Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘OS X’

c0520146

Apple、OS X用 Safari 8.0.1のアップデートを停止。一部のユーザーからアップデート後Safariそのものが消える不具合が報告される。 | Appleちゃんねる

Apple Releases Safari 8.0.1, 7.1.1, and 6.2.1 [Update: Pulled] | Mac Rumors

広告

Read Full Post »

tn_Mavericks-logo

[OS X Mavericks:image

WWDC を前に 4K Retina サポートをサポートする OS X Mavericks 10.9.3 がリリースされた。

TidBITS: “10.9.3 Restores Local Contact and Calendar Sync, Improves 4K Support” by Josh Centers: 15 May 2014

     *     *     *

OS X Mavericks のアップデート

OS X Mavericks 10.9.3 のアップデートがリリースされた。外部 4K ディスプレイの Retina モード(ピクセル倍サイズ)をサポートするほか、iTunes で Mac と iOS デバイス間の住所録やカレンダーの同期をサポートする。Retina モードは巨大なデスクトップよりむしろコンテンツをシャープにするのに使われる。

Apple has released OS X Mavericks 10.9.3 Update, which brings a pixel-doubled Retina mode to external 4K displays and restores contact and calendar syncing between a Mac and iOS devices in iTunes. The Retina mode makes content much sharper, rather than just using all the pixels to create a truly huge desktop.

     *     *     *

John Gruber のコメント:

Daring Fireball: “Mac OS X 10.9.3” by John Gruber: 15 May 2014

お願いっ!

あとは Retina ディスプレイの iMac をお願いっ!

iMac with Retina Display, please.

     *     *     *

これで Retina iMac だろうと12インチ Retina MacBook Air だろうと、いつでも発表できる準備が整ったということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:新しいカテゴリーの製品なんてない》

Yosemite

[ヨセミテ国立公園:photo

Mark Gurman が前回に引き続き WWDC 予想をしている。

「WWDC は OS X 10.10 に重点、iOS 8 の一部機能は iOS 8.1 に延期、Apple TV は未だ開発中」と。

9to5Mac: “OS X 10.10 emphasis planned for WWDC, iOS 8 features pushed to iOS 8.1, new Apple TV still in the works” by Mark Gurman: 30 April 2014

     *     *     *

OS X 10.10 デザインの大幅変更

今年の WWDC では iOS 8 よりも次期 Mac OS X の 10.10 の方に重点をおく計画かもしれない、とアップルの計画に詳しい複数のソースが語っている。OS X 10.10 は昨年 iPhone と iPad の iOS 7 に加えられた大幅変更と同じように隅から隅までデザインし直されるので、アップルとしては新しい OS を開発者に対し大きくプロモートしたいと望んでいる。アップルはまた WWDC に間に合わすべく iOS のユーザーインターフェイスの人材を OS X チームに充当している。10.10 の開発は「驀進している」そうだ。

Apple may be planning to give the next version of the Mac OS X operating system, 10.10, a larger presence than iOS 8 at this year’s Worldwide Developers Conference, according to sources with knowledge of the plans. Because OS X 10.10 will feature an end-to-end redesign, not dissimilar from the scope of the changes to the iPhone and iPad operating system with iOS 7 last year, Apple wants to heavily promote the new system to developers. Apple has also been allocating iOS user interface resources to OS X teams in order to finish up the new OS X design in time for WWDC, and 10.10 development is said to be “steaming forward…”

     *     *     *

OS X は OS X のまま

新しいデザインでは、トグル・スイッチ、角張ったウインドウ、システム全体に及ぶアイコンの見直し、現行のものより白い背景など iOS 7 に似たものになるだろう。しかしながらファインダーやマルチウィンドウ機能、ミッションコントロールのような OS X の特徴的なものは iOS 7 的な体験として残るだろう。アップルは iOS は iOS、OS X は OS X のままにしておくだろう。二つを収束させるのは意義的にも美的意味でも機能を一致させることに意味がある場合に限られるだろう。秋までには 10.10 をリリースする予定で、それをプロモートできるいくつものハードウェアアップデートを計画中だ。

The new look will have similar toggle designs to iOS 7, sharper window corners, more defined icons across the system, and more white space than the current version. However, OS X characteristics like the Finder, multi-window multitasking, and Mission Control will not disappear in favor of a more iOS-like experience. Apple is keeping iOS as iOS and OS X as OS X. The convergence will solely surround feature parity that makes sense and aesthetics. Apple is aiming to release 10.10 by fall and is planning a slew of hardware updates to promote the new software.

     *     *     *

「Yosemite」の可能性

OS X 10.10 の内部の開発コード名はワインにちなんだ「Syrah」だが、カリフォルニアをテーマとする製品名についてはハッキリしていない。John Gruber は(自分がゲスト出演した)ポッドキャストでアップルは 10.10 を「OS X Yosemite」と名付けるべきだと語った。「大幅な変化」だと Gruber がいうように、これまでの歴史でも最も劇的な OS X の再設計の名前として有名なヨセミテ国立公園以上にふさわしいものがあるだろうか。アップルもそう考えているかもしれない。アップルはこのところヨセミテ、マンモス、ディアブロのようなカリフォルニアのランドマーク地名のトレードマークに急速に飛びついているようだ。

While I understand the internal development codename of OS X 10.10 is “Syrah” (named after the wine), the California-themed marketing name for the software is not so clear. John Gruber suggested on his podcast (the episode in which I was a guest) that Apple should name 10.10 as “OS X Yosemite.” As Gruber said, “big is big,” and what better name for the most dramatic OS X redesign in history than the famous Yosemite National Park? And Apple may agree. The company has apparently been snapping up trademarks for California landmarks such as Yosemite, Mammoth, and Diablo.

     *     *     *

以下 iOS 8 や Apple TV、A8 についてもその後の展開をふまえて詳しい予想をしているので、興味のある方はそちらをご覧ください。

WWDC の楽しみも一歩近づいてきたということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》新しいカテゴリーの製品なんてない(5月3日)

John Paczkowski が短信で Mark Gurman をフォローしている。

「アップルの Next Big Thing はいったいどうした?」と書いたっていいよ、と・・・

Re/code: “Code/red: No New Apple TV at WWDC” by John Paczkowski: 02 May 2014

     *     *     *

新しいカテゴリーの製品なんてない

来月の WWDC でなにか新しいカテゴリーのハードウェアが登場すると期待しているひとにご忠告。期待を抑えてガッカリしないようになさい。アップルの計画に詳しい複数のソースによれば、Tim Cook は誰も見たことのないウェアラブルなんて発表しないという緊急警報だ。それだけではない。新しい Apple TV も、その新ソフトもないそうだ。ごもっともな話ではある。重要なハードウェアのアップデートがあるので前もって新しい OS を発表するなんてあまり意味がない。9to5Mac の Mark Gurman がいうように、今年の WWDC でのビッグな発表は OS X 10.10 と iOS 8 で、医療・フィットネス分野にアップルが進出することになるウワサの Healthbook アプリもあるかもしれない。

If you’ve been anticipating the debut of some new category-defining hardware at Apple’s upcoming Worldwide Developers Conference, a word of advice: Dial back your expectations or be disappointed. Sources familiar with Apple’s plans tell Code/red that Tim Cook will not use WWDC to unveil Apple’s mythical wearable device. Nor will he use it to show off a new Apple TV, or even preview the new software the company is developing for it. Which makes perfect sense, really. There’s little point in Apple unveiling a new OS in advance of a significant hardware update. As 9to5Mac’s Mark Gurman reported Thursday, the big announcements at this year’s WWDC are going to be OS X 10.10 and iOS 8 and, perhaps, the rumored Healthbook app, Apple’s coming foray into health and fitness tracking.

     *     *     *

いつも的確な予想をする Paczkowski まで打ち消しにかかっている・・・

彼のコメントに対して Gruber いわく:

Paczkowski のソースは最高

Paczkowski のアップルソース(複数)は最高だ。だからそのつもりで期待値を下げた方がいい。

Paczkowski’s Apple sources are golden, so we’d do well to set our expectations accordingly.

Read Full Post »

SSL_bug_test_site

[安全です:goto fail テストサイト

大騒ぎされた “goto fail” SSL/TLS バグが、OS X のアップデートでさっそく修正された。

Ars Technica: “Apple releases OS X 10.9.2, patches SSL flaw and adds FaceTime Audio support” by Andrew Cunningham: 26 February 2014

     *     *     *

OS X でも goto fail バグを修正

数か月のテストを経て、OS X 10.9.2 が一般公開された。通常のアップデートやセキュリティ項目に加えて、Mavericks でも “goto fail” SSL/TLS バグが修正されたことが大きな点だ。iOS 7 では金曜日に修正済みのものだ。SSL バグについては Software Update のリリースノートでははっきりとは触れられていないが、OS X 10.9.2 の セキュリティページでは触れられている。アップデートした後 Safari でいくつかの goto fail テストサイトを訪れてみて、このバグが修正されていることが確認できた。Mountain Lion および Lion のセキュリティアップデートもリリースされている。もっとも OS X の古いバージョンは goto fail バグの影響を受けない。今回のパッチはそれ以外の問題に対応するものだ。いずれにしてもユーザーは goto fail バグの心配をする必要がなくなった。

After several months of testing, Apple has released OS X version 10.9.2 to the general public. In addition to the typical laundry list of updates and security fixes, the second major update to Mavericks fixes the “goto fail” SSL/TLS bug that Apple patched in iOS 7 on Friday. The SSL bug isn’t mentioned in the release notes that appear in Software Update, but the bug is mentioned on Apple’s security page for 10.9.2. We were also able to confirm the fix by visiting several goto fail test sites in Safari after applying the update. Security updates for Mountain Lion and Lion have been provided as well, but previous versions of OS X were never affected by the goto fail bug in the first place—those patches will fix other problems, but users won’t need to worry about the goto fail bug either way.

     *     *     *

何をおいてもすぐにアップデートすべきかと・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:SSL バグについて知っておくべきこと》

iOS_bug

[iOS 7 のバグ修正:image

アップルの iOS 7 バグ修正がセキュリティ専門家の注目を浴びている・・・

Wired.com: “Behind iPhone’s Critical Security Bug, a Single Bad ‘Goto’” by Kevin Poulsen: 22 February 2014

     *     *     *

アップルのバグ修正

昨日アップルは、SSL[注:Secure Sockets Layer、インターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコル]暗号化の実装に関するバグを修正する iOS 7.0.6 を公開した。SSL 暗号化は盗聴やウェブハイジャッキングを防止するインターネットの標準的防御メカニズムだ。このバグは基本的にはユーザーがパブリック Wi-Fi や NSA[National Security Agency:米国家安全保障局]が盗聴可能なネットワークを通じてEメール、ツイート、フェイスブックの利用、あるいは銀行口座のチェックなどを行なう際、アタッカーが盗聴し、あるいは iPhone や iPad に伝わる内容を悪意を持って修正できることを意味している。

Apple released iOS 7.0.6 yesterday to patch the bug in its implementation of SSL encryption — the internet’s standard defense against eavesdropping and web hijacking. The bug essentially means that when you’re e-mailing, tweeting, using Facebook or checking your bank account from a shared network, like a public WiFi or anything tapped by the NSA, an attacker could be listening in, or even maliciously modifying what goes to your iPhone or iPad.

     *     *     *

「ひどい、実にひどい」

しかし昨日のアップルの簡単な説明に対し、インターネットの暗号解読の一部の専門家たちは、具体的にどんなバグなのかという点について疑問の声を上げた。そして非公式にその詳細情報を入手するにつれて、唖然として言葉を失ったとでもいうべきリツイートが出てきた。「アップルのバグが何なのか分かった。それはひどい、実にひどい」と Johns Hopkins 大暗号学教授の Matthew Green はツイートしている。

But the terse description in Apple’s announcement yesterday had some of the internet’s top crypto experts wondering aloud about the exact nature of the bug. Then, as they began learning the details privately, they retreated into what might be described as stunned silence. “Ok, I know what the Apple bug is,” tweeted Matthew Green, a cryptography professor at Johns Hopkins. “And it is bad. Really bad.”

     *     *     *

バグの詳細分析

今朝になるともっと詳しい内容が Hacker News に浮上した。またグーグルのウェブ暗号専門家 Adam Langley はアップルの公開ソースコードを読み解いてバグの詳細分析を投稿した。

By this morning, the details had surfaced on Hacker News, and Adam Langley, a web encryption expert at Google, posted a detailed breakdown of the bug based on his reading of Apple’s published source code.

     *     *     *

ひと目で分かる

ソフトウェアバグのいくつかは非常に微妙で複雑だ。しかし子供のときに BASIC をかじったことがあるものなら誰にとっても一見しただけで明らかなものもある。iOS 7 のバグは後者に属する。

Some software bugs are infinitely subtle and complicated. Others are comprehensible almost at a glance to anyone who dabbled in BASIC as a kid. The iOS 7 bug is in the latter group.

     *     *     *

問題のコード


static OSStatus
SSLVerifySignedServerKeyExchange(SSLContext *ctx, bool isRsa, SSLBuffer signedParams,
                                 uint8_t *signature, UInt16 signatureLen)
{
	OSStatus        err;
	...

	if ((err = SSLHashSHA1.update(&hashCtx, &serverRandom)) != 0)
		goto fail;
	if ((err = SSLHashSHA1.update(&hashCtx, &signedParams)) != 0)
		goto fail;
		goto fail;
	if ((err = SSLHashSHA1.final(&hashCtx, &hashOut)) != 0)
		goto fail;
	...

fail:
	SSLFreeBuffer(&signedHashes);
	SSLFreeBuffer(&hashCtx);
	return err;
}

     *     *     *

暗号化キー認証のための関数

分かるだろうか? 上記の関数は iPhone が SSL を通じて暗号化されたサイトに接続するときに呼び出される。ウェブサイトの管理者が暗号化キーを認証(デジタル署名)するためのものだ。

Did you see it? This function is called when a iPhone connects to an encrypted site over SSL: it’s meant to verify that the encryption key is being vouched for — digitally signed — by the operator of the website.

     *     *     *

たった一行のミスが

続いて並んでいる2つの「goto fail」文に注目して欲しい。最初のものは正しい。しかし2番目はタイプミスだ。この余計な一行によってプログラムの実行が回避される。迂回ステントのように、重要な認証チェックをくぐり抜けるのだ。デジタル署名をチェックするこの部分が、決して実行されないコードになっているワケ。

But notice the two “goto fail” lines, one after the other. The first one belongs there. The second is a typo. That extra, duplicative line diverts the program’s execution, like a bypass stent, right past a critical authentication check. The part where the digital signature is actually checked is dead code, never reached.

     *     *     *

OS X にはまだ脆弱性

この問題は新しい iOS 7.0.6 では確かに修正されていると Langley はいう。(iOS 7 ユーザーはこのアップデートをインストールすべきだ。)昨日の iOS 6 のアップデートもまたこのバグを修正している。しかしニュースでは OS X 10.9.1 にはまだこの脆弱性があるという。

The issue, Langley confirms, is indeed fixed in the new iOS 7.0.6 (which you should install, if you’re using iOS 7.) An update to iOS 6 pushed yesterday fixes the bug there as well. Reportedly, OS X 10.9.1 is still affected by the vulnerability.

     *     *     *

単なるミス?

#gotofail」と呼ばれるようになったこの驚くべき単純さ故に、このバグは決して偶然ではないのではないかという Snowden 流の憶測まで生じている。ただしグーグルの Langley はそういってはいない。

The breathtaking simplicity of what’s already being called #gotofail is spawning Snowden Era speculation that the bug was no accident at all. Google’s Langley is having none of that.

「これは単なるミスだと思う。エディタでうっかり書き、作ったのが誰であれ残念なことだと思う」と彼はいう。

“I believe that it’s just a mistake, he writes, “and I feel very bad for whomever might have slipped in an editor and created it.”

     *     *     *

脆弱性のテストはこちら

脆弱性があるかどうかのテストは GotoFail.com できる。

You can test if you’re vulnerable at GotoFail.com.

     *     *     *

たったの1行のミスが安全性を根こそぎ揺るがせかねないという点がスゴい。

OS X にはまだこの脆弱性が残っているというワケだ。

今回の脆弱性が作為的なものかどうかという点について John Gruber が触れている。

Daring Fireball: “On the Timing of iOS’s SSL Vulnerability and Apple’s ‘Addition’ to the NSA’s PRISM Program” by John Gruber: 22 February 2014

     *     *     *

NSA の陰謀説

On the Timing of iOS’s SSL Vulnerability and Apple’s ‘Addition’ to the NSA’s PRISM Program

事実1Jeffrey Grossman のツイッター

Jeffrey Grossman, on Twitter:

SSL 脆弱性は iOS 6.0 で導入された。5.1.1 には入っていなかったのに 6.0 には入っている。

I have confirmed that the SSL vulnerability was introduced in iOS 6.0. It is not present in 5.1.1 and is in 6.0.

事実2:iOS 6.0 は 2012 年9月24日に出荷された。

iOS 6.0 shipped on 24 September 2012.

事実3:リークされた NSA の PRISM プログラムの6枚目のパワーポイントスライドによれば、アップルが「追加」されたのは 2012 年10月だ。

According to slide 6 in the leaked PowerPoint deck on NSA’s PRISM program, Apple was “added” in October 2012.

     *     *     *

陰謀説かうっかりミスか

これら3つの事実が何らかのことを証明しているワケではない。まったくの状況証拠に過ぎない。しかし当てはまると思うひとはそう信じるのだ。

These three facts prove nothing; it’s purely circumstantial. But the shoe fits.

この誤った一行を加えたのが誰なのか興味深いところだ。陰謀論的にいえば、NSA がアップル従業員のスパイのひとりを使ってこのバグを仕掛けたことになるかもしれない。当たり障りのない言い方をすれば、これはアップルのエンジニアがうっかりして引き起こしたミスだというオッカムの剃刀(Occam’s Razor)的な説明になるだろう。マージ(merge)がうまくいかず、「goto fail;」行を複製したため生じたバグのように思える

Sure would be interesting to know who added that spurious line of code to the file. Conspiratorially, one could suppose the NSA planted the bug, through an employee mole, perhaps. Innocuously, the Occam’s Razor explanation would be that this was an inadvertent error on the part of an Apple engineer. It looks like the sort of bug that could result from a merge gone bad, duplicating the goto fail; line.

     *     *     *

いったんバグができると

いったんバグが出来てしまうと、NSA としてはバグを見つけるためソースコードを手作業で読む必要すらない。新しい OS がリリースされるたびに、なりすまし証明書を自動的にテストするだけでいいのだ。アップルが iOS をリリースする、NSA が自動的になりすまし証明をテストして脆弱性を調べる、ドーン、それでアップルが PRISM に「追加される」というワケ。(NSA としては早くから変更する必要すらない。iOS 6 が開発者向けベータテストの段階だった夏の間に脆弱性を見つけてしまったのかもしれないのだ。)

Once the bug was in place, the NSA wouldn’t even have needed to find the bug by manually reading the source code. All they would need are automated tests using spoofed certificates that they run against each new release of every OS. Apple releases iOS, the NSA’s automated spoofed certificate testing finds the vulnerability, and boom, Apple gets “added” to PRISM. (Wasn’t even necessarily a fast turnaround — the NSA could have discovered the vulnerability over the summer, while iOS 6 was in developer program beta testing.)

     *     *     *

それとも・・・

それとも何事もなく、すべては偶然だったのかも。

Or, maybe nothing, and this is all a coincidence.

     *     *     *

陰謀説パラノイア

陰謀説パラノイアとして考えられる5つの可能性:

I see five levels of paranoia:

1)何も起きなかった。NSA はこの脆弱性を知らなかった。
2)NSA は知っていたが、利用しなかった。
3)NSA は知っていて、これを利用した。
4)NSA 自身がひそかにこれを仕掛けた。
5)アップルが NSA に加担してこれを加えた。

1. Nothing. The NSA was not aware of this vulnerability.
2. The NSA knew about it, but never exploited it.
3. The NSA knew about it, and exploited it.
4. NSA itself planted it surreptitiously.
5. Apple, complicit with the NSA, added it.

     *     *     *

他にもまだ・・・

自分として考えられるのはせいぜい3)までだ。自分としては実際は楽観的シナリオの方だと思う。なぜなら PRISM のスライドから、NSA としてはこの脆弱性を利用することがある程度可能だと主張していることを知っているからだ。だから今は修正されたこのバグを NSA が悪用しなかったとしても、まだ閉じられていない脆弱性がほかにもいくつか存在するかもしれないということなのだ。

Me, I’ll go as far as #3. In fact, I think that’s actually the optimistic scenario — because we know from the PRISM slides that the NSA claims some ability to do what this vulnerability would allow. So if this bug, now closed, is not what the NSA was exploiting, it means there might exist some other vulnerability that remains open.

     *     *     *

気になる最後の一行だが、この手の脆弱性なら他にもまだあるのではないかということか・・・

★ →[原文を見る:Kevin Poulsen
★ →[原文を見る:John Gruber

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》SSL バグについて知っておくべきこと(2月25日)

アップルの SSL バグについて知っておくべきことを Macworld 誌が簡潔にまとめている。

アップルに関連して NSA の話題は日本ではあまり触れられないが、それに関連する項目。

Macworld: “What you need to know about Apple’s SSL bug” by Dan Moren, Dan Miller and Serenity Caldwell: 24 February 2014

     *     *     *

アップルと NSA

問:この脆弱性によって NSA は個人の通信をのぞき見できるか?

Q: Could this vulnerability let the NSA snoop on my private communications?

答:時宜を得た鋭い質問。Daring Fireball の John Gruber は、2012 年の iOS 6 のリリースの際無修正のままだったことが明らかなこのバグが、NSA が PRISM プログラムによってアップル製品の監視が可能だと主張したものである可能性を示唆している。NSA が意図的にこのバグを仕掛けたか、ないしは利用したかという点については、陰謀説に対する読者の関心次第だといっている。しかしその可能性を完全に否定しているわけではない。

A: Astute and topical question. Daring Fireball’s John Gruber has suggested that this bug, which has apparently gone unpatched since iOS 6’s release in 2012, could be what the NSA was referring to when it claimed it could conduct surveillance on Apple products under the PRISM program. As to whether or not the NSA specifically planted or exploited the bug, which is in a piece of open-source software, that depends on your own level of interest in conspiracy theories—but it’s certainly not out of the question.

     *     *     *

バグ修正が出る時期

問:バグ修正は何時になるか?

Q: When is a patch expected?

答:問題の重要性に鑑み、早急に修正されると思われる。アップルのスポークスマン Trudy Muller は修正が「近々行なわれる」と Macworld 誌に対して語った。非公式の修正もリリースされているが、アップルからの直接のバグ修正を待つことを勧める。時期が知りたければ、そのためのサイトもある。

A: Given the severity of the problem, we’d expect imminently. Apple spokesperson Trudy Muller told Macworld that a fix was “coming soon.” An unofficial patch has been released, but we’d recommend waiting for the fix directly from Apple. And just in case you want to know the moment it’s out, there’s already a site for that.

     *     *     *

このほか Macworld 誌が準備した想定問答はつぎのようなもの。

・いったいこのバグはどうやって見つかったのか?
・そもそも SSL/TLS とは何? 何をするもの?
・具体的にはどんなことが起きたのか?
・影響を受けるのはどのシステムか?
・Safari だけが影響を受けるのか?
・Chrome など他のブラウザも影響を受けるのか?
・暗号化された Wi-Fi ネットワークでも危険か?
・バグ修正がされるまで Mac を使ったネットバンキングは控えるべきか?
・銀行の個人情報をハッカーがのぞき見しているのか? パスワードは変えるべきか?

– Okay, so how did we find out about this?
– What is SSL/TLS? What does it do?
– What exactly happened?
– What systems are affected?
– So does this just affect Safari?
– Does it affect other browsers, like Chrome?
– But my Wi-Fi network is encrypted—am I still at risk?
– So … should I not be online banking on my Mac until this is fixed?
– Does that mean hackers have been snooping through my banking info? Should I change my passwords?

読者の関心に合わせて原文をお読みください。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update 2:クラウド情報サイト Agile Cat》
Update:ナゾに包まれたアップルのデータセンター》


アップルの求人広告

アップルが1ダースにも及ぶ iCloud エンジニアの求職を開始した。

AppleInsider: “Apple looking to build out iCloud engineering team with a dozen openings” by Josh Ong: 02 March 2012

     *     *     *

劇的変化

アップルの CEO Tim Cook は、先月の投資者向け会合で iCloud が「次の10年、さらにはそれ以降」を左右する重要な戦略になると述べた。これまでの10年、Mac をデジタルライフのハブとしてきたことから劇的に変化することとなる。

Apple CEO Tim Cook indicated last month during an investor conference that iCloud will dictate the company’s strategy “for the next decade or more.” That’s a dramatic change from the previous 10 years which saw the Mac as the hub for a digital life.

     *     *     *

次世代 iOS/OS X のクラウドサポート

先週アップルは iCloud を優先する数々のポストの空きを明らかにした。「次世代の iOS および OS X のクラウドサポート開発」に興味を持つエンジニアを求めているとアップルはいう。

The Cupertino, Calif., company tipped its hand on Friday with a batch of job openings prioritizing iCloud. Apple indicated that it was looking for engineers interested in “developing the next generation of cloud support for iOS and OS X.”

     *     *     *

求職リスト

求職リストにはつぎのポストが含まれる。

・iCloud Server Software Engineer:1名
・iCloud Java Server Engineer:1名
・iCloud Senior Software Engineers:2名
・iCloud Software Engineers:2名
・iCloud Java Server Software Engineer:1名
・iCloud C/C++ Server Software Engineer:1名
・iCloud Game Center Server Engineer:1名
・iCloud Backend Server Engineer – Java:1名
・iCloud Backend Server Engineer – C++:1名
・Windows Engineer – iCloud:1名

The listings include requests for an iCloud Server Software Engineer, iCloud Java Server Engineer, two iCloud Senior Software Engineers, two iCloud Software Engineers, iCloud Java Server Software Engineer, iCloud C/C++ Server Software Engineer, iCloud Game Center Server Engineer, iCloud Backend Server Engineer – Java, iCloud Backend Server Engineer – C++ and Windows Engineer – iCloud.

     *     *     *

重要なカテゴリー

アップルはこの数か月急速に iCloud 採用に向かっている。Cook は iCloud ユーザーが、1月の 8500 万人から2月には1億人に達したことを明らかにした。彼は iCloud サービスが「重要なカテゴリー」の一環であること、今後長期にわたってデバイスの利用に重要な変化をもたらすことを説明した。

Apple has seen rapid adoption of iCloud over the past few months. Cook revealed in February that there are now more than 100 million iCloud users, up from 85 million users in January. He portrayed the service as part of the “profound category,” major advances that change how devices are used over the long term.

     *     *     *

移行に伴う困難

エンジニアリングという観点からすると、当初アップルが考えたより iCloud への移行はむずかしいかもしれない。昨年アップルの創業者故 Steve Jobs は iCloud は「ちゃんと動く」と宣言したが、それまでの MobileMe が必ずしも最高のものではなかったことを認めた。昨年10月の iCloud 開始以来、一部のユーザーは iCloud への移行にトラブルがあったことを報告している。iCloud は開始以来なんども機能停止を経験している。

The transition to iCloud may have proved more difficult from an engineering standpoint than Apple originally expected. Late Apple co-founder Steve Jobs proclaimed last year that iCloud “just works,” while acknowledging that MobileMe, its earlier attempt at cloud services, was not the company’s “.” However, when iCloud launched last October, some users reported having trouble migrating to iCloud. The service has also experienced intermittent outages since it went live.

     *     *     *

クラウド強化された Mountain Lion

iCloud 登場以来初めてのメジャーリリースである OS X 10.8 Mountain Lion は、iCloud への移行をスムーズにすることが期待される。それ以前のバージョンと比べて Mountain Lion は一層緊密に iCloud と統合化されている。Mountain Lion によってユーザーは、Mac から iCloud にログインするだけで数多くの機能に自動的にアクセスできることになる。例えば OS X 10.8 は、直接ファイルを iCloud に保存することをサポートしている。

The release of OS X 10.8 Mountain Lion should help smooth the transition, as it will be the first major OS X release since iCloud was released. Mountain Lion will feature tighter integration with iCloud than its predecessor and will allow users automatic access to a number of features just by logging in to iCloud on their Macs. For instance, OS X 10.8 will include support for saving files directly to iCloud.

     *     *     *

アップルの雇用創出

アップルの iCloud がらみの雇用強化は、同社の米国における雇用創出努力に続くものだ。アップルウェブサイトの「雇用創出」ページによれば、50万人以上の雇用が「アップルによって創出され、サポートされている」と謳っている。そのうち20万人を超える雇用が「iOS アプリエコノミー」から生じているという。

Apple’s iCloud hiring push come on the heels of efforts by the company to highlight its role in creating jobs in the U.S. A new “Job Creation” page on the company’s website touts more than 500,000 jobs that are “created or supported by Apple.” Over 200,000 of those jobs are reported as having been created as part of the “iOS app economy.”

     *     *     *

求職リストの内容からアップルの本気度が見えるようだ。

Tim Cook のアップルはいよいよ iCloud を中心に据えることを鮮明にした・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ナゾに包まれたアップルのデータセンター


[ソーラー発電のクリーンパワー:image

iCloud との関連でいつも引き合いに出されるのがアップルの巨大データセンターだ。

ノースカロライナ州 Maiden に建設されたアップルの巨大データセンターはその巨大さ故になにかと話題になったが、その具体的内容となるとこれがサッパリ分からない。

先日もソーラー発電のクリーンパワーを使うことが話題になったが、これとても外部回りの話でセンターの機能そのものの話ではない。

5 reasons why Apple is embracing clean power for its data center — Cleantech News and Analysis | GigaOM
Apple が クリーン・パワー DC を推進する、5つの理由を分析する | Agile Cat — in the cloud

独自の機材や技術を使ってクラウドの常識を打ち破るものなのか、それともグーグルやマイクロソフト、アマゾンなどと基本的には変わらないのか、さっぱり雲をつかむような話ばかり。

ついには巨大データセンターはカラッポだという皮肉まで出る始末。

     *     *     *

じつはエンジニア募集も今回が初めてではない。

前回は小規模な求人だった。本社のフルタイムジョブで、「アップルの未来のクラウドサービスを設計する小さなチームに参加」し、「次世代ウェブサービスのためのプラットフォームの骨格やシステムを構築する」ハズだった。今回求人規模がさらに大きくなっているところをみるとうまくいっていないのか。

かつてデータセンターの責任者 Olivier Sanche が急逝したり、マイクロソフトから同社のクラウド世界展開を構築した Kevin Timmons を引き抜いたりしたことも記憶に新しい。

Kevin Timmons は「信じられないほどの費用効果で信じられないほどスケーラブルにする」低予算で効率的なクラウド構築で知られており、どうみてもアップル独自の技術とは関係なさそうだ。

結局外部のノウハウに頼ろうとしているところをみると、iCloud の展開もなかなか容易ではなさそうな気がしないでもない。

アップルのデータセンター、ひいては iCloud がどこを目指すのか、今後の展開が注目される。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》クラウド情報サイト Agile Cat

前項でリンクしたクラウド関係の海外記事を中心に扱う Agile Cat がたいへん参考になる。

出典明記、英文併記、とにかく日本語訳がとても分かりやすい。それにタイトルのつけ方がバツグンに巧い。

筆者の疎い分野を扱っていることもあり、これからも大いに参考にさせていただきたい。

     *     *     *

Agile Cat が気に入っているもうひとつの理由。広告が邪魔しないで、デザインがすっきりしていること。

じつは筆者お気に入りのいくつかのサイトも広告が邪魔しないすっきりしたデザインで読みやすい。Daring FireballThe LoopMarco ArmentLaughing Squid など。

最近 The Loop も The Deck という広告ネットワークに参加した。どうやればそう出来るのか関心がある。

長い間ブログから一切収入なしでやってきたが、さすがにもう限界だ。

かといって満身を広告で飾るのも気が進まない。

そういう意味でも、これらのサイトのあり方が気になっている・・・

Read Full Post »

Update 2:アップルが直ちに対応》
Update:ダブルクリックで開く》


[Rosetta tombstone | image

Office 2004、Photoshop CS2、Acrobat 7、Eudora 6、AppleWorks 6 など古いソフトに頼っているひとは要注意・・・

MacNN: “Snow Leopard Security Update breaks Rosetta support“: 03 February 2012

     *     *     *

Snow Leopard のセキュリティアップデート

Snow Leopard のための個別のセキュリティアップデート「Security Update 2012-001」をダウンロードすると、Rosetta に依存している PowerPC ベースのソフトが壊れる現象が出ているという複数の苦情がある。Eudora 6、Acrobat Pro 7、Quicken 2007、Office 2004 などのソフトがクラッシュ、フリーズ、ないしは印刷不能などの予期せぬ振る舞いを示すという。

The separate Security Update 2012-001 download for Snow Leopard users is breaking apps that depend on Rosetta, according to complaints. Rosetta allows PowerPC-based apps to operate within Snow Leopard. Programs such as Eudora 6, Acrobat Pro 7, Quicken 2007, and Office 2004 will reportedly crash, freeze, or exhibit other unexpected behavior, such as failing to print documents.

     *     *     *

当面の対策

アップルはこの問題について認識しているといわれるが、パッチを当てるのがいつになるかは不明。それまでの間ソフトを使う必要がある場合は2つのオプションしかない。最も極端なオプションは Snow Leopard を再インストールして v10.6.8 にアップデートするが Security Update 2012-001 は行なわないというもの。もうひとつは非公式ソフト「RosettaFix」を使ってアップデートした 2012-001 ファイルを元のバージョンに戻すもの。しかしこれでも Eudora 6、Acrobat 7、Photoshop CS2、AppleWorks 6 のようなソフトには依然として不具合が残るという。

Apple is said to be aware of the issue, but there is no timeline on a patch. People who need apps working earlier have two options, the most extreme of these being reinstalling Snow Leopard and updating to v10.6.8 while rejecting Security Update 2012-001. An unofficial app called RosettaFix may solve some problems by replacing files updated by 2012-001 with previous versions, but glitches persist in apps like Eudora 6, Acrobat 7, Photoshop CS2, and AppleWorks 6.

     *     *     *

古きものは去れ

アップルは PowerPC のサポートから少しずつ手を引いている。PowerPC チップ搭載 Mac の最後の OS X バージョンが Leopard だった。Snow Leopard では Rosetta がデフォルトのインストールから外された。Lion では PowerPC ソフトのサポートが完全に終わっている。

Apple has gradually drifted away from PowerPC support. Leopard was the last version of OS X to run on Macs with PowerPC chips, and in Snow Leopard, Rosetta was left out of default installations. Lion has no support for PowerPC apps whatsoever.

     *     *     *

いつもは OS X のアップデートには慎重で、周回遅れで様子を見ながら行なっているのだが、今回は誘惑に負けてしまった。

iBooks Author」がなんとも輝いて見えたのだ。

矢も楯もたまらず急遽 Lion へアップデート、iBooks Author をダウンロードしたのだが・・・

結果は、シロウトには思うようには使いこなせず、やっぱり出版業のプロが使うソフトは違うと変に納得するハメになっている。

問題はその後・・・

Snow Leopard 時代にはなかったいくつもの不具合に遭遇することとなった。

その最たるものは Excel が使えなくなったことだ。筆者の Excel、Word とも「Office 2004」時代のものだ。

とりあえず iWork の Numbers を使わざるを得なくなったが、古い書類がダブルクリックで開けず、その都度アイコンを Numbers にドラッグ&ドロップしなければならないので煩わしいことおびただしい。

おまけに書類を開いた感じがどうもいまひとつで、これまでのサクサク感がなくなったように思えてこれまたつらい。

もう一度 Snow Leopard へ戻すことを検討しようかと考えていた矢先に MacNN のこの記事に出会った。

進むに進めず戻るに戻れない、なんとも情けない状態になっている・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ダブルクリックで開く(2月5日)

読者の Yoshimoto 氏、paprica 氏からのご教示。

こうすれば Excel の古い書類がダブルクリックで自動的に開ける。

・古い書類をクリックして[ファイル]→[情報を見る]

・[このアプリケーションで開く:]項目で Numbers をデフォルトにして[すべてを変更…]を押す

たしかにこれで Excel の古い書類がすべてダブルクリックで Numbers で自動的に開けるようになりました。

     *     *     *

実は Numbers を使うのは今回が初めてだったのですが、こんなに簡単だったのですね。

これって Lion 以前の話で、いかにカジュアルユーザーとはいえこんなことも知らずにきたのですから、いやあお恥ずかしい・・・

Yoshimoto さん、paprica さん、ありがとうございました。

AppleWorks の古い書類も Pages で自動的に開けることを「発見」しました。

この機会に、もっとよく Lion のことを勉強しろということだと理解しましたです、ハイ・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》アップルが直ちに対応(2月5日)

さっそくアップルが問題に対処した。

Macworld.com: “Apple revises Snow Leopard security update” by Dan Moren: 04 February 2012

     *     *     *

セキュリティアップデート version 1.1

Snow Leopard の最新のセキュリティアップデートがもたらしたヒドい失敗を受けて、さっそくアップルは事態をコントロールした。昨金曜日、アップルは Snow Leopard Mac のために「Security Update 2012-001, version 1.1」をリリースした。

Suffering from bizarre errors related to the latest Snow Leopard security update? Apple’s already on top of things. On Friday, the company released Security Update 2012-001, version 1.1, for Snow Leopard Macs.

アップルはいつものように「Mac OS X のセキュリティを高めるために全てのユーザーがアップデートすることを推奨する」としかいっていないが、ラスベガスの賭け流にいえば、このアップデートはとんでもない副作用をもたらした水曜日の Security Updated 2012-001 のバージョン 1.0 と差し替えるためのものだ。

In its usual fashion, Apple only says that the update is “recommended for all users and improves the security of Mac OS X.” But if we had to place a wager, Vegas-style, we’d guess that the update in question has been issued to replace version 1.0 of Security Updated 2012-001, released on Wednesday, which had some nasty side effects.

先に Snow Leopard のセキュリティアップデートを行なった多くのユーザーが、PowerPC Mac 用のソフトが使えなくなったことに気づいた。アップデートによって Rosetta 技術に致命的障害が引き起こされたためだ。

Many users who applied the security update on their Snow Leopard found they could no longer use applications designed for PowerPC-based Macs, thanks to the fact that the update wreaked havoc on files crucial to Apple’s Rosetta technology.

今回のバグフィックスによって問題は解決されたかに見える。しかし我々自身はまだ確認していない。読者の問題が解決したようならその旨教えて欲しい。

It seems likely that the update fixes that problem, although we haven’t yet confirmed it for ourselves. If the update fixes issues for you, let us know in the comments below.

しかしながら、Lion への最新のアップデートMac OS X 10.7.3 の問題、すなわち一部ユーザーが起動時や妙な CUI エラーに遭遇する問題が解決したかどうかは未だ不明だ。

There’s no sign, however, of an update to fix the issues with the latest Lion update, Mac OS X 10.7.3, which saw some users having problems launching applications or experiencing weird textures.

「Security Update 2012-001 version 1.1」は Software Update で行なえるが、アップルのダウンロードサイトにはこの原稿の時点ではまだ掲載されていない。

Security Update 2012-001 version 1.1 is available via Software Update, but as of this writing was not on Apple’s support downloads site.

     *     *     *

バグフィックスの対応が早かったことは評価できるが、何が問題で何が解決されたのかよく分からないところに不安が残る。

これまでアップルのアップデートといえば、ほとんど盲目的に即実行してきたが、これからはひと呼吸おいて様子を見た方がいいのかもしれない・・・

Read Full Post »

Older Posts »