Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iPad Mini’

1832h0rh2am9ejpg

The iPad Mini Is the New iPod Touch | Mashable

After all, a 5.5-inch phone is in many ways closer to a tablet than it is to a smartphone. In talking with hundreds of iPhone 6 Plus owners for a recent story, a common refrain I heard from many was that “the iPhone 6 is going to make me use my iPad mini less.”

Which begs the question: Is the iPad mini the new iPod touch?

広告

Read Full Post »

Two_iPads_To_Tango

Gruber の視点のつづき

今回は2つの iPad について・・・

Daring Fireball: “Thoughts and Observations Regarding This Week’s Apple Event Introducing the iPad Air and Retina iPad Mini” by John Gruber: 26 October 2013

     *     *     *

Air — 空気のような軽さ

iPad のフルサイズのモデルを「iPad Air」と呼んだことにすべてが言い表わされている。たった1年で Air の重さは 30% 減り、幅もかなり狭まり、性能は倍加した。どんな製品にとっても重さは重要だが、もっぱら手に持って使うことを主とするデバイスにとっては特にそうだ。初めて手に持ったときは衝撃的だ。

Calling the new full-size model the iPad Air says it all. In one year, the iPad Air has dropped 30 percent of its weight, narrowed considerably, and doubled in performance. A weight drop like that is significant for any product, but especially so for a device that is primarily used while being held in your hands. It’s startling when first you hold one.

     *     *     *

さらに変化した Mini

たった1年の変化としては、新しい Mini にはさらに驚かされる。昨年のオリジナル Mini は「ミニなのは、サイズだけ」(every inch an iPad)と銘打たれたが、それはどこをとっても iPad 2 と同じという意味だった。オリジナル Mini は Retina ディスプレイではなく A5 チップで、iPad 3/4 より一世代遅れたものだった。だから今年の Mini は Retina ディスプレイになっても、プロセッサは A6 どまりだろうと自分は考えた。最先端の 9.7 インチ iPad より1年遅れになると考えたワケだ。しかし私は間違っていた

The new Mini is an even more impressive year-over-year update. Last year’s original Mini was billed as “every inch an iPad”, but what they meant by that was that it was every inch an iPad 2. The original Mini’s non-retina display and A5 chip put it one generation behind the iPad 3/4. My expectation was thus that this year’s Mini would maybe get a retina display, but regardless of display would get an A6 processor — more or less keeping it about a year behind the 9.7-inch iPad state of the art. I was wrong.

     *     *     *

違うのはサイズと価格だけ

自分の見た限り — アップルもそういっているが — iPad Air と Mini の唯一の違いはスクリーンサイズと 100 ドルの価格差だけだ。同じ性能、同じストレージオプション、同じカメラだ。この iPad Mini は今年の10月ではなく来年の10月に登場するものと自分は予想した。新しいモデルの価格は高くなったが、技術的には Air と同等で、オリジナル iPad mini(16 GB)が 299 ドルにとどまったことを考えれば、昨年の Mini の価格が 329 ドルという奇妙な数字だったのよりはるかに納得できる。

From what I’ve seen, and what Apple has said, the only differences between the iPad Air and the Mini are the screen size and $100. Same performance. Same storage capacity options. Same cameras. This is the iPad Mini I expected to see in October 2014, not 2013. The price for the new models has gone up, but given that the new Mini has achieved technical parity with the Air, and that the original iPad Mini remains available in a 16 GB configuration for just $299, the Mini’s pricing structure makes more sense than last year’s oddball starting price of $329.

     *     *     *

どちらの iPad を選べばいいか

自分は iPad Mini への転向者だ。昨年数週間使っただけで Mini が自分にとって唯一の iPad になった。自分の場合ほとんど読書用で、あまり文字入力はしない。小さくて軽いので自分にピッタリだ。今年のイベントで帰るときには新しい Mini を買う気になっているだろうと考えていた。しかし新しい Air はとても軽く、片手でも扱いやすいので、帰るときにはいったいどちらを自分が欲しいのか決めかねていた。事実新しい Air(469 グラム)は重さの点では古い iPad 3/4(650 グラム)より新しい Mini(331 グラム)の方に近い。(重要はいずれも Wi-F モデルのもの。)

I’m an iPad Mini convert. After just a few weeks last year, my Mini became my one and only iPad. My iPad usage is mostly for reading, and not much for typing. The smaller size and lighter weight just fit my usage better. I went into this year’s event assuming I’d walk out wanting to buy the new Mini. But the new Air is so much lighter, and thus so much more amenable to holding it in just one hand, that I walked out of the event completely unsure which one I want. In fact, the new Air (469 grams) is closer in weight to the new Mini (331 grams) than it is to the old iPad 3/4 (650 grams) that it replaces. (Those weights are all for the Wi-Fi-only models.)

     *     *     *

難しい判断

どちらのモデルも去年よりずっと優れたアップデートだ。しかしその優れたアップデートのせいで(サイズと重さが減った Air、Retina 化して性能が同じ Mini)、どちらを選べばいいかかえって難しくなった。Mini が少し重くなり(Wi-Fi モデルで 308 グラムから 331 グラムへ)、厚さが少し増えた(7.2 ミリから 7.5 ミリへ)点はどうかと多くの読者から尋ねられた。ハンズオンで触ってみた限り、その差(特に厚さはせいぜい 100 分の1インチ程度の違い)はほとんど無視しうるものだった。しかし Retina Mini がやや重くなったため、どちらの iPad を買うべきかいっそう難しい判断となった。

Both models are great updates from last year, but the result is that what makes them great updates (the Air’s reduction in size and weight; the Mini’s retina display and performance parity) also make it a much harder decision to choose which one you want. Many readers have asked whether the Mini’s slight increases in thickness (from 7.2 to 7.5 mm) and weight (from 308 to 331 grams for the Wi-Fi model) are noticeable. From my time in the hands-on area, I’d say no, the differences are negligible (especially with regard to thickness — we’re talking about one-hundredth of an inch), but the fact that the retina Mini got heavier at all only serves to further complicate the decision of which new iPad to buy.

     *     *     *

Tim Cook のリーダーシップ

今回の2つの新しい iPad は Tim Cook がリーダーシップを取ったことの証(あか)しだという気が強くした。われわれは — すくなくとも自分は — アップルの新しいデザインのリーダーシップを賞賛したい。併せて過去15年に及ぶアップルの驚くべき成功物語はオペレーションの優秀さによるものでもある。単にクールなハードウェアを作っているのではない。クールなハードウェアを大量に、高い信頼性で、手の届く価格で作っているのだ。火曜日のハンズオンで、 Tim Cook と数分ことばを交わす機会があった。どう思うかと尋ねられて、たった1年でアップルが Mini の Retina 化と A7 搭載を可能にしたことには驚いたと自分の気持ちを述べた。しかも、大きなバッテリーになったのに重さも厚さもさして変わらず、1年半前の iPad 3/4 のときとは大違いだと。Tim Cook は笑って「あれ以来私たちも勉強しましたから」という趣旨のことをいった。

The new iPads strike me as prime examples of Tim Cook’s leadership. We — or at least I — largely celebrate Apple’s design leadership. But Apple’s amazing success story over the past 15 years is also very much a story of operational excellence. It’s not just about making cool new hardware — it’s about making cool new hardware in very large numbers, with high reliability and affordable prices. I had the chance to speak to Cook for a few minutes in the hands-on area Tuesday, and when he asked me what I thought, I told him that I was surprised they were able to take the Mini to retina and the A7 in just one year, with no appreciable difference in weight or thickness to accommodate a larger battery, in contrast to what happened with the iPad 3/4 just 18 months ago. Cook smiled, and said something to the effect of, “We’ve learned a lot since then.”

     *     *     *

ギリギリ間に合った

Mini が「11月後半」(いいかえれば11月末)まで出荷されないということから今回のアップデートがいかにキツいものだったか分かる。出荷されて年末商戦で入手できるギリギリのタイミングなのだ。映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』でインディ・ジョーンズがゆっくりと閉まる扉に直前で滑り込み、やっとムチを取り上げた場面を覚えているだろうか。Retina iPad Mini はクリスマスのラインアップにやっと滑り込んだのだ。

The fact that the new iPad Mini isn’t shipping until “later in November” (translation: the end of November) shows just how tight this upgrade was. That’s the latest a device could possibly ship and still be available for holiday sales. Remember in Raiders of the Lost Ark when Indy barely made it under the slowly sliding door before it shut, then reached back and snatched his whip just in time? That’s the retina iPad Mini making the lineup in time for Christmas.

     *     *     *

オペレーション効率の勝利

ジョニー・アイブやアップルのデザイナーたちを貶めるつもりはないが、新しい Retina Mini にデザインの余地はあまりなかった。外側は去年のデザインと同じだ。去年に比べて今年大きく変わったのは内部の部品 — ディスプレイ、カメラ、そして A7 — だ。去年の Mini がデザインの勝利だったとすれは、今年のアップデートはオペレーション効率の勝利なのだ。

To take nothing away from Jony Ive and the rest of Apple’s designers, there really wasn’t much to design about the new retina Mini. It’s the same external design as last year’s. What makes it a tremendous year-over-year update are the internal components: the display, the cameras, and that A7. Last year’s Mini was a triumph of design; this year’s update is a triumph of operational efficiency.

     *     *     *

「最も先進的」という意味

一方、iPad Air および Mini に欠けているものから iPhone 5S の部品が制約されていることが想像できる。いちばんハッキリしているのは Touch ID センサーがないことだ。マーケティング手法のひとつとして Touch ID は iPhone 5S だけに絞ったのかもしれないが、それはアップルらしくないと思う。あれこれ自分が想像するに、このセンサーは供給面でも技術面でも制約があるように思える。アップルとしては 5S の需要に応えるだけで精一杯なのだ。技術的にはひとつのデバイスに搭載するだけでも今年は大きなチャレンジだった。同じことは 5S の素晴らしいカメラについてもいえる。アップルが 5S を「世界で最も先進的な iPhone」(most forward-thinking iPhone yet)と呼ぶのは、iPad Air や Retina iPad Mini との関連で考えるとハッキリする。5S は最も先進的な iPhone ではない。それは最も先進的な iOS デバイスなのだ。そういうことだ。

What the iPad Air and Mini lack, on the other hand, I believe offers some clues as to where the iPhone 5S is component constrained. Most obviously: no Touch ID sensor. It could be that Apple has kept Touch ID exclusive to the iPhone 5S primarily as a marketing move, but that doesn’t sound like Apple to me. My somewhat informed guess is that those sensors are both supply and engineering constrained — Apple needs all of them simply to meet demand for the 5S, and engineering-wise, it was a challenge just to work them into one device this year. The same goes for the 5S’s amazing camera. It’s only in the context of the iPad Air and retina iPad Mini that Apple’s repeated use of “most forward-thinking iPhone yet” to describe the 5S makes sense. The 5S isn’t just the most advanced iPhone, it’s the most advanced iOS device, period.

     *     *     *

同じデバイスの2つのモデル

昨年の iPad 4 とオリジナル iPad Mini は2つの異なるデバイスのような感じがした。今年の iPad Air と Retina Mini は同じデバイスの2つのモデルのように思える。MacBook Air と MacBook Pro の違いというより、MacBook Air の 11 インチと 13 インチの差のように。新しい2つの iPad は、さらにいえば 11 インチと 13 インチの MacBook Air よりもっと近いようにさえ思える。繰り返しになるが、iPad Air と Mini の差はサイズ/重さと 100 ドルだけだ。

Last year, the iPad 4 and original iPad Mini felt like two different devices. This year, the iPad Air and retina Mini feel like two sizes of the same device — more like the difference between the 11- and 13-inch MacBook Airs than the difference between MacBook Airs and the MacBook Pros. If anything, the new iPads are even more similar to each other than the 11- and 13-inch MacBook Airs are. Again, I’m pretty sure the only differences between the new iPad Airs and Minis are size/weight and $100.

     *     *     *

Gruber はじめアップルお気に入りのライターたちは、イベント直後にレビュー用機材を付与されていると思われる。

発売日前には解禁されると思われるレビューで、どちらの iPad を選ぶか見ものだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《関連》

アップルイベントはつまらなかったか — Gruber の視点(1)
ソフト無償化のインパクト — Gruber の視点(2)
・どちらの iPad を選べばいいか — Gruber の視点(3)[本稿]
Pro ラインと iWork から見えてくるもの — Gruber の視点(4)
ティム・クックの新時代— Gruber の視点(5)

Read Full Post »

Screen Shot 2013-10-23 at 10.42.10 pm

分離するタブレット市場

新しい Retina iPad mini の登場に伴い、旧モデルの価格は 299 ドルに引き下げられた。

それをめぐって Benedict Evans[ロンドンのリサーチコンサルタント会社 Enders Analysis のアナリスト]が興味深い指摘をしている。

Benedict Evans: “iPads, price and self-selection” by Benedict Evans: 24 October 2013

     *     *     *

サプライズはなかった

アップルの iPad イベントは予想範囲にとどまりサプライズはなかった。レギュラーサイズの iPad はいずれスピードが速くなり、より軽くなることは分かっていた。またいずれかの時点で iPad mini も Retina 化することは分かっていた。唯一の問題はサプライチェーンが十分なパネルを供給できるかどうか(一部事情通はそうならないといっていたが)、11月後半の出荷日、そして 400 ドルという価格が適正かどうかにかかっていた。

Apple’s iPad event was pretty unsurprising. It was obvious that the large one would be speed-bumped and get lighter. It was also obvious that the Mini would get retina at some point – the only question was whether the supply chain could deliver enough panels now (with some well-informed people suggesting it could not), and the late-November ship date and $400 price point to how close it was.

     *     *     *

指紋認証もなかった

どちらの iPad にも指紋認証が搭載されなかったのは驚きだった。これまたサプライチェーンの問題かもしれない。しかしアップルが念頭におく(モバイルペイメント)プラットフォームは(指紋認証を立ち上げるには)ユーザーベースが小さすぎるということを意味しているのだろう。

The lack of fingerprint scanning in both the new models was a surprise – it may again be a supply problem, but it means that any platform play Apple has in mind (ie payment) will have a smaller install base to launch onto.

     *     *     *

旧モデル Mini が 300 ドルに止(とど)まったナゾ

しかし大きなナゾは、旧モデル Mini が 300 ドルまでしか下がらなかったことだ。これは Retina mini と並ぶ解像度の Nexus 7 の 230 ドルと比べても見劣りがする。グーグル Nexus 7 の販売マージンは非常に低いが、それにしても旧モデル Mini の価格は 275 ドルとか 250 ドルではなく 300 ドルにしか出来なかったのだろうか? アップルはいったい何を考えているのだろう?

However, the big puzzle is the price the now old Mini is discounted to: $300. This compares poorly to a new Nexus 7, with comparable resolution to the retina Mini, at $230. The Nexus 7 is of course being sold at very low margin by Google, but does the old Mini really need to be $300 rather than, say, $275 or $250? What is Apple thinking?

     *     *     *

タブレットの販売予想

単純化していえば、アップルのマーケットシェアは明らかに小さくなっている。冒頭のチャートは今週ベイ・エリアで行なったプレゼンテーションのものだが、私のタブレット販売予想を図示したものだ。(上に行くほど伸び率が大きい。四半期予測のできるデータがない Kindle Fire は含まれていないが、米国外や特定の限られたマーケットではあまり意味がない。)

On a simplistic level, Apple’s tablet market share is clearly shrinking. The chart below, taken from a presentation I’ve been giving in the Bay Area this week, shows my estimates of tablet unit sales. (They’re in increasing order of certainty as you go from top to bottom. Kindle Fire is not included, since I lack the grounds to do quarterly estimates, but obviously it is not relevant outside the USA and a few other markets).

     *     *     *

プライスウインドウ(price window)

最近のアップルの売れ行きが減っているのは、主に製品サイクルの問題によるものだ。だがそれ以外のタブレットの成長は目覚ましい。それなのに未だアップルは iPad の下に安いプライスウインドウ[price umbrella とも:ライバルに参入の余地を残す価格帯]の存在を許している。なぜなのか?

Apple’s recent sales decline is largely a product cycle issue, but clearly, sales of other tablets are growing fast. And yet Apple is allowing the price window underneath the iPad to become meaningful. Why?

     *     *     *

売れない Nexus

このチャートで自分がいちばん興味があるのは、Nexus の売上げが非常に小さいことだ。Nexus はクリーンな Android がインストールされ、非常に意欲的な価格設定になっている。しかしグーグル自身の数字でもほとんど売れていない。どうして? いったいなぜ Nexus 10 の売上げは 100 万台にも達しないのか?

To me, the really interesting thing about this chart is how small Nexus sales are. Here is a good device with a nice clean Android install, sold at a very aggressive price. On Google’s own numbers, almost no-one buys it. Why? Why do sales of the Nexus 10 appear to be under 1m units?

     *     *     *

Nexus 以外の Android タブレットは?

一方どのデータを見ても — インストールされたアプリの数、ウェブでの利用、その他サードパーティの利用数字を見ても — 使われているタブレットの4分の3は iPad だ。Nexus 以外の Android タブレットはいったいどこへ行ってしまったのか? いったいどうなっているのか?

Meanwhile, every single data set shows iPad with at least three quarters of tablet use, be it app installs, web use or any other third-party engagement metric you want. Where are all those other, non-Nexus Android tablets? What’s being done with them?

     *     *     *

いま起きていること

いま起きているのはこういうことだろうと思う。 — アップルやスティーブ・ジョブズが造り出した「ポスト PC ビジョン」を望むのであれば、そんなひとは iPad を買うだろう。そんなマーケットの大部分をアップルが占め、そんな利用目的で iPad が使われることになる。これは驚くにはあたらない。Android のタブレットアプリは、Android の電話アプリと同じような意味で、iPad に大きな遅れをとっているからだ。

What seems to be happening is that if you want the post-PC vision that Apple and Steve Jobs created, you probably buy an iPad, and Apple has a large majority of that market, and hence of the use of devices for that purpose. This isn’t very surprising: the Android tablet app offer remains far behind the iPad in a way that the Android phone app offer does not.

     *     *     *

中国製ノーブランド Android タブレット

一方別な側面もある。ノーブランドの黒い中国製 Android タブレットが Nexus 7 の半額の 75〜150 ドルで売られていることだ。大量に売られているのだが、実際の使われ方は非常に異なっているように見える。

But there’s also another proposition, a $75-$150 black generic Chinese Android tablet, half the price of a Nexus 7. That proposition is also selling in huge numbers, but it appears to come with a very different type of use.

     *     *     *

「タブレットのフィーチャーフォン」

なぜみんなは(ノーブランド Android タブレットを)買うのか? いったい何に使っているのか? これらのタブレットは専ら中国[グラフのいちばん上のピンクの部分]や新興マーケット、西洋低所得者層で売れている。ウェブや無料ゲームにも少しは使われているようだ。読書もいくらかあるかもしれない。しかし大部分はビデオの視聴だ。事実、多くの購買者にとってこれらタブレットはテレビと競合しているのであって、iPad や Nexus、Tab と競合しているのではないと主張することもできるかもしれない。その使われ方がどうであるにせよ、iPad とは異なっているのだ。実際のところ、これらのタブレットは(いわば)「タブレットのフィーチャーフォン」なのだ。

Why are people buying these? What are they being used for? They’re mostly in China (that’s the pink bar above) and emerging markets and in lower income groups in the west. And it seems that they’re being used for a little bit of web, and a bit of free gaming. Perhaps some book reading. And a LOT of video consumption. In fact, one might argue that for many buyers, these compete with TVs, not iPads, Nexuses and Tabs. But regardless of what they’re being used for, they’re not being used the way iPads are used. In effect, they are the featurephones of tablets.

     *     *     *

2つのタブレットマーケット

もしこの仮説が正しいとすれば、iPad は(iPhone と違って)未だ競争上の脅威に晒されておらず、300 ドル Mini に競合問題はないことになる。実際は2つのまったく異なるマーケットが存在するということだ。ひとつはアップルが圧倒的に優勢な「ポスト PC ビジョン」、もうひとつはタブレットの名で呼ばれてはいるがまったく別物の超低マージンの製品という2つのマーケットだ。

If this theory is correct, it suggests that Apple’s $300 Mini really isn’t a competitive problem, because the iPad doesn’t yet face a strong competitive threat (quite unlike the iPhone). Rather, there are actually two quite different markets: the post-PC vision, where Apple is dominant, and a ultra-low margin product that’s also called a tablet but which is really a totally different product.

     *     *     *

タブレットにもフィーチャーフォンがあると見立てたところが眼目だ。

タブレットのマーケットシェアを論じるときに見落としてはならない視点だろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:ブルームバーグに顧客情報が筒抜けだったゴールドマン・サックス》

Bloomberg_NYC_HQ

[Bloomberg のニューヨーク本社:photo

Philip Elmer-DeWitt が Bloomberg のアップルに批判的なネガティブ報道に噛みついている。「アップルサプライヤーの CEO にいわせようとしたのは記者の方だ」と。

Fortune Tech: “About that Bloomberg report of ‘falling iPad mini demand’” by Philip Elmer-DeWitt: 09 May 2013

     *     *     *

Pegatron の決算発表

水曜日の Pegatron の決算発表を取材したほとんどのアジアのジャーナリストは、この台湾の家電メーカーの第1四半期の純益が前年同期比 80% 増えたと報道した。

FORTUNE — Most Asian journalists covering Pegatron’s investor conference Wednesday focused on the fact that the Taiwanese electronics manufacturer’s first quarter profits were up more than 80% year over year.

2日続けての米国でのヘッドラインを飾ったのは、Pegatron が一気に 40% も労働者を増員することや、2013 年後半には通信機器からの売上げが増えるだろうとう見通しだった。そしてどの記事も同社がアップルの低価格 iPhone を出すのではないかというウワサを煽る結果となった。

The theme of Thursday’s second-day headlines in the U.S. was that Pegatron is on a hiring spree, boosting its workforce 40% and anticipating that communications products would drive revenue increases in the second half of 2013 — all of which somehow fueled speculation that the company might be building a lower-cost iPhone for Apple (AAPL).

     *     *     *

Bloomberg の批判的な記事

しかし Bloomberg の Tim Culpan は水曜日の決算発表について違う記事を書いた。アップルに批判的なこの記事は広くあちこちで取り上げられた。(こちらこちらこちら、そしてこちらも。)

But Bloomberg’s Tim Culpan came away from Wednesday’s conference with a different story, one with an anti-Apple slant that got widely picked up. (See here, here, here and here.)

     *     *     *

Tim Culpan の書いたこと

Pegatron の第1四半期の家電製品売上げは前年同期比 162% 増えたが、第2四半期には季節変動もあって 25% 〜 30% 減少するだろうという事実に着目して、同記者は iPad mini にその責めを負わせようとした。

Focusing on the fact that after growing 162% year over year in Q1 Pegatron’s revenues from consumer electronics were expected to fall 25% to 30% sequentially in Q2, he set out to pin the blame on the iPad mini.

[見出し]:iPad mini 需要が減少したため Pegatron の売上げが減る

His headline: Falling IPad Mini Demand to Push Pegatron Electronics Sales Down

[書き出し]:「アップル製品のメーカーで台北に本社をおく Pegatron Corp は、iPad mini の需要が減少したため家電製品売上げが過去6期で最大の減少となると予想している。」

His lead: “Pegatron Corp., the Taipei-based maker of Apple Inc. devices, forecast its biggest drop in consumer-electronics revenue in six quarters as iPad Mini demand falls.” (emphasis mine)

[サワリ]:「iPad mini からの収入の減少は『価格は安定しているので、需要の減少によるものだ』と Pegatron の CEO Jason Cheng は語った。」

His killer quote: “A decline in revenue from the iPad Mini ‘is more on demand, while price has been stable,’ Pegatron Chief Executive Officer Jason Cheng said.”

     *     *     *

他の可能性は?

前年同期比 65% も増収した後なので、ひとつないしは複数の iPad に対する需要が減速したということも考え得る。

Now it could well be that after rising 65% year over year last quarter, demand for one or more iPad products might be slowing.

     *     *     *

Tim Culpan に対する2つの疑問

しかし同記事の引用については、直ちに2つの疑問が湧く。

But two things about that quote immediately raised suspicions.

第1に、iPad mini からの収入の減少の部分は引用符に入っていないこと。ということは情報ソースが述べたのでなく、記者が書いたのではないかということだ。

First, the phrase about a decline in iPad mini revenue is not in quotation marks, suggesting that it came from the reporter, not the source.

第2に、アップルのサプライヤーが、アップルのいかなる製品についてであれ需要云々することが果たしてこれまであっただろうか。Tim Cook との仕事を継続したいのなら、そんなことをいったりはしないだろう。

Second, have you ever known an Apple supplier to say anything on the record about demand for any of Apple’s products? Not if he or she wants to keep doing business with Tim Cook.

     *     *     *

Pegatron_Jason_Cheng

[Pegatron の Jason Cheng:photo

直接本人に尋ねた

そこでこの記事の信憑性を確かめるため、同記事で引用された文言について Pegatron の CEO Jason Cheng に対してメールで質問した。彼の回答は次のとおり。

To get to the bottom of the story, I asked Pegatron CEO Jason Cheng by e-mail about that quote. Here’s what he said:

     *     *     *

特定の製品や顧客についてはいかなる発言もしていない

「われわれは昨日機関投資家向けのカンファレンスを開催し、2013 年第2四半期の業績見通しを発表しました・・・。家電製品のカテゴリーに含まれるのは、ゲームコンソール、液晶テレビ、電子リーダー、タブレット製品などです。タブレット製品はすべてこのカテゴリーに入れていますが、特定の製品や顧客について細かい数字を出したことはこれまで一度もありません。」

“We held our Institutional Investors Conference yesterday, and gave out a guidance of our 2Q13 business outlook… The category of Consumer Electronic Product includes game consoles, LCD-TV, e-paper readers, tablet products, and some others. We put all tablet products in this category, but have never broken down to detail numbers for specific products nor customers.

「会議終了後、Bloomberg のレポーター(単数)が私のところへ来て、いくつかの特定製品の数字を聞き出そうとしました。特定の製品や顧客についてのコメントはしないとハッキリ拒否しましたが、それでもなお彼は他の問題についても質問を続けました。私の発言として彼が記事で引用した『価格は安定しているので、需要の減少によるもの』とか、『ほぼすべての項目がマイナスの方向へ推移している・・・』、『タブレットに限らず、電子書籍やゲームコンソールについても』という文言は確かに私の発言です。しかし特定の製品に関してはいかなる発言もしていません。」

“After the meeting, one reporter from Bloomberg approached me, trying to dig out detail numbers about some specific product. I clearly refused to comment on specific products, nor customers, even though he continued with other questions. I did say those words that he quotes me in the article “more on demand, while price has been stable”…, “almost every item is moving in a negative direction”…; “Not just tablets, also e-books and games consoles”. But I did not say anything associated with any specific products.

「『特定の製品あるいは顧客について言ったり、ほのめかしたりすることはしない』というのが、投資家向けカンファレンスなど公式行事での当社の原則であり方針です。会議後いろいろな推測が行なわれるのはいつものことです。」

“‘No indication, nor hint for specific products or customers‘ has been our principle and guideline for any public events such as investors conference. There are always speculations after these meetings.

「(我が社の立場を)明確にするようメールを下さったことを感謝します。」

“Thank you for the mail to clarify.”

     *     *     *

Bloomberg は・・・

Bloomberg の Tim Culpan 記者および編集者に対してもコメントを求めたが、未だ解答はない。

I’ve asked Bloomberg’s Tim Culpan and his editor for their comment. No reply yet.

     *     *     *

アップルに対するネガティブ報道がこれほど続くとさすがに読者の目も厳しくなる。

先に決めた結論(agenda)があって、それに合う断片的な発言と結びつけてネガティブ報道にすることは、これまでもなかったワケではない。

しかし金融機関やアナリスト御用達の Bloomberg が名指しで批判されるのは異例だ。

さすがに同記事の日本語訳は今のところ出されていないようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ブルームバーグに顧客情報が筒抜けだったゴールドマン・サックス(5月11日)

trader-from-above

[金融マンに欠かせぬブルームバーグの金融情報端末:photo

Rupert Murdoch 率いるタブロイド紙 New York Post の特ダネ

m.NYPOST.com: “Goldman outs Bloomberg snoops” by Mark DeCambre: 09 May 2013

     *     *     *

お偉方の対決

腹を立てたゴールドマン・サックスのお偉方が最近ブルームバーグと対決した。ブルームバーグニュースサービスの記者が、至る所で見られる同社のターミナルを使って、ウォール街の銀行の特定の社員を監視しているのではないかと懸念したためだ、という情報を New York Post は入手した。

Irked Goldman Sachs brass recently confronted Bloomberg LP over concerns reporters at the business news service have been using the company’s ubiquitous terminals to keep tabs on some employees of the Wall Street bank, The Post has learned.

     *     *     *

ターミナルからあれこれ詮索できる

複数の情報提供者によれば、ブルームバーグニュースサービスの少なくともひとりの記者が顧客の使用情報をあれこれ集めていることがゴールドマンの役員に明らかになったことから、ブルームバーグのターミナルにはユーザーのことをあれこれ詮索できる能力があることが明るみに出たという。

The ability to snoop on Bloomberg terminal users came to light recently when Goldman officials learned that at least one reporter at the news service had access to a wide array of information about customer usage, sources said.

     *     *     *

最近アクセスがないけど

ある場合には、ブルームバーグの記者はゴールドマンの役員に対し同銀行の共同経営者のひとりが最近辞めたかどうかを尋ねたという。ブルームバーグのターミナルへ最近ほとんどログインしなくなったからだと、情報提供者はつけ加えている。

In one instance, a Bloomberg reporter asked a Goldman executive if a partner at the bank had recently left the firm — noting casually that he hadn’t logged into his Bloomberg terminal in some time, sources added.

     *     *     *

何でも分かる

複数のインサイダーによれば、ブルームバーグの専用ターミナルに誰がログインしたかということだけではなく、ブルームバーグ専用の機能を何度利用したかということまでブルームバーグの社員に分かるのだと後になってゴールドマンは知ったという。

Goldman later learned that Bloomberg staffers could determine not only which of its employees had logged into Bloomberg’s proprietary terminals but how many times they had used particular functions, insiders said.

あるゴールドマンのインサイダーによれば、「誰がどのニュースを何度見たか、メッセージ機能を使ったかどうかということが基本的には全部分かるということだ。」

“You can basically see how many times someone has looked up news stories or if they used their messaging functions,” said one Goldman insider.

「『ブルームバークは他にもどんな情報が分かるのだろうか』と考えてしまう」とインサイダーはいう。

“It made us think, ‘Well, what else does [Bloomberg] have access to?,’ ” the insider said.

     *     *     *

辞めた記者は誰もいない

ブルームバーグが問題解決のため所要の措置を講じたことをゴールドマンのスポークスマンは確認した。

A Goldman spokesman confirmed that Bloomberg was taking steps to address the issue.

しかしこの情報収集活動で職を失った記者はいない。

No reporters have lost their jobs as a result of the snooping issues.

     *     *     *

ブルームバーグの金融情報端末は四六時中金融情報が見れるターミナルとして金融マンには欠かせない存在だ。

1台約2万ドルという高額の年間使用料にも関わらず、ウォール街ではどこでも目にするお馴染みのターミナルだ。

スポンサーの圧力に屈しないよう報道部門と顧客(広告)部門を切り離すのは報道機関の鉄則だが、どうやらブルームバーグでは記者がセールスにも貢献した90年代の慣行が残っていたものらしい。

金融情報端末に加えてニュースサービスも開始したブルームバーグは巨万の富を築き、設立者 Michael Bloomberg は現ニューヨーク市長となった。

財務長官や連銀総裁を輩出するゴールドマン・サックスの情報がニューヨーク市長を出したブルームバークに筒抜けだったわけで、当事者ならずとも気になるところだ。

特定の意図(agenda)を持った情報を流すことでウォール街の動きを左右することも不可能ではないのかもしれないなどと思ったりする。

かつて自分のグーグル検索履歴を見たとき、自分が訪れたサイトやダウンロードした画像など秒単位で数年分残っているのにことばを失ったことがある。インターネットでは個人はまる裸だと痛感したものだ。

株価の行方や金融政策を左右する個人の行動が筒抜けとあらば、その影響するところは計り知れない。

改めてドキッとする関係者も多いのではないだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

ipad_mini

[廉価版 iPad mini ?:image

秋までは新製品はないと Tim Cook がいったばかりなのに、またぞろ iPad mini のウワサ。

KGI Securities のアナリスト Ming-Chi Kuo の話を MacRumors が伝えている

MacRumors: “Apple Considering Lower-Priced iPad Mini at $199-$249?” by Eric Slivka: 28 April 2013

     *     *     *

Retina iPad mini は秋まで延期

とくに Kuo はアップルが iPad mini を将来の iPad ラインアップのメインにすると見ているが、Retina 化は今年の第4四半期になるといわれているので、より価格を抑えた iPad mini にアップルは注目しているといっている。

In particular, Kuo looks to the iPad mini as the future of the company’s iPad portfolio, but with Apple’s efforts to bring a Retina display to the device said to be pushing a launch back to the fourth quarter of this year, he suggests that Apple may be looking at a lower-priced iPad mini.

     *     *     *

199 〜 249 ドルの廉価版 iPad mini

「アップルは Android 製品に対応するため、iPad mini 2 の発表より前に、より安価な iPad mini を出すかもしれない。経費削減のためアップルは部品価格を抑えたり、より進んだプロセッサ技術による A5 プロセッサ製造、メタル筐体の製造の簡略化、背面カメラの省略、ストレージを 8GB に減少、より安い部品を提供できるサプライヤーをさがすなどの方策をとるかもしれない。この安価な iPad mini は 199 〜 249 ドルの価格になるだろう。」

Prior to iPad mini 2 launch, Apple might roll out a more affordable iPad mini to compete with Android products. To cut costs, Apple might push for lower component prices, use a more advanced process to produce the A5 processor, simplify metal casing production, remove the rear camera, cut storage to 8GB and find more component suppliers to lower costs. We think this cheaper iPad mini retail for US$199~249.

     *     *     *

いつ出るのか読んでもよく分からない。彼のいう iPad mini 2 (= Retina iPad mini)が秋口になるのなら、廉価版はその前ということだろうか。

Kuo といえば、WWDC で 15% 薄く、25% 軽くなって、充電の時間が短い iPad 5 が登場すると予測したアナリストだ。John Brownlee[Cult of Mac]によれば、アップル製品予想に関しては「最も信頼すべきアナリストのひとり」(?)ということになっている。

KGI Securities[KGI凱基證券]は台湾に本拠をおく証券会社のようだが、Kuo の名前が Philip Elmer-DeWitt のアナリスト成績表にも見えないところをみると、新顔のアナリストなのだろう。まだ実績もなく、信憑性も定かでないのかもしれない。

秋まではないと Cook がいったのなら、秋以降のことなら何でもいえるということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Great-Wall-of-iPhones

[風穴が開いた巨大市場:image

経済成長のテンポが落ちてきたとはいえ、中国市場はアップルにとって最後に残された手つかずの巨大市場だ。

その中国にとうとう風穴が開いた

Apple: “iPad mini & iPhone 5 Arrive in China in December” [Press Info]: 30 November 2012

     *     *     *

iPad mini と iPhone 5 を12月から発売開始

アップルは今日付け[11月30日]で、新たに中国で iPad mini Wi-Fi モデルおよび第4世代 Retina iPad を12月7日(金)から、また iPhone 5 を12月14日(金)から発売すると発表した。

Apple today announced the Wi-Fi versions of iPad® mini and fourth generation iPad with Retina display will be available in China on Friday, December 7, and iPhone 5 will be available on Friday, December 14.

     *     *     *

中国市場の需要がどれほど貪欲なものか、みんなが固唾をのんで見守っている。

TechCrunch: “Apple’s iPad Mini And 4th Gen iPad Arrive In China December 7, iPhone 5 Follows December 14″ by Darrell Etherington: 30 November 2012

固唾をのんで見守っている

目覚ましい伸びを示すグレーターチャイナマーケットを見れば、中国市場へのアップル製品導入はますます重要性を持ってきている。中国における iPhone 売り上げの伸びは対前年比 38% という大きなものだが、新しいモデルに対してはこれまでに累積した爆発的需要が期待できるのではないか、とあるアナリストが昨年夏指摘している。今回の発売によって、ますます重要性を帯びてきた中国市場でのアップル製品への需要の旺盛さが分かるとして、多くのひとが固唾をのんで見守っている。

Launches of Apple products in China have taken on growing importance for Apple, which continues to see impressive growth in its Greater China market sales. iPhone sales were up 38 percent in China last quarter year over year, but there could be a tremendous amount of pent-up demand for a new model, according to an analyst report from late summer. Many will be watching these launches to see just how strong the appetite is for Apple devices in the increasingly important Chinese market.

     *     *     *

後から振り返れば、株価が 600 ドルを割って低迷していたこの時期が、アップル株買いの好機だったということになるのかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[タイム誌最新号のカバー:image

タイム誌最新号の iPad mini 広告について TUAW がステキな記事を書いている。

TUAW: “This iPad mini ad in Time is pretty fantastic” by Randy Nelson: 27 November 2012

     *     *     *

タイム誌最新号の iPad mini 広告

Newsstand を手始めに、アップルは伝統的印刷メディアの衰退を加速させているように思える。しかし印刷媒体の最新号に載せた広告では、メディア業界の超大物と手を組んで完璧としかいいようのない結果をアップルは出してみせた。アップルがタイム誌最新号の裏表紙に載せた iPad mini の広告[冒頭画像、拡大画像はこちら]のことだ。ニューヨーカー誌の最新号でも同じような試みをしている。

With its Newsstand initiative, it would seem that Apple is seeking to speed the decline of traditional print publications. In the case of its latest print ad, however, the company partnered with one of the industry’s biggest names with results that can only be called perfect. We’re talking about the iPad mini ad Apple ran on the back cover of Time Magazine’s latest issue, which you can see above (larger version here). A similar cover-clone ad appears on this week’s New Yorker.

     *     *     *

ミニマリズムデザインの極致

Royale-w-Cheese の Reddit のへの投稿によれば、この広告は白紙の背景に実物大の iPad mini をあしらっている。iPad mini の画面には、タイム誌の表紙と同じものが実際 mini で見たそのままに写っていて、テキストといえば mini のオフィシャルロゴだけ。これぞときに最高をヒットするミニマリズムデザインの極致だ。iPad mini がタイム誌のコンテンツを届けることができることを — それも実際にどう見えるかということまで示して — 伝えることに成功している。

Posted on Reddit by redditor Royale-w-Cheese, the ad features an actual-size iPad mini on a white background. On its screen is the cover of the same Time issue, just as it would appear on the real device. The only text is the official iPad mini logo. It’s a great example of minimalist design sometimes being best, and gets across the point that iPad mini is capable of delivering magazine content — even showing what it will look like.

     *     *     *

うまくやったアップル

歴史的に見れば、雑誌の内容と広告をかくも直接的に結びつけることは、タイム誌の伝説的な政教分離策に違反する恐れがあるが、この場合アップル(タイム誌の主要広告主でもある)はうまく反対を回避したように見える点が注目される。ある意味、これはアップルとタイム誌双方にとってプラスの結果となっている。この表紙が事実上タイム誌の iPad 版 Newsstand が登場したことのプロモーションになっているからだ。

It’s worth noting that historically, such tight alignment between advertising and editorial probably would have fallen afoul of Time Inc.’s legendary church and state separation, but in this case it appears that Apple (a major Time advertiser) managed to overcome any objections. In a way, it’s a win-win for Apple and Time, as the cover is technically promoting Time’s own presence on the iPad Newsstand.

     *     *     *

単にタイム誌の一紙面を借りたというに止まらず、タイム誌そのものをそっくりそのまま iPad 化してみせた手際は鮮やかとしかいいようがなく、秀逸そのものだ。

iPad mini 発表の際のピアノをあしらったコマーシャルも傑作だったが、こういう作品を生み出せるチームの面々が誰なのか詳しく知りたいと思う・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »