Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Review’

9780385347402_p0_v5_s600

Becoming Steve Jobs: The Evolution of a Reckless Upstart into a Visionary Leader by Brent Schlender | Barnes & Noble

スティーブ・ジョブズの新しい本が出た。Brent Schlender および Rick Tetzeli 共著の『Becoming Steve Jobs』だ。

めずらしく John Gruber がその書評を書いている。

‘Becoming Steve Jobs’ — New Book by Brent Schlender and Rick Tetzeli | Daring Fireball

     *     *     *

執筆者にひとを得た

ひとことでいえばこの本は世界が待っていたスティーブ・ジョブズの本だ。ジョブズがいないのにどうしてそんな本が書けるのかといぶかしく思うかもしれない。しかし実のところ彼もちゃんと作業に加わっているのだ。Brent Schlender は WSJ や Fortune の記者だった25年の間に、仕事で数えきれないほど広範囲にわたってジョブズのインタビューを行なった。1991 年のジョブズとビル・ゲイツの共同インタビューを覚えているだろうか。あれは Schlender の仕事だった。この本を読めば分かるように Schlender とジョブズは非常に親密な関係を築いていた。

It is, in short, the book about Steve Jobs that the world deserves. You might wonder how such a book could be written without Jobs’s participation, but effectively, he did participate. Schlender, in his work as a reporter for The Wall Street Journal and Fortune, interviewed Jobs extensively numerous times spanning 25 years. Remember the 1991 joint interview with Jobs and Bill Gates? That was Schlender. As the book makes clear, Jobs and Schlender had a very personal relationship.

     *     *     *

ジョブズをよく知るひとたちの協力

Becoming Steve Jobs』はスマートで正確、情報と洞察に富み、そしてときに胸に迫る。Schlender と Tetzeli は人間としてのジョブズを生き生きと描いている。彼らはジョブズが仕事をしたハイテク業界を熟知している。さらにまた、ジョブズを最もよく知るひとびとから驚くべき協力を得ている。アップルやピクサーの現在および過去の同僚たち — とくに Tim Cook — やジョブズ未亡人の Laurene Powell Jobs がそうだ。

The book is smart, accurate, informative, insightful, and at times, utterly heartbreaking. Schlender and Tetzeli paint a vivid picture of Jobs the man, and also clearly understand the industry in which he worked. They also got an astonishing amount of cooperation from the people who knew Jobs best: colleagues past and present from Apple and Pixar — particularly Tim Cook — and his widow, Laurene Powell Jobs.

     *     *     *

不可欠の参考資料

この本は、よく知られたジョブズの生涯とキャリアを改めて正確かつ魅力的に語り直したものだ。もちろん新しい内容も含まれている。あっと驚く話もあるがいまは触れないでといわれている。・・『Becoming Steve Jobs』は今後何十年にもわたって必須不可欠の参考資料となるだろう。

The book is an accurate, engaging retelling of the known history of Jobs’s life and career, but also contains a significant amount of new reporting. There are stories in this book that are going to be sensational. (I’ve promised to keep them to myself for now.) […] Becoming Steve Jobs is going to be an essential reference for decades to come.

     *     *     *

Walter Isaacson のジョブズ伝記本には不満だった John Gruber がたいへん気に入ったようだ。

執筆者にひとを得たこと、情報ソースの質の高さが大きいと思われる。

調べてみたかぎり、書評を書いたのはいまのところ Gruber だけのようだ。

自分の興味を引いたのはタイトル、とくに「いかにして向こう見ずの成り上がり者が明確なビジョンを持つリーダーに進化したか」(The Evolution of a Reckless Upstart into a Visionary Leader)というサブタイトルだ。

ジョブズの成功のカギはアップルを逐われた時代にあったと長年感じてきた。公認伝記本ではあまり取り上げられなかった視点だが、この新しい本はその時代に光をあててジョブズの実像に肉迫してくれるのではないかと期待が持てる。

この『Becoming Steve Jobs』といい、先日の『Jonathan Ive and the Future of Apple』といい、従来のウワサ本、伝説本とは異なる著作物が出始めたことは注目に値する。

Read Full Post »

jonyive_book_01

どこに視点をおくか・・・

日経BP社刊「ジョナサン・アイブ」読了と危惧すること | Apple/Macテクノロジー研究所

なにしろCEOのティム・クックでさえジョニーに口だしできないというしオペレーション担当のある重役は「アップルを支配しているのはIDgだ」といっているそうだ…。

これではジョニーという存在はアップルを次のレベルに引き上げる起爆剤と同時に一歩間違えば誤爆する可能性も否めない。どのような組織でも社長やらCEOはともかく、1人に権限が集中することはトラブルの元とは幾多の歴史が証明していることではないか。これはジョニーがいかに謙虚で賢い人物だったとしてもだ…。

アップルのファンとしてはジョニーがアップルの地雷源にならないよう願うばかりだ。

Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products, by Leander Kahney | FT.com

Kahney is a journalist but also an Apple geek (he has written three other books on Apple as well as a blog) and the combination of that enthusiasm and a clammed-up corporation is not particularly successful. Ive remains, at the end of this book, as unknown a quantity as he is at the beginning: a popular, un­assuming person who likes to listen to techno music while he works.

Review: Jony Ive by Leander Kahney | Asymco

The book mostly follows Ive’s career with chapters covering most significant episodes chronologically, however there are deep dives into the “how” rather than just the “what” happened. There is a hint of causality rather than correlation between events and outcomes.

For example, there is a mesmerizing description of the actual Apple design studio even though it has never been depicted in any public photo or video or diagram. There is a great attention paid to manufacturing and materials, as indeed there should be if talking about Apple design (but not necessarily if talking solely about design in general.)

There is an amazing revelation of the existence of the “ANPP” or the Apple New Product Process. This process directs the “extreme detail [for] every stage of product development”. The presence of such a “giant checklist” implies a degree of process and rigor which is in contrast to the “heroic” effort that prevails in popular folklore about how Apple develops its products.

アップルは「怠けたデザイン」を許さない | 日経ビジネスオンライン

旧記事から:

Leander Kahney の書いたジョニー・アイブ本 | maclalala2

Read Full Post »

yosemite-feat

Mac OS X を最初から追いかけていたからこそ見えてくるもの・・・

OS X 10.10 Yosemite: The Ars Technica Review | Ars Technica

But for all its timidity and awkwardness, Mavericks marked a turning point for OS X—and in more than just naming scheme. It was the first OS X release from the newly unified, post-Forstall Apple. If iOS 7 was the explosive release of Jony Ive’s pent-up software design ethos, then Mavericks was the embodiment of Craig Federighi’s patient engineering discipline. Or maybe Mavericks was just a victim of time constraints and priorities. Either way, in last year’s OS X release, Apple tore down the old. This year, finally, Apple is ready with the new.

To signal the Mac’s newfound confidence, Apple has traded 10.9’s obscure surfing location for one of the best known and most beautiful national parks: Yosemite. The new OS’s headline feature is one that’s sure to make for a noteworthy chapter in the annals of OS X: an all-new user interface appearance. Of course, this change comes a year after iOS got its extreme makeover.

     *     *     *

The standard rules apply. Don’t upgrade until all the applications you care about are compatible. Make sure you have good backups. Point-zero releases are always a little more risky. Wait for version 10.10.1 if you’re nervous.

     *     *     *

Viewed in isolation, Yosemite provides a graphical refresh accompanied by a few interesting features and several new technologies whose benefits are mostly speculative, depending heavily on how eagerly they’re adopted by third-party developers. But Apple no longer views the Mac in isolation, and neither should you. OS X is finally a full-fledged peer to iOS; all aspects of sibling rivalry have been banished.

The Mac today is just one part of a conceptually, organizationally, and (increasingly) technologically unified platform that spans from wrist to workstation. The hardware-based platforms of the past remain relevant to developers, but Apple seems determined to make them much less important to its customers. With Yosemite, the Mac has taken its first step into a larger world.

John Siracusa’s OS X 10.10 Yosemite Review | Daring Fireball

What a gift it is that we, as a community, have a library of Siracusa’s reviews all the way back to the dawn of the platform. A remarkable body of work.

Read Full Post »

rogan-phone

iPhone6、触って使って「超絶ガッカリ」 | 東洋経済オンライン

「ガックリ。いよいよアップルの成功哲学が崩壊し始めたのではないか」

「iPhone6 Plusの画面を見ると、まるで“老眼フォン”。(これまでのiPhoneで)見づらい人のために字が大きくなっているだけではないかと」

「チップが速くなったとか、画面が大きくなったとかは、Androidでもできるんですから」

Read Full Post »

BxxNdWzIUAAUoHH

iPhone 6/Pay/Watch イベントの際に貸与された iPhone 6/6 Plus のレビューが一斉に解禁された。発売日の3日前だ。

当然のことながら、いずれも新しいモデルに好意的だ。

ただどちらを選ぶか逡巡するライターも少なからずいる。

John Gruber は iPhone 6 を予約したものの iPhone 5S のサイズは棄て難いという。

Walt Mossberg は貸与機をコンクリートに落としてスクリーンにヒビをいれてしまったらしい。)

これらのレビュー記事に対する MG Siegler の率直な感想がおもしろい。

The iPhone 6/6 Plus Reviews | ParisLemon

     *     *     *

本音が知りたい

The iPhone 6/6 Plus Reviews

この最初のレビューでは当然のことながら誰もが新しいデバイスを気に入ったようだ・・・

The initial reviews are in, and no surprise, everyone seems to love the device(s)…

2)どちらのモデルを選ぶべきか言い訳がましいライターが少なからずいるが他のモデルを選んだ連中からの反論を考えてのようだ。本音はちゃんというべきだ。レビューはそのために読むのだから・・・

2) A number of reviewers bake in these weird, pre-emptive apologies to fans of other devices because they say they love the new iPhones. I mean, I get it: no one likes to be trolled, especially by commenters. But you should never apologize for your honest opinion. That’s why we’re reading the review!

     *     *     *

ここはやっぱり自分の目で確かめてみるほかないか・・・

Read Full Post »

Marco_Arment

[Marco Arment:photo

優れた開発者である Marco Arment はストレートで歯に衣着せぬ物言いでも知られている。

Marco.org: “John Gruber’s Retina iPad Mini review” by Marco Arment: 16 November 2013

     *     *     *

John Gruber のレビュー

John Gruber の Retina iPad mini レビュー

John Gruber’s Retina iPad Mini review

今年の Mini は望み得るとしてもせいぜい iPad 4 と同じ程度だろうと自分は考えていた。

I assumed the most we could hope for this year in the Mini was the equivalent of the iPad 4.

しかしそれはまったくの間違いだった。

That was totally wrong.

     *     *     *

Anand Lal Shimpi のレビューも見逃せない

このほか技術的にもっと詳しい AnandTech のレビューも見逃せない。多くのタブレットとの比較や iPad Air と意外な違いなどについても・・・

Also, don’t miss the AnandTech review for more technical detail, including comparisons with more tablets and some unexpected differences with the iPad Air.

     *     *     *

読むに値するのは・・・

Mac OS X の新しいバージョンが出た際に唯一読むに値するのは John Siracusa のレビューだけだ。新しい iPhone や iPad が出たときに唯一読むに値するのは John Gruber と Anand Lal Shimpi のレビューだけだ。

When a new version of Mac OS X comes out, the only review I need to read is John Siracusa’s. And when new iPhones or iPads arrive, the only reviews I need to read are John Gruber’s and Anand Lal Shimpi’s.

     *     *     *

なかなか言えないこと — それをズバリ発言する Marco は貴重な存在だ。

そんな彼に加えて John Siracusa、Casey Liss の3人がホンネでバトルトークを繰り広げる「Accidental Tech Podcast (ATP)」は今いちばんオモシロいポッドキャストだろう。

Marco が自分たち3人の人物評をしているのがとてもオモシロかった。

     *     *     *

自分たち3人は・・・

「自分は生意気なくそったれ、Casy っていったい誰? John Siracusa はスゴいヤツ!」

“I’m an arrogant asshole, who’s the hell Casy, John Siracusa is amazing!”

One For The Pedants – The Talk Show | Mule Radio Syndicate[1時間 58 分ごろ]

     *     *     *

自分でもちゃんと心得てる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

mini_to_retina_mini

[並べてみないと違いは分からない]

なんの前触れもなしに Retina iPad mini が発売になった

異例の展開だが、オンライン注文しか受け付けない日本語]ところをみると、それだけ供給が逼迫しているということだろう。

さっそく先頭を切って Jim Dalrymple が Mini のレビューを書いている。

いちばんの関心は Air と Mini のどちらを彼が選ぶかというところ・・・

The Loop: “First Look: iPad mini” by Jim Dalrymple: 12 November 2013

     *     *     *

もう迷う時期は終わった

もう迷う時期は終わった。欲しい iPad と Retina ディスプレイの iPad のどちらにすべきか迷う必要はない。新しい iPad mini は Air と同じくパワフルだ。両方とも Retina ディスプレイで、バッテリー時間も長く、iPad をベストセラーにしている多くの機能を備えている。

The time for compromises is over. No longer do you have to choose between the iPad you may want and the iPad with the Retina display. The new iPad mini is just as powerful as the iPad Air, both have a Retina display, long battery life, and many other features that make the iPad the best-selling tablet on the market.

     *     *     *

思わず Mini に手を伸ばした

昨夜ニューヨークに着いたとき、思わず Mini に手を伸ばしていた。バッグには iPad Air も入れていたのに。そのときはそちらの方を重宝したのだ。

[…] Even when I landed in New York last night, I reached for the mini, even though I had the iPad Air in my bag. It was just more convenient at that particular time.

     *     *     *

10月イベントの際に Mini を貸与された

10月のアップルイベントで iPad mini のハンズオンの機会があったが、その日アップルとの会合で Mini を貸与された。

I spent some time with the iPad mini when Apple announced the device in October and I picked up the mini on Tuesday in a meeting with Apple.

     *     *     *

違いは並べてみないと分からない

Retina ディスプレイになったことでほんの少しだけ厚くなった点が前世代モデルとの違いだ。その差はごく僅かだが、2つ並べてみると分かる。[冒頭画像]

[…] What is different is the thickness–the Retina display added a slight bit of thickness to the new iPad over the previous model. The change is minimal, but if you line them up, you can see it.

     *     *     *

非の打ち所がない

どれかひとつ選ぶとすれば iPad mini だろう。これまでもそれは可能だったが、これからは小さいサイズを選ぶことで何かを諦めたような気にならなくても済む。Touch ID を除けば iPad mini は非の打ち所がない。

The iPad mini can easily be your only iPad. The fact is, it always could, but you can do so now without feeling like you’re giving something up in return for the size. The iPad mini is small, it has a Retina display and it’s the most powerful iPad to date. With the small exception of Touch ID, there is just nothing bad to say about the iPad mini.

     *     *     *

Gruber と並んで Dalrymple も Mini 派になったワケだ。

レビュー機材の貸与を受けたのが10月イベントの当日だったとすると、他のライターたちも同じ条件のハズだが、いささか予想外[注]という Gruber の反応を見るとどうだったのか・・・

[注]「いささか奇妙な発売だが、ともかく出たぞ。」(Sort of a strange rollout, but here it is.)

iPad Air のレビューで一斉に顔を並べたライターたちが Air と Mini のどちらを選ぶかぜひ知りたいところだ。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »