Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Wearable’

tumblr_inline_nbo5yawNjR1qz4hsb

Apple Keynote 2014 september 9th Full HD (Official) | YouTube

とぎれとぎれで中国語のかぶるキーノートなんて・・・

If Apple can’t stream an iPhone 6 event, is there really an enterprise story? | ZDNet

Inside Apple’s Live Event Stream Failure, And Why It Happened: It Wasn’t A Capacity Issue | StreamingMedia.com

Learning from Apple’s livestream perf fiasco | perf.fail

… and you’ve just created a self-inflicted DDoS.

9月に行われたAppleスペシャルイベントのライブ中継障害はAppleが新たに導入したTwitter Feed付きのライブページが原因? | Appleちゃんねる

Read Full Post »

flintcenter

[iPhone 6 イベントの会場の不思議な建造物:MacRumors

ウェアラブルのスクープをものにした John Paczkowski が、肝心の出荷はだいぶ先になるといっている。

     *     *     *

ウェアラブルデバイスはすぐには出荷されない

9月9日にはアップルが新しいウェアラブルデバイスを出すのだろうか? 実際にそれを手にするまでにはしばらく時間がかかりそうだ。その情報を知る立場にあるソース(複数)によれば、市販されるまでには数か月かかるだろうという。ソースのひとりは「すぐには出荷されないだろう」という。じゃいつアップルはみんなが待ちこがれているウェアラブルを出すのだろうか? それは不明だ。自分の考えではクリスマスシーズンがすぎるまでは市販されないだろうと思う。2015 年初期と考えた方がいいかも・・・

[…] So that new wearable device Apple is introducing on September 9? It’s going to be a while before anyone is actually wearing it. Sources in position to know tell me it won’t arrive at market for a few months. “It’s not shipping anytime soon,” said one. So when does Apple plan to ship its eagerly anticipated wearable? That’s not clear, but my understanding is that we’re unlikely to see it at retail until after the holiday season — think early 2015.

     *     *     *

そんなに前広にアップルが公表する理由は何だろうか? John Gruber の考えが興味深い。

オリジナル iPhone のときと同じ

本当だとしたら何故だろう? オリジナル iPhone が事前に発表されたのと同じような理由ではないかと考える。そうしなければ世界中の規制当局への申請の段階でリークしてしまうだろう。それに、新しいカテゴリーの製品につきもののオズボーン効果の心配をする必要もなくなる。

If true, why? I’m guessing something similar to why they pre-announced the original iPhone — otherwise it would leak through regulatory filings with various governments around the world. Plus, they have no worries about the Osborne Effect with a new product category.

     *     *     *

アップルの情報はもっぱらリークが主体になってしまったが、確たる情報はまだない・・・

Read Full Post »

flintstone-wristphone

John Paczkowski が9月9日の iPhone イベントについて新たな情報を提供している

     *     *     *

新しいウェアラブルも?

2つの次世代 iPhone が9月9日に発表されることは前にお知らせしたが、併せて新しいウェアラブルもひとつ発表される予定であることが分かった。(「ジョーク」じゃないよ、Gruber さん。)予想どおりなら新しいデバイスは、アップルの健康・フィットネスプラットフォーム HealthKit や、接続機器をコントロールする HomeKit を活用したものになるハズ。もっともどの程度ないしはどんな形になるかは不明。

[…] Apple now plans to unveil a new wearable alongside the two next-generation iPhones we told you the company will debut on September 9. (Funny “joke,” Gruber.) The new device will, predictably, make good use of Apple’s HealthKit health and fitness platform. It will also — predictably — make good use of HomeKit, the company’s new framework for controlling connected devices — though it’s not clear how broadly or in what way.

プレスへの招待状はいつ発出されてもおかしくないよね。以前述べた10月のイベントがどうなるかはっきりしないが、今のところまだその予定ではないかと思う。

[…] Invitations should be going out any day now, right? No word yet on the fate of the October event I mentioned earlier this summer, though I imagine it’s still on.

     *     *     *

これまでと違っていっさい情報ソースを明らかにしていない点、また「ひとつのウェアラブル」というだけで「iWatch」とはいっていない点が注目される。

この秋はアップルから目が離せない・・・

     *     *     *

追記:なぜリーク写真がないのか

Paczkowski の特ダネには反論もある。今のいままでニュースが秘匿されていた点だ。ソースが明らかにされていないせいでもある。

その一例:

     *     *     *

リーク写真は?

Roland3486@Roland3486

そんなことはない。それならプロトタイプの写真が出回ったはずだ。iPad や iPhone の写真は早くから出回っているではないか。
@JohnPaczkowski Not going to happen! By now we would have seen prototype pics being publish.Remember the iPad and iPhone pics came out early

     *     *     *

Paczkowski の反論:

厳しい機密保持

John Paczkowski @JohnPaczkowsk

[出回っていない理由:]新製品であること。サプライチェーンの規模が小さいこと。それに機密保持をいっそう厳しくやっていること。
@Roland3486 new product. Much smaller supply chain. Double down on secrecy.

Read Full Post »

Update:Gruber が前言撤回?》

20140805_161103

[モトローラのウェアラブル Moto 360:Mister Gadget

John Gruber が彼一流のさりげないやり方で、アップルが腕時計型ウェアラブルデバイスを来月発表すると示唆している

今年夏に出荷されるというウワサの Moto 360 Smartwatch について触れたコメントだ。

     *     *     *

アップルのウェアラブルは9月発表か

モトローラのデザイナーは Moto 360 Smartwatch へ注意を引こうとやっきだ。まるでパンクしたタイヤのような妙な形なのに・・・

It looks like Motorola’s designers tried to draw as much attention as they could to the 360’s stupid flat-tire display shape.

来月アップルが腕時計型ウェアラブルデバイスを発表してもまだ出荷されてないということになったらもっと不様だろう。

The only way this could get funnier would be if it doesn’t even ship until after Apple announces their wrist wearable thing next month.

     *     *     *

これはこれまでの John Paczkowski の10月説とは異なっている。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Gruber が前言撤回?

9月発表を示唆したばかりの Gruber が前言を撤回したようだ・・・

     *     *     *

ジョークだよ

John Gruber ‏@gruber

・・・ところで、アップルが腕時計型ウェアラブルを9月に発表するのかそれとも10月にするのか自分にはさっぱり分からない。ジョークをいっただけ・・・

John Gruber ‏@gruber

@Casey… By the way, I have no idea whether Apple is planning wrist thing for September or October, just making a joke.

     *     *     *

はてさて・・・

Read Full Post »

[Strength – TV Ad:Apple

まだ WWDC も終わらないのにウェアラブルイベントの10月説が飛び出した。

Re/code: “Apple Plans October Wearable Launch Event” by John Paczkowski: 06 June 2014

     *     *     *

ウェアラブルは10月デビューか

アップルが10月を当面の目標に決めた。もうすぐ出るでるといわれていたウェアラブルデバイスの発売予定日だ。アップルの計画に詳しい筋によれば、アップルは10月のスペシャルイベントでこのデバイスを発表する予定だという。WWDC で発表されたばかりの HealthKit 健康・フィットネス情報収集アプリを利用したデバイスだ。秋までの間に事情が変わることがあるか? もちろん変わり得るが、今のところは10月を目標にしている。

October. That’s the tentative launch date Apple has set for its first, long-in-the-offing foray into wearable devices. People familiar with Apple’s plans tell Code/red the company hopes to schedule a special event that month to show off the device, which is designed to make good use of the HealthKit health and fitness information-gathering app it recently showed off at WWDC. Could things change between now and fall? That’s certainly possible. But right now October is the target date.

     *     *     *

日経も同じ情報

日経も同じ情報を得ている。そのソースによれば、アップルはこのデバイスに自信を持っており、月産 300 〜 500 万台の見込みだという。最近のアップルのコマーシャル[冒頭ビデオ]も、またアップル副社長の Eddy Cue が先週の Code Conference で威勢のいい楽観主義を見せたのもこのせいかもしれない。「今年後半に、アップルにおける25年のキャリアのうちでもベストの製品を準備中だ」と彼は語った

The Nikkei is hearing the same thing and its sources say that Apple is so confident in the gadget that it’s looking to produce three million to five million units per month. Which may explain not only the company’s latest ad, but Apple VP Eddy Cue’s heady optimism at our Code Conference last week. “Later this year, we’ve got the best product pipeline that I’ve seen in my 25 years at Apple,” Cue said.

     *     *     *

確度の高いソースを持つ John Paczkowski の情報だけに要注意。

(ちなみに日経のソースはアジアのサプライヤー筋のように思える。)

9月に iPhone、10月にウェアラブルイベントということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

iwatch-concept-03

[iWatch のコンセプト:image

Ken Segall が新しいカテゴリーのアップル次期製品名について語っている。

iPhone のときと同じく、法的問題があってもアップルは「iWatch」で突き進むだろうと・・・

Observatory: “iWatch: Apple’s next naming drama?” by Ken Segall: 06 May 2014

     *     *     *

アップルの次期製品名はどうなる?

iWatch: Apple’s next naming drama?

Ken Segall いわく:

Ken Segall:

第1に、製品名として iWatch はあらゆる意味で iPhone と同じくハッキリしている。アップルはまったく同じ理由からこの名前を望んでいる。アップルがこれから「破壊」しようとするカテゴリーを明示していること。そしてこれまでの素晴らしい “i” 製品群ともうまく響き合うこと。これひとつでマーケティングという意味で大きな働きをしてくれる、そんな名前だ。

First, as product names go, iWatch is every bit as obvious as iPhone was. Apple would desire it for exactly the same reason: it clearly describes the category it is about to disrupt, and it echoes all the i-goodness that came before it. It’s a name that single-handedly does an awful lot of the heavy lifting for the marketing dept.

第2に、iWatch という名前を確保するには巧みに処理する必要がある。Bloomberg によれば、50社をこえる会社が文句をいいそうだ。いちばんの難物は Swatch だ。2009 年以来 iSwatch という製品を発売しているからだ。iWatch という名前を使われると市場で混乱が生じると Swatch は前から文句をいっている。

Second, securing the iWatch name may require some fancy footwork. According to Bloomberg there are more than 50 companies that can lay claim to the name. The biggest one of the bunch is Swatch, which has been marketing a product called iSwatch since 2009. Swatch is already making noise that the name iWatch will cause confusion in the marketplace.

     *     *     *

Ken Segall の意見に対して Shawn King がちょっと気になる発言をしている。

The Loop: “iWatch: Apple’s next naming drama?” by Shawn King: 06 May 2014

     *     *     *

OS ないしはプラットフォームだったら・・・

「iWatch」が製品ではなく OS ないしはプラットフォームであることが明らかになればアップルにとって少しは楽かもしれないが・・・

It will be easier for Apple when it comes to light that “iWatch” isn’t a product but an OS/platform.

     *     *     *

Shawn King のコメントはどう解したらいいか。

スマートウォッチやリストバンド、イヤホンなどではなく「OS/platform」だと理解すると iWatch の姿も少しは見えてくるような気がするのだけれど・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Nike_Fuelband_SE_35829199_02

[ナイキの FuelBand:image

FuelBand からナイキが撤退するというウワサは以前から聞こえていたが、とうとう開発チームを解雇したらしい。

CNET: “Exclusive: Nike fires majority of FuelBand team, will stop making wearable hardware” by Nick Statt: 18 April 2014

     *     *     *

開発チームを解雇

スポーツ用品メーカーのナイキはウェアラブルハードウェアからの撤退を考えており、同社のフィットネストラッカー FuelBand の開発にあたってきたチームのほとんどを今週解雇した、と事情に詳しいある人物が CNET に語った。・・・

Nike is gearing up to shutter its wearable-hardware efforts, and the sportswear company this week fired the majority of the team responsible for the development of its FuelBand fitness tracker, a person familiar with the matter told CNET. […]

     *     *     *

ハードウェアへの依存度を減らす Nike+

手首につけるフィットネストラッカーのマーケットでは競争が激化しており、ナイキのデジタルアプリエコシステムである Nike+ は、スマートフォンのセンサーが改良されるにつれてウェアラブルへの依存度を減らしてきている。換言すれば、ナイキがハードウェアレースに参加することは、同社のウェアラブルハードウェアが明確な収益をもたらせないでいることからますます意味を持たなくなってきている。とくにアップルやグーグルのような会社が競争への参加を準備中であるのでなおさらそうだ。

There’s increasing competition in the market for wrist-worn fitness trackers, and Nike’s digital app ecosystem, Nike+, has grown less reliant on wearables as smartphone sensors have improved. In other words, it makes less and less sense for Nike to stay in the hardware race when its physical wearables are not bottom-line needle movers, especially as companies like Apple and Google prepare to join the fray.

     *     *     *

アップルの Tim Cook がナイキの取締役を務めていることはよく知られている。(ナイキの FuelBand アプリは iOS デバイスでしか利用できず、Android バージョンはない。)

もしナイキが iWatch などアップルの動向に通じているとしたらとても興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

tumblr_n3wivcf8Wt1qz51xro1_1280

[Byte マガジン 1981 年4月号表紙:image

     *     *     *

未来のコンピュータ?

Future Computers?

     *     *     *

1981 年4月の時点ですでに iWatch を予想していたところがスゴい!!!

[via @harrymccracken

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

mobile_health_fitness_tracking

[健康? フィットネス?:image

アップルが FDA[Food and Drug Administration:食品医薬品局、米厚生省の一部局]に接触したことでにわかに iWatch が現実味を帯びてきた。

MG Siegler のコメントがオモシロい

ParisLemon: “Doing Something First Versus Doing Something Right” by MG Siegler: 01 February 2014

     *     *     *

いよいよ始まった

いよいよ始まった。アップルの iWatch については世界中が耳目をそばだててきたが、とうとうハッキリとした形を取りはじめた。もしウワサがホントなら(どうもそのように思われるが)、いよいよアップルの得意なことが始まるようだ。最初に手を出したヤツがバカに見えるようなことを・・・

It begins. While the world has been speculating about Apple’s iWatch project for years, we’re finally starting to get some tangible information. And if what’s being said is true — and I believe a lot of it is — we’re going to see Apple do what they do best: make the first-movers look like fools.

     *     *     *

相当意欲的なもの

iWatch[注]が大成功を収めるといっているのではない。アップルといえどもそんなことは保障のかぎりではない。しかし今度のデバイスは、これまでの純粋に消費者家電的なものより相当意欲的な感じがする。iWatch が実際に登場したら、他社の類似製品がみなシロウトっぽく見えることは間違いない。

That’s not to say the iWatch[1] will be a huge success — nothing is guaranteed, not even for Apple. And this device sounds quite a bit more ambitious than some of Apple’s previous endeavors in pure consumer electronics. But I do believe that when we do see the iWatch, all the comparable devices will seem decidedly amateur by comparison.

[注]「iWatch」という名で呼ばれるかどうかすら分からない。当然その名前も検討されてはいるだろうが、今度のデバイスは「時計」よりもっとスゴいもののように思える。もちろん「iPhone」の例はあるけれども・・・

[1] And who knows if it will actually be called “iWatch” — I’m sure Apple is considering the name, but it sure sounds like this device will be a hell of a lot more than a watch. Of course, the same was/is true of the iPhone…

     *     *     *

繰り返し見てきた

なんども繰り返し見てきたことだ。アップルが同じ分野で最初に手を出すことは非常に稀だ。MP3 プレーヤ、スマートフォン、タブレットなどなど。しかしいったんアップルが動きを見せるときは、その分野で必ずや成功する最適な製品を出すのだ。

We see this over and over again. Apple is rarely the first-mover in a space. MP3 players, smartphones, tablets, etc. But when they do move, they do so with a product that is best situated to actually succeed in the market.

     *     *     *

二番手でいいから

考え方はとてもシンプルだ。最初に手を出してうまくいかないのより、二番手でいいから良い方がいい、と。たとえ四番手でもうまくいくなら、最初に手を出してうまくいかないよりいいのだ。

The line of thinking is pretty simple: it’s better to be second and good than first and bad. Hell, it’s better to be fourth and good than first and bad.

     *     *     *

「ベータ」は有害

こういう考え方は一部のひとにはピンとこないかもしれない。「ベータ」とか「はやく動いて道を開く」といった考え方に慣れているからだ。しかし具体的な形となった製品にカネを払ってくれる消費者がいるかぎり、「ベータ」は有害だ。一番手になってもなにもいいことはない。ライバルがもっといい製品を出したとき、「自分だってそうできたのに・・・」と自らを慰められるぐらいだ。

This concept may sound foreign to some of us in the web space that are used to the notion of “beta” and “move fast and break things”. But when you have consumers actually paying for tangible goods, “beta” is poison. There is no actual prize for being first beyond a good pat on the back, from yourself, when the competitor’s better product is released. “I coulda been a contender…”

     *     *     *

「自分が最初」

アップルのライバルが急いで何かを出すのを見るのは今でもショックだ。「これは自分が最初!」というブログのコメントを見るのと同じで、それが現実世界で起きるみたいなものだ。そしてそれが失敗するのを見るたびに、もっとショックを受ける。

I’m still shocked each time I see Apple’s competitors clearly rush something out the door, almost like the real world version of the classic “FIRST!” blog comment. And I’m more shocked that they’re shocked each time they fail.

     *     *     *

歴史は繰り返す

血圧、水分補給、心拍数・・・」 — なるほどなるほど。ところでコイツは写真も撮れるのだろうか? またもや歴史が繰り返されようとしているのだと思う。もういちど・・・

“Blood pressure, hydration levels, heart rate…” — sure, but can the thing take shitty pictures? I’m guessing history is about to repeat itself. Again.

     *     *     *

アップルギークでベンチャーファンドでもある MG Siegler がいうことだけにオモシロい。

「いよいよ始まった」という彼の判断の根拠になっている Mark McAndrew の解説[医療分野への影響は計り知れない?]は一読に値する・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts