Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘The Interview’

interview-censored

右往左往の挙句、ソニーはThe Interviewをクリスマスに一部劇場で公開する | TechCrunch

@ganzeer

Congrats, Sony, on the most cunning Marketing campaign a film has ever seen:

Sony Releases ‘The Interview’ Online | WSJ

Google, which is offering the movie through its YouTube and Google Play stores, and Microsoft, which is using its Xbox Video Store, were the only companies willing and able to offer it on Dec. 24. Sony talked to Apple Inc., which is a dominant No. 1 in online movie sales and rentals with its iTunes Store, and Amazon.com Inc., which is No. 2, but neither were willing to immediately join the effort, according to the person with knowledge of the talks.

Spokesmen for Apple and Amazon declined to comment.

@stevekovach

Apple reportedly didn’t have time to put The Interview on iTunes. I don’t buy that now.

広告

Read Full Post »

carrjump-articleLarge-v3

[上映中止になったソニー映画:NYTimes.com

ソニー映画The Interview』をめぐる空騒ぎのなかで、David Carr の書いたものがいちばん腑に落ちるような気がする。

「ホラー映画並みになってしまったソニー映画ハッキングの顛末。」

How the Hacking at Sony Over ‘The Interview’ Became a Horror Movie | NYTimes.com

     *     *     *

いつ果てるとも知れぬ論議

まさにそれは際立って、方向を見失わせる事態だ。どの映画なら見ることができ、どの映画ならそうではないのかを自国民に判断させる術(すべ)を欠いた卑小で、不手際な状態だ。攻撃された映画業界は傍観者のように無言で見守り、米大統領が低級なコメディによって引き起こされた国際的な衝突に敢えて踏み込まざるを得ないと感じるような事態だ。

It was a remarkable and disorienting turn of events: a tiny, failing state that lacks the wherewithal to feed its own people was deciding which movies we can and cannot see, while the industry it had attacked watched silently from the sidelines, and the president of the United States felt compelled to step into an international confrontation catalyzed by a lowbrow comedy. […]

脅迫とそれに続く上映キャンセルは今後悪夢として長いこと尾を引くだろう。文化的論議がオンライン脅迫のテーマになったことから、いつ果てるやも知れなくなった。ニュースや情報獲得の手段としてますます重要になっているドキュメンタリーが突如として危機に瀕することになるのだ。

The threats and subsequent cancellation will become a nightmare with a very long tail. Now that cultural discourse has become the subject of online blackmail, it is hard to imagine where it will end. Documentaries, which have become increasingly important sources of news and information, could suddenly be in jeopardy. […]

     *     *     *

ソニーに問題はなかったのか

2011 年にソニーの PlayStation がセキュリティ攻撃に晒されたとき、当時 CEO だった Howard Stringer と話す機会があったが、3日間の間彼は蜂の巣箱に身を隠しているように思えた。そのソニーがハッカー攻撃のターゲットにされないような何らかの有効な方策をその後講じなかったことは不可解だ。

Sony I happened to be with Howard Stringer, then chief executive of Sony, during a vast security attack on its PlayStation platform in 2011 — he looked as if he had been living inside a beehive for three days. That Sony did not harden as a target in a meaningful way afterward is inexplicable.

大胆で独創的なアイデアは歓迎だが、それにしても実際に現存する主権国家の支配者がおバカな暗殺者に吹き飛ばされるコメディなんてほんとうに重要な意味があるのだろうか? 無慈悲な支配者を風刺するのであれば、いくらでも方法はある。チャーリー・チャップリンが『独裁者』(The Great Dictator)でヒットラーを余すところなく(名指しにはしないで)やっつけたように・・・

And while I am all for bold creative choices, was it really important that the head being blown up in a comedy about bungling assassins be that of an actual sitting ruler of a sovereign state? If you want to satirize a lawless leader, there are plenty of ways to skin that cat, as Charlie Chaplin demonstrated with “The Great Dictator,” which skewered Hitler in everything but name.

     *     *     *

正しい対応策とは

じゃあ正しい対応策とは何なのか? — アメリカ人はソファに座ってあらゆる事象を見るのが得意だ。だからその衝動を抑えつけなければいいのだ。

So what is the right response? Americans are good at sitting on a couch and watching all kinds of stuff, so why not harness that impulse? […]

The Interview』を Hulu で公開すればいい。iTunes でも、Google Play でも、NBC やあらゆる放送網で、そして Showtime などあらゆるケーブルテレビで・・・あらゆるところで誰でもボタンひとつで「同時に」見れるようにすればいい。そうすればみんなが見るので、誰をターゲットにしていいか分からなくなり、検閲への決め手となり得るのだ。

[…] Put “The Interview” on Hulu, on iTunes, on Google Play, on Netflix, on NBC and all the broadcast networks, on Showtime and all the cable stations, put it anywhere and everywhere that people can push a button and watch at the same time. Ubiquity and the lack of a discernible target would trump censorship.

映画さえ見れるようにすればいい・・・

Play the movie.

     *     *     *

本質を衝いた David Carr の視点にはいつも頷かされる。

発表当初さまざまな疑問が提示された iPad について、「姿を消すガジェット」としての本質を見事に言い得たのが彼だった。

The Interview』ハッキングについての様々な偽善的論議を David Carr は厳しく糾弾する。

被害に遭ったソニーだけでなく、傍観するだけのハリウッドや、流出した私的情報を垂れ流しにするメディアについても容赦なく批判の目を向ける。

こんな記者の存在こそが NY タイムズのような大手メディアの強みだろう・・・

なお The Globe and Mail 紙の David Carr 論もたいへん興味深い。

Read Full Post »

JP-CYBER-blog427

[『The Interview』の封切り中止:NYTimes.com

クリスマス前のスローなインターネットの世界で、ハッカー攻撃を受けたソニー・ピクチャーズの話だけが奇妙な展開を見せている。

まずソニー・ピクチャーズがハッカー攻撃に屈して(?)、発端となったコメディー映画『The Interview』のクリスマス封切りを諦めた。

これに対しオバマ大統領は、ハッカー攻撃が北朝鮮によるものと断定し、ハッカーの要求に屈すべきではなかったと発言

一方北朝鮮は関与を否定し、米国との共同調査を提案。すると米国は中国に協力を依頼するという有様。

風刺映画にしろ一国のリーダーを暗殺するという企画より、ハッカー(テロリスト?)の要求に屈した点が問題になるのはやはりアメリカだからか・・・

ハッキングにより Torrent サイトに流出した映画は、この他にも『Annie』、『Fury』、『Mr. Turner』、『Still Alice』、『To Write Love on Her Arms』などがある。

話題性という点では『The Interview』がダントツか・・・

まるでハリウッドが人質に取られたみたいだ。

とうとう別のハッカーグループから、無料で配信してはという提案まで出る始末。

今後どういう展開になるのか予想もつかない。

しかし、なんだかなあ・・・

Read Full Post »