Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Android’

P1050345-940x678

Withdrawal from Japan?: Samsung Considers Withdrawing Smartphone Business from Japan | BusinessKorea

According to industry sources on Feb. 9, Samsung is in a quandary over its struggling smartphone business in Japan. Some in the company are reportedly saying that continuing the business only causes losses rather than profits.

The Korean tech giant accounted for 4 percent of the Japanese smartphone market as of December of last year, which put the firm in 6th place. Samsung was kept out of the top 5 for two years, and its share decreased from 17 percent to 4 percent.

Read Full Post »

gamma-group-header.0

[Wikileaks が明らかにした FinFisher:The Verge

もの凄いことになっているスパイウェアの世界・・・

A Spy in the Machine | The Verge

One day in 2011, Moosa opened the Facebook Messenger app on his iPhone. What he saw was chilling: someone else typing under his name to an activist friend of his in Bahrain…

Facebook was only the beginning. Unbeknownst to him, Moosa’s phone and computer had been infected with a highly sophisticated piece of spyware, built and sold in secret.

It was a sign of a more sophisticated author at work. The implant used a technique called process-hollowing — injecting its own code into a program that’s still running in order to use the legitimate program as cover. […] “I thought, Finspy, that rings some bells,” Marquis-Boire recalls. “Holy shit, I think this is FinFisher!”

FinFisher had become a kind of bogeyman in the security community since brochures advertising the software’s capabilities popped up in a Wikileaks drop in December of 2011. FinFisher could purportedly empower its owner with the kinds of advanced intrusion techniques usually reserved for the NSA. “There was a certain amount of interest just because no one had seen it,” Marquis-Boire says. “All we had were these leaked documents.”

FinFisher was created and sold by Gamma International, an international surveillance company with offices in London and Frankfurt. The Gamma brochures promised remote monitoring and keylogging — they even said they could listen in on a target’s Skype calls in real time.

But now Marquis-Boire had caught a FinFisher sample in the wild, and thanks to the leaked brochures, he had a roadmap of everything the implant could do.

Marquis-Boire enlisted the aid of Claudio Guarnieri, a researcher at security firm Rapid7, to further explore the software. The two uncovered a mobile version of the implant, which came in different versions for iOS, Android, and even Symbian, like a hot startup trying to cover as much of the market as possible. […] Once the implant was installed, your phone effectively became an enemy agent. “I’d be working at my computer and start squinting at my phone, thinking, maybe I should turn that off,” Marquis-Boire says. “It produced this weird dissonance between me and this device that I carry around all the time.”

Instead of a few outposts, they found an army. FinFisher’s agents were everywhere: Japan, Germany, India, Serbia, Mongolia — there were even servers in the US. It was an atlas of personal invasions. All told, 25 countries hosted a server of some kind, each hired out to a different regime and pointing the x-ray at a different enemy of the state.

Marquis-Boire published the work in a series of three landmark papers from July 2012 to March of 2013, each titled with a cheeky Bond pun like 
”The Smartphone Who Loved Me” or “You Only Click Twice.” The papers laid out everything he knew about FinFisher’s network, revealing a global surveillance network that was being hired out to some of the world’s most repressive governments. Targeted exploits weren’t just for the NSA anymore. They were available to anyone who could pay for them.

Once the papers were published, FinFisher went back underground. The coders behind the program began to change its routines and filenames enough to let it slip by unnoticed.

Their primary concern stems not from what effect FinFisher could have on their activism, but from the specter of having their personal lives invaded — the same fundamental privacy concern behind much of the NSA surveillance controversies in the US.

“They actually have a system that the government buys, and they get the whole package,” Marczak says. “It’s not just the code itself, it’s the administration, the analysis, the support — the whole framework is provided.”

That turns the same surveillance conducted by the NSA or GCHQ into a market product, available to the highest bidder with no questions asked. “The value proposition is essentially: ‘Activists in your country are giving you trouble? Well here’s a product that will allow you to turn their cellphone or computer into basically a wiretap, a surveillance tool, and you can spy on everything they do,’” Marczak says. “And I think governments are very attracted to that.”

Wikileaks releases FinFisher files to highlight government malware abuse | The Guardian

FinSpy Surveillance Tool Takes Over Computers Video – Bloomberg | YouTube

国民監視用マルウェア詰め合わせキット「FinFisher/FinSpy」の内部文書やソースコード40GB分がリークされて誰でもダウンロード可能に | GIGAZINE

伊東 寛 × 櫻井よしこ「国益を守るため情報を取るのは世界の常識だ。日本はかなり劣っている」:世界の情報監視プログラムから考える日本の情報・諜報活動 | 言論テレビ

Read Full Post »

out-of-inventory

[在庫切れの Nexus 5 | Google Play

グーグルの純正 Android フォン(”clean Android” phones)が姿を消してしまった

Smartphones: Apple Knows What It’s Doing, Google Doesn’t | Seeking Alpha

The decline in Google’s stock price in 2014 has been sad to watch. Google started out the year at the pinnacle of the smartphone world, with Apple badly behind on multiple fronts.

Then, for reasons unknown, Google lost its way. I can’t see a single smart product management decision Google has made in 2014, as it relates to selling phones directly to the consumer. It’s in the process of killing every single product Android enthusiasts and developers love, replacing them all with one single product that almost nobody likes.

Read Full Post »

Android-Microsoft-Ballmer

サムスンとマイクロソフトの特許訴訟で表に出た興味深い事実・・・

Microsoft Says Samsung Owes It $6.9M in Contract Dispute | Re/code

     *     *     *

アンドロイドの特許権使用料がなんと10億ドル!

サムスンは Android フォンやタブレット毎に特許権使用料をマイクロソフトに支払うという契約を結んでいる。

That contract calls for the Korean electronics giant to pay Redmond a royalty for each Android phone and tablet it makes.

昨年サムスンがマイクロソフトに支払った金額がなんと10億ドルだと!

A lot is at stake in the case, as is made clear by the details unsealed Friday. Microsoft notes in the suit that Samsung paid it $1 billion last year under the patent agreement.

     *     *     *

いくつかの反応・・・

Benedict Evans @BenedictEvans

ということは理論上は、裁判所がアップルに対して命じた支払額より大きい額を毎年マイクロソフトに対して支払うということだ。

So Samsung had theoretically agreed to pay Microsoft more every single year than the court ordered it to pay Apple in fines.

     *     *     *

John Gruber:

Samsung Paid Microsoft $1 Billion Last Year | Daring Fireball

信じられない。ほんとにマイクロソフトはグーグルより Android から多くの利益を得ているということなのか?

That’s incredible. In all seriousness, could Microsoft be profiting from Android more than Google is?

     *     *     *

他人様の特許から毎年 1000 億円を超える特許権使用料がポケットに転がり込むというのはスゴいことだ!

クロスライセンスにしろパテントトロールにしろ、特許制度とはなんとも不思議な存在だ。

サムスンもアップルなんか相手に訴訟を起こしているヒマはないんじゃないか・・・

Read Full Post »

Eline-Muijres

[Android のコンパスはてんでバラバラ:photo

デベロッパの立場から Android のフラグメンテーションについて興味深い投稿がある。

Benedict Evans がそれにことよせて、非常に興味深い議論を展開している。

Benedict Evans: “Android fragmentation and the cloud” by Benedict Evans: 20 May 2014

     *     *     *

フラグメンテーションの持つ二面性

Android ジャイロスコープに関する Game Oven の投稿が問題の持つ意味をよく表わしている。(もう一例はこちら。)Android のフラグメンテーションの問題は、何をしたいかによってあるいは過大評価され、あるいは過小評価されるということだ。

Game Oven’s post on Android gyroscope support is a nice illustration of a general issue (another good illustration here): Android fragmentation is both massively overstated and massively understated, depending on what you want to do.

     *     *     *

クラウドへ移行した API

まずひとつには、Android バージョン間のフラグメンテーションを減らすことにグーグルはかなり成功している。Google Play を利用する Android デバイスの約4分の3はバージョン 4.X で動いているが、しかしもっと重要なことはグーグルが自らの(地図、支払、通知などの)主要サービスを OS そのものから外して Google Play というソフトウェアのレイヤーに移行させたことだ。キーとなる API プラットフォームを、バックグラウンドでワイヤレスでアップデートできるソフトウェアレイヤーに取り込むことによって、OEM にファームウェアアップデートを依存するのをグーグルは減らしているのだ。グーグルは非常に幅広い電話で使われているツールをいつでも望むときにアップデートできる。グーグルが今年の IO で新しい地図や通知のための API を発表すれば、1年前あるいは2年前の Android バージョンで動くデバイスでも使えるようになる。グーグルのクラウドを利用している限りもはやフラグメンテーションはないのだ。

On one hand, Google has been quite successful in reducing the impact of Android version fragmentation. Around three quarters of the Android devices that hit Google Play are running 4.X, but more importantly, Google has moved its own key services (maps, payment, notifications etc) out of the OS itself and into a software layer, ‘Google Play Services’. By putting key platform APIs into a software layer that can be updated in that background over the air, Google has reduced its dependance on OEMs to produce firmware updates – it can update its own tools any time it wants, across the great majority of phones. When Google announces new APIs for Maps or notifications at this year’s IO, they’ll be available on devices running year-old and two-year-old versions of Android. There is no more fragmentation if you’re using Google’s cloud.

     *     *     *

android_fragmentation

[フラグメンテーションの進む Android ハードウェア:chart

加速するハードウェアのフラグメンテーション

一方、ハードウェアのフラグメンテーションはますます加速している。昨年夏 OpenSignal が載せた上のチャートがそのダイナミックな市場をうまく可視化している。

On the other hand, hardware fragmentation is if anything accelerating. This chart from OpenSignal, from last summer, is a nice visualization of the market dynamic.

     *     *     *

必然としてのフラグメンテーション

Android のフラグメンテーション自体が悪いワケではない。それはグーグルの選択に起因しているのだ。「オープン」とか「選択」がどういうものであるかという意味でもある。600 ドルのデバイスと 50 ドルのデバイスが「分化していない」(un-fragmented)デバイスの世界など想像もできない。能力に差ができるのは当然なのだ。文字通り数千の OEM[Original Equipment Manufacturer: 相手先ブランド製造メーカー]や大きな選択肢・価格差を望むなら、異なる能力を持った異なるデバイスということになる。

Android fragmentation isn’t of itself a bad thing – it’s inherent in the choices that Google made. This is what ‘open’ and ‘choice’ look like. And I doubt if it’s possible to have an ‘un-fragmented’ device landscape that includes both $600 devices and $50 devices: some scattering in capability is part of the deal. If you want to have thousands (literally) of OEMs, and a huge range of choice and price points, well, you’re going to have different devices with different capabilities.

     *     *     *

アップル流と Android 流

これは大きく結果が異なってくるという意味においてのみ興味深いのだ。アップル流アプローチを取る結果は、どれもが同じように振る舞うことが期待される。しかし非常に狭い価格帯(スクリーンサイズも)の非常に限定されたデバイスにならざるを得ず、しかも対応可能なマーケットは厳しく制限される。50 ドルの電話を買えるひとの方が 600 ドルの電話を買えるひとより遥かに多いのだ。一方 Android 流のアプローチを取る結果は、より広範な種類のデバイスや価格帯であり、より大きなマーケットになる。しかし最先端のものがまったく期待どおりに動かないこともあり得る。これはジャイロスコープだけの話ではない。ハードウェアで気の利いたことをしようとすれば程度の差こそあれ起きることなのだ。これはまた API が謳い文句どおり動いたとしても当てはまることだ。どれほどのユーザーが NFC[Near Field Communication:近距離通信]機能を備えた Android を持っているか分からないときに(ユーザー自身だって知らないのに)、NFC を大衆市場で展開しようとしてもあまり意味はない。
 

This is only interesting, then, to the degree that it has broader consequences. The consequence of Apple’s approach is that pretty much everything behaves in predictable ways, but you have a very narrow range of devices at a narrow range of prices (and screen sizes), and that severely restricts the addressable market. More people can afford $50 phones than can afford $600 phones. The consequence of the Android approach is that you have a much wide range of devices and prices, and a much larger market, but anything on the bleeding edge doesn’t work predictably at all. This doesn’t just apply to the gyroscope – it also applies to varying degrees to almost anything trying to do clever things with the hardware. This is also true even if the API does actually work as advertised – there’s not much point trying to do a mass-market Android NFC deployment when you have no idea how many of your users even have NFC Androids (and the users themselves don’t know).

