Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Mac Pro’

imac-with-retina-5k-display

新しく発表された 5K Retina iMac を見て2つのことを感じた。

ひとつは、普通のひとのための(For the Rest of Us)iMac が高価でずいぶん遠い存在になってしまったなあという感慨。

もうひとつは、アップルはなぜ 5K の外付けディスプレイを出さないのだろうかという疑問だった。

その疑問に答える意味で、Marco Arment の「Retina iMac 対 Mac Pro の机上比較」がとても興味深い。

The Retina iMac versus the Mac Pro, on paper | Marco.org

Marco Arment は最新の Mac Pro につなぐアップル製外付けディスプレイを渇望していた。その彼が新しく発表された 5K Retina iMac の素晴らしさに、Mac Pro を売って Retina iMac に買い換えようかと悩んで2つを詳細に比較しているのだ。

ここでは外付けディスプレイの可能性の部分を取り上げる。

     *     *     *

Mac 向けの 5K 外付けディスプレイが出るまで待つか

Waiting for an external Apple 5K display for Mac Pros or other Macs?

どうしても結論をといわれれば、出るまではだいぶ時間がかかるし、現在売られているどの Mac とも互換性はないだろうと言わざるを得ない。

If I had to guess, you’ll have a long wait, and they won’t work with any Mac sold to date.

パネルの歩留まりは当分タイトだろうし、アップルにとって外付けディスプレイの優先度は高くない。オリジナル iMac の画期的な LCD パネルがアップルの外付けディスプレイに使用されるまでにはほぼ1年かかっている。しかしそれが最大の問題ではない。

Panel yields may be tight for a while, and external displays are a low priority for Apple. The original 27” iMac’s groundbreaking LCD panel wasn’t available in an external display from Apple for almost a year after its release. But that’s not the biggest problem.

     *     *     *

次期 Thunderbolt 3 まで待つ必要がある

これほど多くのピクセルを処理するには DisplayPort 1.2 以上の処理能力が必要だ。DisplayPort 1.2 は現在 Thunderbolt 2 のポートでビデオ信号出力用に使われている。(この点についてはこれまでも何度か触れた。) この問題を解決するためには、Broadwell の後継プロセッサ Skylake に対応する Thunderbolt 3 用の DisplayPort 1.3 を待つ必要がある。しかし少なくともあと1年は登場しそうにない。インテルの出荷予定は当てにならないからもっと遅れるだろう。

Pushing this many pixels requires more bandwidth than DisplayPort 1.2 offers, which is what Thunderbolt 2 ports use for outputting video signals. (I wrote about this a few times.) Doing it right will require waiting until DisplayPort 1.3 in Thunderbolt 3 on Broadwell’s successor, Skylake, which isn’t supposed to come out for at least another year — and Intel is even worse at estimating ship dates than I am, so it’s likely to be longer.

     *     *     *

DisplayPort 1.2 MST 仕様でもムリ

5K ディスプレイに2つの DisplayPort 1.2 を使うか、あるいは2本の Thunderbolt 2 ケーブルを使うことも可能かもしれない。ただしそれは GPU がそれぞれのポートを全帯域幅の DisplayPort 1.2 チャンネルとして扱うことができ、その2系統の合計が1つの論理ディスプレイとなり、さらには2系統の信号がディスプレイ側で正しくひとつにまとめられる場合に限るけれども。今のところ Mac Pro を含めてどの Mac にもそれが可能だとは思えない。MST 仕様の伝送方式が 4K パネルを 60 Hz で駆動できるのはあくまで内蔵された個別ポート間の話であって、外付けの場合はサポートされていない。

It may be possible to use two DisplayPort 1.2 or Thunderbolt 2 cables to power a 5K display, but only if the GPU could treat each port as its own full-bandwidth DisplayPort 1.2 channel, the sum of which represented one logical display, and had the panel combine and properly sync the two at the other end.1 I don’t think any of the current Macs can do this, including the Mac Pro — MST to run 4K panels at 60 Hz only seems to be supported within individual ports, not spanned across two.

     *     *     *

2016 年までは出るまい

私の予想では(たびたび間違えることは承知しているが)、少なくとも 2016 年まではアップルがスタンドアローンの 5K ディスプレイを出荷することはないと思う。たとえ出ても現在のどの Mac とも(2013 Mac Pro を含めて)互換性はないだろう。

I’d estimate — granted, I’m wrong a lot — that Apple won’t ship a standalone 5K display until at least 2016, and it won’t work with any of today’s Macs, including the 2013 Mac Pro.

     *     *     *

Thunderbolt 2 では最新の Mac Pro ですら 5K の処理ができないということか。

そういえばキーノートのスライドに Mac Pro の姿はない・・・

Read Full Post »

Thunderbolt_devices

[rromansempire さんの写真:photo

これはスゴい!

Macworld ‏@macworld 10時間

Macworld ラボでは Thunderbolt に関する記事を近日中に出すべくテスト中だ。この写真のデバイスはすべてたった1台の Mac Pro につながっている。

Macworld Lab is testing for an upcoming Thunderbolt story. In this pic, all the devices are connected to 1 Mac Pro: http://instagram.com/p/moAyEzL9Xb/

     *     *     *

Instagram の写真から:

romansempire 10時間前 · PCWorld | Macworld | TechHive

Mac Pro 1台にどれだけ Thunderbolt デバイスをつなげるだろうか? — とてもたくさん。
How many Thunderbolt devices can you connect to a Mac Pro? A lot.

dezdeepblue

ワオ、何これ? それぞれ名前を教えて。
Wow! What are these? Can U name them?

macproclub

全部で 36 台だよ。6 ポート × デイジーチェーンで最大 6 デバイス = 36 台。
The actual number would be 36. 6 ports x 6 devices max in a daisy chain = 36

     *     *     *

小さな見かけによらず Mac Pro はスゴい!

Read Full Post »

The_Angriest_Santa

[アップルギーク Jim Dalrymple:photo

新しい Mac Pro は誰にとっても羨望の的かと思いきや、必ずしもそうではないようだ。

アップルギークの Jim Dalrymple が、自分には必要ないとポッドキャストで語っている。

Amplified #87: No Mac Pro for Me | 5by5

相方 Dan Benjamin の「もう Mac Pro は手に入れたの?」という質問からの下り。

それに対する Jim Dalrymple の答えが「No Mac Pro for Me」だ。

まさかアップルギークの口からそんな答えが返ってくるとは思わないから、相方の Dan Benjamin や、ゲストの Merlin Mann も一瞬絶句。

「アンタ変わったね。こりゃ歴史的だわ!」と Dan。

そのやりとりは[1:32:50]ごろから・・・

     *     *     *

「No Mac Pro for Me」

Dan Benjamin:ところで Mac Pro はもう手に入れたの?

Dan Benjamin: So Jim, do you have a Mac Pro yet?

Jim Dalrymple:自分には Mac Pro は要らない。

Jim Dalrymple: No Mac Pro for me.

Mac Pro でやっているいろんなことについて話してみると、果たして Mac Pro を必要とするひとがどれくらいいるのだろうかと思ってしまう。

After talking about everything that we did on a Mac Pro, I wonder how many people actually need a Mac Pro.

自分がいま持っている Mac Pro でやっていることを見てみても、これまでやったきたのと同じ事をやるのに新しい Mac Pro が要るだろうか? 答えはノーだ。

When I look at what I do at my current Mac Pro, do I need a new Mac Pro in order to do all of those same thing? No, I don’t.

新しい Mac Pro は自分にとって必要だろうか? — 自分には必要ない。

Do I need a new Mac Pro? — No. No Mac Pro for me.

自分には当面 Mac Pro を買う予定はない。

Right now I have no plans for a new Mac Pro.

Dan:アンタ変わったね。こりゃ歴史的だわ!

Dan: You changed that. it’s all that history now.

     *     *     *

アップルギークといえば、アップルの新製品は諸手を上げて褒めちぎるものと思われるかもしれない。

たしかに「自分には要らない」なんて発言はあまり聞いたことがない。

「こりゃ歴史的だわ!」といわれるのももっともだ。

しかしいつも Jim Dalrymple をフォローしてきたものからすれば、「自分のライフスタイルに合っているかどうか」に評価の基準をおく彼の視点から十分納得のいく話ではあるのだが・・・

★ →[ポッドキャストを聞く:Podcast

Read Full Post »

Dell-P2815Q-Ultra-HD-Monitor

[699 ドルの Dell 4K Monitor:image

デスクトップの Retina 化に関する Marco Arment の考察が興味深い。

Marco.org: “How and when the iMac and Mac Pro can go Retina” by Marco Arment: 08 January 2014

     *     *     *

Retina 化が難しいワケ

現在の 27 インチ iMac や Thunderbolt Display の縦横各2倍の解像度を持つ Retina バージョン(5120×2880 ピクセルの解像度が必要)を出すためには、おそらく3つの大きな問題があると思われる。

Three major factors have probably prevented a proper 2×-in-each-dimension “Retina” version of today’s 27” iMac and standalone Thunderbolt Display, which would need to be 5120×2880 pixels:

     *     *     *

1)現在のところ、このような解像度の一般用 LCD パネルを製造するメーカーがない。

「4K」パネルの解像度は 3840×2160 だが、5120×2880[Retina バージョン]は約 1.8 倍のピクセル数になり、大幅に増やす必要がある。これは初期のころの 24 インチパネル(1920×1200)と 30 インチパネル(2560×1600)の違いの比率と同じだ。4K パネルの大量生産は始まったばかりで、やっとハイエンドユーザーにも手の届く価格にこなれてきたので、手ごろな価格の 5120×2880 ディスプレイもいよいよ間近になってきたのではないかと思われる。

– Nobody makes general-purpose LCD panels with that resolution today. “4K” panels are 3840×2160, but 5120×2880 is about 1.8 times the pixel count — a substantial increase. It’s the (exact) same ratio as the difference between the first 24” (1920×1200) and 30” (2560×1600) panels. Since 4K panels are just starting to become mass-produced and affordable to high-end computer buyers, available and affordable 5120×2880 displays are probably not imminent.

     *     *     *

2)ピクセル数が倍になればケーブルの処理能力もほぼ倍にする必要がある。

4K は 10 Gbit/s の Thunderbolt では不十分で、16 Gbit/s が必要だ。20 Gbit/s の Thunderbolt 2 なら 4K 出力ができるが、28 Gbit/s が必要な 5120×2880[Retina バージョン]はムリだ。近く登場しそうなものとしては 32 Gbit/s の DisplayPort 1.3 があるが、そのスペックは 2014 年後半まで決まらない。ということは 5120×2880 がサポートできるのはまだ数年先ということになる。

– Almost twice as many pixels require almost twice the bandwidth to drive over a cable. Thunderbolt at 10 Gbit/s wasn’t fast enough to drive 4K, which needs about 16 Gbit/s. Thunderbolt 2 at 20 Gbit/s can drive 4K, but not 5120×2880, which needs 28 Gbit/s. The only promising standard on the horizon is DisplayPort 1.3 at 32 Gbit/s, but that spec is being finalized later in 2014, which means we’re probably still years away from anything supporting it.

     *     *     *

3)GPU の多くは、せいぜい頑張ってもまだ 4K 解像度の出力ができるほど強力ではない。

したがって 5120×2880 は問題外だ。

– Many GPUs haven’t been powerful enough to drive much at 4K resolution even if they could output it somehow, so 5120×2880 would be out of the question.

     *     *     *

Retina バージョンはまだ2〜3年先

幸いなことにハイエンドでは、3つ目の点は問題ではなくなった。残る問題は2つだけだが、すぐに変化するとは期待できそうにない。

Fortunately, that last one is no longer true at the high end. It’s just the first two holding us back now, but they’re also the slowest to change.

だからデスクトップが 5120×2880[Retina バージョン]の解像度になるのはまだ2〜3年先だと思われる。

I suspect that 5120×2880 on the desktop is still 2–3 years away.

     *     *     *

見落としていたヒント

しかしアップルは 27 インチ Retina 化の方法をすでに明らかにしていた。アップルは十分注意して見れば決して予測の難しい会社ではない。しかし自分は Mac Pro 向けの 5120×2880[Retina バージョン]ディスプレイを期待するあまり、近々起きるであろうことの明らかなヒントを見落としていた。

But I think Apple has already shown us how they’re going to do 27” Retina. Apple’s not a difficult company to predict if you pay attention. My hopes for a 5120×2880 display for the new Mac Pro were blinding me to the obvious clues to what will very likely happen instead.

     *     *     *

スケーリングモード

初めての Retina Mac である15インチ Retina MacBook Pro が登場する前は、15インチを買うパワーユーザーはデフォルトの低解像度 1440×900 ではなく「高解像度」の 1680×1050 のオプションを選択した。しかし実際に15インチ Retina MacBook Pro が発売されてみると、そのパネルは 1440×900 の倍バージョンで、パワーユーザーが望む理論的解像度より一段下のものだった。その差を埋めるためアップルが導入したのがソフトウェアのスケーリングモード(補間モード)だった。すなわち、倍サイズにレンダリングしたイメージを物理的な 2880×1800 ピクセルに縮小することによって 1680×1050 および 1920×1200 の解像度を生成する方法だ。GPU のパフォーマンスが少し減ったことを除けば、この高解像度スケーリングモードは事実上「タダ」だ。ダウンサンプリングによる縮小イメージの画質の変化は、ピクセルが非常に小さいためほとんど見分けがつかない。

Before the 15” Retina MacBook Pro (the first Retina Mac), power users buying the 15” usually opted for the “high-resolution” option at 1680×1050 instead of the lower default of 1440×900. But when the 15” Retina MacBook Pro was released, its panel was a “2×” version of 1440×900 — a step down in logical resolution for power users. To make up for the loss, Apple introduced software scaling modes that simulated 1680×1050 and 1920×1200 by rendering them at double-size and then scaling the image down to the physical 2880×1800 pixels. GPU performance is reduced slightly, but otherwise, these higher-resolution scaling modes are effectively “free” — the pixels are so small that the reduced image quality from downsampling is barely noticeable.
だ。

数か月後に13インチの Retina MacBook Pro が出たときも同じトリックを使った。比較的低解像度のピクセル数(理論的ピクセル数1280×800、物理的ピクセル数 2560×1600)を、シミュレーションにより高解像度に生成したのだ。

A few months later, the 13” Retina MacBook Pro was released with the same trick: a relatively low native resolution of 1280×800 logical pixels (2560×1600 physical pixels), but with simulated higher resolutions.

     *     *     *

27インチの Retina 化はいつでも可能

27インチの iMac や27インチの Thunderbolt Display を Retina 化するのに、アップルは 5120×2880[Retina バージョン]パネルが入手可能になるまで待つ必要はない。一段低い解像度のパネルで、ソフトウェアスケーリングモードを使えば、アップルはいつでも発売できる。ユーザーにシミュレートさせるか、あるいは完璧にネイティブな解像度で少し大きく表示しさえすればいいのだ。

To bring Retina to the 27” iMac and 27” Thunderbolt Display, Apple doesn’t need to wait until 5120×2880 panels are available. They can launch them at the next-lowest common resolution and use software scaling to let people simulate it if they want, or display things slightly larger at perfect native resolution.

     *     *     *

4K をサポートできる Mac

ここでいう一段低い解像度とは、もちろん 4K のことだ。

That next resolution down, of course, is 4K.

4K をサポートするハードウェアもソフトウェアもすでに入手可能になっている。Thunderbolt 2 で十分だ。ごく最近の GPU だけが可能だが、ごく最近の Mac は Thunderbolt 2 をサポートするのに十分な GPU を搭載している。

The hardware and software to support 4K is already available. Thunderbolt 2 drives it well. Only very recent GPUs can drive it, but only very recent Macs with decent-to-powerful GPUs have Thunderbolt 2.

     *     *     *

27インチ 4K Thunderbolt 2 モニター

デスクトップを Retina 化するためにアップルに必要なことは、27インチ 4K Thunderbolt 2 モニターを出荷して、OS X のアップデートでソフトウェアスケーリングモードを可能にするだけでいいのだ。

All Apple needs to do to deliver desktop Retina is ship a 27” 4K Thunderbolt 2 monitor and enable the software scaling modes for it in an OS X update.

     *     *     *

アップルなら・・・

半分程度の28インチの 4K ディスプレイならたった 700 ドルで、あるいは24インチ 4K ディスプレイなら 1300 ドルで販売可能なことが分かったばかりだ。アップルのサプライチェーンをもってすれば、今でも 27インチ 4K Thunderbolt 2 ディスプレイを 999 ドル 〜 1299 ドル程度で販売できることはまず間違いないし、27インチ Retina iMac なら今年後半には現在の27インチ iMac とほぼ同じ価格で出せるだろう。

We just learned that it’s possible to sell a 28” 4K display that’s at least halfway decent for only $700 and a 24” for $1300. With Apple’s supply chain, they could almost certainly sell a 27” 4K Thunderbolt 2 display for $999–$1299 now and a 27” Retina iMac later this year at pricing similar to today’s 27” iMac.

     *     *     *

今年中には

何度も試行錯誤を重ねたが、Retina iMac も Retina Thunderbolt 2 Display も今年中には発売されると思う。

I’ve gone back and forth on this, but I think both a Retina iMac and a Retina Thunderbolt 2 Display will be released in 2014.

     *     *     *

Retina とか 4K と聞いてもシロウトには判然としないが、こうして説明されるとそうかと思う。

Retina 化への手段である「スケーリングモード」はすでにアップルの手中にあるというワケだ。

John GruberMG Siegler も Marco Arment と同意見のようだ。

iOS デバイスから始まった Retina 化の波がいよいよデスクトップにも及ぶか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

mac-pro-2013-on-its-side

[Mac Pro on its side:image

なんと、アップルの Mac Pro は横向きにもできるそうだ!

アップルのサポートページによれば:

Using the Mac Pro (Late 2013) on its side | Apple Support Information

     *     *     *

横向きにもできる Mac Pro

Using the Mac Pro (Late 2013) on its side

Mac Pro (Late 2013) は縦置きで使うようにデザインされていますが、横向きにしても使えます。

Although the Mac Pro (Late 2013) is designed to operate in an upright position, you can also use it on its side.

Mac Pro (2013) のクーリングファンは、以下のガイドラインに従うかぎり、縦置きでも横置きでも使えます。

The Mac Pro (2013) has a fan system capable of cooling the computer in a vertical or horizontal orientation as long as you follow these guidelines.

・コンピュータの底部に入る空気、および上部からの排気を妨げないように、それぞれ十分な間隔をとってください。吸気口、排気口は塞がないでください。

– Provide enough space at each end of the computer for unrestricted airflow into the base and out the exhaust at the top. Make sure that the air intake and exhaust ports are not covered.

・複数の Mac Pro (Late 2013) を使用する場合は、排気口を別の Mac Pro の吸気口に向けないでください。並べる場合は最低でも数インチの間隔を空けてください。

– When using multiple Mac Pro (Late 2013) computers, do not direct the exhaust at the top of one Mac Pro towards the intake of another system. Place the computers side by side with a gap of at least several inches between them.

・横向きにするときは、Mac Pro (Late 2013) がころがらないようにしっかり安定させてください。コンピュータ筐体を傷つけないように、安全な表面の上に置いてください。[注]ケースについた動作と無関係のキズはアップル限定保証規定の対象にはなりません。

– When on its side, secure the Mac Pro (Late 2013) to be sure that it doesn’t roll. Place the computer on a protective surface that will not scratch or damage the enclosure. Note: The Apple Limited Warranty does not cover cosmetic damage to the enclosure.

・使用中は I/O パネルにアクセス可能な状態にしてください。

– Orient the computer so that the Input/Output (I/O) panel remains accessible during use.

2014 年1月2日付

Last Modified: Jan 2, 2014

     *     *     *

こんどの Mac Pro はいろいろ興味深いことだらけだ。

サードパーティ製の横置きスタンドも登場するかも・・・

[via The Loop

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

RtFlKRIVD1AnbWMo.medium

[バラシの全容:photo

iFixit 新年最初の特集が Mac Pro のバラしだ。

さすが真打ち、みんなが待ちかねただけのことはある。

Mac Pro Late 2013 Teardown | iFixit

その様子を Dave Mark が要領よくまとめているのでご紹介。

The Loop: “Mac Pro teardown from iFixit” by Dave Mark: 01 January 2014

     *     *     *

まるで分解されることを前提に

新しい Mac Pro はまるで分解されることを前提に作られたみたいだ。iFixit によるこのすばらしいバラしは、Mac Pro のデザインに込められたエンジニアリングの粋を示している。

The new Mac Pro is built to be taken apart. This well-executed teardown from iFixit shows off the engineering excellence behind the Mac Pro design.

     *     *     *

outer-casing-removal

[カバーケースを外すのもカンタン:video

カバーを外すのもカンタン

バラしはカバーを外すことから始まる。ロックスイッチをスライドしてカバーを引き上げる。じつにカンタン。じつに見事だ。

The teardown starts by removing the cover. Slide the lock-switch, pull off the cover. So easy. Truly a thing of beauty.

     *     *     *

VbSKmDcrJLnt6WTn.medium

[三角形のヒートシンク:photo

三角形のヒートシンク

中から出てくるのは、二等辺三角形の2辺をなす直立した2枚のグラフィックスカード。その1枚は SSD を搭載。三角形のもう1辺に I/O パネルと RAM スロット。RAM カードの脱着はカンタンだ。SSD は Torx 8 ネジ1本外すだけで取り出せる。2枚のカードと I/O パネルはいずれも巨大な三角のヒートシンクに装着されている。このヒートシンクが全体の中核構造「Thermal Core」だ。

This leaves us with two upright graphics cards, forming the two legs of an isosceles triangle. One of the cards has an SSD mounted on it. The i/o panel, with its RAM slots forms the short leg of the triangle. The RAM cards are easily removable. Undo a single Torx 8 screw to remove the SSD. The two cards and the i/o panel are all attached to a giant triangular heat sink, the core of the entire operation.

     *     *     *

5tgNxfdHE3ltotS2.medium

[グラフィックスカードの裏面:photo

GPU の問題点

「このデザインは現在アップルが提供する GPU についてはうまくいくが、独自設計であることとスマートな外部用の GPU オプションがないことから、機種自体の寿命がくる前に古くなるかもしれない」

“While this stacks up fairly well for current Apple GPU offerings, the proprietary nature, and lack of an elegant external GPU option, may age this device before its time.”

これはもっともな指摘だ。経年老化していく GPU をリプレースするのは決して容易ではない。

This is a fair point. Tough to replace these GPUs as they age.

     *     *     *

修理の難易度

「2013 年モデル Mac Pro の修理の難易度は10点満点中8点(10点が最もやさしい)」

“Mac Pro Late 2013 Repairability Score: 8 out of 10 (10 is easiest to repair)”

これはすばらしい点数だ。

That’s an excellent score.

     *     *     *

RGaM6RitHFs2VTq4.medium

[Quad-Core Intel Xeon E5-1620 v2:photo

ユーザーが交換できる CPU

「ちょっと手間はかかるが、CPU はユーザーが交換できる。勇敢なユーザーなら節約のためベースモデルのプロセッサを自分でアップグレードできるだろう」

“While it will require a bit of digging, the CPU is user-replaceable—meaning intrepid fixers should be able to save considerably by upgrading from the base-level processor configuration.”

これまで何度も Mac の分解や修理、アップグレードをやったが、今回のモデルがいちばんアスセスしやすそうだ。とはいっても、自分で出来ることには明らかに限度がある。器用なひとならベース CPU をマルチコア CPU にアップグレードすることも可能かもしれないが、ストレージの増設や GPU のアップグレードとなると容易ではなさそうだ。

I’ve done a fair amount of disassembly, repair, and upgrade on Macs over the years. This one seems much more accessible than most. That said, there clearly are limits to what you can do yourself. Upgrading from a base CPU to a higher-core CPU may be within reach for the handy, but there doesn’t appear to be any way to add additional storage or upgrade GPUs.

バラしの詳しい過程については記事を熟読されたし。

Dig in to the teardown for all the gory details.

     *     *     *

見事なホームラン

個人的には Mac Pro はホームランだと思う。限界はあるとはいえ、新しい Mac Pro のエレガントなデザイン、デスクトップにもたらすすばらしいパワーは自分にとって十分過ぎる。くりかえすが、じつに見事だ。

Personally, I think the Mac Pro is a home run. I get the limitations, but the elegance of this design, the sheer power that the new Mac Pro brings to the table is plenty enough for me. As I said, a real thing of beauty.

     *     *     *

「まるで分解されることを前提に作られたみたい」という点に関してもうひとつ。[Step 21

普通のネジ

「非常にコンパクトで、驚くほどモジュラーなデザインのため、分解するのが非常に容易だ。使われているネジはすべて普通のもの。また複数の部品はそれぞれ別個に交換可能。」

“For being so compact, the design is surprisingly modular and easy to disassemble. Non-proprietary Torx screws are used throughout, and several components can be replaced independently.”

     *     *     *

いつもながらアップル製品のバラしは iFixit をおいて他ない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

OWC_mp2013_6monitors

[Mac Pro と6台のディスプレイ:photo

どこよりも早く新しい Mac Pro のバラシをやってのけたのが Other World Computing (OWC) だ。

とくに印象的だったのがズラリと6台のディスプレイをつないだ様子・・・

Other World Computing Blog: “What Do you Call 6 Displays and a 2013 Mac Pro? Fun!” by Mike H.: 24 December 2013

     *     *     *

6台のディスプレイをつないだ!

新しい Mac Pro の背面にある6つの Thunderbolt ポートが、ぜんぶ使ってみてといわんばかりに自分の方を見ている。新 Mac Pro が3台の 4K ディスプレイを動かせるのなら、27 インチディスプレイなら6台は動かせるのではないかと考えた。そのとおり、たしかに出来た! 27 インチのディスプレイが6台ともぜんぶ 2560 x 1440 のフル解像度で動いている。Dell のディスプレイ5台とアップルの Cinema Display がすべてミニ DisplayPort で繋がっているのだ。

Well those 6 Thunderbolt ports on the back of the new Mac Pro were just staring me in the face to try ‘em all out. Since the new Mac Pro can do three 4k monitors, I thought it should be able to handle six 27″ displays. Yup, it sure did. All six 27″ 2560 x 1440 displays ran at full resolution. Five Dells, one Apple cinema display, all connected via mini DisplayPort.

じつにクールだ。それでもまだ小さな HDMI ポートが残っている。ふうむ・・・

Pretty cool. And there’s a little HDMI port left over as well. Hmmm…

     *     *     *

こういうのを百聞は一見に如かずというのだろう。

自分には手が届かないと思いながらも、つい Mac Pro の話題には惹かれてしまう。

FCP.co の開封の儀OWC の分解写真ギャラリーもオモシロい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »