Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Stanford University’

screen-shot-2014-11-06-at-10-00-17-am

[ジョブズについて語る Aaron Sorkin:Bloomberg Video

ソニーのジョブズ伝記映画の脚本家 Aaron Sorkin が、かの有名なジョブズのスタンフォード大卒業式スピーチを手伝ったことを明かしている。

Aaron Sorkin on Steve Jobs Biopic: You Could Do Ten Movies | Bloomberg Video

     *     *     *

いくつか手を入れただけ

3度目にジョブズが電話してきたとき、スタンフォード大の卒業式スピーチの手伝いをしてくれと頼まれました。・・・実際のところ、彼の手書き原稿(typos)にいくつか手を入れただけです。私のアイデアがそこに反映されているというつもりは毛頭ありません。あれはジョブズ自身のアイデアです。自分はそれに快い響きを与える手伝いをしただけです。

Aaron Sorkin: “The third time [Steve Jobs] called me was to ask me to help him write his commencement address at Stanford. … Honestly, I fixed a couple of typos in the speech — I don’t want to suggest for a moment that any of those thoughts were my thoughts. That is the brain of Steve Jobs. And [I] helped him put the music to it.”

     *     *     *

ちなみに Walter Isaacson の書いたジョブズの公認伝記本によれば:

・‘Steve Jobs’ by Walter Isaacson: Simon & Schuster
・「スティーブ・ジョブズ」ウォルター・アイザックソン著、井口耕二訳:講談社

     *     *     *

なんども助けを借りようとした

このスピーチをおこなうにあたり、ジョブスは優れた脚本家のアーロン・ソーキン(『ア・フュー・グッドメン』『ザ・ホワイトハウス』)の助けを借りることにした。

とりあえず、いろいろとアイデアを送る。

「それが2月だったんだけど、そのあとなにも言ってこないんだ。どうなっているかと4月にたずねたら『ああ、うん』と言うから、また少しアイデアを送った。ようやくつかまえても『うんうん』ばかりで、気がついたら6月になっていて、なのになにも送ってきてくれなかった」[井口耕二訳]

For help with the speech, he called the brilliant scriptwriter Aaron Sorkin (A Few Good Men, The West Wing). Jobs sent him some thoughts. “That was in February, and I heard nothing, so I ping him again in April, and he says, ‘Oh, yeah,’ and I send him a few more thoughts,” Jobs recounted. “I finally get him on the phone, and he keeps saying ‘Yeah,’ but finally it’s the beginning of June, and he never sent me anything.”

     *     *     *

結局自分で書いた

ジョブズはパニックになった。プレゼンテーションの原稿はいつも自分が書くが、卒業式でなにをしゃべればいいかわからなかったからだ。ある晩、意を決して原稿を書いた — アイデアを妻にぶつけ、その意見を聞きながら。こうして、わかりやすくて人間味にあふれるスピーチが生まれた。スティーブ・ジョブズという完璧な製品に対する個人的な思いを飾らずつづったスピーチだ。[井口耕二訳]

Jobs got panicky. He had always written his own presentations, but he had never done a commencement address. One night he sat down and wrote the speech himself, with no help other than bouncing ideas off his wife. As a result, it turned out to be a very intimate and simple talk, with the unadorned and personal feel of a perfect Steve Jobs product.

     *     *     *

Walter Isaacson が書いた伝記本の映画化の脚本を Aaron Sorkin が手掛けるのもそれなりの理由があった。

願わくば『ソーシャル・ネットワーク』のような描き方だけはしないで欲しい・・・

Read Full Post »


[スタンフォード大 AI コース:image

スタンフォード大の iPhone プログラミングコースは有名だ。

この秋には AI[artificial intelligence:人工知能]を含む3つのオンラインコースが新設される。

John Markoff[NY タイムズ]によれば、世界中から受講申し込みが殺到しているらしい。

NYTimes.com: “Virtual and Artificial, but 58,000 Want Course” by John Markoff: 15 August 2011

     *     *     *

人工知能のオンラインコース新設

人工知能[AI:artificial intelligence]に関するオンラインコースがこの秋からスタンフォード大で無料公開される。講師はシリコンバレーの有名な2人の専門家。このコースに世界中から5万 8000 人の学生が殺到した。スタンフォード大の学生数の4倍にもなる数だ。

PALO ALTO, Calif. — A free online course at Stanford University on artificial intelligence, to be taught this fall by two leading experts from Silicon Valley, has attracted more than 58,000 students around the globe — a class nearly four times the size of Stanford’s entire student body.

人口知能のコースはスタンフォード大のコンピュータサイエンス学部が試験的に提供する3つのコースのひとつだ。エリート大学の知識と技術を世界へ広めることがその目的だ。コースの発表は火曜日に行なわれた。

The course is one of three being offered experimentally by the Stanford computer science department to extend technology knowledge and skills beyond this elite campus to the entire world, the university is announcing on Tuesday.

     *     *     *

高校生から退職者まで

人工知能のコースを取る学生には線形代数や確率論など高等数学の知識が必要だが、オンラインコースの学生にはその制約はない。今のところ希望者は高校生から退職者まで広がっており、175 か国以上のひとが関心を示している。

For the artificial intelligence course, students may need some higher math, like linear algebra and probability theory, but there are no restrictions to online participation. So far, the age range is from high school to retirees, and the course has attracted interest from more than 175 countries.

     *     *     *


[左から Peter Norvig と Sebastian Thrun:photo

世界的な専門家が講師

講師は世界的に有名な人工知能の専門家 Sebastian Thrun および Peter Norvig の2人だ。Thrun 博士は 2005 年にスタンフォード大生や教授を率いてロボットカーの製作を行なった。カリフォルニア砂漠で未舗装の道を 132 マイル走らせようというペンタゴンがスポンサーのプロジェクトに挑戦した。最近ではグーグルの秘密プロジェクト、カリフォルニアの公道を10万マイル以上走行する自律走行車の開発にも携わった。

The instructors are Sebastian Thrun and Peter Norvig, two of the world’s best-known artificial intelligence experts. In 2005 Dr. Thrun led a team of Stanford students and professors in building a robotic car that won a Pentagon-sponsored challenge by driving 132 miles over unpaved roads in a California desert. More recently he has led a secret Google project to develop autonomous vehicles that have driven more than 100,000 miles on California public roads.

Norvig 博士は元 NASA の科学者。今はグーグルの研究開発担当で、人工知能に関する代表的教科書の著者でもある。

Dr. Norvig is a former NASA scientist who is now Google’s director of research and the author of a leading textbook on artificial intelligence.

     *     *     *

当初は集まらなかった受講者

なぜたくさんの受講者が人工知能のクラスに殺到したのか分からないと2人のコンピュータ学者はいう。Thrun 博士はこの夏スペインで開かれた学会でチラシを配って宣伝したが、たった 80 人の登録者しか得られなかった。

The computer scientists said they were uncertain about why the A.I. class had drawn such a large audience. Dr. Thrun said he had tried to advertise the course this summer by distributing notices at an academic conference in Spain, but had gotten only 80 registrants.

数週間のち、人口知能向上協会の専務理事 Carol Hamilton にEメールで知らせた。それを彼女があちこち転送してくれたおかげで、知らせはウイルスのように広まった。

Then, several weeks ago he e-mailed an announcement to Carol Hamilton, the executive director of the Association for the Advancement of Artificial Intelligence. She forwarded the e-mail widely, and the announcement spread virally.

     *     *     *

世界に知らしめる

高い授業料をとっているスタンフォード大のコースを無料で提供すれば、大学にとって害があるのではないかという議論もあったらしい。Thrun 博士はその考えを一蹴した。

There has also been some discussion at Stanford about whether making the courses freely available would prove to be a threat to the university, which charges high fees for tuition. Dr. Thrun dismissed that idea.

「世界にスタンフォードを知らしめることの方が興味がある。開発途上国は途方もないほど教育を必要としているのだ」と彼はいう。

“I’m much more interested in bringing Stanford to the world,” he said. “I see the developing world having colossal educational needs.”

     *     *     *

がらりと変わったオンライン環境

MIT のコンピュータ学者 Hal Abelson は、2002 年に始まった教育教材を公開する初期の開発を支援した。スタンフォード大のコースを見ると、オンライン世界がいかに急速に変化してきたか分かるという。

Hal Abelson, a computer scientist at M.I.T. who helped develop an earlier generation of educational offerings that began in 2002, said the Stanford course showed how rapidly the online world was evolving.

「大学のコースを公開するのは10年前は大変危険な考えで、皆とても慎重だった」と彼はいう。「今やどうやって双方向的[interactive]で、共同学習的なもの[collaborative]にするかということが問題なのだ。この4〜5年の間に様々なモデルが輩出するだろう。」

“The idea that you could put up open content at all was risky 10 years ago, and we decided to be very conservative,” he said. “Now the question is how do you move into something that is more interactive and collaborative, and we will see lots and lots of models over the next four or five years.”

     *     *     *

以上のほかにも、「今は手の届かないところに教育を広めることで世界を変える」という Salman Khan のビジョンに啓発された話や、5万 8000 人もの学生にどうやって点数をつけるかなど、John Markoff の記事は興味深い話でいっぱいだ。

先にスタンフォード大の iPhone プログラミングコースを聴講したとき、アジア、特に中国人学生の活躍ぶりに強い印象を受けた。(日本人学生の姿が見えなかったことは残念だが・・・)

強い意志と英語さえあれば、インターネットには国境がないことをつくづく痛感させられたものだ。

米国の有名大学はぞくぞくと看板講座の無料公開に踏み切っている。iTunes U を見るだけでその盛況ぶりが窺える。

英語さえ分かれば誰にでも開かれた世界がそこにある。

国境や貧富に捕われずここから飛び出していく未来の若者たちはどんな活躍を見せるのだろうか・・・

日本の大学のコースが非常に少ないのがさびしい。

日本では教育までが一部エスタブリッシュメントに限られているのでなければいいが・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »