Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Steve Jobs’

[The Twentieth Anniversary Macintosh Experience | YouTube

オリジナル Macintosh を現代風にアレンジしたデザインが先日話題になった

とても実用的とはいえないが、それでも古くからのマックユーザーは心をくすぐられる。

ことほどさように時代物のマックはオールドファンにとって懐かしい存在だ。

20周年記念モデルの「TAM」もそんなマックのひとつだ。Twentieth Anniversary Macintosh の略で、アップルが創業20周年を記念して発売した限定モデルのことだ。

少し前だが、オーストラリアの映像アーチスト Max Piantoni が「TAM」に付属する体験 CD の紹介をしていた。

Video: The Twentieth Anniversary Macintosh Experience CD | TUAW

young_jony

この珍しい体験 CD(Experience CD)の見所は、若き日の Jony Ive が TAM のプロモーションビデオに登場しているところ。後に iMac の先駆けとなるこのオールインワンのマックについて彼が語っているのだ。[5:45 ごろから]

     *     *     *

実はこの20周年記念限定モデル「TAM」はいわくつきの製品でもあった。

1997 年の Macworld Expo で発表され、2人のスティーブに贈られたものだ。しかしこのときの Gil Amelio のキーノートは「アップル史上最悪かつ最もぶざまな製品発表」といわれた。(キーノートのジョブズの憮然たる表情はなんとも印象的だ。)

まだジョブズがアップルに復帰する前の、Amelio の時代のことだった。

ジョブズがこの TAM を嫌っていたのは有名だ。

アップルに復帰したジョブズがまず最初にやったのは Amelio の机に乗っていた TAM を窓から放り出すことだったという伝説(真偽のほどは分からない)まであるほど。

そんな TAM を Jony Ive がプロモートしているのだから皮肉だ。

その後時を経てこのデザインは現在のオールインワン iMac に結実することになる。

冒頭の Max Piantoni が解説するビデオの他にも、Jony Ive の部分だけを抜き出したものもある。

若き日の Jony Ive(まだ髪もフサフサ)が見れるだけでも貴重だ・・・

広告

Read Full Post »

BFernandez_03

スティーブ・ジョブズが日本文化に興味を持ったきっかけは!? | Apple/Macテクノロジー研究所

フェルナンデス家の日本風デコレーション例。

Read Full Post »

PIXAR DISNEY IGER JOBS CATMULL LASSETER

[2006 年1月24日ピクサー本社にて撮影 — 左から Ed Catmull、Steve Jobs、Robert Iger、John Lasseter:Fortune

ピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)の共同設立者のひとり Ed Catmull が、スティーブ・ジョブズについて語っていることばが興味深い。

A candid conversation with Pixar’s philosopher-king, Ed Catmull | Fortune

     *     *     *

「変化したスティーブ」(the “changed” Steve Jobs)

Fortune:ピクサーとディズニーの関係は波瀾に満ちたものでした。スティーブ・ジョブズが豹変して再度ディズニーとパートナーシップを組もうとしたのは Bob(Robert Iger)の何がそうさせたのでしょうか?

Pixar went on to have a rocky relationship with Disney. What was it about Bob that you think convinced Steve Jobs to change his mind and re-enter the partnership?

Ed Catmull:一般大衆のジョブズ観は間違っていると思います。若き日の「バッドボーイ・スティーブ」[bad boy:不良少年、悪童、反逆児]というジョブズ観です。それがアップルに大きな成功をもたらしたのだと。初期のピクサーは波瀾に富んでいましたが、本当はスティーブが学習して劇的に変わったのです。15年前に彼はあることに思い至り、その結果彼の人格が変わりました。非常に思いやりが深くなり、ひとびとへの接し方が変わりました。その時点から、彼と共に過ごしたひとは生涯を通じた友となりました。アップルを偉大にしたのは「変化したスティーブ」であり、それまでの彼ではないのです。これは典型的なヒーローの遍歴の物語です。しかしみんなはそのことを知りません。当時スティーブは強固なパートナーシップを信じ、評価していました。彼が Bob を認めたからこそパートナーとなったのです。彼らはお互いに真のパートナーになりました。それが彼が望んだことであり、かねてから考えていたことでした。ディズニーとの関係が50対50の関係だから真のパートナーシップになったのではありません。Bob がトップになったとき、一緒に仕事をできるパートナーが現われたと彼は思いました。私たちはそう思いましたし、彼ら自身もお互いにそう思ったのです。

The thing that the general public has missed is that there is a perception of “bad boy Steve” when he was younger and that that behavior led to this giant success at Apple. But while Pixar was going through its rocky beginnings, the reality is that Steve was learning and changing dramatically. About 15 years ago he figured out things and we saw the change in the person. He became very empathetic and changed the way he worked with people. And after that point everybody that was with Steve stayed with him for the rest of his life. It was the changed Steve that made Apple great, not that guy. It’s like the classic hero’s journey, except people didn’t know that. So at that time Steve appreciated and believed in strong partnerships, and what he recognized in Bob is that with Bob he actually had a partner. They both thought of each other as true partners. And that’s what he wanted, it’s what he had previously. Because our 50/50 partnership with Disney wasn’t leading to a true partnership. And when Bob came in, he thought here is a partner I can work with. And that’s what we saw in them and that’s what they saw in each other.

     *     *     *

ジョブズの、したがってアップルの成功の秘密がアップルを逐われた時代にあったことは誰もが感じている。

そのことをこれだけはっきり語ったのは Ed Catmull が初めてではないかと思う。

アップル復帰後のジョブズを見ると、「彼と共に過ごしたひとは生涯を通じた友となりました」ということばが重みを持ってくる。

ジョブズの『失われた』時代」や「『失われたインタビュー』(“Steve Jobs: The Lost Interview)」で感じたことが、共に一時代を過ごしたパートナーの口から語られているのが興味深い・・・

Read Full Post »

Sorkin-Strongly-Considering-Writing-Steve-Jobs-Biopic-2

これまで名前が挙がっているジョブズ伝記映画の配役

‘Inherent Vice’s Katherine Waterston Lands Lead In Steve Jobs Film | Deadline

監督 → Danny Boyle
プロデューサー → Scott Rudin
脚本 → Aaron Sorkin

Steve Jobs → Michael Fassbender [Prometheus]
Steve Wozniak → Seth Rogen [The Interview]
Andy Hertzfeld → Michael Stuhlbarg [A Serious Man]
Chrisann (Jobs の最初の妻) → Katherine Waterston [Inherent Vice]

Read Full Post »

Tom-Jobs

[トム・クルーズが演じる幻のジョブズ:Ars Technica

脚本家 Aaron Sorkin の意中のひとはトム・クルーズだったらしい・・・

ハッカー攻撃にあったソニー・ピクチャーズから大量の内部データが流出している。その情報から Ars Technica がジョブズ伝記映画の舞台裏を取り上げている。

Leaked Sony e-mails reveal Aaron Sorkin wanted Tom Cruise as Steve Jobs | Ars Technica

     *     *     *

主役に不本意なソニー・ピクチャーズ会長

Guardians of Peace と名乗るハッカーグループがリークした書類の大半はコロンビア映画会長 Amy Pascal[ソニー・ピクチャーズの共同会長でもある]のメールのやり取りだ。それによると、ジョブズ伝記映画のカネを稼げる主役探しに四苦八苦していた Pascal がこの映画を手放すのを決定的にしたのは Danny Boyle 監督がジョブズ役に Michael Fassbender を選んだことだった。その後ソニーの交渉期限が過ぎたため、プロデューサーの Scott Rudin と Boyle 監督は映画をユニバーサルに譲る契約を結んだ。かくて激しいメールのやり取りが展開した。

Based on e-mail messages in the Outlook mailbox of Columbia Pictures Chairman Amy Pascal, which made up nearly half of the latest leak of documents by the group calling themselves “the Guardians of Peace,” it was ultimately Director Danny Boyle’s choice of Michael Fassbender for the role of Steve Jobs that blew up the deal, as Pascal and her team struggled to find someone to help finance the film with him in the lead. Then, as Sony reached a deadline for coming up with a deal, producer Scott Rudin and Boyle closed a deal with Universal to take the picture, sparking an e-mail flame war.

     *     *     *

脚本家の意中のひとは Tom Cruise

最初にジョブズ役として名前が挙がったのは Christian Bale だった。Pascal は10月7日のメールでその選定に「非常にハッピーだ」と述べている。しかし脚本家 Aaron Sorkin から最初のシナリオが持ち込まれると、彼がジョブズ役に別の人物を念頭においてシナリオを書いたことが明らかになった。ソニーが伝記映画を手放す数週間前の10月31日、Sorkin は次のようなメールを書いている。

Christian Bale had been mentioned as a candidate for the role of Steve Jobs, and Pascal had said in an October 7 e-mail that she was “very happy” with the choice. But it was clear that Aaron Sorkin, who was brought on to write the first draft of the screenplay for Jobs, had someone specific in mind when he wrote the part. On October 31, just weeks before the wheels fell off Sony’s deal for the film, Sorkin wrote in an e-mail:

「プロデューサーの Scott Rudin と Danny Boyle 監督の2人が Tom Cruise に少なからず関心を持つよう仕向けた。2人とも彼が年を取り過ぎていると心配しているが(自分はそれほどでもない)、彼が十分セリフをこなせること[注](『大いなる陰謀』、『マグノリア』、『ア・フュー・グッドメン』を見ても)、自信をもって主役をこなせるスターであることについてはみんなの意見が一致している。・・・」
[注]Tom Cruise の失読症(Dyslexia)のことか。

I’ve gotten Scott and Danny to the point where they’re now a little interested in Tom Cruise. Though both remain concerned about his age (me less so) everyone agrees that he’s an actor who can really handle language (Lions for Lambs, Magnolia, A Few Good Men) and a movie star who feels comfortable owning the stage.[…]

Pascal もそれでいいと返事をし、彼女も Boyle 監督と話してみるといった。しかし翌日彼女が Sorkin に出したメールでは、Boyle 監督は Michael Fassbender「に約束済みのように見えた」といっている。

Pascal e-mailed back, saying that she loved the idea and that she was going to talk to Boyle about it. But the next day she e-mailed Sorkin again to say that Boyle “seems committed to” Michael Fassbender for the part.

Sorkin の返事:「これは一大事だ。Michael Fassbender なんて自分は知らないし、世間だってそうだろう。まったく正気とは思えない。」 しかしその後のやり取りでは、「くそっ、彼は偉大なる俳優で、とうとう彼の時代が到来したのだ」とも。

Sorkin replied, “This used to be an event. I don’t know who Michael Fassbender is and the rest of the world isn’t going to care. This is insane.” But in the exchange that followed, he wrote, “Fuck it. He’s a great actor whose time has come.”

「結局そういうことだったの」というのが Pascal の返事だった。

“That’s where I ended up,” Pascal replied.

     *     *     *

脚本家 Aaron Sorkin が Tom Cruise のジョブズ役を念頭においていたとは初耳だ。

David Fincher 監督と Christian Bale の組み合わせでスタートした話が二転三転する様子が窺える。

それにしても映画製作の舞台裏がこれほどあからさまになるのは珍しい。

映画スタジオとプロデューサーと脚本家が三つ巴で画策するドロドロした背景が浮かび上がってくる。結局監督も俳優もひとつの駒(こま)に過ぎず、決めるのは背後にある大きな力なのだ。

この映画の配役に声をかけてもらおうとする俳優たちの動きも登場する。

これまでのところ、主役のジョブズにはこの他にも Tobey McGuire や Matthew McConaughey などが名乗りを上げたようだし、今回のハッキングの原因ともなった映画『The Interview』の Seth Rogen は Steve Wozniak 役を希望。Tom Hanks まで John Sculley 役で動いていたらしい。Natalie Portman が Joanna Hoffman[注]役という話も一時はあった。
[注]Macintosh のオリジナル開発チームの一員。唯一のマーケティング担当者。Macintosh User Interface Guidelines もドラフトは彼女が書いた。

これだけ様々な俳優や監督が登場するのなら、いっそのこと伝記映画のメイキング映画(The Making of Steve Jobs Biopic)でも作った方がおもしろいかもしれない・・・

今回のハッカー攻撃では未公開映画、経営実態データ、契約交渉の内容、配給元の選択などのリークだけでなく、「人気度ランキング表」(Confidential “popularity polls” detailing approval ratings and awareness ratings for hundreds of A-list celebrities in different markets around the world)なるものまで流出している。配役決定時に使われる部外秘のランキング表だ。門外不出の極秘資料まで出てしまったワケ。

これだけ様々な内部情報が流出すると、映画会社としてこれまでどおりの路線を継続できるのかどうかすら怪しくなる。

IT 会社を背景に持つソニー・ピクチャーズですらこうなら、他の映画会社にとってもハッカー攻撃は脅威に違いない。ハリウッドにとっては由々しき事態だろう・・・

Read Full Post »

steve-jobs-deposition-sketch-2

[ジョブズのビデオ証言:CNET

死せるジョブズが iPod をめぐる独禁法集団訴訟裁判で宣誓証言(deposition)をした。

といっていも、死の半年前に撮影されたビデオ証言のことだが、約半時間に及んだ模様。

ビデオの非公開を主張するアップルに対し、ニュース各社(AP、Bloomberg、CNN)が一斉にその公開を求めている。

News organizations fight to release Steve Jobs deposition video | CNET

死の床にあったジョブズが宣誓証言をしていたとは知らなかった。

証言内容自体はすでに公開されているが、ジョブズファンとしては複雑な思いがする・・・

Read Full Post »

sony_hack-100532451-orig

[ハッキングを受けたソニー・ピクチャーズ:CSO Online

ハッキングを受けたソニー・ピクチャーズが大変なことになっている。

Even more Sony Pictures data is leaked: scripts, box office projections, and Brad Pitt’s phone number | Fusion

     *     *     *

ハッキングを受けたソニー・ピクチャーズが大変なことに

ソニー・ピクチャーズのハッキングはますます大変なことになっている。

The Sony Pictures hack just keeps on getting worse.

ハッキングの背後に何者がいるにせよ、ソニー・ピクチャーズに対する単なる嫌がらせに止まらず、その屋台骨を揺るがす事態に発展しそうな気配だ。スタジオの経営実態が明るみに出てしまった以上、俳優との契約交渉から配給元の選択に至るまで、すべてが難しくなりそうだ。

Whoever is behind the hack, their goal seems to have shifted from embarrassing Sony Pictures to flat-out ruining it. With so much of the studio’s operations now out in the open, everything from actor contract negotiation to vendor selection just became a lot more difficult.

     *     *     *

ジョブズの伝記映画に関する部分も。

ディカプリオでなければ25%の減益

例えば、リークしたスティーブ・ジョブズの伝記映画の営業収入予想によれば、Leonardo DiCaprio がジョブズ役を降りて Christian Bale に変わったことで25%の減益になると見込まれている。(Bale もその後降りた。)

For example, one spreadsheet showed that revenue projections for the upcoming Steve Jobs biopic fell by 25 percent once Leonardo DiCaprio pulled out of the project, and Christian Bale was cast in his place. (Bale has since quit, too.)

     *     *     *

ソニーがこの映画を手放したのはそういうワケだったのか・・・

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »