Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iTunes’

hello_tumblr

iTunes Tumblr | Apple

itunes on Instagram | Apple

Apple Launches A New Tumblr Site Promoting iTunes | TechCrunch

Pingで失敗したiTunesが再びSNSへ、敏腕ディレクターの手で成功となるか?|GoGo! Machead!

iTunes Storeの楽曲販売を増やすのが目的ならばSNSよりも販売のビジネスモデルを現在求められている売り方に変えたほうが成功するように感じますね。
※1曲単位の楽曲販売だけでなく、定額型の音楽配信に変える

とにかく、時代遅れになりつつあるiTunes Storeがどう変わっていくかは楽しみではあります。

Read Full Post »

gross_iTunes_revenues_vs_Google_search_business

[iTunes の全収入とグーグルの検索ビジネスを比較する:asymco

ゲームの世界は「Flappy Bird」の話題で持ち切りだ。(こちらこちら

App Store のトップに評価されることの影響力の大きさが改めて注目される。

アップルが報告する iTunes Store の売上げには、App Store を通じた全取引の 30% しか含まれていない。

iTunes Store の全取引の大きさを Horace Dediu が試算しているのが興味深い。

asymco: “Fortune 130” by Horace Dediu: 10 February 2014

     *     *     *

年間 235 億ドルの規模

iTunes Store の全取引から得られる収入は今では1四半期当たり 70 億ドル近くに達している。年ベースにすると、 iTunes/ソフトウェア/サービスグループの全取引から得られる収入は 235 億ドルに達し、対前年伸び率 34% になっている。

The “gross” revenues are now nearly $7 billion per quarter. On a yearly basis the iTunes/Software/Services group had gross revenues of $23.5 billion with growth of 34% y/y.

     *     *     *

全取引の内訳

ソフトやサービス収入の 2013 年の伸び率をそれぞれ試算すると:

Other estimates for full year 2013 growth are:

– Third party content +46.6%.
– Music downloads -14%
– Video +19%
– Apps +105%
– Books -9%
– Services +37%
– Pro apps +29%
– OS X -8%
– iWork and iLife -8%

     *     *     *

グーグルの約半分

iTunes/ソフトウェア/サービスは、年ベースにするとグーグルのコアビジネスである検索収入の約半分に達し、伸び率も少し大きい。[冒頭チャート参照]

On a yearly basis iTunes/Software/Services is nearly half of Google’s core business and growing slightly faster.

     *     *     *

フォーチュンランキングの 130 位

コンテンツとサービスの「 iTunes 帝国」は、フォーチュン 500 社のランキングでいえば 130 位、Alcoa[アルコア:世界的なアルミメーカー]よりやや下位、Eli Lilly[イーライリリー:国際的な製薬会社]より上位にあたる。

The iTunes “empire” of content and services would be ranked as number 130 in the Fortune 500 ranking of companies (slightly below Alcoa and above Eli Lilly).

     *     *     *

アップルというとつい Mac や iPhone、iPad のメーカーと考え勝ちだ。

あまり注目されない iTunes Store の売上げが、グーグル検索収入の約半分に達していると聞くと驚くひとが多いにちがいない。

Flappy Bird が話題になるのも、アプリの評価が問題になるのも、すべては「記録的な App Store の売上げ」が背景にあるからなのかも・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:子供にタブレット等で遊ばせる際の注意点のまとめ》

Bristol_boy

[タダだからクリックしただけなのに・・・:photo

小さいお子さんのいる親御さんはご用心、ご用心・・・

アプリ内課金に引っかかった子供が10分間で 1700 ポンド[24 万円]も使ってしまったというお話。

Gizmodo UK: “Apple Refunds Parents After Kid Blows £1,700 on In-Game Purchases in 10 Minutes” by Gary Cutlack: 01 March 2013

     *     *     *

無料ゲームに仕掛けられたワナ

子供を餌食にしようとゲームの中に仕掛けられた実に恥知らずなアプリ内課金の話がニュースのヘッドラインを飾ってしまった。5歳の少年がゲームに仕掛けられた 69.99 ポンド[9800 円強]もするゲーム内のガラクタを集めに集めて、なんと 1710.43 ポンド[24 万円]も使ってしまったのだ。

The absolutely shameless notion of in-app purchases inside games aimed at kids has hit the headlines big time, after one five-year-old boy managed to spend £1,710.43 on miserable £69.99 bundles of in-game junk.

     *     *     *

「Zombie v Ninja」

少年の名は Danny Kitchen。ゲームの名前は「Zombie v Ninja」で、iTunes から無料でダウンロードできる。無料ゲームであることを確認した両親は Danny 君のために iTunes のパスワードを入力してやった。で、Danny 君はそのまま支払いを続けてしまったというワケ。

The boy in question is called Danny Kitchen. The game is Zombie v Ninja, which is “free” for download on iTunes. When he asked for the iTunes password Danny’s parents typed it in, saying they were reassured by the fact that the game was listed as being free, so left him to get on with playing the thing.

     *     *     *

キーや武器セットを集めると

Danny 君は映画『マイナー・ブラザース/史上最大の賭け』(Brewster’s Millions)みたいに、69.99 ポンド[9800 円強]もするゲーム内のキーや武器セットを気が狂ったように買い続け、その結果ママにとんでもないクレジットカードの請求がきてしまったというワケ。それを知ったとき「ボクはとても心配で悲しかった」という。そして「もう iPad は使わせてもらえないんだ」と。

Danny then went in-app purchase bonkers in a Brewster’s Millions style, buying loads of the £69.99 in-game keys and weapon packs, and racking up an enormous credit card bill for his mum. “I was worried and I felt sad,” said Danny, when he found out, adding: “I’m banned from the iPad now.”

     *     *     *

払い戻しに応じたアップル

アップルはこのカネの払い戻しに合意した。アップルがそうしたことはいいことだが、ゲームメーカーが子供からカネをむしり取ろうと 69.99 ポンド[9800 円強]もするゴミをゲームの中に仕掛けることのないようにさせたらもっとよかったのに。これってクリスマスのクラッカーを鳴らしたら、税金の請求書とイバラの冠が中から出てくるみたいなヒドい話だ。

Apple has agreed to refund the money. While it’s nice of Apple to do that, it would be nicer still if it stopped publishers putting abysmal, money-grabbing bundles of £69.99 crap in games aimed at children. It’s like pulling a Christmas cracker and finding a Council Tax bill and a crown of thorns inside.

[via BBC

     *     *     *

無料のゲームにそんなワナを仕掛けることも出来るのか!

くれぐれもペアレンタルコントロールはお忘れなく・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》子供にタブレット等で遊ばせる際の注意点のまとめ(3月3日)

子供をもつ親にとって moto_maka 氏の「子供にタブレット等で遊ばせる際の注意点のまとめ」は必見だ。

ちゃんと「iOSでアプリ内課金等を制限する方法」もあるのですね。

・iOSでアプリ内課金等を制限する方法

「設定」「一般」「機能制限」
「App内での購入」をオフにする

もっとも筆者の iPhone では、すべての機能がオンになっていていじれないのはどうしてだろう? → gen59 さん、ヘルプのコメントありがとうございました。]

また、ガジェットさん家 氏の「子供『iPadで遊んでいい?』 ママ『いいわよ~』→20万円の請求」も参考になる。

クレジットカードを使わずに iTunes Store、App Store、iBookstore、および Mac App Store アカウントを作成する方法」があるなんて知らなかった。

子供に iPhone や iPad を持たせる親だけでなく、大人自身にもいろいろ勉強しなければならないことがあるようだ。

Read Full Post »


[スティーブ・ジョブズの果たせぬ夢:image

現在のキャリアに飽き足らず、自らのネットワークを構築しようとした Steve Jobs の話が先週注目を引いた。

The Loop: “Apple and market subversion” by Matt Alexander: 18 November 2011

     *     *     *

Jobs の果たせぬ夢

今週 John Stanton は Steve Jobs の果たせなかった夢を明らかにした。未認可の割当周波数を使ってアップルのワイヤレスネットワークを作ろうというものだが、主に iOS デバイスを対象としたものだったと思われる。もしこれが実現していれば、アップルとしてはワイヤレスで一般的なキャリア中心モデルを見送り、自前のネットワークを構築し、支配していただろう。なんとも壮大な考えだ。

This week, John Stanton revealed Steve Jobs’ unfulfilled desire to leverage the unlicensed wireless spectrum to build an Apple wireless network, presumably for use primarily with iOS devices. Of course, if this had happened, it would’ve meant that Apple would forego the normal, carrier-centric model in the wireless industry, and would have had its own network to control and govern. Quite the concept, really.

ワイヤレスの巨人たちは、一瞬にして、かつ壊滅的に滅びてしまったことだろう。法律問題があるからこのような革命的変化は不可能だと否定論者たちはいうが、私は敢えて異を唱えたい。

The giants holding onto the wireless industry would have been instantly and emphatically subverted in a truly profound manner. If you listen to certain naysayers, such revolutionary change is unfeasible due to legal barriers, but I’m inclined to disagree.

この革命は既に進行中だと指摘したいのだ。

In fact, I would go as far as to say this revolution is already well underway.

     *     *     *

iMessage の導入

アップルは iOS 5 発表に際して iMessage を導入した。iMessage があれば、ユーザーはキャリアとは無関係にテキストメッセージを(海外にさえも)無料で送信できる。もしアップルが初代 iPhone にそんな機能を導入しようとしていたら、AT&T により一笑に付されたことだろう。しかし今やアップルは世界最大のワイヤレスメーカーのひとつだ。どのキャリアも先を争って自社のネットワークの受信環境が iPhone にとってベストだと競っている。

With the launch of iOS 5, Apple introduced iMessage. With iMessage, users are able to text message for free, sans-carrier control — even internationally. If Apple had attempted to introduce such a feature with the first iPhone, it’s likely AT&T would’ve laughed Apple out of its offices. But now Apple is one of the largest wireless manufacturers in the world, and carriers are scrambling to prove that their network provides the best iPhone coverage.

     *     *     *

ほとんど文句もいわない

これまで自社の電話に載せるアプリもブランドも自ら決めてきたキャリアが、今では静かにアップルがなすがままに任せ、ほとんど文句さえいわない。マーケットシェアに甚大な影響を及ぼすことを恐れて、常識あるキャリアは敢えてアップルに逆らおうとはしないのだ。アップルの信条も、ソフトも、とりわけ人気のあるハードウェアなら尚更・・・

Carriers that are used to placing their own apps and branding on phones quietly accept that Apple will not allow this, and offer little (if any) complaint. In essence, no carrier with any sense would risk refusing Apple, its principles, its software, and most importantly, its popular hardware for fear of significant damage in market share.

     *     *     *

トロイの木馬

そんな中で iMessage はトロイの木馬のように思える。Facetime とともにキャリア環境に取って代わりつつある。次第にユーザーはその機能の持つ重要性を理解し始めているのだ。

As such, iMessage appears to be a trojan horse. It has been supplanted into the carrier environment, along with Facetime, and users are just steadily beginning to grasp the gravity of such features.

     *     *     *

どこまでも広がる・・・

昨日は、iOS に隠された iChat コードのことが表に出た。「いずれ時間の問題だった」という人も多いが、確かにそれは正しい。しかし iOS エコシステムにとって iChat 機能はいかなる意味を持つのだろうか? それは簡単なテキストインターフェイスに留まらず、音声とビデオ、テキストチャットを融合して、プラットフォームを越え、どこまでも広がるものとなるのではないか・・・

Yesterday, hints of iChat code were uncovered in iOS. Many have reacted saying “it was only a matter of time,” and they’re right to say so, but what implications would an iChat feature hold for the iOS ecosystem? I doubt it would be a simple text interface, but rather an amalgamation of voice, video, and text chat, cross-platform, and without boundary.

     *     *     *

VoIP の実装

もしそうなら、キャリアを覆そうとする Steve Jobs の望みは、外から爆発的に起きるのではなく、むしろ内部からの革命として起きるのかもしれない。業界深く仕込まれたアップルのトロイの木馬は、いよいよ行動を開始し、遮るものを焼き尽くそうとしている。iChat クライアントがこのような変化をもたらす手段かどうかは別にして、アップルが iOS にある種の VoIP を実装することは間違いないと思われる。論理的に考えても当然のことだ。

If so, Steve Jobs’ desire to subvert carriers may not occur in such an explosive manner from the outside, but may occur as more of a revolution from within. The Apple trojan horse is firmly parked in the industry, and it is set to open, and to burn what lays before it. Whether or not an iChat client would provide this vessel for change, I’d argue it’s an inevitability that Apple will build some sort of VoIP implementation into iOS – it’s a matter of logical progression.

     *     *     *

テレビの世界の話ではない

このような変化はテレビの世界で起きようとしているというひとも多い。しかしテレビ業界は逡巡しているようにしかみえない。そのためウワサされるアップルの夢は不可能だと敗北主義者はいう。それでも意識するしないに関わらず、業界に急速に変化をもたらすアップルの力は誰の目にも明らかだ。キャリアは、いずれ彼らの価格モデルを完全に覆すことになる機能をアップルが取り入れるのを黙認している。その傾向はこれからも続くのだ。

Many argue this is what is set to happen with the television, but indications point to hesitance in the industry. As a result, there are defeatist opinions opining about the impossibility of Apple’s rumored goal. And yet, Apple’s ability for rapid industry change is evident before all of us, whether most are aware of it or not. Carriers are allowing Apple to introduce features that wholly subvert their own pricing models, and the trend is only set to continue.

     *     *     *

ユニークでシンプル

これらいくつかの機能は他のプラットフォーム(例えば BlackBerry Messenger など)でも利用できる。しかしアップルが提供するユニークでシンプルな解決策は、業界をガラリと変えてしまうという点で他に類を見ないのだ。Pin 番号やユーザー名のことなんか忘れてしまえ。アップルのシステムなら自動的で、バックグラウンドで目立たないようにちゃんと動くのだ。

While some of these features are available on other platforms (e.g., BlackBerry Messenger, and so on), it is unquestionable that Apple’s propensity for unique, simplistic solutions has the unparalleled potential for industry-altering change. Forget exchanging pins and usernames, Apple’s system is automatic and firmly in the background.

     *     *     *

デジタルメディアを支配

レコード会社は iTunes に二の足を踏んだので、アップルは DRM[digital rights management:デジタル権利管理]で譲歩した。しかし後に DRM は取り除かれる。アップルは自らのやり方を押し通し、いまやデジタルメディアビジネスの大宗を支配しているのだ。

Record labels balked at iTunes, and Apple conceded with DRM. DRM was later removed. Apple got its way and now controls the majority of the digital media business.

     *     *     *

来るべきシフト

歴史がそちらへ向いていることは明かだ。アップルがパラダイムシフトを行なう可能性を疑問視するのは近視眼的考えだ。ルートは異なっても、Steve のビジョンは実現に向かっているように思える。これは来るべきシフトの兆しだと思う。

To that end, I’d argue that history is self-evident, and anyone who chooses to question the potential for the paradigm shifting power of Apple is shortsighted. Steve’s vision seems set to come to life, albeit via a different route, and I believe that is a marker for other shifts to come.

     *     *     *

ハッキリいえずもどかしいが、何か大きな変化の兆しが感じられる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Steve Jobs and Jim Gianopulos by Jochen Siegle | photo

Steve Jobs の思い出を書いた Fox トップの個人的な文章が興味深い。

iTunes の映画配信をめぐって Jobs と激しく争ったことがあるだけに尚更だ。

The Hollywood Reporter: “A Studio Chief Pens Revealing First-Person Steve Jobs Remembrance” by Jim Gianopulos: 13 October 2011

     *     *     *

譲らない Steve

2006 年の春から夏にかけて、Steve Jobs は音楽やテレビ番組だけでなく長編映画も iTunes で販売すべく、Fox はじめ他の映画会社と交渉を行なっていた。Steve を数年来知っているが、彼はいつものように断固として自らの考えを譲らなかった。この場合の考えとは、iTunes で映画をいくらの価格で売り、マーケティングすべきか、彼の忠実な信奉者にどうやって提供すべきかというものだった。

During the spring and summer of 2006, Steve Jobs was negotiating with Fox and other studios to expand iTunes from selling digital music and TV shows to selling feature films. I had known Steve for several years, and as usual, he had very strong views — in this instance, about how movies on iTunes should be priced, marketed and presented to his growing base of devoted followers.

     *     *     *

バカとまではいわないが

残念ながら彼の考えの多くはこれまでの映画会社のものとは一致しなかった。彼はほかの場合と同様、映画会社の連中はバカとはいわないまでも、ラダイト[Luddite:19世紀初頭のイギリスで機械化に反対した熟練労働者たち、技術革新反対者]だと考えていた。私もそのひとりに含まれていた。

Unfortunately, many of those views were inconsistent with existing media, and as was often the case, he thought the studio guys were Luddites (if not idiots). I was one of them.

新しい試みに対するわれわれの懸念になんとか妥協の道はないかと、電話したり、直接会ったりしてとことん何時間も話し合った。我々も熱心だったが、Steve ほどではなかった。9月に予定された発表で、すべての映画会社がひとつになって Steve の大胆でエキサイティングな発表をしてほしいと彼は考えていた。我々も物事を変えたいと思ってはいたが、しかし Steve はすぐに変えたいと望んでいたのだ。

We spent many hours on the phone and in person hashing out ways to reconcile the new offering with our concerns about it. We were very eager to make it work — but nowhere near as eager as Steve, who wanted to corral all the studios and make one of his bold and exciting announcements, which he’d scheduled for September. We wanted to change things; he wanted to change them now.

     *     *     *

避暑地へ逃げ出した

ああでもない、こうでもないと議論しているうちに、夏になった。情け容赦ない Steve[Relentless Steve]から一息つくため、毎年夏に訪れているギリシャ Paros 島の近くの小さな島 Antiparos 島へ逃げ出すことにした。

We argued and debated back and forth into the summer, and as August arrived, we remained a fair distance apart. So, as a respite from Relentless Steve, I sneaked off to my annual retreat on the tiny island of Antiparos, near Paros in Greece.

もうこれで安心だと思った。しかし Steve から逃げ出すなんてことはできなかった。ストーカーのように彼は次のようなメールを送ってきたのだ。

I thought I was safe. But not from Steve. He stalked me, eventually sending this e-mail:

     *     *     *

追いかけてきたメール

Steve Jobs から Jim Gianopulos 宛
2006 年8月26日付

件名:Paros 島まで行くぞ

Jim へ

我々は話を継続する必要がある。電話やメールがダメだというのなら、Paros 島まで行って、海岸を散歩しながら、この件を片付ける必要がある。今はまさにオンライン配信を始めるべき時なのだ。そしてアップルこそそれをなすべき会社だ。キミの助けがいる。

Paros 島の空港に着いたら、キミのところまではどう行けばいいのだろうか?

敬具
スティーブ

From: Steve Jobs
Date: Sat, 26 Aug 2006 16:51:12 -0700
To: Jim Gianopulos
Cc: Steve Jobs

Subject: I’m coming to Paros

Jim,
We need to talk and if that’s not possible over the phone or via e-mail, then I need to come to Paros and go for a walk on the beach with you and resolve this. The time is now to begin creating a new online distribution vehicle for movies, and Apple is the company to do it. I need your help.

How do I find you once I get to the airport on Paros?

Thanks,
Steve

     *     *     *

結局は来なかった

結局このときは Paros 島まで彼はやってこなかった。その後交渉は成立し、我々はすばらしい友人となった。いまでも大切に思っている。

He never made it to Paros, but we eventually made a deal, and it evolved into a great friendship, one that I will always cherish.

     *     *     *

Jobs のタフ・ネゴシエイターぶりを彷彿とさせる。

それにしてもこのメールは強烈だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[ファイルの不一致が生じた場合:image

「ホンモノはクラウドにある」(The Truth is on the cloud.)と WWDC で Steve Jobs が語った。[ストリーミングビデオの 1h 24 分ごろ]

John Gruber がその点を敷衍してポッドキャスト「The Talk Show #47」で興味深い議論をしている。[72 分〜 79 分ごろ]

MacStories がその部分のテープ起こしをしている。

MacStories: “iCloud To Avoid File Conflicts with Versioning” by Federico Viticci: 17 June 2011

     *     *     *

iCloud ではマージングや不一致は生じない

Gruber:新しいやり方ではマージング[merging:複数のファイルやデータ、プログラムなどを決められたルールに従って一つに統合すること]や不一致は生じない。・・・しかしそれは同期の持つ技術的困難さをアップルが魔法のように解決したという意味ではない。

Gruber: The new way does not involve merging and conflicts. […] It doesn’t mean that Apple has magically solved the tech difficulties of syncing. […]

例えば3つのデバイスがあるとしよう。サーバー上のデータはどこかにあるサーバーに保存されており、そして iPhone および Mac があるとする。すべてのデータ、たとえば住所録のデータはいずれも最新のものだ。たとえば Dan Benjamin の項目にはいずれもメールアドレスがある。3つとも同じものだが、ここで(オフラインで)自宅の電話番号を Mac に加え、同時に iPhone でも自宅電話を入力するがタイプミスしたとする。そうすると同期(sync)はどうなるのか。異なる2つの電話番号が2つの場所にあり、サーバーには電話番号がない。今現在だと MobileMe はダイアログボックスを出してデータの不一致を知らせる。そこでどれが正しいのかキミが決めなければならないことになる。

You’ve got 3 devices let’s say. Server-side data stored somewhere on a server, and you’ve got an iPhone and you’ve got a Mac. All data is up to date, say Address Book. You have an entry for Dan Benjamin and all it has is an email address. In all three places it’s the same and I sit down at my Mac, I add your home phone # to your contact and then I sit down with my iPhone at the same time (say everything’s offline) and enter Dan’s home # manually, but I enter it wrong. What happens when you sync? You’ve entered two phone numbers in two places, and at the server there’s no phone number. As it stands now MobileMe often will offer you a dialog box telling you that there is a conflict. It presents it to you and you have to pick which one is right. […]

     *     *     *

「ホンモノはクラウドにある」

オフラインで加えられた変更がどんなものであれ、iCloud ではそんなダイアログは出ないだろうとボクは思う。不一致らしきものがあったとすると、サーバー上の iCloud はどれがベストか(アップルのいい方では「ホンモノ(truth)」か)を自ら判断する。「ホンモノはクラウドにある」(The Truth is in the Cloud.)と Steve Jobs がいったのはそういうことなのだ。iTunes はどれが正しいかを判断する。そういうことだ。その正しいものを iCloud は、異なるバージョンの存在する同じアカウント持つデバイスにプッシュする。だがここにトリックがある。もしそれが正しいものでなかったらどうなるかというわけ。サーバー側ではすべてのものが記憶されるだろう。バージョニング[versioning:バージョン管理]とほぼ同じだ。「住所録を調べなさい」といったダイアログが出るだろう。「前のバージョンから正しいものを選択しなさい」といったダイアログもあるだろう。それをユーザーが選択してクラウドへプッシュし、「これがホンモノだ」と教える。アップルはこれをそのままプッシュするのだ。

In iCloud I believe you will never be presented with such a dialog, no matter how much has changed in one of the instances while it was “offline”. The server-side iCloud, when there seemingly is a conflict, will make a decision and it will decide which one is the best (in Apple’s terms the “truth”). That is what Steve Jobs means when he says “The Truth is in the Cloud.” iTunes will decide which one is right and that’s it. iCloud will push that right one to any device that has this account that has a different version. But, here’s the trick – what happens if it’s not the right one? On the server side, it will remember all of the other ones, almost like versioning. There will be some sort of interface like “go and look at your contacts.” There will be some sort of way to say “show me previous versions and let me pick the one that is right”. You pick it and push it back up into the cloud and tell it “that’s the truth” and Apple will push it out.

Dan Benjamin:最新の変更がどれであれ、ユーザーが望むなら以前のバージョンを選べる、と・・・

Dan Benjamin: Whatever is the most recent change will propagate but here are previous versions to pick from if you want.

     *     *     *

iCloud がホンモノを決める

Gruber:アップルはそうはいっていないが、サーバー上の iCloud は公開されることのない不一致を検出したときはどれがホンモノかを決定する。iCloud は「ブラックボックス」みたいに機能するのだ。ほとんどの場合一番最後に行なわれた変更を採用するだろう。しかし、それを(あとで変更できるように)決めないままにしておく。重要なポイントはもし不一致があったとしても、異なるバージョンのすべてが記憶されるという点だ。もし「ホンモノでないもの」が選択された場合でも、元に戻って正しいものを選択することができる。今後はマージングや不一致はなくなるとボクがいったのはそういう意味だ。ユーザーが決める場合を除き、マージングや不一致については iCloud がベストの判断をするのだ。

Gruber: Apple won’t reveal it but iCloud, on the server, will determine the truth when it detects a conflict that will never be published. It will act like a “black box”. Most cases it will go by the most recently implemented change — it will be undefined. The key is that if there is a conflict, they will remember the different conflicting versions. If it picks the “wrong truth” it will be able to go back and get the right one. That’s what I mean when I say no more merging or conflicts. iCloud will make its best guess at merging & conflicts other than having you pick it.

     *     *     *

iBooks の持つ意味

Dan Benjamin:キミはこれが事実だと知っているのか、それとも単なるキミの見解なのか?

Dan Benjamin: Do you know this or is it just a theory?

Gruber:これは事実だ。しかし iBooks がその具体例に違いないという点については、自分としては間違いないと考えているが、事実とまでは知らない。iPhone と iPad にある同じ iBook をオフラインで読む場合、iPhone で何ページか読み、さらに iPad で異なる部分を何ページか読んで、その後オンラインにして「read state」や「current page state」を iTunes サーバーに同期しようとしても、iBooks ではダイアログはなにも出てこない。

Gruber: I know this. What I don’t know but I beleeve, again, is that I think iBooks is an example of this in action. If you have the same iBook on the iPhone and iPad and take them both offline and flip a couple of pages on the iPhone then flip a different number of pages on the iPad, and them put them both online and they go to sync their “read state” or “current page state” to iTunes servers, iBooks never presents you a dialog. […]

iBooks は、現在もこれまでも、アップルが iCloud と呼んでいるもののタタキ台なのだ。

iBooks is and has been one of the testbeds for what Apple is now calling iCloud.

     *     *     *

今秋実際に目にするまでは、iCloud に関する議論は絶えないだろう。

「ホンモノはクラウドにある」(The Truth is on the cloud.)という Jobs の発言の真意もこれから次第に明らかにされてくるに違いない。

Gruber のポッドキャスト、今週の「The Talk Show #47」が注目されるのもそういうわけだ。

前の週のポッドキャストはなんと80万回もダウンロードされたというのだから、Gruber の注目度は大変なものだ。

司会の Dan Benjamin とさしで、たっぷり語らせるところがミソ。(いささか長過ぎるきらいはあるが・・・)

Dan Benjamin の「5by5」にはこの他にもたくさんの豪華キャストを揃えており、John Siracusa の「Hypercritical」や Marco Arment の「Build and Analyze」がとくにおもしろい。

然るべきゲストとじっくり腰を据えて語るポッドキャストの存在はとてもありがたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Lion + iO 5 + iCloud = WWDC

今年の WWDC は異例だ。発表内容が事前に公表されたのに、具体的な中身となると未だ詳しいことが分らない。(こちらこちらこちら

例年 little birdie の情報に基づいて的確な予想をする John Gruber も、今年は勝手が違うようだ。

Daring Fireball: “WWDC 2011 Prelude” by John Gruber: 05 June 2011

     *     *     *

私が知っていること

明日の WWDC 2011 の発表について知っていることをすべて書いても、短くて全然センセーショナルなものにはないだろう。私が知っているのは周辺部分のほんのマイナーな機能だけだ。iOS 5 と iCloud、それがどう関係するかという全体像については私にはまったく分からない。最近のアップルのプロジェクト同様、この点はしっかりと守秘されている。

If I were to publish everything I know regarding tomorrow’s announcements, it would be a short and decidedly unsensational article. What I know are a handful of minor features at the edges. The big picture regarding iOS 5 and iCloud — and how the two interrelate — is an utter mystery to me. These things have been as well-kept secrets as any major projects from Apple in recent years.

iCloud が音楽ストレージになるという情報はすでにリークされている。しかしそれはアップルとレコード会社が交渉したことの必然的結果だ。たしかに音楽ストレージは iCloud の機能のひとつだ。しかし iCloud は音楽サービスだけではない。

iCloud’s expected has of course leaked, but that’s almost certainly the inevitable result of Apple’s dealings with the music labels. Music storage is a feature of iCloud; iCloud is not a music service.

     *     *     *

間違いないと思うが、確認がとれていないこと

次の文章はせいぜい又聞き程度の情報だ。直感や期待を持つひとなら誰でも考えつくものだ。

The italicized sentence that follows is fourth-hand information, at best, and also the sort of thing that many of you might have already guessed based merely on your own hunches and hopes. But here goes:

「iCloud は新しい MobileMe ではない。iCloud は新しい iTunes だ。」

“Don’t think of iCloud as the new MobileMe; think of iCloud as the new iTunes.”

     *     *     *

標準的ストア(canonical store)

デバイスデータの同期は、Dropbox のような標準的ストア(canonical store)があるとき一番うまくいく。同一アカウントで、3つ、4つ、ないしは5つのデバイスのデータを同期するときでもそうだ。しかし標準的な中央ストアは、クラウドにある Dropbox のサーバーなのだ。iPhone や iPod、iPad の場合は、デバイス上のすべてのデータを保存する中央ストアの役割を果たすのは、Mac ないしは PC で動く iTunes だ。

Syncing data between devices tends to work best when there’s a canonical store. I.e. with Dropbox, you might have three, four, five devices syncing data on the same account. The canonical central store, however, is Dropbox’s cloud-based server. With iPhones, iPods, and iPads, the central store for almost all data stored on the devices is iTunes running on your Mac or PC.

     *     *     *

クラウド移行は必須

iCloud では iTunes はクラウドは移行すべきだ。デスクトップアプリケーションである iTunes は、現在のところ次のようなデータを iOS デバイスと同期する。オーディオ、映画、テレビ番組、iBooks Eブックス、App Store のアプリ、住所録、カレンダー、ブックマーク、ノート、その他 iOS アプリで共有されるすべてのファイルなどのデータだ。これらのデータはどれもいわゆるクラウドでワイヤレスに同期されるとき一番うまくいくものだ。

With iCloud, that should shift to the cloud. iTunes, the desktop app, currently syncs the following things with iOS devices: audio, movies and TV shows, iBooks e-books, App Store apps, contacts, calendars, bookmarks, notes, and any sort of files shared between iOS apps. All of these things would be better served syncing over-the-air via the so-called cloud.

     *     *     *

iCloud と MobileMe の衝突

しかし「iCloud は新しい iTunes だ」ということが新サービスの本質を捉えているとしても、その性質上 MobileMe とある程度衝突せざるを得ない。MobileMe のセールスポイントはクラウドでブックマーク/住所録/カレンダー/ファイルなどを同期することにあるからだ。MobileMe の年間 99 ドルを今日の時点でどう考えるにせよ、明日になれば色あせて見えるかもしれない。iCloud から取り残された部分がメールアカウントだけであり、メール/住所録/カレンダー/ファイルについてのウェブベースのインターフェイス(非常に魅力的に仕上げられているとしても)だけということになるとしたら・・・。iCloud は MobileMe の大部分を取り去ってしまう結果となる。

But even if “iCloud is the new iTunes” really is the right way to frame the service, it will by nature be at least somewhat in conflict with MobileMe, insofar as the major selling points of MobileMe include cloud-based syncing of bookmarks, contacts, calendars, and files. Whatever you think of MobileMe’s value as a $99 per year service today, it is going to look like a worse deal tomorrow if the only thing it has left that isn’t part of iCloud is an email account and (admittedly, very nicely done) web-based interfaces to email/contacts/calendars/files. iCloud may well obviate much of MobileMe simply as a side effect.

     *     *     *

何かとても大きなもの

iCloud が何かとても大きな、Mac/PC で動く iTunes と iOS デバイスの間を USB テザリングすることからもっと進展してゲームチェンジャー的なものになるとしよう。ボックスから取り出しただけで使える新体験と考えてみるのだ。「ボックスから出して、最新バージョンの iTunes がインストールされていることを確認した上で Mac/PC につなぎ、同期するのをしばらく待って、それから実際にプレイする」のではなくて、「ボックスから出して、電源を入れ、iTunes アカウントをサインインして、プレイする」という体験だ。

But in short let’s just think about the ways that iCloud might be a major, dare I say game-changing, step away from USB tethering between iOS devices and iTunes running on your Mac/PC. Consider just the new out-of-box experience. Rather than “Take this out, plug it into your Mac or PC (after first making sure your Mac/PC is running the latest version of iTunes), wait for it to sync before you actually play with it”, you might get something like “Take this out, turn it on, sign into your iTunes account, and start playing with it.”

     *     *     *

Apple TV 2 の変貌

音楽だけでなく映画についても、購入したものを永久に iCloud アカウントに保存できる、そういう交渉にアップルが成功したとすれば(そう出来たのではないかとひそかに夢見ることができれば)、Apple TV 2 は映画をレンタルするマシンから、映画をレンタルし購入するマシンへと突如変貌することになる。私は映画を購入したいのだ。だからつぎのことを希望する。

If Apple can work out (or, if we can dream, perhaps secretly already has worked out) a deal to allow movies, in addition to music, to be bought and stored permanently in your iCloud account, then the Apple TV 2 suddenly changes from a machine for renting movies into a machine for buying or renting movies. I like to buy movies, so here’s hoping.

     *     *     *

かくて Gruber は iOS 5 に望むものを以下列挙する。

1)App Switching
2)iPad Split Views in Portrait
3)Organizing Apps

などだがここでは割愛する。詳しくは原文をお読みください。

     *     *     *

さすがの Gruber も今回は little birdie の情報があまりなさそうだ。

そうなると WWDC 2011 への期待がますます高まる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »