Feeds:
投稿
コメント

[Steve Ballmer on His Biggest Regret (Oct. 21, 2014) – Charlie Rose | YouTube

マイクロソフトを辞めた Steve Ballmer が Charlie Rose のインタビューで思いっきりしゃべっている。

Ballmer はマイクロソフトの弱点を的確に把握していた。

・「マイクロソフトでやり残したこと。電話ビジネスをやらなかったことが唯一の悔い。」

・「ひとつのことを見落とした。ペンに注力してしまったことだ。大切なのは指だった。その点アップルは正しかった。」

・「消費者とのダイレクトな繋がりが重要。それをやったのがアップルとサムスン。」

・「唯一重要なのは製品。カネを産むかどうかが問題。そのためにはソフトウェアとハードウェアの筋肉をつける必要。その筋肉をつけたのが Surface だ。」

そのほか、

・バーバードビジネススクールのドロップアウトが Bill Gates に引っ張られた黎明期のマイクロソフト

・Bill Gates、Paul Allen、Steve Ballmer の3人の人物評

・大企業買収がいかに大変か

・「マーケットはバカだ」

などなど見どころ満載。

ここまで本人自身を引き出せる Charlie Rose に脱帽。

Steve Ballmer は最高のセールスマンだったのではないかと思う。

どうしても同じ Business guy である Tim Cook のことを考えてしまう・・・

imac-vs-mac-608x342

[30年たって:Things of Interest

Kent Akgungor が言い得ている・・・

The Difference 30 Years Makes: iMac with Retina 5K display vs. the Original Apple Macintosh | Things of Interest

     *     *     *

30年の違いがもたらしたもの

The Difference 30 Years Makes: iMac with Retina 5K display vs. the Original Apple Macintosh

1984 年に出たアップルの Macintosh は 512 x 342 の白黒ディスプレイを搭載していた。30年後に出た iMac with Retina 5K display は何百万色にも対応する 5120 x 2880 のカラーディスプレイを搭載している。ピクセル数にすれば 17 万 5000 ピクセルから 1470 万ピクセルへ — 8400% も増加したことになる。初代 Macintosh のディスプレイ80枚分が 5K Retina iMac のひとつの画面にスッポリはいってしまうことになる。

When first released in 1984, the Apple Macintosh shipped with a black-and-white 512 x 342 display. Fast forward 30 years to the release of the iMac with Retina 5K display, which ships with a 5,120 x 2,880 display with support for millions of colours. That’s an increase from 175,000 pixels to more than 14.7 million – an 8,400% increase. 80 of the original Macintosh displays fit within a single Retina 5K display.

驚くべき数字だが、それを実感するには冒頭の画像をクリックして欲しい。これはアップルが巨大な iMac スクリーンを強調するため使っているプロモーション用の画像だ。クリックすれば原寸サイズで見れる。

The stats are astounding, but to really put things in perspective, take a look at the image below, showing the original Macintosh display overlaid on a promotional image that Apple has been using to showcase the massive size of the new iMac’s display. Click the image to view at 100%.

画面左下の小さな白黒スクリーンが、30年前には最先端の技術だった。

That tiny black-and-white rectangle crammed into the bottom-left corner was cutting-edge technology three decades ago.

     *     *     *

ほんとにずいぶん遠くへきたもんだ・・・

main-qimg-4373a7fe7a684ff21151b37ff744e5f5

[iPhone Secure Enclave:Quora

Touch ID 技術の根底にある Secure Enclave についての詳細な論考・・・

What is Apple’s new Secure Enclave and why is it important? | Quora

     *     *     *

★What is Apple’s new Secure Enclave and why is it important?

- A Seven Year Apple Odyssey That Ended At The Enclave

In the torrent of the billions of words already written about Touch ID very, very few people have really understood just how revolutionary this really is. Apple not only has developed one of the most accurate mass produced biometric security devices, they have also solved critical problems with how the data from this device will be encrypted, stored and secured. Apple Calls this the Secure Enclave and it is a relatively new concept.

- The World Of The Secure Enclave

- iPhone Gets Help From Extra ARMs

- The A7 Was Built For High Security

- How Does The Secure Enclave Work?

- The A7 Is Optimized For Secure Mobile Payments

Thus we can really see just how deep the security runs in DNA of the A7 processor. The deep level hardware based secure architecture is rather rock solid. It would require a rather large magnitude of hardware hacking to even attempt access to the data stored in the Secure Enclave.

- Additional Security

To use Touch ID you will also have to create a passcode as a backup. Only that passcode can unlock the phone if the phone is either rebooted (example full battery drain) or hasn’t been unlocked for 48 hours. This is a genius feature that is meant to set a time limit for criminals if try to find a way to circumvent the fingerprint scanner.

- Huge Developer Opportunity

There are dozens of applications and use cases on the roadmap and I am certain a developer economy will build around this amazing technology. One that is very clear is retail payments and Apple will have quite a number of unique ways they will solve real problems for merchants and iPhone users. I can say this aspect of Touch ID will be more magical then what we have seen thus far. There will be connections to iBeacons and the amazing technology Apple just acquired through Passif.

- Touch ID Is Paradigm Changing

Apple has taken a very slow and methodical approach with the release of Touch ID. We can see that there was a tremendous amount of amazing work that has gone into this project. All of this convergence took over seven years of very hard work. It includes many patent applications, the acquisition of AuthenTec, the selection of the A7 processor and the integration of the TrustZone suite all baked together into what we now know as Touch ID.

This has been a long journey that has only just been made public and I am rather certain that Steve Jobs would be quite proud.

『Tuck Me In』

[TUCK ME IN | YouTube

ショートショートは大好きだが、ショートフィルムもまた格別。

Ignacio F. Rodó 監督の1分間のショートフィルム『Tuck Me In』。

国際短編映画祭「Filminute」で 2014 年の優秀作品に選出され
たホラー映画だ。

最後のオチが秀逸・・・

ハロウィーンにはうってつけだ。

     *     *     *

ネタバレでもよければこちら。

B級ホラー映画より背筋が凍る1分間のショートムービー『Tuck Me In』 | e-StoryPost

     *     *     *

原作は Reddit の募集に応じた Juan J. Ruiz のストーリー。こちらもショートショートだ。

I begin tucking him into bed and he tells me, “Daddy check for monsters under my bed.” I look underneath for his amusement and see him, another him, under the bed, staring back at me quivering and whispering, “Daddy there’s somebody on my bed.”
-Juan J Ruiz

     *     *     *

なお、昨年の入賞作品『Lights Out』もまた2分もののホラーだった。

10822-3262-AAPLOctober2014

[アップル本社の正面玄関:AppleInsider

今月のアップルイベントにまつわる興味深いエピソードを Daniel Eran Dilger が紹介している。

Editorial: A friendlier Apple Inc now invites media through its Infinite Loop front door | AppleInsider

     *     *     *

正面玄関から案内されて

今週のアップルイベントでは最新の iPad や Mac が発表されたが、招待されたメディア関係者が Town Hall に向かうのに案内されたのはいつものアップル本社裏口ではなかった。彼らは正面玄関で出迎えを受け、部外者の入れない中庭を通って案内されたのだ。

At this week’s Apple Event showing off the company’s newest iPads and Macs, invited members of the media weren’t directed around the back of Apple’s Infinite Loop campus to the Town Hall door, as usual. They were greeted at the front door and led through the private campus courtyard.

アップルとしては珍しいこの本社ミニツアーは、1990 年代後半の復活以来アップルを取り巻いていた過剰でパラノイアともいえる秘密主義を緩和しようとする試みの一環だった。

The uncharacteristic media micro-tour of Apple’s headquarters is part of a new experiment in dialing down the company’s reputation for excessive, nearly paranoid-level secrecy that it has maintained since its recovery in the late 1990s.

     *     *     *

開かれたアップル

メディア関係者を正面玄関から内庭を横切って案内したのは(Caffe Macs のグルメ朝食、プレゼンテーション前のバリスタを含め)、よりフレンドリーで、より開かれたアップルを象徴するジェスチャーだった。 

Inviting the media through its front door and walking them across the inner courtyard of its campus (to a gourmet spread of Caffe Macs breakfast foods and a row of attentive baristas before the presentation) was a symbolic gesture representing a friendly, more open company.

     *     *     *

同じような兆候はこれまでもにもあったという。守秘義務契約(NDA)を結んだ者でないと入れない WWDC に外部のオブザーバーを招いたり、メンバー限定の WWDC セッションビデオを公開して開発者がお互いに議論するのを認めたことなどだ。

     *     *     *

大きな力を獲得したアップル

今やアップルはマイクロソフト、HP、それにグーグル全部をひとまとめにしたより大きな存在となった。昨年はこれら全部の会社をひっくるめたのより大きい純利益を稼ぎだしている。

Apple is now like Microsoft, Intel, HP and Google put together. And last year it earned more net income than all of them put together.

これほどの地位をもってすれば、かつては不可能だったことでも出来るようになったのではないか。たとえば A8 や A8X のなどのチップ製造設備でチップメーカーとして世界最大の製造能力を保持すること、あるいはテクノギーク以外のひとをも対象とするファッション製品を売り出すこと、など、など・・・

With Apple’s current position, it now has options to do things it hasn’t been able to do before. Like reserve incredible manufacturing capacity at the world’s largest chip fab for its new A8 and A8X. Or introduce the first product from a tech company that can be sold as a fashion product to people beyond tech bloggers.

     *     *     *

せめてロードマップぐらいは公開しても

自社の製品サイクルに活力を与えるため、アップルが未だ秘密主義を必要としていることは分かる。しかしもう十分大きくなったのだから、ロードキル[roadkill:車にはねられて道路に転がっている動物や人の死骸]になることなど懸念せずに自社のロードマップを公開する偉大さを備えてもいいのではないか。

Apple still needs to maintain secrecy in order to drive its product cycles. But now it’s big enough to open up and achieve a new stature as company that can publish public road maps without worrying about ending up roadkill.

新しく獲得した力をアップルがどう使うのかとても興味深い。

It will be interesting to see what Apple does with its newfound power next.

     *     *     *

たったこれだけのことでも話題になるほどアップルの秘密主義は悪名高い。

アップル本社ビル玄関の向こうがどうなっているか、それすらもあまり知られていない。

表玄関から中庭に入るとどんな感じなのか、AppleInsider のビデオがその一端を垣間見させてくれる。

せめて大きなロードマップぐらいは明らかにして欲しいとたしかに思う・・・

windows_to_mac_2

20年間Windows一筋の私がMacBook Airとかいうものを入手したのでノートパソコンの在りかたについて物申すわ | jMatsuzaki

こんな形のアップル讃歌もありか!

新たな Mac ユーザーがひとり増えた・・・

tim-cook-hands-up

アップル広報

-「2014 年度は記録的年度のひとつ。iPhone 6/6 Plus を含む過去最大の iPhone 発売もあった」と Tim Cook。

“Our fiscal 2014 was one for the record books, including the biggest iPhone launch ever with iPhone 6 and iPhone 6 Plus,” said Tim Cook, Apple’s CEO.

- 6割は米国以外での売上げ

International sales accounted for 60 percent of the quarter’s revenue.

-「すばらしいクリスマスになりそう・・・」

… we are heading into the holidays with Apple’s strongest product lineup ever.

     *     *     *

Horace Dediu の目から見たアップル決算

数字の羅列はピンとこないので Horace Dediu の説明で・・・

B0aya1iIIAAm8d3

・製品別出荷台数 @asymco

- 伸びがとまらない iPhone、伸びが止まった iPad

B0ayvTAIgAAEPww

・製品別収益寄与率 @asymco

- やはりアップル収益の大宗は iPhone から

-「なんてこと、Mac の売上げが iPad の売上げをこえてしまったよ」 @asymco

B0ax53YIEAAk_Gt

・製品別平均実売価格 @asymco

- それでも製品の実売価格は下がらない

     *     *     *

もし iPhone と iPad との間のカテゴリーの新製品を狙うとすれば・・・

- iPad mini より小さい「iPad micro」か

- iPhone より大きい「iPhone plus」か

勢いのある iPhone の流れに乗った方が得策(?)

それが iPhone 6 Plus かも・・・