Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Smartphone’

P1050345-940x678

Withdrawal from Japan?: Samsung Considers Withdrawing Smartphone Business from Japan | BusinessKorea

According to industry sources on Feb. 9, Samsung is in a quandary over its struggling smartphone business in Japan. Some in the company are reportedly saying that continuing the business only causes losses rather than profits.

The Korean tech giant accounted for 4 percent of the Japanese smartphone market as of December of last year, which put the firm in 6th place. Samsung was kept out of the top 5 for two years, and its share decreased from 17 percent to 4 percent.

Read Full Post »

MIUIEs-Logo

[Xiaomi の野望:stratechery

Ben Thompson の Xiaomi[小米、シャオミ]分析が非常に刺激的で興味深い。

Xiaomi’s Ambition | stratechery by Ben Thompson

Xiaomi スマートフォンの中国のファン層が大学生や就職したばかりの若い年令層であることに Thompson は注目する。独立するまでは両親と住み、したがって可処分所得も大きい年令層だ。

xiaomi_users_hires_v1-600x457

[Xiaomi のユーザー層:Flurry

そんな若年層に「中国のアップル」と謳われる Xiaomi が大きくアピールしているというのだ。

彼らが独立して、家を構えるようになったらどうなるか、その際の購入するであろう電化製品はどうなるか、と Thompson は考える。そんな製品群を売っているのはいったい誰かと・・・

     *     *     *

ライフスタイルを売る会社

Xiaomi を理解するカギはこういうことだ。すなわち、スマートフォンを売る会社というよりライフスタイルを売る会社と理解すべきだということだ。そしてライフスタイルのカギになるのが MiUI だ。すべてを結びつける Xiaomi のソフトウェアレイヤーが MiUI なのだ。

This, then, is the key to understanding Xiaomi: they’re not so much selling smartphones as they are selling a lifestyle, and the key to that lifestyle is MiUI, Xiaomi’s software layer that ties all of these things together.

     *     *     *

すべてを Xiaomi の製品で

実際 Xiaomi は初めての「モノのインターネット」(Internet of Things)の会社だともいえる。グーグルの Nest や、アップルの HomeKit、あるいはまたサムスンの SmartThings は、ある意味(すでにほとんどの顧客が電気器具を購入済みで、当分買い換えることがないという前提で)すべてのものを接続しようとするオープンな SDK だともいえるが、それとは異なり Xiaomi はすべてを自分の手で統合しようとしており、初めて家庭用電化製品を揃えようとする Xiaomi のファン層に対し必要なものすべてを Mi.com 上で売ろうとしている。これぞまさに垂直統合戦略だ。結局アップルと同じなのだ。Xiaomi が提供しようとする製品は Gene Munster の想像をはるかに超えている。Lei Jun の語る MiUI や Mi.com といったサービスは、製品を売って、それをすべて繋ごうとするものだが、とどのつまりそのどれもが Xiaomi の製品なのだ。

In fact, you could argue that Xiaomi is actually the first “Internet of Things” company: unlike Google (Nest), Apple (HomeKit), or even Samsung (SmartThings), all of whom are offering some sort of open SDK to tie everything together (a necessity given that most of their customers already have appliances that won’t be replaced anytime soon) Xiaomi is integrating everything itself and selling everything one needs on Mi.com to a fan base primed to outfit their homes for the very first time. It’s absolutely a vertical strategy – the company is like Apple after all – it’s just that the product offering is far broader than anything even Gene Munster could imagine. The services Lei Jun talks about – MiUI and Mi.com especially – sell the products and tie them all together, but they are all Xiaomi products in the end.

     *     *     *

Ben Thompson の分析に対する MG Siegler のコメント:

The Xiaomi Lifestyle | ParisLemon

もの真似だけでは片づけられない

メディアが話題にするのはもっぱらアップルをコピーしているという点だけだが、水面下ではもっと重要なことが進行しているのではないか。どうやらサムスンがやるかに見えて、失敗してしまったことが・・・

The copying of Apple gets all the press, but there is something more interesting going on behind the scenes. Seemingly, a movement that Samsung could have potentially seized but missed out on.

     *     *     *

モノマネと一蹴するだけでは大きな変化を見逃してしまうのかもしれない・・・

Read Full Post »

B7XuCmECQAENSMp

China’s Xiaomi unveils two thinner, lighter phablets | BBC News

Chinese smartphone maker Xiaomi has unveiled two flagship phablets in Beijing on Thursday, comparing them directly with Apple’s largest iPhones.

That makes it 1.05mm thinner than the iPhone 6 Plus and 11g lighter.

Now Lei Jun mocking the iPhone 6 Plus camera bump. | Ben Thompson ‏@monkbent

Touché, Xiaomi | Daring Fireball

The Mi Note is 6.95mm thick; the iPhone 6 Plus is 7.1mm thick.

I’d wager a handsome sum the iPhone 6 Plus takes better photos than the Mi Note, but it’s rare for Apple to leave an opening like this for design mockery.

Read Full Post »

smartphone-camera

[スマートフォンのカメラ:The Verge

Vlad Savov の発言が興味深い・・・

To beat the iPhone, you have to beat the iPhone’s camera | The Verge

カメラで競うスマートフォンメーカー

アップルがモバイルデバイスの主導権を握っている背景には、最も重要な部品がサファイアクリスタルレンズだという事情がある。今日のスマートフォン市場ではあらゆるものがコモディティ化しており、素晴らしいデザインも目を見張るような薄さもありふれたものになっている。強力なプロセッサや大きなバッテリーももはや特別なものではなく、誰もが予期するものだ。顧客を新しく増やすには(そして現在の顧客を維持するためにも)、スマートフォンメーカーは自分たちが売ろうとしているのが何よりもまずスマートカメラで、それ以外はすべて二義的なものであるかのようにせざる得なくなっている。

The most critical component to Apple’s current mobile dominance lies behind that sapphire crystal lens. In today’s commoditized smartphone market, even great design and spectacular thinness are becoming commonplace. Powerful processors and large batteries are expected rather than exceptional. To win over new customers (and to keep existing ones), smartphone makers will have to act like what they are selling is actually a smart camera first and everything else second.

     *     *     *

そしてこの話を引用した Jason Snell の感想がさらに興味深い・・・

To beat the iPhone, beat the iPhone’s camera | Six Colors

新しいコミュニケーションの手段

相変わらず iPhone 6 カメラのクオリティには驚かされている。しかしティーンエイジャーの娘やその友人たちを見ているともっと驚かされる。彼女らの主たるソーシャルメディアは Instagram だ。彼女たちにとって Instagram に載せる写真を撮ることが電話を使う最大の目的なのだ。セルフィーが欲しいだけさとジョークをいうこともできる。しかしこの新世代は写真をコミュニケーションの手段にしているのだ。これってスゴいことだ!

I am constantly amazed at the quality of the iPhone 6 camera. But more than that, I see it with my teenaged daughter and her friends—their primary social-media platform is Instagram, and getting those photos is the single most important thing they do on their phones. We can joke about selfies all we want, but this is a generation that is using photography as a primary medium of communication. That’s huge.

     *     *     *

熱狂的 Taylor Swift ファン(swifties)の孫娘をみてもそのようだ。ブログより Instagram にのめり込んでいる。

未来世代が iPhone を使う目的はすでに変化しているのかもしれない・・・

Read Full Post »

Dan Rubin take photo on smartphone

[Dan Rubin のアドバイス:video

iPhone の写真撮影もここまできた・・・

theguardian.com: “How to get the best out of photo apps on your smartphone – video” by Dan Rubin, Ian Anderson and Paul Boyd: 08 May 2014

     *     *     *

iPhone ですばらしい写真を撮るためのアドバイス

How to get the best out of photo apps on your smartphone – video

Photographic Journal の総合監修者で Instagram のアーリーアダプターでもある Dan Rubin が、スマートフォンの優れた写真アプリをロンドン市内で試す。人物や場所などさまざまな写真の撮影作業が特別に準備されたアプリによって劇的に良くなること、また撮影後に使えるクールなノウハウやコツについても教える。

Dan Rubin, editor-at-large of the Photographic Journal and an early Instagram adopter, takes a tour of London to test some of the best smartphone photography apps. By shooting a variety of people and places, Dan shows how using some specially selected apps throughout your photography workflow can dramatically improve the shots you capture – and offers some cool tips and tricks of what you can do with those shots afterwards

     *     *     *

iPhone で撮影したプロ級の映像を見る機会が増えてきた。

iPhone のカメラは大きく進歩しているのに、筆者の撮る写真はつまらないといつも家族に批判される。

Dan Rubin のビデオを見ると、思わずウームと唸ってしまう。

彼が取り上げるアプリのことをもっとよく知りたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

canaccord-ranking

[米キャリアのスマートフォンランキング:chart

本当のところ iPhone 5C の売れ行きはどうなのか多くのひとが関心を抱いている。

機種毎の販売台数は企業秘密だが、米国の取り扱いキャリアでのランキングは明らかになっている。

Daniel Eran Dilger が iPhone 5S/5C が発売された昨年9月以降の Canaccord のランキングから、5C は「失敗作」どころかその正反対だといっている。

AppleInsider: “Apple’s iPhone 5c ‘failure flop’ outsold Blackberry, Windows Phone and every Android flagship in Q4” by Daniel Eran Dilger: 22 March 2014

     *     *     *

ベストセラーの iPhone 5S

激しくアップルを批判するひとたちは、もはやアップルが「十分革新的ではなくなった」と非難することで 2013 年の大半を費やした。しかし最新のハイエンド iPhone — Touch ID を備えた 64-bit の iPhone 5S — は他のどのプラットフォームのフラッグシップモデルより遥かに多くを売り上げ、世界のベストセラー端末になっている。

Apple’s fiercest critics spent most of 2013 complaining that the company wasn’t “innovative enough,” but its latest high-end iPhone, the 64-bit iPhone 5s With Touch ID, managed to outsell every other flagship smartphone on any platform, by far, becoming the world’s best selling handset.

     *     *     *

「5C 失敗作」プロパガンダ

事実アップルのハイエンド iPhone 5S は、スマートフォン購入者がより安いものを選ぶようになったと思われているにも関わらず、大きな成功を収めた。このためアップル批評家たちは iPhone 5C が「失敗した」という架空の話に飛びつかざるを得なかった。売れ行きが非常に「惨めな」 iPhone 5C は、見かけ上米国のトップキャリアの半分で成功を収めているサムスンの Galaxy S4 の売上げを上回り、発売開始の最初の月からそれ以外のすべての Android フォンを米国のトップ売上チャートから完全に駆逐してしまった。

In fact, Apple’s high-end iPhone 5s has been so remarkably successful, in spite of the supposed cheapening trend in smartphone buyers’ tastes, that Apple’s critics have been forced to pounce upon the supposed “failure” of the iPhone 5c instead; a phone that sells so “terribly” that it also outsold the ostensibly successful Samsung Galaxy S4 on half of America’s top carriers, and pushed every other Android phone out of the top U.S. sales charts entirely, from the first month it went on sale.

     *     *     *

唯一の論拠

「5C は失敗した」というプロパガンダを裏付ける最大のデータは、アップルの安い方のモデルがハイエンドモデル 5S の売上げに及ばなかったという点だ。まるでアップルが 100 ドル安い 5C の方を売りたがっていると言わんばかりに・・・

The primary data point supporting the “5c Failure” propaganda campaign is that the cheaper model hasn’t been able to outsell Apple’s top of the line 5s, as if Apple would prefer to sell the 5c and collect at least $100 less per sale.

     *     *     *

相対的な比率に過ぎない

iPhone 5C に対する批判はどれもすべて 5S 対 5C という機種の相対的組み合わせ(model mix)に集中していることに注目すべきだ。Android や Windows フォンメーカーだったらまったく話題にならないものだ。そもそもどのメーカーも販売機種の価格帯別売上げの詳しい数字は出していない。販売台数の全体の数字すら公表しているメーカーはほとんどいない。

Note that the war on iPhone 5c focuses entirely upon Apple’s smartphone model mix, a topic that has never raised any interest among any Android or Windows Phone smartphone makers, none of whom detail the unit sales of each price tier in the phones they sell. Few smartphone makers even provide an official figure for the overall numbers of units they sell.

     *     *     *

現実から目をそらすための目くらまし

アップル機種の組み合わせに対する懸念を大きく取り上げるのは現実から目をそらすためのものだ。アップルがプレミアムスマートフォン市場で主導権を握っている現実が明らかになるにつれてその激しさが増している。プレミアムスマートフォンにおけるシェアは中国では 80% 以上、日本では 76%、米国では 45% に達している。

Grave concerns about Apple’s product mix were raised as a distraction from reality, and continue to grow in their fevered pitch as the reality of Apple’s leading market position in premium smartphones becomes more evident, from taking 80 percent of premium phone sales in China to 76 percent of all smartphones in Japan and 45 percent of all smartphones sold in the United States.

     *     *     *

真っ赤なウソ

iPhone 5S と並ぶ世界で2番目に人気のあるスマートフォンを「失敗作」と呼ぶのは、過激などころか、真っ赤なウソだ。

[…] calling the world’s second most popular smartphone behind iPhone 5s a “flop” isn’t just a radical opinion, it’s a lie.

     *     *     *

気になっていた iPhone 5C の売上げについて正面から取り上げた記事。

ほんとに売れていないのか、それとも相対的に売れ行きが及ばないだけか — たしかに微妙なところではある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Benedict Evans の論考がたいへん興味深い・・・

Benedict Evans: “Smartphone market share is not a metric” by Benedict Evans: 28 January 2014

     *     *     *

スマートフォンのマーケットシェアは物差しではない。

Smartphone market share is not a metric

本論は数学に関するものでもないのと同様、テクノロジー業界に関するものでもない。いやあるいはそうかも知れない。まずは3つのチャート。

This isn’t really a post about the tech industry so much as one about maths. Or, perhaps, three charts.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.34.37 pm

[世界のスマートフォン販売台数に占める iPhone のシェア:chart

最初のチャートは、世界のスマートフォン販売台数に占めるアップルのシェア。フラットで、伸び悩み、ハッキリいえば滑り落ちている。そうだろう?

The first shows Apple’s share of global smartphone unit sales. Flat, stagnant and, to be honest, slipping. Right?

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.34.47 pm

[世界のモバイルフォーン販売台数に占める iPhone のシェア:chart

ふむふむ。では同じ数字を、こんどは世界のモバイルフォーン販売台数に占める割合で見てみよう。

Hmm. Now look at the same numbers, this time shown as a percentage of global mobile phone unit sales.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.30.22 pm

[iPhone 販売台数(実数):chart

ふむふむ。じゃあ、こんどは販売台数の実数だ。

Hmm. Now, actual unit sales.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.41.20 pm

[世界の Android および iPhone の販売台数(実数):chart

それに Android を加えてみると・・・

Now, let’s add Android to this.

     *     *     *

トヨタの例で考えると

かつてはスマートフォンのマーケットシェアを云々することが有意義で、重要な物差しだったときがあった。そんなときはもう過ぎた。これは米国における日本車の販売台数に占めるトヨタのシェアを語るのと似ている。なにがしかのことを語り、過去には非常に有用だったが、もはやそうではなくなった。

There was a point in time where talking about share of smartphone sales was a meaningful and important metric. That time has passed. It’s rather like talking about Toyota’s share of sales of Japanese cars in the USA: it tells you something, and was very useful in the past, but not any more.

     *     *     *

もはやスマートフォンのシェアだけでは不十分

アップルの将来については多くの問題があり、これらのチャートはそれぞれ異なった事柄について多くのことを — たとえば販売の伸びが明らかに減ってきていることを — 物語っている。しかし「スマートフォンのシェア」というだけではこれらの問題を考える有用な方法にはならないのだ。

There are lots of issues and questions about Apple’s future, and lots of different things going on in those charts, including a clear decline in the growth of sales. But ‘smartphone share’ is not a helpful way to think about those questions.

     *     *     *

日本車に対するトヨタの割合か、全車両に対する割合かという例がよく言い得ている。

たしかに iPhone が発表された時点ではスマートフォンとモバイルフォンは別だったかもしれないが、いずれモバイルフォンはすべてスマートフォンになる。

また先進国市場ではスマートフォンが飽和状態に近づき、新興国市場ではモバイルフォンとの競合関係も考えざるを得なくなってきたとき、比較すべきはどちらだろうか?

さらにはアンドロイドとの競合関係を考えるときに比較すべきはどちらだろうか?

Benedict Evans のチャートはひじょうに明快にその疑問を投げかけてくる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »