を雇う。アップルは違う。アップル内部の PR チームはそれ自体が世界的レベルの PR 会社だ。その PR チームを完全に掌握するのが Cotton だ。

Most big corporations employ outside PR agencies. Not Apple. Apple’s internal public relations team is itself a world-class agency. That team was built entirely under Cotton’s leadership.

     *     *     *

最も影響力の大きいひとり

Cotton の写真がアップルの幹部ページに載ったことはない。しかし自分の印象では、アップルの限られた幹部の中でも最も影響力の大きいひとりが彼女という印象だった。プレスイベントに出席したスティーブ・ジョブズや Tim Cook の傍らに彼女がいない写真をみつけるのは困難だ。Paczkowski が言い得ている。Katie Cotton は「アップルブランドを取り巻く神秘性や排他性を形作る中心的な役割を果たしてきた」と。

Cotton was never pictured on Apple’s executive leadership page, but my impression has long been that she was among the very handful of most influential executives at the company. It is difficult to find a photograph of Steve Jobs or Tim Cook at a press event in which she is not at their side. Paczkowski put it well: Katie Cotton “played a key role in shaping the mystique and exclusivity surrounding the Apple brand.”

     *     *     *

時代は変わる

時代は変わる。[注]

[注]ボブ・ディランのアルバム『時代は変る』(The Times They Are a-Changin)から。

The times, they are a-changin’.

     *     *     *

プレスイベントの舞台裏とそれを操るひとたちの姿が垣間見えて興味深い。

世界的レベルの PR 会社というのももっともだ。

Read Full Post »

Older Posts »