     *     *     *

アップルの強み・グーグルの強み

これから導かれるひとつの結論は、以前にも述べたように、アップルとグーグルはそれぞれ異なる分野のイノベーションに注力しているということだ。アップルはハードウェアとソフトウェアの統合体験(iBeacon, 指紋, M7 など)を下流へ向けて動いている。これに対抗するのは Android には難しい。一方グーグルは Google Play Services を利用して Android をクラウドと機械学習の方向へ、上流へと動かそうとしている。これはアップルにとって対抗し難しい。

One result of this, as I’ve said before, is that Apple and Google are focusing their innovation in different areas. Apple is moving down the stack with integrated hardware/software experiences (iBeacon, fingerprints, M7 etc) that are hard for Android to match, and Google is moving Android up the stack with Google Play Services, the cloud and machine learning, which is hard for Apple to match.

     *     *     *

デベロッパにとっての問題

一方デベロッパにとってのパラドックスは、よりオープンで拡張可能なプラットフォームは実際上は開発が困難だということだ。サムスンの同じブランドの同じモデルの電話を2つの異なる国で購入したとき、カメラのドライバーが違っていて作成したアプリがどちらかで(あるいは双方で)クラッシュするとしたら、最初に投資すべき資金はどちらに注力すべきだろうか? リソースも時間も限られており、次のラウンドに進むには成果を示さなければならないのだ。それに、アナタが作るクールなアプリをインストールしたいと望むユーザーは iPhone の方に集中している。これまたパラドックスだ。Android はアーリーアダプター(初期採用者)にとってベストなプラットフォームであり、iOS はちゃんと動くことを望むレイトアダプター(後期追随者)にとってベストだ。しかし市場で採択される順番は逆になる。それがこのチャートが正当ではないが意味がある理由のひとつだ。

The paradox for developers, meanwhile is that the more open and extensible platform can actually be harder to hack on. When you buy two Samsung phones of the same model and brand in two different countries and find they have different camera drivers and your app will crash on one or the other (or both), where do you focus your seed funding? You have limited resources and limited time and you need to hit milestones to get your next round, after all. Plus, the users who want to install your cool new apps are still concentrated on the iPhone. Again, this is a paradox: Android is the platform best for early adopters and iOS the one best for late adopters who just want something that works, but the market adoption is the other way around. That’s one of the reasons this chart is both unfair but relevant.

     *     *     *

どちらが優れているか

プラットフォームにとって決定的なイノベーションはどちらの方だろうか? 現在の力学では、Game Oven のようなひとたちは(もしやるとすれば)まず第1に iOS をそして Android を第2にするだろう。それによって優れたユーザーの大宗は iOS とアップルマシンのアップデートに引き寄せられるだろう — 典型的なエコシステムの善循環だ。しかしもし多くの人(とくに最近では Fred Wilson)が指摘するように、最も重要で最も興味深いイノベーションがクラウドで起きるとすれば、グーグルのトレードオフがアップルのトレードオフに勝るかもしれない。グーグルにとって居心地のいい場所がアップルに打ち勝つのだ。

Which type of innovation is crucial to a platform? With the current dynamics, people like Game Oven are going to keep doing iOS first and Android second (if at all), and that keeps the majority of the best users on iOS and Apple’s machine turning over – the classic ecosystem virtuous cycle. But if, as many people suggest (Fred Wilson most recently) the most interesting and important innovation will happen in the cloud, then Google’s tradeoff might win over Apple’s trade-off – Google’s comfort zone beats Apple’s.

     *     *     *

クラウドはアップルを救うか

しかしながら別のパラドックスもある。すべての素晴らしいことがクラウドで起きているとすれば、アプリやデベロッパのサポートではなく、デザイン・品質・フィット感・仕上げなどアップルが常にリードしてきたものすべてに基づいてデバイスを購入することになる。ウェブは20年前にアップルを救った。なぜならウェブではエコシステムに関係なく最高のハードウェアとユーザー体験を選択できるからだ。iMac を買えばソフトウェアの心配をする必要はなかった。だからすべてが再びクラウド化するのであれば、それが真にアップルが存在する意味になる[?]のだろうか?

There’s another paradox here, though: if all the best stuff is happening in the cloud, then you’ll buy the device based not on apps and developer support but on design, quality, fit and finish… that is, all the things Apple always leads on. The web saved Apple 20 years ago, because with the web you could choose the best hardware and UX regardless of the ecosystem – you could buy an iMac and not worry about the software. So if everything goes to the cloud again, is that really an existential problem for Apple?

     *     *     *

なかなか興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update 2:バツグンのマーケティングセンス》
Update:Beats 買収への様々な反応》

[「ヒップホップビリオネア」:YouTube

アップルの Beats 買収をフィナンシャル・ タイムズが報じたとき、みんながいっせいに首をひねった。ヘッドホンと音楽サービスの会社になぜ 30 億ドルも、と。

一瞬 Facebook に登場してすぐ消えたビデオ[冒頭]で Dr. Dre がこのウワサがホンモノであることをにおわせている。「The first billionaire in hip-hop, right here from the motherf**king West Coast.」(スゲエ、ウェストコーストから初めてのヒップホップビリオネアだ)と。

John Gruber の視点がオモシロい・・・

Daring Fireball: “Apple, Beats, and Black America” by John Gruber: 09 May 2014

     *     *     *

Beats でブラックアメリカを制するアップル

Apple, Beats, and Black America

John Herrman[The Awl]の記事から:

John Herrman, writing for The Awl:

ともかく、アップルが数十億ドルかけて Beats を買収することへのにぎやかで理屈抜きの反応を見ただろうか。ヘッドホンと音楽サービスの会社への反応はある種の人種差別か?

Anyway, has anyone noticed that the loud and visceral reaction to Apple’s multi-billion dollar acquisition of Beats, the headphone and music service company, is kind of racist?

     *     *     *

人種差別的?

明らかにいくつかの反応には人種差別的色合いがあるかもしれないが、Herrman のいうことは疑わしいと思う。困惑して首をひねったひとの多くは — 自分も含めてだが、たとえば 30 億ドルかけて Bose や Harman Kardon を買収するのと異ならないというものだった。

Clearly, some of the reactions may be racially-tinged, but the ones cited by Herrman seem dubious to me. Most of the head-scratching I’ve seen — including my own — is no different than if Apple were purportedly buying, say, Bose or Harman Kardon, for $3 billion.

     *     *     *

新しい領域

過去最大のアップルの買収は4億ドルの NeXT 買収で、1996 年まで遡る。(32 億ドルという金額がアップルが保有するキャッシュのたった 2% に過ぎないとしても、1996 年当時のアップルにとって4億ドルは大変な金額だった点は注目に値する。)アップルは必ずしも巨大買収に反対ではないと Tim Cook は言い続けてきたが、そんな買収は実際にはひとつもなかった。それにアップルにはサブブランド[sub-brand:下位ブランド、拡張ブランド]はない。アップルは巨大複合企業とは反対だ。人種的構成に関わらず、アップルにとって新しい領域なのだ。

Apple’s previous biggest acquisition was NeXT, all the way back in 1996, for $400 million. (It’s worth noting that $400 million was an enormous sum of money to Apple in 1996, and $3.2 billion represents just 2 percent of the company’s cash today, but still.) Tim Cook has long said Apple isn’t opposed to large acquisitions, but they’ve never made one. And Apple doesn’t have sub-brands. Apple is the opposite of a conglomerate. It’s new territory for Apple, regardless of any racial component.

     *     *     *

アフリカ系アメリカ人

Micah Singleton[The Daily Dot]のいうように、このアップルの買収を説明できる何かがあるとすれば、それはアフリカ系アメリカ人の中での Beats の持つブランド性かもしれない。アフリカ系アメリカ人が保有するスマートフォンの 73% は Android だ。Beats にはアップルにないブランドアピールがあるのだ。

If anything, as Micah Singleton argues at The Daily Dot, Beats’s brand stature among black Americans might help explain why this deal makes sense for Apple: 73 percent of black smartphone owners in the U.S. are on Android. Beats has brand appeal that Apple does not.

     *     *     *

芸能界との関係

もうひとつアップルが欲しいもので Beats が持っているもの、それは芸能界との関係だ。それが 32 億ドルに値するかどうか? 自分には分からない。しかしアップルが何を望んでいるのかという点に関してはハッキリしているように思える。

The other thing Beats has that Apple wants: its relationships in the entertainment industry. $3.2 billion? I still don’t know about that. But I’m no longer confused about what Beats has that Apple would want.

     *     *     *

飽和状態に近づきつつある米国のスマートフォン市場で、次に狙うのはアフリカ系アメリカ人市場?

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Beats 買収への様々な反応(5月11日)

BN-CS439_0508be_G_20140508195504

[Jimmy Iovine(左)と Dr. Dre:photo

意外性をもって受け取られたこのニュースについてはその後もつぎつぎと続報が出ている。

・JonMaples.com: “The Magic Numbers: How Apple Beats The Demise of Music Downloads” by Jon Maples: 08 May 2014
・WSJ.com: “Apple in Talks to Buy Beats Electronics for $3.2 Billion” by Ethan Smith, Daisuke Wakabayashi and Hannah Karp: 08 May 2014
・WSJ.com: “Dr. Dre, Jimmy Iovine Would Both Join Apple in Beats Deal” by Hannah Karp and Daisuke Wakabayashi: 09 May 2014
・Re/code: “What Is Tim Cook Thinking? Let’s Read His Mind!” by Peter Kafka: 09 May 2014
・The Next Web: “Dr. Dre Appears to Confirm Apple-Beats Deal in Facebook Video” by Nick Summers: 09 May 2014

     *     *     *

買収話を受けたシリコンバレーの反応も様々でオモシロい。

順不同で、内容別に・・・

ウワサの信憑性:

Peter Kafka @pkafka

「先月 Dr. Dre がアップルキャンパスを歩いていたそうだ。」
“Dr. Dre was spotted walking around Apple’s Cupertino, Calif., campus last month.”

A Edgecliffe-Johnson @Edgecliffe

Dr Dre の「初めてのヒップホップビリオネア」を見て、「フォーブズがタイトルを変えた。」
“The Forbes list just changed.” Dr Dre seems to confirm he’s “the first billionaire in hip-hop”

Martin Bryant @MartinSFP

おんや、買収話を確認したビデオを Tyrese Gibson が引っ込めたようだぞ。
Heh, Tyrese Gibson appears to have pulled his video that seemingly confirms the Apple/Beats deal.

     *     *     *

買収話の本質

Aaron Levie @levie

この買収話に対するシリコンバレーの扱いは間違っている
We’ve really been doing acquisition announcements the wrong way in the valley.

Steve Kovach @stevekovach

昨年の Iovine インタビューを見て、今回の買収は高すぎるヘッドホンやストリーミングではなく彼だと確信した。
Watched Iovine’s AllThingsD interview from last year. Now convinced it’s more about him than overpriced headphones and streaming music.

     *     *     *

巨額すぎる買収費

Marc Andreessen @pmarca

アップルが毎期生み出すキャッシュは 135 億ドル、週当たり 10.4 億ドルだ。3週間で Beats の買収費がでる。
Apple generates ~$13.5B cash per quarter; = ~$1.04B cash per week. Can pay for Beats with 3 weeks of generated cash.

jon maples @jmaples

この話を理解するには 32 億ドルという金額以上のことを考える必要がある
To understand the @Apple @beatsmusic deal, you need to go deeper than the $3.2 billion purchase number.

     *     *     *

アップルの上級幹部になる

Jay Yarow @jyarow

Dr. Dre がアップルの上級副社長だって。
Dr. Dre, senior Apple executive.

Brian Solis @briansolis

もはやアップルは新しいマーケットに対応できないってこと? Dr. Dre や Jimmy Iovine がアップルの上級幹部になるって?
A sign of Apple’s inability to create new markets? Dr. Dre, Jimmy Iovine to take senior positions at Apple?

Tim Bradshaw @tim

もしフィナンシャル・タイムズがいうように Dre や Iovine がアップルに加わって音楽業界との手助けをするというのなら、Eddy Cue はどうなるんだよ?
If Dre & Iovine are joining Apple to help with music-industry relations, as FT and others have reported, where does that leave Eddy Cue?

     *     *     *

Beats のヘッドホン

David Sacks @DavidSacks

Beats はとても好きだが、いまやヘッドホンは急速に日用品化していて戦略的価値はない。
I really like my Beats, but headphones are rapidly getting commoditized. No strategic value here.

Jason Del Rey @DelRey

アップルはカネを出してもいい! 新しいマーケットに参入してもいい! しかし人気ブランドのヘッドホンにだけは手を出すな!
Spend your money, Apple! Get into new markets, Apple! But whatever you do, don’t buy the most popular headphone brand, Apple!

Om Malik @om

アップルは Beats Audio からデザインの手助けを得られると書いたヤツがいる。お笑いだ。Beats のデザインは外部委託、しかも元アップルの連中だ。
Someone wrote that Apple will get design help from Beats Audio. LOL. Beats design is done by an outside agency, started by ex-Apple peeps.

Stephan Ango @kepano

興味深い事実:Beats のインダストリアルデザインを率いるのは Robert Brunner。Jony Ive の前任者だ。
Fun fact: Beats’ industrial design lead is Robert Brunner, Jony Ive’s predecessor as Director of Industrial Design at Apple.

     *     *     *

アップルの間違い

Marc Andreessen@pmarca

「アップルの間違いは、チーズやクラッカーで満足している連中にキャビアを出すことが成長の手段だと今でも考えていることだ。」
“Apple’s problem is it still believes the way to grow is serving caviar in a world that seems pretty content with cheese and crackers.”

     *     *     *

業界の反応

Marc Andreessen @pmarca

CompUSA CEO「自分のためのリテール業を競争相手にしたら、居心地の悪いことになる。」CompUSA は 2007 年にヤメた。
CompUSA CEO: “When you choose to compete with your retailers, clearly that’s not a comfortable situation.” CompUSA shut down in 2007.

Martin Bryant @MartinSFP

フェイスブックが非常に関心を持っていて、買収話の確認が取れれば Tyrese Gibson のビデオを自分たちのプラットフォームの力を示す例として使おうと虎視眈々としている。
Facebook will be keen for the Apple/Beats deal to be confirmed so they can use the Tyrese Gibson vid as an example of their platform’s power

Ben Bajarin @BenBajarin

自分が話をしたかぎり、アップルが買収しても Beats が業界を変えられると考えるインサイダーは誰もいない。
None of the music industry insiders I talked to believe the favor Beats has with the industry changes if Apple owns it.

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》バツグンのマーケティングセンス(5月11日)

[Beats By Dr. Dre Studio Color Campaign | YouTube

アップルの狙いが那辺にあるにせよ、Beats のマーケティングセンスはバツグンのようだ。

The Verge: “The epic visual history of Beats by Dre” by Vlad Savov: 09 May 2014

こちらも・・・

Read Full Post »

Update:続報 — Android は安全だ》

android-malware-pcm

[Android とマルウェア:image

Sundar Pichai の非常に率直な発言が話題になっている。

スペインのバルセロナで開催されている Mobile World Congress で、グーグルの Android チームを率いる Sundar Pichai が Android の安全性について答えたものだ。(Pichai は Andy Rubin の後を継いで Android の責任者となった。)

Pichai の発言の内容はつぎのとおり。

9to5Mac: “Google’s Sundar Pichai: Android not designed to be safe, would target Android too if he were making malware” by Ben Lovejoy: 27 February 2014
FrAndroid: “Pour Sundar Pichai, ‘le Galaxy S6 sera sous Android’” by Ulrich Rozier: 27 February 2014

     *     *     *

Android の安全性は保証できない

Android の安全性が確実であるように設計されているとは保証できない。むしろ Android は自由度を与えるべく設計されているからだ。Android を対象とするマルウェアの9割を話題にするとき、これは世界で最もポピュラーな OS への攻撃であることに思いをいたすべきだ。もし自分がマルウェア製作に専念する会社を持っているとしたら、当然自分は Android を攻撃目標にするだろう[と彼は笑いながら答えた。]

[9to5Mac の英訳]
We cannot guarantee that Android is designed to be safe, the format was designed to give more freedom. When people talk about 90% of malware for Android, they must of course take into account the fact that it is the most popular operating system in the world. If I had a company dedicated to malware, I would also be addressing my attacks on Android.

[FrAndroid の原文]
« Nous ne pouvons garantir que Android est conçu pour être sûr, son format a été conçu pour donner plus de liberté. Quand ils parlent de 90 % des logiciels malveillants destinés à Android, ils doivent bien entendu tenir compte du fait que c’est le système d’exploitation le plus utilisé dans le monde. Si j’avais une entreprise dédiée aux logiciels malveillants, j’adresserais également mes attaques à Android« , a t-il déclaré avec un grand sourire.

     *     *     *

どういう文脈で語られたものかいまひとつよく分からない。

また、FrAndroid のフランス語を 9to5Mac が(グーグル翻訳で)直訳しているように見えることから、発言の際のニュアンスも不明だ。

しかし OS の安全性が問題になっている折から、あからさまともいえるその「率直さ」が注目を引いた。

当然アップルギークからの反撃が出る。

     *     *     *

マルウェアこそが自由だって:John Gruber

Daring Fireball: “Malware Is Freedom” by John Gruber: 27 February 2014

古い Windows 時代の言い草だ。Android がポピュラーだから当然マルウェアもたくさんあるのだと。しかしある意味サードパーティの開発者のサポートという点で、唯一 Android が iOS に差をつけている点だ。

The old Windows line of defense: Android is so popular of course it has all the malware. For some reason, though, that’s the only sort of software where Android leads iOS in third-party developer support.

     *     *     *

グーグルの本音だ:Jim Dalrymple

The Loop: “Google: We can’t guarantee Android is designed to be safe” by Jim Dalrymple: 27 February 2014

久しぶりにグーグルが本音を口にした。

Those are the first true words to come out of Google in a long time.

     *     *     *

ちょうどアップルが「iOS 安全性白書」(iOS Security White Paper)を出したばかり。

iOS Security White Paper | Apple

アップルの「iOS 安全性白書」

その最初の第一行が:

「アップルは安全性を中核にして iOS プラットフォームを設計している。」

Apple designed the iOS platform with security at its core.

     *     *     *

モバイル世界を率いる2大プラットフォームの対応はなんとも対照的だ・・・

★ →[原文を見る:9to5Mac
★ →[原文を見る:FrAndroid

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》続報 — Android は安全だ(3月1日)

sundar_pichai_google_svp

[Sundar Pichai:photo

FrAndroid の記事で第一報を伝えた Mashable が、グーグルの提供したトランスクリプトを基に、Sundar Pichai の発言内容を訂正している。

Android は安全ではないとはひとこともいっていない、と・・・

Mashable: “Google’s Sundar Pichai: Android Built to Be Secure [UPDATED]” by Karissa Bell: 27 February 2014

     *     *     *

とても安全だ

Android は非常に、大変安全に作られている。あなたがそう見るのは、Android がオープンなプラットフォームなので、多くの人が異なったやり方で Android を出荷でき、したがって一部のパートナーがデバイスを出荷するとき Android の古いバージョンを搭載するからだ。その場合は確かに安全上の脆弱性が生じる。だからといって Android が安全でないことを意味するものではない。

Android was built to be very, very secure. The thing that you’re seeing is because Android is an open platform, many people can ship Android in many different ways and so there are some partners when they ship devices, they have an older version of Android. And sure you can have a security vulnerability there, but that doesn’t mean Android isn’t secure.

     *     *     *

安全でないからではなく、多く使われているから

マルウェアの 90% が Android を攻撃目標としているなどという数字を挙げられると、残念ながらかかるマルウェア会社を経営している頭のいい企業人ならそうすべきかもといわざるを得ない。しかしこういう見方は間違っている。多くのマルウェアが Android を攻撃するのはそれが他のいかなるスマートフォンプラットフォームより多く使われているからという考え方があることは明らかだ。

When you say numbers like 90% of malware is targeting Android, you know, I hate to point out that if you’re a smart business person running this malware company, that’s what you should do. It’s the wrong way to look at the lens. Obviously, you will always see more malware targeting Android because Android is used more than any smartphone platform by a pretty substantial difference.

     *     *     *

Sundar Pichai の発言内容がなかなか微妙な言い回しであることが分かる。グーグルがトランスクリプトを提供したのもそのためだろう。

現地の、別の言語のローカル記者を経由したことで、さらに本人の発言の趣旨からかけ離れたものになってしまったのかもしれない。

「Lost in Translation」の典型のようにも思える。

あまりに刺激的内容だったので、つい筆者も第一報で取り上げた。

第一報、とくにウラ取りのできていない第一報を取り上げる危うさを改めて痛感した。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »