Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Television’

[アップルのテレビとは?:image

WWDC で何が登場するのか — ウワサ雀も喧(かまびす)しくなってきた

バツグンの的中率を誇る Jim Dalrymple のひとことも、いろいろ影響を与えているようだ。

その Dalrymple がアップルテレビについて触れている。

TechPinions: “Apple’s Television” by Jim Dalrymple: 07 June 2012

     *     *     *

アップル抜きには考えられない

アップルテレビのことを皆が口にし始めてから数年経つが、アップルが本当にテレビを作るのかどうか誰も知らない。アップル抜きにテレビマーケットを考えることなどできないと私考える。

People have been talking about an Apple television for the last couple of years, but nobody knows for sure if the company will actually make one or not. I wouldn’t count Apple out of that market.

     *     *     *

アップルが市場に参入するとき

アップルが市場に参入するのは大きなインパクトを与えられるとアップルが考えるときだ — 私は長い間そう考えてきた。手つかずの新しい市場である必要はない。これまでの製品を改良し、利益を上げられるとアップルが考える分野のことだ。過去十年のアップル製品を見ればこのことは明らかだ。

I’ve long held that Apple will enter markets that it feels it can make a significant impact. Those don’t have to be brand new markets, but areas that Apple feels it can improve on the current products and make a profit. The last decade of Apple product releases illustrates this point.

     *     *     *

iPod の場合

iPod ミューシックプレーヤは決して新しい製品カテゴリーではなかった。しかしアップルは容量が小さく、デザインのひどい製品に照準を定め、その市場を永遠に変えてしまったのだ。iPod はアップルのアイコンとなり、アップルを立ち直らせ、未来への道を開いた。

The iPod music player certainly wasn’t a new product category, but Apple took a poorly designed product that had limited storage space and changed the market forever. The iPod is iconic and it helped turn Apple around, as well as paving the way for the future.

     *     *     *

iPhone でも

iPhone がまったく同じことを数年後にやってのけた。長年変化することのなかった業界に変化の時期が熟していたのだ。専門家も固定観念のメーカーも、アップルが業界に変化をもたらすという試みを一笑に付したが、アップルはやってのけ、後ろを振り返ることはなかった。

They did the exact same thing with the iPhone years later. An industry that hadn’t changed in years was ripe for the taking. While pundits and entrenched manufacturers scoffed at Apple’s attempt to change the industry, they did it and haven’t looked back.

どの携帯電話会社の店でも、どのメーカーのウェブサイトでも見てみるがいい。現在市販されているほぼすべてのスマートフォンにアップルの影響が明らかに見て取れる。アップルの成功をコピーすることを慰みとしている会社すらいくつかある。

Walk into any wireless carrier or look at any manufacturer’s Web site and Apple’s influence can be seen in almost every smartphone on the market today. Copying Apple’s success has almost become a sport for some companies.

     *     *     *

iPad でもまた

市場を変えた最も新しい製品 — それはもちろん iPad だ。タブレットが市場に出て十年以上になるが、成功を収めたものはほとんどなかった。しかしアップルがすべてを変えてしまった。新しいデザイン、新しいソフト、顧客に焦点を絞ることにより、タブレットで出来ることをアップルは再定義したのだ。

Of course, the latest product to achieve market-changing levels is the iPad. The tablet market has been around for a decade or more with little success, but Apple changed all of that. With a new design, new software and a focus on the customer, Apple redefined what can be done with a tablet.

iPad は我々のライフスタイルにぴったりだ。iPad は我々とともに変化する。かといって iPad を使うために我々が変化する必要はないのだ。

The iPad fits into our lifestyle. It changes with us, but it doesn’t require that we make changes in order to use it.

     *     *     *

テレビはどうなる?

テレビの市場、あるいはアップルが新たに参入しようとする市場でアップルが直面するのはこの種のチャレンジだ。これまであった問題を解決し、消費者が出来ることをさらに進化させようとアップルは試みる。ホームエンタテインメント市場も刷新が必要だ。そのためには現状維持を打破できる会社が必要なのだ。

That’s the type of challenge Apple faces in the television market or any other market it enters. Apple will try to solve the current problems, while advancing what consumers can do. The home entertainment market needs to be shaken up and it will take a company that isn’t afraid to change the status quo to do it.

     *     *     *

もっと大きいスケールで

新しいメニューと Siri を統合したテレビをアップルが出すだろうと考えるひとたちがいる。私にいわせれば、もっと大きいスケールで考えるべきだ。もしもアップルが市場に参入するのなら、アップルはそれを粉砕し、永久に変化させてしまうだろう。

Some people think Apple will release a television with new menus or Siri integration. I don’t believe they are thinking big enough. If Apple enters that market they will disrupt it and change it forever.

     *     *     *

テレビ関連の何かが WWDC で登場することは間違いなさそうだが、「もっと大きいスケールで考えるべきだ」とは何を意味するのか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »