Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Subsidized Pricing’

china-mobile

[China Mobile:image

China Mobile[中国移動通信]の iPhone 発売価格がやっと明らかになった。

しかしその契約価格は思ったほど安くなかった・・・

WSJ: “China Mobile iPhone Packages Not Cheap” by Lorraine Luk: 17 January 2014

     *     *     *

驚くほど高い iPhone の契約価格

7億6千万人の契約者数を擁する世界最大のモバイルキャリアは金曜日(1月17日)に初めて iPhone の提供を開始するとともに、iPhone 契約の内容を発表した。それによると China Mobile[中国移動通信]の iPhone 5S の2年縛り契約当初価格は最低でも 5488 元(906 ドル)となる。

As the world’s largest mobile carrier with over 760 million subscribers started offering the iPhone for the first time on Friday, it announced the terms of its iPhone packages. The upfront cost of China Mobile’s 24-month iPhone 5S contract is at least 5,488 yuan ($906).

     *     *     *

競合2社よりはるかに高い

これは China Telecom[中国電信]の契約価格(4000 元)より 37% 高く、またChina Unicom[中国聯合通信]の契約価格(4699 元)より 17% も高い。この2社は契約者数では China Mobile より少ないが、昨年9月の世界同時発表以来 iPhone 5S/5C を提供している。中国では、キャリア契約なしの 16GB iPhone 5S の価格は 5288 元だ。

That’s 37% higher than China Telecom Corp.’s plans, which start at 4,000 yuan. It is also 17% more than China Unicom (Hong Kong) Ltd.’s contracts, which start at 4,699 yuan. The two carriers, though smaller than China Mobile in terms of subscriber base, have been offering the iPhone 5S and iPhone 5C since their global launch in late September. In China, an unsubsidized 16-gigabyte iPhone 5S without a carrier contract costs 5,288 yuan.

     *     *     *

WSJ の記事は、アップル以外の複数の端末についても販売助成金を出す必要があることや、競合2社がまだ 4G サービスを開始していないことなどからこのように高い価格になったというアナリストの見方を紹介している。

数日前に China Mobile(中国移動通信)の奚国華会長は、予約注文者数が百万を越えたと述べたが、オンライン予約の時点ではまだ価格はハッキリしていなかった。キャンセル料を払わなくても予約のキャンセルは可能らしいので、予約者たちがどういう反応を示すかも注目される。

中国のユーザーにとっては1か月の平均的給与(3000 元)に収まるかどうが大きなポイントだと聞いたことがある。今回の出だしはなかなか慎重だということになるのだろうか。

そういえば、Savio Chan が1月の段階では高いままだが、第2弾で大衆向けに大幅な助成措置を考えるハズだといっていたのが思い起こされる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

green_apple_logo_price.jpg

Apple Pricing

John Gruber はときどき長文の記事を書く。アップル製品の価格設定についても大変刺激的な記事を書いている。

価格競争では誰もアップルに勝てないというのだ。

Daring Fireball: “Apple’s Pricing Advantage” by John Gruber: 09 November 2010

     *     *     *

電話ビジネスの奇妙な世界

電話は奇妙なビジネスだ。奨励金をベースに価格設定がされる(subsidized pricing)せいだ。AT&T から買う 199 ドルの iPhone 4 は、実は 199 ドルではない。2年間の高額なサービス契約が背後に隠れているからだ。奨励金の付かない iPhone 価格を見ればそれは明らかだ。(アップルサイトの iPhone 比較のページに小さく書かれた文字[注1 ]を見れば明らかだ。それぞれ 16/32 GB モデルの真の価格は 599/699 ドルなのだ。

Phones are a funny business because of subsidized pricing. When you buy an iPhone 4 for $199 from AT&T, you’re not really buying it for $199, because you’re agreeing to an expensive two-year service contract. But when you look at unsubsidized phone pricing — see the small print at the bottom of Apple’s iPhone comparison page — you can see the real prices: $599/$699 for the 16/32 GB models, respectively.

     *     *     *

iPhone の競合機種は?

iPhone のこの価格は他社とも十分競争できる。サムスンの Galaxy S(来週はともかくとして今のところ「市場に出ている Android フォンとしてはベスト」だろう)は、アマゾンでアンロックモデルを買うと約 600 ドルだ。ただし内蔵ストレージは 8 GB ポッキリだ。HTC の Desire は 600 ドルちょっと欠ける。グーグルの Nexus One はよく売れたが 529 ドルもした。

These prices compare quite well to the competition. The Samsung Galaxy S — a decent choice for the current “Best Android Phone on the Market” title (check back next week, though) — costs about $600 unlocked from Amazon, and only has only 8 GB of built-in storage. The HTC Desire costs just under $600. Google’s Nexus One, while they were selling it, cost $529.

     *     *     *

キャリアとの力関係

Android フォンの多くは奨励金を割り引いた後の販売価格が iPhone より低いが、これはキャリアと端末メーカーの力関係にあるというのが真実だと思う。iPhone を扱いたいキャリアはアップルとネゴするしかないが、優れた Android 端末が欲しいなら、HTC やサムスン、LG、モトローラなどをお互いに競わせればいいからだ。

(I’d argue that the lower subsidized prices of many Android phones compared to the iPhone is really about the handset makers’ relative bargaining position against the carriers. A carrier that wants the iPhone has one option: negotiate with Apple. A carrier that wants some good Android handsets can play HTC, Samsung, LG, Motorola, and whoever else against each other.)

     *     *     *

続けて John Gruber は、iPod/iPod Touch/iPad などの iOS デバイスでもアップルが価格優位に立っているという。

iPad の場合

最後に iPad だが、競合他社の最初のモデルは7インチディスプレイのものだった。それが最適のサイズだからというのが理由だった。しかし直近の四半期決算報告に出席した Steve Jobs はこういったものだ。7インチディスプレイを採用したのは安いからだ、同じスクリーンサイズでは誰も iPad に勝てない、と。Verizon は Galaxy Tab を 599 ドル(iPad より 30 ドル安)で販売しているが、私は Jobs の説明を買うね。

Lastly, consider the iPad. The first batch of competing tablets are coming with 7-inch displays. They say it’s because they think that’s a better size. Steve Jobs, making an appearance on Apple’s most-recent quarterly financial analyst call, said it’s because 7-inch displays are cheaper, and no one else can afford to match the iPad’s price with a comparably sized touchscreen display. Given that Verizon is selling the Galaxy Tab for $599 — just $30 less than the equivalent iPad — my money goes to Jobs’s explanation.

というわけで、iPod も iPhone も iPad も、すべてアップルの価格は十分他社と競争できるか、あるいは他社より低い設定になっている。

iPods, iPhones, iPads. Across all of them, Apple’s prices are either comparable, or lower, than their competition.

     *     *     *

PC はどうか

ではこれらのデバイスと PC ではどう違うか。いくつか違いがあるが、いずれもアップルの有利に働いている。

So what’s the difference between these devices and the PC industry? A few things, and they all work in Apple’s favor.

1〕パーツの大量買い付け

まず、アップルはフラッシュストレージのような貴重で高価なパーツの大量バイヤーだ。サプライヤーから安い価格、優先的納入といった有利な条件が得られる。タッチスクリーン、LCD、ワイヤレスチップセットなどの他のパーツについても大量買い付けによる有利な条件を得る。なかでもフラッシュストレージが最も不安定な価格であり、世界最大のバイヤーとしてアップルは有利な条件を得ているのだ。それに加えて経営効率という点でもアップルは刮目すべきものがある。COO の Tim Cook ほどの賞賛を得られる人材がいたらいってみて欲しい・・・

First, Apple is the world’s leading volume buyer of a precious, expensive component: flash storage. They get better prices and priority availability from suppliers. They also enjoy volume purchasing advantages with other components — touchscreen LCDs, wireless networking chipsets, etc. — but flash storage is the most volatile, and the one where Apple has declared itself the number-one buyer in the world. Plus, Apple is a marvel of operational efficiency. Try to find someone, anywhere, to offer anything other than effusive praise regarding Tim Cook’s job as COO at Apple.

     *     *     *

2)デザインと品質

それにボリューム価格設定よりもっと大切な点がある。デザインと製品のクォリティだ。アップルの競合他社は目下のところすべてハイレベルのデザインを競っている。HTC、モトローラ、サムスンの Android 製品はいずれもデザインもよく、製造品質もいい。アップル製品ほどいいかどうかは別として、同じ土俵で競争していることは間違いない。

But there’s another major factor at play, which I believe is more important than volume pricing. It’s about design and build quality. Apple’s competitors in the consumer electronics space are, at least for now, all trying to compete at a high level with regard to design. HTC, Motorola, Samsung — their Android products are nicely designed and well-built. One can argue that they’re not as good as Apple’s products, but they’re in the same ballpark.

     *     *     *

コンピュータと家電製品の違い

これまでマスマーケットの PC メーカーはアップルのデザインおよび品質水準よりかなり低い製品を作ることに甘んじてきたし、消費者もそれを買うことに満足してきた。(大部分は今日でも同じだ。)

Whereas with PCs, the mass market PC makers have always been content to build products way below Apple’s standards for design and quality, and consumers were (and largely remain, today) content to buy them.

歴史的に見ても PC は技術的スペックで比較される。外観など関係なくスペックだけで PC を買うひとがいかに多いか驚くほどだ。しかし家電製品となるとそうはいかない。電話にどんな CPU が搭載されているか誰も知らない。(「普通のひとは誰も」知らないという意味だ。)アップルは iOS デバイスについては CPU のスペックも RAM がどれくらいあるかすら公表していない。

PCs, especially historically, were compared based on technical specs. An awful lot of PCs have been sold to people who never even looked at the enclosure — only the specs. That’s not how the game is played in consumer electronics. Nobody knows what kind of CPU they have in their phones. (Where by “nobody”, I mean “no regular people”.) Apple doesn’t even publish CPU specs for iOS devices, nor publish how much RAM they contain.

     *     *     *

モバイルの世界では圧倒的に優位

コンピュータについていえば、代表的なマックは同等の Windows PC に比べて一般的に高いといっていいだろう。しかしモバイルデバイスについてはそうではない。アップルは主としてデザイン、ユーザー体験、ブランドといった点で他の企業と競争しているのだ。生まれたばかりのモバイルコンピュータ市場は、これまでの PC 産業よりむしろ家電製品市場と共通する点が多い。そしてそのことがアップルにとって有利に働いているのだ。

With computers, again, it’s fair to say that the typical Mac costs more than the typical Windows PC. That’s not true for mobile devices, which means Apple gets to compete mostly on factors like design, user experience, and branding. In short, the nascent mobile computing market has much more in common with the traditional consumer electronics market than it does with the PC industry, and that works very much in Apple’s favor.

     *     *     *

アップル製品はデザインや品質はいいがそれにしても高いといわれたのはいつのことだったろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »