Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Watch’

[Rolex Submariner Watchmaking Demonstration | Watchfinder & Co. | YouTube

腕時計をしなくなって久しい。

しかしこの機械式腕時計の分解と組み立てを見ていると、匠の技は決して日本だけの専売特許ではないと思う。

匠の技を「Swiss Made」(スイス製)という商標で保護し、その技をベースに一大輸出産業に育て上げたのだからこれは凄いことだ。

人の手で行なわれる作業は見ているだけで魅了されるものがある・・・

Read Full Post »

apple-watch-sound

[K-chit:sounDesign

パリの Colette で Apple Watch を紹介したときの Jony Ive のことば。

Vogue 誌のインタビュー記事から。

A Rare Look at Apple’s Design Genius Jony Ive | Vogue

     *     *     *

カチッという音

「このボタンを押すと、スライドして(バンドが)外れます。なんとゴージャスな・・・」と Ive。そして耳を澄ましてごらんという。「(バンドが)締まるときの音を聞いてみてください。カチッ(k-chit)というファンタスティックな音がします」と囁かんばかりに彼はいう。そしてまるでそのことばが終わって欲しくないというようにゆっくりとソフトに「ファン=タス=ティック」と口にする。

“You just press this button and it slides off, and that is just gorgeous,” he was saying. He encouraged you to pause. “But listen as it closes,” he said. “It makes this fantastic k-chit.” He was nearly whispering. And when he said the word fantastic, he said it softly and slowly—“fan-tas-tic!”—as if he never wanted it to end.

     *     *     *

そんなディテールにまでこだわっているということか・・・

Read Full Post »

jony-ive-vanity-fair

[Vanity Fair Summit のインタビュー:Business Insider

珍しくジョニー・アイブが公開の場でのインタビューに応じている。Vanity Fair Summit で行なわれたものだ。

すでにスティーブ・ジョブズからまなんだことXiaomi の物まねデザインについての発言は取り上げられている。

Apple Watch に関する発言も興味深いのでここではそれを紹介する。

Jony Ive Vanity Fair Summit Interview | Business Insider

     *     *     *

Apple Watch のデザインについて話してください

Talk about designing the watch.

ジョニー:これまでも時計に対しては興味を持ち続けてきました。時計は最初はポケットが登場する以前にデザインされました。ですから首に掛けて使いました。それからポケットに入れる時計が出ました。17世紀には指につける時計もありました。

Jony: Always been interested in watches. At first watches were designed before pockets were invented, so they were hung around necks. Then the pocketwatch happened. There were watches worn on fingers in the 17th century.

機能上の理由から、また実用性という理由から、最終的には手首に着用するようになりました。そして100年が経ちました。手首という位置には歴史的意義があります。情報がすぐさま見れるという点で実にすばらしい場所なのです。

For reasons of function, for reasons of utility, it ended up on the wrist. And you’ll notice it stayed there for over 100 years. It has now an historical gravitas. It’s a really great place to be able to glance quickly at information.

私たちが(Apple Watch の)検討を始めたとき、手首という場所は最終的にテクノロジーを装着する場所としてとても自然に思えたのです。

When we started working on it, it seemed like a natural place for technology to end up.

     *     *     *

家電製品以外のものにも仕事を広げますか?

Do you see yourself moving beyond consumer electronics?

ジョニー:私は時計こそ家電製品以外のものへの第一歩と考えています。

Jony: I do see the watch as a move away from consumer electronics.

     *     *     *

ジョニー・アイブは Apple Watch を家電製品以外のものをデザインする最初の一歩と考えているようだ。

彼が Apple Watch を単なる新しいガジェットではなく「時計」と考えていることも明らかだ・・・

Read Full Post »

Apple-Watch-21

時計の世界に精通した Ariel Adams が Apple Watch は「21世紀の腕時計」という興味深い考察をしている。

Apple Watch Hands-On: The Wristwatch Just Caught Up To The 21st Century | aBlogtoWatch

     *     *     *

初めてのクロスオーバーウォッチ

Apple Watch はアップルにとって新しいカテゴリーの製品であるだけでなく、真の意味でテクノロジーと時計の世界[horology:時計学]の双方にまたがる初めての「クロスオーバーウォッチ」(cross-over watch)であることを理解すべきだ。不満や批判はさておいて、なぜこれが必然的未来であると自分が考えるのかしばし考えて欲しい。普通のひとの生活必需品としてスマートウォッチが支配する必然的未来のことを・・・

[…] I feel that people need to understand that the Apple Watch is not only a new type of product for Apple, but the first real “cross-over watch” that wades in both the waters of technology and horology. For a moment, I’d like people to put aside their criticisms and complaints, and consider what I believe to be a future inevitability: the dominance of the smartwatch as a necessary tool in the everyday lives of everyday people.

     *     *     *

なによりもまず「時計」

アップルは「スマートウォッチ」ということばが嫌いだから、Apple Watch をそうは呼ばない。iPhone のこともスマートフォンとは呼ばなかった。アップルにとって Apple Watch はアップルが作った「時計」だ。だからそういう名前にしたのだ。

Apple as a company doesn’t like the term “smartwatch” and will not refer to the Apple Watch as such. They didn’t call the iPhone a smartphone, and as far as they are concerned, it is a “watch” produced by Apple – hence the name. […]

     *     *     *

伝統的時計の世界から無数のものを借用

高級時計の世界をよく知るものにとって、アップルが伝統的な機械式時計の世界から無数の「時計と関係のある」デザインのヒント、音、材質、仕上げ、機能などを採用しているのに気づくに違いない。

Those familiar with the world of high-end timepieces will notice an endless series of “watch-related” design cues, noises, materials, finishes, and features that Apple adopted from the traditional world of watches.

     *     *     *

何よりもまずアップルは Apple Watch を「時計」と位置づけているということだ。

アップルの Apple Watch ビデオを伝統的時計ウォッチャーの立場から編集し直したこのビデオを見ると、何を伝統的時計の世界から借用したと考えているのかが分かって興味深い。

Ariel Adams は 7000 語をこえる長い考察の中で、伝統的な時計の世界がどういうものか、なぜ Apple Watch がその方向に沿っていると考えるのかを詳説している。

それを読むと、Jony Ive 以下アップルのデザインチームが総出でパリに出掛けて、高級時計としてのイメージ定着を図ったのも理解できるような気がする。

ギークを中心とする Apple Watch 評を補完する意味でたいへん興味深い。

この考察を踏まえた Ariel Adams へのインタビューも聞き逃せない。

Apple Watch: The 21st Century Wristwatch | resolve

考察の内容がより鮮明に浮かび上がるという意味で、むしろこちらの方がおススメかもしれない。

     *     *     *

追記:時計専門家の Apple Watch 評の方が示唆に富んでいる

ファッション系や技術系の記事より Ariel Adams のような時計専門家による考察の方が示唆に富んでいると Quartz が指摘している。

The most thoughtful critics of the Apple Watch are watch bloggers | Quartz

Compare the lucidity of these observations with what’s been coming out of the fashion press…

The tech press has often done worse. Most of the “reviews” are more press releases, regurgitating everything that Apple said its keynote and adding little else. Both worlds could learn something from the considered views of these two watch bloggers.

Read Full Post »

Horse_drawn_US_Mail_car

[もっと速く走る馬を:Church Unleashed Global Inc

新しい技術革新を理解できず拒否反応を示す例としてヘンリー・フォード(Henry Ford)が語ったとされることばがよく引き合いに出される。革新的なフォードのモデルT(Ford Model T)より「もっと速く走る馬(faster horses)が欲しい」と。

Apple Watch に対する Álvaro Serrano の指摘が興味深い。

Faster horses | Analog Senses

     *     *     *

理解できないものは好きになれない

ひとは理解できないものは好きになれない。これまでのところ誰も Apple Watch は好きでない。好きになるひとがいるかどうかすらよく分からない。今の時点では十分な情報がないのだ。ちゃんと比較できる対象がないため、多くのひとが自分の考えていたものとは違うという単純な理由で、見当違いだとか欠点があるといって片づけるに違いない。なぜなら iPhone のときと同じく Apple Watch も「速く走る馬」ではないといって・・・

People don’t like what they don’t understand and so far, nobody understands the Apple Watch. I’m not even sure anybody can; we just don’t know enough about it at this point. In the absence of a valid reference, many are sure to dismiss it as either irrelevant or flawed, simply because it doesn’t conform to their own existing preconceptions. Because, like the iPhone, the Apple Watch is not a horse either.

Apple Watch を好きになるべきだといっているのではない。ましてや Apple Watch を買うべきだといっているのでもない。好意的に考えてやってもいいのではないかといっているだけだ。得るものは多く失うものは少ないのだ。

I’m not saying that you should like the Apple Watch. I’m certainly not saying you should buy one. I’m just saying, it can’t hurt to give it the benefit of the doubt. There’s so much to gain and so little to lose.

Apple Watch が「速く走る馬」ではないなんて誰が分かるだろうか。いずれはお気に入りの存在になるかもしれないのに・・・

The Apple Watch is not a faster horse but who knows? It just may end up being your favorite thing.

     *     *     *

テクノロジーの世界ではこの拒否反応がとくに強いという指摘もオモシロい。

Serrano の指摘が John Gruber と Ben Thompson のポッドキャストに触発されていることがさらに興味深い・・・

Read Full Post »

heineken_sub_by_marc_newson_dezeen_468_10

[ハイネケンのビアサーバーをデザインした Marc Newson:Dezeen

Dezeen のインタビューで、Marc Newson がアップルについて語っているのが興味深い。

Apple’s Marc Newson designs “revolutionary” draft beer machine | Dezeen

     *     *     *

アップルでの役目は限られたもの

Amy Frearson:アップルで重要なお仕事に就きましたが、こういったお仕事[ハイネケンのビアサーバー]も続けられるのでしょうか?

Amy Frearson: You’ve taken on quite a major role with Apple, do you think you’ll still have time to work on these kinds of project as well?

Marc Newson:もちろんです。アップルでの役目は非常に特別なもので、自分のすべての時間を必要とするものではありませんから。だからまったく大丈夫です。私の会社は英国にありますし、私も英国をベースにしています。

Marc Newson: Yes absolutely, because my role at Apple doesn’t necessitate all of my time and that was for very specific reasons, so absolutely, my company still exists and I remain based in the UK.

     *     *     *

アップルでの仕事は?

Amy Frearson:アップルでどんなお仕事をしているのか教えてください?

Amy Frearson: And can you tell me what you’re working on at Apple?

Marc Newson:それは出来ません、済みません。

Marc Newson: Not really! Sorry!

Mark van Iterson[ハイネケン]:その話をしたらすぐアップルは彼をクビにするでしょう。

Mark van Iterson: They’ll fire him immediately if he does.

Marc Newson:いま始めたばかりですし・・・

Marc Newson: And I’ve only just started!

     *     *     *

Apple Watch のデザインも?

Amy Frearson:Apple Watch のデザインにも関係していますか?

Amy Frearson: Can you tell me if you were involved in the watch design?

Marc Newson:私はお話できないのです。

Marc Newson: Apparently I can’t.

広報担当女性:そのお答えは出来かねます。済みません。

PR Lady: Sorry we can’t answer that, sorry.

     *     *     *

こんなインタビューにもアップル広報が付いている。

答えない答えから答えが見えてくるようだ・・・

Read Full Post »

Update》なぜいま時計なのか

fashion_vips

[ファッション界の VIP と一緒に:Quartz

Apple Watch は間違いなく「時計」であり、アップルは本気でファッションアイテムとして売り込むつもりのようだ。

パリの高級ファッションブティック Colette に Jony Ive 一行が乗り込んだ。Apple Watch に影響を与えたといわれ、新たに Ive のデザインチームに加わった Marc Newson も同行している。

Inside Apple’s one-day Watch pop-up at Paris Fashion Week | Quartz

     *     *     *

ファッション界の VIP と一緒に

The day started early with a try-on event for fashion VIPs—including the likes of Chanel designer Karl Lagerfeld and Vogue editor Anna Wintour—hosted by Jony Ive, Apple’s head of design, and Marc Newson, its newest high-profile design hire.

     *     *     *

Ive と並んで Vogue の編集者 Anna Wintour の姿も見える。[冒頭画像]

同誌はまた Jony Ive について興味深い特集を組んでいる。

A Rare Look at Apple’s Design Genius Jony Ive | Vogue

注目すべきはつぎの一節:

     *     *     *

事前に Apple Watch を見せてもらった

Feels nice, doesn’t it?” On my second visit to Cupertino, Ive has finally handed it over: the new Apple Watch. It is more watch than the computer geeks would ever have imagined, has more embedded software than in a Rolex wearer’s wildest dreams. When Ive shows it to me—weeks before the product’s exhaustive launch, hosted by new CEO Tim Cook—in a situation room that has us surrounded by guards, it feels like a matter of national security. Yet despite all the pressure, he really just wants you to touch it, to feel it, to experience it as a thing. And if you comment on, say, the weight of it, he nods. “Because it’s real materials,” he says proudly. Then he wants you to feel the connections, the magnets in the strap, the buckle, to witness the soft but solid snap, which he just loves as an interaction with design, a pure, tactile idea. “Isn’t that fantastic?”

     *     *     *

9月9日の公式発表より前に Vogue 誌には Apple Watch が披露されていたという点が注目される。

アップルがファッションに注力し始めたのは間違いない事実のようだ。

Dan Frommer の結びのことば・・・

     *     *     *

ファッションへの露出度はますます増えるだろう

完成した Apple Watch が何をするのか、またいつ発売されるのか未だ不明だ。しかしファッションやセレブリティイベントの場でこんな光景がますます見られることになりそうだ・・・

Still unknown: What exactly the finished Apple Watch will do, or when it will launch. But expect more sightings, especially around fashion and celebrity events.

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》なぜいま時計なのか

なぜいまさら時計なのか・・・Vogue 誌の特集で Ive は自らのことばでそのワケを語っている。

     *     *     *

時計を復権させる

頭を振りながら Ive はいう。「3年もの間こんなことをやっていたなんて信じられないことです。」 彼は時計が辿った軌跡を説明する。プラハ旧市街広場の天文時計から皇室の所有する時計へ、軍隊のクロノメーターへ、そしてほんの20世紀初頭になってやっと時計が手首へと至ったそんな軌跡について・・・。「信じられないほどパワフルなテクノロジーをもっとも身近でパーソナルなものにするため如何にひとびとが苦闘してきたか驚くべきものがあります。」 たしかに携帯電話によって時計の力はある程度殺がれはした。しかしその振子を元に戻して復権させたいのだと彼はいう。

[…] “It’s strange when you’ve been working on something for three years . . .” he says, shaking his head. He describes the trajectory of clocks to watches: from a public clock in a Bavarian square to timepieces owned by royalty, to military chronometers, to the watch’s arrival, only at the beginning of the twentieth century, on the wrist. “It’s fascinating how people struggled with wearing this incredibly powerful technology personally.” The cell phone, of course, killed the watch to some extent. Now he wants to reset the balance.

     *     *     *

Apple Watch は何よりもまず「時計」なのだ・・・

Read Full Post »

Older Posts »