Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Thunderbolt’

keyboardsilver-copy

[12インチ MacBook Air のモックアップ画像:9to5Mac

12インチ MacBook Air のスクープに対するギークの反応がメチャおもしろい。

まずは Mark Gurman のスクープ記事の内容から・・・

Apple’s next major Mac revealed: the radically new 12-inch MacBook Air | 9to5Mac

     *     *     *

開発コード名「MacBook Stealth」の概要はつぎのようなものだ。

内部情報に基づく独占的モックアップ画像

新しいラップトップのプロトタイプを触ったことのあるアップル内の複数のソースから詳しい情報を得た。それに基づいてアーチスト[Michael Steeber]によるモックアップ画像を独占的に提供する。これは 2012 年の Retina MacBook Pro 以来のメジャーなアップデートだ。

[…] Sources within Apple, who have used internal prototype versions of the upcoming computer, have provided in-depth details about the machine, and our exclusive artist renditions of the revamped MacBook Air provide the first close look at Apple’s first major step in mobile Mac computing since the Retina MacBook Pro launch in 2012.

12インチ MacBook Air は現在の13インチモデルよりかなり小さく、11インチモデルよりやや幅が狭くなるだろう。新しい12インチモデルの幅は11インチモデルより4分の1インチ[0.635 cm]ほど狭く、高さは4分の1インチほど高くなる。大きくなったディスプレイをほぼ現行11インチモデルの大きさに収めるため、ディスプレイ周りのベゼルは小さくなっている。

The 12-inch MacBook Air will be considerably smaller than the current 13-inch version, yet also slightly narrower than the 11-inch model. The new 12-inch version is approximately a quarter-of-an-inch narrower than the 11-inch version, yet it is also a quarter-of-an-inch taller in order to accommodate the slightly larger display. In order to fit the larger screen into a footprint about the size of the current 11-inch model, the bezels on the display have been reduced on all sides.

     *     *     *

John Gruber の反応

ギークたちの反応のなかでも John Gruber が際立っている。

いつもなら直ちに「小ちゃな小鳥ちゃん」から仕入れたネタで切り返す Gruber だが、今回は不意打ちを食ったようだ。

9to5Mac Shows Mockups of Purported New 12-Inch MacBook Air | Daring Fireball

     *     *     *

すごいスクープ

もし本当なら Mark Gurman のすごいスクープだ。変更点は多々あるが、ポートが2つだけ(ヘッドホンと USB Type-C ポート)というところが特出している。外部ディスプレイにも、電源にも、周辺機器にもこの USB ポートひとつで接続する。(MagSafe、Thunderbolt、それに USB 3 を落としたのはよく分かるが、USB Type-C ポートがひとつだけというのは解せない。最低2つは必要じゃないか?)

Hell of a scoop by Mark Gurman, if true. Numerous interesting changes, most especially that the claim that it has just two ports: one for headphones and a lone USB Type-C port that would be used for everything from connecting an external display, power, and connecting peripherals. (I can totally see Apple dropping MagSafe, Thunderbolt, and USB 3 ports — but I don’t get why they would include only one USB Type-C port. Why not two?)

他に気に入った変更点:左右矢印キーを普通サイズのキーにしたこと。高さが半分サイズのキーなんて理解し難かった。

Another detail I like: the full-height keys for left and right arrow. Making those keys half-height never made sense to me.

グルマンの記事から「Retina」ということばが欠けている点が特に目立つ。

UPDATE: Conspicuously absent from Gurman’s report: the word “retina”.

     *     *     *

さらに Tom Warren[The Verge]に対する反論もおもしろい。

廉価版ラップトップの登場と考えるのは時期尚早。それに CES への目くらましなんて考えるのはとんでもないと。

From the Department of Jumping to Conclusions | Daring Fireball

その後も毎日のようにコメントしているところを見ると、よっぽど Gurman にしてやられたと思ったのだろう。

     *     *     *

MG Siegler の反応

12インチ MacBook Air を待望していた MG Siegler の反応も興味深い。

The “MacBook Stealth” | ParisLemon

Retina かどうか

もし Gurman のいうようにポートがひとつだけ(新しい USB Type-C)というのは奇妙だが、でもそれほど薄くなるというのなら、その価値はありそうだ。

If the thing really does only have one port (a new, USB Type-C), as Gurman notes, that would be odd, but if it really that thin, worth it, in my opinion.

それより「高解像度のディスプレイ」の方が気になる。それって Retina のことだと考えたい。そう思わない連中が多いようだが・・・

More important to me is the “higher-resolution display”. I assumed that meant Retina, but others aren’t so sure.

モックアップ画像もすばらしい。

Great mock-ups too.

     *     *     *

Jason Snell の反応

Jason Snell の原点回帰という視点もおもしろい。

The 12″ MacBook Air: Back to basics? | Six Colors

原点回帰

これまでの MacBook Air の軌跡を考えてみよう。2008 年に登場したときのデザインはクレージーそのものだった。正気とは思えないほど薄くかつ軽くするために、これまでラップトップの標準的機能と考えられてきた数々のものを投げ棄てたのだ。自分がオリジナル MacBook Air のレビューを書いたとき、「妥協」ということばを10回も使ったほどだ。

Meanwhile, consider the trajectory of the MacBook Air. When it was released in 2008, it was a crazy design. It threw away a huge number of what we considered to be standard laptop features in order to be insanely thin and light. In my review of the original Air for Macworld, I used the word “compromise” ten times.

光学ドライブなし。どのマックと比べても信じられないほど遅いプロセッサ。たった 80GB のハードディスク。(SSD なら 999 ドル余分に出してもたったの 64GB ぽっち!) USB ポートはひとつだけ。かてて加えて最低価格が 1799 ドルもする。

No optical drive. An incredibly slow processor, compared to all other Macs. A teeny-tiny 80GB hard drive (or an even tinier 64GB SSD for $999 more!). A single USB port. And, to top it all off, a price that started at $1799.

もし Gurman の記事が正しければ、この新しいモデルは MacBook Air ラインを MacBook Pro ラインから引き離すものだ。事実これは MacBook Air をそのルーツに戻すものだ。従来のコンピュータデザインの枠を踏み外しているため最初はクレージーに思えても、形式上必要とされるスペックなんかどうでもいいターゲットユーザーにはアピールするに違いない、そんな選択肢に溢れた製品としてのルーツに戻すのだ。

If Gurman’s reports are accurate, this new model pulls the MacBook Air line away from the MacBook Pro. In fact, it returns the MacBook Air to its roots—as a product full of choices that we consider crazy at first, because they’re out of step with conventional computer design, but that will appeal to a target audience that doesn’t actually care about those de rigueur features.

いいかえれば、そんなラップトップをアップルは出したりするだろうか? 専用の電源ケーブルも持たず、従来のたくさんのポートを捨て去り、未だかつて使用したことのないコネクターで電源や接続を行なう、そんなラップトップを薄くて軽いものを作るというためだけに出したりするだろうか? アップルならきっとそうするに違いない。

In other words, would Apple release a laptop with no dedicated power cable, ditch a bunch of traditional ports, and funnel every bit of power and wired connectivity through a connector that it has never before used, all in the name of creating a thinner and lighter laptop? Are you kidding? Of course it would.

     *     *     *

Gurman のスクープがギークたちをひどく刺激したことは間違いない・・・

広告

Read Full Post »


[Mac Pro や iMac はどうなる?]

Retina MacBook Pro もさりながら、WWDC で発表されなかったマシンが気に懸かる。

いつものように Marco Arment が大胆な予想をしている。「Mac のデスクトップマシンはどうなるのか。」

Marco.org: “Predicting the next Mac desktops” by Marco Arment: 22 June 2012

     *     *     *

手つかずの Mac Pro と iMac

新しい Mac の予想にはインテルのロードマップが重要なヒントになる。しかし WWDC でアップルのラップトップラインアップが完全に一新されたのに、Mac Pro と iMac は手つかずのままだ。インテルの一連の新しいプロセッサが使えるというのに・・・

Intel’s roadmap is generally a very strong predictor of when new corresponding Macs will be released. But after the complete update of Apple’s laptop lineup at WWDC, the Mac Pro and iMac were untouched, despite suitable new Intel CPU families being available for both.

     *     *     *

次なるデスクトップ

そして Tim Cook が「来年後半」に新しい Mac Pro が出ることを認め、アップル広報も今年後半には新 iMac が出ることを強くにおわせている。

Then an email from Tim Cook confirmed that new Mac Pros are coming “later next year”, and Apple PR strongly implied that new iMacs were coming later this year.

     *     *     *

なぜラップトップだけだったのか

どうしてアップルは MacBook Air、MacBook Pro、Retina MacBook Pro を発表しただけで、iMac や Mac Pro は発表しなかったのだろうか。また iMac は今年アップデートされるのに、Mac Pro は1年後ないし1年半後までアップデートされないのはなぜだろうか?

Why did Apple just release new MacBook Airs, MacBook Pros, and a Retina MacBook Pro, but no new iMacs or Mac Pros? And why are the iMacs probably being updated this year while the Mac Pro update won’t happen for 12–18 months?

     *     *     *

Retina しかない

いつものように想像をめぐらせてみよう。

As usual, I have some guesses.

私の基本的考え方はこうだ。アップルが未来は Retina ディスプレイしかないと信じていること、それぞれのマシンファミリーが Retina を搭載できるようになるまではアップグレードを行なわないだろうということ。

My core theory: Apple believes that Retina displays are the only way to go from this point forward, and they’re waiting to update each family until it can be Retina-equipped.

     *     *     *

Retina でないラップトップ

となるとすぐ湧く疑問。 MacBook Air と Pro はなぜ Retina ディスプレイを伴わないアップデートだったのか。私が思いつく理由はこうだ。

Now, an obvious question: why were the MacBook Airs and Pros just updated without Retina displays? My best guesses:

・今やアップルが売るコンピュータの大部分はラップトップで、夏は新学期を控えたもっとも儲かる時期なので、新鮮味のなくなったハードのままで座して待つワケにはいかなかった

– The vast majority of computers Apple sells today are laptops, and summer is a very lucrative, competitive back-to-school buying season that they couldn’t afford to sit out with stale hardware.

・Air および13インチ Pro はどちらも廉価なモデルなので値上げをしないと Retina 化できない。かかる主要モデルの値上げはアップルはやらない

– The Airs and 13” Pro are too inexpensive and can’t yet support Retina displays without raising prices, which Apple won’t do for such important products.

・ラップトップの売れ行きがよすぎて、ハイエンドの単一モデルでしか Mac サイズの Retina スクリーンは大量確保できない

– The laptops sell too well, and Mac-sized Retina screens simply aren’t available yet in high enough volume to be used in anything but a single, high-end model.

     *     *     *

iMac 発表は10月ないしは11月

一方 iMac はハイマージンだが売れる数量がずっと少ない。ライバルからのプレシャーがあまりないので積極的にアップデートしようとしない。などなどから Retina iMac の発売までなお数か月かかってもおかしくない。また iMac が家族共用マシンとして購入されることが多いので、クリスマスシーズン向けの商品として最適だ。

But the iMac has higher margins, sells in far lower quantities, and is under less competitive pressure to keep an aggressive update schedule. It’s plausible that Apple can start selling Retina iMacs in a few more months. And since the iMac is often bought for shared family use, it’s a great product to release right before the holiday shopping season.

だから、Ivy Bridge CPU および Retina ディスプレイ搭載の新 iMac は10月ないしは11月に登場すると予想する。

I’m guessing, therefore, that we’ll see new iMacs with Ivy Bridge CPUs, and probably with Retina displays, in October or early November.

     *     *     *

Mac Pro はまったく別のマシン

しかし Mac Pro はまったく別のマシンだ。ディスプレイは別売りだし、プロのユーザーはアップルが望む値段を払う。メインストリームユーザーを対象としないのでいつでもアップルが望むときにアップグレードできる。それならなぜ Xeon E5 のような最適の CPU がある今ではなく「来年後半」まで延期されるのか?

But the Mac Pro is very different. It’s sold separately from its display, its customers will pay whatever Apple wants to charge for it, and it can be updated whenever Apple feels like it because it’s not targeted at mainstream consumers. So why is it delayed until “later next year” despite perfectly good Xeon E5 CPUs being available today?

     *     *     *

どのプロセッサ

興味深いことに、多分これは将来 Xeon E5 を完全にスキップして Haswell Xeon を使うためではないのか。しかし発表が今年か来年かという単位ではなく何月になるかという状態だと敢えて予想したい追記:読者から次のような指摘があった。Xeon は通常一世代限りの CPU が主流で、E5 シリーズは Sandy Bridge ベースなので、来年の Xeon は Ivy Bridge ベースとなり、Haswell Xeon は 2013 年には登場しないと。

Interestingly, that’s probably far enough in the future to skip the Xeon E5 entirely and use Haswell Xeons. But I bet that just decides which month they get released in, not which year. UPDATE: Responders have pointed out that the Xeons usually trail the mainstream CPUs by one process generation, and since the E5 series is Sandy Bridge-based, next year’s Xeons are likely to be Ivy Bridge-based, with Haswell Xeons probably not appearing in 2013.

     *     *     *

Mac Pro のアップデート

私は次のように予想したい。Mac Pro は「来年後半」までアップデートがなく、それまでスタンドアローンの Retina ディスプレイ(多分27インチ)も出ない。その両方を同時に出すことでプロマーケットの話題と利益を攫うことをアップルは望むだろうと。

I bet the Mac Pro update is being held up until “later next year” because a standalone (27-inch?) Retina Display can’t be released until then, and Apple wants to release them simultaneously to capture a lot of buzz and profit in the pro market.

     *     *     *

スタンドアローンの Retina ディスプレイが遅れる理由

スタンドアローンの Retina ディスプレイはなぜそれまで出ないのか? 私の理屈は基本的な考え方の線に一致する。

Why a standalone Retina Display can’t be released until then is also worth asking. My guesses help solidify the theory:

・大型 Retina パネルは当分の間需要に追いつけず、また iMac の方をまず先にしたいとアップルは考えるだろう。同一サイズのパネルを使用する27インチ Cinema Display と27インチ iMac についても同様の遅れが生じるだろう

– Large Retina panels will be in short supply for a while, and Apple needs them for the iMac first. They had a similar delay, probably for the same reason, between the release of the 27” iMac and the 27” Cinema Display using the same panel.

・もしも27インチ Retina が現行パネル(5120×2880)の倍バージョンになるなら、60 Hz で動かすためには現在の Thunderbolt が提供するもの(最大 10 Gbps 2チャンネル)より大きな処理能力(24-bit カラーで 21 Gbps 以上)を必要とするだろう

– If a 27” Retina Display is a “2X” version of the current panel, that’s a 5120×2880 panel — running that at 60 Hz requires more bandwidth (over 21 Gbps for 24-bit color) than Thunderbolt offers today (up to two 10 Gbps channels).

     *     *     *

2013 年後半というタイミング

Thunderbolt のスピードのアプグレードは「2013 年後半」になると思われるが、これは他ともうまくタイミングが合う。

Thunderbolt is probably going to get its first speed upgrade “in late 2013”. That’s pretty convenient timing.

     *     *     *

したがって Mac Pro は

ということで、新 Mac Pro は 2013年後半に、Haswell Ivy Bridge Xeon プロセッサ、高速 Thunderbolt を搭載して、スタンドアローン Retina ディスプレイと同時に出るだろう。

So I’m guessing we’ll see a new Mac Pro in late 2013 with Haswell Ivy Bridge Xeons, faster Thunderbolt, and available standalone Retina Displays.

     *     *     *

iMac の新情報(追記)

追記2:複数のソースから、確かに今秋 iMac のアップデートが行なわれるけれど Retina ディスプレイではないという情報が入ってきた。おやおや、両方ともうまくいくというわけではなさそうだ。

UPDATE 2: I’ve now heard from multiple sources that while an iMac update is indeed coming this fall, it will not have Retina displays. Oops. Can’t win ‘em all.

     *     *     *

デベロッパの第一線に立つ身でありながら、臆せずこんな大胆な予想をする Marco Arment が好きだ・・・

[via parislemon

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Mac Pro:photo

Mac Pro についての議論が喧(かまびす)しい。製造中止になるかもしれないというのだ。

Mac Pro の将来については、Robert Cringely の物議をかもした議論がおもしろかった。

みんなとは異なった視点から Marco Arment が興味深い考察をしている。

Marco.org: “Scaling down the Mac Pro” by Marco Arment: 02 November 2011

     *     *     *

Mac Pro のどこを変えればいいか?

Mac Pro は野獣だ。

The Mac Pro is a beast.

Mac Pro はとても筐体がでかい。2003 年以来(2006 年に大幅な内部のデザイン変更はあったものの)外観は変わっていない。オプションを全部装着すると 50 ポンド[23 キロ弱]近くにもなる。インテルの Xeon CPU が世代交代するときにアップデートされるだけだ。だから 18 か月毎ということになる。このため時としてひどく時代遅れに見える結果となる。例えば現行の Mac Pro は未だ Thunderbolt を搭載していない。Thunderbolt ポートが導入されて9か月も経つというのに。ベース価格 2499 ドルでは 15 インチ MacBook Pro よりスピードが遅く、RAM はたった 3GB、ハードドライブは 1TB しかない。

The case is huge. It hasn’t seen an external redesign since 2003 or a major internal redesign since 2006. It’s nearly 50 pounds loaded. It’s only updated whenever there’s a new generation of Xeon CPUs from Intel, which only happens about every 18 months. This can sometimes make it seem painfully out of date: for instance, today’s Mac Pro still doesn’t have Thunderbolt, 9 months after the port’s introduction, and the base $2499 configuration, which is slower than every 15” MacBook Pro today, ships with only 3 GB of RAM and a 1 TB hard drive.

それにとても高価だ。インテルが Xeon の価格を引き上げ、アップルが当初よりマージンを増やしたことから、Mac Pro は割の合わない機種となった。使い物になるコンフィギュレーションだと通常 3500 ドル以上(だいたい 5000 ドル前後)もする。それもモニターは別だし、サードパーティ製の RAM やハードドライブを気にしなければの話だ。

And it’s very expensive. As Intel has raised Xeon prices and Apple has widened their margins since the line’s introduction in 2006, Mac Pros have become worse deals. A worthwhile configuration usually costs over $3500, often even $5000, and that’s assuming you already have a monitor and you don’t mind buying third-party RAM and hard drives.

Mac Pro が売れる数は多くはない。今売られているマックの 26% がデスクトップだが、それも iMac や Mac Min を含む数字だ。これまでアップルは製品ライン毎の数字を出したことはないと思うが、Mac Pro の販売台数はマック全体の 5% 以下だと思う。それを考えればいずれ Mac Pro が製造中止になってもおかしくはない。

Apple doesn’t sell a lot of Mac Pros. Only 26% of Macs sold today are desktops, and that includes the very popular iMac and the Mac Mini. I don’t think Apple ever breaks out the numbers by product line, but I’d guess that fewer than 5% of Macs sold are Mac Pros. So it’s not very surprising that the Mac Pro may be discontinued soon.

Mac Pro をもっと魅力的にするにはどこを変えればいいだろうか

What could Apple change about the Mac Pro to make it attract more buyers?

     *     *     *

縮小できるか?

Smaller?

あまり効果はないだろう。

Probably not significantly.

筐体の上段(上三分の一)は光学式ドライブベイと電源だ。光学式ドライブベイをひとつに絞るか、あるいはラップトップの薄いドライブにする(あるいは完全になくする)ことも可能だ。しかし巨大な電源はどこかに収納しなければならない。電源を大幅に縮小することはできない。アップルはどの Mac Pro でも同じ電源を用いるが、最高速の CPU やすべての RAM、ディスク、拡張スロットを最高のオプションで全部充たしたときでも対応できなければならないからだ。

The top third is optical drive bays and the power supply. They can drop down to just one optical bay, and could even use a slim laptop drive (or omit optical drives entirely), but the huge power supply still needs to go somewhere. The power supply can’t be meaningfully downsized: since Apple uses the same power supply in every Mac Pro, it needs enough capacity to power the fastest CPUs with all RAM, disk, and expansion slots filled with the highest-draw options.

ハードドライブは非常に効率的に配置されている。筐体には 3.5 インチハードドライブをさらに4基収納しなければならないため倹約できるスペースはあまりない。光学式ドライブベイを省略することにすれば、そのスペースにハードドライブが収納できる。しかしそれでは全体的にみて大幅な縮小にはつながらない。

The hard drives are arranged very efficiently. There’s not a lot of savings to be had if the case still needs to hold four 3.5” hard drives. If they got rid of the optical bays, they could put the hard drives in their space, but it wouldn’t be a big reduction overall.

筐体の中段は、主として最も大きい PCI-Express カードを挿入できるように開けておかなければならない。

The midsection must be left mostly open so full-length PCI-Express cards can fit.

下段には巨大な Xeon のヒートシンクと RAM スロット8基(デューアル CPU モデルの場合)を収納する必要がある。

The bottom third needs to hold the huge Xeon heatsinks and the 8 RAM slots (in dual-CPU models).

もし筐体を少しでも薄くすれば、ファンも小さくしなければならず、そうなればファンの回転数もノイズも大きくなる。

If the case is made any narrower, the fans need to be made smaller as well, which would require them to spin faster and produce more noise.

したがって、それなりに縮小しようとすると、実際に Mac Pro を買い求めるユーザーが望む重要な点を省略せねばならず、その分 Mac Pro はより望ましくないものになる。

So any meaningful size reduction will make the Mac Pro less desirable to a significant portion of people who actually do buy it.

     *     *     *

安くすればいいか?

Cheaper?

Mac Pro がハイエンドの Xeon ワークステーションであることを考えると、実際のところ同様な構成の PC モデルに対しては十分な価格競争力があると考えられる。

Given what the Mac Pro is — a high-end Xeon workstation — it’s actually priced competitively with PC equivalents most of the time.

試しにデルのサイトにいって、デューアル 2.66 GHz Mac Pro(AppleCare 付) に近い能力を持ったワークステーションをカスタマイズしてみた。

I just went to Dell’s website and configured a workstation as close as I could get to the dual-2.66 GHz Mac Pro with AppleCare:

・Mac Pro:5,248 ドル
・デル:4,814ドル

– Mac Pro: $5,248
– Dell: $4,814

このクラスになると、比較はほとんど参考的なものに過ぎず(完全に同じようなカスタマイズは不可能)、その違いは無視しうる。Mac Pro の価格が高い点が問題なのではない。カネを払って得られるタワー PC の拡張スペックより、ほとんどの場合 Mac Pro のスペックの方がはるかに高いのだ。

At this level, and considering that the comparison is only approximate (since it’s impossible to configure exactly matching systems), that difference is negligible. The problem isn’t that Apple’s overcharging for the Mac Pro. The Mac Pro’s specs are just far above what most people want to pay for an expandable tower PC.

相当に価格を引き下げる唯一の方法は、ここでもまたユーザーの多くがが求めるものを省略することだ。

The only way to significantly reduce its cost is, again, to remove the reasons why many of its customers buy it:

     *     *     *

コンシューマレベルの CPU に格下げするか?

Consumer-class CPUs?

アップルとしてはインテルの Xeon CPU をやめてインテルの主流のデスクトップ CPU、例えばクワッドコア 3.4 GHz Core i7-2600K を使うことも出来る。すでに iMac ではそうしている。しかし求めるものが Mac Pro ということなら、ユーザーは iMac より大きな内部拡張性を求めるのではないだろうか。

Apple could make a smaller, much cheaper desktop Mac by abandoning the Xeon CPUs and just using Intel’s mainstream desktop CPUs, such as the quad-core 3.4 GHz Core i7-2600K. They already offer this with the iMac. But if you’re reading about the Mac Pro, you probably want more internal expansion than the iMac will accomodate.

デスクトップクラスの CPU に格下げすることは Mac Pro ユーザーにとって2つの大きなマイナスがある。

Going to desktop-class CPUs has two big downsides for Mac Pro buyers:

・デューアルソケットを備えたモデルがない。ということは使える CPU パワーの半分と、RAM スロットの半分(したがって RAM の能力の半分)しか使えないということだ。

・No dual-socket models. That means only half of the available CPU power at the high end, and only half of the RAM slots (and therefore, only half of the RAM capacity).

・ECC 機能のない RAM であること。ということはカーネルパニックやアプリケーションクラッシュが時折起きる可能性が増えるということだ。それにスロット当たりの RAM の能力限界は低くなるのが普通。

・No ECC RAM, which means that occasional kernel panics and application crashes are slightly more likely, and per-slot RAM capacity limits will usually be lower.

したがって Mac Pro ユーザーの多くは、最大の CPU パワーを求めるか、それとも最大の RAM 能力を求めるかのどちらかしかない。多くのユーザーにとって、このトレードオフは受け入れ難い。

Since so many Mac Pro buyers choose it specifically to have the most CPU power or the highest RAM capacities available, this might not be an acceptable tradeoff to many of them.

参考のためにいうと、今日のデスクトップクラスのマザーボードはほとんどどれも 16–24 GB RAM およびハイエンド 3.4 GHz Core i7 CPU(iMac ではすでに入手可)が限界で、64-bit GeekBench のスコアは 12,575 点だ。発表されて1年以上たつ Mac Pro は手ごろな価格でこれに対抗でき、ハイエンドのデューアル 2.93 GHz Xeon では GeekBench スコアは 24,159 点だ。多分数か月のうちにより高速な CPU にアップデートされることになると思う。

As a point of comparison, almost all desktop-class motherboards today are limited to 16–24 GB of RAM, and the top-end 3.4 GHz Core i7 CPU (available already in the iMac) gets a 64-bit GeekBench score of 12,575. The Mac Pro released more than a year ago maxes out fairly affordably at 48–96 GB, and the top-end dual-2.93 GHz Xeons score a 24,159 in Geekbench. And it’s probably going to be updated to even faster CPUs in a few months.

もし 16 GB RAM というシーリングおよび Geekbench の 12,000 点で足りるということであれば、そのようなニーズはすでに iMac や MacBook Pro で十分充たされていることになる。Mac Mini ですら現在でも 10,000 をやや少し下回る点数をたたき出す。

If a 16 GB RAM ceiling and about 12,000 Geekbench points are enough for someone, Apple probably already serves their needs with an iMac or MacBook Pro. Even the Mac Mini maxes out at 16 GB and just under a score of 10,000 today.

もしユーザーがそれ以上のパワーないしは RAM 能力を必要とするのであれば、それを満たすのは Xeon プラットフォームしかない。

And if they need more power or RAM capacity, only the Xeon platform can deliver it.

     *     *     *

拡張性を犠牲にするか?

Less expansion?

Thunderbolt とは要すればケーブルに接続された PCI-Express のことだ。ドライブが内蔵されたものなら十分高速に走らせることができる。一部の外付け GPU にとっても十分高速だ。Mac Pro の PCI-Express スロットの役目の多くは Thunderbolt 周辺機器で置き換えることが可能だ。

Thunderbolt is, essentially, PCI-Express over a cable. It’s fast enough for hard-drive enclosures that let their drives run as fast as if they were internal. It’s even fast enough for some external GPUs. Many roles of the Mac Pro’s PCI-Express slots could be replaced with Thunderbolt peripherals.

4つのハードドライブベイすべてを利用している Mac Pro ユーザーがどのくらいいるのか知らない。しかし、個別のハードドライブの容量が増え、SSD が高速になれば、間違いなくその数は減ると思う。

I wonder how many Mac Pro owners use all four hard-drive bays. I bet the number has decreased over time as individual hard drives have grown so large and SSDs have become so fast.

もしカードスロットや内部ドライブベイがこれまでほど必要でなくなれば、Mac Mini や iMac、場合によっては MacBook Pro で Mac Pro ユーザーの必要性は十分安価に充たされることになるだろう。

If card slots and internal drive bays aren’t as necessary as they used to be for a Mac Pro customer, it’s much more likely that a Mac Mini, iMac, or even a MacBook Pro might solve their needs sufficiently for less money.

しかしながら、どうしてもカードスロットや 3.5 インチの内蔵ドライブベイが必要なユーザー、あるいは複数のモニターを動かさなければならない例外的ケースの場合は、Mac Pro に代わり得るマックはない。そういうユーザーは結局 Mac Pro を買い続けることとなる。拡張性を犠牲にする案ではどれも窮することとなるからだ。

But for the buyers who do need card slots, internal 3.5” drive bays, or some edge-case Mac Pro capabilities such as the ability to drive lots of monitors, no other Mac can fill the Mac Pro’s role. They’re the ones still buying them, after all — any reduction in expansion potential would leave them stranded.

     *     *     *

時が経てば・・・

A matter of time

Mac Pro が存在している理由をほぼ否定しない限り、Mac Pro に重要な変更を加えることは不可能だ

It’s impossible to significantly change the Mac Pro without removing most of its need to exist.

しかしまた同時に、とくに最近の Thunderbolt の開発状況を見れば、Mac Pro の必要性とは逆の方向へアップルが移行しつつあることは明らかだ。

But I think it’s clear, especially looking at Thunderbolt’s development recently, that Apple is in the middle of a transition away from needing the Mac Pro.

時が経つにつれて Mac Pro を選択するユーザーは少なくなるだろう。その数がアップルが考えるより少なくなれば、Mac Pro ラインは製造中止になるだろう。

Fewer customers will choose Mac Pros as time goes on. Once that level drops below Apple’s threshold for viability or needing to care, the line will be discontinued.

その時期は2年後に来ると賭けたい。その間 2012 年には、Thunderbolt および Sandy Bridge をベースとする Xeon E5 CPU モデルを出し、Mac Pro がそのライフサイクルを十分全うして、販売戦線から姿を消しても大丈夫な状況になると思われるからだ。

I bet that time will be about two years from now: enough time for Apple to release one more generation with Thunderbolt and the new Sandy Bridge-based Xeon E5 CPUs in early 2012, giving the Mac Pro a full lifecycle to become even more irrelevant before they’re quietly removed from sale.

限られたパワーユーザーは文句をいうかもしれないが、ほとんどのユーザーにとってはどうでもよくなる。その頃までには、かつての Mac Pro ユーザーはとっくに他へ乗り換えているだろうから・・・

A few power users will complain, but most won’t care: by that time, most former Mac Pro customers will have already switched away.

     *     *     *

Robert Cringely とは違った意味でなかなか説得力があるように思えるが如何が?

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[これが Semi Pro なら・・・:image

「MACお宝鑑定団」発のウワサが世界的に話題になっている

その中で Robert Cringely の反応が注目を引いた。

I, Cringely: “Is the Mac Pro dead?” by Robert X. Cringely: 23 August 2011

     *     *     *

Mac Pro ラインは死んだ

日本発のウワサが昨日浮上した。アップルが今年末までにガラリと変わった新しい Macintosh コンピュータを出すというのだ。そうだ、新種の Mac、まったくタイプの異なる Mac だ。このホントかどうか分からないウワサを1ダースをこえるサイトが取り上げた。アップルの話題ならホットだし、ひょっとしたらホントかもしれないというわけ。同じ思いで私の想像するところをいえば、アップルの Macintosh Pro ラインアップは死んだと考えるべきだと思う。

A rumor surfaced yesterday in Japan that Apple would by the end of the year introduce a radical new kind of Macintosh computer. That was it — new Mac, radical — yet dozens of sites ran with this non-information simply because Apple is a hot company and, who knows, it might be correct. In that same spirit, then, here’s my guess about what might be correct: I think Apple’s Macintosh Pro line of computers is dead.

     *     *     *

Mac Pro のアップグレードはない

Mac Pro はアップルのビッグボックス PC だ。昨年夏以来更新されていない。新 Mac Mini と一緒に今月新しいモデルが出るはずだったが、どういうわけか新 Mac Pro の発表はなかった。アップルからは何も話がないというか、そもそもアップルは何もいわないので、私のような予想屋が勝手に本当かどうか分からない話(この話も含めて)を書くわけ。一方 Mac 評論家たちは新 Mac Pro の登場を待ちかねているようだ。しかし決してそれは登場しないだろう。その代わりアップルは高性能コンピュータへのアプローチをまったく変えてしまうだろう。ひょっとしたら日本のライターが取り上げようとしたのはそういうことだったのかもしれない。

Mac Pro’s are Apple’s big box PCs. They haven’t been refreshed since last summer and new models were expected this month with the new Minis, but for some reason the new Mac Pro’s failed to appear. Apple said nothing because, well, because Apple never says anything, instead relying on dopes like me to write non-stories like this one. But while the Mac pundits are generally still waiting for new Mac Pro’s to appear, I don’t think they are coming at all and will be replaced with a whole new approach toward high performance computing from Apple. Maybe this is what the Japanese writers are picking up on.

     *     *     *

シンプルな製品ラインアップ

Mac Pro はアップル最強のコンピュータだ。もっとも新 Mac Mini I7 サーバーはかなりそれに近いが。そのことから次のように予測するわけだ。アップルはシンプルな製品ラインアップを好む。だから昨年 xServe ラインを廃止したように Mac Pro もやめてしまえばラインアップは確かにシンプルになる。

Mac Pro’s were Apple’s most powerful computers, though the new Mac Mini I7 servers get pretty darned close, and that’s part of my point in making this prediction. Apple likes a simple product line and eliminating the Mac Pro’s, just as Apple last year dropped its xServe line, would certainly simplify things.

     *     *     *

ストレージはクラウドへ

Mac Pro はいろんな点で恐竜に似ている。よく考えられた空気ダクトを備えた大きくて美しいアルミの筐体は8年を経た代物だ。たいていの PC と比べてもデカイ。未だに存在し続けるのは、ユーザーがドライブを追加し、ハイエンドゲームのためサードパーティ製グラフィックスカードを搭載するためだ。しかしアップルはストレージに関するアプローチをまったく変えようとしている。可能な限りノースカロライナの巨大データセンターに移行しようと考えているのだ。アップルは純正でないカード(いやカードそのもの)をアップル製マシンに搭載するのを嫌う。そこへ新しく毎秒10GB、デュアルチャンネルの Thunderbolt ポートの登場だ。それをどう取り入れるのか?

Mac Pro’s are dinosaurs in many respects. That big beautiful aluminum case with its clever air ducting is eight years old and enormous compared to most PCs. It exists primarily to allow users to pack their Macs with extra drives and third-party graphics cards for high-end gaming. But Apple is changing its whole approach to storage, presumably moving as much of it as possible to that big North Carolina data center. Apple hates foreign cards (or indeed cards at all) installed in its machines. And then there’s those new 10 gigabit-per-second dual-channel Thunderbolt ports; where do they come in?

     *     *     *

モジュラーなアーキテクチャ

アップルはモジュラーなアーキテクチャに移行すると私は考える。高性能コンピュータの基本単位は Mac Mini になる。新 Mac Mini ないしは Thunderbolt iMac がスタートだ。ストレージと処理能力は Thunderbolt でつながれた Mini を最大5台まで積み上げることによって解決する。最大システムは 24 コアの I7 プロセッサが6個、24 GB の DDR RAM(最大 96 GB!)、ストレージは最大 6 TB だ。Mac Pro を同じようにド派手に拡張したものに比べても、このシステムなら半値の 6000ドルだ。

I expect Apple to move to a modular architecture where the building blocks for high performance computers are generally Mac Minis. Start with a new Mini or with a Thunderbolt iMac and expand both storage and processing by adding a stack of up to five more Thunderbolt-connected Minis. A maxed-out system would have six I7 processors with 24 cores, 24 gigabytes of DDR RAM (expandable to 96 GB!) and at least six terabytes of storage. And at $6000, it would be half the price of an equivalently tricked-out Mac Pro.

     *     *     *

GPU は?

それじゃ、GPU[Graphics Processing Unit:グラフィックス・プロセッシング・ユニット]はどうする? プロのゲーマーが Mac Mini ラインのいささか非力なインテル製統合グラフィックスで満足するだろうか? そこでディスプレイの登場となる。

Yeah, but what about the Graphics Processing Units (GPUs)? What real gamer wants to be limited to the somewhat lame integrated Intel graphics found in the Mac Mini line? That’s where the displays come in.

     *     *     *

次期 Thunderbolt ディスプレイ

アップルの Cinema Display はいまだ魅力的だが、プライスパフォーマンス的には割高だ。パフォーマンスに比べて価格が高すぎるのだ。しかしアップルが PC メーカーであるためにはディスプレイが必要だ。価格競争に太刀打ちできるものを出すか、それともまったく新種のものが必要だ。それが次期 Thunderbolt ディスプレイだと思う。

Apple’s Cinema Displays, while still lovely, have fallen way down the price-performance curve. They are too darned expensive for what you get. But Apple can hardly be a PC company without displays. They need to either (shudder) start to compete on price or more likely find us a new flavor of Kool-Aid, which I think we’ll see in upcoming Apple Thunderbolt displays.

     *     *     *

Light Peak ディスプレイ

目下マーケットにはたった2種類の Light Peak ディスプレイしかない。Light Peak ということばを使ったのは、Thunderbolt はアップルの外の世界ではそう呼ばれるからだ。ひとつはアップル製でもうひとつはソニー製。それぞれ異なるコネクタを使う。ソニーのディスプレイがアップルにヒントを与えたのだと思う。ソニー製は統合 GPU を搭載している。アップルの新しい Thunderbolt ディスプレイも GPU を搭載するかもしれない。まだ誰も知らないようだが・・・

There are only two Light Peak displays on the market right now. I use the term Light Peak, which is what Thunderbolt is called in the non-Apple world, because while one display comes from Apple the other is from Sony and uses a different connector. I think that Sony display gives us a hint to Apple’s plan, because the Sony screen features an integrated GPU. The new Apple Thunderbolt display may include a GPU, too, but nobody seems to know.

     *     *     *

GPU 内蔵ディスプレイ

ディスプレイに GPU 搭載するもっともな理由がある。膨大な計算もつまるところディスプレイを駆動するために必要なのだ。GPU をスクリーンに内蔵すれば、ビデオメモリーとディスプレイピクセルの間を最大情報量で処理できる。GPU をスクリーンにうまく内蔵できれば、高性能ディスプレイの製造コストが安くなる可能性もある。正しいかどうか分からないが、いずれアップルからそんな発表を聞くのは間違いないと思う。

There are good reasons to put the GPU in the display. All those zillions of calculations, after all, are being performed specifically to drive the display. And putting the the GPU inside the screen allows the highest possible bandwidth connection between video memory and display pixels. In some ways putting the GPU in the screen may actually make the screen cheaper to build at such a high performance level. Whether that is true or not, I am sure it is what Apple will tell us.

アップルが 27 インチや 30 インチ Retina ディスプレイを発表する段になったら、統合 GPU が搭載されていることを賭けてもいい。

When Apple announces a 27-inch or 30-inch Retina Display, you can bet it will have an integrated GPU.

     *     *     *

ボーイング 737

ドッカーン!アップルは 3000 ドルディスプレイの販売ビジネスに復帰する。ハリウッドも、ニューヨークもサンフランシスコもみな買い求める。Mac Mini は高性能コンピュータのボーイング 737 になる。その時点になれば、サードパーティの Thunderbolt アクセサリーのマーケットも大きく動き出すだろう。

POW! Apple will be back in the business of selling $3000 displays and Hollywood, New York, and San Francisco will be back in the business of buying them. Mac Minis will become the Boeing 737 of performance computers. And Apple can at that point probably drive enough connections on its own to create a vibrant market for third-party Thunderbolt accessories.

     *     *     *

当たるも八卦

私は間違っているかもしれない。

Or I’m wrong.

日本人なら知っているかもしれない。

Maybe the Japanese will know.

     *     *     *

この線に沿った日本発ウワサの続きが出ればオモシロいのに・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


さっそく分解された13 インチ MacBook Air

最新アップル製品の分解はいまや iFixit の独壇場だ。バラシの早さ、見やすい写真、分解の手順、必要工具など、iFixit の右に出るものはいない。

発売されたばかりの 13 インチ MacBook Air を iFixit がさっそく分解している。

iFixit: “MacBook Air 13″ Mid 2011 Teardown“: 21 July 2011

iFixit の分解に基づいて Ars Technica が解説を加えた。

Ars Technica: “Sandy Bridge’s GPU makes room for Thunderbolt in new MacBook Air” by Chris Foresman: 22 July 2010

     *     *     *

変更された点は

アップル最新の MacBook Air がはやくも iFixit のラボで12のパーツに分解された。内部も外部も、昨年10月に出た一世代前のモデルとほぼ変わらない。変更されたのはバックライトキーボード、Bluetooth 4.0、Thunderbolt をサポートするため変更だけだ。

Apple’s latest MacBook Air has already made its way to iFixit’s labs, and it’s currently in 12 pieces. Though its insides and outsides are barely different from the last-generation Air released last October, a couple internal changes were necessary to add support for the backlit keyboard, Bluetooth 4.0, and Thunderbolt.

     *     *     *


ユニボディ Air

ペンタローブの特殊ネジ

iFixit の説明では、MacBook Air の外部から分かる唯一の変化は高速インターフェイスの Thunderbolt ポートだけだ。カーブしたアルミユニボディ底部に同じ10本のペンタローブ[pentalobe:五角形の花形]特殊ネジで固定されている。だからペンタローブドライバーを使えば前モデル同様簡単に内部にアクセスできる。

iFixit noted that the only identifiable change in the exterior is the “lightning bolt” that denotes the new MacBook Air’s Thunderbolt port. The same ten pentalobe screws hold the bottom plate on the carved aluminum unibody, so with the right screwdriver it’s as easy to access the internals as the previous models.

     *     *     *

直付けの RAM、直付けでない SSD

内部もほぼ同じで変わらない。新しい Air は昨年のモデルと同じく小型のブレードタイプ SSD を使用している。だからその気になればユーザーがアップグレードすることも可能だ。RAM はマザーボードに直付けのままだ。スピーカエンクロージャ、バッテリー、クーリング、ロジックボードの大部分も前のモデルと同じだ。

Inside, things are largely the same as well. The new Airs use the same small, blade-type SSDs as last year’s model, so it’s possible to upgrade on your own if you like. And RAM remains soldered directly to the motherboard. Speaker enclosures, battery, cooling, and the overall logic board are also the same.

     *     *     *

ワイヤレスチップは Broadcom

しかし変更された部分もいくつかある。新しいワイヤレスモジュールには Bluetooth Low Energy (BLE) をサポートするシングルチップ Bluetooth 4.0 プロセッサ「Broadcom BCM20702」が採用されている。iFixit によれば、Bluetooth の新標準によってセキュリティが増し、待ち時間もほとんどなく、電力消費も少ないという。

However, there are a few changes. An updated wireless module includes a Broadcom BCM20702 Single-Chip Bluetooth 4.0 Processor with Bluetooth Low Energy (BLE) support. According to iFixit, the newer Bluetooth standard offers improved security, very low latency, and less power consumption.

     *     *     *


13 インチ MacBook Air のロジックボード。赤が Intel Core i5 プロセッサ、オレンジが Intel PCH]

NVIDIA の統合コントローラは不要に

グラフィックスはインテルのオンダイ HD 3000 IGP で処理されるようになったので、統合グラフィックス対応の NVIDIA 320M コントローラは不要になった。それに代えてインテルのプラットフォームコントローラ「E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K」が使われている。同部品に関する情報はインテルのサイトで見られる。統合 Thunderbolt コントローラがこれに含まれているようだと Kyle Wiens[iFixit CEO]はいう。

With graphics now handled by an on-die Intel HD 3000 IGP, there is no longer a need for the NVIDIA 320M controller with integrated graphics. That chip has been replaced with an Intel platform controller hub labelled “E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K.” Information about the particular part isn’t on Intel’s website, but iFixit CEO Kyle Wiens told Ars that it likely includes an integrated Thunderbolt controller.

     *     *     *

バックライトキーボード

最後に、MacBook Air にバックライトを採用するため LED および光学回路が追加された。バックライト電源のため LED アレイをロジックボードにつなぐリボンケーブルが追加された。

Finally, the keyboard now contains a series of LEDs and optical channels necessary for the return of a backlit keyboard to the MacBook Air line. A new ribbon cable connects the the LED array to the logic board to provide power for the backlighting.

     *     *     *

製造中止になった MacBook

Sandy Bridge チップ搭載 MacBook Air の修理難易度は前と変わらず 4/10[10/10 が一番易しい]だという。Air 特有の部品とペンタローブネジがその理由で、一般ユーザーに内部を触らせないようになっているのだ。「アップルにとっては今日は素晴しい日かもしれないが、修理業者にとっては悲しむべき日だ」と iFixit の Miro Djuric はEメールでいう。「アップルはシンプルでサービス可能な白い MacBook をこのほっそりしたセクシーな MacBook Air で置き換えてしまった。」アップルはひっそりと MacBook を製造中止にしてしまったのだ。

iFixit awarded the new Sandy Bridge-powered MacBook Air a 4/10 for repairability—the same as the preceding model—due to its use of largely proprietary parts and pentalobe screws meant to keep the average user from getting inside the machine. “Although today is an exciting day for Apple, it’s a sad day for consumer repair,” iFixit’s Miro Djuric said via e-mail. “Apple decided that this ‘svelte and sexy’ MacBook Air will replace the ‘simple and serviceable’ white plastic MacBook,” which Apple unceremoniously discontinued on Wednesday.

     *     *     *

Ars Technica があまり触れていないスピードについては、 Bare Feats が一世代前の Air の倍になったと報告している。

MacBook Air と引き換えにラップトップのスタンダードモデル MacBook を生産中止にしてしまったのはさすがにショックだ。

この点については The Loop が行なったアップル担当役員とのインタビューが興味深い。

The Loop: “Apple execs discuss Lion, MacBook Air, Mac mini, Thunderbolt display” by Jim Dalrymple: 20 July 2011

     *     *     *

MacBook Air の方が人気が高い

新型 MacBook Air の発表と同時に白の MacBook が姿を消した。消費者の動向を考えれば当然だとアップルはいう。

With the release of the new MacBook Air came the demise of the white MacBook. Apple said it made sense after seeing the trends of its customers.

「ひとつは MacBook Air の方が MacBook より人気があるということ」と David Moody[アップルのハードウェア製品マーケティング担当副社長]はいう。「重さもボリュームも半分なのにもっといろんなことができるから。」

“One of the things we saw is that the MacBook Air was simply more popular than the MacBook,” said Moody. “It does more in half the weight and in half the volume.”

     *     *     *

MacBook Air はラップトップのスタンダードモデルでありながら、シロウトが内部をいじることなぞかなわない存在となった。


大部分を占めるバッテリー

iFixit のバラシをみて改めて感じるのは、Air の中身の大部分がバッテリーで占められていることだ。

バッテリーの進化次第ではまだまだ変化が期待できるということか・・・

★→[原文を見る:iFixit
★→[原文を見る:Ars Technica
★→[原文を見る:The Loop

Read Full Post »