Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Year In Review’

fb-year-1

Inadvertent Algorithmic Cruelty | Eric’s Archived Thoughts

Yes, my year looked like that. True enough. My year looked like the now-absent face of my little girl. It was still unkind to remind me so forcefully.

And I know, of course, that this is not a deliberate assault. […]

But for those of us who lived through the death of loved ones, or spent extended time in the hospital, or were hit by divorce or losing a job or any one of a hundred crises, we might not want another look at this past year.

Empathy isn’t a corporate slogan | Om Malik

Well, That Escalated Quickly | Eric’s Archived Thoughts

広告

Read Full Post »


心温まるジョブズ夫妻の写真

海外のニュースを追いかけて1年が過ぎた。

主としてアップルに関するものが中心だが、ニュース速報というより、モノを見る視点のおもしろさに着目して、筆者の個人的好みで選んできた。さしづめキュレーションとでもいえばいいか・・・

選んだ記事が「おもしろい」かどうかは読者が判断する。

今年読者が興味を持ってくださった記事のベスト5はつぎのとおりだ。

1)静かに立ち去った米軍

2)アップルが他社に先駆けて新製品をつぎつぎと投入できる秘密、または他社がなかなか追いつけない秘密

3)Final Cut Pro X に対する風当たり

4)何故みんな iPad を嫌うのか

5)Mac Pro は死んだか

     *     *     *

身辺でもさまざまなことが起きた。しかし初代マッキントッシュ以来常に関心を持ってきた人物が亡くなったことは大きなショックだった。

個人的には、Jobs への思いが綴られた次の文章が好きだ。

1)血を分けた兄の死(1)—(4)

2)ジョニー・アイブの追悼スピーチ

3)ジョブズ最後の日々

4)最後に見たスティーブ・ジョブズ

5)善き隣人スティーブ・ジョブズ

ちなみに、1)の Mona Simpson の手記は、これまで筆者のブログに無関心だったウチの奥さんが初めて読んでくれた記事。

     *     *     *

多事多難だった今年に比べ、来年は何かが起きそうな予感がする。

こんなときこそ核心を突く Jobs のことばを聞きたいと思う。

来年も読者とともにさまざまなニュースの意味するところを追いかけて行きたい・・・

Read Full Post »


Zeitgeist 2011: Year In Review | YouTube]

2011年はふたたび命を与えられた年だった。

予想だにせぬ災厄に日本が見舞われた年だった。

さまざまなことが起きた。

そして、常にその存在を意識してきた人間がこの世を去った年だった・・・

★ →[ビデオを見る:YouTube Video

Read Full Post »