Feeds:
投稿
コメント

BsnPAB7CYAA1hDv

[新しいアップル:darth

アップルが IBM と手を組んだ

Re/code のインタビューで Tim Cook が語ったことばにすべてが尽きている。

     *     *     *

DNA

「法人を真に変えるのに必要な高度な企業体験は我々の DNA にはなく、IBM にある。」

“The kind of deep industry expertise you would need to really transform the enterprise isn’t in our DNA. But it is in IBM’s.”

     *     *     *

まさに

アップル + IBM = 法人モバイルの再定義

Apple + IBM = Redefining the mobile enterprise

というワケだ。

そして Horace Dediu の総括

     *     *     *

驚天動地の大事件

実に劇的な展開だ。アップルはデバイスのリーダーシップを握るため、IBM はサービスのリーダーシップを握るため、本日の戦略的パートナーシップを発表する条件を整えてきた。80年代、90年代を見てきた者には驚天動地の大事件だ。

This dramatic turnaround–Apple moving to a device leadership position and IBM moving to a service leadership position–created the conditions for today’s announcement of a strategic partnership–an event which is astounding to those who witnessed the 1980s and 1990s.

     *     *     *

冒頭のパロディ画像を元になった画像と比べると時代の変化が感じられて興味深い。

Jobs_at_Kaygetsu

[スシを待つジョブズ:photo

スティーブ・ジョブズのスシ好きはよく知られている。

シリコンバレーの寿司職人とジョブズとの交流を綴った本が話題になっている

Cult of Mac: “The secret sushi spot Steve Jobs used to host board meetings” by Buster Hein: 09 May 2014

     *     *     *

シリコンバレーのスシ職人

2011 年10月に亡くなったスティーブ・ジョブズが最後に雇ったのが佐久間俊雄(Toshi Sakuma)だった。ジョブズの体調が急激に変わっていくのを見て、佐久間は寿司店を売る決心をした。すぐには買い手が見つからなかったので、ジョブズは Caffè Mac での仕事を佐久間にオファーした。そこなら四半世紀にわたってジョブズが愛したスシをアップルの従業員たちも楽しむことができる。

Before Jobs died in October 2011 he made one last hire – Toshi Sakuma. With the fast-paced lifestyle weighing on him, Sakuma decided to sell the restaurant. Unable to find a quick buyer, Jobs offered Sakuma a job at Caffè Mac where Apple employees can still go to enjoy the sushi Jobs loved for a quarter century.

     *     *     *

桂月が閉店した日

この寿司店「桂月」(Kaygetsu)は10月7日に閉店する予定だった。林信行氏(Nobi)によると、ジョニー・アイブの秘書が大切なお客さん(たぶんジョブズのこと)を連れてくるからと予約をした。ジョブズ逝去のニュースが明らかになって間もなくキャンセルの通知が入った。

The restaurant was set to close on October 7th, and according to Nobi, Jony Ive’s secretary scheduled a reservation and mentioned a special guest (presumed to be Jobs) would be joining. A cancellation soon followed when news of Jobs’ death broke.

桂月が閉店した日はジョブズの葬式の日だった。

Kaygetsu’s last day of business was the same day as Steve’s funeral.

     *     *     *

今もなおジョブズの話を聞くとうれしい。

ジョブズとスシの四半世紀にわたる関係について書かれた林信行氏の記事が興味深い。

あのジョブズを30分も待たせたとか、トロ5つにハマチ5つが彼の定番メニューだったとか、秘話がいっぱいだ。

スシも、黒のタートルネックも、日本と深い関わりがあったことを知るのはうれしい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

swift-hero

[新言語 Swift:image

Cocoa の優れた教師と考えられている Aaron Hillegass の意見とそれに対する反論が興味深い・・・

Big Nerd Ranch: “iOS Developers Need to Know Objective-C” by Aaron Hillegass: 11 June 2014

     *     *     *

iOS デベロッパにとって Objective-C の知識は必要だ

アップルが Swift を発表したとき、少なからぬひとびとが「万歳! これで Objective-C を習わなくても iOS デベロッパになれる!」というのを聞いた。そんなひとに3つのことをいいたい。

When Apple announced Swift, I heard a few people say “Hurray! Now I can be an iOS developer without learning Objective-C!” I have three messages for these people:

・もし iOS デベロッパになりたいのなら、やはり Objective-C の知識が必要だ
・Swift は Objective-C より学習がカンタン
・いったん Objective-C を習得すれば、Swift の学習がカンタンになる

- If you want to be an iOS developer, you will still need to know Objective-C.
– Objective-C is easier to learn than Swift.
– Once you know Objective-C, it will be easy to learn Swift.

しかしはっきり告白しておきたいが、Swift に対して自分は大きな愛情を抱いている。シンタックスは美しい。Swift のコンパイラはたくさんエラーを見つけてくれる。みんなが Swift でコードを書くようになったらアプリの信頼性は格段に増すだろう。enum 型コンストラクタは素晴らしい。iOS および Mac OS X エコシステムにとって Swift は大きな前進だ。それはさりながらしかし・・・

Before I proceed, let me preface this with a confession of love for Swift. The syntax is lovely. The Swift compiler will catch so many errors for us; I’m certain that when everyone is coding in Swift the reliability of apps will improve considerably. The enum construct is gorgeous. Swift is a major step forward for the entire iOS and Mac OS X ecosystem. But…

     *     *     *

まず John Gruber のコメント。

Daring Fireball: “Aaron Hillegass: ‘iOS Developers Need to Know Objective-C’” by John Gruber: 11 June 2014

時間の問題だ

第1点と第3点については合意するが、第2点については確信が持てない。真の問題は時間なのだ。現在の時点でいえば、本格的な Mac および iOS デベロッパが Objective-C の知識を必要とすることは議論の余地がないだろう。しかし1年後はどうか? 2年後、5年後はどうか? いずれかの時点で、「Objective-C を学ぶ必要はあるのか?」という問いに対する答えは「ノー」になるだろう。それがいつかは分からないけれど・・・

Points 1 and 3 I agree with. Point 2, I’m not so sure about. But the real question is time. I don’t think anyone would dispute that a serious Mac or iOS developer needs to know Objective-C today. But what about a year from now? Two years? Five? At some point, the answer to “Do I need to learn Objective-C?” will be “No.” I don’t know when that will be.

自分は Swift の先行きについてには楽観的だ。それは新規のデベロッパに対するアピールが大きいからではない(それもいずれは利いてくるだろうが)。そうではなく、すでに Objective-C とアップルのフレームワークを熟知した膨大な数のデベロッパにアピールすると思うからだ。

I’m bullish on Swift’s uptake not because I think it will appeal to new developers (although eventually I think that will help too), but because I think it appeals to the huge base of developers who already know Objective-C and Apple’s frameworks.

     *     *     *

その点について Marco Arment がもっと詳しく述べている。

Marco.org: “iOS Developers Need to Know Objective-C” by Marco Arment: 12 June 2014

数年もすれば Swift だけの時代に

Aaron Hillegass の意見に同意するが、それはあくまで短期間での話だ。今後1、2年の iOS 開発については、多分 Objective-C の知識を持つべきだろう。しかし数年後には Swift だけでも問題なくなるだろう。

I agree with Aaron Hillegass, but only short-term. If you want to develop for iOS in the next year or two, you should probably know Objective-C. But in a few years, I don’t think it’ll matter if you only learn Swift.

     *     *     *

今後数年で大きく変化

Swift はまだ若い言語なのでアップルでさえ Swift コードを含むアプリはたったひとつしか出していない。WWDC アプリがそうだ。先週多くのアップルエンジニアの話を聞いたが、私たち同様彼らも Swift の存在すら知らなかった。Swift は最先端の言語なので、今後数年で大きく変化するだろう。更に重要なことは、フレームワークも一般に受け入れられている最適手法も今後10年間で劇的に変わるだろうということだ。時がたって、今年書かれた Swift コードを後から振り返ればゾッとするだろう。

Swift is so young that even Apple has only shipped one app — the WWDC app — that contains any Swift code so far. I talked to many Apple engineers last week who hadn’t even learned of Swift’s existence until the rest of us did. The language is bleeding-edge and likely to change rapidly over the next couple of years, and more importantly, the frameworks and commonly accepted best practices are likely to change dramatically over the next decade. In time, we’re going to look back in horror at the Swift code we write this year.

     *     *     *

Objective-C は C や C++、アセンブリー言語並みになる

だからといって Objective-C の理解が iOS デベロッパにとって長期間必要条件だという意味ではない。今でも多くのひとが C についてほとんど知らないまま(C++ については何も知らないまま)Objective-C だけでたくさんのアプリを毎日のように書いている。

But that doesn’t mean that Objective-C proficiency will be a requirement for iOS developers for very long. Plenty of people write plenty of apps every day in Objective-C without knowing most of C or any C++.

いずれ Objective-C の知識が C や C++、アセンブリー言語のそれと同じようになる時期がくるだろう。それはアプリケーションコードの下部にある配管構造のように、殆どの現役デベロッパにとって知る必要もなければ、いじる必要もないものになるだろう。5年もすれば間違いなくそうなると思う。もしかしたら2、3年後かも知れない。

The time will come when knowing Objective-C will be like knowing C, C++, or assembly — it’ll be a plumbing layer beneath your application code that almost all working developers will never need to know or interact with. And I bet that time is less than five years away — possibly just two or three.

     *     *     *

Swift だけで済む時代は意外に早く来るかもしれないということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

[Omotesando, Tokyo – Grand opening 6.13.2014 | YouTube

今日はいよいよ表参道アップルストアのオープニング・・・

[via The Loop

ほかにも楽しい映像いろいろ・・・

[via iso Apple Store

楽しみ・・・

[#WorldCup on Twitter: Love every second. | YouTube

いよいよ・・・

[via Fast Company

wwdc_2014_live

サイロ型システムの壁を崩したアップルにデベロッパが大よろこび[うさたろう 氏]

WWDC: iOS 2.0, the End of Silos | Monday Note

これまで iOS に課されていた制限が今回開放された経緯と解説が面白い。後半では Yukari Iwatani Kane の固執するアップル衰亡論を一蹴している。

     *     *     *

「C 抜き Objective-C」言語の登場を予想した John Siracusa[TeCH 氏]

新言語Swiftを語るスレ | 2ちゃんねる
Mac OS X 10.7 Lion: the Ars Technica review | Ars Technica

Swift に関しては 2ch のスレで紹介された過去ログ(Ars Technica の Mac OS X 10.7 Lion のレビュー記事に関連)が興味い。

     *     *     *

情報をお寄せくださる読者へのお願い:

記事へのリンクだけでなく、どういう点が興味深かったのかという読者の視点に関するコメントをぜひともお付けください。

tim-cook

[Tim Cook:photo

アップルの変化について触れた Matt Drance の記事がオモシロい。

Apple Outsider: “WWDC 2014” by Matt Drance: 10 June 2014

     *     *     *

ジョブズの時代なら起きなかった

スティーブ・ジョブズの時代だったら起きなかっただろう。

This wouldn’t have happened under Steve Jobs.

     *     *     *

内部からの劇的変化

先週発表されたなかでは「Continuity」の諸機能が自分にとっては何より興味深い。 Mac、iPhone、iPad という製品はそのまま受け入れながらも、その間の境界は当然のこととして判然としなくなる。最近の OS X アップデートは iOS をむりやり Mac の喉元に押し込もうとしているように思えた。しかし先週初めて OS X と iOS の2つが対等の立場になったように — アップルデバイスはそれぞれがあくまでアップルデバイスであると — 感じたのだ。創造性、接続性、統合化そして一体性という方向は内部からの劇的な変化を指し示している。2012 年に自分が「体制変更」を書いたとき、ほとんどのひとはそれが Scott Forstall の失墜のことだと受け取ったが、実はこれは Tim Cook の台頭を意味していたのだ。

The “Continuity” suite of features says more to me than anything else announced last week, naturally blurring the line between Mac and iPhone and iPad while still accepting each product for what it is. Recent updates to OS X seemed intent on forcing iOS down the Mac’s throat. Last week, for what felt like the first time ever, the two were on equal footing: an Apple device is an Apple device is an Apple device. This shot of creativity, connectivity, integration, and inclusion points to drastic change from within. When I wrote “Regime Change” in 2012, nearly everyone assumed the title referred to the fall of Scott Forstall. It in fact referred to the rise of Tim Cook.

     *     *     *

トップのリーダーシップ

WWDC 2014 で我々が目にしたのは何千人ものひとによって作られたものだった。トップのリーダーシップがこれらのひとびとを力づけ、前進させただけでなく、成功にすら導いたのだ。WWDC 2014 の背後にあった姿勢とは、よりオープンで、より自信に満ちたものだった。過去の最悪のものと決別し、真にベストのものを目指す姿勢だ。アップルは紛う方なく本来あるべき新しいアップルになったのだ。Cook の采配ぶりが至るところで見られた。自分はサンフランシスコで目にしたばかりのものに止まらず、まだ見ぬ未来についてもワクワクしている。

What we saw at WWDC 2014 was built by thousands of people. The leadership at the top empowered those people to not only proceed, but to succeed. The attitude behind WWDC 2014 was one of increased openness and increased confidence — an attitude that managed to depart from the worst of the past while staying true to the best. Apple is undeniably the new company it deserves to be, and Tim Cook’s stewardship is on full display. I’m as excited for the future we haven’t yet seen as I am for the one we were just shown in San Francisco.

     *     *     *

それぞれがそれぞれの立場でアップルの変化を感じ取っているようだ・・・

[via Daring Fireball and The Loop

★ →[原文を見る:Original Text