Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Walter Isaacson’

Update》Leander Kahney が絶賛

150223_r26173-320

[Jonathan Ive and the Future of Apple:The New Yorker

Ian Parker が Jony Ive の詳しい記事を「上梓」している。

Jonathan Ive and the Future of Apple | The New Yorker

上梓ということばを使ったのは、まるで書籍のように長大な量だからだ。16000 語を超えるボリュームはもはや記事と呼ぶには大きすぎる。

読み始めてみたが量が膨大すぎて机の前では気が散ってとても読めない。

結局夜中に目が覚めたとき、ベッドの中で iPhone に読み上げさせて聞いた。聞き終わった頃には空が白みはじめていた。まさに本1冊読んだ気分だ。

そんな長時間続けて聞けたのは非常に興味深い内容だったからだ。これまで書かれたことがない内容が数多く含まれている。

・Jony Ive の生い立ち(Ive 夫人との出会いも)
・ジョブズ夫人のジョブズ観や Ive 観
・Ive のデザインスタジオの詳しい風景
・固有名詞で登場するデザインチーム
・Ive にのしかかる重圧

とにかく圧倒的な内容で、どこからまとめていいか分からない。

起きだしてきたら John Gruber が第一報をまとめていた。

まずはそれから紹介するのがベストだと思った。

Ian Parker Profiles Jonathan Ive and Apple’s Design Team for The New Yorker | Daring Fireball

     *     *     *

かつてないアクセス

Jony Ive 個人や彼のデザインチームにかつてないアクセスができたことは驚くべきことだ。17000 語近い内容はもはや記事というより書籍と言った方がいい。かといって無駄な言葉はひとつだにない。これは今後長い間参考に値する資料になるだろう。

Astonishing, unprecedented access to Ive personally and his design team at Apple. At nearly 17,000 words it’s closer to a book than an article, and not a single word is wasted. This is a resource we’ll refer to for decades to come.

     *     *     *

公認自伝本の批判

この作品は完全に集中して読むべきだ。だから一部だけ引用して読者の興味を殺ぐことはしたくはない。はっきりしているのは Parker がきちんと理解しているということだ。これは Walter Isaacson のジョブズ自伝本とは著しい対照を為す。事実 Ive は Isaacson の本を上手にやっつけている。

The piece is worth your full undivided attention, so I won’t quote or spoil much. But what’s clear is that Parker gets it — in stark contrast to Steve Jobs’s anointed biographer Walter Isaacson. Ive, in fact, effectively trashed Isaacson’s book:

ジョブズ夫人 Laurene Powell Jobs は「Jony はとても不満そうでしたが、どなり立てたりはしませんでした」と語る。そして笑いながら、自分だって夫に対してそうはしなかっただろうとつけ加えた。(病気になるずっと前からジョブズは障害者用パーキングスペースをよく使っていたが、そんなことを Ive がするのは想像することさえ困難だ。) Ive は人に好かれるのを好む。彼の話はジョブズに託してあらかじめ自分に対する批判を防御しているように見えた。それはまた 2011 年の Walter Isaacson のジョブズ自伝にたいする間接的な批判 — とげとげしくはないが不親切な例が含まれているという批判でもあった。後になっての会話で、Ive はこの本は一部しか読まなかったが、彼のいう「不正確さ」の故に嫌いになるのには十分だったと語った。彼としては異常なほど熱を込めて「とても好意は持てません」といった。

“I’ve seen Jony deeply frustrated, but I’ve never seen him rant and rave,” Laurene Powell Jobs said, and she added, laughing, that she would not have said the same of her husband. (And it’s hard to imagine Ive using a disabled-parking spot, as Jobs often did, long before he was unwell.) Ive likes to be liked; the story seemed to be a preëmptive defense of Jobs veiled as self-criticism. It was also an indirect response to Walter Isaacson’s 2011 biography of Jobs, which, though not hostile, included examples of unkindness. In a later conversation, Ive said that he’d read only parts of the book, but had seen enough to dislike it, for what he called inaccuracies. “My regard couldn’t be any lower,” he said, with unusual heat.

     *     *     *

「開かれたアップル」

Parker は Ive だけではなく、Tim Cook や Bob Mansfield、その他のひとたちについても率直ですがすがしい発言を引用している。これはジョブズ後の、そして Katie Cotton 後の新しく「開かれたアップル」を示す圧倒的で驚くべき見本になっている。

In addition to Ive, Parker also has honest, bracing quotes from Tim Cook, Bob Mansfield, and others. It’s just an astounding, thunderous example of the new post-Jobs/post-Katie Cotton “open Apple”, and Parker has made the most of it.

     *     *     *

多方面で才能を発揮

十分に読み込む必要があるとはいえ、特筆すべきは Jony Ive がその才能をきわめて多方面に発揮しているという点だ。Apple Watch は明らかに彼のお気に入りだ。しかし彼はアップルの新キャンパスの指揮監督にも深く関与しており、またこれまで発表されていないアップルストアの新デザインについても Angela Ahrendts に協力しているのだ。

There’s much to digest, but I think the biggest takeaway is that Jony Ive is stretched very thin. The Watch is clearly his baby, but he’s also heavily involved in the supervision of Apple’s new campus and he’s working with Angela Ahrendts on a heretofore unannounced redesign of Apple’s retail stores.

     *     *     *

Jony Ive とアップルの過去・現在・未来が平行して自在に語られる。

膨大な量も、含みのある表現も一筋縄では行かない。

しかし Ian Parker の記事はこれから何度も読み返すことになりそうだ・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Leander Kahney が絶賛

Jony Ive についてまとまった本を書いた Leander Kahney が Ian Parker の記事を絶賛している。

It’s time to rewrite Apple history — with more Jony Ive | Cult of Mac

     *     *     *

Ive こそがアップル

The New Yorker[Ian Parker]の書いた Jony Ive 評は最近アップルについて書かれたものの中では最も重要だとみんながいう。私も同意せざるを得ない。

People are calling The New Yorker profile of Jony Ive the most important thing written about Apple in quite a while, and I’d have to concur.

すばらしいディテールに満ちているだけではない。Ive を彼が本来居るべき場所 — アップルの中心に据えている点なのだ。作者の Ian Parker がいうとおり「これまで以上に Ive がアップルなのだ。」

Not only is it full of fascinating details, it puts Ive at the center of Apple, where he belongs. As the piece’s author, Ian Parker, writes: “More than ever, Ive is the company.”

これまでも数十年の間真実だったが、一般のひとの目には、ベテランのアップルウォッチャーにとってすらはっきりとは分からなかった。アップルの秘密主義はそれほど大きかったので、一般大衆はアップルのすることすべてをスティーブ・ジョブズのせいにし勝ちだった。本当の話が明らかにされるのはこれからで、まだ Ive は本来彼にふさわしい名声を得てはいない。

This is something that’s been true for a couple decades, but still isn’t apparent to most people — even veteran Apple watchers. Such is the company’s secrecy, and the tendency of the public to equate everything Apple does with Steve Jobs, that the true story has yet to be told. Ive has not gotten the credit he deserves.

     *     *     *

公式アクセスが認められた最初の例

最近の私の著書で、アップルの偉大なる製品の背後にいる真の天才はアップルのデザイン担当上級副社長であることを示そうとした。しかし私の本は非公式なものだったが、Parker は Ive と彼のスタジオについてかつてないほどのアクセスを認められた。その結果の人物評がカーテンの陰から姿を現わし始めた。これはアップルの歴史を語るとき長い間の懸案だった、Ive の決定的な貢献に重点をおくものなのだ。

As I tried to make clear in the title of my most recent book, Apple’s senior vice president of design is the genius behind the company’s greatest products. But whereas my book was unofficial, Parker was given unprecedented access to Ive and his studio. The resulting profile begins to peel back the curtain. It’s a long-overdue telling of Apple’s history that places new emphasis on Ive’s crucial contributions.

     *     *     *

公認伝記本の欠点

The New Yorkerk のプロフィールで Ive は Walter Isaacson のジョブズ伝記について不正確な点が多々含まれていると不満を述べている。同書に対する評価は「非常に低い」と彼はいう。

In the New Yorker profile, Ive complains about Walter Isaacson’s biography of Jobs and the many inaccuracies it contains. His regard for the book “couldn’t be any lower,” Ive says.

しかし同書の最大の欠点は不正確さにあるのではない。それはいかに Isaacson がアップル内部の仕組みを見抜く力がなかったかという点なのだ。アップルが実際に運営される仕組みについてジョブズはほとんど示さなかった。例えば iPhone の開発には3年もの努力と無数の問題ややり直しがあったが、Isaacson の本ではその点についてはたったの一章も割かれておらず、すべてはジョブズの視点から語られている。もちろんジョブズは iPhone の中心だったが、それ以上に Ive のスタジオのデザイナーたちがそうだった。その点が Isaacson の本では触れられていないのだ。

But the inaccuracies are not the book’s biggest failing: It’s how little insight Isaacson provides into the inner workings of Apple. Steve Jobs reveals little about how Apple actually operates. The development of the iPhone, for example, was a three-year effort with countless problems and restarts, but it’s covered in a single chapter and told from Jobs’ point of view. Jobs was central to the iPhone, of course, but more so were the designers in Ive’s studio, whose story wasn’t covered in Isaacson’s book.

     *     *     *

デザインスタジオがすべて

デザインスタジオこそがすべてなのだ。だから Ive は Isaacson のジョブズ伝記本を酷評したのだ。Isaacson はアップルの成功をほとんどジョブズの手柄にして、それ以上深く追跡することをしなかった。真の秘密は語られないままだった。Ive のスタジオと19人のデザイナーたちこそがアップルの創造力の真の源泉なのだ。ジョブズはまとめ役であり共同制作者だった。もちろんその役割を卑小化すべきではないが、しかし彼の貢献だけがすべてではなかったのだ。

The design studio is soup-to-nuts — and that’s why Ive dissed Isaacson’s biography of Jobs. Isaacson allowed Jobs to take most of the credit for Apple’s work without digging further, leaving a central truth untold: that Ive’s studio and the 19 designers who work there are the primary source of Apple’s creativity. Jobs was the facilitator and a major collaborator —- whose role absolutely should not be diminished — but his contribution was not the only one.

然るみんなの耳にはジョブズの声しか聞こえなかった。Ive の側から見た話は語られないままだった。

And yet Jobs’ voice is essentially the only one anybody has heard. Ive’s side of the story remains to be told.

     *     *     *

初めての試み

The New Yorker の記事が初めての優れた試みだ。ほとんどのひとがまだ耳にしたことのない Ive の決定的役割を公式に立証しようとするものだ。

The New Yorker piece is a good first attempt at an official version that validates Ive’s critical role at Apple, which most people still haven’t grasped.

     *     *     *

Ian Parker の記事が書かれた内幕話も知りたい・・・

広告

Read Full Post »

screen-shot-2014-11-06-at-10-00-17-am

[ジョブズについて語る Aaron Sorkin:Bloomberg Video

ソニーのジョブズ伝記映画の脚本家 Aaron Sorkin が、かの有名なジョブズのスタンフォード大卒業式スピーチを手伝ったことを明かしている。

Aaron Sorkin on Steve Jobs Biopic: You Could Do Ten Movies | Bloomberg Video

     *     *     *

いくつか手を入れただけ

3度目にジョブズが電話してきたとき、スタンフォード大の卒業式スピーチの手伝いをしてくれと頼まれました。・・・実際のところ、彼の手書き原稿(typos)にいくつか手を入れただけです。私のアイデアがそこに反映されているというつもりは毛頭ありません。あれはジョブズ自身のアイデアです。自分はそれに快い響きを与える手伝いをしただけです。

Aaron Sorkin: “The third time [Steve Jobs] called me was to ask me to help him write his commencement address at Stanford. … Honestly, I fixed a couple of typos in the speech — I don’t want to suggest for a moment that any of those thoughts were my thoughts. That is the brain of Steve Jobs. And [I] helped him put the music to it.”

     *     *     *

ちなみに Walter Isaacson の書いたジョブズの公認伝記本によれば:

・‘Steve Jobs’ by Walter Isaacson: Simon & Schuster
・「スティーブ・ジョブズ」ウォルター・アイザックソン著、井口耕二訳:講談社

     *     *     *

なんども助けを借りようとした

このスピーチをおこなうにあたり、ジョブスは優れた脚本家のアーロン・ソーキン(『ア・フュー・グッドメン』『ザ・ホワイトハウス』)の助けを借りることにした。

とりあえず、いろいろとアイデアを送る。

「それが2月だったんだけど、そのあとなにも言ってこないんだ。どうなっているかと4月にたずねたら『ああ、うん』と言うから、また少しアイデアを送った。ようやくつかまえても『うんうん』ばかりで、気がついたら6月になっていて、なのになにも送ってきてくれなかった」[井口耕二訳]

For help with the speech, he called the brilliant scriptwriter Aaron Sorkin (A Few Good Men, The West Wing). Jobs sent him some thoughts. “That was in February, and I heard nothing, so I ping him again in April, and he says, ‘Oh, yeah,’ and I send him a few more thoughts,” Jobs recounted. “I finally get him on the phone, and he keeps saying ‘Yeah,’ but finally it’s the beginning of June, and he never sent me anything.”

     *     *     *

結局自分で書いた

ジョブズはパニックになった。プレゼンテーションの原稿はいつも自分が書くが、卒業式でなにをしゃべればいいかわからなかったからだ。ある晩、意を決して原稿を書いた — アイデアを妻にぶつけ、その意見を聞きながら。こうして、わかりやすくて人間味にあふれるスピーチが生まれた。スティーブ・ジョブズという完璧な製品に対する個人的な思いを飾らずつづったスピーチだ。[井口耕二訳]

Jobs got panicky. He had always written his own presentations, but he had never done a commencement address. One night he sat down and wrote the speech himself, with no help other than bouncing ideas off his wife. As a result, it turned out to be a very intimate and simple talk, with the unadorned and personal feel of a perfect Steve Jobs product.

     *     *     *

Walter Isaacson が書いた伝記本の映画化の脚本を Aaron Sorkin が手掛けるのもそれなりの理由があった。

願わくば『ソーシャル・ネットワーク』のような描き方だけはしないで欲しい・・・

Read Full Post »


[ジョブズのソックリさん:photo

スティーブ・ジョブズの伝記映画を撮影中の Ashton Kutcher の写真が TMZ に載った。

TMZ.com: “Ashton Kutcher — The Steve Jobs Makeover” by Johnny Lopez: 12 May 2012

     *     *     *

ジョブズのソックリさん

Ashton Kutcher がスティーブ・ジョブズの扮装をしてロスの撮影所に向かうところが金曜日撮影された。黒のタートルネックとジーンズ、New Balance スニーカーはジョブズの伝記映画撮影のためのもの。

Wearing a black turtleneck, jeans and New Balance sneakers, Ashton Kutcher was spotted in full character as Steve Jobs as he made his way to the set of the late Apple CEO’s biopic in L.A. on Friday.

映画『Two and a Half Men』の 34 歳のスターは若き日のビジョナリーにして企業人のジョブズを演ずる。映画のタイトルは『ジョブズ:インスピレーションを得て』だそうだ。

The 34-year-old “Two and a Half Men” star plays the visionary businessman during his younger years in a movie tentatively titled “Jobs: Get Inspired.”

たしかに Kutcher は役柄ピッタリに見えるが、果たしてひとすじ縄ではいかない複雑な人物を彼が演じきれるのか — ヒッピーにして企業人、素晴らしい才能を備え、かつ狂気を秘めた人物を・・・

While Kutcher definitely looks the part, it remains to be seen if he can nail the role of a complicated man — part hippie, part driven businessman, part brilliant, and part crazy.

     *     *     *

ジョブズの伝記映画はこれだけではない。もう一本進行中だ。

ソニー・ピクチャーズが Walter Isaacson のベストセラー伝記本を映画化しようとしている。

その脚本家が決まった。

Variety: “Sony taps Sorkin for Steve Jobs biopic” by Jeff Sneider: 15 May 2012

     *     *     *

ソニーは脚本家 Sorkin を起用

Sony taps Sorkin for Steve Jobs biopic

バライエティ誌

Variety:

ソニー・ピクチャーズは、Walter Isaacson のベストセラー伝記本映画化の脚本家に『ソーシャル・ネットワーク』(Social Network)でオスカーを獲得した Aaron Sorkin を選んだ。

Sony Pictures has tapped its Oscar-winning “Social Network” scribe Aaron Sorkin to adapt “Steve Jobs,” Walter Isaacson’s bestselling biography of the late Apple co-founder.

Sorkin は Ben Mezrich の Facebook に関する大著「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」(The Accidental Billionaires)の脚本でオスカーを獲得した。ソニーの映画作品としてはこれまでも『奇跡のチームをつくった男』(Moneyball)を書いている。そのほか政治的映画3部作『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(Charlie Wilson’s War)、『アメリカン・プレジデント』(The American President)、『ア・フュー・グッドメン』(A Few Good Men)や、『冷たい月を抱く女』(Malice)などの作品がある。

Sorkin, who earned an Oscar for adapting Ben Mezrich’s Facebook tome “The Accidental Billionaires,” previously wrote “Moneyball” for the studio. His other feature credits include the politically-themed trio “Charlie Wilson’s War,” “The American President” and “A Few Good Men,” as well as “Malice.”

     *     *     *

Aaron Sorkin が大物脚本家であることは間違いなさそうだが、『ソーシャル・ネットワーク』の脚本を書いたという点が少し気に懸かる。

少なくとも筆者はあの映画で描かれた Mark Zuckerberg に好感をもてなかった。

公認伝記本をベースにするというと、どうしてもジョブズが大学をドロップアウトし、ヒッピーまがいの生活を送り、インドへの放浪の旅に出るまでが大きなヤマのひとつになるのではないか、エキセントリックなジョブズが強調されるのではないかと危惧する。

長い間ジョブズに惹かれていたものとして、興味本位の伝記映画になることだけは避けて欲しいと願う。

ジョブズの秘密はアップルを逐われ、自分を見つめ直した不遇の時代にあったと思う。

しかし公認伝記本でも、そのあたりは必ずしも明確ではない。

同じ懸念は Ashton Kutcher の映画が若い頃を描くという点にもある。

ジョブズの一時代を画することは間違いないとしても、アップルを逐われた不遇の時代をないがしろにして欲しくないと思う。

今日のアップルを成功を導いた秘密、あまり知られていない家庭人としての側面、怒りを抑えることを学んだジョブズ — そんなジョブズに惹かれるのだが、エキセントリックなジョブズを強調するあまり、他の側面を忘れては欲しくない・・・

★ →[原文を見る:TMZ
★ →[原文を見る:Variety

Read Full Post »

Update:人間性を掘り下げられたか》


Steve Jobs by Walter Isaacson

ベッドで、部屋を暗くして目を休ませたおかげで、眼底の激痛はだいぶ楽になってきた。

この際聴きそびれていたポッドキャストを iPhone でまとめて聴いた。

     *     *     *

唯一の公認伝記本『スティーブ・ジョブズ』はなかなか読み通せない。

初代 Macintosh 以来追い求めてきた Jobs 像と、自分の中でなかなか折り合いがつかないのだ。

あちこちつまみ食いした挙げ句、気がついたらページを繰る手が止まっていた。

そんな自分の気持ちがなんとなくしっくりしたのがジョン・シラキューサ(John Siracusa)のポッドキャストだった。

     *     *     *

作者の人選を誤った

アップされたときから、強烈な批判らしいということは知っていた。

しかし、Walter Isaacson の伝記本を読み終わるまではお預けにしておこうと思っていた。

ウワサどおりの激しさだ。

5by5: “Hypercritical #42: The Wrong Guy” by John Siracusa and Dan Benjamin: 11 November 2011

Isaacson の伝記本を徹頭徹尾批判する。

最大の理由は伝記本作者の人選を誤ったという点だ。

失われたインタビュー「Triumph of the Nerds」の中で、自分がスカウトして、その結果アップルを追われることとなったた John Sculley について Jobs は次のように語る

Steve Jobs:いうことないよ。間違ったヤツを雇ってしまったんだ。

Steve Jobs: Ehm what can I say? I hired the wrong guy.

John Siracusa は Isaacson 伝記本についてこう切って捨てる。

「いうことないよ。間違ったヤツを作者に選んでしまったのだ。」

“What can I say? He picked the wrong guy to write a bio.”

     *     *     *

The Wrong Guy

なぜ「the wrong guy」(この仕事に不向きな人間、間違ったヤツ)なのか?

最大の理由は、Isaacson が Steve Jobs の成し遂げた分野ついてシロウトだという点だ。

シロウトなだけでなく、知ろうとする意欲もないと批判する。

秘密主義の Jobs が、生涯にたった一度、何でも聞いてくれと与えた唯一無二、稀有のチャンスを生かすことが出来なかったと Siracusa は切歯扼腕する。

その結果出来上がったものは、

「タイムやニューズウィークの記事をまとめただけみたいな代物」
「伝記作品(literature)とはとても呼べない」
「人間的側面に興味をおきすぎ、People マガジン的」
「折角の貴重な機会を生かせずにイエスマン的に聞いただけ」

止めの一撃は「浅薄さ/怠惰さ」(shallowness/laziness)だろう。

烈火の如く怒るシラキューサ(Siracusa on fire)が鉄砲のように打ち出すしゃべくりは、1時間かけても収まらず、さらに翌週に2時間弱かけて思いの丈をしゃべり尽くす。

具体的論点とその激しさについては是非とも自分の耳でお確かめあれ!

     *     *     *

もうひとりのギーク John Gruber の評はこうだ。

Daring Fireball: “Hypercritical, Episode 42: The Wrong Guy” by John Gruber: 15 November 2011

シラキューサのポッドキャスト

Walter Isaacson の『Steve Jobs』を読了して、全体的にガッカリしたが、それがなぜなのか十分に時間をかけてまとめるには至っていなかった。しかし John Siracusa はそれをやってのけた。この伝記本をあらゆる点から徹底的にやっつける様は実に衝撃的ですらある。このポッドキャストを聞くにあたり、伝記本には欠陥があること、Siracusa もそのことを知っていること、ポッドキャストの最初から終わりまで彼のいうことに納得するだろうと思っていた。でもそれだけではなかった。Isaacson はフイにしたのだ。一回限りのチャンスを永遠に逃してしまった。Jobs は間違ったヤツを選んでしまった。

After finishing Walter Isaacson’s Steve Jobs, I was disappointed overall, but didn’t take the time to completely formulate why. John Siracusa did, though, and his multi-faceted critique of the book is simply devastating. I went into this podcast knowing that I thought the book was flawed, knowing that Siracusa did too, and expecting to be nodding my head in agreement with him throughout the show. But it’s worse than that. Isaacson blew it, a one-time opportunity forever squandered. Jobs picked the wrong guy.

     *     *     *

プライバシーと秘密主義

Isaacson 本に関する Gruber 自身のポッドキャストもオモシロい。

5by5: “The Talk Show #67: Half-n-Half” by John Gruber and Dan Benjamin: 16 November 2011

きちんとしたことが書けるとしたら誰だったろうかという問いに Steven Levy の名前が挙がったのが興味深かった。

しかし Isaacson を選んだ背景には Jobs の隠された意図があるのではないかという視点がおもしろい。

コンピュータ業界の事情に通じていないが故に、また詳しく突っ込もうとする熱意がないが故に Isaacson は伝記作者として選ばれたのだ、と。

Jobs の秘密には二つの側面がある。プライバシーと秘密主義だ。プライバシーは人間 Jobs のプライベートな側面、秘密主義は会社としてのアップルが死守する企業秘密だ。

企業秘密の側面については、エール大学のビジネススクールの学部長 Joel Podolny を引き抜き、アップル幹部育成用の「アップル大学」のためのケーススタディを作らせた。アップル発展の企業秘密はすでにそういう形で蓄積、継承されている。それを一般書の形で Isaacson に書かせる必要はなかったというわけ。

それより、死後あれこれ取り沙汰されるであろうプライバシーの部分を Jobs が提供する情報をベースに書かせておきたかったのではないか、と。

     *     *     *

Jobs やアップルについて疎い一般読者の立場ではなく、ギーク(ナード)の立場からの批評だが、Isaacson 本の限界について考えさせられる点が多いように思う。

目が見えなくなったおかげで、たっぷり時間をかけて聴くことができてよかった。

読み残しの部分を改めて読んでみようという気になった・・・

★ →[ポッドキャストを聴く:John Siracusa
★ →[ポッドキャストを聴く:John Gruber

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》人間性を掘り下げられたか(12月4日)

アップルの成功秘話だけでなく、Steve Jobs の人間性を掘り下げることに成功したのだろうか・・・

tumblqbrady: “Steve Jobs by Walter Isaacson: a review” by Thomas Q. Brady: 02 December 2011

     *     *     *

ジコチューのコントロール・フリーク

「問題を分析する」というとき、心理分析の話をしているのではない。そんな例ならこの本にはいくらでもある。Isaacson は、Jobs が生みの親に養子に出されたときの苦しみを克服できなかったと好んで指摘しているように思える。Isaacson がいろいろな原資料から「Psychology Today」誌的な安手のシロウト分析で描き出したのは、「ジコチューで未熟、情緒不安定なコントロール・フリーク」(a self-absorbed, immature, emotionally unstable control-freak)だった。

When I say “analysis,” I’m not talking about psychology. There’s plenty of that. Isaacson seems to enjoy pointing out that Jobs never really overcame the pain of knowing that his parents gave him up for adoption. But all Isaacson’s armchair, Psychology Today thinking rendered from the source materials was a self-absorbed, immature, emotionally unstable control-freak.

これがいかに恥ずべきものか、2つ理由を挙げられる。

There are two reasons that’s a complete shame.

1)Steve Jobs についてみんな知っていることだ。

1. We already knew that about Steve Jobs.

2)そんな人間ならゴマンといることを知っている。米国ではこの(数)十年来、そんな人間を増殖させてきた。しかしそんな人間の中で、ガレージから会社を立ち上げ、世界で最も価値のある会社に育て上げたものは誰もいないことも知っている。

2. I know lots of people that could be described that way (we seem to have been breeding them in the US over the last couple (few?) decades), and none of them started a company in their garage that became one of the most valued corporations in the world.

何が Jobs を他者とは異なる存在にしているのか? その答えはちゃんと出されていないのだ。

What made Jobs different? This isn’t really answered.

     *     *     *

Jobs をエクセントリックな人間として描くことが本書の目的ではなかったハズ・・・

[via Daring Fireball

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Walter Isaacson のインタビュー:photo

米国では明日[米国時間10月24日]、Steve Jobs の公認伝記本が発売される。

最近 Jobs に関する記事のほとんどはこの本がネタ元だ。

作者 Walter Isaacson との “60 Minutes” インタビューの全容が、発売を明日に控えてネットにアップされた。

CBS News [60 Minutes]: “Steve Jobs: Revelations from a tech giant“: 23 October 2011

ビデオはこちら:

Steve Jobs, part 1:
Steve Jobs, part 1 | CBS News]
Steve Jobs, part 1 | YouTuve]

Steve Jobs, part 2:
Steve Jobs, part 2 | CBS News]
Steve Jobs, part 2 | YouTube]

     *     *     *

特に興味深かった部分をいくつかご紹介。


[育ての親 Paul Jobs]

・養子であることを知ったとき

Steve Jobs:ちょうどこの芝生の上で、筋向かいの Lisa McMoylar に自分は養子だと話していた。すると彼女は「じゃあ、アナタの本当の親はアナタがいらなかったってこと?」といった。一瞬自分の頭の中で稲妻が走った。自分が家に駆け込み、泣きながら両親に尋ねたのを覚えている。両親は私を座らせて「そうじゃないよ。特別にお前を選んだんだよ」と答えた。

[Steve Jobs, audio: I was, I remember right here on the lawn, telling Lisa McMoylar from across the street that I was adopted. And she said, “So does that mean your real parents didn’t want you?” Ooooh, lightning bolts went off in my head. I remember running into the house, I think I was like crying, asking my parents. And they sat me down and they said, “No, you don’t understand. We specifically picked you out.”]

     *     *     *


[金持ちにしては質素な自宅]

・カネの亡者にはならない

金持ちなのに普通の家にすんでいることについて:

Jobs:アップルの株式公開でたくさんのひとの生活が変わったのを見てきた。多くのひとが金持ちの生活を始めなきゃと考えた。そこでたくさんのひとがロールスロイスを買い、家を買った。妻に美容整形をさせた。みんなホントにシンプルでいいひとたちだったのに、それが奇妙なひとたちに変わってしまった。だから自分に言い聞かせたのだ。「カネで自分の人生をダメにするようなことはしないぞ」と。

[Jobs: I saw a lot of other people at Apple, and especially after we went public, how it changed them. And a lot of people thought they had to start being rich, so they– I mean, a few people went out and bought Rolls Royces and they bought homes, and their wives got plastic surgery, and they, and I saw these people who were really nice, simple people turn into these bizarro people. And I made a promise to myself. I said: “I’m not going to let this money ruin my life.”]

     *     *     *


[Laurene Powell との結婚式]

・家族の写真

家族や妹など、初めてみる写真も多数。

     *     *     *

・生みの親について

Jobs:自分の生みの母親を探したとき、当然自分の生みの父親も探した。少しは彼のことが分かったけれど、あまりうれしいことじゃなかった。だから[実の妹 Mona が生みの父親と会うことになったとき]自分たちが会ったことや自分に関することをいわないでくれと頼んだのだ。

[Jobs: When I was looking for my biological mother, obviously, you know, was looking for my biological father at the same time. And I learned a little bit about him and I didn’t like what I learned. And I asked her to not tell him that we ever met and not tell him anything about me.]

     *     *     *

・すぐに手術を受けなかったことについて

Kroft:あんなにすばらしい人がどうしてそんなバカなことをしたのでしょうか?

Kroft: How could such a smart man do such a stupid thing?

Isaacson:ええ、たぶん彼は、自分が無視すれば、存在しないと考えさえすれば、[それで無くなってしまうと]魔法のように考えられる(magical thinking)と思ったのじゃないでしょうか。過去にもそれはうまくいった[Reality Distortion Field:現実歪曲空間のこと]のですから。しかし彼は後悔していました。いくつかの決定についてね。きっと彼は早いうちに手術をすべきだったと考えたと思います。

Isaacson: Yeah, I think that he kind of felt that if you ignore something, if you don’t want something to exist, you can have magical thinking. And it had worked for him in the past. He regretted it, you know, some of the decisions he made and certainly, I think he felt he should’ve been operated on sooner.

     *     *     *

・死について

Isaacson:ある日家の裏庭で、神について彼が語り始めたのを覚えています。「時には神を信じ、時には信じない。50-50 ぐらいかな。しかしガンになってから、前より考えるようになった。少しは自分が信心するようになったと思う。その、たぶん来世を信じたいと考えるからだろう。死を迎えたとき、すべてが無くなるわけじゃない。生涯蓄積してきた知恵とか。それはなんらかの形で生き続けるのだと思う。」彼はしばらく間をおいて、「そうなんだ。でも時にオン・オフスイッチみたいだと思うことがある。ボタンをクリックすればそれでオシマイというように。」またしばらく間をおいていいました。「だからアップル製品にはオン・オフスイッチを付けたくないんだ。」

Isaacson: I remember sitting in his backyard in his garden one day and he started talking about God. He said, “Sometimes I believe in God, sometimes I don’t. I think it’s 50-50 maybe. But ever since I’ve had cancer, I’ve been thinking about it more. And I find myself believing a bit more. I kind of– maybe it’s ‘cause I want to believe in an afterlife. That when you die, it doesn’t just all disappear. The wisdom you’ve accumulated. Somehow it lives on.” Then he paused for a second and he said, “Yeah, but sometimes I think it’s just like an on-off switch. Click and you’re gone.” He said and paused again, and he said, “And that’s why I don’t like putting on-off switches on Apple devices.”

     *     *     *

Isaacson の伝記本を出版する Simon & Schuster は CBS の傘下にある。

CBS が取り上げたのもプロモーションの一環といえるのかもしれないが、見どころ、聴きどころ満載の内容だ。

Jobs に関心をお持ちの方へはおススメのビデオ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[”Steve Jobs” by Walter Isaacson:image

Jobs の公認伝記本もいよいよ二、三日うちに発売される。

作家の Walter Isaacson がテレビ出演したり、AP が概要を漏らしたりで、つい注意がそっちへ向いてしまう。

なにしろ、次のような下りがあるというのでは、見過ごすわけにはいかなくなる。

AP: “Jobs questioned authority all his life, book says” by Rachel Metz, Barbara Ortutay and Jordan Robertson: 20 October 2011

     *     *     *

Android は潰してやる

「この不正を正すためなら、もし必要なら自分が最後の息を引き取るまで、さらにアップルの 400 億ドルの貯金すべてをはたいても、この不正を正すのに使うつもりだ」と Jobs はいう。「Android は潰してやる。それは盗品なのだ。この件に関しては核戦争になってもやるつもりだ。」

“I will spend my last dying breath if I need to, and I will spend every penny of Apple’s $40 billion in the bank, to right this wrong,” Jobs said. “I’m going to destroy Android, because it’s a stolen product. I’m willing to go thermonuclear war on this.”

     *     *     *

2人の会談

グーグルの Android や Google Docs、インターネットワープロを説明するのに Jobs はののしり言葉を使った。その後 Schmidt とパロアルトのカフェで会ったとき、Jobs は訴訟で解決することに関心はないといったと、Isaacson の伝記本は述べている。

Jobs used an expletive to describe Android and Google Docs, Google’s Internet-based word processing program. In a subsequent meeting with Schmidt at a Palo Alto, Calif., cafe, Jobs told Schmidt that he wasn’t interested in settling the lawsuit, the book says.

     *     *     *

カネが欲しいんじゃない

「カネが欲しいんじゃない。50 億ドル積んだって要らない。カネならたっぷりある。Android で我々のアイデアを使うのをやめること、それが望むすべてだ。」2人が会っても問題はなにも解決しなかったと Isaacson は書いている。

“I don’t want your money. If you offer me $5 billion, I won’t want it. I’ve got plenty of money. I want you to stop using our ideas in Android, that’s all I want.” The meeting, Isaacson wrote, resolved nothing.

     *     *     *

アップルとグーグルの対立をすっぱ抜いたのは NY タイムズだが、その直後パロアルトのカフェにいる2人の写真が話題になった。

このときのやりとりは、上のようなものだったことになる。

これまでウワサの霧に包まれていた多くの事柄が Jobs 自身のことばで明らかになるというのだから、間違いなくこれは Jobs に関する第一級の資料だ。

     *     *     *

詳しくは注文した本が届いたとき、直接ページを繰って読みたいと思うのだが、内容がポロポロ漏れてくるとそちらも気になって仕方がない。

John Gruber も思いは同じようだ。

古くさいといわれても、このような本はハードカバーで読みたい。

Call me old-fashioned, but a book like this, I get in hardcover.

Daring Fireball: “Pre-Order ‘Steve Jobs’ From Amazon” by John Gruber: 21 October 2011

そういいながらも、次のようにもいう。

ネタバレにしてぶち壊すつもりはないが、(こんな内容だと)エントリーにしないわけにはいかない。

I’m pretty much in no-spoiler mode on this book, but I had to post this.

Daring Fireball: “‘I’m Going to Destroy Android, Because It’s a Stolen Product’” by John Gruber: 21 October 2011

     *     *     *

MG Siegler も思いは同じようだ。

ParisLemon: “Chances this biography is going to be awesome?” by MG Siegler: 21 October 2011

Michael Liedtke のツィッターを見て:

@liedtkesfc
Michael Liedtke
Bill Gates について Jobs は次のようにいっている。「Bill は基本的に創造力がない。それに何も新たに発明していない。恥知らずにも他人のアイデアを盗んだだけだ。」

Jobs on Bill Gates: “Bill is basically unimaginative and has never invented anything…He just shamelessly ripped off other people’s ideas.”

この伝記本はヒットするか? 100% 間違いなしだ。

Chances this biography is going to be awesome? 100%.

     *     *     *

このツィッターですぐ思い浮かぶのは、Jobs 若き日の例のビデオだ。

ブレないというか、いったん思い込んだら変えないというか・・・

     *     *     *

他にも伝記本の内容はあれこれ漏れてくる。

・手術までに様々ながん治療法を試みた

New Book Details Jobs’s Fight Against Cancer | NYTimes.com

・オバマ大統領にあなたは一期限りだといった

Steve Jobs Biography Reveals He Told Obama, ‘You’re Headed For A One-Term Presidency’ | Huffingtonpost.com

・Tim Cook のことは早い時期から認めていた

Apple’s Cook Won Jobs’s Trust Early: Book | Bloomberg

・Jonathan Ive にオペレーションの権限を与えようとした

Steve Jobs Organized Apple to Give Jony Ive Complete Operational Freedom – Mac Rumors

・Jobs が貶したひとのリストというのまである。

Steve Jobs Biography: A Scorecard of Put-Downs | NYTimes.com

     *     *     *

ジャーナリストもライターも、長い間 Steve Jobs をメシの種にしてきた。

しかしこれまでの凡百のジョブズ本と違って、今回は亡くなる直前2年間の50回にも及ぶインタビューを踏まえて書かれたものだ。まさに正伝というにふさわしい。しかも語ったひとはもういないのだ・・・

マスコミも技術専門家も、ギークも一般読者も、みなが注目するわけだ。

アマゾンのメールによれば、発送予定は10月27日になっているのだが・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[三宅一生をマネした・・・:photo

すっかりトレードマークとなった黒のタートルネックをなぜ Steve Jobs が愛用するに至ったか、Walter Isaacson の伝記本の一節を Gawker が紹介している。

Gawker: “Steve Jobs on Why He Wore Turtlenecks” by Ryan Tate: 11 October 2011

     *     *     *

三宅一生をモデルにして

2週間後に発売される Isaacson の伝記『Steve Jobs』によれば、アップルの従業員に制服を着せようとしたボスの試みはブーイングで退けられたという。そこで Jobs は有名デザイナー三宅一生が着ているものをモデルにして作った個人用制服に甘んじざるを得なかった。

[…] According to Isaacson’s book Steve Jobs, due out in two weeks, Apple employees jeered their boss’s scheme for a corporate outfit. So he had to settle for a personal uniform, modeled on shirts he saw noted designer Issey Miyake wearing.

以下はその伝記本の一節・・・

     *     *     *

絆のような存在

1980 年代初めに日本へ旅したとき、Jobs はソニーの盛田昭夫会長に工員がみな制服を着用しているのはなぜかと尋ねた。戦後、着るものとてなかった時代、どの会社もソニーのように社員に着るものから与えなければならなかった。年が経つにつれて、ユニフォームは自らのアイデンティティーを示す個性的なものとなった。とくにソニーのような会社ではそうだ。それはまた社員をソニーという会社に結びつける絆のような存在にもなったのだと盛田会長は語った。「そんな絆みたいなものがアップルにも欲しいと思った」と Jobs は回顧する。

On a trip to Japan in the early 1980s, Jobs asked Sony’s chairman Akio Morita why everyone in the company’s factories wore uniforms. He told Jobs that after the war, no one had any clothes, and companies like Sony had to give their workers something to wear each day. Over the years, the uniforms developed their own signatures styles, especially at companies such as Sony, and it became a way of bonding workers to the company. “I decided that I wanted that type of bonding for Apple,” Jobs recalled.

     *     *     *

ブーイングの嵐

スタイルを尊重するソニーは、その後有名デザイナー三宅一生にユニフォーム製作を依頼した。リップストップナイロン生地できた袖付きジャケットで、袖のジッパーをはずせばベストになるものだった。そこで Jobs は三宅一生を訪ね、アップルのためにベストをデザインしてくれるよう頼んだ。「サンプルを持ち帰ってみんながこのベストを着たらどんなにすばらしいだろうと説いてみた。そしたら一斉にブーイングの嵐だ。だれもその考えが気に入らなかった」と Jobs は語る。

Sony, with its appreciation for style, had gotten the famous designer Issey Miyake to create its uniform. It was a jacket made of rip-stop nylon with sleeves that could unzip to make it a vest. So Jobs called Issey Miyake and asked him to design a vest for Apple, Jobs recalled, “I came back with some samples and told everyone it would great if we would all wear these vests. Oh man, did I get booed off the stage. Everybody hated the idea.”

     *     *     *

一生涯着れるだけ

そうしたわけで、Jobs は三宅と友人になり、定期的に彼を訪ねるようになった。そして自分のユニフォームを作ってみたいと考えるようになった。日常的に快適にすごせる(彼の主張する主義とも合致する)のがひとつ、もうひとつは個性的なスタイル(signature style)を伝えられるという点だ。「そこで、一生が着ているタートルネックが気に入ったので、私のために何着か作ってくれと頼んだ。そうしたら彼は百着近く作ってくれたんだ。」その話を聞いてびっくりした私を見て、彼はクローゼットにたくさん置いてあるのを見せてくれた。「これが私が着ているヤツだ。一生涯着れるだけ持ってるよ。」

In the process, however, he became friends with Miyake and would visit him regularly. He also came to like the idea of having a uniform for himself, both because of its daily convenience (the rationale he claimed) and its ability to convey a signature style. “So I asked Issey to make me some of his black turtlenecks that I liked, and he made me like a hundred of them.” Jobs noticed my surprise when he told this story, so he showed them stacked up in the closet. “That’s what I wear,” he said. “I have enough to last for the rest of my life.”

     *     *     *

Isaacson の伝記本には、今まで語られたことのない Jobs 自身のことばによるエピソードが満載されていそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »