Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘TV Ad’

misunderstood

[Misunderstood:video

アップルの伝説的コマーシャル「Think Different」。

Ken Segall は広告代理店 TBWA\Chiat\Day 時代にそれを提案したので有名だ。

その彼がコマーシャル「Misunderstood」について語っている。「アップルはクリスマスについても Think Different だ」と・・・

Observatory: “Apple thinks different for Christmas” by Ken Segall: 20 December 2013

     *     *     *

自社製品のマイナス面を描く

クリスマスのコマーシャルの半分近くを自社製品のマイナス面を描くのに費やす会社なんてあるだろうか?

Ever see a company spend nearly half of its holiday commercial depicting the downside of its own product?

アップルはまさにそれをやった。周りにいる家族より iPhone のバーチャル世界に没頭しているようにみえる少年を描いたのだ。

Apple has done just that — painting the picture of a kid seemingly more interested in the virtual world of his iPhone than the family around him.

     *     *     *

このコマーシャルがすばらしいのは

ひねりが利いているのは、この少年が普通とは違っているという点だ。内気どころか、ずばぬけたインスピレーションを感じている。いつまでも大切にされる心のこもった贈り物を家族にするために、彼は技術を使っているのだ。

The twist, of course, is that this kid is different. Far from withdrawn, he’s actually inspired. He’s using technology to give the family a gift from the heart — one that will be treasured for years to come.

すばらしいコンセプトだ。誰もが誤解しやすいステレオタイプな考え方から始まって、後半でじつに効果的に心の琴線に触れるのだ。その器用さにも関わらず、まるでホンモノのように感じられる。

It’s a clever concept. The spot relies on our own stereotypes to lead us to an incorrect assumption, setting the stage for the second half of the spot to pull our heartstrings so effectively. Despite its cleverness, the spot feels very real.

配役もすばらしい。せりふは無し。少年のキャラクターを示すのは表情やボディー・ランゲージのみ。どこからみても彼はごく普通にいる少年と同じだ。

The casting is excellent. Absent dialogue, the kid’s character is revealed only through facial expressions and body language. He comes across every bit like the kids we all know.

こんなリアリティーを造り出すには時間とカネと才能がいる。そのどれもたたっぷりと示されているのだ。

Creating reality like this requires time, money and talent — all of which are amply on display.

     *     *     *

アップルに愛着を感じさせる

いうまでもなくこれはアップルの話でもある。だからこのコマーシャルはうまくいかないという批判もしこたまある。製品についてはほどんど語っていないとか、スマートフォンならどれでも映画は撮れるとか、人間的価値についてのスカッとしない話だとか・・・

Of course, we’re talking about Apple here — so there’s no shortage of critics eager to tell us why the commercial fails. Take your pick: it says little about the product, any smartphone can make a movie, or the spot is a depressing statement about human values.

まったくもう・・・

Good grief.

こんな批判をするひとの多くは、ひとびとの個人的意見、直感、価値、センスを現実のマーケティングの才と取り違えている。このコマーシャルを見て涙するひとは何千万といるだろう。そして彼らはアップルに対してより愛着を感じるのだ。それこそこのコマーシャルのマーケティングの目的なのだ。

Most of these people mistake their personal opinion, instinct, values and/or taste for actual marketing talent. There are tens of millions of people who will stop in their tracks at this commercial and wipe a tear from their eye. As a result, they will feel slightly more attached to Apple, which is the marketing purpose of this spot.

     *     *     *

技術はひとを結びつける

ぱっとしないどころか、このコマーシャルはすばらしく楽天的なのだ。もっとも人間的な意味で、正しい技術はひとびとをいっそう結びつけるといっている。クリスマスにぴったりの考えだ。

Far from depressing, this ad is wonderfully optimistic. In the most human terms, it says that the right technology can bring people closer together. It’s a perfect thought for the holidays.

     *     *     *

多難の年の最後に

このコマーシャルへの評判はすこしググってみるだけでよく分かる。反響は世界的ですらある。最もふさわしい時とはいえ実に感動的だ。しかしこのポジティブな反応は、決してアップルにとって好意的ではなかった評判が多かった年の最後にきたのだ。

If you want to get a read on the ad’s effectiveness, just Google around a bit. The reactions have been almost universally glowing. In the best of times, that would be impressive enough. But these positive reviews come at the end of a year in which the buzz has not been kind to Apple.

このコマーシャルはクパティーノからのクリスマスカードだ。これまでずっとアップルが伝えようとしてきた価値ともぴったり一致する。技術なんかではない、暮らしのクォリティーが問題なのだと・・・

This ad is a holiday card from Cupertino. It lines up perfectly with the values Apple has communicated for years. It’s not about technology — it’s about quality of life.

     *     *     *

芸術的で記憶に残るやり方

伝えんとするところは「Designed by Apple in California」のコマーシャルと同じだが、新しいコマーシャルの方が自分は何百倍も好きだ。前のコマーシャルではなぜアップルがみんなと違うのかということをシンプルに語っていた。新しいコマーシャルでは興味深い話を見せて、結論は見るひとに委ねている。より芸術的で、より記憶に残るやり方だ。

The takeaway is much the same as one gets from the “Designed by Apple in California” ad, but I like it a hundred times more. In that previous effort, Apple simply told us why it is different. This new spot tells an interesting story and lets us draw that conclusion for ourselves. It’s a more artful, more memorable way to make the point.

     *     *     *

機能ではなく、どう使うか

もう一度いうが、アップルは自らが周りとは異なる技術企業であることを示した。みんなは電話に搭載された機能について語るが、アップルはそれをどう使うかということを語るのだ。

Once again, Apple demonstrates it’s a different kind of technology company. Most talk about what goes into their phones — Apple shows what we can get out of them.

     *     *     *

たしかに「結論は見るひとに委ねる」という視点はオモシロい。

これだけでは語り尽くせなかったのか、Shawn King のポッドキャスト「Your Mac Life」でもさらに思いを語っている

その中で誤解されているのは(Misunderstood)アップルそのものを指しているのではないかという Shawn King の指摘もなかなか興味深い。

アップルのクリスマスプレゼント「Misunderstood」には多くのひとが心動かされたようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Update 2:エッセンス》
Update:The Misunderstood Child》

[Apple – Holiday TV Ad – Misunderstood | YouTube
[Apple – Holiday – TV Ad – Misunderstood | YouTube

片時も iPhone を手放さず、クリスマスの家族の集(つど)いからもひとり離れている少年。

そんな少年が iPhone からテレビに映してみせた家族の姿・・・

みんなから離れていると「誤解されて」いた少年も、やっぱり家族の一員だったのだ。

そんな気持ちがしみじみと伝わってくるすてきなビデオ。

クリスマスにぴったりのコマーシャルだ・・・

★ →[ビデオを見る:YouTube

     *     *     *

追記:ハリス家のクリスマス

少年が iPhone 5S で撮った「ハリス家のクリスマス」。

コマーシャルに使われている映像と比べると興味深い・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》The Misunderstood Child(12月18日)

読者の Rinsho Tabata 氏がすばらしい詩を教えてくださった。

自閉症の子供をもつ母親 Kathy Winters の詩だ。

とても素晴しいので、その一部をご紹介・・・

“The Misunderstood Child” by Kathy Winters | Parker Autism Foundation

     *     *     *

The Misunderstood Child(誰にも分かってもらえないこども)

五体満足に 生まれ
見かけは 元気なこどもだが
でも 心の中の 何かが違う
何が違うのか 誰にも分からない

I am the child that looks healthy and fine.
I was born with ten fingers and toes.
But something is different, somewhere in my mind.
And what it is, nobody knows.

誰も 遊んでくれないこども
いじめられたり からかわれたり
やることなすこと 誰の気にも入らず
どうしても みんなに溶け込めない

I am the child with whom no one will play –
The one that gets bullied and teased.
I try to fit in and I want to be liked,
But nothing I do seems to please.

見かけは 気にしないようでも
心の底は 傷ついてる
神様はなぜ こんな自分を造ったのか
きっと何かを 伝えたかったのかも

I am the child with the broken heart
Though I act like I really don’t care.
Perhaps there is a reason God made me this way –
Some message he sent me to share.

自分だって 愛されたい
受け入れられて 大切にされたい
でも 自分は誰にも分かってもらえないこども

For I am the child that needs to be loved
and accepted and valued too.
I am the child that is misunderstood,

自分は みんなと違っている
でも 見かけはアナタと同じ

I am different – but look just like you.

自閉症の子供をもつ母親 Kathy Winters

By Kathy Winters – 2003
Mother of a Child who has Autism

     *     *     *

「誰にも分かってもらえない」自閉症のこどもの様子が母親のことばから切々と伝わってくる。

Misunderstood ということばに込められた思いがよく分かる。

アップルのすてきなコマーシャルも、なぜ「Misunderstood」というタイトルがつけられたのか分かってくる。

傷つきやすく多感なティーンエイジャー、周りに溶け込めず、自分だけの世界に閉じこもり勝ちな少年 — その少年を追っていけばこのビデオのいいたかったことが見えてくる。

Misunderstood には「誰にも分かってもらえない、周囲に理解されない、誤解され勝ちな」という気持ちが込められているのだろう。

Rinsho Tabata さん、すてきな詩をありがとうございました。

★ →[詩を読む:Kathy Winters

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》エッセンス(12月20日)

アメリカ日本では、このビデオがアップルのクリスマスを飾る表紙になっている。[Thanks: Rinsho Tabata

アップルとしても会心の出来なのだろう。

Jim Dalrymple も「The Loop Magazine」でこのビデオを取り上げている。

The Essence – Jim Dalrymple : The Loop Magazine

     *     *     *

心をとらえる術

アップルは私たちの心をとらえる術(すべ)を知っている。そんな会社はほかにはない。たとえば一度見たコマーシャルで、何度も見返したり、誰かといっしょにまた見たいと思う、そんなコマーシャルがどれほどあるだろうか? それほど心を動かされるものはあったとしてもほんの少しだろう。

Apple has a way of capturing our hearts and minds like no other company in the world right now. Think about it—how many commercials do you watch, rewind and watch again, or ask someone else to sit and watch it with you? I’m betting there aren’t too many, if any at all, that bring you to that level of emotion.

     *     *     *

エッセンス

私たちの暮らしのエッセンス[essence:本質、神髄]をとらえ、心に訴える — アップルにはそれができる。だからコマーシャルを見て心を動かされるのだ。まるで自分の身に起きたように、その場に居合わせたかのように感情移入できる。製品や技術の話ではない。普通のひとの暮らし、私たちが経験する暮らしだ。見ているひとにまるで自分の身に起きているかのように感じさせるのだ。

Apple is able to capture the essence of our lives and touch us. That’s why we get emotional watching the ads—it’s happened to us, or we can put ourselves in that exact situation. It’s not just about a product or a technology, it’s everyday people experiencing life, much the way we experience life. We can relate on a very real level with what we are watching.

     *     *     *

「Misunderstood」

「Misunderstood」はそんなアップル新しいテレビコマーシャルだ。見るものに涙させる力があり、私の家族もそうだった。「Misunderstood」は終日 iPhone を手にしているティーンエイジャー、周りから理解してもらえない少年の話だ。家族を無視しているワケではないが、何かほかのものに心が向いている。ビデオの終わりになって、それが少年の家族だったことが分かるのだ。

Apple’s latest TV spot “Misunderstood” is one such ad. It has the power to bring a tear to eye and has for many people, including members of my family. “Misunderstood” is about a misunderstood teenager who is on his iPhone the entire day. He’s not ignoring his family, but he clearly has something on his mind. By the end of the video, we understand that something is his family.

     *     *     *

「Misunderstood」はアップルのコマーシャルの中でも傑出した作品ではないか。

これはまた新しいアップルになってから顕著になってきた傾向とも関係ありそうだ。

公の場での発言や Auburn 大学の Lifetime Achievement Award 受賞などで、Tim Cook は差別に組しない立場を明らかにしている。

[via The Loop

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:5つのアプリ開発元が占める》

Japan-Inflection-Report-Blog-Post-Banner

[いまや消費大国:image

日本はいまや世界に冠たるモバイルアプリ消費国になった・・・

Quartz: “Japan now spends more on mobile apps than any other country” by Leo Mirani: 11 December 2013

     *     *     *

ios_app_store_&_google_play

[アメリカを超えた日本のアプリ購入:chart

アメリカを超えた日本のアプリ購入

昨年アメリカ人が Google Play やアップルの App Store から購入したアプリは日本人の3割強だった。ところが今年の10月になると、人口1億2千7百万の日本人は人口3億1千万のアメリカ人より約1割も多くのアプリを消費したと、App Annie の調査は述べている。1人当たりでは、日本人はアメリカ人の 2.5 倍も多くアプリを購入している。

Last year, Americans spent about a third more on apps from Google Play and Apple’s App Store than the Japanese. By October this year, Japan’s 127 million people were outspending America’s population of 310 million by about 10%, according to a new report from App Annie, a research firm. Per capita, the Japanese were spending 2.5 times as much on apps as Americans.

     *     *     *

テレビコマーシャルで急増したゲーム

なぜそれほど伸びたのか? 1にゲーム、2にゲーム、3にゲームだ。日本人の昨年購入したゲームは 400% も増えた。30% しか伸びなかったその他アプリの 15 倍も増えた。日本以外の国では、ゲームの購入量はその他のアプリのせいぜい2倍だ。この大きな伸びの大部分は旧来ながらのテレビ広告によるものだ。今年大きくヒットしたゲームはいずれもテレビコマーシャルの放映直後に急増した。

What’s driving this growth? Games, games, and more games. In the past year, Japanese spending on games apps jumped 400% and outpaced spending on all other apps (which grew by 30%) by a factor of 15. By contrast, the rest of the world spends only twice as much on games as other apps. A lot of this growth is driven by good old-fashioned television advertising. The biggest hits of the year all saw spikes in downloads after television commercials began to air.

     *     *     *

mobile_digital_kontent_japan

[日本のデジタルコンテンツ市場:chart

スマートフォンへの移行

この他にも増加した背景には2つの要因が考えられる。ひとつは日本が遅まきながらスマートフォンへの移行を果たしたことだ。日本のキャリアは、簡単なフィーチャーフォンのデータサービス市場(1999 年に開始された iモードなどのような)を世界に先駆けて開発した。しかしスマートフォンを推進したのは遅かった。それもここ数年で大きく変化した。日本の消費者は長年フィーチャーフォンのダウンロードに対しカネを払ってきたが、スマートフォンに移行するにしたがってその消費慣行も持ち込んだ。

Apart from that, two core factors are behind the growth: the first is Japan’s belated shift to smartphones. Japanese carriers built a world-leading market for data services on simpler feature phones (such as i-mode, launched in 1999), but were slow to start pushing smartphones. That has changed over the past couple of years. Japanese customers have long paid for downloads on their feature phones, and as consumers have shifted over to the new devices, their consumption habits have carried over.

     *     *     *

ios_app_store_vs_google_play

[iOS App Store に追い付いた Google Play:chart

キャリア課金モデル

もうひとつの要因は、Android デバイスの Google Play オンラインストアでは大手キャリアがキャリア課金モデルを導入していることだ。消費者は Google Play に対してではなく、毎月支払う電話料金の一部としてアプリ料金の支払いができる。グーグルによれば、アプリ開発者の収入はキャリア課金が日本で導入されたあと 14 倍も増えたという。日本の Android ユーザーは、昨年までは他の国と同じく iPhone ユーザーの半分未満しか購入していなかった。今年10月には両者の比は同じになり、日本は Android ユーザーが iPhone ユーザーと同じだけ購入する世界でも唯一の国となった。

The other reason is that the Google Play app store for Android devices operates a carrier-billing model with the biggest operators. This means that consumers can pay for their app downloads as part of their monthly phone bill rather than in the app store itself. According to Google, revenue to app developers jumped almost 14-fold after carrier billing was introduced in Japan. Until last year, Android users in Japan, like their counterparts in the rest of the world, spent less than half as much as iPhone users. By October this year, the two groups were equal, making Japan the only country in the world where Android users spend as much as their iPhone-using brethren.

     *     *     *

課金モデルがアプリの命運を握る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》5つのアプリ開発元が占める(12月13日)

アメリカを抜いてトップに躍り出た日本は成長の可能性が大きいのかと思いきやそう簡単ではなさそうだ。

AppBank: “アプリの売上高で日本がアメリカを抜く。要因はパズドラとLINEの課金か。” by asyunin: 12 December 2013

     *     *     *

5つのアプリ開発元が占める

App Annie はゲーム分野での売り上げが日本市場の売上増に繋がったと分析。中でも5つのアプリ開発元が占める割合が高いとしています。

その中で一例として挙げられているのが「パズドラ」で有名なガンホー・オンラインと無料通話アプリで有名な LINE です。

いずれもアプリは無料で入手できるため、売上のほとんどはアプリ内課金で購入できる「ゲームのアイテム」「コイン」「スタンプ」などによるものと見られます。

     *     *     *

海外のアプリ開発者が殺到する?

ただ、日本の App Store・Google Play で公開されているゲームアプリは星の数ほどありますが、レポートにもある通り、売上の大半は5つの開発元が占めています。

気になるのは App Annie が発表したレポートの影響力。機械翻訳で日本語表記に対応するアプリが増えるかもしれないことが気掛かりです。

     *     *     *

この夏、幼稚園の孫娘に iPad ゲームをダウンロードしてやったぐらいで、ゲームのことはサッパリ分からない。

高学年の孫娘たちは LINE に夢中で、他のものなど見向きもしない。低学年の孫はこれまた Minecraft のマルチプレイに夢中で、顔も知らない仲間とスカイプで実況中継しながら遊んでいる。

日本市場の躍進に寄与した上位5社のゲームがどんなものか、ゲームアイテムやスタンプへの課金だけなのか — その躍進の理由について日本の事情に詳しい専門家にぜひとも解説してもらいたいものだ。

たしかにトップ5が占拠しているところへさらに海外から参入されるのではたまったものじゃない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:Windows からの転向組を必要とするアップル》


[基本的にはマックと同じかもしれないけど・・・:YouTube
[TV Ad – Basically:Apple

オリンピック開会式に併せてアップルが発表したテレビコマーシャルはこれまでとはぐっと趣が変わったものだった。

John Gruber の視点がオモシロい。

Daring Fireball: “New ‘Genius’ TV Ads From Apple” by John Gruber: 28 July 2012

     *     *     *

アップルの新しい「ジーニアス」テレビコマーシャル

New ‘Genius’ TV Ads From Apple

Twitter の反応は圧倒的にネガティブなようだ。しかしそうだろうか。個人的にはこのコマーシャルは好きではない。クールでないからだ。しかしそもそもクールなものを作るのが目的ではなかった。これまでの Mac ユーザーを対象としたものではないからだ。これは Mac に乗り換えようかどうかと迷っているひとたち(would-be switchers)に向けたものだ。Mac ユーザーになったら助けてあげますよというメッセージなのだ。

Reaction on Twitter seems overwhelmingly negative, but I’m not so sure. Theses spots don’t appeal to me, personally. They’re not cool. But they’re not supposed to be cool, and they’re not targeted at existing Mac users. This is about assuaging the doubts of would-be switchers. If you switch to Mac, we’ll help you. That’s the message.

アップデート:はっきりとはいっていないが、これはアップル製品のコマーシャルではなく、アップルストアについての初めてのコマーシャルなのだ。Daniel Jalkut の指摘は正しい。

UPDATE: Not explicitly but implicitly, these are the first TV spots Apple has run for their retail stores, not for products. Daniel Jalkut:

ライバルと比較するとアップルストアの体験は大きな長所だ。しかしこんなコマーシャルがなければ、それが分かるのはこれまでのユーザーだけなのだ。

Apple’s store experience is a great competitive advantage, but without ads like these, only existing customers know it.

     *     *     *

そういえば定番シラキューサにこんな一節がある。

Ars Technica: “OS X 10.8 Mountain Lion: the Ars Technica review” by John Siracusa: 25 July 2012

ギークだけのものではない

われわれギークはもはやマーケットの中心的存在ではない。そうなって久しい。30年前なら、パーソナルコンピュータ産業そのものがテクノロジーギークを背景に構築されていた。全ての製品、全ての広告が我々ギークに向けられていた。しかしもはやそうではない。テクノロジーはすべてのひとが使えるものでなければならないのだ。テクノロジーギーク[computing enthusiasts:熱狂的なコンピュータファン、ナード、ギーク、オタク]だけのものではもはやない。

The fact is, we are not the center of the market, and haven’t been for a long time. Three decades ago, the personal computer industry was built on the backs of technology enthusiasts. Every product, every ad was created to please us. No longer. Technology must now work for everyone, not just “computing enthusiasts.”

     *     *     *

初めて Macintosh が登場したときの謳い文句「The Computer for the Rest of Us」がまさに実現したということか。

最近のアップルニュースに心ときめくことが減ってきたのはジョブズがいなくなったせいだけではなかった・・・

★ →[原文を見る:John Gruber
★ →[原文を見る:John Siracusa

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Windows からの転向組を必要とするアップル(7月30日)

いろんな見方ができるんだなあと思う・・・

Very Nice Web Site: “Genius ads” by John Moltz: 28 July 2012

     *     *     *

アップルの基本戦略は・・・

アップルにとっては今もって転向組を増やすことが重要な戦略だということだ。Mac の売り上げを増やすためには、Windows からの転向組が必要なのだ。この類いのコマーシャルは(今回のコマーシャルがピッタリかどうかは別にして)アップルのマーケティング戦略に欠かせない。

It’s still a switcher-based game for Apple. In order to increase Mac sales, they have to get people to switch from Windows. Ads like these (if not necessarily these exact ads) are integral to the game plan.

Read Full Post »


iPhone TV Ads – Life | Apple]
Apple – iPhone 4S – TV Ad – Life | YouTube]

ジョン・マルコヴィッチ(John Malkovich)は貴重な脇役だ。最近作『RED/レッド』でも偏執狂的殺し屋ぶりが好演だった。

そんなマルコヴィッチが Siri のお相手をしている。iPhone 4S/Siri の新しいテレビコマーシャルだ。

ここでもマルコヴィッチはボソッと尋ねる。

     *     *     *

人生の意味

マルコヴィッチ:人生って?

Malkovich: Life.

Siri:ひとには親切に。脂肪のとりすぎはやめて。ときにはいい本を読みましょう。散歩も欠かさないで。すべての宗教、すべての人種のひとと平和的に仲良く生きること。

Siri: Try and be nice to people. Avoid eating fat. Read a good book every now and then. Get some walking in. And try to live together in peace and harmony with people of all creeds and nations.

マルコヴィッチ:すばらしいアドバイスだね。ほんとにありがとう。キミと話せてよかった。キミはとても雄弁だね。

Malkovich: That’s pretty spectacular advice, actually. Thank you. I enjoyed this chat immensely. You are very eloquent.

Siri:そういってくださってありがとう。

Siri: That’s nice of you to say.

     *     *     *

有名人を起用した iPhone 4S/Siri のコマーシャルが最近続いている。

これはサミュエル・ジャクソン(Samuel Jackson)、ゾーイ・デシャネル(Zooey Deschanel)に続く第3弾だ。

マルコヴィッチの起用はちょっと意外だが、このコマーシャルの主役が彼ではなく Siri であることは誰の目にも明らかだろう。

マルコヴィッチのような、どちらかというと控え目な役者を起用したことが Siri を際立たせている。

iPhone のスペックではなく、iPhone の持つユーザー体験のひとつ — Siri — が脚光を浴びている。

このコマーシャルはなかなか傑作だと思う。

★ →[ビデオを見る:YouTube Video

Read Full Post »