Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Vanity Fair Summit’

[Apple’s Jonathan Ive in Conversation with Vanity Fair’s Graydon Carter | YouTube

Vanity Fair の Jony Ive インタビューは公開の場におけるインタビューであることが異例だった。

Ive のデザイン哲学やアップルにおけるデザイン過程に触れている点でも大変興味深いものだ。

その一部は Steve Kovach の原稿起こし(transcript)をベースに当ブログでも紹介した。

Apple Watch のデザインについて語るジョニー・アイブ | maclalala2

アップルのデザインチーム:Jony Ive | maclalala2

iPhone 6 のデザイン:Jony Ive | maclalala2

ただパラフレーズされているため発言内容に分かりにくいところがあり隔靴掻痒の感を抱いていた。

この貴重なインタビューが公開されるのを心待ちしていたところ、このたびその全容が公開された。それが冒頭のビデオだ。

Jony Ive の実際の発言が拙訳とどう違うか確かめながら見ていただくと興味深いのではないかと思う。

会場からの質疑の部分も加わっていて、大変貴重なインタビューになっている。

     *     *     *

このインタビューについてメディアが最初に取り上げたのは Xiaomi の物まねデザインに関する部分だった。

Jony Ive の発言を各紙はそれぞれ次のように引用している。

     *     *     *

TechCrunch

Apple’s Jony Ive Is Not Flattered By Xiaomi | TechCrunch

When a member of the audience came up to ask a question about Xiaomi and their unofficial tagline of “the Apple of China,” Ive was very straightforward with his response: “I’ll stand a little bit harsh, I don’t see it as flattery. When you’re doing something for the first time, you don’t know it’s gonna work, you spend 7 or 8 years working on something, and then it’s copied. I think it is really straightforward. It is theft and it is lazy. I don’t think it is ok at all.”

Business Insider

Xiaomi To Jony Ive: Try Our Phones Before You Accuse Us Of Theft | Business Insider

Speaking at the Vanity Fair New Establishment summit, Ive was asked what he thought about Xiaomi. The Chinese smartphone maker has often been accused of copying Apple’s latest smartphones and selling cheaper versions of them in China. Ive had this to say about his imitators:

I don’t see it as flattery. I see it as theft. I have to be honest. The last think I think is ‘Oh, that is flattering … all those weekends I could’ve been home with my family’ … I think it’s theft and it’s lazy. I don’t think it’s OK at all.

NY タイムズ

Apple’s Jony Ive Has Harsh Words for Xiaomi | NYTimes.com

An audience member at a Vanity Fair conference on Thursday asked Mr. Ive how he felt about companies that appear to be copying Apple, like Xiaomi. Mr. Ive minced no words:

“I’ll stand a little bit harsh, I don’t see it as flattery,” he said. “When you’re doing something for the first time, you don’t know it’s going to work. You spend seven or eight years working on something, and then it’s copied. I have to be honest, the first thing I can think, all those weekends that I could have at home with my family but didn’t. I think it’s theft, and it’s lazy.

     *     *     *

「盗用であり、怠慢だと思う」と言い切る直前の部分がどうも分かりにくい。

今回のビデオを見てやっと納得がいった。[18:45 から]

インタビューはやはりホンモノを見るに如(し)くはない・・・

広告

Read Full Post »

jony-ive-first-phone

[Ive が初めてデザインした電話:Business Insider

Vanity Fair の Jony Ive インタビューのつづき。iPhone 6 のデザインについて。

Jony Ive Vanity Fair Summit Interview | Business Insider

     *     *     *

デザインミーティングで「やった!」と思った瞬間がありましたか?

Can you remember a “eureka moment” in one of those design meetings?

ジョニー:発表したばかりの電話[iPhone 6/ 6 Plus]がそうです・・・実際に触れるモノがあれば、すべてが変わってしまう特別な瞬間があるのです。最初のモデルができたときはいつも驚きとスリルを感じます。

Jony: The phone that we just launched…there’s a special moment when there’s an object you can touch, and everything just shifts. I remain surprised and thrilled every time you get that first model.

     *     *     *

なぜ iPhone を丸みを帯びたエッジに戻したのですか?

Why did you go back to rounded edges on the iPhone?

ジョニー:何年も前に大型スクリーンのプロトタイプを作りました。大きなスクリーンであるという興味深い機能はありましたが、結果的にはひどいモノになりました。多くのライバルたちの電話がいまでもそうであるように格好わるいものだったからです。大きなスクリーンが重要だということは何年も前に気づいていましたが、説得力のある(ひとの心をつかんで離さない)製品にするには多くのことを成し遂げる必要がありました。

Jony: Years ago we made prototypes with bigger screens. They were interesting features having a bigger screen, but the end result was a lousy product because they were clunky like a lot of competitors’ phones are still. Years ago we realized this is going to be important that we have larger screens but we need to do a lot of things to make it a compelling product.

ジョニー: iPhone 6 の丸みを帯びたエッジは少しでも大きくないように感じさせるために必要でした。

Jony: The rounded edges on the iPhone 6 was necessary to make it feel less wide.

     *     *     *

どうして iPhone のような複雑なモノをマニュアルなしで出してもいいと考えたのですか?

When did it happen that you could send out something so complex like the iPhone without instructions?

ジョニー:そうしようと思ったからです。直接タッチできる大きなスクリーンは私たちにとって当たり前で自然に思われました。しかし初めて私たちが取り組みはじめた9年前はそうではなかったのです。

Jony: That’s what we try to do. I think for a lot of us, a large display that you can directly touch, seemed obvious and natural. It wasn’t the case 9 years ago when we were first working on it.

     *     *     *

必然的で当たり前だというのなら何年も前にやれたのではありませんか?

If it was inevitable and obvious we would’ve done it years ago.

ジョニー:[タッチスクリーンの電話操作には誰もが完全に魅了された。]何年もの間(ハードウェアキーボードを持つ他社の電話は)ボタンもスクリーンも小さすぎました。それは同じスペースに詰め込む必要があったからです。しかしボタンもスクリーンも妥協する必要はないことに気づきました。より大きなスクリーンなら状況に応じてボタンも大きくできるのです。

Jony: There wasn’t one person who wasn’t completely captivated with using a touchscreen phone.
For years before, buttons and displays were too small. But that was because they had to share the same space. We found we didn’t have to compromise both. With a larger display we could have buttons that were contextual.

     *     *     *

より大きくしたのは当然で自然な流れだったと・・・

Read Full Post »

Jony-Ive-Apple-design-team

[アップルのデザインチーム:Cult of Mac

Vanity Fair の Jony Ive インタビューのつづき。アップルのデザインチームについて。

Jony Ive Vanity Fair Summit Interview | Business Insider

     *     *     *

ジョニー・アイブであることの利点と欠点は?

What are the upsides and downsides of being Jony Ive?

ジョニー:自分自身時間を使い過ぎることが欠点。利点はすばらしいデザインチームが持てたこと。自ら進んで辞めたものは誰もいません。

Jony: Spending too much time with myself is the downside. Upside is having a great design team. No one has voluntarily left.

     *     *     *

デザインチームの大きさは?

How big is the design team?

ジョニー:実際のところ非常に小さく、16〜17人というところです。15年の間に少しずつ増えました。なるべく小さく保とうと心がけています。

Jony: Actually very small, 16 or 17 of us. It’s grown steadily over the last 15 years. We’ve worked hard to keep it small.

     *     *     *

あなたの典型的な一日はどんな風ですか?

What’s your typical day like?

ジョニー:長い間続いているデザインチームのいいところは自分たちのやり方を続けられる贅沢さです。週に3回から4回はミーティングをします。

Jony: One of the advantages of being part of a design team that’s been around for a long time is we’ve had the luxury to develop our process. We meet three or four times a week.

アップルストアにあるのと同じテーブルの周りにデザイナーは集まります。テーブルの周りに立って・・・そして図面を描くのです。

The designers gather around the same kind of tablets you see in Apple Stores. We stand around those tables…and we draw.

ジョニー:[描いた図面から実際に触れるモノを作って初めてアイデアが湧く。]それが私たちのチームを活性化させ、集中させるのです。

Jony: Ideas don’t really come along until we have a physical object from our drawings.
“It really galvanizes and focuses our team.”

     *     *     *

具体的なモノの形をとって初めてアイデアが湧く。

チームの規模が小さいことも、誰も辞めていかないこともすばらしい・・・

Read Full Post »

jony-ive-vanity-fair

[Vanity Fair Summit のインタビュー:Business Insider

珍しくジョニー・アイブが公開の場でのインタビューに応じている。Vanity Fair Summit で行なわれたものだ。

すでにスティーブ・ジョブズからまなんだことXiaomi の物まねデザインについての発言は取り上げられている。

Apple Watch に関する発言も興味深いのでここではそれを紹介する。

Jony Ive Vanity Fair Summit Interview | Business Insider

     *     *     *

Apple Watch のデザインについて話してください

Talk about designing the watch.

ジョニー:これまでも時計に対しては興味を持ち続けてきました。時計は最初はポケットが登場する以前にデザインされました。ですから首に掛けて使いました。それからポケットに入れる時計が出ました。17世紀には指につける時計もありました。

Jony: Always been interested in watches. At first watches were designed before pockets were invented, so they were hung around necks. Then the pocketwatch happened. There were watches worn on fingers in the 17th century.

機能上の理由から、また実用性という理由から、最終的には手首に着用するようになりました。そして100年が経ちました。手首という位置には歴史的意義があります。情報がすぐさま見れるという点で実にすばらしい場所なのです。

For reasons of function, for reasons of utility, it ended up on the wrist. And you’ll notice it stayed there for over 100 years. It has now an historical gravitas. It’s a really great place to be able to glance quickly at information.

私たちが(Apple Watch の)検討を始めたとき、手首という場所は最終的にテクノロジーを装着する場所としてとても自然に思えたのです。

When we started working on it, it seemed like a natural place for technology to end up.

     *     *     *

家電製品以外のものにも仕事を広げますか?

Do you see yourself moving beyond consumer electronics?

ジョニー:私は時計こそ家電製品以外のものへの第一歩と考えています。

Jony: I do see the watch as a move away from consumer electronics.

     *     *     *

ジョニー・アイブは Apple Watch を家電製品以外のものをデザインする最初の一歩と考えているようだ。

彼が Apple Watch を単なる新しいガジェットではなく「時計」と考えていることも明らかだ・・・

Read Full Post »