Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Teardown’

RtFlKRIVD1AnbWMo.medium

[バラシの全容:photo

iFixit 新年最初の特集が Mac Pro のバラしだ。

さすが真打ち、みんなが待ちかねただけのことはある。

Mac Pro Late 2013 Teardown | iFixit

その様子を Dave Mark が要領よくまとめているのでご紹介。

The Loop: “Mac Pro teardown from iFixit” by Dave Mark: 01 January 2014

     *     *     *

まるで分解されることを前提に

新しい Mac Pro はまるで分解されることを前提に作られたみたいだ。iFixit によるこのすばらしいバラしは、Mac Pro のデザインに込められたエンジニアリングの粋を示している。

The new Mac Pro is built to be taken apart. This well-executed teardown from iFixit shows off the engineering excellence behind the Mac Pro design.

     *     *     *

outer-casing-removal

[カバーケースを外すのもカンタン:video

カバーを外すのもカンタン

バラしはカバーを外すことから始まる。ロックスイッチをスライドしてカバーを引き上げる。じつにカンタン。じつに見事だ。

The teardown starts by removing the cover. Slide the lock-switch, pull off the cover. So easy. Truly a thing of beauty.

     *     *     *

VbSKmDcrJLnt6WTn.medium

[三角形のヒートシンク:photo

三角形のヒートシンク

中から出てくるのは、二等辺三角形の2辺をなす直立した2枚のグラフィックスカード。その1枚は SSD を搭載。三角形のもう1辺に I/O パネルと RAM スロット。RAM カードの脱着はカンタンだ。SSD は Torx 8 ネジ1本外すだけで取り出せる。2枚のカードと I/O パネルはいずれも巨大な三角のヒートシンクに装着されている。このヒートシンクが全体の中核構造「Thermal Core」だ。

This leaves us with two upright graphics cards, forming the two legs of an isosceles triangle. One of the cards has an SSD mounted on it. The i/o panel, with its RAM slots forms the short leg of the triangle. The RAM cards are easily removable. Undo a single Torx 8 screw to remove the SSD. The two cards and the i/o panel are all attached to a giant triangular heat sink, the core of the entire operation.

     *     *     *

5tgNxfdHE3ltotS2.medium

[グラフィックスカードの裏面:photo

GPU の問題点

「このデザインは現在アップルが提供する GPU についてはうまくいくが、独自設計であることとスマートな外部用の GPU オプションがないことから、機種自体の寿命がくる前に古くなるかもしれない」

“While this stacks up fairly well for current Apple GPU offerings, the proprietary nature, and lack of an elegant external GPU option, may age this device before its time.”

これはもっともな指摘だ。経年老化していく GPU をリプレースするのは決して容易ではない。

This is a fair point. Tough to replace these GPUs as they age.

     *     *     *

修理の難易度

「2013 年モデル Mac Pro の修理の難易度は10点満点中8点(10点が最もやさしい)」

“Mac Pro Late 2013 Repairability Score: 8 out of 10 (10 is easiest to repair)”

これはすばらしい点数だ。

That’s an excellent score.

     *     *     *

RGaM6RitHFs2VTq4.medium

[Quad-Core Intel Xeon E5-1620 v2:photo

ユーザーが交換できる CPU

「ちょっと手間はかかるが、CPU はユーザーが交換できる。勇敢なユーザーなら節約のためベースモデルのプロセッサを自分でアップグレードできるだろう」

“While it will require a bit of digging, the CPU is user-replaceable—meaning intrepid fixers should be able to save considerably by upgrading from the base-level processor configuration.”

これまで何度も Mac の分解や修理、アップグレードをやったが、今回のモデルがいちばんアスセスしやすそうだ。とはいっても、自分で出来ることには明らかに限度がある。器用なひとならベース CPU をマルチコア CPU にアップグレードすることも可能かもしれないが、ストレージの増設や GPU のアップグレードとなると容易ではなさそうだ。

I’ve done a fair amount of disassembly, repair, and upgrade on Macs over the years. This one seems much more accessible than most. That said, there clearly are limits to what you can do yourself. Upgrading from a base CPU to a higher-core CPU may be within reach for the handy, but there doesn’t appear to be any way to add additional storage or upgrade GPUs.

バラしの詳しい過程については記事を熟読されたし。

Dig in to the teardown for all the gory details.

     *     *     *

見事なホームラン

個人的には Mac Pro はホームランだと思う。限界はあるとはいえ、新しい Mac Pro のエレガントなデザイン、デスクトップにもたらすすばらしいパワーは自分にとって十分過ぎる。くりかえすが、じつに見事だ。

Personally, I think the Mac Pro is a home run. I get the limitations, but the elegance of this design, the sheer power that the new Mac Pro brings to the table is plenty enough for me. As I said, a real thing of beauty.

     *     *     *

「まるで分解されることを前提に作られたみたい」という点に関してもうひとつ。[Step 21

普通のネジ

「非常にコンパクトで、驚くほどモジュラーなデザインのため、分解するのが非常に容易だ。使われているネジはすべて普通のもの。また複数の部品はそれぞれ別個に交換可能。」

“For being so compact, the design is surprisingly modular and easy to disassemble. Non-proprietary Torx screws are used throughout, and several components can be replaced independently.”

     *     *     *

いつもながらアップル製品のバラしは iFixit をおいて他ない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

OWC_mp2013_6monitors

[Mac Pro と6台のディスプレイ:photo

どこよりも早く新しい Mac Pro のバラシをやってのけたのが Other World Computing (OWC) だ。

とくに印象的だったのがズラリと6台のディスプレイをつないだ様子・・・

Other World Computing Blog: “What Do you Call 6 Displays and a 2013 Mac Pro? Fun!” by Mike H.: 24 December 2013

     *     *     *

6台のディスプレイをつないだ!

新しい Mac Pro の背面にある6つの Thunderbolt ポートが、ぜんぶ使ってみてといわんばかりに自分の方を見ている。新 Mac Pro が3台の 4K ディスプレイを動かせるのなら、27 インチディスプレイなら6台は動かせるのではないかと考えた。そのとおり、たしかに出来た! 27 インチのディスプレイが6台ともぜんぶ 2560 x 1440 のフル解像度で動いている。Dell のディスプレイ5台とアップルの Cinema Display がすべてミニ DisplayPort で繋がっているのだ。

Well those 6 Thunderbolt ports on the back of the new Mac Pro were just staring me in the face to try ‘em all out. Since the new Mac Pro can do three 4k monitors, I thought it should be able to handle six 27″ displays. Yup, it sure did. All six 27″ 2560 x 1440 displays ran at full resolution. Five Dells, one Apple cinema display, all connected via mini DisplayPort.

じつにクールだ。それでもまだ小さな HDMI ポートが残っている。ふうむ・・・

Pretty cool. And there’s a little HDMI port left over as well. Hmmm…

     *     *     *

こういうのを百聞は一見に如かずというのだろう。

自分には手が届かないと思いながらも、つい Mac Pro の話題には惹かれてしまう。

FCP.co の開封の儀OWC の分解写真ギャラリーもオモシロい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:やっぱり A7 はサムスン製》

iPhone 5S Teardown Round Up | YouTube]

世界でいの一番に iPhone 5S をバラシた iFixit・・・

iFixit: “iPhone 5s Teardown“: 20 September 2013

     *     *     *

Sl4TBYL3jxPydqEe.large
[ロジックボードの裏面]

Step 15:ロジックボードの裏面

ロジックボードの裏側に注目しよう。

Turning our attention to the backside of the logic board:

・プロセッサ[赤色]は Apple の A7 APL0698 SoC(MacRumors の投稿によれば、F8164A1PD という表示は 1GB の RAM を示すもののようだ)

– Apple A7 APL0698 SoC (based on this MacRumors post, the markings F8164A1PD indicate the RAM is likely 1GB)

・モデム[だいだい色]は Qualcomm の MDM9615M LTE

– Qualcomm MDM9615M LTE Modem

・トランシーバー[黄色]は Qualcomm の WTR1605L LTE/HSPA+/CDMA2K/TDSCDMA/EDGE/GPS

– Qualcomm WTR1605L LTE/HSPA+/CDMA2K/TDSCDMA/EDGE/GPS transceiver.

     *     *     *

M7 コプロセッサは?

ウワサの M7 コプロセッサを探したが、どうやらそれは別個の IC かあるいは A7 に追加的に組み込まれた機能ではないかと思うようになった。

As we search for a much-anticipated M7 coprocessor, we begin to wonder if it actually is a separate IC, or if it is additional functionality built into the A7.

M7 の “M” は「マジカル」の “M” かもしれない。目にも見えず、その2つのデバイスをくっつけるのに妖精の魔法の粉を使っているのかもしれない。それとも “M” は「マーケティング」の意味か・・・

Maybe the “M” stands for “magical,” the M7 is invisible, and Apple does use pixie dust to hold the device together. Or perhaps the “M” stands for “marketing”…

アップデートM7 が見つかった![注:《Update》参照]

Update: the M7 has been found!

     *     *     *

製造日

われわれの機種に搭載された A7 は7月製造になっている。

Our A7 was fabbed in July.

     *     *     *

PcgFf2OGYhSrZ3xj.large
[A7 プロセッサ]

Step 16:A7 プロセッサ

次はいよいよ新顔を調べる番だ。A7 は最高にクールだ。指紋センサーと併せて A7 のおかげで、消費者は 5C より 5S を選ぶ気にさせられる。

It’s time to investigate the new kid on the block, and it’s fly like an A7. Along with the fingerprint sensor, the A7 is a major enticement for consumers to pick the 5s over the 5c.

     *     *     *

倍のパフォーマンス

広告によれば A7 プロセッサのパフォーマンスは 5(あるいは 5C)の A6 プロセッサの倍だという。

The A7 is advertised as providing twice the performance of the 5 (and 5c)’s A6 processor.

A7 に変えたことはスマートフォンとしては初めて 64-bit プロセッサを採用したことを意味する。AnandTech のレビューによれば、A7 のパフォーマンスが増えたその大部分は 64-bit アーキテクチャによるものではなく、古くなった ARMv7 命令セットに代えて新しくデザインし直された ARMv8 を採用したことによるもののようだという。

The switch to the A7 marks the first use of a 64-bit processor in a smartphone. Based on AnandTech’s review, it seems that the bulk of the A7’s performance gains do not come from any advantages inherent to a 64-bit architecture, but rather from the switch from the outdated ARMv7 instruction set to the newly-designed ARMv8.

新しい ARMv8 命令セットは 64-bit アーキテクチャを前提にデザインされている。過去20年にわたるレガシーのサポートを止めたことで効率が向上し、バッテリー持続時間を損なうことなくパフォーマンスを向上させた。

The modern ARMv8 instruction set was designed for a 64-bit architecture. It does away with the legacy support of the last 20 years, which increases efficiency, improving performance without sacrificing battery life.

     *     *     *

チップメーカーは不明

このチップのメーカーが誰かはチップの内部を見るまでは分からない。[注:《Update》参照]

We’ll have to wait until we get inside the chip to find out who manufactured it.

     *     *     *

新しい iPhone 5S の心臓部 A7 チップを製造したメーカーはいったい誰か・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》やっぱり A7 はサムスン製(9月21日)

iFixit の iPhone 5S 分解は現在も進行中だが、新たに A7 プロセッサがサムスン製であることが分かった。

iFixit: “Apple’s A7 Processor is Made by Samsung” by Miro: 20 September 2013

     *     *     *

A7 プロセッサはサムスン製

アップルの新しい A7 プロセッサのメーカーが誰なのかインターネットではさまざまな憶測がなされた。昨夜われわれは iPhone 5S を分解したが、Chipworks がさらに一歩進めた。IC デキャッピングの結果、その内部写真から A7 がサムスン製であることが分かった。

There was mighty speculation among the internet as to the manufacturer of Apple’s new A7 processor. We uncovered it last night during the iPhone 5s teardown, but now Chipworks has taken it one step further. Through the magic of decapping an IC, their internal shots revealed the A7 to be made by Samsung.

     *     *     *

KqfbvkBAIlWOVTcV.large
[A7 ダイ写真:Chipworks 提供]

サムスンの HKMG を使用

Chipworks によれば、「まず初期の分析として、A7 がサムスンの半導体ファウンドリで製造されたことを確認した。さらに分析を進めれば、本日中にはプロセスタイプおよびノードも確認できるだろう。それはそれとして、サムスン 28 nm Hi K metal Gate (HKMG)が使用されているものと考えられる。同様の工程はサムスンの Galaxy S IV で用いられている Exynos Application プロセッサでも確認されている。その点が確認され次第、あるいはそれとは異なる情報が得られ次第、われわれのエンジニアはアップルの A7 を解体処理することになる。

From Chipworks: “We have confirmed through early analysis that the device is fabricated at Samsung’s Foundry and we will confirm process type and node later today as analysis continues. That being said, we suspect we will see Samsungs 28 nm Hi K metal Gate (HKMG) being used. We have observed this same process in the Samsung Exynos Application processor used in the Galaxy S IV. Our engineers will be deprocessing the Apple A7 as soon as they can to confirm this or to provide different information.”

     *     *     *

さらに分解の第一段階では分からなかった M7 プロセッサの正体も分かった。

iFixit: “Apple’s Mysterious M7 Processor Uncovered” by Miro: 20 September 2013

     *     *     *

LfA3seTtChbbWVwP.large
[見つかった NXP プロセッサ:Chipworks 提供]

M7 プロセッサの正体

Chipworks がさらに詳しく調べたところ、アップルのミステリアスな M7 プロセッサの正体が分かった。昨夜の iPhone 5S 分解ではどうしても分からなかったものだ。それは NXP 製の LPC1800 で、ネオプレンのようなカバーの下に隠れていた。

Further digging by Chipworks gave us the identity of Apple’s mysterious M7 processor, a chip that was conspicuously absent from last night’s iPhone 5s teardown. It’s an NXP LPC1800 device that was buried beneath a neoprene-looking cover:

     *     *     *

センサーからのインプット解析・処理専用

Chipworksによれば、「M7 はプリント基板に実装されたジャイロスコープ、加速度計、電磁コンパスなどの個別のセンサーからのインプットを処理、解析する専用プロセッサだ。これらのセンサーは、アップルのこれまでのやり方からみて、加速時計及びジャイロスコープは STMicroelectronics 製、電磁コンパスは旭化成マイクロデバイス(AKM)製だろうと考えられる。その後コンパスは AKM の AK8963 であることが確認された。」

From Chipworks: “The M7 is dedicated to processing and translating the inputs provided to it by the discrete sensors; the gyroscope, accelerometer and electro magnetic compass mounted throughout the main printed circuit board. Traditional Apple techniques lead us to believe that the these discrete sensors will most likely be STMicroelectronics for the accelerometer and the gyroscope while the electro magnetic compass would again be an Asahi Kasei Microdevices (AKM). We have since confirmed the compass to be AKM’s AK8963.”

     *     *     *

実機さえ入手できれば、たった2日でここまで分かるんだ!

A7 がサムスン製なら、サムスンだってすぐに 64-bit 対応できるということか?

そういえば、iPhone 5S 発表直後にサムスンが次期 Galaxy は 64-bit プロセッサを搭載するこちらも]といったのはこういうことだったのか・・・

★ →[原文を見る:A7 Processor
★ →[原文を見る:M7 Coprocessor

Read Full Post »

[iPad mini を分解する:photo

気になっていた iPad mini の部品コストが分かってきた。

IHS[以前の iSuppli]が製造原価を分析したものだ。

AllThingsD: “Teardown Shows Apple iPad Mini Costs at Least $188 to Build” by Arik Hesseldahl: 03 November 2012

     *     *     *

329 ドルモデルの製造原価は 188 ドル

IHS がアップルの最新タブレットを分解した。これまで iSuppli の名で知られていたいわゆる「バラし」で有名な会社だ。その結果によると、iPad mini のベースモデル(16 GB Wi-Fi モデル、329 ドル)の製造コスト[注]は 188 ドルだという。メモリーが増えれば、(いずれもコスト増はインクリメンタルだが、マージンは大きく増えて)32GB モデルで 90 ドル、64GB モデルで 162 ドルの増加する。

[注]業界用語で BOM[Bills of Materials:部品表]と呼ばれているもの

Previously known as iSuppli, and widely known for its so-called “teardown” analysis reports, IHS has just completed its teardown report on the Apple’s newest iteration of the tablet. The verdict: The base model, a Wi-Fi-only 16 gigabyte iPad mini, which sells for a starting retail price of $329, costs about $188 to build. Adding additional memory — the options are 32GB and 64GB — adds only incremental cost but a fair amount of profit, amounting to an additional $90 for the 32GB version and $162 per unit on the 64GB model. (I revised this paragraph. See my note below.)

     *     *     *

うち 43% がディスプレイのコスト

ディスプレイ部品の供給元は LG Display と AU Optronics であることが分かった。ディスプレイ関連コストは 80 ドル(BOM の 43%)を占めるという。スクリーンは GF2 として知られている新技術を用いており、前世代モデルより薄くすることが可能になった。Andrew Rassweiler[IHS のアナリストで分解担当チームのヘッド]の話では、新しい技術のため製造工程にはやや問題があり、当分の間ディスプレイ製造コストが上昇するが、工程上の問題が解決すればコストは減少するだろうという。

LG Display and AU Optronics were found to have supplied the display components. Parts related to the display cost about $80, or about 43 percent of the total BOM. The screen uses a new technology known as GF2 that allows the overall display to be thinner than on previous generations. Andrew Rassweiler, an IHS analyst and head of the company’s teardown team, says that the new technology is proving somewhat problematic to manufacture, which is, for the moment, driving costs on the display up. But as kinks in the manufacturing process are worked out, those costs will come down.

     *     *     *

記事には部品の供給先として日本のメーカーの名前も出てくる。[抄訳はこちら

予想どおり新しいディスプレイの採用によるコスト増は大きそうだ。

199 ドルに価格設定しても 11 ドルしか利益が見込めないわけで、製造コスト以外の販売経費等を考慮すればあり得ない価格であることが分かる。249 ドルでもどうだろうか。

iPad mini のコストは以前より高くなり、グロスマージンはアップル標準を下回るものになりました」という Tim Cook の発言は額面どおり受け取ってよさそうだ。

Retina 化された場合などを考慮しても、次期モデルの価格設定にあまり期待し過ぎるのもどうかということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iFixit のバラシ:photo

発売されたばかりの Retina MacBook Pro をさっそく iFixit が分解している。

予想どおり Retina モデルの修理はチョー難しいようだ。

VentureBeat: “Retina MacBook Pro is the least repairable laptop ever, says iFixit” by Devindra Hardawar: 13 June 2012

     *     *     *

分解なんて考えるな

新しい MacBook Pro の Retina ディスプレイモデルは途方もなく高速で薄い。しかし分解しようなんてことは考えない方がいい。

Apple’s new MacBook Pro with Retina Display is ridiculously fast and thin — but you can forget about ever taking it apart.

     *     *     *

修理難易度は10点中の1点

iFixit のバラシの達人たちがさっそく今朝 Retina MacBook Pro を分解してみせた。アップグレード不可能な部品がたくさんあるため、修理の容易さを示す点数は10点中の1点というひどいスコアだった。

The repair gurus at iFixit unveiled their teardown of the Retina MacBook Pro this morning, and thanks to its plethora of non-upgradeable parts, they ended up giving Apple’s latest and greatest laptop a dismal repair score of 1 out of 10.

     *     *     *

直付け、接着、専用部品

0.71 インチの厚さしかない筐体にたくさんの部品を詰め込む必要があるため、MacBook Air と同様に拡張性は犠牲にせざるを得なかった。iFixit によれば、新 MacBook Pro の RAM はロジックボードに直付けされており、アップグレード不可能な専用 SSD を使用、バッテリーは筐体に接着されている(分解しようとすると問題が起きる)という。

Apple had to squeeze plenty of hardware into the Retina MacBook Pro’s .71-inch thick frame, and just like the MacBook Air, the company had to sacrifice expandability in order to do so. IFixit notes that the new MacBook Pro’s RAM is soldered into the logic board, there’s a proprietary non-upgradeable SSD, and the battery is glued into the case (which means trouble if you ever try to disassemble the computer).

     *     *     *

ディスプレイが最大の難問

iFixit によれば、最大の問題はディスプレイの組立部品全体が溶接されていることだという。だから一旦何かが起きたらディスプレイ全体の交換が必要になる。AppleCare に入っていなければ修理代がバカ高くなるわけだ。

Perhaps the biggest potential issue, iFixit says the entire display assembly is fused, which means you’ll have to replace the entire thing if any aspect of it fails. If you’re not under AppleCare, that will likely be a very expensive repair.

     *     *     *

事実上アップグレード不可能

「ラップトップは高価だ。だから悪くなった部品をユーザー自らが修理し、新しい技術の進展に合わせて自分のハードを最新のものにアップグレード出来ることが決定的に重要だ」と iFixit の Kyle Wiens はいう。「内部がお互いに接着されていることもあって、新 MacBook Pro のアップレードは事実上不可能だ。このため将来メモリーやストレージ技術が進化しても適応できない初めての MacBook Pro ということになる。」

“Laptops are expensive. It’s critical that consumers have the option to repair things that go wrong, as well as upgrade their own hardware to keep it relevant as new technologies roll out,” wrote iFixit’s Kyle Wiens. “On top of being glued together, the new MacBook Pro is virtually non-upgradeable—making it the first MacBook Pro that will be unable to adapt to future advances in memory and storage technology.”

     *     *     *

それでも誰も気にすまい

しかしコンピュータオタクを別にすれば、新 MacBook Pro が事実上修理不可能でも、一般消費者が気にするとは思えない。結局購入者のほとんどは自ら修理することなど考えず、修理オタクが好むものより薄型ラップトップの方を好むだろう。私だってコンピュータオタクだが、アップグレード信仰は自作のデスクトップマシンに限ることにしている。自分の MacBook Air が基本的には密封された魔法の箱であっても何ら問題を感じていない。

But aside from gadget geeks, I don’t think many consumers will care that this new MacBook Pro is practically impossible to repair. After all, the vast majority of buyers should never have to worry about fixing the computer on their own, and most would rather have a thinner laptop instead of one that catered to tinkerers. I’m a hardware geek myself, but I save my upgrading fetish for my self-built desktop — I don’t mind at all that my MacBook Air is basically a hermetically sealed magic box.

     *     *     *

Air になった時点でギークといえども修理は困難になったのではないか。ましてや Retina Pro となると、よっぽどのプロでなければ修理はおろか中を開けることさえ難しそうだ。

デスクトップマシンですら自分で修理できなかった筆者にしてみれば納得、なっとく・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPad 3 Teardown Review | YouTube

アップルの新製品が出るときの恒例行事 — 行列とバラシ。その両方を iFixit がやってのけた。

バラシの材料をゲットするため、世界で一番早く発売されるオーストラリアに飛んだのだ。その様子はこちら

例によって iFixit の冒頭のビデオが分かりやすいのでおススメ。看板娘 MJ の解説でお楽しみください。

iFixit: “iPad 3 4G Teardown“: 15 March 2012

     *     *     *

オーストラリアまで行った

「The New iPad」?「iPad HD」? それとも「iPad 3」? そんなことどうでもいいの。大切なのは、私たちが手に入れたってこと!

Is it “The New iPad?” “iPad HD?” “iPad 3?” Who cares? All we know is this: It’s here!

ウチの CXO がオーストラリア、メルボルンの Telstra ストアまで飛んでって、行列の先頭に並んで iPad 3 を入手した。これでバラシのよろこびが味わえるわよ。

Our CXO flew to the Telstra store in Melbourne, Australia and was first in line to get the iPad 3 for our deconstructive pleasure.

     *     *     *

iFixit は分解までオーストラリアでやってのけたらしい。

[ガラスを外すのがコツ:photo

そのやり方がこれまたオモシロい。ギターピックがバラシに役立つなんて知らなかった!


[ギターピックが・・・:photo

iFixit の分解小道具はぜひとも手に入れたいなあ。


[バラしの小道具:photo

問題のチップやバッテリーの話が詳しく取り上げられるのはこれからだろう。

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1LQ
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

Read Full Post »


さっそく分解された13 インチ MacBook Air

最新アップル製品の分解はいまや iFixit の独壇場だ。バラシの早さ、見やすい写真、分解の手順、必要工具など、iFixit の右に出るものはいない。

発売されたばかりの 13 インチ MacBook Air を iFixit がさっそく分解している。

iFixit: “MacBook Air 13″ Mid 2011 Teardown“: 21 July 2011

iFixit の分解に基づいて Ars Technica が解説を加えた。

Ars Technica: “Sandy Bridge’s GPU makes room for Thunderbolt in new MacBook Air” by Chris Foresman: 22 July 2010

     *     *     *

変更された点は

アップル最新の MacBook Air がはやくも iFixit のラボで12のパーツに分解された。内部も外部も、昨年10月に出た一世代前のモデルとほぼ変わらない。変更されたのはバックライトキーボード、Bluetooth 4.0、Thunderbolt をサポートするため変更だけだ。

Apple’s latest MacBook Air has already made its way to iFixit’s labs, and it’s currently in 12 pieces. Though its insides and outsides are barely different from the last-generation Air released last October, a couple internal changes were necessary to add support for the backlit keyboard, Bluetooth 4.0, and Thunderbolt.

     *     *     *


ユニボディ Air

ペンタローブの特殊ネジ

iFixit の説明では、MacBook Air の外部から分かる唯一の変化は高速インターフェイスの Thunderbolt ポートだけだ。カーブしたアルミユニボディ底部に同じ10本のペンタローブ[pentalobe:五角形の花形]特殊ネジで固定されている。だからペンタローブドライバーを使えば前モデル同様簡単に内部にアクセスできる。

iFixit noted that the only identifiable change in the exterior is the “lightning bolt” that denotes the new MacBook Air’s Thunderbolt port. The same ten pentalobe screws hold the bottom plate on the carved aluminum unibody, so with the right screwdriver it’s as easy to access the internals as the previous models.

     *     *     *

直付けの RAM、直付けでない SSD

内部もほぼ同じで変わらない。新しい Air は昨年のモデルと同じく小型のブレードタイプ SSD を使用している。だからその気になればユーザーがアップグレードすることも可能だ。RAM はマザーボードに直付けのままだ。スピーカエンクロージャ、バッテリー、クーリング、ロジックボードの大部分も前のモデルと同じだ。

Inside, things are largely the same as well. The new Airs use the same small, blade-type SSDs as last year’s model, so it’s possible to upgrade on your own if you like. And RAM remains soldered directly to the motherboard. Speaker enclosures, battery, cooling, and the overall logic board are also the same.

     *     *     *

ワイヤレスチップは Broadcom

しかし変更された部分もいくつかある。新しいワイヤレスモジュールには Bluetooth Low Energy (BLE) をサポートするシングルチップ Bluetooth 4.0 プロセッサ「Broadcom BCM20702」が採用されている。iFixit によれば、Bluetooth の新標準によってセキュリティが増し、待ち時間もほとんどなく、電力消費も少ないという。

However, there are a few changes. An updated wireless module includes a Broadcom BCM20702 Single-Chip Bluetooth 4.0 Processor with Bluetooth Low Energy (BLE) support. According to iFixit, the newer Bluetooth standard offers improved security, very low latency, and less power consumption.

     *     *     *


13 インチ MacBook Air のロジックボード。赤が Intel Core i5 プロセッサ、オレンジが Intel PCH]

NVIDIA の統合コントローラは不要に

グラフィックスはインテルのオンダイ HD 3000 IGP で処理されるようになったので、統合グラフィックス対応の NVIDIA 320M コントローラは不要になった。それに代えてインテルのプラットフォームコントローラ「E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K」が使われている。同部品に関する情報はインテルのサイトで見られる。統合 Thunderbolt コントローラがこれに含まれているようだと Kyle Wiens[iFixit CEO]はいう。

With graphics now handled by an on-die Intel HD 3000 IGP, there is no longer a need for the NVIDIA 320M controller with integrated graphics. That chip has been replaced with an Intel platform controller hub labelled “E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K.” Information about the particular part isn’t on Intel’s website, but iFixit CEO Kyle Wiens told Ars that it likely includes an integrated Thunderbolt controller.

     *     *     *

バックライトキーボード

最後に、MacBook Air にバックライトを採用するため LED および光学回路が追加された。バックライト電源のため LED アレイをロジックボードにつなぐリボンケーブルが追加された。

Finally, the keyboard now contains a series of LEDs and optical channels necessary for the return of a backlit keyboard to the MacBook Air line. A new ribbon cable connects the the LED array to the logic board to provide power for the backlighting.

     *     *     *

製造中止になった MacBook

Sandy Bridge チップ搭載 MacBook Air の修理難易度は前と変わらず 4/10[10/10 が一番易しい]だという。Air 特有の部品とペンタローブネジがその理由で、一般ユーザーに内部を触らせないようになっているのだ。「アップルにとっては今日は素晴しい日かもしれないが、修理業者にとっては悲しむべき日だ」と iFixit の Miro Djuric はEメールでいう。「アップルはシンプルでサービス可能な白い MacBook をこのほっそりしたセクシーな MacBook Air で置き換えてしまった。」アップルはひっそりと MacBook を製造中止にしてしまったのだ。

iFixit awarded the new Sandy Bridge-powered MacBook Air a 4/10 for repairability—the same as the preceding model—due to its use of largely proprietary parts and pentalobe screws meant to keep the average user from getting inside the machine. “Although today is an exciting day for Apple, it’s a sad day for consumer repair,” iFixit’s Miro Djuric said via e-mail. “Apple decided that this ‘svelte and sexy’ MacBook Air will replace the ‘simple and serviceable’ white plastic MacBook,” which Apple unceremoniously discontinued on Wednesday.

     *     *     *

Ars Technica があまり触れていないスピードについては、 Bare Feats が一世代前の Air の倍になったと報告している。

MacBook Air と引き換えにラップトップのスタンダードモデル MacBook を生産中止にしてしまったのはさすがにショックだ。

この点については The Loop が行なったアップル担当役員とのインタビューが興味深い。

The Loop: “Apple execs discuss Lion, MacBook Air, Mac mini, Thunderbolt display” by Jim Dalrymple: 20 July 2011

     *     *     *

MacBook Air の方が人気が高い

新型 MacBook Air の発表と同時に白の MacBook が姿を消した。消費者の動向を考えれば当然だとアップルはいう。

With the release of the new MacBook Air came the demise of the white MacBook. Apple said it made sense after seeing the trends of its customers.

「ひとつは MacBook Air の方が MacBook より人気があるということ」と David Moody[アップルのハードウェア製品マーケティング担当副社長]はいう。「重さもボリュームも半分なのにもっといろんなことができるから。」

“One of the things we saw is that the MacBook Air was simply more popular than the MacBook,” said Moody. “It does more in half the weight and in half the volume.”

     *     *     *

MacBook Air はラップトップのスタンダードモデルでありながら、シロウトが内部をいじることなぞかなわない存在となった。


大部分を占めるバッテリー

iFixit のバラシをみて改めて感じるのは、Air の中身の大部分がバッテリーで占められていることだ。

バッテリーの進化次第ではまだまだ変化が期待できるということか・・・

★→[原文を見る:iFixit
★→[原文を見る:Ars Technica
★→[原文を見る:The Loop

Read Full Post »

Older Posts »