Feeds:
投稿
コメント

「Trademark」タグのついた投稿


[iPad in China:image

世界的に好評な新 iPad だが中国での発売予定は未定だ。

Forbes: “Apple Pressures Beijing With iPad Snub” by Doug Young: 17 April 2012

     *     *     *

中国が外された

誰もが欲しがるアップルの最新製品の発売国が発表された。しかし中国がリストから外れていることがひときわ目立った。観測筋の多くは、破産に瀕した中国の企業と iPad のトレードマークについて係争中のためアップルとしては慎重なアプローチをとっているのだという。しかし私の見るところ、中国を発売国リストから除外したのは、係争中の裁判で有利な判決が出るよう北京政府にプレシャーをかけるためでもあると思う。もっといえば、中国市場で公正に処遇されていないとアップルが判断すれば、将来も人気商品の発売を保留するということを明確にしたものだ。つまるところ、保留することによって最新でホットなデバイスを欲しがる中国消費者の怒りに火をつけることはカンタンだ。その怒りは北京政府に向かうことになるかもしれない。さらには、合法的に輸入できる iPad がないため、密輸製品が急増し、輸入関税に多大の損失が生じるかもしれない。

[...] as Apple (Nasdaq: AAPL) has just released the latest list of countries where its newest must-have product will go on sale, and China is noticeably absent. Many observers might say that Apple is taking a cautious approach to China pending the resolution of a trademark dispute with a near-bankrupt company over the iPad name. But in my view, the exclusion of China from the list is just as much about applying pressure on Beijing for a court ruling in its favor, and says more broadly that Apple could withhold its popular products in the future if it doesn’t believe it is being treated fairly in the market. After all, withholding Apple products could easily anger many Chinese consumers eager to have the latest hot device, perhaps prompting them to hold Beijing responsible. Furthermore, the absence of legally imported iPads will fuel a surge in smuggled products, costing China millions of dollars in lost import duties.

     *     *     *

中国での発売は未定

大局的な観点からこの事態を見てみよう。アップルが新しい iPad を発表したのは3月7日だった。その一週間後米国および日本、香港、シンガポールを含む国々で発売された。さらにその後、ヨーロッパの国々でも発売された。当初の発売から3日目には 300 万台が売れた。今回アップルはさらに第3グループの国々が4月20日から新 iPad を購入できると発表した。その中には Saint Maarten や Venezuela のような小さなマーケットまで含まれている。然るに中国という名前はどこにもない。新 iPad を発売する予定があるのかさえよく分からない。先月上海の裁判所からは、本件商標権紛争が結審するまでの間も上海で同製品を発売して構わないというゴーサインが出たにもかかわらず、だ。昨年初めの判決は、破産に瀕した Proview にとって有利なものだった。Proview の申し立てによれば、アップルが数年前に獲得したと考えるトレードマークは技術上の手落によって自社の所有に帰属すると主張している。その後本件は控訴され、数か月のうちに結審する見込みだ。

But let’s take a look at the specific situation to put things in perspective. Apple announced the launch of its newest iPad on March 7, and the tablet PC went on sale about a week later in the US and several global markets, including Japan, Hong Kong, and Singapore. Another group of countries, mostly in Europe, joined the list about a week later, as sales surged to more than 3 million just 3 days after the initial launch. Now Apple has just announced a third group of countries that will receive the new iPad starting April 20, including the likes of tiny markets like Saint Maarten and Venezuela. But nowhere on the list is there any mention of China, and it’s unclear if Apple will even attempt to launch the new iPad here despite receiving a green light last month from a Shanghai court to keep selling the product in that city until a final ruling in the current trademark dispute. An initial ruling last year in that dispute went in favor of the near bankrupt company, Proview, which claims to own the name due to what looks like a technical error that saw it fail to transfer the trademark after Apple thought it bought the name several years ago. Now the case is being heard under appeal, with a ruling likely in the next few months.

     *     *     *

失望した消費者の不満の声

個人的には、アップルが新 iPad の販売を中国で保留したことについては賛成だ。たくさんの中国消費者が失望して不満の声を上げるかもしれない。都合のいいことにアップルはそれを訴訟のせいにできる。その間北京政府は紛争当事者すべてを満足させる解決案を探らねばならなくなり、世界に対してはこの種の商業紛争に公正さをもって臨むことを示さざるを得なくなる。

I personally agree with Apple’s decision to withhold the new iPad from China for now. Countless disappointed Chinese consumers are likely to voice their frustration, while Apple can conveniently blame its decision on the dispute. In the meantime, Beijing will surely be searching for a plan to work out the conflict in a way that makes everyone happy and shows the world it is dedicated to fairness in settling this kind of business dispute.

     *     *     *

北京政府へのプレシャー

結論:アップルは新 iPad の中国発売を保留した。ひとつには商標権紛争が係争中のためだが、それと同時に本件訴訟で公正な扱いが得られるよう北京にプレシャーをかけるためでもある。

Bottom line: Apple’s withholding of the new iPad from China is partly due to an ongoing trademark dispute, but is also partly designed to pressure Beijing for fair treatment in the case.

     *     *     *

したたかなアップル!

結局はどちらがユーザーを味方につけるかということか・・・

それはまた副首相の約束を実効あるものにしようということでもある。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPad のトレードマークは中国では使えない:image

iPad のトレードマークをめぐる中国での商標権紛争について、知的所有権に詳しい Oliver Herzfeld[Beanstock]が興味深い指摘をしている。

アップルの紛争は米中の知的所有権に関する文化の違いに根ざすものではなく、契約すべき相手をアップルが誤ったために起きたのだ、と。

Forbes: “Apple’s Trademark Problem In China Is Self-Inflicted” by Oliver Herzfeld: 06 April 2012

     *     *     *

純粋に民事の争い

先に登録したものが誰であれ商標権を獲得するという中国の慣行 — 商標の不法取得(trademark squatting)について、米国と中国の間で緊張が高まっている。しかしいちばん目立つアップルの iPad 商標権紛争は、それとは別な話だ。基本的には、きちんと正当な商標権を取得することに失敗した間違いに端を発した民事上の争いなのだ。

There’s tension brewing between the U.S. and China over “trademark squatting,” the practice of grabbing trademarks under China’s rules that allow whoever registers them first to own them. But the most high profile trademark dispute in China, Apple’s fight over the iPad trademark, is something entirely different. Essentially, it is a commercial dispute triggered by Apple’s regrettable failure to properly purchase the rights to that trademark in China.

     *     *     *

商標権の不法取得には当たらない

目下アップルと Proview との間に生じている紛争はまったく民事的なものだ。Proview は商標の不法取得(trademark squatting)には当たらない。アップルがタブレットコンピュータ iPad を発表する何年も前の1988 年に「IPAD」という商標を使い始め、2001 年に中国で初めて商標登録しているからだ。アップルは仲介者を通じて台湾の会社 Proview Electronics Co. Ltd.[Proview Taiwan]から中国を含む複数の国での「IPAD」商標権の購入契約を結んだ。「IPAD」の真正な商標権所有者が中国本土の Proview Technology (Shenzhen) Co. Ltd. [Proview China]だと分かった時点で問題が始まった。

Apple’s current dispute with Proview appears to be strictly a commercial matter. Proview is not a trademark squatter since it started using the “IPAD” mark in 1988 and first registered the trademark in China in 2001, years before Apple introduced its iPad tablet computer. Apple, through an intermediary, entered into an agreement to purchase from a Taiwanese company, Proview Electronics Co. Ltd. (Proview Taiwan), the “IPAD” trademarks in a number of countries including China. The problems started when it came to light that a Chinese company, Proview Technology (Shenzhen) Co. Ltd. (Proview China), was the true owner of the “IPAD” trademarks in China.

     *     *     *

当然なすべきチェックを怠った

アップルは、購入契約に入る前に所有権者が真正なものであるかどうか調査し、証明するという購入者として当然行なうべき最も基本的なチェックを怠ったという話しだ。あまりカネをかけずとも、ざっとでも商標権についてよく調べておけば、契約の相手が間違っていたことが分かったハズだ。アップルの最近の申し立てによれば、アップルは真正な権利者である Proview China と契約したいと考えたが、Proview China が債権者への支払いを回避するため、台湾の子会社 Proview Taiwan を通じて契約することに固執したのだと主張している。この主張は信じ難い。アップルが相当な注意義務を怠ったことの正当化にも説明にもなっていないからだ。また論理的に考えてもおかしい。契約上アップルが支払う額はたったの 35,000 ポンドで、Proview China が抱える負債のほんの一部にも充たないからだ。最もあり得るシナリオは、アップルが Proview China に対しより大きな追加的支払いを行なって解決することだ。

Apple was simply not duly diligent in its most basic obligation as a purchaser, investigating and verifying the seller’s ownership before entering into a purchase agreement. A quick and inexpensive trademark search would have revealed that Apple was contracting with the wrong party. Most recently, Apple claimed that it really wanted to contract with the correct party, Proview China, but Proview China insisted on selling the trademarks through its Proview Taiwan affiliate to avoid having to pay its creditors. That argument seems incredible since it does not explain or justify Apple’s diligence lapse. And logically it makes no sense when you consider that, under the agreement, Apple only paid £35,000 – hardly enough to make a dent in Proview China’s debts. The most likely outcome now is that the parties will settle the dispute based on an additional (and much larger) payment from Apple to Proview China.

     *     *     *

問題はカネだけ

アップルにとって中国での iPad 商標権を取得するキャッシュの調達は問題ないだろうが、問題は Proview 側がどれだけ高い額を要求するかという点だろう。

While Apple shouldn’t have to look far to find the cash needed to purchase the iPad trademarks in China, the question remains: How high will Proview’s asking price be?

     *     *     *

訴訟の話は複雑で何が本当かよく分からない。国がまたがると尚更だ。

それにしても悪名高きアップル法務がそんな単純なミスを犯したのだろうか。

そういえば iPad という名称はずいぶん前からささやかれていた。生理用品を思わせる名前にはなりっこないなどと騒がれていたのを思い出す。

折しも中国からは Proview が破産に瀕してアップルのカネを当てにしていること、本件訴訟が終結するまでは iPad の中国販売はできないだろうというニュースも伝わってきている。

中国副首相の「知的財産権の保護拡充に努める」というアップルへの約束はどういう意味だったのだろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Qo

Read Full Post »