Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘WWDC’

imac-130924

[安い iMac ?:image

WWDC の直前になって様々なウワサが流れている。

そのひとつに Jim Dalrymple がご託宣を出している。

The Loop: “Rumors of Apple introducing new iMac, iPhone 5s at WWDC” by Jim Dalrymple: 28 May 2014

     *     *     *

WWDC で新しい iMac と iPhone 5S が出るというウワサ

Rumors of Apple introducing new iMac, iPhone 5s at WWDC

AppleInsider から:

From AppleInsider:

アップルの WWDC を来週に控え、今年初めてのメジャーなメディアイベントで発表されるかもしれないハードウェアについて専門筋が予測している。事情に詳しいアナリストのひとりが、WWDC の主役は安い iMac とそれにもしかしたら 8GB iPhone 5S になるかもしれないと信じている。

With Apple’s Worldwide Developers Conference coming up next week, pundits are speculating on hardware the company may introduce in its first major media gathering of the year. One well-informed analyst believes the stars of the show will be a cheaper iMac and maybe an 8GB iPhone 5s.

     *     *     *

Jim Dalrymple のご託宣

ノウプ。

Nope.

     *     *     *

この時期になると顔を出す Ming-Chi Kuo のウワサが否定された。

Jim Dalrymple のノウプは久しぶり・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《参考》もうひとりのウワサの旗手 Peter Misek

ウワサ系サイトの存在価値はとにかく早いこと。ウワサの真偽は二の次だ。

Digitimes の御用アナリスト Peter Misek のウワサをとりあげた MacRumors の記事がオモシロい。

MacRumors: “Analyst Shares Crazy List of Apple Prototypes Allegedly Floating Around Asian Supply Chain” by Juli Clover: 28 May 2014

タッチスクリーンの ARM ベース MacBook Air などアジアのサプライチェーン筋で流れているというウワサを集めたものだ。

さすがに MacRumors も、Misek の過去の実績から半信半疑だがという但し書き付きをつけている。

ウワサの旗手の名前は記憶しておいた方がよさそうだ・・・

広告

Read Full Post »

wwdc_2014_live

[WWDC のライブ中継:Apple

WWDC まで一週間を切った今日、アップルがキーノートのライブ中継を発表した。

今年は箝口令が厳しいのか(Beats の例もある)、ほとんど予想らしきものが漏れてこない。筆者が頼りにしているアップルギークたちの口も堅い。

それでも一週間前になれば何かあるハズと期待していたのに、John Gruber がポソリとつぶやいているだけ・・・

Daring Fireball: “Jesper’s WWDC 2014 Predictions” by John Gruber: 27 May 2014

     *     *     *

Jesper の WWDC 2014 予想

Jesper’s WWDC 2014 Predictions

OS X 10.10

・OS X 10.10 の発表。もう「OS テン・テン・テン」とは呼ばれない。もしかしたら OS X Napa?
– OS X 10.10 introduced, and never once referred to as “OS ten ten ten”. Maybe as OS X Napa.

(小声で独り言のように)、10.10 はバージョン番号に「使えない」、それなら10.1 のハズだからなどという議論はヤメてくれ。バージョン番号のドットは少数点とは違って、単に主要部分と付属部分を分ける区切りに過ぎない。どちらかといえば IP アドレスに近い。それなら誰も 10.10.10.10 が 1.1.1.1 と同じなんていわないだろう。それに、前にもそんなことがなかったワケじゃない。

As an aside, please stop arguing that Apple “can’t” use 10.10 as a version number because that’d be the same thing as 10.1. Version numbers are not decimals — the periods simply act as separators between major and minor fields. They’re more like IP addresses, and I don’t see anyone arguing that 10.10.10.10 is “equivalent” to 1.1.1.1. Plus, it’s not like we haven’t been here before.

     *     *     *

AirDrop

・iOS の AirDrop を OS X にも
– iOS-to-OS X AirDrop.

Jesper のリストのいくつかは予想というより願望のように思える。しかしこれはぜひとも実現して欲しいと自分も思う。Mac でやっていることを iPhone に(あるいは iPhone から)やり取りするのに iMessage で自分あてに送るなんてバカげたことをするのは実にイライラする。

Some of the items on Jesper’s list sound more like wishes than predictions, but this one I really hope happens. It’s frustrating when you have something in front of you on your Mac that you want to send to your iPhone (or vice versa) and you have to do something silly like iMessage yourself to transfer it.

追記Rich Siegel もいくつかいい予想をしている。

UPDATE: A few good predictions from Rich Siegel.

     *     *     *

自信があるときはかなり大胆な事前予想をする John Gruber も、今回は他人の投稿にコメントする形で、10.10 だっておかしくない、AirDrop は欲しいといっているだけだ。

まだ核心を突くものが「小ちゃな小鳥ちゃん」から得られていないということか・・・

Mark Gurman も「Healthbook と iOS 8、模様替した OS X 10.10、ハードウェアの新製品」としかいっていない。

ウワサの Smart Home には誰も触れていない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

nest-thermostat-003

[Smart Home:image

WWDC で何が登場するのか秘中の秘のようだが、フィナンシャル・タイムズ発の新しいウワサが出てきた。

(記事は有料講読制なので、関係部分は Daring Fireball の引用から)

Financial Times: “Apple Readying New Software Platform for the ‘Smart Home’” by Tim Bradshaw: 26 May 2014

     *     *     *

「スマートホーム」プラットフォーム

アップルは新しいソフトウェアプラットフォームを準備中だ。iPhone を照明や防犯システムなど家庭用品のリモコンに変えるものだ。「モノのインターネット」(Internet of Things)への移行の一環となる。

Apple is readying a new software platform that would turn the iPhone into a remote control for lights, security systems and other household appliances, as part of a move into the “internet of things”.

     *     *     *

WWDC で発表か

アップルは6月2日の WWDC で、ライバルのグーグルやサムスンを取り込んで、スマートホーム技術の世界で大きくぶち上げる計画だと、事情に詳しい筋が語っている。

Apple plans to take on rivals Google and Samsung and make a “big play” in the world of smart home technology at its Worldwide Developer Conference on June 2 in San Francisco, according to people familiar with the matter.

     *     *     *

次世代技術のフロンティア

これはシリコンバレーの一部の見方を裏付けるものだ。先進国でのスマートフォンの売れ行きが鈍化するにつれて、The Jetsons のアニメに出てくるようなホームオートメーションが次世代技術のフロンティアになるという見方だ。

This will reinforce the view, held by some in Silicon Valley, that Jetsons-style home automation is the next frontier in technology as growth in smartphone sales begins to slow in developed markets.

     *     *     *

OS X 10.10、iOS 8、Healthbook の他に何か新しいカテゴリーの新製品が登場するのか興味津々・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:新しいカテゴリーの製品なんてない》

Yosemite

[ヨセミテ国立公園:photo

Mark Gurman が前回に引き続き WWDC 予想をしている。

「WWDC は OS X 10.10 に重点、iOS 8 の一部機能は iOS 8.1 に延期、Apple TV は未だ開発中」と。

9to5Mac: “OS X 10.10 emphasis planned for WWDC, iOS 8 features pushed to iOS 8.1, new Apple TV still in the works” by Mark Gurman: 30 April 2014

     *     *     *

OS X 10.10 デザインの大幅変更

今年の WWDC では iOS 8 よりも次期 Mac OS X の 10.10 の方に重点をおく計画かもしれない、とアップルの計画に詳しい複数のソースが語っている。OS X 10.10 は昨年 iPhone と iPad の iOS 7 に加えられた大幅変更と同じように隅から隅までデザインし直されるので、アップルとしては新しい OS を開発者に対し大きくプロモートしたいと望んでいる。アップルはまた WWDC に間に合わすべく iOS のユーザーインターフェイスの人材を OS X チームに充当している。10.10 の開発は「驀進している」そうだ。

Apple may be planning to give the next version of the Mac OS X operating system, 10.10, a larger presence than iOS 8 at this year’s Worldwide Developers Conference, according to sources with knowledge of the plans. Because OS X 10.10 will feature an end-to-end redesign, not dissimilar from the scope of the changes to the iPhone and iPad operating system with iOS 7 last year, Apple wants to heavily promote the new system to developers. Apple has also been allocating iOS user interface resources to OS X teams in order to finish up the new OS X design in time for WWDC, and 10.10 development is said to be “steaming forward…”

     *     *     *

OS X は OS X のまま

新しいデザインでは、トグル・スイッチ、角張ったウインドウ、システム全体に及ぶアイコンの見直し、現行のものより白い背景など iOS 7 に似たものになるだろう。しかしながらファインダーやマルチウィンドウ機能、ミッションコントロールのような OS X の特徴的なものは iOS 7 的な体験として残るだろう。アップルは iOS は iOS、OS X は OS X のままにしておくだろう。二つを収束させるのは意義的にも美的意味でも機能を一致させることに意味がある場合に限られるだろう。秋までには 10.10 をリリースする予定で、それをプロモートできるいくつものハードウェアアップデートを計画中だ。

The new look will have similar toggle designs to iOS 7, sharper window corners, more defined icons across the system, and more white space than the current version. However, OS X characteristics like the Finder, multi-window multitasking, and Mission Control will not disappear in favor of a more iOS-like experience. Apple is keeping iOS as iOS and OS X as OS X. The convergence will solely surround feature parity that makes sense and aesthetics. Apple is aiming to release 10.10 by fall and is planning a slew of hardware updates to promote the new software.

     *     *     *

「Yosemite」の可能性

OS X 10.10 の内部の開発コード名はワインにちなんだ「Syrah」だが、カリフォルニアをテーマとする製品名についてはハッキリしていない。John Gruber は(自分がゲスト出演した)ポッドキャストでアップルは 10.10 を「OS X Yosemite」と名付けるべきだと語った。「大幅な変化」だと Gruber がいうように、これまでの歴史でも最も劇的な OS X の再設計の名前として有名なヨセミテ国立公園以上にふさわしいものがあるだろうか。アップルもそう考えているかもしれない。アップルはこのところヨセミテ、マンモス、ディアブロのようなカリフォルニアのランドマーク地名のトレードマークに急速に飛びついているようだ。

While I understand the internal development codename of OS X 10.10 is “Syrah” (named after the wine), the California-themed marketing name for the software is not so clear. John Gruber suggested on his podcast (the episode in which I was a guest) that Apple should name 10.10 as “OS X Yosemite.” As Gruber said, “big is big,” and what better name for the most dramatic OS X redesign in history than the famous Yosemite National Park? And Apple may agree. The company has apparently been snapping up trademarks for California landmarks such as Yosemite, Mammoth, and Diablo.

     *     *     *

以下 iOS 8 や Apple TV、A8 についてもその後の展開をふまえて詳しい予想をしているので、興味のある方はそちらをご覧ください。

WWDC の楽しみも一歩近づいてきたということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》新しいカテゴリーの製品なんてない(5月3日)

John Paczkowski が短信で Mark Gurman をフォローしている。

「アップルの Next Big Thing はいったいどうした?」と書いたっていいよ、と・・・

Re/code: “Code/red: No New Apple TV at WWDC” by John Paczkowski: 02 May 2014

     *     *     *

新しいカテゴリーの製品なんてない

来月の WWDC でなにか新しいカテゴリーのハードウェアが登場すると期待しているひとにご忠告。期待を抑えてガッカリしないようになさい。アップルの計画に詳しい複数のソースによれば、Tim Cook は誰も見たことのないウェアラブルなんて発表しないという緊急警報だ。それだけではない。新しい Apple TV も、その新ソフトもないそうだ。ごもっともな話ではある。重要なハードウェアのアップデートがあるので前もって新しい OS を発表するなんてあまり意味がない。9to5Mac の Mark Gurman がいうように、今年の WWDC でのビッグな発表は OS X 10.10 と iOS 8 で、医療・フィットネス分野にアップルが進出することになるウワサの Healthbook アプリもあるかもしれない。

If you’ve been anticipating the debut of some new category-defining hardware at Apple’s upcoming Worldwide Developers Conference, a word of advice: Dial back your expectations or be disappointed. Sources familiar with Apple’s plans tell Code/red that Tim Cook will not use WWDC to unveil Apple’s mythical wearable device. Nor will he use it to show off a new Apple TV, or even preview the new software the company is developing for it. Which makes perfect sense, really. There’s little point in Apple unveiling a new OS in advance of a significant hardware update. As 9to5Mac’s Mark Gurman reported Thursday, the big announcements at this year’s WWDC are going to be OS X 10.10 and iOS 8 and, perhaps, the rumored Healthbook app, Apple’s coming foray into health and fitness tracking.

     *     *     *

いつも的確な予想をする Paczkowski まで打ち消しにかかっている・・・

彼のコメントに対して Gruber いわく:

Paczkowski のソースは最高

Paczkowski のアップルソース(複数)は最高だ。だからそのつもりで期待値を下げた方がいい。

Paczkowski’s Apple sources are golden, so we’d do well to set our expectations accordingly.

Read Full Post »

Syrah

[OS X はこう変わる?:image

ヒューマンインターフェイス担当 Greg Christie の退任をスクープした Mark Gurman が、その直前に WWDC のウワサを総まとめしている。

そのうち OS X に関連するものについて・・・

9to5Mac: “Everything to know about iOS 8 and OS X 10.10 (Roundup + New Details)” by Mark Gurman: 07 April 2014

     *     *     *

OS X 10.10(コード名:シラー)

OS X 10.10 – Codenamed Syrah

デザインの見直しに注力

OS X 10.10 は現在の OS X 10.9 Mavericks の次の世代だ。Mavericks はハードウェアの処理能力、バッテリー持続時間、グラフィック処理を向上させる内部機能強化やパワーユーザー向け機能に集中的に取り組んできた。しかしながら OS X 10.10 は美的側面に注力する。複数のソースによれば、アップルのデザイン担当上級副社長 Jony Ive は OS X デザインの「重大な」徹底的見直しを指揮しているという。新しいデザインは新 OS の基本機能として位置づけられるだろう。(冒頭のようなモックアップはオンライン上はどこにもないが、どんなものになるかよく示している。)

OS X 10.10 will be the successor to the current OS X, 10.9 Mavericks. Mavericks focused on power-user features and under-the-hood enhancements to improve hardware performance, battery life, and graphics processing. 10.10, however, will focus on aesthetics. According to sources, Apple Senior VP of Design Jony Ive is leading a “significant” design overhaul for OS X, and the new design will be the operating system’s cornerstone new feature (none of the mockups online, like the one above, are a good indicator of what to expect).

     *     *     *

フラットで白いテクスチャ

新しいデザインは iOS 7 ほど殺風景ではないにしても、現実世界を再現する要素の代わりにフラットな要素や白いテクスチャが多く導入されるだろう。目下アップルの最優先事項は、隅々までデザインし直すことだといわれている。その具体的細目は厳秘の対象となっている。アップルは Siri や iOS AirDrop との互換性のような新しい機能もテスト中だが、OS X 10.10 に間に合うかどうかはハッキリしない。OS X 10.10 については近々詳報を載せる予定。

The new design will not be as stark as iOS 7, but it will include many of the flat elements and white textures instead of re-creations of life-like elements. The end-to-end redesign is said to be a top priority at Apple right now, with the specific details about the changes being sworn to extreme secrecy. Apple has been testing new features such as Siri and support for iOS AirDrop compatibility, but it’s unconfirmed if those enhancements will be ready for 10.10. We’ll have more on what to expect from OS X 10.10 soon, so stay tuned.

     *     *     *

12インチ Retina MacBook Air

新しい OS に併せて、いくつか注目すべきハードウェアをアップルは準備しているようだ。Mac に関しては MacBook Air の改良版 — 12インチ Retina ディスプレイで筐体がより薄く軽いもの — を準備中のようだ。近年アップルは WWDC で Mac のメジャーな新規構想を発表してきた。だから 2014 年の WWDC にはこの新しい MacBook Air を密かに準備中かもしれない。またアップルは低価格 iMac やスタンダード MacBook Air/Pro のアップデートも検討中だが、発表にこぎ着けられるかどうかは不明だ。

To go with the new operating systems, Apple is likely preparing a few new notable pieces of hardware. On the Mac side, Apple seems to be readying a revamped version of the MacBook Air with a ~12-inch Retina display and thinner/lighter chassis. Apple has announced major new Mac initiatives at WWDC the past couple of years, so perhaps Apple has this new MacBook Air up its sleeves for the 2014 conference. Apple is also working on some lower-cost iMacs and standard MacBook Air/Pro updates, but it’s unclear when those are set to debut.

     *     *     *

とうとう Mac OS もトリプルテンになる。

OS X の製品名がネコ科からカリフォルニアの地名に変わっても、ワインのコード名で呼ぶ内部の慣行は変わっていない。

サーフィンの聖地にちなんだ Mavericks も内部では Cabernet(カベルネ)だった。

OS X 10.10 もワイン名の Syrah(シラー)だが、製品名はどうなるのだろうか。

Christie の引退もあって、OS X 10.10 が iOS 7 に似た装いになることだけは間違いなさそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

WWDC 2014

wwdc14-home

[WWDC14:image

アップル唯一の定期イベント WWDC の日取りが決まった。

WWDC | Apple Developer

     *     *     *

WWDC14

Apple Worldwide Developers Conference. June 2-6, San Francisco.

この6年間で大きなカルチャーの変化が起きた。互いに交流するやり方が変わった。新しい物事を覚える。楽しみが増える。仕事をする。そして日常の生活・・・。すべては開発者と、彼らが作るアプリのおかげだ。

Over the past six years, a massive cultural shift has occurred. It’s changed how we interact with one another. Learn new things. Entertain ourselves. Do our work. And live our daily lives. All because of developers and the apps they create.

5日の間、千人のアップルエンジニアと5千人のデベロッパが共に集う。その結果暮らしが変わる。

For five days, one thousand Apple engineers and five thousand developers will gather together. And life will be different as a result.

コードを書こう。そして世界を変えよう。

Write the code. Change the world.

今年の WWDC のチケットは無作為抽出で決められる。4月7日10時[米太平洋時間]までに応募して出席のチャンスを掴もう。

The opportunity to buy tickets to this year’s conference will be offered by random selection.
Register now through April 7 at 10:00 a.m. PDT for your chance to attend.

詳しくはこちら

Learn more

     *     *     *

昨年のチケットは発表2分後には完売してしまった。

このため今年は無作為抽出という方法がとられるようだ。

あわせて学生枠や女性枠も新たに設けられるらしい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Jim_Dalrymple_and_The_Beard

[Jim Dalrymple:photo

一般ユーザーは iOS 7 に振り回される必要はないのだと Jim Dalrymple がいっている。

The Loop: “Don’t worry about iOS 7” by Jim Dalrymple: 17 June 2013

     *     *     *

度を失っている

自分の着信メールやツィッター、メッセージなどから判断すると、アップルが先週 WWDC で発表した iOS 7 やその変更点についてみんな度を失っているようだ。そんなひとたちへのアドバイス — ゆったりと座り、深く息を吸って、リラックスしなさい。

Judging from my inbox, Twitter and Messages, people are losing their minds over iOS 7 and some of the changes Apple introduced at WWDC last week. Here is my advice to you—sit back, take a deep breath and relax.

     *     *     *

まだ完成していない

iOS 7 については心しておくべきことがいくつかある。まず第1に、デザインや機能という意味ではまだ完成に近づいていない。WWDC の直前にアップルエンジニアたちは OS への追加や変更を一時停止した。だからキーノートで安定したビルドを見せることができた。まだ完成してはいないのだ。

There are a few things you need to remember about iOS 7. First, it’s nowhere near finished in terms of design or functionality. Apple engineers stopped adding or changing the operating system before WWDC so they had a stable build to show during the keynote. It’s not done.

     *     *     *

あくまでベータ版

第2に、(こんなことまでいわなきゃならないのには自分でも驚いているのだが)、これはあくまでデベロッパのためのベータ版なのだ。決して個人のユーザーがインストールすべきビルドではない。アナタのためのものではなく、インストールしようなどと考えてはならないのだ。

Second—and I’m surprised I even have to say this—it’s a beta for developers. This is not a build any individual user should install—ever. It wasn’t meant for you and installing it shouldn’t even be on your radar.

     *     *     *

デベロッパが確認するための方法

iOS 7 のデベロッパベータ版は、デベロッパが新しい API をチェックし、彼らのアプリがそれでどう動くのか確かめるためのひとつの方法なのだ。

The developer beta of iOS 7 is meant as a way for developers to see the new APIs and to see how their existing apps work.

     *     *     *

デベロッパにとっては意思決定の機会

これはまた、デベロッパにとって次なるアプリの意思決定をするための重要な機会でもある。これからのアプリを iOS 7 に限定すれば、新しいOS 機能が利用できるのか? デザインについてはどんな決定をすればいいのか? デベロッパが検討すべきことはたくさんあるのだ。

This is also an important opportunity for developers to make decisions about upcoming apps. Will future apps be iOS 7-only so they can tap into new functionality in the operating system? What design decisions need to be made? There are many more things that developers need to consider.

     *     *     *

そしてユーザーにも

これはわれわれが来年以降購入するアプリにも影響を与える重大な決定だ。

These are important decisions that will affect the apps that we buy in the next year or so.

     *     *     *

静観せよ

今はユーザーとしてのアナタが iOS 7 にアップグレードするかどうかを決める時期ではない。そんなことは考えてもいけない。まずアップルに OS の作業をさせ、デベロッパにはアプリの作業をさせて、アナタ自身は冷静にしていればいいのだ。

This is not the time, as a user, for you to decide if you’re going to upgrade to iOS 7. You shouldn’t even be considering that yet. Let Apple do its thing with the operating system, let developers work on their apps and you be calm.

     *     *     *

心配しなくていい

iOS 7 のことは心配しなくてもいい。

Don’t worry about iOS 7.

     *     *     *

WWDC はあくまでデベロッパのための会議であることを再認識すべきかと・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »