Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Supply Chain’

The logo of Japan Display Inc is seen at the company's new production line for LCD panels in its factory in Mobara, Chiba prefecture, June 3, 2013.

サプライヤーになれるかどうかで明暗が分かれる・・・

UPDATE 1-Japan Display confirms new plant, source says for Apple | Reuters

Japan Display Inc said on Friday that it would build a new $1.4 billion liquid crystal display (LCD) manufacturing plant, which a source said would supply smartphone screens for Apple Inc.

But it recently reported a rebound to profit, boosted by demand from Apple and Chinese smartphone makers, in stark contrast with Japanese competitor Sharp Corp’s shrinking panel business.

JDIが液晶工場を建設へ、投資1700億円はアップルが大半負担 | ロイター

ジャパンディスプレイ(6740.T: 株価, ニュース, レポート)は6日、石川県白山市に第6世代(G6)液晶新工場を建設すると発表した。投資額は1700億円。関係者によると、投資資金の大半は米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)が負担。量産する液晶は、iPhoneの2016年のモデルに供給する。

iPhoneの液晶を製造するジャパンディスプレイ白山工場建設予定地に行ってみた! | IT Strike

     *     *     *

img_b7a35e3859aa2caa7327316f32503d14972977

非常事態第2幕!液晶シャープ 四面楚歌の再生計画|ダイヤモンド・オンライン

ドイツ証券中根康夫アナリスト:

スマホ向けの中小型液晶パネルは、かつて日本勢が大敗を喫したテレビ向けの大型液晶パネルに比べて、作るのが難しく技術的な参入障壁が高い。日本勢はそうした製品の特性に守られてきたが、本質的には設備産業である以上、将来は投資競争と市場シェアの大きさで決着がつくことは明白だ。

さらに“台風の目”となりそうなのが、サムスンが新たに量産工場を立ち上げた有機ELディスプレイだ。自社製スマホ「ギャラクシー」に搭載していた虎の子のデバイスを、日本勢が頼みの綱にしている中国メーカーに向けて猛烈な販売攻勢を掛けている。

こうした規模の勝負に対し、規模と体力に劣る日本メーカー2社を統合するようなことがあれば、それは半導体産業で過去に繰り返し行われてきた“延命作業”に終始する可能性が高い。

さらに、今後を読み解く上で欠かせないのが中国勢の動向だ。技術的な未熟さなど課題はあるものの、中国全土で建設が予定されている新工場群が技術的ハードルを越えれば、一大勢力になる可能性もある。

Read Full Post »

hqdefault

[CNC 工作機械で削りだす:image

アップルのような製品を作りたい、アップルのようになりたいというスタートアップ企業は数多い。

しかしアップルを真似るのはそんなに簡単なことじゃないと Ben Einstein が戒めている。

No, You Can’t Manufacture That Like Apple Does | Medium

     *     *     *

すべての面でアップルは例外だ

Apple is an exception to nearly every rule.

アップルが年間100万台の MacBook 本体を CNC[Computerized Numerically Controlled:コンピュータ数値制御]工作機械で加工しようとしたとき何が起きたか? そのためアップルは1万台の CNC 工作機械を購入したのだ。MacBook Pro に目に見えない小さい点のような穴を開けるためレーザー加工しようとしたときはどうか? アルミ筐体に20ミクロンの穴を開けられる工作機械を作っていたメーカーはたった一社だった。アップルはこの会社を買収し、すべての在庫を入手した。削り出した筐体に入れられる小さなバッテリーが必要になったときはどうしたか? どのメーカーもそんな薄いバッテリーを作ることは尻込みした。かくてアップルは自らバッテリーを作ったのだ。しかもまったくのゼロから・・・

What happened when Apple wanted to CNC machine a million MacBook bodies a year? They bought 10k CNC machines to do it. How about when they wanted to laser drill holes in MacBook Pros for the sleep light but only one company made a machine that could drill those 20 µm holes in aluminum? It bought the company that made the machines and took all the inventory. And that time when they needed batteries to fit into a tiny machined housing but no manufacturer was willing to make batteries so thin? Apple made their own battery cells. From scratch.

     *     *     *

アップルだから出来る

大きかろうと小さかろうとそんなことが出来る会社なんてない。しかしアップルなら出来るのだ。そんな製品を多数作り遂せた。製造困難だが消費者が好む機能をたくさん作ってみせた。しかしスタートアップ企業はアップルではない。顧客にバリューを提供し、細部にいたるまで仕上げと手触りを加えるのは構わない。とくに最初の生産工程のものについてなら・・・

Pretty much no company, big or small, can afford to do these things. Yes, Apple has done a great job building many of these products and yes, consumers have come to love many of these difficult-to-manufacture features. But you are not Apple. So long as you’re providing value to your customers, taking the fit and finish of your product down a notch is okay. Especially for your first few production runs.

     *     *     *

スタートアップ企業がやってはいけないこと

しかしアップルなら出来るけれどスタートアップ企業としては避けるべきことがいくつかある。例えば:

So what should you avoid? Here’s a few things that Apple often does that can cause problems for a startup:

1)白いプラスチック
2)CNC 工作機械を大量に使う
3)レーザーで穴を開ける
4)成形プラスチックのパッケージ
5)突出しピン傷を付けない
6)贅沢な化粧箱

1. White plastic
2. CNC machining at scale
3. Laser drilled holes
4. Molded plastic packaging
5. No ejector pin marks
6. 4-color, double-walled, matte boxes + HD foam inserts

     *     *     *

真似られるかどうか

ほかにもいろいろある。もしアップル製品の真似をしたいところがあったら、他社の製品を探しなさい。ほかにも見つかるようなら真似をしてもいいだろう。そうでなかったら、期待値を下げることだ。それがスタートアップ企業にとってはいいことなのだ。

There are many more. If you see a feature on an Apple device you want to copy, try to find it on another company’s product. If you do, it’s probably okay to design into your product. Otherwise, lower your expectations. I assure you it’ll be better for your startup.

     *     *     *

Jony Ive のデザインスタジオで動く CNC 工作機械はなかなかインパクトがあった。

こんな高価な製造設備を駆使できるのはアップルなればこそだろう。スタートアップ企業ではむやみに高望みをするなということか・・・

ティム・クックの築いたサプライチェーンの威力が改めて思い起こされる。それは GTAT の破産劇でも思い知らされたことだった。

Read Full Post »

sapphire-slabs

[サファイアスクリーン:image

WSJ 若林大介記者の報じた GT Advanced Technologies(GTAT)破産の内幕は実にドラマチックだ。

Dan Frommer はその中でも特にある数字に注目している。

Apple is already using one-fourth of the world’s sapphire supply | Quartz

     *     *     *

世界の供給量の4分の1

そもそもなぜアップルと GTAT の話が起きたかということ示すある数字が特に興味深い。若林記者によれば、アップルはすでに「世界のサファイア供給量の4分の1を iPhone のカメラレンズや指紋リーダーのために」消費しているというのだ。

But there’s one particularly interesting stat that explains why Apple and GTAT even bothered in the first place. Apple is already consuming “one-fourth of the world’s supply of sapphire to cover the iPhone’s camera lens and fingerprint reader,” Wakabayashi writes.

     *     *     *

まだまだ大量に要る

これだけでも信じられないほど大きい量だが、それをもっと増やそうとしているのだ。アップルは指紋の読み取れる iPhone や iPad を来年は2億台売るだろうといわれている。しかしそれもまだ比較的小さい量だ。サファイアディスプレイの時計やサファイアスクリーンの iPhone を大量に作りはじめたらどうなるか・・・

That is impressively high—and about to get a whole lot higher. Sure, Apple could sell 200 million fingerprint-reading iPhones and iPads next year, but such readers are relatively small. Imagine the volumes when the company starts making watches with sapphire displays, and iPhones with sapphire screens.

     *     *     *

もっと、もっと・・・

アップルがもっと欲しがるのはそういうワケだ。若林記者がいうように、アリゾナ工場は「世界中のどの工場と比べてもその30倍ものサファイアを生産する」はずだったのだから・・・

No wonder Apple wants more. As Wakabayashi notes, the Arizona venture was to “produce 30 times as much sapphire as any other plant in the world.”

     *     *     *

さてアリゾナの Mesa 工場はどうなるか・・・

Read Full Post »

sapphire-boules

若林大介記者による GT Advanced 破産の内幕

Inside Apple’s Broken Sapphire Factory | WSJ

“ We just kept sweeping the floors over and over. I just saw money flying out the door ”
—A former GT Advanced employee

Apple-GT Soon to Be Case Study in Harvard Business School Disaster Preparedness Textbook | Re/code

Daisuke Wakabayashi, the Wall Street Journal: “The Apple-GT marriage was troubled from the start. GT hadn’t mass-produced sapphire before the Apple deal. The New Hampshire company’s first 578-pound cylinder of sapphire, made just days before the companies signed their contract, was flawed and unusable. GT hired hundreds of workers with little oversight; some bored employees were paid overtime to sweep floors repeatedly, while others played hooky.”

Apple, GT Advanced Technologies And The Boule Graveyard | Seeking Alpha

Read Full Post »

apple_suppliers

[アップルのサプライヤー:アップル

GT Advanced Technologies(GTAT)についての Charles Arthur の記事が興味深い。

GTAT とアップルをめぐる経緯こちらも)を詳しく振り返ったうえで、サプライヤーとの関係について総括している。

The desperate struggle at the heart of the brutal Apple supply chain | theguardian.com

     *     *     *

サプライヤーの命運を握るアップル

Apple can make or break a supplier

真実はこういうことだ。世界で最大の時価総額を誇るアップルはいまやサプライヤーに対して生殺与奪の権を握っているということだ。(かつてジョブズが ATI に激怒したときはほとんど影響がなかった。) アップルのサプライヤーだと分かることには絶対的な価値がある、とアップルサプライヤーの上位 200 社に入るあるある会社は Guardian に対して語る。「アップルが高品質の製造スペックを持っていると認められていることに価値があるのです。したがってアップルとサプライヤー関係があるということはサプライヤーが提供する製品に対してもいい影響をもたらすのです。」

The reality is that Apple, as the most valuable company on Earth by market capitalisation, now has the power to make or break a company through its supplier relationships (unlike Jobs’s pique, which had minimal effect on ATI). Being known as a supplier to it has definite value, one company – which is listed in Apple’s top 200 list – told the Guardian: “The value lies in the fact that Apple is recognised as having a high-quality build spec, so a relationship reflects well on that supplier’s products,” an executive said.

     *     *     *

会社名は必ず分かる

アップルがサプライヤーの会社名を明らかにしなくても、その名前は必ず漏れてくるものだとあるサプライヤーの幹部は語る。「技術的な分析では必ず新しいモデルのバラしが行なわれます。部品には通常サプライヤーの名前が内部に刻印されているのです。新しい電話のレビューでは主要部品のパフォーマンス向上についても触れるのが普通です。」

And even if Apple doesn’t name a company as a supplier, its name will still leak out, as one supplier executive explained to the Guardian: “Tech analysts always ‘tear down’ a new model – components are usually stamped with the suppliers’ names inside. Reviews of new phones will mention key components with regard to performance enhancement.”

     *     *     *

オフレコで

この幹部は自分の名前も会社名も出して欲しくないという。それは例外的なことではないという。「どの主要メーカーも自社のサプライヤーに供給の事実を語らせることはありません。非常に競争の激しい業界であるためそんなことは出来ないのです。」Guardian 紙は複数のアップルサプライヤーの話を聞いたが、どのサプライヤーもオフレコにして欲しいと語った。

The executive didn’t want to be named – or to have their company named. He said that isn’t unusual: “None of the top players let their suppliers talk about supplying them – it’s too competitive an industry to allow this.” The Guardian contacted a number of suppliers to Apple; all indicated that they could not talk on the record.

     *     *     *

例外的な GTAT

その点 GTAT だけが例外だった。アップルとの関係を公にしてしまったからだ・・・

In that sense, GTAT was unusual, because its supplier relationship was so public. […]

     *     *     *

アップルだけの話か

厄介な条件を課すのはアップルだけだろうかと別のサプライヤーに尋ねてみた。「主要端末メーカーはみなサプライヤーに対して強力な価格決定権を行使しています。これはどの業界をみても一般的なことです。サプライヤーとしては顧客に対し買う気になる USP[unique selling point:他社と明確に差別化できる訴求ポイント、価格]を示すことが必要です」とその幹部はいう。

Are such onerous terms unique to Apple, I asked another of its suppliers? “The leading handset manufacturers all have strong pricing power vis-a-vis their suppliers, but that is universal across most industries,” its executive said. “As a supplier, one needs to find a USP [unique selling point] that the customer values enough to pay for it.”

     *     *     *

サプライヤーはみなアップルから借入をするのか?

またサプライヤーはアップルのローンを受けるだろうか? 銀行からの借入にくらべて条件はいいのか悪いのか? 同幹部は言葉を選びながら慎重に答える。「我々のキャッシュフローは十分でバランスシートも堅調なので顧客からのローンを必要としていません。」

And would they take a loan from Apple? Are they offered on better or worse terms than a bank’s? “We have good cash flow and a robust balance sheet so do not have need of loans from any customers,” the executive replies, cautiously.

     *     *     *

アップルにとっては痛くも痒くもない

一方アップルにとっては、いちサプライヤーを失ってもそれでこの世の終わりというワケではない。スクリーンの納入先をふたたび Corning に戻しただけだ。Phil Schiller いわく「イオン強化ガラス」だからと。

For Apple, meanwhile, the loss of one supplier is not the end of the world. It reverted to Corning for its screens, with Phil Schiller talking of their “ion-strengthened” qualities.

     *     *     *

GTAT のケースは何だったのか

GTAT のケースは可能だったかもしれないひとつの物語を示している。iPhone がサファイアスクリーンを搭載したかもしれないという話、そしてあるアメリカの製造業が成功したかもしれないという話だ。さらにまた新テクノロジーを世界的規模で実現しようとするときの絶望的な闘いと、そして失敗したときに蒙る厳しい処罰の物語・・・

The story of GTAT shows us what might have been: iPhones with sapphire screens, and a successful US-based manufacturing story. It also shone a light on the desperate struggle to implement new technology at a global scale – and the penalties for failure.

     *     *     *

サプライヤーとの関係は GTAT に限らず非常に厳しいものだと・・・

Read Full Post »

960-978fce5bcc4eccc88ad48ce3914124a2-gt-advanced-technologies-tumbles-pre-market-on-rating-downgrades

Did Apple Bully GT Advanced Technologies? | Seeking Alpha

– GTAT COO Daniel Squiller has depicted Apple as a heavy-handed, oppressive bully.

– Most of Squiller’s complaints can be dismissed as blame shifting, but it does raise questions about Apple’s intentions towards GTAT.

GTアドバンスト倒産でアップルとサプライヤーの関係が表沙汰に | ギズモード・ジャパン

Read Full Post »

11040-3595-secret-141107-l

Inside Apple’s secret confidentiality agreements: Code names, security requirements, fines & more | AppleInsider

Projects with Apple and its suppliers are given secret code names to prevent leaks. The sapphire manufacturing operation run by GT Advanced was known as “Project Onyx.”

アップルとサプライヤー契約の詳細判明!コンプライアンス違反には補償金も | iPhone Mania

Read Full Post »

GT-Advanced-furnaces-Pocketnow-001

[アリゾナ州 Mesa 工場の内部:iDownloadBlog

破産裁判をきっかけに公開された GT Advanced Technologies[GTAT]とアップルとのサプライヤー契約はなかなか興味深い。

Daniel Squiller[GTAT COO]の宣誓供述書の生々しい内容を Kif Leswing がまとめている。

Apple to sapphire supplier: “Put on your big boy pants and accept the agreement” | GigaOM

     *     *     *

「子供じみたことはやめてさっさとサプライヤー契約を受け入れろ」

Apple to sapphire supplier: “Put on your big boy pants and accept the agreement”

Squiller がいうには、アップルはサプライヤーとは交渉しないから、GTAT のマネージャーは交渉に「ムダな時間を割く」べきではないと一切交渉に応じようとはしなかった。GTAT が二の足を踏むと、アップルの条件は他のアップルサプライヤーとも共通なので、「子供じみたことはやめて(put on your big boy pants)[注]さっさとサプライヤー契約を受け入れろ」といったという。
[注]big boy pants/big girl panties はオムツを卆業した子供がはくパンツ。そこからもう大人らしく振る舞えとの意。

Squiller says that Apple did not ever really enter into negotiations, warning that GTAT’s managers should “not waste their time” negotiating because Apple does not negotiate with its suppliers. According to GTAT, after the company balked, Apple told GTAT that its terms are standard for other Apple suppliers and that GTAT should “put on your big boy pants and accept the agreement.”

     *     *     *

標準的な内容

アップルのハードウェアサプライヤーの多くはアジアにあるので、GTAT との契約で述べられている事項が標準的なものかどうかは判断しがたいが、アップルがサプライヤーに対して強力な支配力を持ち、ほとんどの場合その条件を牛耳っているであろうことは想像に難くない。

Because most of Apple’s hardware suppliers are based in Asia, it’s hard to tell whether the details described in the GTAT contracts with Apple are standard, but it’s not hard to believe that Apple has a lot of power over its suppliers and largely gets to dictate its terms.

     *     *     *

サプライヤーの義務

条件には次のようなものが含まれる。

Some of the terms include:

・守秘義務に違反した場合は1件につき5千万ドル(約50億円)の罰金を支払うこと
・アップルの事前の承認なしに製造工程の変更はできないが、アップルの指示には直ちに従うこと
・アップルの発注は何時いかなるものであれ受け入れること、できない場合は自己負担で代替品を購入すること

– A $50 million penalty for breach of confidentiality per occurrence.
– No manufacturing processes could be modified by GTAT without Apple’s prior consent but GTAT must immediately implement Apple’s suggestions.
– GTAT must fulfill any purchase order placed by Apple on the date selected by Apple or purchase substitute goods at GTAT’s expense.

     *     *     *

GTAT 社員をこき使わないこと

加えて、有名なアリゾナ州 Mesa 工場はアップルローンの仕組み上 GTAT の関与なしに作られたので、絶対に必要なバックアップ発電機は高価すぎるという理由で見送られたという。また Mesa 工場には「一定の権限を有する」アップルの社員が配置されていたが、GTAT 社員をこき使わないように注意する必要があった。

In addition, because of the way the loan was structured, the famous Mesa, Arizona plant was allegedly built without GTAT’s input, which resulted in the decision to forgo essential backup power generators because they were too expensive. Apple also embedded its own employees at the Mesa plant who “assumed a level of authority” and had to be reminded not to order GTAT employees around.

     *     *     *

炉を売る話から製造して納入する話へ

Squiller によれば、当初アップルは GTAT からサファイア炉を買うという話だったが、結局は別の契約をオファーした。GTAT がアップルからの借入金でサファイア炉の部品を購入し、サファイアクリスタルを製造してアップルに納入するというものだ。更にまたアップルは GTAT が他の家電メーカーないしはそのサプライヤーとビジネスを行なうことを禁じた。

Squiller said that initially Apple wanted to purchase sapphire furnaces from GTAT, but ended up offering a different deal: A new structure where GTAT borrowed money from Apple to purchase sapphire furnace components in order to supply Apple with sapphire crystal. Apple also prohibited GTAT from doing business with other manufacturers or suppliers working in consumer electronics.

     *     *     *

「典型的なおとり商法」

Squiller は宣誓供述書の中で、アップルのやり方が「典型的なおとり商法」(classic bait-and-switch strategy)そのもので、最終契約は「負担加重で非常に一方的」なものだったといっている。さらに悪いことに、アップルがサファイアクリスタルを次期製品で使用しない場合は — 現に GTAT のサファイアは iPhone 6 では使われなかった — 、GTAT は借金の全額を現金で返済する必要があった。

In his statement, Squiller called Apple’s tactics a “classic bait-and-switch strategy” and described the final agreement as “onerous and massively one-sided.” Making things worse for GTAT, if Apple decided not to use sapphire crystal in upcoming products — GTAT sapphire is not used in the iPhone 6 — GTAT would be required to fully repay the loan in cash.

     *     *     *

GTAT 側から見るかぎり、世界一のメーカーに振り回される中小サプライヤーの悲哀が浮かび上がってくるようだ。

結局このあと GTAT は改めてアップルと新しい契約を結び、新しい契約内容はまた守秘義務の壁の中に入ることになる・・・

Read Full Post »

tim-cook-in-court

アップルのサプライヤーになるのがどんな感じか — Dan Frommer のまとめが興味深い。

The court document that shows how Tim Cook does business | Quartz

     *     *     *

アップルのサプライヤー契約

Tim Cook とビジネスをするのはどんな感じだろうか? アップルが実際に結ぶ契約条件が目に触れることはめったにない。しかしアップルのサファイア製造を請け負っていた GT Advanced Technologies[GTAT]が破産したおかげでそれがたっぷり見れることになった。

What’s it like doing business with Tim Cook? It’s rare the public gets to see terms of an actual contract with Apple. But thanks to the bankruptcy case for GT Advanced Technologies—which was working on a sapphire production business with Apple that didn’t work out—here’s a good look.

     *     *     *

一方的な契約条件

アップルにとって一方的に有利な契約条件のいくつかを Philip Elmer-DeWitt[Fortune]が列挙している。パートナーシップがどんな仕掛けになっているか、競争制限条項、何よりもアップルの同意獲得が優先することなど。(破産裁判所への提訴書類の PDF はこちら。)

Fortune’s Philip Elmer-DeWitt runs through some of the supposed one-sided terms of Apple’s deal with GTAT, including how the partnership was structured, a non-compete clause, and the various things that required getting consent from Apple first. (The filing is available here as a PDF.)

特に次の条項がアップルに選ばれたサプライヤーに課せられる厳しさをつぶさに物語っている。

But this section of testimony speaks to the level of detail—and weight—of what it’s like when Apple wants to rely on you.

     *     *     *

破産裁判所へ提出された GTAT の証言

Apple Sapphire court filing

GTAT はアップルが決めた日に行なった発注を受け入れ、かつ実行しなければならない。もし如何なるものであれ遅滞が生じた場合は、GTAT は(自らの負担で)緊急配送の措置を講じるか、あるいは(自らの負担で)代替品を購入しなければならない。もし GTAT の納入が遅れた場合は、約定損害賠償金としてサファイアの1ブール当たり 32 万ドル(サファイア材質の1ミリメーター当たり 77 ドル)を支払わなければならない。この数字は1ブールが2万ドル未満であることを前提に算出されたものである。また一方アップルは GTAT に補填することなく、いつの時点においても発注の全体ないしはその一部をキャンセルでき、また如何なる期日に納入すべきか予定を変更できる権利を有する。

GTAT must accept and fulfill any purchase order placed by Apple on the date selected by Apple. If there is any delay, GTAT must either use expedited shipping (at its own cost) or purchase substitute goods (at its own cost). If GTAT’s delivery is late, GTAT must pay $320,000 per boule of sapphire (and $77 per millimeter of sapphire material) as liquidated damages to Apple. To put this figure in perspective, a boule has a cost of less than $20,000. Apple, however, has the right, without compensating GTAT, to cancel a purchase order in whole or in part at any time and reschedule a delivery date at any time.

     *     *     *

50億円の罰金

ああ、それにもうひとつ。もし守秘義務契約で守られた内容を漏らすと、5千万ドル(約50億円)の罰金があることをお忘れなく!

Oh, and if any of these NDA-sealed details leak, there’s a $50 million confidentiality penalty!

     *     *     *

GT Advanced の破産裁判関係書類が公開されたことから、はしなくもアップルとサプライヤーの関係の一端が明るみに出た。

それにしても一方的ともいえるほど強力なアップルの立場には目を見張るものある。これが Tim Cook の築いたサプライチェーンの実態なのだろう。

自社の技術がアップルに採用されたと手放しでよろこんでばかりはいられない・・・

Read Full Post »

screen-shot-2014-10-29-at-12-49-28-pm

[サファイアのブール:Fortune

アップルのサプライヤーに課せられる厳しさの一端が垣間見える・・・

Apple and GTAT: What went wrong | Fortune

On Tuesday, after three weeks of legal wrangling, Squiller filed a revised declaration that is probably as close as we’re going to get to a definitive account of where the deal went south.

In 21 pages of testimony, Squiller tells a tale of woe that says volumes about what it’s like for a small manufacturer to do business with a company as powerful and demanding as Apple.

DECLARATION OF DANIEL W. SQUILLER

Read Full Post »

Older Posts »