Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘GPU’

Dell-P2815Q-Ultra-HD-Monitor

[699 ドルの Dell 4K Monitor:image

デスクトップの Retina 化に関する Marco Arment の考察が興味深い。

Marco.org: “How and when the iMac and Mac Pro can go Retina” by Marco Arment: 08 January 2014

     *     *     *

Retina 化が難しいワケ

現在の 27 インチ iMac や Thunderbolt Display の縦横各2倍の解像度を持つ Retina バージョン(5120×2880 ピクセルの解像度が必要)を出すためには、おそらく3つの大きな問題があると思われる。

Three major factors have probably prevented a proper 2×-in-each-dimension “Retina” version of today’s 27” iMac and standalone Thunderbolt Display, which would need to be 5120×2880 pixels:

     *     *     *

1)現在のところ、このような解像度の一般用 LCD パネルを製造するメーカーがない。

「4K」パネルの解像度は 3840×2160 だが、5120×2880[Retina バージョン]は約 1.8 倍のピクセル数になり、大幅に増やす必要がある。これは初期のころの 24 インチパネル(1920×1200)と 30 インチパネル(2560×1600)の違いの比率と同じだ。4K パネルの大量生産は始まったばかりで、やっとハイエンドユーザーにも手の届く価格にこなれてきたので、手ごろな価格の 5120×2880 ディスプレイもいよいよ間近になってきたのではないかと思われる。

– Nobody makes general-purpose LCD panels with that resolution today. “4K” panels are 3840×2160, but 5120×2880 is about 1.8 times the pixel count — a substantial increase. It’s the (exact) same ratio as the difference between the first 24” (1920×1200) and 30” (2560×1600) panels. Since 4K panels are just starting to become mass-produced and affordable to high-end computer buyers, available and affordable 5120×2880 displays are probably not imminent.

     *     *     *

2)ピクセル数が倍になればケーブルの処理能力もほぼ倍にする必要がある。

4K は 10 Gbit/s の Thunderbolt では不十分で、16 Gbit/s が必要だ。20 Gbit/s の Thunderbolt 2 なら 4K 出力ができるが、28 Gbit/s が必要な 5120×2880[Retina バージョン]はムリだ。近く登場しそうなものとしては 32 Gbit/s の DisplayPort 1.3 があるが、そのスペックは 2014 年後半まで決まらない。ということは 5120×2880 がサポートできるのはまだ数年先ということになる。

– Almost twice as many pixels require almost twice the bandwidth to drive over a cable. Thunderbolt at 10 Gbit/s wasn’t fast enough to drive 4K, which needs about 16 Gbit/s. Thunderbolt 2 at 20 Gbit/s can drive 4K, but not 5120×2880, which needs 28 Gbit/s. The only promising standard on the horizon is DisplayPort 1.3 at 32 Gbit/s, but that spec is being finalized later in 2014, which means we’re probably still years away from anything supporting it.

     *     *     *

3)GPU の多くは、せいぜい頑張ってもまだ 4K 解像度の出力ができるほど強力ではない。

したがって 5120×2880 は問題外だ。

– Many GPUs haven’t been powerful enough to drive much at 4K resolution even if they could output it somehow, so 5120×2880 would be out of the question.

     *     *     *

Retina バージョンはまだ2〜3年先

幸いなことにハイエンドでは、3つ目の点は問題ではなくなった。残る問題は2つだけだが、すぐに変化するとは期待できそうにない。

Fortunately, that last one is no longer true at the high end. It’s just the first two holding us back now, but they’re also the slowest to change.

だからデスクトップが 5120×2880[Retina バージョン]の解像度になるのはまだ2〜3年先だと思われる。

I suspect that 5120×2880 on the desktop is still 2–3 years away.

     *     *     *

見落としていたヒント

しかしアップルは 27 インチ Retina 化の方法をすでに明らかにしていた。アップルは十分注意して見れば決して予測の難しい会社ではない。しかし自分は Mac Pro 向けの 5120×2880[Retina バージョン]ディスプレイを期待するあまり、近々起きるであろうことの明らかなヒントを見落としていた。

But I think Apple has already shown us how they’re going to do 27” Retina. Apple’s not a difficult company to predict if you pay attention. My hopes for a 5120×2880 display for the new Mac Pro were blinding me to the obvious clues to what will very likely happen instead.

     *     *     *

スケーリングモード

初めての Retina Mac である15インチ Retina MacBook Pro が登場する前は、15インチを買うパワーユーザーはデフォルトの低解像度 1440×900 ではなく「高解像度」の 1680×1050 のオプションを選択した。しかし実際に15インチ Retina MacBook Pro が発売されてみると、そのパネルは 1440×900 の倍バージョンで、パワーユーザーが望む理論的解像度より一段下のものだった。その差を埋めるためアップルが導入したのがソフトウェアのスケーリングモード(補間モード)だった。すなわち、倍サイズにレンダリングしたイメージを物理的な 2880×1800 ピクセルに縮小することによって 1680×1050 および 1920×1200 の解像度を生成する方法だ。GPU のパフォーマンスが少し減ったことを除けば、この高解像度スケーリングモードは事実上「タダ」だ。ダウンサンプリングによる縮小イメージの画質の変化は、ピクセルが非常に小さいためほとんど見分けがつかない。

Before the 15” Retina MacBook Pro (the first Retina Mac), power users buying the 15” usually opted for the “high-resolution” option at 1680×1050 instead of the lower default of 1440×900. But when the 15” Retina MacBook Pro was released, its panel was a “2×” version of 1440×900 — a step down in logical resolution for power users. To make up for the loss, Apple introduced software scaling modes that simulated 1680×1050 and 1920×1200 by rendering them at double-size and then scaling the image down to the physical 2880×1800 pixels. GPU performance is reduced slightly, but otherwise, these higher-resolution scaling modes are effectively “free” — the pixels are so small that the reduced image quality from downsampling is barely noticeable.
だ。

数か月後に13インチの Retina MacBook Pro が出たときも同じトリックを使った。比較的低解像度のピクセル数(理論的ピクセル数1280×800、物理的ピクセル数 2560×1600)を、シミュレーションにより高解像度に生成したのだ。

A few months later, the 13” Retina MacBook Pro was released with the same trick: a relatively low native resolution of 1280×800 logical pixels (2560×1600 physical pixels), but with simulated higher resolutions.

     *     *     *

27インチの Retina 化はいつでも可能

27インチの iMac や27インチの Thunderbolt Display を Retina 化するのに、アップルは 5120×2880[Retina バージョン]パネルが入手可能になるまで待つ必要はない。一段低い解像度のパネルで、ソフトウェアスケーリングモードを使えば、アップルはいつでも発売できる。ユーザーにシミュレートさせるか、あるいは完璧にネイティブな解像度で少し大きく表示しさえすればいいのだ。

To bring Retina to the 27” iMac and 27” Thunderbolt Display, Apple doesn’t need to wait until 5120×2880 panels are available. They can launch them at the next-lowest common resolution and use software scaling to let people simulate it if they want, or display things slightly larger at perfect native resolution.

     *     *     *

4K をサポートできる Mac

ここでいう一段低い解像度とは、もちろん 4K のことだ。

That next resolution down, of course, is 4K.

4K をサポートするハードウェアもソフトウェアもすでに入手可能になっている。Thunderbolt 2 で十分だ。ごく最近の GPU だけが可能だが、ごく最近の Mac は Thunderbolt 2 をサポートするのに十分な GPU を搭載している。

The hardware and software to support 4K is already available. Thunderbolt 2 drives it well. Only very recent GPUs can drive it, but only very recent Macs with decent-to-powerful GPUs have Thunderbolt 2.

     *     *     *

27インチ 4K Thunderbolt 2 モニター

デスクトップを Retina 化するためにアップルに必要なことは、27インチ 4K Thunderbolt 2 モニターを出荷して、OS X のアップデートでソフトウェアスケーリングモードを可能にするだけでいいのだ。

All Apple needs to do to deliver desktop Retina is ship a 27” 4K Thunderbolt 2 monitor and enable the software scaling modes for it in an OS X update.

     *     *     *

アップルなら・・・

半分程度の28インチの 4K ディスプレイならたった 700 ドルで、あるいは24インチ 4K ディスプレイなら 1300 ドルで販売可能なことが分かったばかりだ。アップルのサプライチェーンをもってすれば、今でも 27インチ 4K Thunderbolt 2 ディスプレイを 999 ドル 〜 1299 ドル程度で販売できることはまず間違いないし、27インチ Retina iMac なら今年後半には現在の27インチ iMac とほぼ同じ価格で出せるだろう。

We just learned that it’s possible to sell a 28” 4K display that’s at least halfway decent for only $700 and a 24” for $1300. With Apple’s supply chain, they could almost certainly sell a 27” 4K Thunderbolt 2 display for $999–$1299 now and a 27” Retina iMac later this year at pricing similar to today’s 27” iMac.

     *     *     *

今年中には

何度も試行錯誤を重ねたが、Retina iMac も Retina Thunderbolt 2 Display も今年中には発売されると思う。

I’ve gone back and forth on this, but I think both a Retina iMac and a Retina Thunderbolt 2 Display will be released in 2014.

     *     *     *

Retina とか 4K と聞いてもシロウトには判然としないが、こうして説明されるとそうかと思う。

Retina 化への手段である「スケーリングモード」はすでにアップルの手中にあるというワケだ。

John GruberMG Siegler も Marco Arment と同意見のようだ。

iOS デバイスから始まった Retina 化の波がいよいよデスクトップにも及ぶか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


[これが Semi Pro なら・・・:image

「MACお宝鑑定団」発のウワサが世界的に話題になっている

その中で Robert Cringely の反応が注目を引いた。

I, Cringely: “Is the Mac Pro dead?” by Robert X. Cringely: 23 August 2011

     *     *     *

Mac Pro ラインは死んだ

日本発のウワサが昨日浮上した。アップルが今年末までにガラリと変わった新しい Macintosh コンピュータを出すというのだ。そうだ、新種の Mac、まったくタイプの異なる Mac だ。このホントかどうか分からないウワサを1ダースをこえるサイトが取り上げた。アップルの話題ならホットだし、ひょっとしたらホントかもしれないというわけ。同じ思いで私の想像するところをいえば、アップルの Macintosh Pro ラインアップは死んだと考えるべきだと思う。

A rumor surfaced yesterday in Japan that Apple would by the end of the year introduce a radical new kind of Macintosh computer. That was it — new Mac, radical — yet dozens of sites ran with this non-information simply because Apple is a hot company and, who knows, it might be correct. In that same spirit, then, here’s my guess about what might be correct: I think Apple’s Macintosh Pro line of computers is dead.

     *     *     *

Mac Pro のアップグレードはない

Mac Pro はアップルのビッグボックス PC だ。昨年夏以来更新されていない。新 Mac Mini と一緒に今月新しいモデルが出るはずだったが、どういうわけか新 Mac Pro の発表はなかった。アップルからは何も話がないというか、そもそもアップルは何もいわないので、私のような予想屋が勝手に本当かどうか分からない話(この話も含めて)を書くわけ。一方 Mac 評論家たちは新 Mac Pro の登場を待ちかねているようだ。しかし決してそれは登場しないだろう。その代わりアップルは高性能コンピュータへのアプローチをまったく変えてしまうだろう。ひょっとしたら日本のライターが取り上げようとしたのはそういうことだったのかもしれない。

Mac Pro’s are Apple’s big box PCs. They haven’t been refreshed since last summer and new models were expected this month with the new Minis, but for some reason the new Mac Pro’s failed to appear. Apple said nothing because, well, because Apple never says anything, instead relying on dopes like me to write non-stories like this one. But while the Mac pundits are generally still waiting for new Mac Pro’s to appear, I don’t think they are coming at all and will be replaced with a whole new approach toward high performance computing from Apple. Maybe this is what the Japanese writers are picking up on.

     *     *     *

シンプルな製品ラインアップ

Mac Pro はアップル最強のコンピュータだ。もっとも新 Mac Mini I7 サーバーはかなりそれに近いが。そのことから次のように予測するわけだ。アップルはシンプルな製品ラインアップを好む。だから昨年 xServe ラインを廃止したように Mac Pro もやめてしまえばラインアップは確かにシンプルになる。

Mac Pro’s were Apple’s most powerful computers, though the new Mac Mini I7 servers get pretty darned close, and that’s part of my point in making this prediction. Apple likes a simple product line and eliminating the Mac Pro’s, just as Apple last year dropped its xServe line, would certainly simplify things.

     *     *     *

ストレージはクラウドへ

Mac Pro はいろんな点で恐竜に似ている。よく考えられた空気ダクトを備えた大きくて美しいアルミの筐体は8年を経た代物だ。たいていの PC と比べてもデカイ。未だに存在し続けるのは、ユーザーがドライブを追加し、ハイエンドゲームのためサードパーティ製グラフィックスカードを搭載するためだ。しかしアップルはストレージに関するアプローチをまったく変えようとしている。可能な限りノースカロライナの巨大データセンターに移行しようと考えているのだ。アップルは純正でないカード(いやカードそのもの)をアップル製マシンに搭載するのを嫌う。そこへ新しく毎秒10GB、デュアルチャンネルの Thunderbolt ポートの登場だ。それをどう取り入れるのか?

Mac Pro’s are dinosaurs in many respects. That big beautiful aluminum case with its clever air ducting is eight years old and enormous compared to most PCs. It exists primarily to allow users to pack their Macs with extra drives and third-party graphics cards for high-end gaming. But Apple is changing its whole approach to storage, presumably moving as much of it as possible to that big North Carolina data center. Apple hates foreign cards (or indeed cards at all) installed in its machines. And then there’s those new 10 gigabit-per-second dual-channel Thunderbolt ports; where do they come in?

     *     *     *

モジュラーなアーキテクチャ

アップルはモジュラーなアーキテクチャに移行すると私は考える。高性能コンピュータの基本単位は Mac Mini になる。新 Mac Mini ないしは Thunderbolt iMac がスタートだ。ストレージと処理能力は Thunderbolt でつながれた Mini を最大5台まで積み上げることによって解決する。最大システムは 24 コアの I7 プロセッサが6個、24 GB の DDR RAM(最大 96 GB!)、ストレージは最大 6 TB だ。Mac Pro を同じようにド派手に拡張したものに比べても、このシステムなら半値の 6000ドルだ。

I expect Apple to move to a modular architecture where the building blocks for high performance computers are generally Mac Minis. Start with a new Mini or with a Thunderbolt iMac and expand both storage and processing by adding a stack of up to five more Thunderbolt-connected Minis. A maxed-out system would have six I7 processors with 24 cores, 24 gigabytes of DDR RAM (expandable to 96 GB!) and at least six terabytes of storage. And at $6000, it would be half the price of an equivalently tricked-out Mac Pro.

     *     *     *

GPU は?

それじゃ、GPU[Graphics Processing Unit:グラフィックス・プロセッシング・ユニット]はどうする? プロのゲーマーが Mac Mini ラインのいささか非力なインテル製統合グラフィックスで満足するだろうか? そこでディスプレイの登場となる。

Yeah, but what about the Graphics Processing Units (GPUs)? What real gamer wants to be limited to the somewhat lame integrated Intel graphics found in the Mac Mini line? That’s where the displays come in.

     *     *     *

次期 Thunderbolt ディスプレイ

アップルの Cinema Display はいまだ魅力的だが、プライスパフォーマンス的には割高だ。パフォーマンスに比べて価格が高すぎるのだ。しかしアップルが PC メーカーであるためにはディスプレイが必要だ。価格競争に太刀打ちできるものを出すか、それともまったく新種のものが必要だ。それが次期 Thunderbolt ディスプレイだと思う。

Apple’s Cinema Displays, while still lovely, have fallen way down the price-performance curve. They are too darned expensive for what you get. But Apple can hardly be a PC company without displays. They need to either (shudder) start to compete on price or more likely find us a new flavor of Kool-Aid, which I think we’ll see in upcoming Apple Thunderbolt displays.

     *     *     *

Light Peak ディスプレイ

目下マーケットにはたった2種類の Light Peak ディスプレイしかない。Light Peak ということばを使ったのは、Thunderbolt はアップルの外の世界ではそう呼ばれるからだ。ひとつはアップル製でもうひとつはソニー製。それぞれ異なるコネクタを使う。ソニーのディスプレイがアップルにヒントを与えたのだと思う。ソニー製は統合 GPU を搭載している。アップルの新しい Thunderbolt ディスプレイも GPU を搭載するかもしれない。まだ誰も知らないようだが・・・

There are only two Light Peak displays on the market right now. I use the term Light Peak, which is what Thunderbolt is called in the non-Apple world, because while one display comes from Apple the other is from Sony and uses a different connector. I think that Sony display gives us a hint to Apple’s plan, because the Sony screen features an integrated GPU. The new Apple Thunderbolt display may include a GPU, too, but nobody seems to know.

     *     *     *

GPU 内蔵ディスプレイ

ディスプレイに GPU 搭載するもっともな理由がある。膨大な計算もつまるところディスプレイを駆動するために必要なのだ。GPU をスクリーンに内蔵すれば、ビデオメモリーとディスプレイピクセルの間を最大情報量で処理できる。GPU をスクリーンにうまく内蔵できれば、高性能ディスプレイの製造コストが安くなる可能性もある。正しいかどうか分からないが、いずれアップルからそんな発表を聞くのは間違いないと思う。

There are good reasons to put the GPU in the display. All those zillions of calculations, after all, are being performed specifically to drive the display. And putting the the GPU inside the screen allows the highest possible bandwidth connection between video memory and display pixels. In some ways putting the GPU in the screen may actually make the screen cheaper to build at such a high performance level. Whether that is true or not, I am sure it is what Apple will tell us.

アップルが 27 インチや 30 インチ Retina ディスプレイを発表する段になったら、統合 GPU が搭載されていることを賭けてもいい。

When Apple announces a 27-inch or 30-inch Retina Display, you can bet it will have an integrated GPU.

     *     *     *

ボーイング 737

ドッカーン!アップルは 3000 ドルディスプレイの販売ビジネスに復帰する。ハリウッドも、ニューヨークもサンフランシスコもみな買い求める。Mac Mini は高性能コンピュータのボーイング 737 になる。その時点になれば、サードパーティの Thunderbolt アクセサリーのマーケットも大きく動き出すだろう。

POW! Apple will be back in the business of selling $3000 displays and Hollywood, New York, and San Francisco will be back in the business of buying them. Mac Minis will become the Boeing 737 of performance computers. And Apple can at that point probably drive enough connections on its own to create a vibrant market for third-party Thunderbolt accessories.

     *     *     *

当たるも八卦

私は間違っているかもしれない。

Or I’m wrong.

日本人なら知っているかもしれない。

Maybe the Japanese will know.

     *     *     *

この線に沿った日本発ウワサの続きが出ればオモシロいのに・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

intel-sandy_bridge.jpg

Intel Sandy Bridge CPU

詳細なマックレビューでなる AnandTech の Anand Lal Shimpi が、未来のマックが採用する CPU について興味深い発言をしている。

Macworld: “Mac of the future: the CPU” by Anand Lal Shimpi: 01 December 2010

     *     *     *

時計仕掛け

この数年来、アップルがマックで使う CPU を予想するのは比較的カンタンだった。アップルがインテルの x86 プロセッサに移行して以来、インテルのロードマップを反映したものがマックのロードマップだった。インテルが新しい CPU を出す。すると数か月後にアップルが新しいマックを出す。まるで時計仕掛けのように正確だった。おかげでさもなくば予想のむずかしいアップルのプロダクトサイクルから驚きの要素がいくぶん失われてしまった。

For the past few years, predicting the CPUs that Apple would put inside its Macs has been relatively easy. Ever since Apple made the move to Intel’s x86 processors, the Mac road map mirrored Intel’s road map: Intel would release a new CPU, and a few months later Apple would release a new Mac. It was like clockwork, and it removed some of the surprise from Apple’s otherwise difficult-to-predict product-release cadence.

     *     *     *

壊れた時計仕掛け

ところが1年にわたってアップルはその時計仕掛けを壊してしまった。それはアップルが 2010 年4月に MacBook Pros を出したことから始まった。

But over the past year, Apple effectively smashed that clock. It all started with the MacBook Pros released in April 2010.

     *     *     *

13インチモデルは古いまま

そのアップデートの際、当時のインテル最新の Arrandale マイクロプロセッサ(Core i5 および Core i7 チップという名前の方がよく知られている)を採用したのは MacBook Pro ファミリーのうち15インチと17インチの2モデルだけだった。この CPU はインテルの最新技術(32-nm 製造プロセス、Hyper-Threading、Turbo Boost)を利用したものだ。しかし13インチモデルは古い CPU のままだった。

In that round of updates, only two members of the MacBook Pro family—the 15-inch () and 17-inch () models—got Intel’s then-new Arrandale microprocessors (more popularly known as the Core i5 and Core i7 chips). Those CPUs took advantage of some of Intel’s most up-to-date technologies—including a 32-nanometer manufacturing process, Hyper-Threading, and Turbo Boost. The 13-inch MacBook Pro (), however, stuck with the older Core 2 Duo CPU.

     *     *     *

今後を占うポイント

アップルが古い Core 2 Duo にこだわったことは2つのことを意味する。ひとつはアップルとインテルの関係がかつてほど居心地のいいものではなくなったのかもしれないということであり、二つ目はアップルが本当に GPU[graphics processing unit:グラフィックス・プロセッシング・ユニット]を気に入っているということだ。この2点が、アップルのハードウェアに関する今後2年間の意思決定に影響を及ぼすことになる。

The simple decision to stick with the Core 2 Duo indicated two things: first, that the Apple-Intel relationship might not be as cozy as it once was; and, second, that Apple really likes graphics processing units (GPUs). Those two points will drive much of Apple’s hardware decision-making over the next two years.

     *     *     *

インテルの最新チップはいらない

私の見るところ、アップルユーザーは13インチ MacBook Pro で(さらには MacBook Air の11インチおよび13インチモデルで)古い Core 2 Duo が使われていても気にしていないように見える。アップルとしては、これら製品が売れさえすれば最新で最高のインテル製品を使う必要を感じなくなっているように思えるのだ。

As far as I can tell, Apple’s customers didn’t mind when it used the Core 2 Duo in the 13-inch MacBook Pro (and, more recently, in the 11- and 13-inch MacBook Airs). If those products sell just fine, Apple will probably no longer see the need to use Intel’s latest and greatest products.

     *     *     *

OpenCL のおかげで

一方アップルは、より強力な GPU を使う必要を感じているようだ。現在マックを買うと、なんらかの形で強力な GPU がついてくる。15インチおよび17インチ MacBook Pro では統合グラフィックスプロセッサ Nvidia GPU が必要な場合に備えてセットになっている。かかる GPU は、OpenCL スペックのおかげで、リアルタイムのグラフィックスレンダリングだけでなく、一般的なコンピュータ処理作業にも使えるのだ。

At the same time, Apple has seen the need to use powerful GPUs in its computers. You can’t buy a Mac today that doesn’t have a robust GPU of some sort. Even the 15- and 17-inch MacBook Pros pair their integrated graphics with an Nvidia GPU, just in case you need it. Thanks to the OpenCL spec, such GPUs can be used for more than just real-time graphics rendering, taking on general computing tasks as well.

     *     *     *

AMD の可能性

したがってかつてはインテルの CPU を必要とした会社も、むしろ GPU の方が大事になってくるというわけだ。もちろんアップルが完全にインテルを止めてしまうことなど考えられないが、以上の点から考えると、今後2年間にアップルが AMD の CPU を使うことを検討してもおかしくはないのだ。

So you have a company that seems no longer to care as much as it once did about Intel’s CPUs, but that increasingly cares a lot about GPUs. While I can’t imagine Apple dropping Intel altogether, these two factors make me wonder whether Apple will at least consider using CPUs from AMD in the next two years.

     *     *     *

かくて Anand Lal Shimpi は AMD の CPU-GPU 戦略を振り返って、アップルが AMD チップを採用する可能性を検討する。

Fusion クラスのプロセッサから始まって、E-350 から Llano まで検討した結果、2012 年に AMD が強力な CPU-GPU チップセットを出すまでは、その可能性はないだろうと判断する。

続いてインテルの Sandy Bridge を取り上げる。

     *     *     *

Core i-シリーズの次世代 CPU:Sandy Bridge

この間インテルも甘んじていたわけではない。Core i-シリーズの第2世代 CPU(コードネーム Sandy Bridge)は 2011 年1月に登場する。アップルとしてはこのチップによってパフォーマンスの全体的向上と動画デジタル加工(video transcoding)のハードウェア的加速が可能になるハズだ。マックがこれを採用することはほぼ間違いない。

Intel won’t be standing still all of that time. The second-generation of its Core i-series CPUs (code-named Sandy Bridge) will come out in January 2011. Apple would get much better overall performance and hardware-accelerated video transcoding from these chips; their adoption in Macs is pretty much guaranteed.

     *     *     *

Sandy Bridge は OpenCL をサポートしない

Sandy Bridge は On-Die グラフィックスを採用するが、OpenCL はサポートしない。Sandy Bridge のグラフィックスは大部分の OS X ユーザーにとって十分な速度だと思われるが、アップルが OpenCL 対応の GPU をマックで採用するのを止めるとまでは考えられない。そういうわけで 2011 年においても大部分のマックは別個 GPU の搭載を継続するだろう。

Sandy Bridge will have on-die graphics, but that hardware won’t support OpenCL. While I believe Sandy Bridge’s graphics will be fast enough for the majority of OS X users, I don’t think Apple will want to stop shipping OpenCL-capable GPUs in its systems. For that reason, we may continue to see discrete GPUs shipped with most Macs sold even in 2011.

     *     *     *

マックへの採用は 2011 年から

Sandy Bridge チップは 2011 年の第1ないしは第2四半期に MacBook、MacBook Pro、iMac に搭載されると考えられる。Mac Pro については、Sandy Bridge の採用は 2011 年第3ないし第4四半期になると思われる。最近のモデル発表からみて、MacBook Air の本格的アップデートは早くても 2011 年末までは行なわれないだろう。

I’d expect to see Sandy Bridge chips appear in MacBooks, MacBook Pros, and iMacs sometime in the first or second quarter of 2011; I’d expect the Mac Pro to get Sandy Bridge sometime in 2011’s third or fourth quarter. Given the recent release of the new models, I wouldn’t expect to see the MacBook Air get a serious update until late 2011 at the earliest.

     *     *     *

Ivy Bridge

インテルは 2011 年末ないしは 2012 年初頭に Sandy Bridge の後継チップ Ivy Bridge を発表する予定だ。Ivy Bridge はより強力な GPU コアを有するハズだ。ただ、その性能がアップルが必要とする GPU の基準を充たすかどうかはまだ不明だ。

In late 2011 or early 2012, Intel is expected to release Sandy Bridge’s successor: Ivy Bridge. That should provide a more capable GPU core than Sandy Bridge; whether or not it will meet Apple’s requirements for a compute-ready GPU is still unknown.

     *     *     *

Sandy Bridge に関する記事もちらほら現れ始めた。(こちらこちら

Anand Lal Shimpi の記事は未来のマック CPU を読み解く上で格好の道標になるように思える。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »