Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Smartphone’

P1050345-940x678

Withdrawal from Japan?: Samsung Considers Withdrawing Smartphone Business from Japan | BusinessKorea

According to industry sources on Feb. 9, Samsung is in a quandary over its struggling smartphone business in Japan. Some in the company are reportedly saying that continuing the business only causes losses rather than profits.

The Korean tech giant accounted for 4 percent of the Japanese smartphone market as of December of last year, which put the firm in 6th place. Samsung was kept out of the top 5 for two years, and its share decreased from 17 percent to 4 percent.

Read Full Post »

MIUIEs-Logo

[Xiaomi の野望:stratechery

Ben Thompson の Xiaomi[小米、シャオミ]分析が非常に刺激的で興味深い。

Xiaomi’s Ambition | stratechery by Ben Thompson

Xiaomi スマートフォンの中国のファン層が大学生や就職したばかりの若い年令層であることに Thompson は注目する。独立するまでは両親と住み、したがって可処分所得も大きい年令層だ。

xiaomi_users_hires_v1-600x457

[Xiaomi のユーザー層:Flurry

そんな若年層に「中国のアップル」と謳われる Xiaomi が大きくアピールしているというのだ。

彼らが独立して、家を構えるようになったらどうなるか、その際の購入するであろう電化製品はどうなるか、と Thompson は考える。そんな製品群を売っているのはいったい誰かと・・・

     *     *     *

ライフスタイルを売る会社

Xiaomi を理解するカギはこういうことだ。すなわち、スマートフォンを売る会社というよりライフスタイルを売る会社と理解すべきだということだ。そしてライフスタイルのカギになるのが MiUI だ。すべてを結びつける Xiaomi のソフトウェアレイヤーが MiUI なのだ。

This, then, is the key to understanding Xiaomi: they’re not so much selling smartphones as they are selling a lifestyle, and the key to that lifestyle is MiUI, Xiaomi’s software layer that ties all of these things together.

     *     *     *

すべてを Xiaomi の製品で

実際 Xiaomi は初めての「モノのインターネット」(Internet of Things)の会社だともいえる。グーグルの Nest や、アップルの HomeKit、あるいはまたサムスンの SmartThings は、ある意味(すでにほとんどの顧客が電気器具を購入済みで、当分買い換えることがないという前提で)すべてのものを接続しようとするオープンな SDK だともいえるが、それとは異なり Xiaomi はすべてを自分の手で統合しようとしており、初めて家庭用電化製品を揃えようとする Xiaomi のファン層に対し必要なものすべてを Mi.com 上で売ろうとしている。これぞまさに垂直統合戦略だ。結局アップルと同じなのだ。Xiaomi が提供しようとする製品は Gene Munster の想像をはるかに超えている。Lei Jun の語る MiUI や Mi.com といったサービスは、製品を売って、それをすべて繋ごうとするものだが、とどのつまりそのどれもが Xiaomi の製品なのだ。

In fact, you could argue that Xiaomi is actually the first “Internet of Things” company: unlike Google (Nest), Apple (HomeKit), or even Samsung (SmartThings), all of whom are offering some sort of open SDK to tie everything together (a necessity given that most of their customers already have appliances that won’t be replaced anytime soon) Xiaomi is integrating everything itself and selling everything one needs on Mi.com to a fan base primed to outfit their homes for the very first time. It’s absolutely a vertical strategy – the company is like Apple after all – it’s just that the product offering is far broader than anything even Gene Munster could imagine. The services Lei Jun talks about – MiUI and Mi.com especially – sell the products and tie them all together, but they are all Xiaomi products in the end.

     *     *     *

Ben Thompson の分析に対する MG Siegler のコメント:

The Xiaomi Lifestyle | ParisLemon

もの真似だけでは片づけられない

メディアが話題にするのはもっぱらアップルをコピーしているという点だけだが、水面下ではもっと重要なことが進行しているのではないか。どうやらサムスンがやるかに見えて、失敗してしまったことが・・・

The copying of Apple gets all the press, but there is something more interesting going on behind the scenes. Seemingly, a movement that Samsung could have potentially seized but missed out on.

     *     *     *

モノマネと一蹴するだけでは大きな変化を見逃してしまうのかもしれない・・・

Read Full Post »

B7XuCmECQAENSMp

China’s Xiaomi unveils two thinner, lighter phablets | BBC News

Chinese smartphone maker Xiaomi has unveiled two flagship phablets in Beijing on Thursday, comparing them directly with Apple’s largest iPhones.

That makes it 1.05mm thinner than the iPhone 6 Plus and 11g lighter.

Now Lei Jun mocking the iPhone 6 Plus camera bump. | Ben Thompson ‏@monkbent

Touché, Xiaomi | Daring Fireball

The Mi Note is 6.95mm thick; the iPhone 6 Plus is 7.1mm thick.

I’d wager a handsome sum the iPhone 6 Plus takes better photos than the Mi Note, but it’s rare for Apple to leave an opening like this for design mockery.

Read Full Post »

smartphone-camera

[スマートフォンのカメラ:The Verge

Vlad Savov の発言が興味深い・・・

To beat the iPhone, you have to beat the iPhone’s camera | The Verge

カメラで競うスマートフォンメーカー

アップルがモバイルデバイスの主導権を握っている背景には、最も重要な部品がサファイアクリスタルレンズだという事情がある。今日のスマートフォン市場ではあらゆるものがコモディティ化しており、素晴らしいデザインも目を見張るような薄さもありふれたものになっている。強力なプロセッサや大きなバッテリーももはや特別なものではなく、誰もが予期するものだ。顧客を新しく増やすには(そして現在の顧客を維持するためにも)、スマートフォンメーカーは自分たちが売ろうとしているのが何よりもまずスマートカメラで、それ以外はすべて二義的なものであるかのようにせざる得なくなっている。

The most critical component to Apple’s current mobile dominance lies behind that sapphire crystal lens. In today’s commoditized smartphone market, even great design and spectacular thinness are becoming commonplace. Powerful processors and large batteries are expected rather than exceptional. To win over new customers (and to keep existing ones), smartphone makers will have to act like what they are selling is actually a smart camera first and everything else second.

     *     *     *

そしてこの話を引用した Jason Snell の感想がさらに興味深い・・・

To beat the iPhone, beat the iPhone’s camera | Six Colors

新しいコミュニケーションの手段

相変わらず iPhone 6 カメラのクオリティには驚かされている。しかしティーンエイジャーの娘やその友人たちを見ているともっと驚かされる。彼女らの主たるソーシャルメディアは Instagram だ。彼女たちにとって Instagram に載せる写真を撮ることが電話を使う最大の目的なのだ。セルフィーが欲しいだけさとジョークをいうこともできる。しかしこの新世代は写真をコミュニケーションの手段にしているのだ。これってスゴいことだ!

I am constantly amazed at the quality of the iPhone 6 camera. But more than that, I see it with my teenaged daughter and her friends—their primary social-media platform is Instagram, and getting those photos is the single most important thing they do on their phones. We can joke about selfies all we want, but this is a generation that is using photography as a primary medium of communication. That’s huge.

     *     *     *

熱狂的 Taylor Swift ファン(swifties)の孫娘をみてもそのようだ。ブログより Instagram にのめり込んでいる。

未来世代が iPhone を使う目的はすでに変化しているのかもしれない・・・

Read Full Post »

Dan Rubin take photo on smartphone

[Dan Rubin のアドバイス:video

iPhone の写真撮影もここまできた・・・

theguardian.com: “How to get the best out of photo apps on your smartphone – video” by Dan Rubin, Ian Anderson and Paul Boyd: 08 May 2014

     *     *     *

iPhone ですばらしい写真を撮るためのアドバイス

How to get the best out of photo apps on your smartphone – video

Photographic Journal の総合監修者で Instagram のアーリーアダプターでもある Dan Rubin が、スマートフォンの優れた写真アプリをロンドン市内で試す。人物や場所などさまざまな写真の撮影作業が特別に準備されたアプリによって劇的に良くなること、また撮影後に使えるクールなノウハウやコツについても教える。

Dan Rubin, editor-at-large of the Photographic Journal and an early Instagram adopter, takes a tour of London to test some of the best smartphone photography apps. By shooting a variety of people and places, Dan shows how using some specially selected apps throughout your photography workflow can dramatically improve the shots you capture – and offers some cool tips and tricks of what you can do with those shots afterwards

     *     *     *

iPhone で撮影したプロ級の映像を見る機会が増えてきた。

iPhone のカメラは大きく進歩しているのに、筆者の撮る写真はつまらないといつも家族に批判される。

Dan Rubin のビデオを見ると、思わずウームと唸ってしまう。

彼が取り上げるアプリのことをもっとよく知りたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

canaccord-ranking

[米キャリアのスマートフォンランキング:chart

本当のところ iPhone 5C の売れ行きはどうなのか多くのひとが関心を抱いている。

機種毎の販売台数は企業秘密だが、米国の取り扱いキャリアでのランキングは明らかになっている。

Daniel Eran Dilger が iPhone 5S/5C が発売された昨年9月以降の Canaccord のランキングから、5C は「失敗作」どころかその正反対だといっている。

AppleInsider: “Apple’s iPhone 5c ‘failure flop’ outsold Blackberry, Windows Phone and every Android flagship in Q4” by Daniel Eran Dilger: 22 March 2014

     *     *     *

ベストセラーの iPhone 5S

激しくアップルを批判するひとたちは、もはやアップルが「十分革新的ではなくなった」と非難することで 2013 年の大半を費やした。しかし最新のハイエンド iPhone — Touch ID を備えた 64-bit の iPhone 5S — は他のどのプラットフォームのフラッグシップモデルより遥かに多くを売り上げ、世界のベストセラー端末になっている。

Apple’s fiercest critics spent most of 2013 complaining that the company wasn’t “innovative enough,” but its latest high-end iPhone, the 64-bit iPhone 5s With Touch ID, managed to outsell every other flagship smartphone on any platform, by far, becoming the world’s best selling handset.

     *     *     *

「5C 失敗作」プロパガンダ

事実アップルのハイエンド iPhone 5S は、スマートフォン購入者がより安いものを選ぶようになったと思われているにも関わらず、大きな成功を収めた。このためアップル批評家たちは iPhone 5C が「失敗した」という架空の話に飛びつかざるを得なかった。売れ行きが非常に「惨めな」 iPhone 5C は、見かけ上米国のトップキャリアの半分で成功を収めているサムスンの Galaxy S4 の売上げを上回り、発売開始の最初の月からそれ以外のすべての Android フォンを米国のトップ売上チャートから完全に駆逐してしまった。

In fact, Apple’s high-end iPhone 5s has been so remarkably successful, in spite of the supposed cheapening trend in smartphone buyers’ tastes, that Apple’s critics have been forced to pounce upon the supposed “failure” of the iPhone 5c instead; a phone that sells so “terribly” that it also outsold the ostensibly successful Samsung Galaxy S4 on half of America’s top carriers, and pushed every other Android phone out of the top U.S. sales charts entirely, from the first month it went on sale.

     *     *     *

唯一の論拠

「5C は失敗した」というプロパガンダを裏付ける最大のデータは、アップルの安い方のモデルがハイエンドモデル 5S の売上げに及ばなかったという点だ。まるでアップルが 100 ドル安い 5C の方を売りたがっていると言わんばかりに・・・

The primary data point supporting the “5c Failure” propaganda campaign is that the cheaper model hasn’t been able to outsell Apple’s top of the line 5s, as if Apple would prefer to sell the 5c and collect at least $100 less per sale.

     *     *     *

相対的な比率に過ぎない

iPhone 5C に対する批判はどれもすべて 5S 対 5C という機種の相対的組み合わせ(model mix)に集中していることに注目すべきだ。Android や Windows フォンメーカーだったらまったく話題にならないものだ。そもそもどのメーカーも販売機種の価格帯別売上げの詳しい数字は出していない。販売台数の全体の数字すら公表しているメーカーはほとんどいない。

Note that the war on iPhone 5c focuses entirely upon Apple’s smartphone model mix, a topic that has never raised any interest among any Android or Windows Phone smartphone makers, none of whom detail the unit sales of each price tier in the phones they sell. Few smartphone makers even provide an official figure for the overall numbers of units they sell.

     *     *     *

現実から目をそらすための目くらまし

アップル機種の組み合わせに対する懸念を大きく取り上げるのは現実から目をそらすためのものだ。アップルがプレミアムスマートフォン市場で主導権を握っている現実が明らかになるにつれてその激しさが増している。プレミアムスマートフォンにおけるシェアは中国では 80% 以上、日本では 76%、米国では 45% に達している。

Grave concerns about Apple’s product mix were raised as a distraction from reality, and continue to grow in their fevered pitch as the reality of Apple’s leading market position in premium smartphones becomes more evident, from taking 80 percent of premium phone sales in China to 76 percent of all smartphones in Japan and 45 percent of all smartphones sold in the United States.

     *     *     *

真っ赤なウソ

iPhone 5S と並ぶ世界で2番目に人気のあるスマートフォンを「失敗作」と呼ぶのは、過激などころか、真っ赤なウソだ。

[…] calling the world’s second most popular smartphone behind iPhone 5s a “flop” isn’t just a radical opinion, it’s a lie.

     *     *     *

気になっていた iPhone 5C の売上げについて正面から取り上げた記事。

ほんとに売れていないのか、それとも相対的に売れ行きが及ばないだけか — たしかに微妙なところではある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Benedict Evans の論考がたいへん興味深い・・・

Benedict Evans: “Smartphone market share is not a metric” by Benedict Evans: 28 January 2014

     *     *     *

スマートフォンのマーケットシェアは物差しではない。

Smartphone market share is not a metric

本論は数学に関するものでもないのと同様、テクノロジー業界に関するものでもない。いやあるいはそうかも知れない。まずは3つのチャート。

This isn’t really a post about the tech industry so much as one about maths. Or, perhaps, three charts.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.34.37 pm

[世界のスマートフォン販売台数に占める iPhone のシェア:chart

最初のチャートは、世界のスマートフォン販売台数に占めるアップルのシェア。フラットで、伸び悩み、ハッキリいえば滑り落ちている。そうだろう?

The first shows Apple’s share of global smartphone unit sales. Flat, stagnant and, to be honest, slipping. Right?

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.34.47 pm

[世界のモバイルフォーン販売台数に占める iPhone のシェア:chart

ふむふむ。では同じ数字を、こんどは世界のモバイルフォーン販売台数に占める割合で見てみよう。

Hmm. Now look at the same numbers, this time shown as a percentage of global mobile phone unit sales.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.30.22 pm

[iPhone 販売台数(実数):chart

ふむふむ。じゃあ、こんどは販売台数の実数だ。

Hmm. Now, actual unit sales.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.41.20 pm

[世界の Android および iPhone の販売台数(実数):chart

それに Android を加えてみると・・・

Now, let’s add Android to this.

     *     *     *

トヨタの例で考えると

かつてはスマートフォンのマーケットシェアを云々することが有意義で、重要な物差しだったときがあった。そんなときはもう過ぎた。これは米国における日本車の販売台数に占めるトヨタのシェアを語るのと似ている。なにがしかのことを語り、過去には非常に有用だったが、もはやそうではなくなった。

There was a point in time where talking about share of smartphone sales was a meaningful and important metric. That time has passed. It’s rather like talking about Toyota’s share of sales of Japanese cars in the USA: it tells you something, and was very useful in the past, but not any more.

     *     *     *

もはやスマートフォンのシェアだけでは不十分

アップルの将来については多くの問題があり、これらのチャートはそれぞれ異なった事柄について多くのことを — たとえば販売の伸びが明らかに減ってきていることを — 物語っている。しかし「スマートフォンのシェア」というだけではこれらの問題を考える有用な方法にはならないのだ。

There are lots of issues and questions about Apple’s future, and lots of different things going on in those charts, including a clear decline in the growth of sales. But ‘smartphone share’ is not a helpful way to think about those questions.

     *     *     *

日本車に対するトヨタの割合か、全車両に対する割合かという例がよく言い得ている。

たしかに iPhone が発表された時点ではスマートフォンとモバイルフォンは別だったかもしれないが、いずれモバイルフォンはすべてスマートフォンになる。

また先進国市場ではスマートフォンが飽和状態に近づき、新興国市場ではモバイルフォンとの競合関係も考えざるを得なくなってきたとき、比較すべきはどちらだろうか?

さらにはアンドロイドとの競合関係を考えるときに比較すべきはどちらだろうか?

Benedict Evans のチャートはひじょうに明快にその疑問を投げかけてくる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

traced-localytics-us-overview

使われる時間帯

ちょっと興味深い結果・・・

Quartz: “When people use their smartphones and tablets, in charts” by Ritchie King: 14 October 2013

     *     *     *

外出中?

モバイル機器であるスマートフォンやタブレットがいちばん使われるのは当然外出中と思うだろう。午前中の通勤時、日中なら勤務中。夕方は家でテレビを見たりコンピュータに向かうからあまり使われないだろうと。

You might think people use their smartphones and tablets most when they’re out of the house: in the morning on their commute, or during the day at work. Probably not in the evening, when they’re at home with their TVs and computers.

     *     *     *

とんでもない

とんでもない。PandoDaily が最初に報じた冒頭のチャートを見て欲しい。アプリの使用状況を分析する会社 Localytics のデータを使って作成されたもの。それによれば米国ではモバイル機器がいちばん使われるのは夜9時だという。

This is exactly wrong. The chart above, first reported by PandoDaily and built from data collected by Localytics, an analytics company that focuses on app usage, shows that, in the US, people use their mobile devices the most at 9 p.m.

     *     *     *

traced-localytics-us-by-app

アプリやコンテンツによっても・・・

アプリによっても異なる

これはアプリ開発者やコンテンツクリエーターにとってはどういう意味を持つだろうか? どんなアプリやコンテンツを作るかにもよる。ビデオ、ゲーム、ソーシャルメディアアプリがよく使われるのは夕方だが、ニュースアプリなら午前7時にピークを迎える。

What does this mean for app developers and content creators? Depends on what you make. Videos, games, and social media apps are popular to use in the evenings, while news apps see their biggest spike around 7 a.m.

     *     *     *

traced-localytics-countries

国によっても・・・

どの国でもほぼ同じ

夕方に最大のピークを迎えるという傾向は他の国でも同じだ。日中の使われ方は国によって少しずつ異なるけれども。

The general pattern of evening peaks also holds in other countries, though the profile throughout the day looks slightly different.

     *     *     *

日本での使われ方はどうだろうか?

ほとんど外出できない筆者の場合、iPhone を使うのは専らベッドでのブラウジングに限られるけれど・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Apple vs. HTC:image

なぜ次からつぎへとスマートフォンを出す必要があるのかと Chris Ziegler がいっている。

The Verge: “A good smartphone comes but once a year” by Chris Ziegler: 23 December 2011

     *     *     *

アップル対 HTC

図で示すと私のいいたいことがよく分かってもらえると思う。アップルと HTC が出した電話を 2010 年から時系列で並べてみた。[冒頭画像]

I think the best way to demonstrate what I’m talking about is with a graphic. Here, we’re taking a look at Apple’s phone releases versus HTC’s since the start of 2010, plotted over time:

これで HTC の電話すべてではない。Windows Phone、Brew MP 製品、それに地域やキャリア限定モデルのいくつかは除いてある。もちろん特段目新しいことをいっているわけではない。アップルが年に一度しか電話をリリースしないことは誰でも知っている。他のメーカーが倦むことなく何ダースもの電話をせっせとリリースしていることも知っている。— しかし図示してみて如何にすごいことか合点が行った。

And this isn’t even every HTC, I’ve left out the Windows Phone and Brew MP products plus a few regional and carrier-specific variants. Clearly, I’m not revealing anything new here — we all know that Apple releases one phone a year while other manufacturers tirelessly pump out dozens — but it really hit home for me just how wild this difference was once I could visualize it.

     *     *     *

顧客を疎外する

誤解してほしくないのだが、これだけたくさんのものをこれだけのペースでリリースしサポートするのに要するエンジニアリングやマーケィングの量は容易ならざるものだ。HTC にしろ、サムスンあるいは他のメーカーにしろ、どうやって現在のようなペースで持続的に技術革新を継続できるのか私には分からない。気の遠くなりそうな話だ。テクノロジーナードやビジネスナードにとってはスゴいことかもしれないが、一般消費者にとっては混乱するだけの話だ。

Don’t get me wrong, the amount of continuous engineering and marketing required to release and support devices at this kind of pace is humbling. I don’t know how HTC, Samsung, or anyone else in this business is able to sustain the pace of iterative innovation that we’re seeing right now — it boggles the mind. But as impressive as it might be to technology and business process nerds, it’s just as upsetting to the average consumer.

なぜか?

Why?

一番いい顧客が敬遠してしまうからだ。

You alienate your best customers. […]

     *     *     *

Chris Ziegler は最後をつぎのように結んでいる。

アップデートは年に一度でいい

簡単なことだ。作るのは大きなハイエンドデバイス、小さなバリューデバイス、それに QWERTY デバイスだけ。あとフォームファクタが特別なものをひとつないし二つ加えてもいい。それだけだ。アップデートは年に一度にして、名前は変えないで同じままにする。

It’s simple: make a large high-end device, a smaller value device, and a QWERTY device. Maybe one or two other specialty form factors, tops. That’s it. Update them once a year, and keep the names the same.

どうせ名前の数は底をついてしまうのだから・・・

Goodness knows you’re running out of names, anyway.

     *     *     *

たしかに図で見ると大きなインパクトがある。

HTC だけでなく他の Android フォンメーカーも全部並べたらスゴいことになりそうだ。

そこに投入されるエネルギーは膨大なものだろう。もはやフラグメンテーションだけが問題ではない。

これだけ選択肢の多いことが果たして消費者にとっていいことなのかどうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Flash は死んだか:image

Flash の凋落(ちょうらく)について Michael Mace が注目すべき分析をしている。

日本もそれに手を貸したのだという・・・

Mobile Opportunity: “Lessons From the Failure of Flash: Greed Kills” by Michael Mace: 11 November 2011

     *     *     *

【Flash の歴史を簡単にいえば】

A quick, oversimplified history of Flash

標準かカネか

ソフトウェアの世界では、標準として広く行き渡らせるか、それともカネを儲けるかというせめぎ合いが付きものだ。優れたソフト技術を手にしていても、タダで渡してしまえば、広く採用されても、財政的には破綻してしまう。かといって、技術の代金を求めれば、ビジネスは成り立っても、標準として広く行き渡らせるのは難しい。なぜならずっと払い続けなければならないものを標準にしたいとは誰も思わないからだ。

In the software world, there is an inherent conflict between setting a broad standard and making money. If you have good software technology and you’re willing to give it away, you can get people to adopt it very broadly, but you will go broke in the process. On the other hand, if you charge money for your technology, you can stay in business, but it’s very hard to get it broadly adopted as a standard because people don’t want to lock themselves into paying you.

     *     *     *

無料配布された Flash プレーヤ

Flash の場合、プレーヤソフトはネット上で無料配布された。当時 Flash を所有していた Macromedia は、Flash コンテンツの開発ツールを売ることで収益を得ていた。ウェブ初期の時代、無料の Flash プレーヤには2つの役目があった。ビデオ再生にはかなり便利なソフトだったので、多くのビデオストリーミングサイトが採用した。また Flash は芸術的に洗練されたウェブサイトの作成に好んで使われた。オンラインゲームというサブカルチャーの世界でもそうだった。ブラウザには Flash プレーヤをインストールすべきとみなが考えるようになった時点で Flash は重大な分岐点にさしかかった。Flash は事実上のウェブ標準となったのだ。

In the case of Flash, the player software was given away for free on the web, and Macromedia (the owner of Flash at the time) made its money by selling Flash content development tools. The free Flash player took on two roles in the early days of the web: It was a fairly efficient way to play video (and so it was heavily adopted by video streaming sites), and it became the preferred way to create artistically-sophisticated websites, including an active subculture of online gaming. Flash reached a point of critical mass where most people felt they just had to have the player installed in their browser. It became a de facto standard on the web.

     *     *     *

【金持ち日本株式会社の登場】

Enter Japan Inc., carrying cash.

ドコモの iMode フォン

かくて金持ち日本株式会社の登場だ。モバイルデバイスの登場が Flash をめぐる状況を一変させた。現在の高度のウェブブラウザを備えたスマートフォンが登場するずっと以前、日本がモバイルフォンの技術革新の中心だった。圧倒的支配力を誇っていたのは独自仕様の iMode プラットフォームを持つ NTT ドコモだった。ドコモは iMode フォンのマルチメディア体験をより魅力的なものにしたいと考えた。そこで 2003 年初頭に Flash Lite のライセンス契約を Macromedia と結んだ。かくてモバイル版の Flash が iMode フォンに搭載された

The rise of mobile devices changed the situation for Flash. Long before today’s smartphones, with their sophisticated web browsers, Japan was the center of mobile phone innovation, and the dominant player there was NTT DoCoMo, with its proprietary iMode phone platform. The folks at DoCoMo wanted to create more compelling multimedia experiences for their iMode phones, and so in early 2003 they licensed Macromedia’s Flash Lite, the mobile version of Flash, for inclusion in iMode phones (link).

     *     *     *

一挙両得

ドコモとの契約は Macromedia にとって大きな突破口だった。タダで配った PC のクライアントの場合と違って Flash プレーヤからカネとり、すべてのユーザーに強制的に持たせ、しかも開発ツールでカネを稼ぐことが出来たのだ。Macromedia としては一挙両得というわけ。2004 年末には、iMode 契約は世界規模へと更改された。Macromedia が世界制覇の夢を見たのは間違いないと思う。

The deal was a breakthrough for Macromedia. Instead of giving away the flash client, the way it had on the PC, Macromedia could charge for the client, have it forced into the hands of every user, and continue to also make money selling development tools. The company had found a way to have its cake and eat it too! In late 2004, the iMode deal was extended worldwide (link), and I’m sure Macromedia had visions of global domination.

     *     *     *

成功体験の罠

残念なことに日本は特異な電話市場、ドコモも特異なオペレータだった。ドコモの契約を iMode 以外のプラットフォームに広げるのはムリだった。Macromedia、そして後には Adobe は、自らの成功の罠に落ちた。Flash Lite をモバイル標準にするためには、プレーヤをタダで配布し、ドコモとの儲け話を諦める必要があった。しかし一旦プレーヤのライセンスから収益を上げる事業部門を作ってしまうと、タダでプレーヤを配布するのは利益の喪失と多くの首切りを意味した。Macromedia は利益を選択し、Flash Lite がモバイル標準となることは決してなかった。

Unfortunately for Flash, Japan is a unique phone market, and DoCoMo is a unique operator. The DoCoMo deal could not be duplicated on most phone platforms other than iMode. Macromedia, and later Adobe, was now trapped by its own success. To make Flash Lite a standard in mobile, it would have needed to give away the player, undercutting its lucrative DoCoMo deal. When you have a whole business unit focused on making money from licensing the player, giving it away would mean missing revenue projections and laying off a lot of people. Macromedia chose the revenue, and Flash Lite never became a mobile standard.

     *     *     *

墓穴を掘る

気付かぬうちに Macromedia は Flash ビジネスモデルそのものの墓穴を掘った。モバイルの人気が出れば出るほど、その分 Flash は弱くなっていった。

Without fully realizing it, Macromedia had undermined the business model for Flash itself. The more popular mobile became, the weaker Flash would be.

     *     *     *

【スマートフォンの時代】

iPhone に不意をつかれる

かくて現代のスマートフォンの時代となる。モバイルウェブブラウジングが実用化された 2007 年の iPhone 他のスマートフォンの時代に時計を進めよう。Flash の所有者はアドビに変わったが、アドビはまったく不意をつかれた。Flash Lite をタダで配っても、限定的な機能しかなく、PC Flash のフル体験は提供できない。一方、PC のためにフル機能を備えた Flash プレーヤも作られていたが、スマートフォンで動かすには重すぎた。そのためウェブのフル体験はアドビの手の届かないものになってしまった。アドビ自身が Flash をユビキタスな標準にすることができなかったのだ。

Enter the modern smartphone. Jump forward to 2007, when the iPhone and other modern smartphones made full mobile web browsing practical. Adobe, by now the owner of Flash, was completely unprepared to respond. Even if it started giving away Flash Lite, the player had been designed for limited-function feature phones and could not duplicate the full PC Flash experience. Meanwhile, the full Flash player had been designed for PCs; it was too fat to run well on a smartphone. So the full web had moved to a place where Adobe could not follow. The ubiquity of the Flash standard was broken by Adobe itself.

     *     *     *

お粗末なほど遅い AIR

悪いことに、ちょうどアドビは Apollo プロジェクト(後に AIR と改名)を進めている最中で、モバイルデバイスのために Flash を完全な機能を備えたプログラミングレイヤーにアップグレードしようとしていた。AIR の目的とするところは Flash をアドビ OS から切り離して無関係なものにすることだった。当時、私はこのアドビの戦略はとても素晴らしいと思った。しかし実際に出来上がったものはひどく遅い代物だった。

To make things worse, Adobe was by then in the midst of a strategy to upgrade Flash into a full programming layer for mobile devices, a project called Apollo (later renamed AIR). The promise of AIR was to make all operating systems irrelevant by separating them from their applications. At the time, I thought Adobe’s strategy was very clever (link), but the implementation turned out to be woefully slow.

     *     *     *

モバイル Flash を潰したい

結局アドビがやったのはこういうことだ。モバイルのフルブラウジング移行について判断ミスを犯し、モバイルブラウザが Flash を表示できなくてもユーザーはやっていけると証明してしまったことだ。さらに、モバイルプラットフォームを支配したいという意図を明らかにしたため、アドビが他のプラットフォーム企業、とくにアップルに対して脅威を与えてしまった。モバイル Flash を潰したいというインセンティブと機会を彼らに与えてしまったのだ。

So here’s what Adobe did to itself: By mismanaging the move to full mobile browsing, it demonstrated that customers were willing to live with a mobile browser that could not display Flash. Then, by declaring its intent to take over the mobile platform world, Adobe alarmed the other platform companies, especially Apple. This gave them both the opportunity and the incentive to crush mobile Flash.

事実彼らはそうしたのだった。

Which is exactly what they did.

     *     *     *

【教訓:貪欲になるなかれ】

The lesson: Don’t be greedy

PDF と同じやり方をしていたら

この経験からいくつかの教訓を汲み取ることができる。第1の教訓は、無償の標準が確立した後にカネを取ろうとすれば、ビジネス全体がリスクに曝されるということだ。アドビが確立したもうひとつの標準である PDF と Flash の経験を比べてみよう。PDF については Flash と違って、PDF 標準に対するコントロールをアドビはつぎつぎに諦めてきた。その結果ライバルでも簡単に自社製 PDF ライターを作れるようになった。事実マイクロソフトは Windows Office にバンドルしてしまったほどだ。ウェブコミュニティの PDF に対する広範な敵意にも関わらず、結局はコンピュータの事実上の業界標準となった。アドビにとって PDF リーダーから直接収益を上げる術はなくなったが、Acrobat PDF の管理および作成ビジネスは未だに収益を上げ続けている。

There are a couple of lessons from this experience. The first is that when you’ve established a free standard, charging money for it puts your whole business at risk. Contrast the Flash experience to PDF, another standard Adobe established. Unlike Flash, Adobe progressively gave up more and more control over the PDF standard, to the point where competitors can easily create their own PDF writers, and in fact Microsoft bundles one with Windows Office. Despite the web community’s broad hostility for PDF, it continues to be a de facto standard in computing. There is no possible way for Adobe to make money directly from the PDF reader, but its Acrobat PDF management and generation business continues to bring in revenue.

     *     *     *

カネ儲けの組織を作るな

第2の教訓は、ビジネスための組織は戦略と一致するものでなければならないということだ。Macromedia がモバイル Flash のために事業部門を設けたことは決定的な間違いだった。Macromedia を買収したアドビもまた別個の事業部門を設けるという過ちを継続して犯した。かかる組織を設けたことによってモバイル Flash チームはプレーヤから収益を上げなければならなくなった。もしプレーヤと開発ツールが同じ事業部門に属していたら、プレーヤからの収益と成長するツールビジネスとを相殺するチャンスもあったかもしれない。

The second lesson is that you have to align your business structure with your strategy. I think Macromedia made a fundamental error by putting mobile Flash into its own business unit. Adobe continued the error by creating a separate mobile BU when it bought Macromedia (link). That structure meant the mobile Flash team was forced to make money from the player. If the player and flash development tools had been in the same BU, management might have at least had a chance to trade off player revenue to grow the tools business.

     *     *     *

【アドビに残された道は何か】

What can Adobe do now?

Flash は未だ健在だというが

アドビの連中がいっているモバイル Flash の中止とは、注力する実際面の話に過ぎない。開発者は今なお Flash を利用してアプリを作り、モバイルデバイス用にコンパイルすることが可能であり、デスクトップ Flash は未だ健在だとアドビは指摘する。2011 年末にアドビが直面している状況を狭い視点から考えれば、Flash に係る変更は賢明なものかもしれない。しかし 2005 年に Macromedia から買収した時点で掲げた「業界を決定づける技術プラットフォームを作成する」というアドビの約束からすれば、現在の状況は失敗以外の何ものでもない。

The Adobe folks say the discontinuation of mobile flash is just an exercise in focus (link). They point out that developers can still create apps using Flash and compile them for mobile devices, and that Flash is still alive on the desktop. Viewed from the narrow perspective of the situation that Adobe faces in late 2011, the changes to Flash probably are prudent. But judged against Adobe’s promise to create an “an industry-defining technology platform” when it bought Macromedia in 2005 (link), it’s hard to call the current situation anything other than a failure.

     *     *     *

死を迎える Flash

プラットフォームとしての Flash が死を迎えていることは明らかだ。いちばん熱心な支持者の多くがモバイル Flash プレーヤの終焉に幻滅している。彼らの呪いの声はここでもここでも聞ける。もちろん Flash の互換性は AIR や他のウェブコンテンツ開発ツールにおいて継続するだろう。しかしプレーヤをコントロールできないアドビが、そのツールになんらかの優位性を持たせることはもはや困難だと思う。

I think it’s clear that Flash as a platform is dying; the end of the mobile Flash player has disillusioned many of its most passionate supporters. You can hear them cussing here and here. Flash compatibility will continue to live on in AIR and other web content development tools, of course, but now that Adobe doesn’t control the player, I think it will have trouble giving its tools any particular advantage.

     *     *     *

アドビに残された道

アドビが為すべきは、HTML 5 を完全なウェブプラットフォーム(AIR が当初そうであったように)にすべく積極的に貢献することだ。その役割は業界のどこもまだ達成していない。ウェブ開発者はそれを必死に求めている。アドビもそうするとほのめかしてはいる。しかしそういう獏とした話ならアドビからなんども聞いたことがあるし、結果はその約束にはるかに及ばないものだった。この期に及んで、アドビにはやってのけるビジョンも活力もないのではないかと私は恐れる。これまでのようなコアビジネスに引き蘢るというのが最もありそうなシナリオではないか。芸術志向のクリエイター向けソフトウェアツールを作るメーカーに留まるというコアビジネスに。それは心地よく、安定したニッチビジネスだ。しかしそれではアドビがかつて志向した圧倒的リーダーシップからかけ離れたものになる。

What Adobe should do is start contributing aggressively to HTML 5, to upgrade it into the full web platform that AIR was originally supposed to be. That’s a role no one in the industry has taken ownership of, web developers are crying out for it, and Adobe implies that’s what it will do. But I’ve heard these broad statements from Adobe before, and usually the implementation has fallen far short of the promises. At this point, I doubt Adobe has the vision and agility to pull it off. Most likely it will retreat to what it has always been at the core: a maker of software tools for artistically-inclined creative people. It’s a nice stable niche, but it’s nothing like the dominant leadership role that Adobe once aspired to.

     *     *     *

「貪欲がダメにした」(Greed Kills)といわれるといささか悲しい。

小さく囲い込んでカネを取るか、それとも広くエサを撒いてマーケットを広げるか・・・これぞまさに「戦術」と「戦略」の違いだろう。

Steve Jobs に先見の明があったかどうかとは別の、ビジネスの根幹に関わる問題ではないかという気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »