Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘TIME’

110714AZ_jony_ive_000018.JPG

[タイム誌に選ばれた Jonathan Ive:photo

タイム誌恒例の「世界で最も影響力のある100人」に Jonathan Ive が選ばれ、U2 の Bono が推薦文を書いている。

iMore.com: “Jony Ive named one of TIME’s 100 most influential people” by Joseph Keller: 18 April 2013

     *     *     *

選ばれた Ive

アップルのインダストリアルデザイン担当上級副社長の Jonathan Ive は、タイム誌の次号(46号)で世界で最も影響力のある100人に選ばれた。U2 の Bono は、Ive と彼のデザインチームの関係を『スター・ウォーズ』の登場人物になぞらえて書いている。

Jony Ive, Apple’s SVP of Industrial Design, has been named by TIME Magazine as one of the 100 most influential people in the world, coming in at number 46. Of Ive’s relationship with his team, U2’s Bono, writing for TIME, says that Ive is akin to a certain Star Wars icon:

     *     *     *

Jony Ive はオビ=ワンだ

Jony はオビ=ワン、彼のデザインチームはジェダイ騎士団だ。利益より偉大さを追求するが故に高貴であり、利益は偉大さから生まれると信じている。遥か遠くの偉大なものを追い求めて、目先の好機をかたくなに見送る。

Jony is Obi-Wan. His team are Jedi whose nobility depends on the pursuit of greatness over profit, believing the latter will always follow the former, stubbornly passing up near-term good opportunities to pursue great ones in the distance.

     *     *     *

彼の真価は iOS 7 に

アップルが発表する製品群を見れば、Jony Ive が自らの仕事を愛し、素晴らしいデザインへの情熱を共有するひとびとに囲まれていることは明らかだ。アップルデバイスのルック&フィールは、ほぼ常に世界的な賞賛を受ける。自らの仕事を愛するチームだからこそ可能なのだ。Ive の今度の仕事はヒューマンインターフェイスだ。ソフトウェアデザインチームからも同じ敬意と賞賛を得られるかどうか興味深いところだ。彼の影響はすでに最近アップデートされた「Podcasts」で見られるが、アップルソフトウェアに対する彼の真の影響を評価するには iOS 7 を待つ必要がある。

That Jony Ive has surrounded himself with people that love what they do, that share a passion for good design, is evident in the products that Apple releases. The look and feel of Apple devices meet with praise almost universally, and you don’t get that from a team that doesn’t love what they do. Now that Ive is working on human interface, we have to wonder if he has engendered the same respect and admiration among the software design team. While his influence can already be seen in the most recent Podcasts update, we’ll need to get a look at iOS 7 before his real impact on Apple’s software can be assessed.

     *     *     *

「〇〇の100人」などという記事を見ると、いつもどんな基準で選ばれたのだろうと不思議に思う。

今回の Ive は「アーチスト」というカテゴリー(他に選ばれたひとはこんな感じ)で、Bono が推薦文を書いたのもそういうワケかと納得する。

★ →[原文を見る:Original Text]

広告

Read Full Post »


タイム誌 Steve Jobs 特集号

Steve Jobs 公認伝記本の作者 Walter Isaacson が、最後に Jobs に会ったときのことをタイム誌に書いている。

そのサワリの部分を MG Siegler が紹介している。

ParisLemon: “Speaking of the Steve Jobs biography,…“: by MG Siegler: 07 October 2011

     *     *     *

ほんの数週間前

Steve Jobs 公認伝記本の作者 Walter Isaacson がタイム誌に Jobs の追悼文[定期購読者限定]を書いている。タイトルは「アメリカのアイコン」というシンプルなもの。

Speaking of the Steve Jobs biography, its author, Walter Isaacson, has written a piece for Time on Jobs’ passing, titled simply: American Icon.

Isaacson はほんの数週間前、この本のことで最後に Jobs と会ったときのことを書いている。

Writes Isaacson of his last meeting with Jobs for the book, just weeks ago:

     *     *     *

なぜ かくも熱心だったのか

作家として自分は客観的な第三者的立場をとることに慣れている。しかし別れをいおうとして悲しみが押し寄せてくるのを感じずにはおれなかった。感情を抑えるために、私はいまでも困惑している質問をした。なぜ Jobs はかくも熱心だったのか。いつもなら人目に触れるのをいやがる彼が、一冊の本のためにかくも心を開いて、2年間の50回にも及ぶインタビューや会話を通じて自らを語ることにどうして熱心だったのか、と。「子供たちに自分のことを知ってもらいたい。いつも一緒にいたわけではないから、子供たちに自分がしたこととそのわけを理解して欲しいのだ」というのが彼の答えだった。

As a writer, I was used to being detached, but I was hit by a wave of sadness as I tried to say goodbye. In order to mask my emotion, I asked the one question that was still puzzling me: Why had he been so eager, during close to 50 interviews and conversations over the course of two years, to open up so much for a book when he was usually so private? “I wanted my kids to know me,” he said. “I wasn’t always there for them, and I wanted them to know why and to understand what I did.”

     *     *     *

親なら誰しもいつかはこどもに自分のことを理解して欲しいと願うだろう。

自らについて書かれたものをどれひとつとして認めなかった Jobs が、最後に心を開いたのはそういうことだったのか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »