Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Developer’

watchkitapptypes

[WatchKit で出来ること:アップル

待望の Apple Watch の開発者向け WatchKit が発表された。

     *     *     *

アップルサイトから:

新しい革新的ユーザー体験

Apple Watch は新しいテクノロジーの利用について新しいページを開くものです。2015 年初めになれば新しい革新的なユーザー体験をあなたの顧客の手首に届けることができるようになります。これまでのアプリの通知が Apple Watch で簡単に示せることを学んでください。WatchKit を活用すれば、あなたのアプリの機能をさらに Apple Watch で拡張し、高めることができます。

Apple Watch represents a new chapter in the relationship people have with technology. Starting early 2015, you will be able to deliver innovative new experiences to your customers on their wrist. Learn how your existing app notifications can easily show up on Apple Watch. And by leveraging WatchKit, you can take your apps even further by extending and enhancing their functionality on Apple Watch.

     *     *     *

WatchKit が如何に重要か Jim Dalrymple は次のようにいっている。

WatchKit | The Loop

記念すべき日

今日はアップルにとって記念すべき日だ。単なる開発者向け SDK の発表に過ぎないと思うかもしれないが、開発者が新しいデバイスのアプリを作るのにどれほど興味を持つのかアップルが知る場でもあるのだ。同じことは iPhone や iPad のアプリでも経験済みだが、消費者にとってはとても大切なことだ。開発者の強力なサポートを得られない製品は失敗する可能性が大きい。来年アップルが Apple Watch をリリースする際には、どれほどたくさんのアプリがすでに開発済みなのかみんなの前で自慢して見せたいのだ。だから今日はとても大切な日だ。

This is a huge day for Apple. It may seem like this is just another SDK release for developers, but this is where Apple learns just how interested developers are in making apps for its new device. We’ve all seen it before with companies competing with Apple for iPhone and iPad apps—they matter to the consumer a lot. Products that don’t have deep developer support have a good chance of failing. When Apple does release the Apple Watch next year, they want to be able to stand up and brag about how many apps are already available. It’s an important day.

     *     *     *

一歩一歩固めていくところがいかにもアップルらしい。

WatchKit の全容については Serenity Caldwell が簡潔にまとめている。

What you need to know about WatchKit | iMore

Read Full Post »

swift-hero

[新言語 Swift:image

Cocoa の優れた教師と考えられている Aaron Hillegass の意見とそれに対する反論が興味深い・・・

Big Nerd Ranch: “iOS Developers Need to Know Objective-C” by Aaron Hillegass: 11 June 2014

     *     *     *

iOS デベロッパにとって Objective-C の知識は必要だ

アップルが Swift を発表したとき、少なからぬひとびとが「万歳! これで Objective-C を習わなくても iOS デベロッパになれる!」というのを聞いた。そんなひとに3つのことをいいたい。

When Apple announced Swift, I heard a few people say “Hurray! Now I can be an iOS developer without learning Objective-C!” I have three messages for these people:

・もし iOS デベロッパになりたいのなら、やはり Objective-C の知識が必要だ
・Swift は Objective-C より学習がカンタン
・いったん Objective-C を習得すれば、Swift の学習がカンタンになる

– If you want to be an iOS developer, you will still need to know Objective-C.
– Objective-C is easier to learn than Swift.
– Once you know Objective-C, it will be easy to learn Swift.

しかしはっきり告白しておきたいが、Swift に対して自分は大きな愛情を抱いている。シンタックスは美しい。Swift のコンパイラはたくさんエラーを見つけてくれる。みんなが Swift でコードを書くようになったらアプリの信頼性は格段に増すだろう。enum 型コンストラクタは素晴らしい。iOS および Mac OS X エコシステムにとって Swift は大きな前進だ。それはさりながらしかし・・・

Before I proceed, let me preface this with a confession of love for Swift. The syntax is lovely. The Swift compiler will catch so many errors for us; I’m certain that when everyone is coding in Swift the reliability of apps will improve considerably. The enum construct is gorgeous. Swift is a major step forward for the entire iOS and Mac OS X ecosystem. But…

     *     *     *

まず John Gruber のコメント。

Daring Fireball: “Aaron Hillegass: ‘iOS Developers Need to Know Objective-C’” by John Gruber: 11 June 2014

時間の問題だ

第1点と第3点については合意するが、第2点については確信が持てない。真の問題は時間なのだ。現在の時点でいえば、本格的な Mac および iOS デベロッパが Objective-C の知識を必要とすることは議論の余地がないだろう。しかし1年後はどうか? 2年後、5年後はどうか? いずれかの時点で、「Objective-C を学ぶ必要はあるのか?」という問いに対する答えは「ノー」になるだろう。それがいつかは分からないけれど・・・

Points 1 and 3 I agree with. Point 2, I’m not so sure about. But the real question is time. I don’t think anyone would dispute that a serious Mac or iOS developer needs to know Objective-C today. But what about a year from now? Two years? Five? At some point, the answer to “Do I need to learn Objective-C?” will be “No.” I don’t know when that will be.

自分は Swift の先行きについてには楽観的だ。それは新規のデベロッパに対するアピールが大きいからではない(それもいずれは利いてくるだろうが)。そうではなく、すでに Objective-C とアップルのフレームワークを熟知した膨大な数のデベロッパにアピールすると思うからだ。

I’m bullish on Swift’s uptake not because I think it will appeal to new developers (although eventually I think that will help too), but because I think it appeals to the huge base of developers who already know Objective-C and Apple’s frameworks.

     *     *     *

その点について Marco Arment がもっと詳しく述べている。

Marco.org: “iOS Developers Need to Know Objective-C” by Marco Arment: 12 June 2014

数年もすれば Swift だけの時代に

Aaron Hillegass の意見に同意するが、それはあくまで短期間での話だ。今後1、2年の iOS 開発については、多分 Objective-C の知識を持つべきだろう。しかし数年後には Swift だけでも問題なくなるだろう。

I agree with Aaron Hillegass, but only short-term. If you want to develop for iOS in the next year or two, you should probably know Objective-C. But in a few years, I don’t think it’ll matter if you only learn Swift.

     *     *     *

今後数年で大きく変化

Swift はまだ若い言語なのでアップルでさえ Swift コードを含むアプリはたったひとつしか出していない。WWDC アプリがそうだ。先週多くのアップルエンジニアの話を聞いたが、私たち同様彼らも Swift の存在すら知らなかった。Swift は最先端の言語なので、今後数年で大きく変化するだろう。更に重要なことは、フレームワークも一般に受け入れられている最適手法も今後10年間で劇的に変わるだろうということだ。時がたって、今年書かれた Swift コードを後から振り返ればゾッとするだろう。

Swift is so young that even Apple has only shipped one app — the WWDC app — that contains any Swift code so far. I talked to many Apple engineers last week who hadn’t even learned of Swift’s existence until the rest of us did. The language is bleeding-edge and likely to change rapidly over the next couple of years, and more importantly, the frameworks and commonly accepted best practices are likely to change dramatically over the next decade. In time, we’re going to look back in horror at the Swift code we write this year.

     *     *     *

Objective-C は C や C++、アセンブリー言語並みになる

だからといって Objective-C の理解が iOS デベロッパにとって長期間必要条件だという意味ではない。今でも多くのひとが C についてほとんど知らないまま(C++ については何も知らないまま)Objective-C だけでたくさんのアプリを毎日のように書いている。

But that doesn’t mean that Objective-C proficiency will be a requirement for iOS developers for very long. Plenty of people write plenty of apps every day in Objective-C without knowing most of C or any C++.

いずれ Objective-C の知識が C や C++、アセンブリー言語のそれと同じようになる時期がくるだろう。それはアプリケーションコードの下部にある配管構造のように、殆どの現役デベロッパにとって知る必要もなければ、いじる必要もないものになるだろう。5年もすれば間違いなくそうなると思う。もしかしたら2、3年後かも知れない。

The time will come when knowing Objective-C will be like knowing C, C++, or assembly — it’ll be a plumbing layer beneath your application code that almost all working developers will never need to know or interact with. And I bet that time is less than five years away — possibly just two or three.

     *     *     *

Swift だけで済む時代は意外に早く来るかもしれないということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

BpY05PdCEAA_pET

[Beats のヘッドホンをつけた Marco:photo

Tumblr や Instapaper を開発した Marco Arment が、Brent Simmons とは違ってしばらく Swift については静観したいといっている。

Marco.org: “FCModel and Swift” by Marco Arment: 08 June 2014

     *     *     *

オープンソースの FCModel

Objective-C で何年も書いてきて、やっと言語の理解とスキルに自信が持てるようになった。そして自分は SQL に近い Core Data の軽量代替版としてとして「FCModel」(多目的一般レイヤーモデル)をオープンソースで出した。数少ないが確かなユーザーに支えられ、貴重な貢献やバグフィックスをもらっている。

After years of writing Objective-C, I was finally confident enough in my skills and understanding of the language to write and open-source a general-purpose model layer, FCModel, as a lightweight Core Data alternative that’s closer to SQL. It has attracted a small but solid audience, with many invaluable contributions and bugfixes.

一見したところ FCModel は Swift でもなんとか動くようだ。しかし自分としては近い将来これを移植する計画はない。

Apparently, it somewhat works with Swift. But I don’t plan to port it in the near future.

     *     *     *

しばらく経験を積みたい

Swift は新しい言語で、振る舞いも新しく、そして最も重要なことだが新しい規格と可能性を持った言語だ。自分としては Swift の FCModel のようなものが出来るようになるまで知識と経験を積みたい。しかし:

Swift is a new language with new behaviors and, most importantly, new standards and expectations. I expect to accumulate enough Swift knowledge and experience to be able to make something like FCModel for it, but:

・少なくとも1年はこの問題に取り組む自信も時間も自分にはないだろう
・旧来システムと上位互換性のない変更になることは間違いなさそうだ
・Swift の規格とスタイルに合わせるためには FCModel の使用、振る舞い、および実装について大幅な変更を加える必要があるかもしれない

– I probably won’t have the confidence (or time) to tackle that problem for at least a year.
– I’d almost certainly make backwards-incompatible changes.
– FCModel’s usage, behavior, and implementation may require major changes to fit into Swift’s standards and style.

     *     *     *

それまでの間は

それまでの間は、SwiftModel(名前は何であれ)は必要はないかもしれない。iOS 8 および 10.10 にはいくつかの重要な利点があるので、それさえ使えばいいかもしれない。もしかしたら誰かがそれまでに Swift のための優れた SQLite 実装モデルを出すかもしれない。

By that time, SwiftModel (or whatever) may not need to exist. Core Data in iOS 8 and 10.10 matched some of its major advantages, so maybe we’ll all just use that. Or maybe someone else will come up with a better SQLite model implementation for Swift by then.

     *     *     *

すぐ Swift への移植するつもりはない

自分は FCModel で膨大なアプリを書いている。だからしばらくは Objective-C にこだわって、はっきりと分かる形で互換性のある Swift への移植をすぐやるつもりはない。

I just wrote a huge app with FCModel, so I’m sticking with it for a while in Objective-C, but I don’t intend to port it to Swift soon, or in a recognizable or compatible form.

     *     *     *

過去に蓄積のあるものほど移行には慎重になるということか・・・

デベロッパにとっては悩み多き季節になりそうだ。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

WWDC-Developer-Labs

[WWDC Developer Labs の風景:photo

筆者の好きなメモ作成ソフト Vesper を開発した Brent Simmons が、WWDC 2014 に対する熱い思いを語っている・・・

inessential: “Early Thoughts on WWDC 2014” by Brent Simmons: 07 June 2014

     *     *     *

驚いた

ワクワクしている。驚いた、何層倍も驚いた、なんどもなんども驚いた — そしてハッピーだ。

I’m excited. Surprised — multiply surprised, surprised over and over — and happy.

     *     *     *

ラッキー

自分はラッキーだ。ちょうど Mac アプリを始めたばかり。これからは Swift で書くつもりだ。

I’m lucky. I’ve just started a Mac app, and I plan to write it in Swift.

1年は待ってみようとほかの開発者がいうのを聞いた。それもよく分かる。今日書いた Swift コードが数か月したらコンパイルできないかもしれないと考えるのももっともだ。まだ進行中なのだから。

I’ve heard other developers say they want to wait about a year, and I totally understand that attitude. It’s reasonable to assume that Swift code written today may not compile in a few months — it’s a work in progress.

     *     *     *

フィードバック

しかし自分はこう考える。もし今使い始めれば、フィードバックを返せる。残りの自分のキャリアで使うことになるであろうプログラミング言語を形作っていくのにフィードバックが役立ってくれるだろうと。フィードバックはたくさんするかもしれないし、しないかもしれない。でもそうできるチャンスは逃したくない。

But my thinking is this: if I start using it now, I can provide feedback, and that feedback will help shape the programming language that I’m likely to use for the rest of my career. Maybe I’ll have a ton of feedback, and maybe I’ll have none — but I’d sure hate to have missed my chance to help.

自分は開発言語がどれかでなければならないという純粋主義者ではない。まったくその反対だ。いいソフトをより早く書きたいという経験豊富な実利主義者だ。

I’m no language purist — quite the opposite. I’m a pragmatist with many years of experience who wants to write better software more quickly.

     *     *     *

俄然ワクワクしている

Swift のことは考えてもいなかった。5年もすれば、とは思ったかもしれない。しかしこれは自分が最もワクワクすること — 断然そうなのだ。(解説書の3分の1ほどはもう読み進んだ。)

I did not expect Swift. I expected it in five years, maybe. But this is — far and away — the thing I’m excited about. (I’m about a third of the way into the book.)

     *     *     *

最高のクリスマス

まるでこれまでで最高のクリスマスみたいだ。サンタも出てきて、一緒にセルフィーできる。こんなフレンドリーで気前のいいアップルは、なぜ自分が iOS や Mac アプリを書くのが好きなのか再確認させてくれる。

It was like this, though — we kept hearing about things, even relatively small things, that all by themselves would have made for a great week. It was like the greatest Christmas ever — and then Santa Claus hung out so you could take selfies with him. This friendly and generous Apple reminds me why I love writing iOS and Mac apps.

     *     *     *

アップルの変化を感じ取った開発者の思いがストレートに伝わってくるようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[こんなアプリがあるのは:Apple

開発者たちの感想を聞いた Jim Dalrymple のコメントが興味深い・・・

The Loop: “WWDC: A new world of possibilities” by Jim Dalrymple: 03 June 2014

     *     *     *

可能性

この一両日 WWDC のホールで昨日の発表について開発者たちの感想を聞いて過ごした。その会話からひとつの共通点が浮かび上がってきた。それは「可能性」(Possibilities)ということだ。

I’ve spent the last couple of days walking the halls of Apple’s Worldwide Developers Conference, talking to developers about the announcements yesterday. One common theme emerged from those discussions: Possibilities.

     *     *     *

ワクワクしている

WWDC で開発者がこれほどワクワクするのは久しくなかったと思う。多分アップルが iOS でネイティブアプリを認めたとき以来ではないだろうか。多くの新しいツールを開発者に与えたことでアップルがひとつの転機をこえたと実感できるからだ。

I haven’t seen developers this excited about a WWDC in many years—probably since Apple first allowed native apps on iOS. There is a real sense of Apple turning a corner with all of the new tools they gave developers during the conference.

     *     *     *

消費者にとっても

これは開発者たちにとっていい報せというだけではない。この種の興奮から多くのひとが裨益する。開発者がプラットフォームに信を置けはおくほど、アップル製品の可能性の限界に挑もうとする。それは結局のところ消費者にとっても優れたアプリがたくさんできることを意味する。それがプラットフォームの成功に必要なことなのだ。

This isn’t just good news for developers—everyone will benefit from this type of excitement. The more developers believe in the platform, the more they continue to push the envelope of what can be done with Apple products—that ultimately means more, and better, apps for consumers. That’s just what every platform needs to thrive.

     *     *     *

Swift の可能性

開発者でないひとたちは昨日のキーノートでアップルの新しい開発言語 Swift を見てもあまりピンとこなかったかもしれない。しかし間違いなく開発者は注目したのだ。Swift はアプリ開発の効率化を図るツールの一部だ。そして Swift のコードは Objective-C と共通利用できるので、開発者はいつでも使い始めることができる。

Most non-developers watching the keynote yesterday probably didn’t care much about Apple’s new Swift programming language, but developers sure took notice. Swift is part of the tools that are going to make app development more efficient. And, because Swift code is interoperable with Objective-C, developers can start using it right away.

     *     *     *

Mac への移植

話を聞いた開発者のひとりは、iOS アプリを Mac へ移植する可能性を Swift で試してみたいと語った。小規模なショップなので、Swift への移行はリソースを食って頭痛のタネとなる。共通の Objective-C コードはアプリ間で共用し、新しいコードは Swift を使うというのが彼の計画だ。Mac アプリが完成した暁には、系統だてて残りのコードを Swift で置き換えるという。

One developer I spoke with said Swift has him considering the possibilities of taking his iOS app to the Mac. As a small shop, Swift takes away some of the headaches and resource drain on his company when considering such a big move. His plan is to use Swift for any new code, while utilizing common Objective-C code between the apps. When the Mac app is completed, he will systematically replace the remaining code with Swift.

他の開発者は、開発初期段階のアプリは Swift でやるが、既存のアプリをどうするかは再検討するといっていた。

Other developers told me that apps that were in the beginning phases of development will be done in Swift, while they reevaluate what to do with existing apps.

     *     *     *

何かスゴいことが・・・

WWDC 2014 がいかに記念碑的なものか説明するのは難しい。どの開発者も、既存のアプリやこれから新しく作るアプリの可能性についてワクワクしていた。アイデアがたくさん出てくる。 — ただし誰も何をやろうとしているのか語りたがらなかった。彼らが作るものを待つほかない。

It’s hard to explain how monumental WWDC 2014 has been. Every developer here is excited about the possibilities for their existing apps and new ones they will build—ideas are flowing, but nobody wanted me to say what they were doing, so you’ll have to wait.

今年の WWDC は何かスゴいことが起きている。

There are some great things coming out of WWDC this year.

     *     *     *

できれば開発者から直接感想を聞きたいものだ。

いちユーザーとしては、冒頭のビデオのような素晴らしいアプリが数多くできる可能性を考えるとワクワクする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Jim_Dalrymple_and_The_Beard

[Jim Dalrymple:photo

一般ユーザーは iOS 7 に振り回される必要はないのだと Jim Dalrymple がいっている。

The Loop: “Don’t worry about iOS 7” by Jim Dalrymple: 17 June 2013

     *     *     *

度を失っている

自分の着信メールやツィッター、メッセージなどから判断すると、アップルが先週 WWDC で発表した iOS 7 やその変更点についてみんな度を失っているようだ。そんなひとたちへのアドバイス — ゆったりと座り、深く息を吸って、リラックスしなさい。

Judging from my inbox, Twitter and Messages, people are losing their minds over iOS 7 and some of the changes Apple introduced at WWDC last week. Here is my advice to you—sit back, take a deep breath and relax.

     *     *     *

まだ完成していない

iOS 7 については心しておくべきことがいくつかある。まず第1に、デザインや機能という意味ではまだ完成に近づいていない。WWDC の直前にアップルエンジニアたちは OS への追加や変更を一時停止した。だからキーノートで安定したビルドを見せることができた。まだ完成してはいないのだ。

There are a few things you need to remember about iOS 7. First, it’s nowhere near finished in terms of design or functionality. Apple engineers stopped adding or changing the operating system before WWDC so they had a stable build to show during the keynote. It’s not done.

     *     *     *

あくまでベータ版

第2に、(こんなことまでいわなきゃならないのには自分でも驚いているのだが)、これはあくまでデベロッパのためのベータ版なのだ。決して個人のユーザーがインストールすべきビルドではない。アナタのためのものではなく、インストールしようなどと考えてはならないのだ。

Second—and I’m surprised I even have to say this—it’s a beta for developers. This is not a build any individual user should install—ever. It wasn’t meant for you and installing it shouldn’t even be on your radar.

     *     *     *

デベロッパが確認するための方法

iOS 7 のデベロッパベータ版は、デベロッパが新しい API をチェックし、彼らのアプリがそれでどう動くのか確かめるためのひとつの方法なのだ。

The developer beta of iOS 7 is meant as a way for developers to see the new APIs and to see how their existing apps work.

     *     *     *

デベロッパにとっては意思決定の機会

これはまた、デベロッパにとって次なるアプリの意思決定をするための重要な機会でもある。これからのアプリを iOS 7 に限定すれば、新しいOS 機能が利用できるのか? デザインについてはどんな決定をすればいいのか? デベロッパが検討すべきことはたくさんあるのだ。

This is also an important opportunity for developers to make decisions about upcoming apps. Will future apps be iOS 7-only so they can tap into new functionality in the operating system? What design decisions need to be made? There are many more things that developers need to consider.

     *     *     *

そしてユーザーにも

これはわれわれが来年以降購入するアプリにも影響を与える重大な決定だ。

These are important decisions that will affect the apps that we buy in the next year or so.

     *     *     *

静観せよ

今はユーザーとしてのアナタが iOS 7 にアップグレードするかどうかを決める時期ではない。そんなことは考えてもいけない。まずアップルに OS の作業をさせ、デベロッパにはアプリの作業をさせて、アナタ自身は冷静にしていればいいのだ。

This is not the time, as a user, for you to decide if you’re going to upgrade to iOS 7. You shouldn’t even be considering that yet. Let Apple do its thing with the operating system, let developers work on their apps and you be calm.

     *     *     *

心配しなくていい

iOS 7 のことは心配しなくてもいい。

Don’t worry about iOS 7.

     *     *     *

WWDC はあくまでデベロッパのための会議であることを再認識すべきかと・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:1分間でガイドを読む》


Start Developing iOS Apps Today

アップルが iOS アプリ開発のためのゴージャスなガイドを掲載した。

TNW: “Apple Posts Guide to ‘Getting Started Developing iOS Apps’” by Matthew Panzarino: 17 February 2012

     *     *     *

デベロッパを惹きつける

アップルの “i” のつくデバイス(iDevice)のエコシステムがユーザー層を広げ、強固なものにしていることについて特筆すべき点があるとすれば、それはデベロッパが群がってくることだろう。デベロッパにそうさせたいとアップルは望んでいる。デベロッパがそうすることがアップルにとって必要なのだ。

If there is one aspect of Apple’s iDevice ecosystem that deserves a ton of credit for both growing and cementing its user base, it has to be the way developers flock to it. Apple wants developers on that line, Apple needs developers on that line.

     *     *     *

今日から始める

だからアップルが初心者デベロッパ向けに美しくかつシンプルな入門ガイド「今日から iOS アプリの開発を始める」(Start Developing iOS Apps Today)を作成したことはうれしいオドロキだ。

That’s why it’s not surprising, but still pleasant, to see Apple making an effort to onboard new developers with a beautiful and simple new introductory document called “Start Developing iOS Apps Today“.

     *     *     *

誰でも読める

このガイドはデベロッパ限定ではないので、開発者プログラムのメンバーでなくても誰でも訪れて読むことが出来る。初めてアプリを作ろうとしているひとにとってこのガイドはうってつけだ。セットアップ、チュートリアル、基礎、開発、上級者向けリソースなどについてもカバーしている。

The document isn’t a private developer resource so you can visit it for yourself regardless of whether you’re in the program or not. It has sections that guide someone looking to begin making apps from starting, through set-up, tutorials, fundamentals, developing and guiding them to further resources.

     *     *     *

とてもシンプルで簡潔

このガイドは iOS アプリ開発に必要なすべて — 使用されるプログラミング言語、アプリのデザイン、App Store でのアプリ販売方法など — の基本事項をカバーしている。とてもシンプルで、どのページも簡潔なテキストが数行しかなく、しかしさらに詳しいドキュメントへのリンクがどのセクションにも張られてている。

The program touches on all of the basics of development for iOS, including the programming languages used, the design of an application and selling the app on the app store. It’s very simple, with only a few lines of text on each page succinctly, but links to more extensive documents on each subject are included in every section.

     *     *     *

まったくの初心者向け

これは iOS 開発に一度も手を染めたことのない初心者向けのものであることは明らかだ。どうやってプログラミングを始めるかというチュートリアルというより、全体を概観してどういうプロセスがあるか理解するのに適している。「どうやって始めたらよいのか?」と悩んでいるひとにとってこれだけで素晴らしい出発点となるだろう。

This is obviously intended for those who have never even dabbled in developing for iOS, and isn’t a tutorial about how to start, but more of a general overview of what’s involved. As it stands, it definitely works well as a jumping-off point for people who are thinking ‘how do I even begin?’.

     *     *     *

詳しくはアップルサイトへ

iOS アプリの開発っていったいどうやるんだろう、簡単に全体の概要が分かる方法はないものかと悩んでいるひとにとって、必要な基本事項を道案内してくれるこれほど素晴らしいものはないのではないだろうか。詳しくはアップルのこちらからご覧になれます。

If you’ve been wishing you could get a simple overview of the process of developing apps for iOS, there probably isn’t a better way to be guided through the basic steps involved. You can see the guide on Apple’s site here.

     *     *     *

“i” のつくデバイスが世界のスタンダードになった今、世界中のひとがこれを見ている。

プログラミングを知りたい、iOS プログラマーになりたい・・・ 筆者の見果てぬ夢だ。

結局は手の届かぬことが判明しても、それでも新しいものに出会うたびに心が躍る。

一向にモノにできない筆者のような人間にとってこのガイドはうってつけかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》1分間でガイドを読む(2月21日)

中学生でも分かるやさしい英語なので、エイヤッとまるめてみた。

iOS アプリの開発について1冊の本を書くとすれば、このガイドは各章の構成を示したものか。

1)はじめに

これは iOS アプリ開発の全容を示した、いわばロードマップみたいなもの。

2)準備

ツールのインストールについて。ダウンロードされたツール Xcode には iOS SDK も含まれる。

3)まずやってみる

まず最初に簡単なアプリを作ってみる。そのためのチュートリアルが最初の iOS アプリ」(Your First iOS App。これで開発の流れが分かる。

4)基礎

Xcode ツール
プログラミング言語 Objective-C
プログラミングの基本的作業

5)開発

Frameworks
Design Patterns
Human Interface Design(iOS アプリらしいデザインにするには)
アプリのデザイン(Cocoa Touch frameworks について)
App Store(ちゃんとしたテストの必要性)

6)次のレベルへ

情報を探す(Xcode に組み込まれた情報の使い方。ビデオや詳しい解説が準備されている。)
次のレベルへのサジェスチョンン

     *     *     *

こんなことも知らずにスタンフォード大講座に挑んだのはいかにも無謀だった。当時こんなガイドがあったら苦労しなかったのに・・・

次は「Your First iOS App」のチュートリアルに飛ぶのが最短距離か。これこそ iOS プログラミングのチュートリアルだ。

改めてアップルのマニュアルは、誰が読んでも分かる英語で書かれていることを痛感する。

世界中のひとが — 中国人もロシア人も — 今これを一斉に読んでいるのだと思う。

英語がどうのこうのと考えないで、とにかく飛び込んでみることが大事かもしれない。

日本人の英語に関する曽根原春樹氏の考察 High Context 対 Low Context には考えさせられるところが多かった。

★→[ガイドを読む:Start Developing iOS Apps Today

     *     *     *

追記:アップル訳の PDF(2月21日)

次のステップは「Your First iOS App」だろうと書いた。

Hello world!” のバリエーションで、次のようなアプリを作成する入門チュートリアルだ。

このアプリケーショ ンには、テキストフィールド、ラベル、およびボタンがそれぞれ1つあります。テキストフィール ドには名前を入力し、「Hello」というボタンをタップできます。アプリケーションは、ラベルのテ キストを更新して「Hello, !」を表示します。

どうやらこの内容は、すでにアップルから日本語訳が出ているものと同じではないかと思われる。

「iOSアプリケーションチュートリアル」 | アップル

知らなかったのは自分だけだったか・・・

Read Full Post »

Older Posts »