Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Trojan Horse’

facebook_home

[Facebook Home:image

Facebook Home についての Matt Drance の感想がオモシロい

Apple Outsider: “Home Turf” by Matt Drance: 05 April 2013

     *     *     *

モバイル機器

アナタ[注:フェイスブックのこと]はデスクトップのウェブサイトを中心に巨大ビジネスを構築してきた。しかし残念なことに、世界中の誰もがますます時間とカネをモバイル機器に使うようになってきている。モバイル機器のほとんどはたった2社のソフトで動いている。そのひとつはアナタのライバルだ。

You’ve built an enormous business around a desktop website. Unfortunately, people around the world are spending more and more time on mobile devices. The vast majority of these devices run software from only two companies. One of these companies is actively competing with you.

     *     *     *

モバイル OS?

アナタは自らの未来をライバルの手に委ねるワケにはいかない。どうしたらいいのか? 未知の領域に踏み出して自らのモバイル OS を開発し、みんなが乗り換えてくれることを望むだろうか?

You cannot put your future in a competitor’s hands. So what do you do? Do you enter uncharted territory, make your own mobile operating system, and hope people switch?

     *     *     *

トロイの木馬

そうではない。アナタはライバルのシステムを自分のものにするのだ — それも一夜にして・・・。Facebook Home は、アンドロイド体験とそのユーザーベースをグーグルの手から盗まんとして設計されたトロイの木馬なのだ。この1〜2年、フェイスブックをめぐるウワサの中心はフェイスブックが自らのモバイル OS を開発中だというものだった。それもあるかもしれないが、しかし今回の動きはいくつもの点でそれよりはるかにスマートなものだった。

Of course not. You make your competitor’s system yours — overnight. Facebook Home is a trojan horse designed to steal the Android experience, and the Android user base, right out of Google’s hands. The majority of speculation over the last year or two had been that Facebook was working on its own mobile OS. It may well be, but this move is so much smarter on a number of fronts:

     *     *     *

1)時間

Home はフェイスブックのモバイル市場における存在感を大きく高めた、しかも「すべてのもの」を求める代わりに・・・。多くの時間と労力が費やされたかに見えるが、本格的 OS の開発に必要とされるものに比べればはるかに少ない。

1. Time. Home significantly increases Facebook’s mobile presence without being everything. A lot of time and care seems to have gone into it, but it’s surely far less than a full-blown operating system would require.

     *     *     *

2)ユーザーベース

「Home をサーポートする機器をお持ちなら、ダウンロードなさい」と売り込み文句はとてもシンプルだ。おカネはタダだし、乗り換えの煩わしさもない。Blackberry や Windows Phone の売れ行きを見れば、みんなの求めているのが新しいプラットフォームでないことは明らかだ。

2. Installed base. Built in. The sales pitch is very simple: If you have a device that Home supports, download it. No money, no switcher headaches. Blackberry and Windows Phone sales prove that people aren’t looking for new platforms right now.

     *     *     *

3)ソフトウェア体験

フェイスブックのエンジニアがこのプロジェクトから多くを学んだことは確かだ。その体験は Home そのものの拡張だけでなく、もし望むなら本格的 OS の構築にも利用可能だ。

3. Software Experience. Facebook’s engineers have surely learned a lot from this project. That experience will be reapplied not only to expanding Home itself, but to building a full-blown OS if they want.

     *     *     *

4)ハードウェア体験

今回のニュースはソフト中心だが、フェイスブックは端末機器メーカーとも共同作業を始めている。HTC First は「Facebook フォン」ではないが、それはフェイスブックがハードウェアとソフトウェアの統合の複雑さを経験し、キャリアとの提携関係を距離をおいて体験するチャンスなのだ。モトローラの ROKR のことを覚えているだろうか? 15か月後に何が起きたか

4. Hardware Experience. While the software is the real news here, Facebook took the initiative to also start working with a handset maker. The HTC First is hardly a “Facebook phone”, but it’s a chance for Facebook to experience the complexity of coordinating hardware, software, and carrier partnerships from a distance. Remember the Motorola ROKR? Remember what happened fifteen months later?

「HTC が明らかなチョイスだ。サムスンと Android は HTC を滅ぼした。生き残ろうと HTC は必死なのだ。フェイスブックにとって願ってもないすべてを手中にしたのだ。」

HTC was the obvious choice. Samsung and Android have ruined them, and they’re desperate to stay relevant. Facebook likely got everything they asked for.

     *     *     *

慎重だが野心的

フェイスブックはこれまで全く経験のない分野に声高らかにかつ自信たっぷりに参入した。そして自らのペースで影響力を行使するハッキリとした道筋を示したのだ。Facebook Home は数年のうちに本格的「Facebook フォン」が現れることを望んでいる現在のアンドロイドユーザーに後光効果(halo effect)を与えるだろう。これはフェイスブックに経験と自信、信頼性と弾み、そして時間を与えて、これまではとても出来なかったより良い、より広範なモバイル体験を構築することを可能にするだろう。慎重だが野心的な動きなのだ。

Facebook has loudly and confidently entered an arena it has no prior experience in, and has set a clear path to expand its influence at its own pace. Facebook Home will provide a halo effect to current Android users that warms them up to a full-blown “Facebook phone” in the years to come. It gives Facebook the experience, confidence, credibility, momentum, and time to build a better and broader mobile experience than they would have been able to build otherwise. It’s as prudent as it is ambitious.

     *     *     *

銀行強盗

Facebook Home が端末機器の売上に及ぼす影響は今年末までには明らかになるだろう。もし消費者がこの端末には「Facebook Home が搭載されているの?」と聞くようになったら — そう尋ねる消費者は多いと思うが — グーグルにとってもアップルにとってもそれは悪いニュースだ。しかしながら、グーグル対フェイスブックの戦争はグーグル対アップルの戦争よりもっとキビシい。なぜならグーグルとフェイスブックは広告主という共通の顧客を持っているからだ。ユーザーは彼らにとって通貨であり、フェイスブックはまさに銀行強盗をしようとしているのだ。

I think we’ll know well before the end of this year how Facebook Home affects handset sales. If buyers start asking “does it have Facebook Home?” — and I think many will — that will be bad news for both Google and Apple. However, the Google – Facebook war is sure to be more vicious than the Google – Apple war because Google and Facebook have the same customers: advertisers. Users are their currency, and Facebook is about to rob the bank.

     *     *     *

Facebook Home に関する記事こちらも]ではいちばんオモシロい!

こんな記事に出会うからネットサーフィンはやめられない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《追記》ギークの感想(4月9日)

Matt Drance の記事に対するギークの感想もオモシロい。

John Gruber の場合

Matt Drance on Facebook Home | Daring Fireball

紙をクシャクシャにする音が聞こえるかい? Facebook Home について書こうとした原稿を自分が投げ捨てている音だよ。ともかく Matt Drance の記事を読んでみてよ。

You hear that crumpling sound? That’s me throwing out the notes for the column I was going to write on Facebook Home. Just read Drance’s take instead.

     *     *     *

こんな褒め方もあるんだ。

先をこされたという気持ちとないまざって・・・

     *     *     *

Jim Dalrymple の場合

Facebook Home steals the Android experience | The Loop

フェイスブックにとって素晴らしい一手だ。これまでグーグルがフェイスブックを打ち負かそうと一生懸命だったことを考えると、つい笑いを噛み殺してしまう。

It’s a brilliant move by Facebook, especially since Google is trying so hard to compete with Facebook. I chuckle every time I think about it.

     *     *     *

ギークの目から見ても巧いやり方だということだろう・・・

Read Full Post »

Tim Cook

[Tim Cook の謝罪(抱歉):image

CCTV の報道に端を発したアップル叩きは、ついに Tim Cook からの謝罪という展開になった。

ChinaFile: “Why Did Apple Apologize to Chinese Consumers and What Does It Mean?” by Jeremy Goldkorn: 02 April 2013

     *     *     *

アップル叩きの深刻さ

まだ外国メディアもアップルすらも十分理解していなかったように思える3月22日に、私は Danwei.com に投稿して、カリフォルニアの巨大企業に対する CCTV[China Central Television:中国中央電視台]の攻撃の深刻さについて次のように述べた

On March 22, before the foreign media or Apple themselves seemed to have grasped the seriousness of the CCTV attacks on the Californian behemoth, I wrote a post on Danwei.com that concluded:

     *     *     *

マーケットシェアの覇権

「規制当局も国営メディアも、外国製携帯端末やオペレーティングシステムのマーケットシェアが失われることをいずれもよろこんでいるというハッキリとした兆候が見えている。このことは、中国でのアップルの展開に期待する者は誰しも — 今年初め新華社に対し中国はアップル最大のマーケットになるだろうと語った Tim Cook を含め — 肝に命じておくべきなのだ。」

“The signs are clear that regulators and establishment media would both be happy for foreign mobile phone handsets and operating systems to lose market share. This should be remembered by anyone betting on Apple as a China play, including CEO Tim Cook who earlier this year told Xinhua News Agency that he believes China will become Apple’s largest market.”

     *     *     *

なぜ謝罪する必要があったのか

なぜアップルが謝罪する必要があったのかということを2つ目の文章が説明している。アップルの成長プランにとって中国が欠かせない部分となったので、なんとしても中国政府および国営メディアのアップルおよびアップル製品に対する敵対的姿勢は防ぐ必要があるのだ。中国の消費者自身は CCTV が取り上げた問題にさほど不満を抱いているようには思えない。しかし政府となると、アップルの中国の夢をいとも簡単に実現不可能にすることができるのだ。

The second sentence explains why Apple needed to apologize: China is the major part of their growth plans, and they need to do everything they can to stop hostile attitudes towards their company and products from the Chinese government and official media. I don’t think Chinese consumers are very upset about the problems CCTV exposed, but the government could very easily make Apple’s China dreams impossible to realize

     *     *     *

トロイの木馬

もしもアップルが反省の意を示さなければ、これからも CCTV が無数の問題を提起し、他の政府部門も — iTunes ストアのアプリやコンテンツを手始めに — アップルに対する攻撃を続けることが可能なのだ。今現在 iTunes こそ、外国メディアないしは IT 企業が政府のきびしい監視を受けることなく外国製コンテンツを中華人民共和国へ忍び込ませることができる最大のトロイの木馬なのだ。

If Apple does not act contrite, there are thousands of other issues that CCTV or other state actors could attack them on, starting with the apps and content on their iTunes store: To this day the iTunes is the greatest Trojan horse of foreign content that any foreign media or tech company has managed to sneak into the People’s Republic without serious scrutiny.

     *     *     *

これからも続く

今回の謝罪にも関わらず、アップルはこれからも規制当局の敵対的行為に遭遇し続けるだろうと私は考える。中国政府と国営メディアは一体となってその役割をこれからも果たし続けることだろう。

Despite the apology, I expect Apple will continue to meet hostility from official organs in the coming years – their government and public relations teams are going to have to earn their keep.

     *     *     *

中国マーケットに対するアップルの覇権が政権の禁忌に触れたということか。

中国に対して覇権を唱える者は何人たりとも許さない、と・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[スティーブ・ジョブズの果たせぬ夢:image

現在のキャリアに飽き足らず、自らのネットワークを構築しようとした Steve Jobs の話が先週注目を引いた。

The Loop: “Apple and market subversion” by Matt Alexander: 18 November 2011

     *     *     *

Jobs の果たせぬ夢

今週 John Stanton は Steve Jobs の果たせなかった夢を明らかにした。未認可の割当周波数を使ってアップルのワイヤレスネットワークを作ろうというものだが、主に iOS デバイスを対象としたものだったと思われる。もしこれが実現していれば、アップルとしてはワイヤレスで一般的なキャリア中心モデルを見送り、自前のネットワークを構築し、支配していただろう。なんとも壮大な考えだ。

This week, John Stanton revealed Steve Jobs’ unfulfilled desire to leverage the unlicensed wireless spectrum to build an Apple wireless network, presumably for use primarily with iOS devices. Of course, if this had happened, it would’ve meant that Apple would forego the normal, carrier-centric model in the wireless industry, and would have had its own network to control and govern. Quite the concept, really.

ワイヤレスの巨人たちは、一瞬にして、かつ壊滅的に滅びてしまったことだろう。法律問題があるからこのような革命的変化は不可能だと否定論者たちはいうが、私は敢えて異を唱えたい。

The giants holding onto the wireless industry would have been instantly and emphatically subverted in a truly profound manner. If you listen to certain naysayers, such revolutionary change is unfeasible due to legal barriers, but I’m inclined to disagree.

この革命は既に進行中だと指摘したいのだ。

In fact, I would go as far as to say this revolution is already well underway.

     *     *     *

iMessage の導入

アップルは iOS 5 発表に際して iMessage を導入した。iMessage があれば、ユーザーはキャリアとは無関係にテキストメッセージを(海外にさえも)無料で送信できる。もしアップルが初代 iPhone にそんな機能を導入しようとしていたら、AT&T により一笑に付されたことだろう。しかし今やアップルは世界最大のワイヤレスメーカーのひとつだ。どのキャリアも先を争って自社のネットワークの受信環境が iPhone にとってベストだと競っている。

With the launch of iOS 5, Apple introduced iMessage. With iMessage, users are able to text message for free, sans-carrier control — even internationally. If Apple had attempted to introduce such a feature with the first iPhone, it’s likely AT&T would’ve laughed Apple out of its offices. But now Apple is one of the largest wireless manufacturers in the world, and carriers are scrambling to prove that their network provides the best iPhone coverage.

     *     *     *

ほとんど文句もいわない

これまで自社の電話に載せるアプリもブランドも自ら決めてきたキャリアが、今では静かにアップルがなすがままに任せ、ほとんど文句さえいわない。マーケットシェアに甚大な影響を及ぼすことを恐れて、常識あるキャリアは敢えてアップルに逆らおうとはしないのだ。アップルの信条も、ソフトも、とりわけ人気のあるハードウェアなら尚更・・・

Carriers that are used to placing their own apps and branding on phones quietly accept that Apple will not allow this, and offer little (if any) complaint. In essence, no carrier with any sense would risk refusing Apple, its principles, its software, and most importantly, its popular hardware for fear of significant damage in market share.

     *     *     *

トロイの木馬

そんな中で iMessage はトロイの木馬のように思える。Facetime とともにキャリア環境に取って代わりつつある。次第にユーザーはその機能の持つ重要性を理解し始めているのだ。

As such, iMessage appears to be a trojan horse. It has been supplanted into the carrier environment, along with Facetime, and users are just steadily beginning to grasp the gravity of such features.

     *     *     *

どこまでも広がる・・・

昨日は、iOS に隠された iChat コードのことが表に出た。「いずれ時間の問題だった」という人も多いが、確かにそれは正しい。しかし iOS エコシステムにとって iChat 機能はいかなる意味を持つのだろうか? それは簡単なテキストインターフェイスに留まらず、音声とビデオ、テキストチャットを融合して、プラットフォームを越え、どこまでも広がるものとなるのではないか・・・

Yesterday, hints of iChat code were uncovered in iOS. Many have reacted saying “it was only a matter of time,” and they’re right to say so, but what implications would an iChat feature hold for the iOS ecosystem? I doubt it would be a simple text interface, but rather an amalgamation of voice, video, and text chat, cross-platform, and without boundary.

     *     *     *

VoIP の実装

もしそうなら、キャリアを覆そうとする Steve Jobs の望みは、外から爆発的に起きるのではなく、むしろ内部からの革命として起きるのかもしれない。業界深く仕込まれたアップルのトロイの木馬は、いよいよ行動を開始し、遮るものを焼き尽くそうとしている。iChat クライアントがこのような変化をもたらす手段かどうかは別にして、アップルが iOS にある種の VoIP を実装することは間違いないと思われる。論理的に考えても当然のことだ。

If so, Steve Jobs’ desire to subvert carriers may not occur in such an explosive manner from the outside, but may occur as more of a revolution from within. The Apple trojan horse is firmly parked in the industry, and it is set to open, and to burn what lays before it. Whether or not an iChat client would provide this vessel for change, I’d argue it’s an inevitability that Apple will build some sort of VoIP implementation into iOS – it’s a matter of logical progression.

     *     *     *

テレビの世界の話ではない

このような変化はテレビの世界で起きようとしているというひとも多い。しかしテレビ業界は逡巡しているようにしかみえない。そのためウワサされるアップルの夢は不可能だと敗北主義者はいう。それでも意識するしないに関わらず、業界に急速に変化をもたらすアップルの力は誰の目にも明らかだ。キャリアは、いずれ彼らの価格モデルを完全に覆すことになる機能をアップルが取り入れるのを黙認している。その傾向はこれからも続くのだ。

Many argue this is what is set to happen with the television, but indications point to hesitance in the industry. As a result, there are defeatist opinions opining about the impossibility of Apple’s rumored goal. And yet, Apple’s ability for rapid industry change is evident before all of us, whether most are aware of it or not. Carriers are allowing Apple to introduce features that wholly subvert their own pricing models, and the trend is only set to continue.

     *     *     *

ユニークでシンプル

これらいくつかの機能は他のプラットフォーム(例えば BlackBerry Messenger など)でも利用できる。しかしアップルが提供するユニークでシンプルな解決策は、業界をガラリと変えてしまうという点で他に類を見ないのだ。Pin 番号やユーザー名のことなんか忘れてしまえ。アップルのシステムなら自動的で、バックグラウンドで目立たないようにちゃんと動くのだ。

While some of these features are available on other platforms (e.g., BlackBerry Messenger, and so on), it is unquestionable that Apple’s propensity for unique, simplistic solutions has the unparalleled potential for industry-altering change. Forget exchanging pins and usernames, Apple’s system is automatic and firmly in the background.

     *     *     *

デジタルメディアを支配

レコード会社は iTunes に二の足を踏んだので、アップルは DRM[digital rights management:デジタル権利管理]で譲歩した。しかし後に DRM は取り除かれる。アップルは自らのやり方を押し通し、いまやデジタルメディアビジネスの大宗を支配しているのだ。

Record labels balked at iTunes, and Apple conceded with DRM. DRM was later removed. Apple got its way and now controls the majority of the digital media business.

     *     *     *

来るべきシフト

歴史がそちらへ向いていることは明かだ。アップルがパラダイムシフトを行なう可能性を疑問視するのは近視眼的考えだ。ルートは異なっても、Steve のビジョンは実現に向かっているように思える。これは来るべきシフトの兆しだと思う。

To that end, I’d argue that history is self-evident, and anyone who chooses to question the potential for the paradigm shifting power of Apple is shortsighted. Steve’s vision seems set to come to life, albeit via a different route, and I believe that is a marker for other shifts to come.

     *     *     *

ハッキリいえずもどかしいが、何か大きな変化の兆しが感じられる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »