Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Wi-Fi’

01_500x335

米版iPhoneの日本での体験と、旅行客視点で見た東京のWi-Fiについて (1/2)|ASCII.jp

東京は無料のWi-Fiもすでに充実している
国内キャリアは海外に行く日本人をサポートしてほしい

広告

Read Full Post »


[外観からは変化が分からない]

アップルの第5世代 Airport Extreme と第4世代 Time Capsule は6月にひっそりとアップデートされた。

外観もパッケージもそれまでのモデルと変わらず、特段のプロモーションもなかった。

それから数か月経って、AnandTech が詳細極まりないレビューをしている。アップルの Airport はより高速な Wi-Fi を可能にする大変なスグレモノだというのだ。

いつものように長文かつ専門用語満載だ。

なんとか結論部分の訳出を試みた。

[なお、 Airport Extreme は「AirMac Extreme」と読み替えてください。]

AnandTech: “Airport Extreme (5th Gen) and Time Capsule (4th Gen) Review – Faster WiFi” by Brian Klug: 05 August 2011

     *     *     *

何が変わったか

我々は Time Capsule および Airport Extreme のアップデートについて詳細な検討を行なった。当初このレビューを Wi-Fi デー[注1]に投稿するという皮肉な巡り合わせにするつもりだった。しかしその特別な日にはテストを繰り返し、測定結果を正確なものにするため何度も Iperf[注2]を繰り返すハメとなった。Time Capsule および Airport Extreme が前世代モデルから変わった点は簡単だ。公式の 3TB オプションが Time Capsule に加わったこと、Time Capsule と Airport Extreme の双方により強力でパフォーマンスの高い BCM4331 ベースの Wi-Fi スタックが新たに搭載されたことだ。
[注1:Wi-Fi Day とは 802.11 から 2011 年8月2日のこと]
[注2:Iperf とは NLANR/DAST によって開発されたネットワーク速度の診断ツール]

We’ve gone into extreme detail about the Time Capsule and Airport Extreme updates. I originally intended to have this posted with a hint of irony on WiFi day (8.02.11) but instead ended up spending that special day doing more testing and running even more instances of Iperf to make sure our numbers were solid. What’s changed between both previous generations is simple—the Time Capsule gets an official 3TB option, and both the Time Capsule and Airport Extreme now have a much more powerful, modern, and better-performing BCM4331 based WiFi stack.

     *     *     *

新世代の高速な Broadcom チップ


[より強力な Broadcom の BCM4331 ベースソリューション]

Marvell から Broadcom へ移行は2つの結果をもたらした。第1は、新世代チップセットが可能にしたより強力な送信出力と一層の感度改善によって、パフォーマンスと飛距離(range)が決定的に良くなったこと。第2は、アップルのハードウェアラインアップ(iPhone、iPad、MacBook から iMac、Mac Mini に至るまで)のアクセスポイントで Broadcom を多用することによって、フレームバースト(frame bursting)やパケット連結(packet aggregation)のようなスピードアップをもたらす技術を利用することが可能になったことだ。これぞまさにハードウェアを完璧にコントロールできれば大きな利益 — この場合はより高速の Wi-Fi — がもたらされるという格好の例だ。

The result of the move from Marvell to Broadcom is twofold. First, performance and range is definitely better thanks to more transmit power and the improved sensitivity afforded by newer generation chipsets. Second, the combination of lots of Broadcom in Apple’s hardware lineup (from the iPhone, iPad, and MacBooks, to iMac and Mac Mini) with Broadcom in the access point likely allows for the use of frame bursting or some other packet aggregation technique that speeds things up in some scenarios. It’s another example of how having that complete hardware control can in fact result in some benefit—in this case, faster WiFi.

     *     *     *

ウワサにも関わらずコア機能に変化無し

今回のアップデートの前には、iOS をベースとする Airport 製品について様々のウワサがあった。Time Capsule はソフトウェアアップデートをローカルにキャッシュできるだろうとか、すべてはアップルの iCloud ソリューションに組み込まれるだろうとか。いまのところどれも実現しておらず、ウワサの出所は赤面しているようだ。自分は Lion が発表されるのを辛抱強く待った。予想の半分は当たり、このレビューの半分はムダになるだろうと思った。しかしその日が来てみると、ほとんど変化はなかった。このレビューを書いている時点で、Airport ラインのコア機能は以前のままだ。iCloud も iOS マジックもローカルへのアップデートキャッシングも全くなかった。

Before this update, there were so many rumors about both iOS based Airport products, that the Time Capsule would cache software updates locally, and that the whole thing would somehow tie into Apple’s iCloud solution. None of that exists right now, and it’s looking like (for now) the rumor mill has some egg on its face. I waited patiently for Lion to launch and half expected things to turn on and render half of the review null; instead that day came and went without much change at all. As of this writing, the core functionality of the Airport line remains the same as it was before—sans any iCloud/iOS magic/local update caching.

     *     *     *

妥当な値段の Airport Extreme

アップルの製品には高すぎるという欠点がある。3TB の Time Capsule はその一例かもしれない。しかし Airport Extreme はほぼ妥当な価格といえる。例えば Linksys E4200 と比べてみよう。Broadcom をベースとしているが、2.4GHz では 2×3:2、5GHz では 3×3:3 だ。価格は 179.99 ドルで、デバイス共有のための USB 2.0 ポートと同じような機能を持っている。一方 Airport Extreme は 179.00 ドルだが、2.4GHz と 5GHz の双方でフル 3×3:3[注]を提供する。一方 E4200 の Tx パワーはかなり強力で、この点は次の記事で扱いたい。
[注:3×3:3 = 最初の数字は送信チェーンの数、2番目は受信チェーンの数、3番目はデータストリームの合計数を示す]

There’s a stigma that Apple gear is more expensive, and for the 3TB Time Capsule that may be the case, but the Airport Extreme is actually right near where it should be. Take for comparison the Linksys E4200, which is a 2×3:2 device on 2.4GHz, and 3×3:3 on 5GHz, and also Broadcom based. That device runs for $179.99 and features similar functionality including a USB 2.0 port for sharing devices. At $179.00, the Airport Extreme offers full 3×3:3 on both 2.4 and 5GHz, albeit the E4200 does have considerably more Tx power, which we’ll investigate in a forthcoming article.

     *     *     *

不安定な挙動なし

自分が個人的に(他の NAT デバイスと一緒に)Airport Extreme を使う理由は、それが実際に自分で使ってみた中で、ロックせずにちゃんと動き、周期的に不安定になることもなければ、何時間も 100% 稼働させたときでも過熱によってセッションが落ちることもなく、毎日再起動が必要になることもない、そんな数少ない 802.11n デューアルバンドアクセスポイント(AP)のひとつだからだ。コンシューマーレベルの 802.11n アクセスポイントで、基準に達せず、ひどいストレスがたまり、信頼できないものはいくらでもある。これまで第5世代 Airport Extreme と第4世代 Time Capsule をメインのアクセスポイントとして、それぞれ 12 のデバイスに接続して使い続けているが、この1か月近く不安定な挙動は一度ももなかった。そんな安定性こそ私が気に入った理由だ。3×3:3 ですらあまり重要ではない[?]。

I guess the reason that I personally use an Airport Extreme (in conjunction with another device for NAT) is that it’s really one of a small number of 802.11n dual-band APs I’ve tried that actually works without locking up, becoming unstable periodically, dropping the session from overheating when being pushed to 100% for hours, or requiring a daily reboot. There are just so many other consumer level 802.11n APs that either fall short or are incredibly frustrating and unreliable. Thus far, I’ve been using an Airport Extreme Gen 5 and Time Capsule Gen 4 as my primary AP with over 12 devices attached to each one for the greater part of a month without a single instability. It’s that kind of stability that really sells it for me, even with 3×3:3 out of the picture.

     *     *     *

アップルの素晴しい成果

Wi-Fi 一般についてまとめると以上のとおりだ。理想的にいうなら、常時稼働して、始終気にしなくてもユーザーにとって透明なものであるべきだ。大部分の Airport Extreme や Time Capsule ユーザーは 3×3:3 といっても何のことだか分からず、さらには物理的リンク速度(link rate)をどうやってチェックしていいのかさっぱり分からないだろう。そのことは、これらのデバイスがいかに安定的であるかという証拠でもある。たぶんそのためアップルは、大幅に改良された WLAN 接続のような変更についてもあまり大げさにしなかったのかもしれない。ひとつだけハッキリしていることがある。それはアップルのワイヤレス部門がさりげなく振る舞っているのか、それとも本来受けるべき栄誉を得ていないのか、そのどちらかだということだ。

That kind of sums up WiFi in general—ideally, it should work and be something transparent to the user instead of a constant consideration. I wager the vast majority of Airport Extreme and Time Capsule owners have no idea what 3×3:3 is or how to even check their physical link rate, and for the most part that’s a testament to how stable these devices are. Maybe that’s the reason why Apple doesn’t make a super huge note about changes like markedly improving their WLAN connectivity. One thing is for certain, Apple’s wireless division is either playing it incredibly cool, or honestly not getting the credit it deserves.

     *     *     *

ワイヤレスの専門用語がいっぱいで分かりにくいが、とにかく Airport はすばらしいということのようだ。

実は・・・

筆者の Airport には問題がある。

OS X Lion への準備のため Snow Leopard を最新版(10.6.8)にアップデートして以来、ワイヤレスネットワークが落ちるようになった。

マックの前を離れると接続が切れて、再度接続しようとしてもなかなか時間がかかってイライラする。

筆者の「AirMac Express ベースステーション with AirTunes」は、AnandTech がレビューした「AirPort Extreme Base Station」とは異なるのだろうか。

ネットでいろいろ調べてみても、それらしい情報がない。(Lion や Time Capsule については、こちらこちら。)

AnandTech のレビューを読んだのも、ひょっとして Airport の問題に触れているかもと思ったからだ。

AnandTech にも、先の Ars Technica の Lion レビューにも、特段の記述はない。

ということで OS X Lion へのアップグレードに踏み切れないでいる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


コンピュータにつながないと使えない iPad

破竹の勢いを誇る iPad だが、「ポスト PC」を謳いながらどうしても母艦としてのコンピュータから切り離せない部分がある。

John Gruber が興味深い考察をしている。「iPad をコンピュータにつなぐコードは切れないのか」と。

Daring Fireball: “Cutting That Cord” by John Gruber: 15 April 2011

     *     *     *

クラウドではひと世代遅れている?

先月 iPad 2 の発表イベントがあった際に、 Josh Topolsky[その後 Engadget を辞めた]と話をしたが、彼が興味深い指摘をした。iPad 2 は(ハード的にもソフト的にも)デバイスという面ではライバルよりひと世代先をいっているが、クラウドという面になるとひと世代遅れているのではないか・・・iPad 2 はそういうことを端的に示しているのではないか、と。

After Apple’s iPad 2 introduction event last month, I ran into Josh Topolsky, and, of course, we talked about what we thought of it. Topolsky made an interesting observation: that the iPad 2 epitomized how Apple seems to be a generation ahead of its competitors on the device side — both hardware and software — but a generation behind on the cloud side.

     *     *     *

まさに iOS がそうだ

以来その点について考え続けてきた。そしてそれは iOS の現況そのものではないかと思い至った。どのライバルといえども、エレガンス、バッテリー、製造品質のいずれにおいても iPad 2 に匹敵するものを今年出すとは思えない。ユーザー体験という意味においても、iOS に勝る OS はないと思われる。

I’ve been thinking about the iPad in this context ever since, and I think it’s a perfect synopsis of the state of iOS. There will be no tablet this year from any competitor that matches the iPad 2 in terms of elegance, battery life, or build quality. No competing OS will match iOS in terms of on-the-device user experience.

     *     *     *

ライバルは PC を必要としない

しかし iPad のライバルのタブレットは、デスクトップ PC につなぐ必要がほとんどないか、まったくその必要がない。この点では RIM の PlayBook ですら一歩進んでいるといえる。出荷時点では PlayBook は独立のデバイスではない。メールや住所録、カレンダー、メッセージなどは BlackBerry(電話)につなぐ(tethered)ことが必要だ。それでも PC は必要ないのだ。

But most iPad competitors have little-to-no reliance on a connection to a desktop PC, the way an iPad does. Even RIM’s PlayBook is, in some sense, ahead in this regard. The PlayBook, as it is going to ship, is not a standalone device. It requires a tethered BlackBerry phone in order to do email, contacts, calendaring, or messaging — but it doesn’t require a PC.

     *     *     *

この点に関するいくつかの議論を踏まえて、Gruber はつぎの4つが iPhone、iPad、iPod Touch などの iOS デバイスが母艦としての Mac/PC を必要とする場合だという。

母艦が必要となる場合

1)デバイスのアクティベーション(device activation)
2)iOS のアップデート(software updates)
3)デバイスのバックアップおよびデータ復元(device backup/restore)
4)データの取り込み・移動(getting data onto your device)

・Michael Gartenberg: “‘Post-PC’ does not mean ‘Sans-PC’
・C.K. Sample: “Dear Apple: You’re Not ‘Post-PC’ Until You Cut the Cord
・Paul Hontz: “If iPads Are ‘Post-Pc Devices’ Why Must I Sync With iTunes Before I Can Use One?

     *     *     *

それぞれ別個の問題

これらの問題は、「デスクトップ iTunes につながなければ同期できないコンピュータへの依存はなくすべきだ」という単一の問題と考えるべきではなく、それぞれ別個の4つの問題と考えるべきだ。

I think it’s worth considering these as discrete problems, rather than thinking about this as a single “Apple should eliminate the dependency on tethered syncing to desktop iTunes” issue.

     *     *     *

Apple TV 2 の場合

Apple TV 2 は一歩進んでいる。iOS デバイスでありながら(コンピュータからは)独立しているのだ。箱から取り出し、電源コードをつなぎ、電源を入れて、iTunes Store の認証を入力すれば・・・それで終わりだ。ただし Apple TV 2 にはコンテンツを保存できない。ストリーミングするだけだ。だから最初に音楽やビデオといったコンテンツを同期する必要がないし、コンテンツをバックアップする必要もない。万が一 Apple TV がおシャカになってもデータを失うことはないのだ。

Apple TV 2 shows the way forward. It’s an iOS device that works independently. Take it out of the box, plug it in, turn it on, enter your iTunes Store credentials — done. But Apple TV 2 doesn’t store content; it only does streaming. And because it only does streaming, there’s no initial sync for music or video, and there’s no need for anything to be backed up. If your Apple TV goes belly-up, you don’t lose any data.

したがって iOS デバイスを iTunes が動いている母艦としての Mac ないしは Windows PC につなぐ必要があるとされる4つの理由のうち、Apple TV は2つに対処するだけで済む。デバイスのアクティベーションとソフトウェアのアップデードの2つだ。

So of the four reasons why other iOS devices require tethering to iTunes running on a Mac or Windows PC, Apple TV only tackles — and admittedly only needs to tackle — two of them: device activation and software updates.

     *     *     *

同じことができない理由はない

この2つの「デスクトップ iTunes」への依存に関しては、いずれアップルは iPhone や iPad についてもなくすることになるだろうと考える。もし Apple TV がアクティベーションもソフトウェアアップデートもできるのなら、iPhone や iPad で同じことができない理由はない。技術的に簡単に解決できるといっているのではない。マイクロソフトが Windows Phone 7 デバイスのアップデートで遭遇した問題を考えれば明らかだ。しかし、ともかく技術的に可能ではあるのだ。

I suspect those are the first two desktop iTunes dependencies that Apple will eliminate for iPhones and iPads. If Apple TV can activate itself and update its own software, there’s no reason iPhones and iPads couldn’t do the same. I’m not saying it’s an easy technical problem to solve — see, for example, the problems Microsoft has had with updates to Windows Phone 7 devices — but clearly, it’s technically feasible.

     *     *     *

容量がない場合はどうする

デバイス上に自由に使えるストレージスペースがない場合はどうするかという明らかな問題がある。その場合は、アップデーターは一部のスペースを開放するか、あるいは Mac や PC の iTunes につなぐ古いやり方でソフトウェアアップデートを行なうよう指示することになるだろう。もう一点、iPhone や iPad でワイヤレスなソフトウェアアップデートが可能になったとき、それでもアップルはコンピュータにつなぐやり方を好ましいアップデート方式とするだろうかという問題。これはそれほハッキリした問題ではない。なぜなら iTunes はアップデートをインストールする前にデバイスのバックアップを行なう。コンピュータに同期したことのない iPad は、一度もバックアップしたことのない iPad というわけだ。

One obvious problem: what to do if there isn’t enough free storage space on the device? Perhaps, in that case, the updater would suggest either freeing up some space or plugging the device into iTunes on a Mac or PC to update the software the old-fashioned way. A less obvious problem: even if/when over-the-air software updates are enabled for iPhones and iPads, should Apple still present tethered-to-a-computer updating as the preferred update mechanism? The reason: iTunes backs up the device before installing the update. An iPad that’s never been synced to a computer is an iPad that’s never been backed up.

     *     *     *

PC を必要とするデバイスをどうして「ポスト PC」デバイスといえるか

これは大切な点だ。なぜならワイヤレスなバックアップやコンテンツの同期はすぐ実現するとは考えられないからだ。ワイヤレスネットワークはまだ十分な速さを備えていない。Mac や PC で動く iTunes にローカルネットワークで Wi-Fi 同期(Wi-Fi syncing)させる話をしているのではない。それならいずれ実現するだろう。しかし「PC を必要とするデバイスがどうして『ポスト PC』デバイスといえるだろうか」という問題を解決することにはならない。iPad には USB ケーブルが必要だという類いの話ではない。そもそもなぜ PC が必要かという話なのだ。

That’s important, because I don’t think over-the-air backups or media syncing are coming soon. Wireless networking just isn’t fast enough. I’m not talking about Wi-Fi syncing over a local network to iTunes running on your Mac or PC — that may well be coming soon, but it wouldn’t solve the “how can these devices be ‘post-PC’ if they require a PC?” problem. We’re not talking about why the iPad needs a USB cable; we’re talking about why it needs a PC, period.

     *     *     *

アップルが踏み出す第一歩

アップルの「クラウド」対応は十分でない、あるいは関心を持っていないと非難されることがある。しかしそれは正確ではない。物事をひとつずつ解決してはいるのだ。音楽、映画、テレビ番組、そしてアプリなどの大部分については、iOS ユーザーが iPhone や iPad で直接に購入する段階になっている。これは Mac/PC の iTunes をハブとして必要としなくなる方向へアップルが踏み出した第一歩なのだ。

Apple gets a rap for being bad at, or simply not caring about, “the cloud”, but that’s not accurate. It’s just that they’re moving things there one piece at a time. It’s already the case that a large amount of songs, movies, TV shows — and especially apps — are purchased from the iTunes Store by iOS users directly from their iPhones and iPads. That’s the first step Apple took away from iTunes (on the Mac/PC) as a required hub.

     *     *     *

一歩一歩ずつ

だから私はこう考える。iPad や iPhone が iTunes の動く PC との接続を一気に断つということはないだろうと。それは一歩一歩の歩み(incremental)であり、最初は新品のデバイスのアクティベーションとソフトウェアアップデートから始まるのだ。そうなった時点で PC がなくても iPad/iPhone が使えるようになる。まだ大量の音楽・ビデオライブラリーを同期する必要があるのであれば、あいかわらず iTunes の動く PC が必要かもしれない。しかし、そもそも大量の音楽・ビデライブラリーを持っているのなら、すでに PC を所有しているハズだから問題はないわけだ。

So I’m thinking the iPad and iPhone won’t drop their connection to iTunes running on a PC in one fell swoop. It’ll be incremental, with new-device activation and software updates coming next. At that point, you’ll be able to use them without owning a PC. If you want to sync large libraries of music and video, you’ll still need a PC running iTunes, but if you have a large music/video library in the first place, you must have a PC already, so that’s not really a problem.

     *     *     *

クラウドへの完璧なバックアップ・復元

32 ないし 64 GB ものデータをクラウドにバックアップし、復元するのはまだ技術上可能ではない。 Wi-Fi 接続の iTunes から HD 映画一枚をダウンロードするだけで数時間かかる。アップロードとなるとダウンロードよりもっと遅くなる。この点では iOS デバイスが Android に遅れを取っているわけではない。Android ではクラウドへの完璧なバックアップや復元はやっていないからだ。(そもそも Android は完璧なバックアップ・復元はやらないのだ。)

It just isn’t technically feasible to have people backing up and restoring 32 or 64 GB of data to the cloud. It can take hours to download a single HD movie from iTunes over a Wi-Fi connection, and upload speeds are far slower than download speeds. iOS devices aren’t behind Android in this regard, because Android doesn’t do complete device backups/restores over the cloud. (Android devices don’t do complete backups/restores, period.)

     *     *     *

少量データのクラウドへの同期

膨大なデータを移動させるにはワイヤレスネットワークはまだ不十分だ。しかし少量データをクラウドで同期させる(cloud-based syncing)という面では、iOS はライバルに立ち遅れている。iPhone や iPad のユーザーは MobileMe を使えばカレンダー、住所録、ブックマークなどを簡単に同期できる。MobileMe はとても信頼性が高いので何年も使っており、私は大好きだ。しかし年間 99 ドルも払うとなると、多くの iOS ユーザーにとって話は別で、彼らのほとんどはカレンダー、住所録、ブックマークのワイヤレス同期を利用していない。現時点では競争力がないというわけ。・・・Android ユーザーならほとんど全部がグーグルアカウントを持ち、新しい端末を買ったらすぐカレンダー、住所録、その他多くのアプリケーションのデータをワイヤレスで同期しているのは間違いないだろう。

Wireless networking just isn’t ready for moving huge chunks of data around. Where iOS devices are behind the curve, competitively, is in cloud-based syncing for small bits of data. iPhone and iPad owners need MobileMe to get no-fuss wireless syncing for calendars, contacts, and bookmarks. I like MobileMe a lot, and it’s been very reliable for me for a few years now. But, at $99/year, it’s not something most iOS users have, and thus, most iOS users don’t get over-the-air syncing of calendars, contacts, and bookmarks. That’s not competitive today. (I’d love to know exactly what percentage of iOS users do use MobileMe.) I’ll bet nearly all Android users have Google accounts, and thus get calendars and contacts and many other bits of application data synced over-the-air a few minutes after they take their phones out of the box.

     *     *     *

ユーザーは待ちかねている

iOS ユーザーの多くは、Mac や Windows で動く iTunes はもはや必要ないとアップルが発表するのを待ちかねている。私が待ちかねているのは、ワイヤレスにカレンダーや住所録、それに App Store のアプリのデータを同期するのに MobileMe に支払わなくても済むことだ。

The announcement many people seem to be waiting for is for Apple to tell iOS users they no longer need iTunes on the Mac or Windows. The announcement I’d like to see is for iOS users to no longer need to pay for MobileMe to wirelessly sync calendars, contacts — and any other small bits of data from apps from the App Store.

     *     *     *

MobileMe の必要がない iBooks

iBooks ではそうなっている。iPad の読書を途中でやめ、iPhone でその続きを読もうとすれば、同じ本の同じページが見れる。Kindle でも、他の電子書籍サービスでもこれは同じだ。iBooks がユニークだとか、ライバルより一歩進んでいるという点が重要なのではない。iBooks には MobileMe が必要ないという点が重要なのだ。すべては iTunes Store で処理される。自分のデバイスで本を買い、同じデバイスでそれを読む。その履歴やブックマークなどのメタデータはクラウドにある iTunes アカウントに同期される。すべてはスムーズだ。ほかのアプリも同じようにできるべきなのだ。Safari のブックマークをワイヤレスに同期するのに年間 99 ドルも払う必要があるだろうか。iOS のゲームデベロッパにとって、自分のゲームでの上達ぶりが同じ iTunes アカウントを使えば、簡単に複数のデバイスでも同期できるようにすべきではないか。App Store のデベロッパは、この種の機能を使うために他のサードパーティの Dropbox などに頼らなくて済むべきではないか。

iBooks does this. If you pause while reading a book on your iPad, then resume reading on your iPhone, it picks up on the same page in the book. Kindle and a bunch of other e-reading services do this too. The point isn’t that iBooks is unique or ahead of the curve in this regard. It’s that you don’t need MobileMe for iBooks. It’s all handled by the iTunes Store itself. You buy books on your device, you read them on your device, and your history, bookmarks and other metadata all get synced to your iTunes account in the cloud. And it works great. But a lot more apps should work like this. Should wireless Safari bookmark syncing cost $99 a year? Shouldn’t it be easy for iOS game developers to sync progress for the same game across multiple devices using the same iTunes account? App Store developers shouldn’t have to rely on another third-party — Dropbox — for this sort of functionality.

     *     *     *

Google Docs なら

iWork ソフトや GarageBand の iPad 版は実にすばらしいアプリだ。これまでになくすばらしいユーザー体験をデザインしたクリエイティブソフトといっていい。しかし、例えば iPad の Keynote で作成したスライドを iMac の Keynote で開こうとすると、これは全くの時代遅れといわざるを得ない。Google Docs には UI 上の華々しさはないかもしれないが、同期するのは目にもつかない(invisible)ほど簡単だ。Google Docs を開きさえすれば、ファイルはそこに見つかる。編集や作成に使ったマシンが何か、いま使っているマシンが何かということは一切関係ない。いつでもそこにあるのだ。それが Google Docs が提供する全体的な体験なのだ。

[…] The iPad versions of the iWork suite and GarageBand are exquisite apps — easily some of the best-designed user experiences for creative software ever made. But the process of getting, say, a slide deck created in Keynote on your iPad open in Keynote on your iMac is downright antediluvian. Google Docs has none of the UI panache, but the syncing is invisible. You just open Google Docs, and there are your files. Doesn’t matter which machine you used to edit or create them, or which machine you’re using now, they’re all just there. That’s part of the overall experience.

     *     *     *

そして・・・

そしてその点でアップルは遅れている。

That’s where Apple is behind.

     *     *     *

徐々に母艦への依存度は減らしていくが、ある日突然すべてがクラウドに移行するわけではないという点が重要だろう。

「雲を掴むような」アップルクラウドや巨大データセンターの話に振り回されないためには、アップルの強みと弱みを十分に理解しておく必要がありそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

ios42delay.jpg

iOS 4.2 Coming Soon… But Not Tomorrow!

iOS 4.2 の金曜日リリースを予告した MacStories が、リリースは遅れそうだといっている。

MacStories: “iOS 4.2 Delayed Due to iPad WiFi Issues, New GM Build Coming [Updated]” by Federico Viticci: 12 November 2010

     *     *     *

iPad の WiFi 問題

信頼すべき筋の情報によれば iOS 4.2 は遅れるようだ。iPad でゴールデンマスター(GM)を動かしている多くのユーザーが土壇場の今の時点になって Wi-Fi 接続の問題に遭遇しているためらしい。この問題は MacRumors フォーラム(こちらこちら)、Twitter、アップル自身のディスカッションボードなどで広く取り上げられている。バグを写したビデオもある。

Basing on the information we got from a reliable source, it appears that iOS 4.2 has been delayed due to last-minute WiFi connection issues experienced by many users running the GM build on the iPad. The issues have been widely documented on MacRumors forums (here and here), Twitter and Apple’s own discussion boards, both by users and developers. You can check out a video of the bug in action below.

     *     *     *

少なくとも1週間は遅れる

Wi-Fi の問題は11月1日に GM がリリースされたことから生じた。アップルが明日にも GM の第二弾を出すかもしれないという話も耳にはいってくる。これにより少なくとも一週間はリリースが遅れるだろう。アップルは精力的にテストを行なっているようだが、公式リリースはテストの次の週までは出ないかもしれない。iOS 4.2 が感謝祭[注:11月第4木曜日]まで遅れることはないと思うけれど・・・

Wifi issues came up with the GM build Apple released on November 1st. From what we’re hearing, Apple may release a second GM build as early as tomorrow to deal with WiFi issues. This will delay the release for at least a week while it is tested, but may not get public release until the following week as it appears Apple will be testing it vigorously. iOS 4.2 should, however, come out before Thanksgiving.

情報が入り次第またお知らせする。

We will keep you posted as we receive more information.

     *     *     *

ひとつの不具合が全体に影響を及ぼすということか。

それにしても、MacStories の書きっぷりも少し腰が引けてきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Wireless Circuitry

2G iPod Touch – wireless circuitry | iFixit

さっそく iFixit が新しい iPod Touch を分解した。

iFixit: “iPod Touch 2nd Gen First Look” by Kyle Wiens: 10 September 2008

それを見て Cult of Mac が iPhone と iPod Touch は紙一重だといっている。

Cult of Mac: “Confirmed: iPod Touch Can Support VoIP Calls” by Lonnie Lazar: 11 September 2008

     *     *     *

外部マイクをサポート

iFixit の Kyle Wiens は発表翌日の水曜日には iPod Touch を分解してしまった。彼の話では、Touch のヘッドフォンジャックに接続しているワイヤは5本(旧モデルでは4本)なので、一部のヘッドフォンに搭載された外部マイクをサポートするだろうという。

With 5 wires connected to the Touch headphone jack (instead of 4 on the previous model), the device now supports the external microphone included with some headsets, according to Kyle Wiens of iFixit, who fully dismantled an iPod Touch on Wednesday.

     *     *     *

VoIP の可能性

外部マイクを備えたアップルの新しいヘッドフォンのスペックが、新 iPod Nano や 120GB iPod Classic だけでなく iPod Touch もサポートするように見えたことから、iPod Touch で VoIP が可能になるのではないかという推測がなされるようになった。[VoIP:voice over internet protocol、携帯電話回線ではなくインターネットを使って音声データを送受信する技術]

Speculation about the possibility of VoIP (voice over internet protocol – a method for making and receiving voice communication over a connection to the internet, as opposed to the cellular telephone network) on the iPod Touch arose yesterday when the specifications of new Apple headsets with external mics appeared to include support for the iPod Touch in addition to the new iPod Nano and the 120GB iPod Classic.

     *     *     *

あとはソフトだけ

「VoIP が(Touch で)使えるのではないかというのでとてもワクワクしている。あとはソフトだけだ」と Wiens は語る。

“I’m very excited about the possibility of VOIP on [the Touch],”said Wiens. “Now we just need the software.”

     *     *     *

TruPhone のソフト

実はソフトはすでにあるといえるのかもしれない。VoIP 分野の老舗 TruPhone はすでに iPhone 用アプリを AppStore に出している。かつてアップルは携帯電話回線を使う VoIP アプリは認めないといったことがあるが、純然たる wi-fi ベースの通話システムならその検閲に引っかからずに済むかもしれない。そうなれば、iPhone と iPod Touch はほとんど区別できなくなるだろう。

The software may already be here, in fact. TruPhone, a venerable innovator in the VoIP field, already has an iPhone application in the AppStore. Apple has said it would not permit applications that run VoIP using cellular networks, but a purely wi-fi-based calling method could pass muster, making the iPod Touch a little less distinguishable from its iPhone sibling.

     *     *     *

iPod Touch は「電話機能の付いていない iPhone」の筈だが、VoIP を使ったインターネット電話ができることになれば、iPhone と iPod Touch はまさに紙一重ということか。

にわかに iPod Touch が違った姿で立ち現れるような気がする・・・

原文を見る

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

FON の背後にいる男

Martin Varsavsky

Martin Varsavsky | Matias Costa/The New York Times

FON を考え出した Martin Varsavsky によれば、FON とは「人民による電話会社」だそうだ。

“FON,” he said, “is like a telephone company built by the people,” he said.

未来のワイヤレスネットワークに賭ける Varsavsky の夢が興味深い。

もう一点興味深いのは、彼が Steve Jobs に会ったときの顛末だ。どうやら会談というより口論という雰囲気だったらしい。

New York Times: “Global Dreams for a Wireless Web” by John Markoff: 25 May 2008

     *     *     *

During that 90-minute meeting, Mr. Varsavsky says, the two men discussed why a partnership might make sense.

[…]  But, Mr. Varsavsky says, from the moment that he and Mr. Jobs met, their discussion devolved into an argument. (Mr. Jobs did not respond to requests to comment on the meeting.)

At the outset, Mr. Varsavsky recalled, Mr. Jobs asked sharply, “Who needs your community?” and “Why should British Telecom bother to do a deal with you, and why shouldn’t people just leave their routers open for sharing?”

Mr. Varsavsky says he responded, “Why should you bother to do a deal with AT&T? Shouldn’t iPhones just be connected freely with any cellphone network?”

Mr. Varsavsky says he left the meeting with the uncomfortable feeling that Apple might end up as a competitor rather than as a partner. But it wasn’t only because of Mr. Jobs’s legendary stubbornness that the Apple meeting apparently went awry. Mr. Varsavsky’s own substantial ego also came into play — something he freely acknowledges when he talks about how he first got into business.

     *     *     *

ワイヤレスの世界はまだまだ多くの冒険児を必要とするようだ。

原文を見る

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »