Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘VoiceOver’

AssistiveTouch

[AssistiveTouch]

筆者の「新しい」 iPhone 5 のホームボタンがまたもや利かなくなった

ホームスクリーンに戻るのも何回かに一度という有様。

まだひと月もしないのに — 何故? なぜ? ナゼ?

ホームボタンの代わりに仮想ボタン「AssistiveTouch」を使うように心がけていたのに — 何故? なぜ? ナゼ?

どうもツイていない・・・

     *     *     *

家族みんなの反応も、そもそも iPhone 5 を選んだせいだと冷たい。

「モデルチェンジは最新モデルにするのが常識でしょ」とウチの奥さん。

新しい iPhone 5S を予約中の娘や孫たちも「何でそんなことするのかワカラン。」

いやまあ、散々だ。

筆者の使い方にはこれで十分という抗弁もなんとも力が入らない。

     *     *     *

騙しだまし使っていたがとうとうたまりかねて、アップル正規サービスプロバイダに持ち込んだ。

その結果、新しいものへ本体交換してもらった。(1年以内で無料。)

(ちなみに、古い iPhone 4 だとボタンだけの修理はできず、本体交換のみとなり1万 3800 円だそうだ。)

     *     *     *

すっかり懲りて、ホームボタンを押すときはこれまで以上に慎重になった。

とはいっても、小さい字の読めない筆者にとって、iOS 7 で格段に進化した「VoiceOver」は欠かせない存在。

なるべく仮想ボタンの AssistiveTouch を使うよう心がけているが、音の世界への入り口である「トリプルクリック」が難問だ。

VoiceOver のオンはいいとしてもオフが難しい。出来たり、できなかったりというところ・・・

それでも AssistiveTouch を使うことで、ホームボタンを押す回数は格段に減った。

これ以上問題が起きないことを祈るのみ・・・

     *     *     *

《付記》トリプルクリックの速度を遅くする

トリプルクリックがなかなかうまくいかないのは、クリックの間隔にも問題がありそうだ。

AssistiveTouch でスプリット・タップを使うときのクリックの間隔を大きくする(クリックの速度を遅くする)ことで改善が図れる。

     *     *     *

homeclick

トリプルクリックの速度を遅くするには

1)「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ホーム クリックの間隔」と選択

2)「デフォルト」を「遅く」に変更

     *     *     *

これでずいぶん使いやすくなった。

筆者の場合、ホームボタンを押す回数はこれまでの10分の1以下に減った・・・

広告

Read Full Post »

AssistiveTouch01

[AssistiveTouch]

新しい iPhone が発表されたばかりだが、筆者の iPhone は3代前の 4 だ。

iOS 7 へのアップグレードはスムーズに済んだのだが、その日からホームボタンの利きが悪くなった。

何度目かにやっとホーム画面に戻れたのが、2日後には何度押してもダメになった。時たま思い出したように利く程度にまで悪化している。

動作が重くなったせいかとも思ったが、明らかにハード上の問題で、ボタンがバカになっているようだ。

まだ2年縛りの残余が何か月分も残っていて、新しい機種に乗り換えるにはカネがかかり過ぎる。

アップルケアにも入っていないので、修理代がいくらかかるのか想像もしたくない。

ほとほと困った。

     *     *     *

小さい文字はほとんど読めないので、すっかり VoiceOverこちらも]のお世話になっている。

iPhone はもっぱらタッチパッドの代わりだ。

ホームボタンのトリプルクリックが音の世界へのショートカットになる。

その分ホームボタンへの負荷が大きかったのかもしれない。

ホームボタンが利かないのでは灯りのない闇夜と一緒だ。

     *     *     *

困り果てていたら、ホームボタンを迂回する方法があることを知った。

AssistiveTouch」というのがそれだ。

「On-Screen Home Button」をスクリーン上に表示して、ホンモノのホームボタンのように使う。

     *     *     *

AssistiveTouch02
[AssistiveTouch をオンにする]

AssistiveTouch 機能をオンにする方法(iOS 7 の場合):

・「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」

・「身体機能サポート」の「AssistiveTouch」をオンにする

これでスクリーン上に半透明のホームボタンが生成される。

このボタンはどのスクリーンからでもアクセスできる。

     *     *     *

とりあえずは救急で延命措置は講じることができた。

せっかく新 iPhone 5C/5S が発表されたのに、そのはるか手前でウロウロしている・・・

Read Full Post »

耳で聞くようになると、テキスト読み上げに使われる声が気になる。

iPhone の声は「サマンサ」(Samantha)だそうだ。

デスクトップではいちばん自然に聞こえる「アレックス」(Alex)の声が気に入っていた。

アレックスの声の自然さについては、アップル自身が解説を加えている。

Accessibility – OS X – Vision | Apple
アクセシビリティ – OS X – 視覚に障がいのある方に | アップル

     *     *     *

アレックスの声(The Alex Voice)

Macの声、Alexをご紹介しましょう。Alexは、先進的なAppleのテクノロジーを使って、たとえ非常に速い話し方でも英語の自然なイントネーションを再現します。ほとんどのTTS(テキスト読み上げ)システムがテキストを一文ずつ分析して合成するのに対し、OS Xは段落ごとにテキストを分析。その内容をより正確に解読します。さらにAlexは人間の話し言葉のニュアンスをより詳細に反映させるので、本、記事、ニュースなどの長い文章の意味が、より理解しやすくなります。長い文章を読み上げる時は途中でひと呼吸おくので、Alexはとても自然です。

Introducing Alex, the voice of the Mac. Alex uses advanced Apple technologies to deliver natural intonation in English even at extraordinarily fast speaking rates. While most text-to-speech (TTS) systems analyze and synthesize text one sentence at a time, OS X analyzes text a paragraph at a time and deciphers the context more accurately. In addition, Alex more closely matches the nuances of human speech, so you can more easily understand the meaning of longer text passages in books, articles, and news stories. Alex is so natural he even breathes between long passages.

VoiceOverは、キーボードでの操作に加え、Appleのマルチタッチトラックパッドのジェスチャーを使って操作できます。これは画面読み上げ機能では初めてのことです。指先の動きを感知するトラックパッドの表面が、コンピュータスクリーン上のアクティブウインドウの代わりになり、触れた場所の内容を聴くことができます。指を動かしてドラッグしていけば、項目を連続して読み上げます。1本の指でフリックすると、前後の項目に移動できます。ジェスチャーは覚えるのが簡単で、楽しく使えるうえ、練習のためのモードも用意されています。VoiceOverを使えば、ウェブページ、スプレッドシート、プレゼンテーションをはじめ、あらゆる書類上の項目の配置や、複数の項目の位置関係をまったく新しい感覚で把握できるでしょう。

In addition to keyboard control, VoiceOver is the first screen reader you can control using gestures on an Apple Multi-Touch trackpad. The trackpad is a touch-sensitive surface that can represent the active window on your computer screen. So you can touch it to hear the item under your finger, drag to hear items continuously as you move your finger, and flick with one finger to move to the next or previous item. The gestures are easy to learn and fun to use, and there’s even a practice mode. With VoiceOver you’ll have a brand-new sense of how items are arranged and interrelated on a web page, in a spreadsheet, in a presentation, or in any document. Learn more about VoiceOver gestures

     *     *     *

アップルの「テキスト読み上げ」(text-to-speech)の歴史は古いが、音声合成の技術は Nuance 社のものを使っているようだ。

OS X Daily: “Mac OS X Lion Adds Amazing New Text-to-Speech Voices – Listen to Samples“: 15 May 2011

     *     *     *

Nuance の音声技術

Mac OS X Lion には高品質の「テキスト読み上げ音声」(text-to-speech voices)が多数含まれている。多数の言語に対応できたのは、これまでもウワサのあった音声技術の会社「Nuance」とアップルとの協力の賜物だ。新しい音声は驚くほど高品質で、主要な言語(英語、中国語、ドイツ語、日本語、フランス語、スペイン語、タイ語、インドネシア語、ポルトガル語、ヒンズー語、ロシア語、その他の言語)をほぼカバーしている。

Mac OS X Lion is set to include a wide variety of new high quality text-to-speech voices in a multitude of languages, thanks to a long suspected partnership between Apple and Nuance, a speech technology company. The new voices are of surprisingly good quality and speak in major world languages including English, Mandarin, German, Japanese, French, Spanish, Thai, Bahasa, Portuguese, Hindi, Russian, and many more.

     *     *     *

いろいろな音声サンプルを Nuance のサイトで聞くことができる。

「家政婦のミタ」さんみたいな日本語の声は「キョーコ」さんだそうだ。

サマンサ以外にも各国語の声が聞ける。

アメリカ英語:Samantha
英国英語:Serena
フランス語:Virginie
スペイン語:Monica
日本語:Kyoko
中国語:Mei Ling

     *     *     *

技術が自然のことばに近いところまできていることに驚かされる。

語学教材への活用もあっという間だろう・・・

アレックスとサマンサの声については、Erica Sadun が1年ほど前に Ars Technica で詳細に解説している。

Ars Technica: “iPhone VoiceServices: Looking under the hood” by Erica Sadun: n.d.

     *     *     *

アレックスとサマンサ

もしアナタがマックのアメリカ英語「アレックス」(Alex)の声に慣れているなら、「サマンサ」(Samantha)の声は少し機械的に聞こえるかもしれない。それは Alex は音声だけで数百メガバイトを占めるが、アメリカ英語にローカライズされた Samantha は3メガバイト以下しかないからだ。Samantha はシンプルな音声合成技術で、声の質の違いは耳で聞けば明らかだ。

If you’re used to the American English “Alex” voice on the Macintosh, you’ll notice that the “Samantha” voice sounds far more mechanical. That’s because the Alex voice alone occupies several hundred megabytes. In comparison, the US-localized Samantha data on the iPhone clocks in at under 3 megabytes. It’s a simpler synthesis system, and the difference in quality is easily apparent to the ears.

     *     *     *

音声データの量が大きすぎることから、モバイルではアレックスでなくサマンサになったものらしい。

Erica Sadun の記事には彼女が実際にアドレスブックをコントロールする様子のビデオも掲載されている。

これが Siri とどう関係してくるのか大変興味深いところだ。

iPhone の声も慣れてくればまんざらでもない。読み上げスピードの調節でだいぶ聞きやすくなった。

サマンサも、キョーコの声もなかなかのものだ。

・・・おっと、失礼。

ほら、またサマンサが呼んでいる・・・

Read Full Post »


[VoiceOver の言語ローター]

VoiceOver がおもしろくてすっかりハマっている。

ベッドから出てくるのが遅いとまたウチの奥さんに叱られる始末。

つい2、3日前までなにも知らなかったのが信じられないほど・・・

とはいってもまだヨチヨチ歩きの赤ん坊と同じで、限られたコトバしか話せない。

     *     *     *

最低限の操作

VoiceOver の操作言語で知っているのはたったこれだけ・・・

トリプルクリック(VoiceOver を始める、やめる)

右フリック、左フリック(カーソルを次へ移動する、戻る)

2本指で下へフリック(連続読み上げ)

2本指でタッチ(読み上げを止める)

ほんとにたったこれだけ。

だから、知ってるなんてとても大きな顔はできない。

それなのに、たったこれだけで当面必要なことが八分どおり出来てしまうのだからスゴい!

     *     *     *

残された問題は、言語の切り替えだ。

筆者の場合、読み上げさせたいものの 90% が英語なので、ジャパニーズ・イングリッシュではどうも困る。

かといって、その都度「言語環境」を英語に切り替えるのは面倒だ。メニューから何からすべてが英語になってしまうのも使いづらい。

そんなときの救いの神が うし 氏の教えてくださった言語ローター」(Language Rotor)だ。

     *     *     *

準備作業

例によって準備作業が必要だ。

言語ローター」で使用できる言語をあらかじめ指定しておくことが必要だ。

筆者の場合は、米国英語(US English)、英国英語(British English)、豪州英語(Australian English)の3つを選択した。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「VoiceOver」→「言語ローター」からリスト内の言語にチェックを入れるだけでいい。

     *     *     *

言語の切り替え

実際に言語を切り替えるにはどうするか?

VoiceOver モードで2本指のジェスチャを使う。

時計の針を回す(コンパスを回す)要領で指を回すといえばいいだろうか。(アップルサイト「VoiceOver in Depth日本語)」の「The Rotor」ビデオを参照)


[ローターはこうやって回す]

言語」の表示が出た状態で[冒頭イメージ参照]、上下にフリックして必要な言語(米国英語)に切り替える。

     *     *     *

あとはこれまでと同じだ。2本指で下へフリックすると連続読み上げが開始する。

日本語が混在している場合、発音不能ということで読み上げは省略される。

一般設定の「言語環境」は変わらないので、アイコン、メニュー等の表示は日本語のままだ。

このローターというアイデアが秀逸だと思う。

これまでのフリック(なぞる)という動きは1本指、2本指、3本指のいずれであっても、左右、上下方向への一次元(線上)の動きだった。それに対してローターの動きはは二次元の動きだ。

「物理ボタンのような触覚フィードバックがないためにタッチパネルUIは視覚障碍者に不利、と思われていたところに、画面をなぞる事で一次元的な読み上げ/選択から二次元上を自由に探れるようにし、空間記憶によって熟練が可能なインターフェースを実現したAppleは本当にすごいと思います。」[うし 氏

     *     *     *

改めて iPhone を見直した!

手のひらに入る小さなサイズにもかかわらず、小さすぎて文字が読めないにもかかわらず、簡単に音声で読み上げてくれる。

特別なソフトも機器もいらない。普通の iPhone のままでいい。使い方さえ覚えればいいのだ。普通の iPhone が自動読み上げ機に変身してしまうのだから、これはもうメチャクチャありがたい。

視力がすっかり衰えた筆者のような弱視者にはこのうえない天恵だ。

視覚障害者と思われる開発者が VoiceOver のデモをするビデオがある。上級レベルになればこんなこともできるのだ。

iPhone を持つ楽しみがまたひとつ増えた。

ウチの奥さんに何といったらいいか・・・困ってしまう!

Read Full Post »


[四角いカーソルの部分を読み上げる]

読者 うし 氏のアドバイスがスゴい!

筆者のような弱視者でも、画面の文字が小さくて読めなくても、必要な部分を iPhone に読み上げさせることができるというのだ。

そのための機能が「VoiceOver日本語)」だ。

VoiceOver では特別なジェスチャを使う。

通常の操作方法は「VoiceOver モード」では通じない。VoiceOver モードの操作方法を知らないと、VoiceOver モードから抜け出すこともできなくなる。

だから VoiceOver モードをオン/オフする方法がとても大事になる。

     *     *     *

トリプルクリック

強制的にモードを切り替えるスイッチがホームボタンの「トリプルクリック」だ。

ホームボタンを3回クリックすればいつでも VoiceOver モードに入ったり、抜け出すことができる。

トリプルクリックを設定するには、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「VoiceOver」から、「ホームをトリプルクリック」の「VoiceOverを切り替える」にチェックを入れればいい。

これで安心して VoiceOver モードを使えるわけだ。

     *     *     *

VoiceOver の世界をナビゲートする

読み上げさせたいページを表示する。(テキスト表示でも、原文のままでも構わない。)

VoiceOver モードに入ると、読み上げの対象となる項目が黒い長方形(VoiceOver カーソル)で囲まれる。[冒頭イメージ参照]

読み上げさせたい部分(項目)へ四角いカーソルを移行させる。

右フリック(右へなぞる)で次の項目へ移動、左フリックで前の項目へ戻る。

読み上げさせたい項目が決まったら、2本指で下にフリックすると、現在の位置からすべての項目を読み上げる。

これだけだ。

     *     *     *

未知の世界

四角いカーソルが次へ次へと移行し、自動的に読み上げてくれるのを見る(聞く)と感激する。

まるで別世界・・・iPhone がまったく別のモノに変身する瞬間だ。

手にしているのがスマートフォンだと思っていたら、とんでもない、とても強力で、見たこともない未知のマシンだった!というわけ・・・

これまでも VoiceOver のことは気になってはいたのだが、ここまで洗練されたものに進化していたとは知らなかった。

新しい世界への第一歩は始まったばかりだ。

iPhone ユーザガイト」を手掛かりにもっといろいろ可能性を探ってみたい。

新しい世界へ導いてくださった うし 氏に感謝!

Read Full Post »

airplay_in_action.jpg

AirPlay in Action

なんの前触れもなく iOS 4.2 がリリースされた。プレスリリースを見ると、クリスマスシーズンに間に合わせるのがどうやら最優先課題だったようだ。

Apple [Press Release]: “Apple’s iOS 4.2 Available Today for iPad, iPhone & iPod touch”: 22 November 2010

     *     *     *

アップルのプレスリリース

「iOS 4.2 によって iPad はまったく新しい製品に変身する。クリスマスシーズンにもやっと間に合った」と Steve Jobs は語る。「iOS 4.2 によってまたもや iPad は多くのタブレットが到達しようとするゴールを再定義する。そこに到達できるものは、あるとしてもごく僅かだ。」

“iOS 4.2 makes the iPad a completely new product, just in time for the holiday season,” said Steve Jobs, Apple’s CEO. “Once again, the iPad with iOS 4.2 will define the target that other tablets will aspire to, but very few, if any, will ever be able to hit.”

     *     *     *

Macworld 誌は iOS 4.2 のすばらしい機能を10リストアップしているが、AirPlay については次のように述べている。

Macworld: “iOS 4.2: Ten great features”: 23 November 2010

AirTunes 機能を iOS およびサードパーティのハードウェアに拡大したもの

ドックとケーブルはもやは過去のものとなった。AirPlay があれば、Apple TV その他多数のホームシアターコンポーネントを備えた互換機能を持つデバイスに、iPhone や iPod touch、iPad から、簡単に音楽やビデオ、写真などをワイヤレスにストリーミングすることが可能になる。AirPlay は、オーディオを AirPort Express にストリーミングするこれまでの AirTunes 機能を、iOS およびサードパーティのハードウェアに拡大したものが中核になっている。AirPlay によってアップルはメディアを自宅や友人宅で楽しむレベルを引き上げたのだ。それだけではない。その戦略的な重要性に注目すべきだ。iOS デバイスと連携できる製品を作ろうとしているサードパーティにとってさらに連携すべき技術的理由が増えたことになる。iOS 4.2 出荷の数か月も前から家電業界は AirPlay をサポートすると発表している。

Cables and docks are so passé. With AirPlay, the iPhone, iPod touch, and iPad can wirelessly stream music, video, and photos directly to compatible devices, including the new Apple TV and an increasing array of home theater entertainment components. At its core, AirPlay is Apple’s old AirTunes feature for streaming audio to the AirPort Express expanded to iOS and third-party hardware. With AirPlay, Apple raises the bar for enjoying your media around the house or at a friend’s, but it’s also worth noting the strategic importance of the technology: it provides yet another technological hook for third parties looking to build products to work with iOS devices. Consumer electronics companies announced support for AirPlay months before iOS 4.2 was ready to ship.—DC

     *     *     *

John Gruber は AirPlay と VoiceOver の2つが最重要とみる。

Daring Fireball: “Apple TV 4.1 Software Update: AirPlay and VoiceOver” by John Gruber: 22 November 2010

AirPlay

2つの新しい機能。ひとつは AirPlay。AirPlay は Apple TV 2 にとってい真に重要なキーフィーチャーだ。初代 Apple TV はスタンドアローンの 200〜300 ドルもするデバイスで、テレビにとっては iPod 程度の役割だった。ところが新しい Apple TV は iPhone や iPad のための 99 ドルの周辺機器になるというわけ。iOS デバイスからテレビにビデオを流すにはどうすればいいのかって? すでに Apple TV をお持ちなら、プレイボタンを押すだけでいいのさ。

Two big new features. AirPlay is really the key feature in Apple TV 2. The original Apple TV was a standalone $200-300 device; more or less an iPod for your TV. The new Apple TV is a $99 peripheral for your iPhone and iPad. How do you get video from your iOS device to your TV? If you have an Apple TV, just hit play.

VoiceOver

もうひとつの VoiceOver についていうと、こんなレベルのアクセシビリティーを備えたホームシアターシステムが他にあるだろうか?

As for VoiceOver, does any other home theater system offer this level of accessibility?

     *     *     *

バックグラウンドで動く AirPlay

AirPlay in Action – Apple]

iOS 4.2 – AirPlay Demo – YouTube]

アップルの AirPlay デモビデオから、John Gruber は次のようにいう。

Daring Fireball: “Apple’s Video Demo of AirPlay in Action” by John Gruber: 22 November 2010

究極のウリ

AirPlay のキラーフィーチャー[Killer feature:究極のウリ]、それはバックグラウンドで動くということだ。だから iPhone や iPad から Apple TV にビデオをストリーミングしながら、iPhone/iPad でウェブブラウジングすることもできる。もちろん iPhone/iPad のディスプレイをその間消しておくこともできる。

Killer feature: it works in the background, so you can use your iPhone or iPad to browse the web or check email or whatever while the video continues to stream from it to your Apple TV. Or you can just turn the iPhone/iPad display off.

     *     *     *

さあ、楽しみだ。

実際にアップグレードしたひとの話をはやく聞きたい・・・

★ →[ビデオを見る:Apple]

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »