Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘User Experience’

leverage-600x450

それを理解しないのがアップルの potential partners・・・

How Apple Creates Leverage, and the Future of Apple Pay | stratechery by Ben Thompson

Apple’s focus on creating a great user experience builds consumer loyalty. Consumers then put market pressure on Apple’s potential partners, which result in concessions to Apple, further enhancing the user experience

Read Full Post »


[Retina ディスプレイ:image

新しい iPad の Retina ディスプレイに関する Ryan Block の感想。「なぜ新しい iPad の Retina ディスプレイが重要か。」

gdgt: “Why the new iPad’s Retina Display matters” by Ryan Block: 11 March 2012

     *     *     *

スペックは所詮スペック

スペックは所詮スペックだ。新しいデバイスが発表されるたびにスペックは少しずつ改良されると誰もが考える。だから誰もが — 特に技術の専門家と称する連中は、アップグレードサイクルそのものに懐疑的になる。多少のインクリメンタルなアップグレードはユーザー体験そのものにはほとんど影響を及ぼさないからだ。

Specs are specs, and every time a new device is announced we expect the numbers to ratchet a little higher. This is the stuff that makes people (especially tech pundits) so cynical of upgrade cycles: the typical incremental updates don’t tend to have a meaningful effect on the overall experience of a product.

     *     *     *

時たま起きる劇的変化

それでもなお劇的変化が起きることがある。滅多にないことだが。初めてダサイ 3G カードをラップトップに装着したとき、ラップトップは突如どこでも使えるようになった。ポータビリティの概念がまったく変わってしまったのだ。初めて HDTV をこれまでのテレビと比べたとき、ゲームそのものが変わってしまったことは明らかだった。スペックが格段に向上する。定義そのものが再定義される。先週の iPad イベントはいくつかのスペックが向上したなどという類いのものではなかった。

Occasionally something does fundamentally change, though. It doesn’t happen very often. The first time I plugged an early, clunky 3G card into my laptop and was suddenly able to work from anywhere, I saw portability in a completely different light. The first time I saw HDTV contrasted with standard-def television, it was clear that the game had changed. There are spec bumps, and then there are redefinitions, and last week’s iPad event was definitely not about bumping some specs.

     *     *     *

ディスプレイそのもの

iPad の中核となる体験 — すべてのタブレットに通じるものでもあるのだが — それがスクリーンだ。あまりに基本的すぎてまったく気づかないほどだ。もはやポスト PC デバイスには隠すべきものが何もない。スペック、フォームファクタ、それらすべてが渾然一体となってつかみ所のないものに姿を変えてしまう。ソフトウェアのメタファーによって、タブレットはディスプレイそのものとなり、ディスプレイ上に表示されたものに変化する。

The core experience of the iPad, and every tablet for that matter, is the screen. It’s so fundamental that it’s almost completely forgettable. Post-PC devices have absolutely nothing to hide behind. Specs, form-factors, all that stuff melts away in favor of something else that’s much more intangible. When the software provides the metaphor for the device, every tablet lives and dies by the display and what’s on that display.

     *     *     *

ユーザーとアプリが直接相対する

他の製品ではとても考えられないピュアで普遍的な体験だ。抽象的なものや外面的なものがすべてタブレットから剥ぎ取られ、ユーザーとアプリが間にまったく何もない状態で向き合うこととなる。それはまた、すばらしく、よく考え抜かれた、人間的なソフトウェアがタブレットではよりすばらしく見え、ひどく、十分に詰められていないソフトウェアがより不快な印象を与える理由でもあるのだ。(それはまたアップルが Lion にフルスクリーンモードを持ち込んだ理由とも関係していると私は確信する。)

This makes for a pure and egalitarian experience in a way most products can’t. Tablets strip away the abstractions or externalities, it’s just you and an app with absolutely nothing in-between. This is part of the reason why great, thoughtfully designed, humane software seems even more amazing on a tablet, while bad, poorly conceived software seems even more offensive. (I’m sure all that also had something to do with why Apple created full-screen mode in Lion.)

     *     *     *

iPad の新しいスクリーン

したがって iPad のようなデバイスが登場すると、単にアプリケーションが表示されるのではなく、アプリケーションそのものに変化する。スクリーンを根本的に変更することは、体験そのものを根本的に変えてしまうのだ。新しい iPad のようにスクリーンが劇的に変化すると、デバイスそのものが完全に変化してしまう。

So when a device comes along like the iPad that doesn’t just display the application, but actually becomes the application, radically improving its screen radically improves the experience. And when a device’s screen is as radically improved as the display in the new iPad, the device itself is fundamentally changed.

     *     *     *

もう元には戻れない

新しい iPad を触ってみて分かったいちばん興味深かいこと — それは Retina ディスプレイのもたらす違いだ。10 インチタブレットでは 3.5 インチフォンとは比べものにならないほど大げさに誇張されて感じる。もちろんその他諸々もあるけれど。それはもはや直線的改良などではない。ピクセルの総体などはるかに超えるものだ。このスクリーンはタブレットの有り様(よう)をすっかり変えてしまった。はっきりいうが、もう元には戻れない!

One of the things I found most interesting playing with the new iPad is that, as it turns out, the difference a Retina Display makes is even more exaggerated on a 10-inch tablet than it is on a 3.5-inch phone — and that’s in addition to everything else. It’s not just a linear improvement, it’s actually greater than the sum of its pixels. This screen has changed what a tablet should be, and trust me, you won’t want to go back.

     *     *     *

Retina ディスプレイを実際に自分の目で確かめてみた Ryan Block の興奮が伝わってくるようだ。

gdgt は Engadget の創業者 Peter Rojas と前編集長 Ryan Block が共同で立ち上げた新しいガジェットサイト。ガジェット通の Block のこの記事は新しい iPad の核心を衝いているのではないか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


A Magazine Is an iPad That Does Not Work.m4v | YouTube]

iPad に慣れた一歳児の「雑誌」体験がおもしろい。まずは冒頭のビデオをご覧あれ。

CNET News: “1-year-old thinks a magazine is a broken iPad” by Chris Matyszczyk: 13 October 2011

     *     *     *

1歳児の「雑誌」体験

すべてのメディアはタッチスクリーンで動くと考えている1歳児がいる。彼女には雑誌が(ここでは Marie-Claire だが)ピンチやタップに反応しないのが理解できない。

For here is a one-year-old who believes all media are now touchscreen-enabled. She seems not to understand that a magazine–Marie-Claire, in this example–doesn’t take to pinching or prodding.

     *     *     *

Costanza のビデオ

このビデオを投稿したのは Jean-Louis Costanza。仏 Orange の子会社 Orange-Vallee の CEO だ。

The video was posted by Jean-Louis Costanza, George’s lost French cousin (not), currently the CEO at Orange-Vallee, a subsidiary of the France Telecom brand Orange.

Costanza のビデオを教えてくれた Laughing Squid に感謝したい。この1歳のお嬢さんが5歳になるころにはすべての面で先んじていることだろう。

I thank Laughing Squid for alerting me to Costanza’s one-year-old daughter, who will clearly be ahead of any curve she wishes to be ahead of by the time she is, say, five.

     *     *     *

理解不能な存在

彼女が雑誌のページをピンチしようとするのを見ておもしろいと思うひとはたくさんいるだろう。Costanza の結論をもっともだと思うに違いない。ビデオの最後で彼はこういう。「この児にとって雑誌とは(こわれた iPad のように)役立たずで、理解不能な存在だ」と。

Many will find it entertaining how she tries to pinch the pages of the magazine. Many will nod sagely on hearing Costanza’s conclusions. The video shows, he declared, that for a child, a magazine “has no use and is impossible to understand.”

     *     *     *

ここでも Jobs が・・・

最後のことばにはさらに多くのひとが頷くだろう。「彼女の OS の一部を Steve Jobs がコーディングしてしまった」と。

They will nod even more sagely at the video’s last words: “Steve Jobs has coded a part of her OS.”

     *     *     *

その昔雑誌と呼ばれた芸術品

彼女の未来に思いを致すものもいるかもしれない。成人した彼女がその昔雑誌と呼ばれた芸術品を求めてある日パリの蚤の市を訪れる。コーヒーテーブルの置物としてはなかなかいいじゃないというわけ。だってまだちゃんとしていて、新しく見えるじゃない?

Some might wonder, though, whether one day, she will grow up and wander around Parisian flea markets in search of those ancient artifacts called magazines. They might, after all, look very pretty on coffee tables. And they might still smell and feel so very, well, fresh.

     *     *     *

これもまた Steve Jobs が残したものだ。

iPad には奇声を上げて反応する赤ん坊が、反応しない雑誌に最後は自分の指を疑うところがなんともかわいい。

物心がつく頃に、ピンチもズームも受け付けない紙媒体のメディアをどういう風に受け入れていくのだろうか。

紙媒体のデジタル化が遅々として進まない日本の場合は無用の心配か。

それとも、ここでも着実にガラパゴス化が進行しているのか。

結果が分かるのはほんの数年先だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:ジョブズへの感謝のしるし(10月16日)

冒頭ビデオに添えられたメッセージ・・・

A Magazine Is an iPad That Does Not Work.m4v | YouTube

     *     *     *

Jobs へのささやかな感謝のしるし

テクノロジーはわれわれの知性をプログラムし、われわれの OS を変える。アップル製品はこれまで広範にそうしてきた。このビデオは、デジタルネイティブにとって雑誌がいかに役立たずで、理解不能なものかを示している。このビデオはまた、タッチスクリーンと紙媒体の中で育つ一歳児の現実を示したものだ。後者がいかに無意味な存在になりつつあるかということも。メディアはメッセージだ[注]。 これは最も重要な人間 — 赤ちゃん — から Steve Jobs に捧げるささやかな感謝のしるしでもある。
[注]”The Medium is the Message”:Marshall McLuhan の有名なことば

Technology codes our minds, changes our OS. Apple products have done this extensively. The video shows how magazines are now useless and impossible to understand, for digital natives. It shows real life clip of a 1-year old, growing among touch screens and print. And how the latter becomes irrelevant. Medium is message. Humble tribute to Steve Jobs, by the most important person : a baby.

Read Full Post »


[障害者とアップル:image

MacDailyNews がとてもいい話だと、読者からのメールを載せている。

MacDailyNews: “My wonderful experience with Apple today“: 25 September 2011

     *     *     *

初代 iPad に問題

私の初代 iPad 3G にハード上の問題が生じたので、アップルに電話して助けを求めた。今日の午後、またアップルに電話を入れた。月曜に保証が切れることに気付いたからだ。インプット領域が問題で、とても遅いのだ。

I have had a hardware issue recently with my original iPad 3G. I called Apple recently and they tried to assist me with the problem. I telephoned them again this afternoon because I discovered my warranty was going to run out on Monday. The problem I had was with the input area, it was slow.

     *     *     *

店まで来なくてもいい

ともかく、シニアの技術アドバイザーと話したところ、わざわざアップルストアまで来なくてもいい、別のものが来るまで待たなくてもいいといってくれた。自分が視覚障害者だったからだ。スゴい! しばらくお待ちください、アップルから電話をいれますからと彼はいった。

Anyway, I spoke with a senior technical advisor and he didn’t want me to go to the trouble of going to an Apple Store or having to wait for another device because I am visually impaired… big time. He said hang on and you should receive a call from Apple.

     *     *     *

私の John Hancock

一時間もしないうちに電話が来て、新品の iPad 2 3G を発送するという。契約にサインしてくれれば返送用のボックスも送るという。アップルがまず新品を発送してくれるので、いま持っているものを返送するまでの間 iPad なしにならずに済むわけ。私のサイン(my John Hancock[注])をメールで送ったところ、明日にも iPad を発送してくれるという。黒と白の好みも尋ねられ、白がいいと答えたら、そうするといってくれた。
[注]独立宣言書に署名されたサインの中でジョン・ハンコックのサインが一番大きかったので、「John Hancock」が「サイン」の代名詞として用いられることもある

Within an hour they were calling to inform me that they were shipping me a brand new iPad 2 3G and to simply sign the agreement so they could send me a box for the one I presently have. They’re shipping the new one first so I am not without one in the meantime. and email my John Hancock and they would ship out the device to me tomorrow. They asked if I wanted white or black, I said white and sure enough the guy confirmed that they would be sending me a white one.

     *     *     *

椅子から転げ落ちんばかり

礼を言うには及ばないというこの担当者とアップルの親切さには驚愕した。なんとすばらしい会社だろう。とても感動した。私の主人はほとんど椅子から転げ落ちんばかりだった。本当よ!

I am sitting shell shocked from the kindness this agent and Apple in general has shown me, never mind grateful. What a company and I am so impressed. My husband nearly fell off his chair! I kid you not!

素晴らしい!

Amazing!

     *     *     *

顧客満足度でアップルが8年連続トップだそうだ。

きっとこういうことの積み重ねがユーザーの信頼を得ているのだろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Charlie Rose Show | YouTube]

インタビューの名手 Charlie Rose が iPad を取り上げている。テレビの「Charlie Rose ショー」だ。

出演した NY タイムズの David Carr が語ったことばがたいへん興味深い。

iPad について述べた次の下りだが、iPad の、ひいてはアップルユーザーインターフェイスの核心を衝いているのではないかと思う。

     *     *     *

ガジェットが姿を消してしまう

「このガジェット[iPad のこと]については、ひとつ理解しておかねばならないことがある。ガジェットがすぐ姿を消してしまうことだ。目に見えるのは純粋にソフトウェアだけになる。」[4:00 分ごろ]

“One thing you have to understand about this gadget is that the gadget disappears pretty quickly. You’re looking into pure software.”

     *     *     *

Charlie Rose ショー今回の話題は iPad だ。

お馴染み Walt Mossberg(WSJ)と Michael Arrington(TechCrunch)に加えて、NY タイムズから David Carr が参加している。

技術界の大物たちも Charlie Rose の前ではいささか神妙にふる舞っているのが印象的だが、それぞれ iPad の実機に触れたあとなのでなかなか見応えがあるやりとりになっている。23 分にも及ぶ全容はこちらでご覧ください。

Charlie Rose on The iPad, With David Carr, Michael Arrington and Walter Mossberg | YouTube]

今回特におもしろかったのが上に引用した David Carr の発言。

iPad を使っていると、ハードそのものはどこか意識の外へ姿を消して気にならなくなり、あとはソフトそのものに没頭できるというのだ。

まさにこの点に関して、John Gruber が次のようにコメントしている。

Daring Fireball: “‘The Gadget Disappears’” by John Gruber: 08 February 2010

     *     *     *

Android OS iPhone OS の決定的相違

参加した Carr が技術レポーターでなくビジネスレポーターだったのは偶然ではないと思う。彼は木を見ずに森を見る。じつに鋭いと思う。この数週間私は Nexus One Android フォーンを使ってみた。Carr の指摘は Android OS と iPhone OS の決定的違いを衝いていると思う。iPhone ではいったんアプリが動きだすと、あとはスクリーンとタッチだけになる。全てがそうだ。スクリーン以外はアプリを終了するホームボタンと電源を切るスリープボタンだけだ。ところが Android では、たしかに多くのことがスクリーンとタッチで可能だが、そうでないものもたくさんある。スクリーンからハードとしてのバック、メニュー、ホームボタンなどへ移動しなければならないことがしばしばだ。テキストの選択や編集にいたっては手間のかかるトラックボールが必要になる。Android ではガジェットが姿を消すことは決してない。

I don’t think it’s a coincidence that Carr is a business reporter, not a tech reporter. He sees the forest, not the trees. But this is really astute. I’ve been using a Nexus One Android phone for the last few weeks, and Carr’s quote summarizes the fundamental difference between Android and iPhone OS. On the iPhone, once you’re in an app, everything happens on-screen, with touch. Everything. You go outside the screen to the home button to leave the app or the sleep button to turn off the device. On Android, many things happens on screen with touch, but many other things don’t, and you’re often leaving the screen for the hardware Back, Menu, and Home buttons, and text selection and editing requires the use of the fiddly trackball. An Android gadget never disappears.

     *     *     *

これこそアップル製品の使いやすさの核心ではないかと思う。

iPad もまちがいなくアップル製品の本質的特徴を備えている・・・

ビデオを見る:Charlie Rose Show
原文を見る:John Gruber

     *     *     *

追記:iPad のプロモーションビデオでも触れられていた

iPad のプロモーションビデオ[2:50 ごろ]で Scott Forstall が、iPad では他のことを気にせずにコンテンツに集中できると語っている。[Thanks: taruto

Technorati Tags: , , , , , , , , ,

Read Full Post »