Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘TAM’

[The Twentieth Anniversary Macintosh Experience | YouTube

オリジナル Macintosh を現代風にアレンジしたデザインが先日話題になった

とても実用的とはいえないが、それでも古くからのマックユーザーは心をくすぐられる。

ことほどさように時代物のマックはオールドファンにとって懐かしい存在だ。

20周年記念モデルの「TAM」もそんなマックのひとつだ。Twentieth Anniversary Macintosh の略で、アップルが創業20周年を記念して発売した限定モデルのことだ。

少し前だが、オーストラリアの映像アーチスト Max Piantoni が「TAM」に付属する体験 CD の紹介をしていた。

Video: The Twentieth Anniversary Macintosh Experience CD | TUAW

young_jony

この珍しい体験 CD(Experience CD)の見所は、若き日の Jony Ive が TAM のプロモーションビデオに登場しているところ。後に iMac の先駆けとなるこのオールインワンのマックについて彼が語っているのだ。[5:45 ごろから]

     *     *     *

実はこの20周年記念限定モデル「TAM」はいわくつきの製品でもあった。

1997 年の Macworld Expo で発表され、2人のスティーブに贈られたものだ。しかしこのときの Gil Amelio のキーノートは「アップル史上最悪かつ最もぶざまな製品発表」といわれた。(キーノートのジョブズの憮然たる表情はなんとも印象的だ。)

まだジョブズがアップルに復帰する前の、Amelio の時代のことだった。

ジョブズがこの TAM を嫌っていたのは有名だ。

アップルに復帰したジョブズがまず最初にやったのは Amelio の机に乗っていた TAM を窓から放り出すことだったという伝説(真偽のほどは分からない)まであるほど。

そんな TAM を Jony Ive がプロモートしているのだから皮肉だ。

その後時を経てこのデザインは現在のオールインワン iMac に結実することになる。

冒頭の Max Piantoni が解説するビデオの他にも、Jony Ive の部分だけを抜き出したものもある。

若き日の Jony Ive(まだ髪もフサフサ)が見れるだけでも貴重だ・・・

Read Full Post »

[30歳になった Mac:Apple

今回の Macintosh 30周年記念はこれまでとは違っている。

アップルがさまざまな形で大々的に取り上げているからだ。

ホームページのトップを「Happy Birthday, Mac.」で飾り、Mac 30年のタイムラインをフィーチャーする特集ページまで設けられている。

アップルのお偉方がインタビューに応じるなど、これまで過去の記念日など無視してきたのとは大違いだ。

なかでも Macworld のインタビューに応じた Phil Schiller の発言が特に注目を引いた。

Macworld: “Apple executives on the Mac at 30: ‘The Mac keeps going forever.’” by Jason Snell: 23 January 2014

     *     *     *

誰もいなくなった

「自分たちが Mac を出したころコンピュータを作っていた会社は誰もいなくなった」とアップルの世界マーケッティング担当上級副社長 Phil Schiller は木曜日にクパティーノ本社で行ったインタビューで語った。「唯一残ったのはわれわれだけだ。アップルはいまでもコンピュータを作り続けている。しかも他の PC メーカーより早い勢いで成長している。それは繰り返し自らを再発明しようとするアップルの意欲のせいだ。」

“Every company that made computers when we started the Mac, they’re all gone,” said Philip Schiller, Apple’s senior vice president of worldwide marketing, in an interview on Apple’s Cupertino campus Thursday. “We’re the only one left. We’re still doing it, and growing faster than the rest of the PC industry because of that willingness to reinvent ourselves over and over.”

     *     *     *

まごうかたなき Mac

「オリジナル Mac が持っていた重要な特質はいまもハッキリと分かる形で残っている。アップルチームは何年もかけてうまくいかなかったものがあればそれを捨て去って、何度もなんども Mac を作ってはまた作り直してきた。にもかかわらずオリジナル Mac のコンセプトはその多くが生き残り、30年たってもなお Mac はまごうかたなき Mac なのだ。」

“There were so many things of value in the original Mac that it is still recognizable,” Schiller said. The teams at Apple that have built and rebuilt the Mac over the years have had the option to toss away anything that didn’t work—and yet so much of the original Mac concept succeeded that, 30 years later, the Mac remains undeniably the Mac.

     *     *     *

これからも永遠に続く

「Mac には常に変わらぬ非常に重要な役割がある」と Schiller はいう。「その役割が終わることはない。今後もずっとそうだ。スマートフォンやタブレットと併せて、使いたいものを自由に選べるという役割だ。Mac はこれからも永遠に続くというのがわれわれの考えだ。スマートフォンやタブレットとは違うからこそ貴重なのだ。」

“There is a super-important role [for the Mac] that will always be,” Schiller said. “We don’t see an end to that role. There’s a role for the Mac as far as our eye can see. A role in conjunction with smartphones and tablets, that allows you to make the choice of what you want to use. Our view is, the Mac keeps going forever, because the differences it brings are really valuable.”

     *     *     *

1997 年に、アップル創業20周年を記念して限定販売されたのが Twentieth Anniversary Macintosh[TAM]だった。

2人のスティーブに Gil Amelio から贈られたこの TAM が発表されたときは「アップル史上最悪かつ最もぶざまな製品発表」ともいわれたが、1997 年の Macworld Expo キーノートで見るジョブズの憮然たる表情はなんとも印象的だ。

ジョブズが TAM を嫌っていたのは有名で、窓から投げ捨てたという伝説まであるほどだ。(アップルに復帰したジョブズが最初にやったのは、Gil Amelio の机に乗っていた TAM を窓から放り出すことだったと読んだ記憶がある。もちろん真偽のほどは定かでない。)

ことほどさように、過去のマシンや記念日には振り向きもせず、ひたすら未来を志向するのがジョブズ時代のアップルだった。

その意味で今回の30周年記念は画期的だ。

Macintosh 128K 以来の Mac ユーザーである筆者にとっていちばんうれしかったのは、「Mac はこれからも永遠に続く」という言葉を常にアップルの中枢にあり続けた Schiller の口から聞けたことだった・・・

★→[原文を見る:Original Text

     *     *     *

TAM

[Twentieth Anniversary Macintosh — TAM:photo

《追記》TAM もあった!

Mac タイムラインの 1997 年の項には、ちゃんと TAM も載っている!

これまたジョブズ時代には考えられなかったことだ。

併せて「Wired」がフィーチャーされ、テクノロジーの「Rolling Stone」誌を標榜したことが紹介されている。

1984 年の Macintosh 発表当時 Rolling Stone にいてジョブズをインタビューしたのが Steven Levy だった。

その彼がいま Wired で活躍していることを考えると、なにか因縁じみたものすら感じずにはいられない。

Read Full Post »