Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iMac’

RETINA-iMac-2015

Retina iMac のウワサしきりだ。

Retina MacBook Pro の熱烈なファンである David Sparks からのアドバイスがオモシロい。

On the Rumored Retina iMac | MacSparky

4つのアドバイス・・・

     *     *     *

1)発表されてもすぐには飛びつかないこと

1. Don’t Buy on Launch Day

グラフィックスのパワーが解像度に追いつくのは通常第2世代のマシンになってからだ。

[…] Usually, it takes the second-generation device for the graphics horsepower to catch up with all of those pixels.

     *     *     *

2)Cinema Display が出るにはまだ時間がかかる

2. No Cinema Display for Awhile

Thunderbolt ポートがネックだ。

With an external display it would have to go through the Thunderbolt port. The amount of data required to drive that many pixels through a Thunderbolt cable is going to be difficult until Thunderbolt cables get faster (which is planned).

     *     *     *

3)「Retina」という名前がつくと結構高いぞ

3. Be Prepared to Pay a Premium

     *     *     *

4)買う気がなければ見ちゃダメ

4. Don’t Look at One Unless You’re Willing to Buy One

MacBook Pro の Retina ディスプレイはすばらしい。文字もゴージャスだ。もう Retina でないマックなど買うことは考えられない。Retina スクリーンにはすっかりスポイルされてしまった。Retina iMac が登場しても、自分は意識的に見ないようにするつもりだ。

I love my retina display on my MacBook Pro. Text is gorgeous. I could never see myself buying another non-retina screen Mac. This screen has ruined me. I will intentionally not look at the retina iMacs if/when they show up.

     *     *     *

なるほどナルホド・・・

広告

Read Full Post »

Dell-P2815Q-Ultra-HD-Monitor

[699 ドルの Dell 4K Monitor:image

デスクトップの Retina 化に関する Marco Arment の考察が興味深い。

Marco.org: “How and when the iMac and Mac Pro can go Retina” by Marco Arment: 08 January 2014

     *     *     *

Retina 化が難しいワケ

現在の 27 インチ iMac や Thunderbolt Display の縦横各2倍の解像度を持つ Retina バージョン(5120×2880 ピクセルの解像度が必要)を出すためには、おそらく3つの大きな問題があると思われる。

Three major factors have probably prevented a proper 2×-in-each-dimension “Retina” version of today’s 27” iMac and standalone Thunderbolt Display, which would need to be 5120×2880 pixels:

     *     *     *

1)現在のところ、このような解像度の一般用 LCD パネルを製造するメーカーがない。

「4K」パネルの解像度は 3840×2160 だが、5120×2880[Retina バージョン]は約 1.8 倍のピクセル数になり、大幅に増やす必要がある。これは初期のころの 24 インチパネル(1920×1200)と 30 インチパネル(2560×1600)の違いの比率と同じだ。4K パネルの大量生産は始まったばかりで、やっとハイエンドユーザーにも手の届く価格にこなれてきたので、手ごろな価格の 5120×2880 ディスプレイもいよいよ間近になってきたのではないかと思われる。

– Nobody makes general-purpose LCD panels with that resolution today. “4K” panels are 3840×2160, but 5120×2880 is about 1.8 times the pixel count — a substantial increase. It’s the (exact) same ratio as the difference between the first 24” (1920×1200) and 30” (2560×1600) panels. Since 4K panels are just starting to become mass-produced and affordable to high-end computer buyers, available and affordable 5120×2880 displays are probably not imminent.

     *     *     *

2)ピクセル数が倍になればケーブルの処理能力もほぼ倍にする必要がある。

4K は 10 Gbit/s の Thunderbolt では不十分で、16 Gbit/s が必要だ。20 Gbit/s の Thunderbolt 2 なら 4K 出力ができるが、28 Gbit/s が必要な 5120×2880[Retina バージョン]はムリだ。近く登場しそうなものとしては 32 Gbit/s の DisplayPort 1.3 があるが、そのスペックは 2014 年後半まで決まらない。ということは 5120×2880 がサポートできるのはまだ数年先ということになる。

– Almost twice as many pixels require almost twice the bandwidth to drive over a cable. Thunderbolt at 10 Gbit/s wasn’t fast enough to drive 4K, which needs about 16 Gbit/s. Thunderbolt 2 at 20 Gbit/s can drive 4K, but not 5120×2880, which needs 28 Gbit/s. The only promising standard on the horizon is DisplayPort 1.3 at 32 Gbit/s, but that spec is being finalized later in 2014, which means we’re probably still years away from anything supporting it.

     *     *     *

3)GPU の多くは、せいぜい頑張ってもまだ 4K 解像度の出力ができるほど強力ではない。

したがって 5120×2880 は問題外だ。

– Many GPUs haven’t been powerful enough to drive much at 4K resolution even if they could output it somehow, so 5120×2880 would be out of the question.

     *     *     *

Retina バージョンはまだ2〜3年先

幸いなことにハイエンドでは、3つ目の点は問題ではなくなった。残る問題は2つだけだが、すぐに変化するとは期待できそうにない。

Fortunately, that last one is no longer true at the high end. It’s just the first two holding us back now, but they’re also the slowest to change.

だからデスクトップが 5120×2880[Retina バージョン]の解像度になるのはまだ2〜3年先だと思われる。

I suspect that 5120×2880 on the desktop is still 2–3 years away.

     *     *     *

見落としていたヒント

しかしアップルは 27 インチ Retina 化の方法をすでに明らかにしていた。アップルは十分注意して見れば決して予測の難しい会社ではない。しかし自分は Mac Pro 向けの 5120×2880[Retina バージョン]ディスプレイを期待するあまり、近々起きるであろうことの明らかなヒントを見落としていた。

But I think Apple has already shown us how they’re going to do 27” Retina. Apple’s not a difficult company to predict if you pay attention. My hopes for a 5120×2880 display for the new Mac Pro were blinding me to the obvious clues to what will very likely happen instead.

     *     *     *

スケーリングモード

初めての Retina Mac である15インチ Retina MacBook Pro が登場する前は、15インチを買うパワーユーザーはデフォルトの低解像度 1440×900 ではなく「高解像度」の 1680×1050 のオプションを選択した。しかし実際に15インチ Retina MacBook Pro が発売されてみると、そのパネルは 1440×900 の倍バージョンで、パワーユーザーが望む理論的解像度より一段下のものだった。その差を埋めるためアップルが導入したのがソフトウェアのスケーリングモード(補間モード)だった。すなわち、倍サイズにレンダリングしたイメージを物理的な 2880×1800 ピクセルに縮小することによって 1680×1050 および 1920×1200 の解像度を生成する方法だ。GPU のパフォーマンスが少し減ったことを除けば、この高解像度スケーリングモードは事実上「タダ」だ。ダウンサンプリングによる縮小イメージの画質の変化は、ピクセルが非常に小さいためほとんど見分けがつかない。

Before the 15” Retina MacBook Pro (the first Retina Mac), power users buying the 15” usually opted for the “high-resolution” option at 1680×1050 instead of the lower default of 1440×900. But when the 15” Retina MacBook Pro was released, its panel was a “2×” version of 1440×900 — a step down in logical resolution for power users. To make up for the loss, Apple introduced software scaling modes that simulated 1680×1050 and 1920×1200 by rendering them at double-size and then scaling the image down to the physical 2880×1800 pixels. GPU performance is reduced slightly, but otherwise, these higher-resolution scaling modes are effectively “free” — the pixels are so small that the reduced image quality from downsampling is barely noticeable.
だ。

数か月後に13インチの Retina MacBook Pro が出たときも同じトリックを使った。比較的低解像度のピクセル数(理論的ピクセル数1280×800、物理的ピクセル数 2560×1600)を、シミュレーションにより高解像度に生成したのだ。

A few months later, the 13” Retina MacBook Pro was released with the same trick: a relatively low native resolution of 1280×800 logical pixels (2560×1600 physical pixels), but with simulated higher resolutions.

     *     *     *

27インチの Retina 化はいつでも可能

27インチの iMac や27インチの Thunderbolt Display を Retina 化するのに、アップルは 5120×2880[Retina バージョン]パネルが入手可能になるまで待つ必要はない。一段低い解像度のパネルで、ソフトウェアスケーリングモードを使えば、アップルはいつでも発売できる。ユーザーにシミュレートさせるか、あるいは完璧にネイティブな解像度で少し大きく表示しさえすればいいのだ。

To bring Retina to the 27” iMac and 27” Thunderbolt Display, Apple doesn’t need to wait until 5120×2880 panels are available. They can launch them at the next-lowest common resolution and use software scaling to let people simulate it if they want, or display things slightly larger at perfect native resolution.

     *     *     *

4K をサポートできる Mac

ここでいう一段低い解像度とは、もちろん 4K のことだ。

That next resolution down, of course, is 4K.

4K をサポートするハードウェアもソフトウェアもすでに入手可能になっている。Thunderbolt 2 で十分だ。ごく最近の GPU だけが可能だが、ごく最近の Mac は Thunderbolt 2 をサポートするのに十分な GPU を搭載している。

The hardware and software to support 4K is already available. Thunderbolt 2 drives it well. Only very recent GPUs can drive it, but only very recent Macs with decent-to-powerful GPUs have Thunderbolt 2.

     *     *     *

27インチ 4K Thunderbolt 2 モニター

デスクトップを Retina 化するためにアップルに必要なことは、27インチ 4K Thunderbolt 2 モニターを出荷して、OS X のアップデートでソフトウェアスケーリングモードを可能にするだけでいいのだ。

All Apple needs to do to deliver desktop Retina is ship a 27” 4K Thunderbolt 2 monitor and enable the software scaling modes for it in an OS X update.

     *     *     *

アップルなら・・・

半分程度の28インチの 4K ディスプレイならたった 700 ドルで、あるいは24インチ 4K ディスプレイなら 1300 ドルで販売可能なことが分かったばかりだ。アップルのサプライチェーンをもってすれば、今でも 27インチ 4K Thunderbolt 2 ディスプレイを 999 ドル 〜 1299 ドル程度で販売できることはまず間違いないし、27インチ Retina iMac なら今年後半には現在の27インチ iMac とほぼ同じ価格で出せるだろう。

We just learned that it’s possible to sell a 28” 4K display that’s at least halfway decent for only $700 and a 24” for $1300. With Apple’s supply chain, they could almost certainly sell a 27” 4K Thunderbolt 2 display for $999–$1299 now and a 27” Retina iMac later this year at pricing similar to today’s 27” iMac.

     *     *     *

今年中には

何度も試行錯誤を重ねたが、Retina iMac も Retina Thunderbolt 2 Display も今年中には発売されると思う。

I’ve gone back and forth on this, but I think both a Retina iMac and a Retina Thunderbolt 2 Display will be released in 2014.

     *     *     *

Retina とか 4K と聞いてもシロウトには判然としないが、こうして説明されるとそうかと思う。

Retina 化への手段である「スケーリングモード」はすでにアップルの手中にあるというワケだ。

John GruberMG Siegler も Marco Arment と同意見のようだ。

iOS デバイスから始まった Retina 化の波がいよいよデスクトップにも及ぶか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

fusion_hero

究極のオールインワン — iMac

インテルの第4世代クアッドコアプロセッサ「Haswell」を搭載、高速 802.11ac Wi-Fi に対応、8GB のメモリと 1TB のハードドライブを標準装備・・・どのひとつとってもひと昔前なら大ニュースになったハズだ。

そんな iMac のアップグレードが何のイベントもなく、静かに発表された。しかも即日入手可能だ。

John Gruber がポツリとひとこと・・・

Daring Fireball: “Apple Releases iMac Speed-Bump: Faster Processors, Graphics, Wi-Fi” by John Gruber: 24 September 2013

     *     *     *

大幅にスピードアップした iMac をアップルが発表 — プロセッサ、グラフィックス、Wi-Fi、いずれも高速化

Apple Releases iMac Speed-Bump: Faster Processors, Graphics, Wi-Fi

近々登場すると思われる Mac Pro や Mavericks がどうなるのか興味津々。来月の iPad イベントではこの2つもステージで披露されるに違いない。

I’m curious what Apple is going to do with the hopefully imminent new Mac Pro and Mavericks. My guess is that they’re going to show them off on-stage at next month’s press event for the new iPads.

     *     *     *

大幅に性能強化された iMac でも、次に来るものの前では影が薄いということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Mac Pro や iMac はどうなる?]

Retina MacBook Pro もさりながら、WWDC で発表されなかったマシンが気に懸かる。

いつものように Marco Arment が大胆な予想をしている。「Mac のデスクトップマシンはどうなるのか。」

Marco.org: “Predicting the next Mac desktops” by Marco Arment: 22 June 2012

     *     *     *

手つかずの Mac Pro と iMac

新しい Mac の予想にはインテルのロードマップが重要なヒントになる。しかし WWDC でアップルのラップトップラインアップが完全に一新されたのに、Mac Pro と iMac は手つかずのままだ。インテルの一連の新しいプロセッサが使えるというのに・・・

Intel’s roadmap is generally a very strong predictor of when new corresponding Macs will be released. But after the complete update of Apple’s laptop lineup at WWDC, the Mac Pro and iMac were untouched, despite suitable new Intel CPU families being available for both.

     *     *     *

次なるデスクトップ

そして Tim Cook が「来年後半」に新しい Mac Pro が出ることを認め、アップル広報も今年後半には新 iMac が出ることを強くにおわせている。

Then an email from Tim Cook confirmed that new Mac Pros are coming “later next year”, and Apple PR strongly implied that new iMacs were coming later this year.

     *     *     *

なぜラップトップだけだったのか

どうしてアップルは MacBook Air、MacBook Pro、Retina MacBook Pro を発表しただけで、iMac や Mac Pro は発表しなかったのだろうか。また iMac は今年アップデートされるのに、Mac Pro は1年後ないし1年半後までアップデートされないのはなぜだろうか?

Why did Apple just release new MacBook Airs, MacBook Pros, and a Retina MacBook Pro, but no new iMacs or Mac Pros? And why are the iMacs probably being updated this year while the Mac Pro update won’t happen for 12–18 months?

     *     *     *

Retina しかない

いつものように想像をめぐらせてみよう。

As usual, I have some guesses.

私の基本的考え方はこうだ。アップルが未来は Retina ディスプレイしかないと信じていること、それぞれのマシンファミリーが Retina を搭載できるようになるまではアップグレードを行なわないだろうということ。

My core theory: Apple believes that Retina displays are the only way to go from this point forward, and they’re waiting to update each family until it can be Retina-equipped.

     *     *     *

Retina でないラップトップ

となるとすぐ湧く疑問。 MacBook Air と Pro はなぜ Retina ディスプレイを伴わないアップデートだったのか。私が思いつく理由はこうだ。

Now, an obvious question: why were the MacBook Airs and Pros just updated without Retina displays? My best guesses:

・今やアップルが売るコンピュータの大部分はラップトップで、夏は新学期を控えたもっとも儲かる時期なので、新鮮味のなくなったハードのままで座して待つワケにはいかなかった

– The vast majority of computers Apple sells today are laptops, and summer is a very lucrative, competitive back-to-school buying season that they couldn’t afford to sit out with stale hardware.

・Air および13インチ Pro はどちらも廉価なモデルなので値上げをしないと Retina 化できない。かかる主要モデルの値上げはアップルはやらない

– The Airs and 13” Pro are too inexpensive and can’t yet support Retina displays without raising prices, which Apple won’t do for such important products.

・ラップトップの売れ行きがよすぎて、ハイエンドの単一モデルでしか Mac サイズの Retina スクリーンは大量確保できない

– The laptops sell too well, and Mac-sized Retina screens simply aren’t available yet in high enough volume to be used in anything but a single, high-end model.

     *     *     *

iMac 発表は10月ないしは11月

一方 iMac はハイマージンだが売れる数量がずっと少ない。ライバルからのプレシャーがあまりないので積極的にアップデートしようとしない。などなどから Retina iMac の発売までなお数か月かかってもおかしくない。また iMac が家族共用マシンとして購入されることが多いので、クリスマスシーズン向けの商品として最適だ。

But the iMac has higher margins, sells in far lower quantities, and is under less competitive pressure to keep an aggressive update schedule. It’s plausible that Apple can start selling Retina iMacs in a few more months. And since the iMac is often bought for shared family use, it’s a great product to release right before the holiday shopping season.

だから、Ivy Bridge CPU および Retina ディスプレイ搭載の新 iMac は10月ないしは11月に登場すると予想する。

I’m guessing, therefore, that we’ll see new iMacs with Ivy Bridge CPUs, and probably with Retina displays, in October or early November.

     *     *     *

Mac Pro はまったく別のマシン

しかし Mac Pro はまったく別のマシンだ。ディスプレイは別売りだし、プロのユーザーはアップルが望む値段を払う。メインストリームユーザーを対象としないのでいつでもアップルが望むときにアップグレードできる。それならなぜ Xeon E5 のような最適の CPU がある今ではなく「来年後半」まで延期されるのか?

But the Mac Pro is very different. It’s sold separately from its display, its customers will pay whatever Apple wants to charge for it, and it can be updated whenever Apple feels like it because it’s not targeted at mainstream consumers. So why is it delayed until “later next year” despite perfectly good Xeon E5 CPUs being available today?

     *     *     *

どのプロセッサ

興味深いことに、多分これは将来 Xeon E5 を完全にスキップして Haswell Xeon を使うためではないのか。しかし発表が今年か来年かという単位ではなく何月になるかという状態だと敢えて予想したい追記:読者から次のような指摘があった。Xeon は通常一世代限りの CPU が主流で、E5 シリーズは Sandy Bridge ベースなので、来年の Xeon は Ivy Bridge ベースとなり、Haswell Xeon は 2013 年には登場しないと。

Interestingly, that’s probably far enough in the future to skip the Xeon E5 entirely and use Haswell Xeons. But I bet that just decides which month they get released in, not which year. UPDATE: Responders have pointed out that the Xeons usually trail the mainstream CPUs by one process generation, and since the E5 series is Sandy Bridge-based, next year’s Xeons are likely to be Ivy Bridge-based, with Haswell Xeons probably not appearing in 2013.

     *     *     *

Mac Pro のアップデート

私は次のように予想したい。Mac Pro は「来年後半」までアップデートがなく、それまでスタンドアローンの Retina ディスプレイ(多分27インチ)も出ない。その両方を同時に出すことでプロマーケットの話題と利益を攫うことをアップルは望むだろうと。

I bet the Mac Pro update is being held up until “later next year” because a standalone (27-inch?) Retina Display can’t be released until then, and Apple wants to release them simultaneously to capture a lot of buzz and profit in the pro market.

     *     *     *

スタンドアローンの Retina ディスプレイが遅れる理由

スタンドアローンの Retina ディスプレイはなぜそれまで出ないのか? 私の理屈は基本的な考え方の線に一致する。

Why a standalone Retina Display can’t be released until then is also worth asking. My guesses help solidify the theory:

・大型 Retina パネルは当分の間需要に追いつけず、また iMac の方をまず先にしたいとアップルは考えるだろう。同一サイズのパネルを使用する27インチ Cinema Display と27インチ iMac についても同様の遅れが生じるだろう

– Large Retina panels will be in short supply for a while, and Apple needs them for the iMac first. They had a similar delay, probably for the same reason, between the release of the 27” iMac and the 27” Cinema Display using the same panel.

・もしも27インチ Retina が現行パネル(5120×2880)の倍バージョンになるなら、60 Hz で動かすためには現在の Thunderbolt が提供するもの(最大 10 Gbps 2チャンネル)より大きな処理能力(24-bit カラーで 21 Gbps 以上)を必要とするだろう

– If a 27” Retina Display is a “2X” version of the current panel, that’s a 5120×2880 panel — running that at 60 Hz requires more bandwidth (over 21 Gbps for 24-bit color) than Thunderbolt offers today (up to two 10 Gbps channels).

     *     *     *

2013 年後半というタイミング

Thunderbolt のスピードのアプグレードは「2013 年後半」になると思われるが、これは他ともうまくタイミングが合う。

Thunderbolt is probably going to get its first speed upgrade “in late 2013”. That’s pretty convenient timing.

     *     *     *

したがって Mac Pro は

ということで、新 Mac Pro は 2013年後半に、Haswell Ivy Bridge Xeon プロセッサ、高速 Thunderbolt を搭載して、スタンドアローン Retina ディスプレイと同時に出るだろう。

So I’m guessing we’ll see a new Mac Pro in late 2013 with Haswell Ivy Bridge Xeons, faster Thunderbolt, and available standalone Retina Displays.

     *     *     *

iMac の新情報(追記)

追記2:複数のソースから、確かに今秋 iMac のアップデートが行なわれるけれど Retina ディスプレイではないという情報が入ってきた。おやおや、両方ともうまくいくというわけではなさそうだ。

UPDATE 2: I’ve now heard from multiple sources that while an iMac update is indeed coming this fall, it will not have Retina displays. Oops. Can’t win ‘em all.

     *     *     *

デベロッパの第一線に立つ身でありながら、臆せずこんな大胆な予想をする Marco Arment が好きだ・・・

[via parislemon

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Sean Connery から Steve Jobs あての手紙

インターネットで広く流布しているウワサらしい。

ジェームズ・ボンドがアップルの広告に出るのを断ったという手紙だ。

     *     *     *

1998 年12月11日

December 11, 1998

ジョブズ殿

Mr. Jobs:

重ねて申し上げる。貴殿は英語を解されぬのか。アップルその他いかなる企業のためであれ我が魂を売り渡すつもりはござらぬ。貴殿の「世界を変える」という戯言など興味ござらぬ。小生が必要とし、望むものなど貴殿は持ち合わせておられぬ。貴殿はたかがコンピュータのセールスマンに過ぎぬ。小生、痩せても枯れてもジェームズ・ボンドなり。

I will say this one more time. You do understand English, don’t you? I do not sell my soul for Apple or any other company. I have no interest in “changing the world” as you suggest. You have nothing that I need or want. You are a computer salesman — I am fucking JAMES BOND!

貴殿のがさつな広告に登場することほど我が経歴を汚す行為は考えられぬ。二度と小生に連絡なさらぬよう・・・

I can thing of no quicker way to destroy my career than to appear in one of your crass adverts. Please do not contact me again.

敬具

Best,

ショーン・コネリー

Sean Connery

     *     *     *

この手紙は iMac の誕生秘話を綴った「iMaculate Conception: How Apple’s iMac Was Born」[6月27日に Barnes & Noble から出版予定]が取り上げたものだという。

Scoopertino: “EXPOSED: The iMac disaster that almost was” by Miyoko Yamada: 19 June 2011

     *     *     *


[実現しなかったジェームズ・ボンドの広告 – 最下段の一行に注意]

スティーブ・ジョブズはジェームズ・ボンドの大ファンだった。当初 iMac の名前を「Double-O-Mac」にしようかと考えたほどだった。ダブル・オー・セブン(Double O Seven)のショーン・コネリーを使って iMac のクリスマス用特別広告を作るようエージェントに命じた。この時点でコネリーの同意ははまだ得られていなかった。

Steve Jobs, a lifelong fan of James Bond (he’d originally wanted to name the revolutionary computer “Double-O-Mac”), instructed his agency to begin work on a special celebrity Christmas ad featuring 007 himself, Sean Connery — even though Connery had yet to be signed.

スティーブ・ジョブズにはショーン・コネリーに対する特別な気持ちがあったが、相手は必ずしもそうではなかった。大西洋を越えて送られたジョブズの広告を見て愕然としたコネリーはそんな話にはのりたくないと少なくとも3度にわたって断った。

Though Steve had a thing for Sean Connery, the feeling was not mutual. Connery was appalled by the “advert” Jobs sent across the pond and declined to participate in the misadventure on at least three separate occasions.

コネリーが最後に送った手紙には彼のイライラぶりがよく出ている。[上記手紙参照]

Connery’s final rejection was accompanied by a note revealing one mightily peeved film star (see letter on right).

結局、ダブル・オー・セブンという非常手段をとらなくても iMac は生き延びることができたのだが・・・

Needless to say, iMac managed to “survive” without extraordinary measures.

iMaculate Conception」には他にも iMac に関連した興味深い逸話がたくさん語られている。評判の悪かった「アイスホッケーパック型マウス」がイングリッシュ・マッフィンから考えついたことや、iMac のハンドルを握ってえいやっと持ち上げた Jony Ive がヘルニアを患ったという話など。

iMaculate Conception reveals a number of other interesting iMac-related stories. Ms. Woods details the true origin of the failed “hockey-puck mouse”design — a burnt English muffin. She also tells the heart-thumping tale of Jony Ive’s hernia, suffered when he attempted to actually pick up an iMac by its handle.

     *     *     *

で、この話のオチは?・・・John Gruber の解説をどうぞ。

Daring Fireball: “You Have Nothing That I Need or Want. You Are a Computer Salesman — I Am Fucking James Bond!” by John Gruber: 23 June 2011

私のジェームズ・ボンド好きとアップル好きのせいで、私のメール箱は、1998 年に Sean Connery から Steve Jobs に送られたという Scoopertino の偽手紙に関するメールで溢れかえっている。これはこういうことだ。この手紙の画像コピーがインターネットを野火の如く流布している。しかし Scoopertino へのリンクは張られていない。ということはなりすましのイタズラはうまくいかなかったということだ。

Thanks to the confluence of my interests and the fact that it’s funny as hell, I’ve been inundated with email regarding Scoopertino’s fake 1998 letter from Sean Connery to Steve Jobs. Here’s the thing, though — it’s the image of the letter that’s circulating like wildfire, not the link to Scoopertino, so the fact that it’s a spoof is lost on many.

あまりによくできた話なので、本当ならとつい思ってしまう。

It’s so good we all want it to be true.

     *     *     *

はてさて、インターネットの話は何が本当なのか・・・

Read Full Post »


iMac 2011 の SATA ハードドライブ

新しい iMac では純正以外のハードドライブに交換できないことが話題になっている。

Marco Arment の指摘がおもしろい。

Marco.org: “OWC: New iMacs can only use Apple’s custom hard drives” by Marco Arment: 12 May 2011

     *     *     *

新しい iMac の純正ハードドライブは交換できない

新しい iMac では、アップルのカスタムファームウェアを使用しない普通のハードドライブは、必要な温度監視ができないと OWC がいっている

Standard hard drives, without Apple’s custom firmware, don’t provide temperature monitoring in the way that the new iMacs require:

「アップルは 2011 iMac のメインハードドライブである 3.5″ SATA ハードドライブベイのパワーコネクタの仕様自体を変更した。ハードドライブの温度調整はハードドライブのケーブルとアップル専用のファームウェアの組み合わせでコントロールされる。われわれがテストしてみたところ、ドライブをコンピュータから外すと、ベイから外すだけで、ハードドライブのファンが最大速度で回転を始める。アップルのオリジナルドライブ以外と交換すると、AHT[Apple Hardware Test:アップルハードウェアテスト]に適合しなくなる。」

“For the main 3.5″ SATA hard drive bay in the new 2011 [iMacs], Apple has altered the SATA power connector itself […]. Hard drive temperature control is regulated by a combination of this cable and Apple proprietary firmware on the hard drive itself. From our testing, we’ve found that removing this drive from the system, or even from that bay itself, causes the machine’s hard drive fans to spin at maximum speed and replacing the drive with any non-Apple original drive will result in the iMac failing the Apple Hardware Test (AHT).”

「2011 iMac[27 インチ]についてわれわれが提供するおまかせアップグレードサービス(Turnkey Upgrade Service)について、メインベイの工場出荷ハードドライブをアップグレードする様々な方法を試みたが、いずれもファンの高速回転が始まり AHT テストが失敗する結果となった。搭載されていたのとまったく同じドライブ(Western Digital Black WD1001FALS)に交換してみたがやはり失敗した。Mercury Pro 6G SSD を同じベイにインストールしてみたが、それでもファンがひどいスピードで唸りだし、AHT に失敗した。要するにアップル製のメインハードドライブはいじることも、外すことも、交換することもできないのだ。」

“In examining the 2011 27″ iMac’s viability for our Turnkey Upgrade Service, every workaround we’ve tried thus far to allow us to upgrade the main bay factory hard drive still resulted in spinning fans and an Apple Hardware Test failure. We swapped the main drive out (in this case a Western Digital Black WD1001FALS) with the exact same model drive from our inventory which resulted in a failure. We’ve installed our Mercury Pro 6G SSD in that bay, it too results in ludicrous speed engaged fans and an AHT failure. In short, the Apple-branded main hard drive cannot be moved, removed or replaced.”

     *     *     *

ユーザーは手が出せない

これは大した問題ではないと私は考える。iMac のハードドライブにユーザーが手を加える(user-serviceable)ことはまったく出来ないのだ。ハードドライブベイにアクセスするためにはスクリーンを外すという大変危険なことが必要になるからだ。(ゴミがはいらないように後で再度はめ込むのはさらに大変だ。)こういうことからアップルが指定したサービスセンターだけにやらせたいと考えていることは明らかだ。さもないと、修理でヘマしたユーザーが運の悪い Genius Bar の担当に、以前よりもっと壊れてしまった iMac をアップルの費用で修理しろ文句をいってくることになるからだ。

I don’t think this is a big deal: iMac hard drives are not considered user-serviceable at all, since accessing the bay requires the extremely risky removal of the screen (and the dust-free reattachment afterward). This is something that Apple only wants authorized service centers to do, understandably, because otherwise they’d have a bunch of people botching the repair and then complaining to unfortuate [sic] Genius Bar workers that their now-much-more-broken iMac should be replaced at Apple’s expense.

     *     *     *

純正以外はサポートしなくて済むからこそ・・・

アップル製でないハードドライブをアップルがサポートする必要はない。だからスリムなデザインを採用し、信頼性を高め、部品を減らし、コストを下げるという近道をとることができるのだ。ハードドライブの温度監視をする別個のケーブルやセンサーを必要としないこともその近道のひとつのようだ。ドライブの内部センサーから、SATA パワーケーブルの使われていないピンを使って、ピンにデータを直接送るカスタムファームウェアを使っている限り、SATA パワーケーブルから直接読み取れることになる。

Since Apple doesn’t need to support non-Apple-branded hard drives in this machine, they can take shortcuts to slim down the design, improve reliability, reduce parts, and reduce cost. And it looks like one of those shortcuts is that they no longer need a separate cable and sensor to monitor the hard drive’s temperature — they can now read the drive’s internal sensor directly through the SATA power cable’s unused pins, as long as the drive has their custom firmware to send the data to those pins.

     *     *     *

iMac のトレードオフ

内部ハードドライブを自分で交換しよう(あるいはカネを節約するためアップル未指定の店に扱わせよう、さらにはアップルがサポートしない部品を追加しよう)などと考えるわれわれのようなギークにとって、iMac のトレードオフはとてもハッキリしている。

The iMac is a very clear, known tradeoff to the types of geeks like us who would even think about replacing its internal hard drive ourselves (or having an unauthorized place do it to save money or add unsupported parts):

市販されている最も優れた LCD パネルを搭載した美しくてスリム、オールインワン、ハイエンドの Mac が、PC に比較して適当な値段で、ほかの Mac と比較しても非常に安く買うことができる。こういう利点があるから、購入した後に自分で内部改造や、拡張、修理をすることを諦めるのだ。(RAM については別だ。) 自分でカスタマイズできるデスクトップコンピュータが欲しいのなら、Windows PC を買うか(Mac が欲しいのなら選択肢にはならないが)、あるいはもっとカネを出して Mac Pro を買うかのどちらかだ。さもなくば iMac の限界で満足することだ。

You get a beautiful, slim, all-in-one, high-end Mac, with one of the best LCD panels on the market built in, for a very good price relative to PCs and an excellent price relative to the other Macs. For these benefits, you give up all after-purchase internal customization, expansion, and self-repairs, except RAM. If you want a more customizable desktop, you can either get a Windows PC (which, if you want a Mac, isn’t an alternative), you can spend a lot more money for a Mac Pro, or you can just deal with the iMac’s limitations.

     *     *     *

アップルは邪悪か

OWC がこれまでやってきたサービスの一部を継続できないことに Michael は憤慨している。ユーザーが交換できない部品、アップルがサポートしないハードウェアなどをインストールするという、これまでアップルが許したことのないサービスだ。これはアップルが必要以上に邪悪だから起きた結果ではない。むしろ実際的な理由から起きたのだ。Michael の議論はあまり説得力がないと思う。

Michael from OWC is upset because they can’t continue to offer one part of a service that Apple has never permitted, on a non-user-serviceable part, to install unsupported hardware — and that this is the result of Apple being unnecessarily evil, rather than the more pragmatic explanations. It doesn’t seem like a very strong argument.

     *     *     *

John Gruber も Marco Arment の意見に同意している。

Daring Fireball: “Marco Arment on the New iMacs’ Reliance Upon Apple-Branded Hard Drives” by John Gruber: 13 May 2011

Marco Arment に賛成だ

Marco Arment の意見に私も賛成だ。OWC の記事は技術的問題としては興味深い。OWC のような会社が普通のハードドライブと交換できるようにしたいと考え、ギークユーザーが同じことを望むのは理解できる。しかし iMac はそんなものではないのだ。

I agree with Marco on this. OWC’s reporting on the technical aspects is interesting, and I can see how a company like OWC wants iMacs to have user-replaceable commodity hard drives, and I can see how technical-minded users would want the same thing, but that’s not what the iMac is.

     *     *     *

iMac のハードドライブは iPod/iPhone のバッテリーと同じだ

追加:こう考えたらいいだろう。新しい iMac のハードドライブは iPod や iPhone のバッテリーと同じなのだ。同じカテゴリーの製品のほとんどが、これまでユーザーが手を加えること(user-serviceable)ができたし、現に手を加えることができる。しかしアップルが、ユーザーが手を加えることのできないアップル独自の部品の利点の方が欠点より大きいと考えれば、アップルはそうするのだ。ことは単純だ。ユーザーは新しい iMac を購入する前にこのことを理解しておくべきなのだ。アップルが悪意に満ちたことをやっていると文句をいうのはバカげているし、ムダなことだ。

UPDATE: Think of it this way. The new iMacs’ hard drives are like the batteries in iPods and iPhones. Traditionally user-serviceable, and user-serviceable in most products in the same category. But if Apple thinks the advantages of a proprietary non-user-serviceable part outweigh the disadvantages, they’re going to do it. It’s that simple. People should know this before buying a new iMac. But it’s silly and fruitless to complain that Apple is somehow acting out of spite.

     *     *     *

バラシが興味深いのは、ユーザーとしてどれほどいじれるかということが分かるからだ。OWC のようなプロですら出来ないとなれば、シロウトが手を出すのは不可能だ。

これからは iMac を購入するときでも AppleCare Protection が必要ということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »