Feeds:
投稿
コメント

Jonathan-Ive_Design-Museum_Photograph-Andy-Tyler_dezeen_468_2

[ロンドンの Design Museum で語る Jony Ive:Dezeen

ロンドンの Design Museum でのスピーチでは Jony Ive が Mac に出会い、アップルで働くようになったきっかけについても語られている。

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive | Dezeen

     *     *     *

自分に問題があると思っていた

On discovering computers:

「1980 年代、デザインスクール学生だったころは今考えてもゾッとします。こんなこともあったのです。テクノロジーを使うのに苦労すると、どういうわけか自分に問題があると考えてしまいます。食べ物がひどい味がしたら、ひどいのは食べ物だと思うのに・・・。それでコンピュータを使いこなすことのできなかった私は、自分が技術的に劣っているからだと考えました。ちょうど学期が終わるころ、私は Mac に出会いました。そしていくつかのことが分かったのです。まず自分は十分技術に長けていて、まったく悪いところはないのに、学校のコンピュータがひどい代物だったのだと。」

“When I was at art school in the 1980s, I had a truly horrendous time. There’s this odd thing that happens: when we’re working with technology, if we struggle, for some reason we assume the problem’s us. If we’re eating something and the food tastes horrible we think the food is disgusting… So these computers, which I couldn’t use, I just assumed it was some kind of technological ineptitude on my part. And right at the end of my course I discovered the Mac. And I realised a couple of things: one, technically actually I was quite proficient and there was nothing wrong with me whatsoever, and the computers the college had were absolutely dreadful.

     *     *     *

疑似体験を通じたコミュニケーション

「それだけでなくもっと大切なことを発見しました。自分の前に置かれたモノを通じて、それを作ったひとのことをはっきり感じることができたのです。彼らの持つ価値観、彼らを夢中にさせるもの、彼らが大切にしたもの、それを作った理由などを感じることができました。疑似体験を通じたコミュニケーション(vicarious communication)です。全然知らないこの会社を実にはっきりと感じることができました。これまでそんなことは一度もありませんでした。」

“But I discovered something much more important. Through the object that I was sat in front of, I had a very clear sense of the people that made it. I had a sense of their values, their preoccupations, the things they cared about, the reasons they made it. It was this sort of vicarious communication. I had a really clear sense of this company that I didn’t know anything about. And that had never happened to me before.

     *     *     *

作ったモノが作ったひとを表わす

「作ったモノが作ったひとを完璧に表わすのだということ理解したのはこれが初めてでした。そこで調べてみたところ、カリフォルニアのいささかアナーキーなコントラリアングループのことを知ったのです。幸いにも在学中に旅行奨学金を得ることができて、他のみんなはミラノに行きましたが、私はそこではなくカリフォルニアに行きました。当時私は21歳で、飛行機に乗ったことすらありませんでした。」

“This was the beginning of this realisation that what we make completely testifies to who we are. And so this made me want to research and find out about this somewhat anarchic contrarian group that had got together in California. I was lucky enough to have won a couple of travel bursaries while I was at college. Other people were going to Milan, but I rather than going there, I went to California. I was 21, and I had never been on a plane before.

     *     *     *

アップルからの誘い

「出掛けて多くのひとたちに会いました。帰国後ロンドンで独立の仕事をしていたところ、ひとを探していたアップルから接触があったのです。それでコンサルタントとして働き始めました。しばらくしてからカリフォルニアに来てフルタイムで働かないかといわれました。」

“I went and met people and when I went back I was working independently in London and Apple got in touch – they were looking for somebody to work with. So I started working as a consultant and after a while I was persuaded to move and work full time.

     *     *     *

価値観にガマンできない

「コンサルティングの仕事をしていたとき、ある考えにとりつかれました。一生懸命仕事をしていたのですが、『何故自分はクライアントのために仕事をするのだろうか? これはいちクライアントにすぎず、自分はこのクライアントが好きになれない。仕事がしにくいのではなく、どうしようもない彼らの価値観にガマンできないのだ』と。彼らに調子を合わせて、責任を — 名誉ある責任をです — 放棄しているように感じました。ところが一方、アップルは大好きになったのです。それが 1992 年に私に起きたことでした。」

“One thing that really struck me when I was consulting was I was working very, very hard, and just these odd things struck me. ‘Why am I doing this for a client? It’s a client, but I don’t actually like this client at all – not as in they are awkward to work with, but I just think their values stink.’ And I somehow felt I was aligning with them and I was abdicating a responsibility – an honourable responsibility, whereas Apple I really loved. So that’s how I ended up there in 1992.”

     *     *     *

素晴らしいデザインで Mac を大ヒットさせた Jony Ive も最初はコンピュータが苦手だった・・・

People walk at the main office building of Samsung Electronics in Seoul

人事に大鉈か・・・

Staff fear the chop in Samsung Elec annual reshuffle | Reuters

“People are very uneasy; even the senior management are asking around about what might be coming,” said one Samsung employee.

Ferry-Accident

船長1人に「死の償い」を求め続けた韓国世論の異常 セウォル号事故の憤怒の深奥が日本人に見えない理由――ジャーナリスト・中島 恵|ダイヤモンド・オンライン

新スター・ウォーズ

「スター・ウォーズ」も成人した、ライトセーバーも変わった・・・

Star Wars: The Force Awakens Official Teaser | YouTube

死してもなお

PATENTS1x299

死せる孔明生ける仲達を走らす・・・

Steve Jobs Still Wins Plenty of Patents | MIT Technology Review

Even as Jobs became ill, Apple’s lawyers kept filing patents in his name every few days, including one for a variation of the Mac’s scrolling toolbar on October 4, 2011, the day before he passed away.

And Jobs’s name is still getting added to new patents, some of which offer a window on his personal interests, like a 260-foot super yacht, Venus, that he commissioned and helped design.

i53ZWkFc8E2c

11月25日、アップルの株価は一時 119.75 ドルに上昇、時価総額は7千億ドル超えを記録した。2位のエクソンモービル (4千億ドル)をはるかに引き離す、前人未到の記録だ。

Apple Tops $700 Billion Valuation, Fueled by New Products | Bloomberg
米アップル、時価総額が7000億ドル超え-新製品好調で | Bloomberg

いかに瞬間風速とはいえ7千億ドルといえば日本円で約82兆円。日本最大のトヨタですら約25兆円だから信じられないほどの大きさだ。

国際石油資本であるメジャーなどと違って家電メーカーが世界一といわれてもすぐにはその大きさがイメージできない。

そのせいか San Jose Mercury News が7千億ドルあれば何ができるかを列挙しているのがオモシロい・・・

What you could buy with Apple’s $700 billion market value | San Jose Mercury News

     *     *     *

7千億ドルあったら:

・16 GB iPhone 6 Plus なら9億3千5百万台分 — 北米および欧州の全人口に配れる

・スタンフォード大生の授業料なら 1550 万人分

・ソフトウェアエンジニアの年俸なら14万6千人の今後40年分

・ガソリンなら全米ドライバーの今後22か月分のガソリン代

・スポーツなら野球(MLB)、フットボール(NFL)、バスケットボール(NBA)、ホッケー(NHL)のプロチーム全部を買収してもなお余りが出る

・オリンピックなら今後46回分開催費

・エアラインなら世界中の航空会社を買収してもなお余りが出る

そして最後に挙げたのが・・・

・リンゴだったら 5740 億ポンド分

Or you could just buy 574 billion pounds of apples.

     *     *     *

5740 億ポンドがどれほどの量なのやら皆目見当がつかないが、比較の対象がアメリカ人らしくてオモシロい・・・

canstockphoto18554776

The Most Popular Enterprise Sync and Share Product Might Surprise You | TechCrunch

451 Research actually believes that as bigger companies turn their attention to this technology, customers will tend to focus on the more expensive and established enterprise players like EMC, OpenText and Citrix –in other words, the usual enterprise suspects and not the cloud upstarts.

It’s worth noting, however that the report acknowledges that overall, most companies have no sense of what people are actually using outside of the IT (known as Shadow IT) and this could be skewing the numbers down because it’s looking strictly at the IT perspective –and they clearly have lost control to a large extent of what people are using.

He’s right of course. It is, but it’s also important to ask the right questions and to ask the right people and I’m not sure IT is the place to find all of the answers to these questions right now, especially in regards to the cloud upstarts.

企業のクラウド共有・同期サービスの人気調査は意外な結果―1位はBoxではなかった | TechCrunch

451 Researchによれば、企業の規模が大きくなるにつれて、利用されるツールは次第に高価で複雑なものになっていく傾向が見られたという。このような大企業で人気があったのはクラウドではなく、EMC、OpenText、Citrixなど、要するに既存のエンタープライズ・サービスだった。

もうひとつ重要な発見は、IT部門が管理しておらず、社員が個人的に利用しているITサービス(シャドーITと呼ばれている)についてはどの会社も皆目知識をもっていないという点だった。このレポートはIT部門の把握している範囲での利用状況を示すものなので、実態はこれとかなり異なる可能性はある。IT部門は、社員が実際に使っているサービスに対するコントロールを完全に失っているという印象だったという。