Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘The new iPad’


[iPad in China:image

世界的に好評な新 iPad だが中国での発売予定は未定だ。

Forbes: “Apple Pressures Beijing With iPad Snub” by Doug Young: 17 April 2012

     *     *     *

中国が外された

誰もが欲しがるアップルの最新製品の発売国が発表された。しかし中国がリストから外れていることがひときわ目立った。観測筋の多くは、破産に瀕した中国の企業と iPad のトレードマークについて係争中のためアップルとしては慎重なアプローチをとっているのだという。しかし私の見るところ、中国を発売国リストから除外したのは、係争中の裁判で有利な判決が出るよう北京政府にプレシャーをかけるためでもあると思う。もっといえば、中国市場で公正に処遇されていないとアップルが判断すれば、将来も人気商品の発売を保留するということを明確にしたものだ。つまるところ、保留することによって最新でホットなデバイスを欲しがる中国消費者の怒りに火をつけることはカンタンだ。その怒りは北京政府に向かうことになるかもしれない。さらには、合法的に輸入できる iPad がないため、密輸製品が急増し、輸入関税に多大の損失が生じるかもしれない。

[…] as Apple (Nasdaq: AAPL) has just released the latest list of countries where its newest must-have product will go on sale, and China is noticeably absent. Many observers might say that Apple is taking a cautious approach to China pending the resolution of a trademark dispute with a near-bankrupt company over the iPad name. But in my view, the exclusion of China from the list is just as much about applying pressure on Beijing for a court ruling in its favor, and says more broadly that Apple could withhold its popular products in the future if it doesn’t believe it is being treated fairly in the market. After all, withholding Apple products could easily anger many Chinese consumers eager to have the latest hot device, perhaps prompting them to hold Beijing responsible. Furthermore, the absence of legally imported iPads will fuel a surge in smuggled products, costing China millions of dollars in lost import duties.

     *     *     *

中国での発売は未定

大局的な観点からこの事態を見てみよう。アップルが新しい iPad を発表したのは3月7日だった。その一週間後米国および日本、香港、シンガポールを含む国々で発売された。さらにその後、ヨーロッパの国々でも発売された。当初の発売から3日目には 300 万台が売れた。今回アップルはさらに第3グループの国々が4月20日から新 iPad を購入できると発表した。その中には Saint Maarten や Venezuela のような小さなマーケットまで含まれている。然るに中国という名前はどこにもない。新 iPad を発売する予定があるのかさえよく分からない。先月上海の裁判所からは、本件商標権紛争が結審するまでの間も上海で同製品を発売して構わないというゴーサインが出たにもかかわらず、だ。昨年初めの判決は、破産に瀕した Proview にとって有利なものだった。Proview の申し立てによれば、アップルが数年前に獲得したと考えるトレードマークは技術上の手落によって自社の所有に帰属すると主張している。その後本件は控訴され、数か月のうちに結審する見込みだ。

But let’s take a look at the specific situation to put things in perspective. Apple announced the launch of its newest iPad on March 7, and the tablet PC went on sale about a week later in the US and several global markets, including Japan, Hong Kong, and Singapore. Another group of countries, mostly in Europe, joined the list about a week later, as sales surged to more than 3 million just 3 days after the initial launch. Now Apple has just announced a third group of countries that will receive the new iPad starting April 20, including the likes of tiny markets like Saint Maarten and Venezuela. But nowhere on the list is there any mention of China, and it’s unclear if Apple will even attempt to launch the new iPad here despite receiving a green light last month from a Shanghai court to keep selling the product in that city until a final ruling in the current trademark dispute. An initial ruling last year in that dispute went in favor of the near bankrupt company, Proview, which claims to own the name due to what looks like a technical error that saw it fail to transfer the trademark after Apple thought it bought the name several years ago. Now the case is being heard under appeal, with a ruling likely in the next few months.

     *     *     *

失望した消費者の不満の声

個人的には、アップルが新 iPad の販売を中国で保留したことについては賛成だ。たくさんの中国消費者が失望して不満の声を上げるかもしれない。都合のいいことにアップルはそれを訴訟のせいにできる。その間北京政府は紛争当事者すべてを満足させる解決案を探らねばならなくなり、世界に対してはこの種の商業紛争に公正さをもって臨むことを示さざるを得なくなる。

I personally agree with Apple’s decision to withhold the new iPad from China for now. Countless disappointed Chinese consumers are likely to voice their frustration, while Apple can conveniently blame its decision on the dispute. In the meantime, Beijing will surely be searching for a plan to work out the conflict in a way that makes everyone happy and shows the world it is dedicated to fairness in settling this kind of business dispute.

     *     *     *

北京政府へのプレシャー

結論:アップルは新 iPad の中国発売を保留した。ひとつには商標権紛争が係争中のためだが、それと同時に本件訴訟で公正な扱いが得られるよう北京にプレシャーをかけるためでもある。

Bottom line: Apple’s withholding of the new iPad from China is partly due to an ongoing trademark dispute, but is also partly designed to pressure Beijing for fair treatment in the case.

     *     *     *

したたかなアップル!

結局はどちらがユーザーを味方につけるかということか・・・

それはまた副首相の約束を実効あるものにしようということでもある。

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Update:シャープはアップルの孫請けになった》


[アップルの話題は中国から:image

アップルが Hon Hai[鴻海精密工業]の2番目に大きい株主になるかもという、中国発の興味深いウワサがある。

M.I.C. Gadget: “Apple Might Become the Second-largest Shareholder of Hon Hai (aka Foxconn)” by Star Chang: 03 April 2012

     *     *     *

Hon Hai の資金調達

iPhone/iPad の中国組み立て工場 Foxconn の親会社である台湾の Hon Hai Group[鴻海精密工業:Hon Hai Precision Industry Company Ltd.]は、30 億ドルの増資を計画しており、そのうち 3390 万ドルは GDR[Global Depositary Receipt:海外株式預託証書]で調達する計画だという。Hon Hai 最大の顧客であるアップルがその資金を提供するのではないかと考えられている。

Taiwan’s Hon Hai Group, which owns the Foxconn assembly plants that produce iPhones and iPads in China, is planning to raise more than US$3 billion by issuing less than US$33.9 million in new GDR (global depository receipt) shares. It is reported that Hon Hai’s largest client, Apple, is expected to become a major investor …

     *     *     *

2番目に大きい株主

アップルは何十億ドルものキャッシュを抱えている。復配と自社株買いに加えて、アップルは Hon Hai の株式を取得し、同社との戦略的提携を強化する可能性を否定していない。Hon Hai の資本調達は台湾 IT 企業としては歴史上最大のものだが、資本を提供するのがどこになるか市場の見方は分かれている。もしアップルがその潤沢なキャッシュを使って Hon Hai の GDR 株を取得すれば、同社の9%以上、すなわち10億株を取得することになる。それによりアップルは、Hon Hai とシャープの組立ラインを獲得し、Hon Hai の2番目に大きい株主となる。

Apple has many billion cash in hand. In addition to distributing dividends and buying back stocks, Apple did not rule out the possibility of acquiring Hon Hai’s shares and expanding its strategic alliance with Hon Hai. While Hon Hai’s fund raising attempt is expected to be the largest in the history of Taiwan’s tech industry, market sources are mixed about who its buyers will be. If Apple uses all its cash on purchasing Hon Hai’s GDR shares, it will be able to secure more than 9 percent stake in the manufacturer, or about 1 billion shares. In doing so Apple would acquire the assembly lines of Hon Hai (and Sharp) to become the second-largest shareholder of Hon Hai.

     *     *     *

シャープを加えてサムスンに対抗

なぜアップルはそうするのか? 日本のエレクトロニクスの巨人シャープは先週 Hon Hai との戦略的提携を発表した。両社は共同して LCD パネル工場の操業を安定化し、Hon Hai の調達力を生かして LCD パネルおよび LCD テレビ市場での価格競争力を高めることなるだろう。新 iPad のディスプレイはシャープが提供するといわれている。新 iPad の組み立てを Foxconn が行なっていることから、この提携により Hon Hai・アップル両社は生産強化、コスト引き下げ、生産効率の改善によってサムスンや LG に対抗することが可能になる。したがってもしアップルが2番目に大きい株主となれば、実質的に Hon Hai への影響力を増し、間接的にシャープに影響力を及ぼすことができるようになる。

So why Apple might be doing this ? Last week, Japanese electronics giant Sharp has announced a strategic deal with Hon Hai. The two companies will combine to stabilize LCD panel plant operation and use the purchasing power of Hon Hai to strengthen its ‘cost competitiveness’ in the LCD panel and LCD TV markets. Sharp is reported to be supplying display panels for Apple’s new iPad tablet. With Foxconn handling the assembly of the new iPad, the deal is set to help both companies increase production, lower costs and improve its efficiency so that it can compete with Samsung and LG. So if Apple become the second-largest shareholder of Hon Hai, Apple can substantially increase the influence on Foxconn, at the same time Apple also has the power to affect Sharp indirectly.

     *     *     *

いずれサムスンを斬る

いちばん大切なことは、サムスンとの提携関係をアップルが解消するチャンスが出来ることだ。結局サムスンはアップルに部品供給してカネを儲け、それでアップルとよく似た製品を作っている。その結果両社のビジネスには緊張が加わり、サムスンとの関係解消を図る方途をアップルが探るようになった。いまや Hon Hai が資金調達を図っているので、アップルとしては同社に投資するだけで多くのメリットが得られるわけだ。アップルは本件について真剣に検討すべきだ。

Most importantly, Apple has the chance to pull off Samsung’s partnership. After all, Samsung is making Apple’s money by providing components, but on the other hand, it launched a similar products to compete with Apple. It has resulted both companies to have some tension in their business relationships, thus Apple is finding way to get rid of Samsung. Hon Hai is now planning for a fund raising, Apple just needs to invest some money into it and will able to get lot’s of benefits. Apple should have some serious consideration about this.

参考:鴻海計畫發行 GDR 募資,Apple 考慮認購以入股 | 科新聞

SOURCE: mpfinance.com, cool3c.com (Chinese translated)

     *     *     *

なかなか興味深いウワサだ。

Hon Hai がシャープの筆頭株主になったとき、なぜアップルではなく Hon Hai なのか不思議に思ったが、確かにこうすればシャープもまとめて支配できる。

折しもアップル決算発表電話会議の日取りが決まった

Tim Cook の下ではどうやら製品発表ではなく四半期毎の決算発表が重要な舞台になりそうだ。

歴史的な桁外れの業績を出した後なので、通常ならばなかなか難しい局面だが、中国市場に焦点を絞ればその突破口を図ることは可能だろう。

Foxconn 問題を解決した中国訪問の成果に加えて、Hon Hai 買収まで視野に入れれば、これまた Cook にとって絶好の機会となる。

iPad については商標権問題というハードルが残っているが、李克強副首相の「知的財産権の保護拡充に努める」という約束がどう展開していくのかこれまた興味深い。

いずれにしても、Cook の動向や Hon Hai 買収など、世界的関心を集めるアップルの話題の情報源が中国になってきたことは注目すべきだろう。

いまや風は中国に向かって吹いている

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1PA

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》シャープはアップルの孫請けになった(4月11日)

同じニュースを英語で読むか日本語で読むか・・・

ニューズウィーク日本版: “鴻海精密によるシャープ買収をどう考えるのか?” by 冷泉彰彦: 11 April 2012

     *     *     *

鴻海精密によるシャープ買収をどう考えるのか?

それにしても、このニュースの伝わり方がそもそも気に入りません。まず、資本提携だとか苦渋の選択だという見出しで「ボカして」いますが、実質的には台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業グループによるシャープの買収であり、日本の大規模なエレクトロニクスメーカーの一角が、外資の軍門に降ることを意味します。

こうした買収劇を「資本提携」とか「共存共栄策」などという曖昧な言い方で報道するというのは、まるで「敗戦」を「終戦」と言い換え、「占領軍」を「駐留軍」と言い換えてささやかなプライドを満足させた1945年の「敗戦」とソックリです。この点からしても、今回の事態は「第2の敗戦」と言って構わないでしょう。

もう1つ気に入らないのは、報道で「鴻海」という名前ばかり出る一方で、アップル社の完成品組立外注先の「FOXCONN」が、この「鴻海」のグループだということが、ハッキリ説明されていないということです。具体的には、シャープはこれでアップルの孫請けになるわけです。

     *     *     *

日本(語)のニュースを見ているだけでは IT 事情は分からない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[新 iPad は著しく熱くなる:image

完璧だと思われた第3世代 iPad に、発熱騒ぎが浮上している。

比較商品レポートで高い信頼性をもつコンシューマー・レポート(Consumer Reports)が、新 iPad は著しく熱くなるという記事を載せたためだ。

それに Marco Arment が徹底的に反論している。

Marco.org: “More Consumer Reports sensationalism” by Marco Arment: 20 March 2012

     *     *     *

タイトルからして釣りだ

まずコンシューマー・レポート(Consumer Reports)のタイトルから始めよう。自分までリンクしてしまったのだから、リンクベイトとしての役割は十分果たしている。

Let’s start with the headline of this Consumer Reports linkbait, which worked, because I’m linking to it:

「新 iPad がゲーム中には 116 度まで上昇することがテストで判明」

Our test finds new iPad hits 116 degrees while running games

これってスゴいことに聞こえるよね。それに熱探知カメラのカラー画像[冒頭画像]の色が大きく違うので、温度差がひどく大きく感じる。

That sounds like a lot. And those colored thermal images appear to show a large difference, since the colors are so different.

     *     *     *

116 度にも達する

「これまでの iPad 2 に比べて、新 iPad は著しく熱くなることがある・・・」

The new iPad can run significantly hotter than the earlier iPad 2…

「著しく熱く」って、これまたスゴいことに聞こえるよね。

“Significantly hotter” also sounds like a lot.

「テストラボのエンジニアは、温度が華氏 116 度にも達するのを記録した。」

…engineers recorded temperatures as high as 116 degrees Fahrenheit…

ワオ、116 度なんてすごい温度だ。ビックリしちゃう。

Wow, 116 degrees? That sounds like a high number! Be alarmed!

     *     *     *

苦情もたくさん

「・・・新 iPad が非常に熱くなるため、たくさんの苦情が出ている・・・」

…numerous complaints now cropping up about how hot the new iPad can get…

     *     *     *

「12 度も熱く」

「どれほど熱いのだろうか。」暖かいんじゃなく、熱いんだ!

“How hot”. Not just warm. Hot!

パラグラフを3つ跳ばして:

Three boring paragraphs later:

「このため、接続時の新 iPad の背面は iPad 2 で同じテストをしたときに比べて 12 度も熱くなる。非接続時の差は13 度だ。」

So, when plugged in, the back of the new iPad became as much as 12 degrees hotter than the iPad 2 did in the same tests; while unplugged the difference was 13 degrees.

「12 度も熱く」って、待てよ、あまり大したことじゃないような・・・

“Hotter”. But wait… 12 degrees doesn’t sound like a big difference.

     *     *     *

不快に感じるほどでは

「我々のテスト中、新 iPad は手に持っていた。いちばん熱いときは、とても暖かく感じるが、短時間ならさして不快に感じるほどではなかった。」

During our tests, I held the new iPad in my hands. When it was at its hottest, it felt very warm but not especially uncomfortable if held for a brief period.

「いちばん熱いとき」だって? まだ熱いという言葉を使っている。だからとても熱くなるように聞こえる。

“At its hottest” still uses the word hot, so that still sounds like it runs hot.

そのあとトーンがぐっと下がる。「とても暖かいが不快に感じるほどではない」だって。

But then the alarming tone sharply drops: “very warm but not especially uncomfortable”.

     *     *     *

暖かいだけじゃないの

待てよ。暖かくなるだけで、熱くはないんじゃないの。そもそもこれまで作られたどのコンピュータでも電話でも、CPU や GPU を 45 分も酷使する状態におけばそうなるんじゃないの。

Wait. Is it merely warm, and not hot, like almost every computer and phone ever made when they’re under a sustained heavy CPU and GPU load for 45 minutes?

     *     *     *

然るべきライター(編集者)なら

大部分の読者にとって表面温度が 華氏 116 度[摂氏 47 度]とはどんなものか十分には理解できない。この記事のライターは最初から終わりまで「熱い」ということばを使い続ける。だいたい全文を読む読者なんて稀で、普通はタイトルと最初の数パラグラフを飛ばし読みする程度だってことは誰でも知っている。

Most people don’t have a good idea of what a 116-degree surface feels like, the author kept using the word “hot” throughout the article, and it’s common knowledge that most people don’t read entire articles but merely skim the headline and first few paragraphs (at best).

然るべき有能なライター(編集者)であれば、新 iPad が熱くなるという記事を読んだ読者が、どのユーザーにとってもひどく不快で重大な欠陥だと受け取るであろうことは理解している。単に暖かいだけで、それを気にする一部のユーザー以外には時たま不都合に感じる程度だとは思わずに・・・

Any reasonably competent, well-intentioned writer or editor would assume that most people reading this would think the new iPad gets hot, implying severe discomfort and a significant flaw that will affect nearly everyone who uses it, rather than merely warm, which would imply an occasional minor inconvenience for the few people who might notice and care.

どうやらコンシューマー・レポートにはそんな編集者がいないことは明白だ。

Clearly, no such editor is employed by Consumer Reports.

     *     *     *

センセーショナリズムに身売りした

iPhone 4 のときは同じく誇張されたアンテナゲートをなんとかしのぐことができた。その代わり、昨秋スマートフォンのお粗末な比較を見て、とうとうそれまでの6年間のコンシューマー・レポート講読契約をキャンセルしてしまった。

I made it through their similarly overblown iPhone-4-antenna drama, but last fall, after their awful smartphone comparison, I finally canceled my six-year-long CR subscription.

止めてよかったと思っている。かつてコンシューマー・レポートが誇ったレベルや権威、品格はもはや過去のものとなってしまった。読者がもう必要としていないことが分かってくるにつれて、ページビューさえ稼げればいいという安手のセンセーショナリズムに身売りしてしまったのだ。

I’m glad I did. Whatever standards, prestige, and dignity CR previously held are long gone now, sold out with sensationalism for cheap web pageviews as they slowly realize that people don’t need them anymore.

     *     *     *

Marco Arment の強烈なハチのひと刺しだ。

コンシューマー・レポートの記事のいい加減さについて完膚なきまでに論破しているように思える。

それより気になるのはこのニュースを取り上げたメディアの数だ。WSJ から USA TodayAllThingsDCNETThe VergeThe Next WebEngadgetGizmodo に至るまで一斉に飛びついている様は異様だ。

インターネットではウワサだけでなく、然るべきメディアサイトの記事まで批判的に読まなければならない時代になったということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1MW
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

Read Full Post »


[Old and new iPad, through @olloclip. | Dom Sagolla

ついに iPad が世界中で発売された。

実際に目にしないと分からないといわれる Retina ディスプレイ — みんなの反応はどうだろうか?

見ないと分からないものをどうやって説明する?

まず気づいたものの中から・・・

     *     *     *

マクロレンズの手を借りる — Dom Sagolla

iPad 新旧ディスプレイの違いを Olloclip のマクロレンズで写す。[冒頭画像]

Old and new iPad, through @olloclip.
— Dom Sagolla

     *     *     *

コンタクトレンズ — iPhone女史

iPhoneよりも大きい分、変化の実感は一目瞭然です。コンタクトレンズをつける前と後くらいの違いがあります。

     *     *     *

みんなの反応がたのしみ・・・

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1M9
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

     *     *     *

追記:何やら違うぞ(3月19日)

何やら違うぞ — 西川和久氏

セットアップ画面の時から「何やら違うぞ……」と感じていたが、ロック画面そしてホーム画面へ切り替わった時に、画面の綺麗さがはっきり分かる。まるでiPad 2とは別次元。ジャギーやドットが全く見えず、そして色も濃い。まさにRetina Displayそのものだ。これはiPhone 3GSからiPhone 4へ乗り換えた時と同じ印象だが、画面が大きいため想像以上のインパクトがある。

Appleの新型「iPad」 ~驚愕の9.7型2,048×1,536ドットの液晶パネル | 【西川和久の不定期コラム】

Read Full Post »


[Retina ディスプレイ:image

新しい iPad の Retina ディスプレイに関する Ryan Block の感想。「なぜ新しい iPad の Retina ディスプレイが重要か。」

gdgt: “Why the new iPad’s Retina Display matters” by Ryan Block: 11 March 2012

     *     *     *

スペックは所詮スペック

スペックは所詮スペックだ。新しいデバイスが発表されるたびにスペックは少しずつ改良されると誰もが考える。だから誰もが — 特に技術の専門家と称する連中は、アップグレードサイクルそのものに懐疑的になる。多少のインクリメンタルなアップグレードはユーザー体験そのものにはほとんど影響を及ぼさないからだ。

Specs are specs, and every time a new device is announced we expect the numbers to ratchet a little higher. This is the stuff that makes people (especially tech pundits) so cynical of upgrade cycles: the typical incremental updates don’t tend to have a meaningful effect on the overall experience of a product.

     *     *     *

時たま起きる劇的変化

それでもなお劇的変化が起きることがある。滅多にないことだが。初めてダサイ 3G カードをラップトップに装着したとき、ラップトップは突如どこでも使えるようになった。ポータビリティの概念がまったく変わってしまったのだ。初めて HDTV をこれまでのテレビと比べたとき、ゲームそのものが変わってしまったことは明らかだった。スペックが格段に向上する。定義そのものが再定義される。先週の iPad イベントはいくつかのスペックが向上したなどという類いのものではなかった。

Occasionally something does fundamentally change, though. It doesn’t happen very often. The first time I plugged an early, clunky 3G card into my laptop and was suddenly able to work from anywhere, I saw portability in a completely different light. The first time I saw HDTV contrasted with standard-def television, it was clear that the game had changed. There are spec bumps, and then there are redefinitions, and last week’s iPad event was definitely not about bumping some specs.

     *     *     *

ディスプレイそのもの

iPad の中核となる体験 — すべてのタブレットに通じるものでもあるのだが — それがスクリーンだ。あまりに基本的すぎてまったく気づかないほどだ。もはやポスト PC デバイスには隠すべきものが何もない。スペック、フォームファクタ、それらすべてが渾然一体となってつかみ所のないものに姿を変えてしまう。ソフトウェアのメタファーによって、タブレットはディスプレイそのものとなり、ディスプレイ上に表示されたものに変化する。

The core experience of the iPad, and every tablet for that matter, is the screen. It’s so fundamental that it’s almost completely forgettable. Post-PC devices have absolutely nothing to hide behind. Specs, form-factors, all that stuff melts away in favor of something else that’s much more intangible. When the software provides the metaphor for the device, every tablet lives and dies by the display and what’s on that display.

     *     *     *

ユーザーとアプリが直接相対する

他の製品ではとても考えられないピュアで普遍的な体験だ。抽象的なものや外面的なものがすべてタブレットから剥ぎ取られ、ユーザーとアプリが間にまったく何もない状態で向き合うこととなる。それはまた、すばらしく、よく考え抜かれた、人間的なソフトウェアがタブレットではよりすばらしく見え、ひどく、十分に詰められていないソフトウェアがより不快な印象を与える理由でもあるのだ。(それはまたアップルが Lion にフルスクリーンモードを持ち込んだ理由とも関係していると私は確信する。)

This makes for a pure and egalitarian experience in a way most products can’t. Tablets strip away the abstractions or externalities, it’s just you and an app with absolutely nothing in-between. This is part of the reason why great, thoughtfully designed, humane software seems even more amazing on a tablet, while bad, poorly conceived software seems even more offensive. (I’m sure all that also had something to do with why Apple created full-screen mode in Lion.)

     *     *     *

iPad の新しいスクリーン

したがって iPad のようなデバイスが登場すると、単にアプリケーションが表示されるのではなく、アプリケーションそのものに変化する。スクリーンを根本的に変更することは、体験そのものを根本的に変えてしまうのだ。新しい iPad のようにスクリーンが劇的に変化すると、デバイスそのものが完全に変化してしまう。

So when a device comes along like the iPad that doesn’t just display the application, but actually becomes the application, radically improving its screen radically improves the experience. And when a device’s screen is as radically improved as the display in the new iPad, the device itself is fundamentally changed.

     *     *     *

もう元には戻れない

新しい iPad を触ってみて分かったいちばん興味深かいこと — それは Retina ディスプレイのもたらす違いだ。10 インチタブレットでは 3.5 インチフォンとは比べものにならないほど大げさに誇張されて感じる。もちろんその他諸々もあるけれど。それはもはや直線的改良などではない。ピクセルの総体などはるかに超えるものだ。このスクリーンはタブレットの有り様(よう)をすっかり変えてしまった。はっきりいうが、もう元には戻れない!

One of the things I found most interesting playing with the new iPad is that, as it turns out, the difference a Retina Display makes is even more exaggerated on a 10-inch tablet than it is on a 3.5-inch phone — and that’s in addition to everything else. It’s not just a linear improvement, it’s actually greater than the sum of its pixels. This screen has changed what a tablet should be, and trust me, you won’t want to go back.

     *     *     *

Retina ディスプレイを実際に自分の目で確かめてみた Ryan Block の興奮が伝わってくるようだ。

gdgt は Engadget の創業者 Peter Rojas と前編集長 Ryan Block が共同で立ち上げた新しいガジェットサイト。ガジェット通の Block のこの記事は新しい iPad の核心を衝いているのではないか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPad の新しい名前には Twitter も反応した:image

iPad の新しい名前について触れた MG Siegler の記事がオモシロい。

TechCrunch: “iPad” by MG Siegler: 07 March 2012

     *     *     *

単純に「iPad」

ウワサと大きく違ったのは新しい iPad の名前だけだったというのはなんか可笑しい。当然と思われた「iPad 3」でもなければ「iPad HD」でもなく、単純に「iPad」というだけだった。これからはそうなるということなのだ。

It’s sort of funny that the only major thing those in the rumor business got wrong was the name of the new iPad. It’s not the previously presumed “iPad 3″, nor is it the “iPad HD”. It’s just the iPad. And that’s what it will be from now on.

     *     *     *

いまさら驚くことでもない

名前は確定と思われていたのでサプライズだったが、そんなに驚くことでもなかったはずだ。今の iMac は「iMac 11」ではないし、MacBook Air も「MacBook Air 4」ではない。iPod のラインアップは変わっても名前そのものは同じだ。iPhone のラインアップについても同じことが必ず起きるだろう。(一部アップルのせいで)スペックが消えつつあるように、名前の番号付け競争も終わりつつある。すべてはシンプルさということなのだ。

This was surprising because our expectations were set for a new name. But it really shouldn’t be all that surprising. My iMac is not the “iMac 11″. My MacBook Air is not the “MacBook Air 4″. The iPod line changes, but the name remains the same. This will undoubtedly happen to the iPhone line as well. Just as the spec is dying (more than partially ushered to the grave by Apple), the ascending number naming race is dying too. It’s about simplicity.

     *     *     *

ハードとソフトをコントロールする強み

アップルがそう出来たのは、製品の種類が限られ、しかもすべてを完全コントロールしているからだ。ソフトも OEM にライセンスされていない。他のライバルメーカーの「iPad 3X Turbo」に対抗するため「iPad 3X HD S」という名前を付ける必要もないのだ。そもそも競争なんてないのだから。目下のところはという意味でだが。iPad という名前を裸で使うだけで十分競争に勝てるのだ。

Apple can pull this off because they have so few products and they’re in complete control of all of them. Their software isn’t licensed to other OEMs. The iPad doesn’t have to be called the “iPad 3X HD S” just to beat the “iPad 3X Turbo” made by a competitor. There are no real competitors. Not yet, anyway. The naked “iPad” name alone is enough to win.

     *     *     *

これ以降の下りもおもしろいがここでは省略。

新しい名前については Peter Cohen[The Loop]の記事もおもしろい。

アーシュラ・ル=グウィンの『ゲド戦記』まで引用して名前の持つマジックについて触れ、初代 iPad が生理用品を思わせる名前だったのに一向に売れ行きを妨げることはなかったと述べている。

The Loop: “On the new iPad’s name” by Peter Cohen: 08 March 2012

アップルがモットーとするシンプルさは名前の付け方にまで及ぶ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[The new iPad]

夜更しはこたえる。ダウンしてしまった。

追いつき追い越され、また追いつくなでしこジャパンの粘りのアルガルベ杯決勝戦に興奮してつい夜更ししてしまった。

翌朝アップルサイトで見た iPad キーノートの印象・・・

Apple Special Event March 2012 | Apple

     *     *     *

名前が The new iPad だったことを除けば 399 ドルも含めておおむねウワサどおりでサプライズはなかった。

むしろステージに上がったメンバーの方が興味深かった。

Tim Cook は舞台回し以上の役割を演じ、すっかり落ち着いて、心地よさそうな感じすら受ける。

アップルの業績関連だけでなく、The new iPad、Apple TV から iOS、(日本語)Siri、iCloud まで次々に Cook の口から明かされる。

Post-PC World から The new iPad まで今回の目玉についてすべて触れるところはまるで Steve Jobs と同じ役柄をこなそうとしているみたいだ。

もっとも、決算発表のときのたんたんとしたしゃべり方と比べて、best、absolute、so excited、pretty cool、astonishing、incredible など形容詞に力がはいるとちょっと違和感を感じるけれど。

どうやらアップル社内の Tim Cook の地位は盤石になったということか・・・

     *     *     *

一方、いるべきひとがいないという感じも・・・

Phil Schiller もすっかり手慣れた感じだ。Retina ディスプレイなど The new iPad のハード面だけでなく、iOS についても、399 ドルの iPad 2 も彼がしゃべってしまった。

Jobs のときなら One more thing などと最後まで引っ張ったことも、どんどんお構いなしに紹介される感じ。

気がついたら Scott Forstall の出番がなかった。

また別の機会が彼にはあるのか、それとも pecking order が下がってしまったのか・・・

そういえば Jonathan (Jony) Ive の出番もなかった。

邪魔なものが一切ない見えないデザイン(invisible technology)という iPad デザインの要(かなめ)について紹介ビデオで語るのも Jonathan Ive ではなく Michael Tchao だ。

Tim Cook — Eddy Cue — Phil Schiller という登場順序は、Cook 時代の戦略の新しい内部順位を示すものか・・・

     *     *     *

価格設定を含めてなにか教育市場向けの特別発表があるのではと期待したが、これは期待はずれだった。

今回のウリである Retina ディスプレイは、実際に手にして見てみないと分からないといわれる。

文字がどの程度読みやすいか、文字画面の拡大・縮小も可能なのか・・・実際に手にして確かめてみたい。

     *     *     *

《追記》魔法使いの弟子


[iPhone 開発のオリジナルチーム:photo

昨年10月の iPhone 4S イベントで「Who are you?」という Scott Forstall の問いに「I am a humble personal assistant.」と答えた Siri の鮮烈なデビューは誰の記憶にも新しい。

その直後に iOS 開発の立役者 Forstall にスポットライトを当てて書かれた Businessweek の「魔法使いの弟子」という記事がとても興味深い。

Scott Forstall, the Sorcerer’s Apprentice at Apple | Businessweek
魔法使いの弟子 Scott Forstall | maclalala:link

Jobs 亡き後のアップルを率いる重要な人物として Forstall を詳細に論じたもので、6ページにわたり 4000 語を超える。

Forstall をミニ Jobs として描いたのが特徴だ。その後注意して見ているがまだ日本語にはなっていないようだ。

その記事に次のような下りがある。

     *     *     *

Jobs が好きだった場所

Jony Ive のハードウェアデザインラボに出入りして、その全体像を見渡すのを Jobs が好んだことはよく知られている。もう一か所彼が好んだ場所が、その一階上にある Forstall のユーザーインターフェイスラボだった。

It’s well-known that Jobs loved to hang out in Jony Ive’s hardware design lab, looking over hardware. Another favorite spot was the user interface lab run by Forstall, located a floor above.

     *     *     *

Steve Jobs に近かった2人の人物が今回の iPad イベントからスッポリ抜けているのが気にかかる・・・

Read Full Post »