Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Video’


[Charlie Rose – Jack Dorsey (04/25/12) | YouTube

Twitter を始めたのに使い方が分からずもがいている。

そんなときに Jack Dorsey のインタビューに出会った。

Twitter の創設者のひとりで現会長だ。

しかも相手が Charlie Rose だからこれは見逃せない。

Jack Dorsey | Charlie Rose

17 分という短いものだが、身震いがするほどスリリングだ。

Charlie Rose を相手に臆せず切り返すところは立派。

なかなかシャープだ。自分のやっていることに自信があるからだろう。自家薬籠の中ということか・・・

内容がこれまたオモシロい。

テクノロジーそのものはすでに存在している。そのテクノロジーの姿を消して見えなくすることが肝心だと・・・

     *     *     *

まったく姿を消してしまうテクノロジー

Charlie Rose:デジタル革命の何にもっともワクワクしますか?[14:30]

Jack Dorsey:まったく姿を消してしまう、見えなくなるテクノロジーには心が躍ります。

I’m super-excited about technologies that disappear completely. [14:45]

I think the next move of that is the technology disappears from our sight completely… [16:00]

     *     *     *

同じ Charlie Rose ショーに出演した David Carr の「ガジェットが姿を消してしまう」とか、Jürgen Schweizer の「iPad はカラッポのキャンバスだ」 、Jonathan Ive の「iPad 2 の最大の特長はディスプレイです。じゃまなものが一切ありません。」などということばを思い出す。

他にも Jack Dorsey のビデオがないか探してみた。

Charlie Rose ショーには前にも出演している。

Jack Dorsey, Founder of Twitter | Charlie Rose

Twitter の紹介ビデオもあった。

Jack Dorsey Presents Twitter | Vimeo

どれもなかなか見応えがあるが、Twitter の持つ意義という点では前回の Charlie Rose のものがベストか・・・

Jack Dorsey には何か Steve Jobs を思わせるところがあるような気がする。すっかり魅了されてしまった。

しばらく Twitter で彼をフォローしてみることにした。

そもそも Twitter を作ったひとがどういう使い方をするのかしばらく観察してみたい・・・

[via TechCrunch

★→[ビデオを見る:Charlie Rose Show

Read Full Post »


[Metal Head Baby – Pantera – FN Hostile | YouTube

ノリノリだあ・・・

[via The Loop

★ →[ビデオを見る:YouTube Video

Read Full Post »


[Caine’s Arcade | Vimeo
[Caine’s Arcade | YouTube

9歳のケイン君は、父親の店のあまった段ボールを使ってせっせとさまざまなゲーム機を作る。

そんなゲーム機がいっぱいになって、手作りゲームセンターができてしまった。

景品からパスまで準備して、誰か遊んでくれるお客を一日中待つようになった。

しかしここは東ロスアンゼルスのジャンクヤードの一角だ。中古パーツ店に足を運んでくれるケイン君のお客はいない。

そんなケイン君に、すばらしい一日が訪れることになる・・・

あとは冒頭の10分のビデオをお楽しみください。

     *     *     *

なにかこう、胸の奥から沸き上がってくるこの気持ちはなんだろう・・・

ケイン君を包む周囲の温かい気持ち。

こんなの好きだなあ・・・

     *     *     *

こんなことができるソーシャルネットワークって見直してしまう。

最後に「Help Caine’s Scholarship Fund」という教育基金まで作ってしまうなんて・・・

★→[ビデオを見る:Caine’s Arcade

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Rh

Read Full Post »


The Trendy Videos: Helium laughing dog | YouTube]

犬って笑うんだね。

飼い主の感情を直ちに悟る動物だとは知ってたけど。

リズムに合わせて体をゆするし、笑顔も見せるし・・・

犬って気持ちのいいことが大好きなんだ!

犬が笑うのを知らなかったって? こちらを見てごらん。

[via The Loop

★ →[ビデオを見る:YouTube Video

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1QB

Read Full Post »


【Lionel Messi World’s Greatest Player HD | YouTube
[|| Lionel Messi || World’s Greatest Player || ITV4 Documentary || – YouTube
[Lionel Messi World’s Greatest Player HD – Video Dailymotion

サッカー好きに捧げるリオネル・メッシ(Lionel Messi)のドキュメンタリー。

貧しいアルゼンチンの少年時代から、サッカー界の頂点に登り詰めて3年連続バロンドール(Ballon d’Or:最優秀選手賞)に輝く栄光の軌跡が描かれる。

アルゼンチンの少年時代のプレー、17歳のゴールキーパー越えのシュート、19歳のハットトリック達成など、伝説の映像が盛り沢山だ。

ボールのキープ力と正確無比のシュートには改めて目を見張らされる。

     *     *     *

有名選手や監督の口から次々に最高の賛辞を浴びる。

バルセロナに在籍したことのあるエリック・アビダル(Eric Abidal)のことばがとても印象的だ。[41 分頃から]

Eric Abidal のメッシ評

みんな知っているように、メッシはどこに動けばよいか知っている。1対1、2対1、3対1、どの場合にどこに動けばよいかを・・・

He knows where he needs to go, and as we’ve seen, if it’s 1 against 1, 2 against 1, 3 against 1.

彼は冒険を厭わないプレーヤだ。そのことを何度も見せてくれたし、いくつも信じられないゴールを決めてみせた。

He is a player who will dare to try things…
… and he’s already shown that many times, and scored some incredible goals.

メッシのスゴいところは・・・彼が次に何をするか誰にも分からないところだ。それが彼の手に負えないところだと思う。

But, the problem with Leo is that…
… no one knows what he’s joing to do.
I think that’s the problem.

彼はまるで我々世代の中の地球外生命体みたいな存在だ。

He’s like the extra terrestrial of our generation.

その若さにも関わらず、何でもやれるし、そのことを示してくれたと思う。

… he’s capable of anything as I think he’s already shown that, despite his young age.

     *     *     *

控え目でシャイとも思える人柄にも大きな好感が持てる。

それでもまだ24歳という若さ・・・

101 Great Goals: “The Lionel Messi ITV4 Documentary: ‘World’s Greatest Player’“: 08 March 2012

弱冠24歳で世界最高のプレーヤ

リオネル・メッシ(Lionel Messi)についてはいつもそうであるように、このドキュメンタリーもバルセロナのストライカーが如何に素晴しいかを描いている。かかる本格的ドキュメンタリーが制作されてなお、彼はまだ弱冠24歳なのだ!

As ever with Messi, it says much about how brilliant the Barcelona striker is, when serious documentaries like this are being made and he is only 24!

     *    *     *

この45分は決してあなたの期待を裏切らないだろう。

すっかりファンになり、二度も三度も見返した・・・

★ →[ビデオを見る:Dailymotion

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1OX

Read Full Post »

バイク自由自在


Andrew Dickey- Black Bike vol. 1 | YouTube]

ParkourYamakasiBike など身体を極限まで使った妙技を見るのが大好きだ。見ているだけで身体がムズムズしてくる。

これも身体が不自由になったせいか・・・

それにしても、この自転車の妙技はスゴい!

[via The Loop

★ →[ビデオを見る:YouTube Video

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Ov
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

Read Full Post »

[iPad used as chopping board [Video] | The Sun
[iPad | YouTube
[iPad Knaller Frauen | YouTube

誕生日に iPad をプレゼントした娘と父の会話。ドイツのコメディ番組から・・・

「ねえ、パパ。誕生日プレゼントにあげた iPad はどう?」

「うん、とてもいいよ。」

「アプリも気に入った?」

「アプリってなに? ・・・ちょっとどいて。」

 ・・・・・

「ん、どうしたの?」

     *     *     *

iPad にはまだまだ無限の使い途がある・・・

[via The Sun

★ →[ビデオを見る:The Sun Video

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1KO
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

Read Full Post »

George Carlin – Religion is bullshit. | YouTube]
George Carlin – Religion is bullshit [HQ DVD-Rip][Subs] | YouTube]

音の世界に戻ると、まとまったものを聴きたくなる。

再び訪れたのが George Carlin の世界だ。

この反体制コメディアンはタブーも放送禁止用語もなんのその。強烈な笑いをぶちかます。

かつて留学に際して教えられたことがあった。宗教と政治の話題は軽々にするなといわれた。

生活の場が根付いた後ならともかく、一時的に訪れている身分のときは宗教と政治の話は避けるのが賢明だ、と。

冒頭の「宗教は嘘っぱち」(Religion is bullshit)を聴きながら、昔いわれたことを思い出した。

いちど聴くと George Carlin の毒はやみつきになる。

ここまで激しくて、かつ多くの人に愛された「芸人」もめずらしいのではないか・・・

[注]Joe Pesci:怪優ジョー・ペシ、マフィアの暴力的な役柄で存在感

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »


TEDxManhattanBeach – Thomas Suarez – iPhone Application Developer… and 6th Grader | YouTube]

小学6年生の iPhone デベロッパ Thomas Suarez のプレゼンテーションをお聞きください。

     *     *     *

こんな才能を実際目にすると、ウームとことばを失ってしまう。

6年生でこんなことが出来る iOS デベロッパが実際に存在するのだ!

SDK[Software Development Kit]が出た時点ですでに Python, C, Java ほかをマスターしていたというのだから恐れ入る。

Thomas いわく、ゲームをする子もたくさんいるが、ゲームを作ってみたいと思う子もいっぱいいるのだと。

それなのにプログラミングを学べるところを探すのはとてもむずかしい。

サッカーならサッカーチームに入ればいい。バイオリンなら音楽教師から。でもアプリを作りたければどうする?

そこで Thomas は学校にコンピュータクラブ(App Club)を作り、お互いに教え合うことにした。

いまの子供たちはテクノロジーについては先生より「ちょっと」優れている(ここのユーモアはいい!)。だから学校にとっても子供たちは大切なリソースだ。学校はそれを活かすべきだし、子供たちにプログラミングを教えるべきだ、と。

このことばはいったい誰に聞かせたらいいのか?

ユーモアを交えて語る Thomas の勇姿は必見だ。(とてもきれいな発音なので聞き取りやすい。)

自分のやってきたこと、作ったアプリの説明、これからの夢・・・それを4分という枠の中で見事に表現する技はこれまた並みのものではない。

10年後、いや John Gruber のいう5年後に、この少年はどんな姿に成長しているのだろうか。

そのときソフトウェア開発の世界はどう変わっているのか。想像するだけで心が躍る。

まさに「未来人」の声だ。

アナタもぜひ未来からの声をお聞きください。

[via Daring Fireball

★→[ビデオを見る:YouTube Video

     *     *     *

追記:未来人の目から今を見る(11月16日)

TEDx のビデオを知ったのは John Gruber の Daring Fireball を通じてだった。

彼がコメントで触れている「The Kids Are All Right」[拙訳:ボクの iPad アプリ:iPad 懐疑論への反論]を改めて読み返して、ナードやギーク、ハッカーの意味を考えさせられた。

昔ならコンピュータの箱を開けて中をいじるのがナードの極みだっただろう。いまやハードはどうであれ頭の中で論理回路を組み立てること[=プログラミング]にナードやハッカーの関心が移ってきているように見える。

もし、過去の延長上から現在を見て、失ったものの不満をいうだけなら、大切な未来を見失う恐れがあるのではないか。

     *     *     *

孫娘は Android の達人だ。家族との関係で iPhone を買ってもらえなかった。

筆者の iPhone 4 と au の Android フォンを、ソフトからハードまで詳細に比較して教えてくれるのが楽しみだ。

最近母親が iPhone 4S に乗り換えた。孫娘がインストラクターとしてつきっきりで指導する。

彼女の関心は専ら Siri だ。

日本語の設問をいろいろ変えて、どこまで Siri がついてこれるか徹底的に試している。

ハードが開けられるかどうかより、今まで出来なかったどんな可能性があるのかに夢中という感じだ。

     *     *     *

10年、20年後の IT 世界の視点から今現在を見る、未来から今を見る・・・それは決してむずかしいことではない。

子供たちこそ、今の世に現れた「未来人」なのだから。

それなのに TEDx のビデオで Thomas Suarez がいうように、彼らの声を組織的に汲み上げるところはどこにもない。

いずれ覇権を握る世代なのに今は未成年者扱いで Facebook や Google+ に登録することすらできない

一度アナタも身の回りの未来人を振り返り、彼らの声に耳を傾けてみてはどうだろうか。

Read Full Post »


How Steve Jobs Stole the GUI from Xerox | YouTube]

アップルファンなら誰でも知っているビデオがある。例のマイクロソフトを散々こき下ろすビデオだ。

それは失われたと思われていたインタビュービデオの一部だった・・・

Wired.com: “Steve Jobs: The Lost Interview Heads for Theaters” by Hugh Hart: 04 November 2011

     *     *     *

紛失したと思われてきたビデオ

元アップル社員だった Robert Cringely が PBS のために 1995 年に行なったインタビューで、Steve Jobs はマイクロソフトのことをこき下ろす。放映されたのはたった10分足らずで、「Triumph of the Nerds: The Rise of Accidental Empires」の中で使われた。残りは輸送の途中で紛失したと長い間信じられてきた。それが11月16・17日の劇場放映に向けて準備中だ。

Steve Jobs ripped Microsoft a new one back in 1995, when former Apple employee Robert Cringely interviewed his old boss for a PBS special. Fewer than 10 minutes of that crucial videotaped conversation made it into Triumph of the Nerds: The Rise of Accidental Empires, but the rest — believed to be lost in shipping — is now heading for movie theaters Nov. 16 and 17.

     *     *     *

自宅ガレージで発見

そのタイトルは「Steve Jobs: The Lost Interview」(スティーブ・ジョブズ:失われたインタビュー)。インタビューの全体を含む、70分の再映ものだ。Jobs の死後、「Triumph of the Nerds」を監督した Paul Sen がロンドン自宅のガレージでテープ発見した。

Billed as Steve Jobs: The Lost Interview, the 70-minute feature repurposes a copy of the full interview, which Triumph of the Nerds director Paul Sen discovered in his London garage last month when he went searching for the tape after Jobs’ death.

     *     *     *

ビデオを修復

「テープは PAL-VHS 方式で、D1 マスターからプロの機材でダビングされた。とはいっても VHS は所詮 VHS なのでひどいものだ」と Cringely は発見後自分のブログで述べている。「それでも 1995 年以降ビデオ技術の発展はすばらしいので、テープに解像度を上げる秘術を施したわけだ。」

“The tape is PAL-VHS, dubbed on professional equipment from a D1 master, but VHS is still VHS, which is to say crappy,” Cringely said on his blog in a post about the discovery. “Yet video technology has come a long way since 1995, so we’ve been throwing resolution-enhancement voodoo at that tape.”

     *     *     *

歯に衣着せぬライバル評

これはすばらしい再発見だった。ビデオソースは確かに10年以上積もった埃でひどい状態になっていたけれど。10年前のこのインタビューで Jobs は、アップル在職中に会った当時のテクノロジー世界のリーダーたちに対する歯に衣着せぬ思いを語っている。冒頭のクリップは、当初放映されたオリジナルからの抜粋だが、ゼロックス PARC を訪れてグラフィカルユーザーインターフェイスを初めて見たときの素晴しい瞬間を語っている。

lt’s a remarkable rediscovery, even though the quality of the source material, which gathered dust for more than a decade, leaves a little to be desired. The content of the decade-old interview offers a candid look at the tech world’s most successful leader, as caught between Jobs’ stints at Apple. In the clip above, an excerpt from the original PBS broadcast, Jobs describes the Eureka moment when he saw his first graphical user interface during a visit to Xerox PARC.

     *     *     *

マイクロソフトもこき下ろす

修復されたインタビューには同じような場面がいくつも含まれている。その中で「Jobs はマイクロソフトの製品がいかにいい加減であるかひたすらこき下ろしている」と Landmark Theatres のプレスリリースは述べている。

There are many such moments in the newly restored interview, in which Jobs “sorely criticized Microsoft for making bad products,” according to a Landmark Theatres press release.

「これは基本的には編集を加える前のインタビューだ。普通ならデレビでは見られない代物だ」と Cringely はいう。「Steve にそんなすばらしいパフォーマンスをさせたのは自分だ」とも。

“[This is] essentially an unedited interview — definitely not the sort of thing you’d normally see on TV,” Cringely said. “It’s me coaxing Steve into a great performance.”

     *     *     *

一般劇場で公開

レイティングなしの70分もの「Steve Jobs: The Lost Interview」は、カリフォルニア州パロアルトを含む17の都市の Landmark Theatres で二晩ずつ放映される。

Steve Jobs: The Lost Interview, unrated and running 70 minutes, will play the two-night run at Landmark Theatres in 17 cities including Palo Alto, Calif.

     *     *     *

一般劇場での公開に適しているかどうかはともかく、とても興味のあるビデオだ。

一段落したところで YouTube にも投稿されると思われるので楽しみ・・・

例のこき下ろしビデオは長い間ナゾだった。Jobs がどんな場面で話したのかさっぱり分からなかったからだ。

Cringely のインタビューだと知ってなるほどと思った。

もうひとつのナゾも解けた。Cringely の辛辣な Jobs 評だ。

アップルを追われた Jobs が失意のどん底にあったことを踏まえた心理分析で、多分これまで書かれたものの中でいちばん辛辣ではないかと思う。

そんな分析ができたのも、このインタビューを含め当時の Jobs を直接知っていたからだった(?)・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »