Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Tim Cook’

Update 2》BBC の番組を見る
Update》アップルは深い怒りを覚える

pegatron_bbc

[製造ラインで眠りこける労働者:BBC

iPhone 6 を製造する上海の Pegatron 工場に潜入した BBC のドキュメンタリー番組。「アップルの裏切られた約束:アップルは中国の労働者を保護していない。」

Apple ‘failing to protect Chinese factory workers’ | BBC News

     *     *     *

苛酷な製造現場

上海郊外の Pegatron 工場で昼夜2交代シフトで疲労困憊した労働者が眠りこけている様子が撮影された。

Exhausted workers were filmed falling asleep on their 12-hour shifts at the Pegatron factories on the outskirts of Shanghai.

アップルコンピュータの部品を製造する工場で働くおとり労働者のひとりによれば、繰り返し休日をとらしてくれと訴えたにもかかわらず、18日間ぶっ続けで働かなければならなかったという。

One undercover reporter, working in a factory making parts for Apple computers, had to work 18 days in a row despite repeated requests for a day off.

他のおとり労働者の場合、シフトは最長で16時間にも及び、「寮に戻ると動きたくもない」という。

Another reporter, whose longest shift was 16 hours, said: “Every time I got back to the dormitories, I wouldn’t want to move.

「腹がすいていても、起き上がって食べる気にもならない。ただ横になって休みたいだけ。ストレスで夜も眠れない。」

“Even if I was hungry I wouldn’t want to get up to eat. I just wanted to lie down and rest. I was unable to sleep at night because of the stress.”

     *     *     *

秘密裡に撮影されたという Pegatron 工場の内部映像から外部からは窺えない様子が見てとれる。

同じ番組ではインドネシア Bangka 島の錫採掘鉱山で12歳の少年が違法な労働をしている様子も撮影されているらしい。

時あたかも作っても作っても需要に応じきれない iPhone 6/Plus が話題になっている最中なので、気になる話ではある。

思い出されるのは NY タイムズが、「誰にも愛される iPad は過酷な低賃金搾取労働の象徴だ」とアップルを攻撃する記事を載せたときのことだ。

ちょうどアップルが歴史的ともいえる桁外れの純利益を叩き出した直後のことだった。

名実共にアメリカのトップ企業となったアップルが、NY タイムズ記事をきっかけに一気に中国の低賃金搾取労働の象徴として矢面に立たされたことも記憶も新しい。

今回もある意味似たような状況にある。

瞬間風速とはいえ前人未到の時価総額7千億ドル超えを記録した直後、順風満帆と思えるアップルを襲ったのは、前回の NY タイムズに代わって今回は BBC というわけだ。

頂上に吹く風は激しいとはいえ、今後の展開が注目される・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》アップルは深い怒りを覚える(12月20日)

BBC の報道に対しアップルがただちに反撃している。オペレーション担当上級副社長 Jeff Williams から英国のスタッフへのメールという形で。

Apple goes to war with the BBC | Telegraph

     *     *     *

深い怒りを覚える

昨夜 BBC の番組 Panorama はこれらの価値観[注:アップルは世界の人権と平等の向上に専心するという価値観]に問題を投げかけた。多くの皆さん同様に、ティム・クックと私[Jeff Williams]はアップルがサプライチェーンの労働者に対し約束を破った、あるいは形はどうあれ顧客を欺いたという指摘には深い怒りを覚える。

Last night, the BBC’s Panorama program called those values into question. Like many of you, Tim and I were deeply offended by the suggestion that Apple would break a promise to the workers in our supply chain or mislead our customers in any way.

事実と考え方について皆さんにお話したい。これらはすべて BBC に対しても事前に説明したが、明らかに番組では取り上げなかったものだ。

I’d like to give you facts and perspective, all of which we shared with the BBC in advance, but were clearly missing from their program.

Panorama の報道はアップルが労働環境の改善を行っていないと示唆している。はっきりさせておきたいが、これほど事実とかけ離れたことはない。

Panorama’s report implied that Apple isn’t improving working conditions. Let me tell you, nothing could be further from the truth. […]

     *     *     *

英国の5000人のスタッフに宛てたメールの全文はこちら

こと人権に関してはティム・クックのアップルは一歩も退かない・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》BBC の番組を見る(12月21日)

BBC Panorama Apple’s Broken Promises BBC Documentary 2014 [Workers Life in china Making iphone 6] | YouTube
[BBC Panorama Apple’s Broken Promises BBC Documentary 2014 [Workers Life in china Making iphone 6] | YouTube

物議をかもしている BBC の番組だが、番組そのものは英国内でしか見れない

いろいろ探してみたら、一部は YouTube でも見れるようになっていた。

3人の覆面記者を潜入させた Pegatron の初めての内部映像は多くのことを語っているが、インドネシアの錫採鉱現場のシーンは衝撃的だ。

愛用しているガジェット機器の背後にこんな製造国・原産国の事情があることを知ると心が重くなる。

しかし BBC の製作意図が窺える一方で、ここまでアップルの責任を追及できるのかという疑問も生じる。

Pegatron や Foxconn で ODM 製造しているのはアップルに限ったことではない。世界の多くの家電メーカーが依存しているのは周知の事実だ。また、錫を輸入してアルミ製品に利用しているメーカーもこれまた沢山ある。

中国やインドネシアの劣悪な労働環境や環境汚染をすべてアップルの責に帰するのは酷ではないのか・・・

とまれ何が問題になっているのか、自分の目で確かめておきたい。

Read Full Post »

7ed0499d-d47b-43f6-8d70-5112010acd2b.img

フィナンシャルタイムズの「今年の人」に選ばれた Tim Cook

紛う方なく Cook は名実共にアップルの顔となった・・・

Person of the Year: Tim Cook of Apple | FT.com

In the three years after the death of Steve Jobs, Mr Cook, 54, has held his nerve through attacks from activist investors and a loss of faith among some that Apple could succeed without its late founder. This year has seen Apple’s chief step out of the shadows of his predecessor and imprint the company with his own set of values and priorities: bringing in fresh blood, changing how it manages its cash pile, opening Apple up to greater collaboration and focusing more on social issues.

Read Full Post »

apple-market-capitalization-apple_chartbuilder-1

[アップルの時価総額の推移:Quartz

前人未到の時価総額7千億ドル超を別の視点から見ると・・・

Tim Cook has created as much value as Steve Jobs | Quartz

     *     *     *

スティーブ・ジョブズと同じ程度の価値を産み出したティム・クック

Tim Cook has created as much value as Steve Jobs

ティム・クックが CEO になって以来今年の11月末までに、アップルの時価総額はほぼ3千5百億ドル上昇した。これは技術の伝道師ジョブズが死に至る病いのために仕事を断念せざるを得なくなった 2011 年8月のほぼ倍だ。

Since Tim Cook became CEO, Apple’s market capitalization has surged by almost $350 billion through the end of November. That’s roughly twice its size in August, 2011, when tech visionary Steve Jobs was forced to relinquish the job by his ultimately fatal illness.

     *     *     *

ジョブズのときのほぼ倍の価値になったともいえるワケで、クックの実績は目覚ましい・・・

Read Full Post »

OR_01-630x420

Tim Cook: “I’m Proud to be Gay” | Businessweek

While I have never denied my sexuality, I haven’t publicly acknowledged it either, until now. So let me be clear: I’m proud to be gay, and I consider being gay among the greatest gifts God has given me.

We pave the sunlit path toward justice together, brick by brick. This is my brick.

Tim Cook: I’m Proud to Be Gay; Apple CEO Comes Out | Bloomberg TV

Come Out, Come Out: The Tim Cook Moment Is Here | Re/code

Looking back, I guess we in the media might have asked Apple CEO Tim Cook if he were gay.

Me especially, since I am gay. And, like many, I had heard all the assumptions about the self-effacing exec’s sexual orientation, even though he and I had never once discussed the issue.

Read Full Post »

tim_cook_wsjd

[WSJD Live で語る Tim Cook:WSJ Video

小売りチェーンが Apple Pay を締め出したことについて、Tim Cook が WSJD Live イベントで語っている。

Tim Cook on Retailers That Refuse Apple Pay | WSJ Video

・あれは小競り合い(skirmish)に過ぎない
・72時間で認証されたカードは百万枚を超えた
・他の全部をひっくるめてもアップルが非接触型決済(”contactless” payments)のナンバーワンだ
・それもたったの一週間で
・まだ米国で始まったばかり
・顧客からメールが殺到している
・自分でも試したが簡単すぎて信じられない
・カード紛失やカード詐欺の恐れもない
・簡単・安全・秘密の3点を備えた最初で唯一のモバイル決済手段

     *     *     *

John Gruber のコメント。

Tim Cook: Apple Pay Is Already the Leader in Contactless Payments | Daring Fireball

たった一週間で

たった一週間でアップルはマーケットリーダーになった。何年も前から存在している Google Wallet などと同じシステムを使って。(アプリ内の話だけでなく)実際の小売り現場で使えるのは出てひと月の iPhone 6 デバイスだけだ。

One week, and Apple is already the market leader — using the same systems that Google Wallet and whatever else is out there have been using for years. And in retail locations (as opposed to within apps) it only works with one-month-old iPhone 6 devices.

     *     *     *

Touch ID の重要性

特段技術的な新機軸はない、Apple Pay は Google Wallet とほぼ同じで、違うのは Touch ID だけだというひとがいる。Apple Pay の成功をもたらした Touch ID(およびそれに付随するセキュリティ確保策)の重要性をそんな片づけ方をするのはナンセンスだ。仮に議論を進めるため Apple Pay には特段新しい技術が含まれていないとしても、アップルが突破口を開いたことは大いに賞賛に値すると思う。

I’ve seen people arguing that Apple hasn’t really brought much to the table here, that Apple Pay is nearly the same as Google Wallet except for Touch ID. I think it’s nonsense to dismiss the importance of Touch ID (and the secure element that goes along with it) to the success of Apple Pay. But even if we concede for the sake of argument that there’s nothing technologically novel involved with Apple Pay, the company still deserves enormous credit for making a breakthrough.

     *     *     *

単なるマーケティングに過ぎない?

これは単なるマーケティングの話に過ぎない。アップルが Apple Pay のような新しい機能をユーザーに知らせられること、最初から数多くの全国チェーンと提携できること、そんなことに過ぎないというひとがいる。しかしこのどれをとっても「単に・・・過ぎない」という話ではない。ユーザーに新しい機能を知らしめるのは容易なことではない。パートナーと組むのも容易ではない。最初の一か月で最新の電話を数千万台を売るのも簡単なことではない。

It’s just marketing, and Apple’s ability to let their users know about new features like Apple Pay, and their ability to partner with a bunch of nationwide chains right off the bat. There’s no “just” about any of that. Getting users to know about new features is not easy. Getting partners on board is not easy. Selling tens of millions of brand-new phones in the first month is not easy.

     *     *     *

使ってみて初めて

プリンの味は食べてみなければ分からない。NFC[Near field communication:近距離無線通信、非接触通信]ターミナルが商店に導入されて久しいが、ほとんど使われてこなかった。それなのに Apple Pay が利用可能になるやたったの一週間で iPhone はマーケットリーダーになってしまったのだ。

The proof of the pudding is in the eating. These NFC terminals have been in stores for years, and never became popular. Then Apple Pay went live one week ago, and the iPhone is already the market leader.

     *     *     *

Tim Cook は相変わらず簡明直截だ・・・

Read Full Post »

Tim Cook

[Apple Pay:New York Post

新しいカテゴリーの製品「Apple Pay」について、Tim Cook が決算発表の Q&A でより詳しく答えている。

また Jason Snell のまとめから・・・

This is Tim: Apple’s CEO answers the analysts | Six Colors

     *     *     *

Apple Pay について

On Apple Pay:

なによりも私たちが Apple Pay で達成しようと望んだのは、消費者にとって信じられないほど素晴らしい体験です。ですからエレガントシンプルなものにすべく最大の努力を傾注しました。試してみればお分かりになると思います。週末に私自分も試してみましたが、結果はすばらしいものでした。

What we wanted to achieve with Apple Pay was, first and foremost, to have an incredible consumer experience. And so we focused very much on on making it elegant and simple. And hopefully your trials have proven that. I know I used it over the weekend and it worked fantastically.

また私たちはセキュリティプライバシーに注力しました。これまでのクレジットカードシステムには大きな問題があったからです。モバイル決済に参入したものの多くは、顧客から集めたデータを使って収益化(monetize)することしか考えませんでした。顧客はそれを望んでいないと思います。自分のデータは秘密にしておきたいのだと。

We also wanted to focus on security and privacy. And so we see huge issues with the security of the traditional credit-card system. And many people that have entered mobile payments are doing so in a way that they want to monetize the data that they collect from the customers. And we think customers in general do not want this. That they’d like to keep their data private.

そういうことで、私たちは使い易さ、セキュリティ、プライバシーの3つすべてを最大にしたいと思ったのです。そうすることによってもっとたくさんのデバイスが売れると考えました。これこそ目玉機能だと思います。財布を取り出し、必要なカードをみつける時間の半分はムダな時間です。

And so we wanted to have ease of use, security, and privacy, and maximize all three. By doing so, we think we will sell more devices, because we think it’s a killer feature. It’s far better than reaching in your pocketbook and trying to find the card that you’re looking for and half the time it not working.

私たちはそのメリットに対して顧客に負担を求めません。商店主に対しても負担を求めません。しかしクレジットカードを発行する銀行との間には取引条件があります。その内容についてはお話しできません。一般の契約内容と同じくプライベートな性格のものだからです。

We do not charge the customer for the benefit, we do not charge the merchant for the benefit. However, there are commercial terms between Apple and the issuing banks. But we’re not disclosing what they are. Like any other contractual arrangement, those are a private sort of thing.

これは信じられないほどすばらしいサービスだと思います。今ある中で最も顧客を中心に据えたモバイル決済システムです。私たちは大変誇りに思っています。より多くの小売業が参加し、世界中に広がるのが待ちきれません。

We see it as an incredible service that is the most customer-centric mobile payment system that there is. And we’re very proud of it and can’t wait to sign up more retailers and also extend it around the world.

     *     *     *

Cook らしく率直に、しかしはっきりと語っている・・・

Read Full Post »

timcook

アップルイベントでは新製品をプレイアップするためどうしても台本どおり威勢のいい話になってしまう。

しかし決算発表における Tim Cook の発言はもっと自由だ。将来のロードマップについては硬く口を閉ざす彼も、決算発表では少しだけ口が緩むようだ。

投資家からの質問に答えるという形で、Cook 自身のことばで、たっぷりしゃべっているところが興味深い。

発言内容に忠実なことで定評のある Jason Snell のまとめから・・・

This is Tim: Apple’s CEO answers the analysts | Six Colors

     *     *     *

未来のアップル製品について(彼が漏らすワケないよね)

On future products. (You didn’t think he was going to spill the beans, did you?):

2つの新しいカテゴリー製品

未来については非常に楽観しています。この2か月以内に2つの新しいカテゴリーの製品を発表しました。Apple PayApple Watch です。もちろん他にもいろいろ開発中ですが、それについては可能な限り沈黙の帷(とばり)に閉じ込めておこうと思います。ですから何をお話していいか — 何も、いかなるヒントも差し上げるつもりはありません。私たちはいろいろなものを検討しています。幸い世界を変えようと望み、優れたアイデアを持つ多数のクリエイティブなひとたちがアップルにはたくさんいます。

I’m incredibly optimistic about the future. We’ve already announced two new categories in the last less than 60 days, with Apple Pay and Apple Watch. And obviously we’re working on other things as well. And to the degree I can keep that in the cone of silence, I’m going to do it. And so I’m not sure what to say, I’m not going to give any hints or anything. We look at a lot of different things and we’re fortunate to have a lot of creative people here that want to change the world and have a lot of great ideas.

     *     *     *

来年の製品サイクルは?

On Apple’s product cycle for 2015:

投資家の目からからアップルを見る際は、私たちがやり遂げたこと、実際に製品化したもの、発表された製品群のパワーを考慮して欲しいと思います。また目に見えるものだけでなく、アップルが持っているスキルはもっと重要です。ハードウェア、ソフトウェア、そしてサービスを世界的レベルで統合できる能力を持っているのはこの地球上で唯一アップルだけだからです。そのこと自体が多くの重要な分野におけるアップルの活躍を可能にするのです。アップルにとってのチャレンジとは、どれに対してノーといい、どれに対してイエスというかを決定することであり、いずれに対してもではなく、どれかひとつだけに注力すること、「自分たちには偉大なアイデアがあるか?」と問うことなのです。アップルには人的・物的資源が対応できる以上のアイデアが常にあるのです。

For Apple as an investor, I would hope that people would look at what we’ve done and what we’ve delivered and the power and strength of the product line that we’ve announced. And maybe more importantly than all the stuff that you see, is to look at the skills within this company. And the fact that I think it’s the only company on planet that has the ability to integrate hardware and software and services at a world-class level. And that in itself allows Apple to play in so many different areas. And so the challenge becomes one of deciding which ones to say no to, and which ones to say yes to, and one of focus, not ones of, “Do we have any great ideas?” We always have more ideas than we have resources to deal with.

そこで先週私たちが発表したものについて考えてみましょう。例えば Continuity です。想像力を使って、それがどこに行くかを考えれば・・・それを成し遂げられるのはアップルをおいて他にありません。アップルだけです。そしてこれは複数のデバイスを利用するユーザーの未来にとって非常に重要なことなのです。私たちの持つスキル、能力と、情熱を考えると、クリエイティブな能力はこれまでにないほど強力です。そのことは Apple Watch からも、Apple Pay からも明らかです。Apple Pay は、ひどく古く、時代遅れになり、その場しのぎになっているものを取り上げたアップルの典型的な例です。誰もがそれに注力しましたが顧客のことは考えていませんでした。顧客体験を中心に据え、非常にエレガントなものを創り出す・・・。これらのことを見て私はこう考えます。これらを見て、投資家としての私は素晴らしいと思うのです。

So I would look at that. I would look at what we talked about last week. Things like Continuity. And if you use imagination and think about where that goes—there’s no other company that can do this. Apple is the only one. And I think this becomes so incredibly important moving forward for customers living in an environment where they’re using multiple devices. And so I would look at skills, the capabilities, the passion of the company and the creative engine has never been stronger. And I think you can see that from the Apple Watch, you can see that from Apple Pay. Apple Pay is classic Apple, of taking something that’s incredibly old, outdated, kludgey, everybody’s focused on everything except for the customer. And putting the customer at the center of the experience and making something very elegant. And so I would look at those things. And when I look at those things, as an investor, I feel great.

     *     *     *

Cook はハードウェアとしての Apple Watch だけでなく、Apple Pay を新しいカテゴリーの製品として捉えている。新しいカテゴリーとはハードウェアとソフトウェア、そしてサービスを統合したものから生まれる製品だといっているようだ。

「Continuity」の導く先を想像力を駆使して考えれば何になるのだろうか・・・

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »