Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Technology’

1*Ck3cQIL3-nAmpPpCdGIuBg

なんかスゴいことが起こりそう。(Something big might be happening.)・・・オモシロいっ!

How Bitcoin’s Blockchain Could Power an Alternate Internet | Medium

There is a contingent on today’s Internet—a minority, perhaps, but influential—who believe that the industry took a wrong turn over the past decade. That an Internet dominated by a few big companies is an unhealthy one. That the centralized-computing paradigm—of privately owned data silos housed in giant server farms that harvest our personal data in order to sell ads—is one that needs to change.

The entrepreneurs, coders and crypto experts leading the blockchain charge — I shall call them blockchainiacs, because they need a name — see this new technology as an antidote, and they are hopped up on dizzying visions of a disrupted future. (One sure sign that this technology has achieved geek-cred critical mass: The tech publisher O’Reilly just announced a new conference on the topic.)

1. Disrupt the banks! — distributed finance
2. Redeem the Net! — distributed data and identity
3. Crypto-utopia, yo! — distributed everything

広告

Read Full Post »

apple-ibm-hero-620x413

[Apple + IBM:image

アップルと IBM が手を組んだことは 2014 年最大のニュースだったと Horace Dediu がいっている。

Biggest news of 2014 | Asymco

     *     *     *

IBM とアップルのロマンスなんて誰も考えもしなかっただろう。なにせこの両社はこれまで対立することの方が多かったのだから・・・

コンピューティングの変化

過去はどうあれ、この両社が手を組んだことには極めて重大な意味がある。大規模なスケールで起きている変化を示すものだからだ。両社の反目は「コンピューティング」(computing)という同じビジネスを目指したことから生まれた。しかし 1980 年代初頭以降「コンピューティング」は何百、何千というビジネスモデルにモジュール化した。もはやベージュボックスを売るだけではなくなった。IBM はコンピュータ製造から撤退、サービスやコンサルティングに踏み切らざるを得なくなった。一方アップルは、ハードウェアの価値を高めるデバイス+ソフトウェア+サービスへと移行した。

Nostalgia aside, this new union is profoundly important. It indicates and evidences change on a vast scale. The companies’ antagonism was due to being once aimed at the same business: computing. Since the early 1980s, “computing” came to be modularized into hundreds, perhaps thousands of business models. It is no longer as simple as selling beige boxes. IBM was forced out of building computers and into services and consulting while Apple moved to make devices and the software and services which make its hardware valuable.

     *     *     *

モバイルが決め手

両社の利害が一致したことで今年の戦略的パートナーシップが結実したのだ。これはコンピューティングが「モバイル」と呼ばれるものへ移行したことによって生じた。アップルとしては、未だ残る法人ユーザー、いまや落ちこぼれとなってしまったグループへのモバイルプラットフォーム採用を加速化しようとする。それと同時に IBM は、法人の持つ巨大なデータ倉庫を法人ユーザーの手に委ねようとしているのだ。

The convergence of interests which was consummated into a deal this year stems from the migration of computing around what has come to be called “mobile”. Apple intends to accelerate the adoption of its mobile platforms among the remaining non-adopters: enterprises–a group which, by now, qualifies as laggards.[1] Simultaneously IBM intends to connect data warehouses at those same enterprises to their employed users.

     *     *     *

お互いにとって利益

両社が力を合わせることでお互いの目的がより達せられるようになった。アップルは援助と専門知識を提供することにより法人への円滑なアクセスという突破口を得る。IBM は自らの API を通じてモジュール化したデータベースへのアクセスを提供することにより信頼できるクライアント体験を獲得する。両社が手を結ぶことにより、モバイルの(したがって直観的な)ソリューションの採用が増加し、生産性が向上して、購入企業の利益にもなる。

Both can achieve their goals better if they join forces: Apple offers assistance and expertise while obtaining access and lubrication for orifice entry. IBM offers modularized access to databases through its own APIs and obtains credible client experiences. The combination increases adoption of mobile (i.e. intuitive) solutions and an increase in productivity, benefiting the buyer.

     *     *     *

ユーザーのためのデザイン

最近発表されたアプリを見れば、両社の関係がいかに大きな変革をもたらすものであるかよく分かる。我々はユーザー[!]のためにデザインされたアプリの登場を目撃しているのだ。必要事項のチェックリストなどを取り仕切る内部委員会のためのものではない。

The recent apps release showed just how transformative this relationship could be. We were witnesses to apps which appeared to be designed for users[!] They were not designed for committees that prepare checklists of requirements.

     *     *     *

法人ソフトのスペック万能主義

法人ソフトを苦しめてきた機能万能主義[featuritis、feature creep]に抗しようとする IBM の勇気は称賛さるべきだ。それはソフトやハードの購入決定権者に対しノーを突きつけることだ。それは基本的に購入権限を持つ者にノーといい、給与を支払われている従業員にイエスということなのだ。ユーザー体験の質の高さは一目瞭然だ。ユーザーの取るべきアクションの数も、次々と見なければならない画面の数も、容赦ないほど間引かれている。これが最善のデザイン慣行としてアプリを貫いているコンセプトであり考え方なのだ。しかもなお不毛な法人ソフトのスペック万能主義を排している・・・

We must applaud IBM for having the courage to resist the featuritis which plagues enterprise software design. This resistance requires saying No to those who specify and are thus authorized to purchase software and hardware. IBM has had to essentially say no to those who buy and yes to those who are paid to use. The quality of the experience is evident at first sight. The number of user actions, the number of screens to wade through have been ruthlessly culled. These are concepts and ideas which now permeate app design best practices. Yet they are practices which still elude the spec-driven enterprise software wastelands.

     *     *     *

最重要ニュース

予期せざることとはいえ今日のテクノロジーを考えれば十分説明可能だ。IBM とアップルのパートナーシップこそ 2014 年で最も重要なテクノロジー関係ニュースだと自分は考える。

Being unexpected and yet explanatory of the state of technology today, the partnership between IBM and Apple is, in my opinion, the most significant technology news of 2014.

     *     *     *

いつもながら Dediu の視点は今後もたらされる変革の大きさに向けられている。

法人の IT 部門には大きな変革の波が押し寄せる・・・

Screen-Shot-2014-12-26-at-11.28.03-AM-620x394

なお、本稿にはこれまで登場したコンピューティング・デバイスのチャート[上図参照]が添えられている。過去に登場した様々なデバイスの栄枯盛衰が1枚のチャートに納められていてこれまたなかなか興味深い・・・

     *     *     *

追記: 「高度な法人体験の DNA は IBM にある」(12月31日)

アップルが Tim Cook の代になって IBM と手を組んだのは決して偶然ではない。

Cook 自身 IBM に勤務した経歴を持っている。[Thanks:  @boxerconan] それも12年の長きにわたって・・・

アップルサイトにも明記されているが、最終的には北米・南米地区の IBM PC の製造・流通責任者だった。

サプライチェーンの達人のよういわれる Cook だが、そのルーツは IBM にあったのかもしれない。

その経歴から見ても IBM の持つ強みを十分理解できる立場にあった。

Cook が「高度な法人体験の DNA は IBM にある」というとき、そのことばは真実を語っているのだろう。

Read Full Post »

multi

ケーブルを使わないエレベーター

Maglev elevators are coming that can go up, down, and sideways | Quartz

If the technology, named Multi, does well in tests beginning in 2016, the elevators of the future could be powered by the same magnetic levitation (maglev) technology that floats the world’s fastest trains above their tracks.

Read Full Post »

Taylor-Swift-1989-Deluxe-2014

[Spotify 以外ならテイラーのアルバムも買える:Forbes

新しいテクノロジーが登場するたびにいわれてきたこと — テクノロジーは音楽業界を滅ぼすと。

滅ぶのは音楽業界ではなくレコード会社だと Ian Morris がいっている。

Technology Is Destroying The Music Industry, Which Is Great For The Next Taylor Swift | Forbes

     *     *     *

レコード会社は中間業者

では音楽業界はテクノロジーによって滅びるのだろうか? それは・・・レコード会社が滅びるだけのことだ。理由は簡単だ。レコード会社は中間業者であり、いまや存在する必要がないからだ。航空券を直接買うように、オンラインでショッピングするように、近所の店に行く代わりにアマゾンに配達させるように、それと同じことなのだ。これまで我々はなんとかして中間業者を排して経費削減しようとしてきた。レコード会社は究極の中間業者なのだ。

So how will technology kill the music industry then? Well, it will simply destroy the record label. The reason is simple. Record labels are a man in the middle that simply doesn’t need to exist anymore. The same way we buy our flights direct, and get our shopping online and have things delivered from Amazon instead of going to a local shop. We have always been keen to enjoy cost reductions at the expense of the middleman, and the record labels are the ultimate in middle men.

     *     *     *

アーチストの発掘も

レコード会社が提供できるものは何か? 今ではほとんど何もない。新しいタレントの発掘はこれまでレコード会社の仕事だった。もちろん今でもあるが、むしろ大衆によってアーチストが発掘されることの方が多そうだ。YouTube や SoundCloud、さらには Facebook や Twitter の友人たちを通じて・・・

What does the record industry offer? Well, surprisingly little these days. It used to be the case that record labels would go and find new talent. Of course this still happens, but more likely is that an artist will be discovered by the public through YouTube, or SoundCloud or even from friends on Facebook or Twitter .

     *     *     *

音楽はバラ色だ

インターネットが音楽業界を滅ぼしているのではない。実際多くのミュージシャンやレコート会社にとってすべてはバラ色に輝いて見える。テイラー・スウィフトにとって今年は素晴らしい年だった。最新アルバムもしこたま売れているようだ。テイラーだけでなく、彼女に続く者にとっても事態は少しも変わらない。大衆は常に音楽を求める。何百年も何千年もそうだったように。人間の脳は音楽を好むようにできている。だからみんなは音楽を求めるのだ。

But it wasn’t the internet that killed the music industry. In fact, everything is still looking rosy for many musicians and labels. Taylor Swift has had a good year, and her latest album is likely to be making her very wealthy indeed. And that won’t change in all likelihood, not for Swift, and not for those who come after her. There is always going to be public demand for music, as there has been for hundreds or even thousands of years. The human brain is wired to enjoy the patterns of music, so a musical beat is something we will always seek out.

     *     *     *

テイラー・スウィフトが Spotify に否定的なのも、背後にレコード会社がいるせいと考えると分かりやすい・・・

Read Full Post »

main-qimg-4373a7fe7a684ff21151b37ff744e5f5

[iPhone Secure Enclave:Quora

Touch ID 技術の根底にある Secure Enclave についての詳細な論考・・・

What is Apple’s new Secure Enclave and why is it important? | Quora

     *     *     *

★What is Apple’s new Secure Enclave and why is it important?

– A Seven Year Apple Odyssey That Ended At The Enclave

In the torrent of the billions of words already written about Touch ID very, very few people have really understood just how revolutionary this really is. Apple not only has developed one of the most accurate mass produced biometric security devices, they have also solved critical problems with how the data from this device will be encrypted, stored and secured. Apple Calls this the Secure Enclave and it is a relatively new concept.

– The World Of The Secure Enclave

– iPhone Gets Help From Extra ARMs

– The A7 Was Built For High Security

– How Does The Secure Enclave Work?

– The A7 Is Optimized For Secure Mobile Payments

Thus we can really see just how deep the security runs in DNA of the A7 processor. The deep level hardware based secure architecture is rather rock solid. It would require a rather large magnitude of hardware hacking to even attempt access to the data stored in the Secure Enclave.

– Additional Security

To use Touch ID you will also have to create a passcode as a backup. Only that passcode can unlock the phone if the phone is either rebooted (example full battery drain) or hasn’t been unlocked for 48 hours. This is a genius feature that is meant to set a time limit for criminals if try to find a way to circumvent the fingerprint scanner.

– Huge Developer Opportunity

There are dozens of applications and use cases on the roadmap and I am certain a developer economy will build around this amazing technology. One that is very clear is retail payments and Apple will have quite a number of unique ways they will solve real problems for merchants and iPhone users. I can say this aspect of Touch ID will be more magical then what we have seen thus far. There will be connections to iBeacons and the amazing technology Apple just acquired through Passif.

– Touch ID Is Paradigm Changing

Apple has taken a very slow and methodical approach with the release of Touch ID. We can see that there was a tremendous amount of amazing work that has gone into this project. All of this convergence took over seven years of very hard work. It includes many patent applications, the acquisition of AuthenTec, the selection of the A7 processor and the integration of the TrustZone suite all baked together into what we now know as Touch ID.

This has been a long journey that has only just been made public and I am rather certain that Steve Jobs would be quite proud.

Read Full Post »

Horse_drawn_US_Mail_car

[もっと速く走る馬を:Church Unleashed Global Inc

新しい技術革新を理解できず拒否反応を示す例としてヘンリー・フォード(Henry Ford)が語ったとされることばがよく引き合いに出される。革新的なフォードのモデルT(Ford Model T)より「もっと速く走る馬(faster horses)が欲しい」と。

Apple Watch に対する Álvaro Serrano の指摘が興味深い。

Faster horses | Analog Senses

     *     *     *

理解できないものは好きになれない

ひとは理解できないものは好きになれない。これまでのところ誰も Apple Watch は好きでない。好きになるひとがいるかどうかすらよく分からない。今の時点では十分な情報がないのだ。ちゃんと比較できる対象がないため、多くのひとが自分の考えていたものとは違うという単純な理由で、見当違いだとか欠点があるといって片づけるに違いない。なぜなら iPhone のときと同じく Apple Watch も「速く走る馬」ではないといって・・・

People don’t like what they don’t understand and so far, nobody understands the Apple Watch. I’m not even sure anybody can; we just don’t know enough about it at this point. In the absence of a valid reference, many are sure to dismiss it as either irrelevant or flawed, simply because it doesn’t conform to their own existing preconceptions. Because, like the iPhone, the Apple Watch is not a horse either.

Apple Watch を好きになるべきだといっているのではない。ましてや Apple Watch を買うべきだといっているのでもない。好意的に考えてやってもいいのではないかといっているだけだ。得るものは多く失うものは少ないのだ。

I’m not saying that you should like the Apple Watch. I’m certainly not saying you should buy one. I’m just saying, it can’t hurt to give it the benefit of the doubt. There’s so much to gain and so little to lose.

Apple Watch が「速く走る馬」ではないなんて誰が分かるだろうか。いずれはお気に入りの存在になるかもしれないのに・・・

The Apple Watch is not a faster horse but who knows? It just may end up being your favorite thing.

     *     *     *

テクノロジーの世界ではこの拒否反応がとくに強いという指摘もオモシロい。

Serrano の指摘が John Gruber と Ben Thompson のポッドキャストに触発されていることがさらに興味深い・・・

Read Full Post »

[KIDS REACT TO WALKMANS (Portable Cassette Players) | YouTube

こどもたちは新しモノ好きだ。

6才から13才までの子供たちにウォークマンを与えてみた反応がすこぶるオモシロい!

この子供たちはまさに未来だ。

未来人にとってウォークマンは初見参というワケ。

たとえ過去の金字塔的な技術でも、未来人の目からみるとこうなるというところがメチャおもしろい。

子供たちの反応を見ながら、いささか複雑な思いがした。

自分も気づかぬうちに過去の延長上にしか未来を見れなくなっているのではないかと・・・

[via Nigel Hietala

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »

Older Posts »