Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Staff poaching’

Update》火のない所に煙は立たぬ

apple-car-team-04

[Titan プロジェクトの面々:9to5Mac

WSJ のスクープをきっかけにアップルのカープロジェクトが注目を集めている。

投資家の興味を引いたことからありとあらゆる憶測がなされている。

そんな中でひとに着目してアップルのカープロジェクトを支えるエキスパートたちを取り上げた Jordan Kahn の記事が興味深い。

Revealed: The experts Apple hired to build an electric car | 9to5Mac

     *     *     *

ハードウェアエンジニアも多数

アップルが採用した人材からいくつか分かることがある。このエキスパートたちの長いリストをみると、アップルの野心が iOS ベースの CarPlay だけに止まらないことは明らかだ。ソフトウェアをはるかに超えて、Tesla や Ford などの有名自動車メーカーのハードウェアエンジニアまで含まれていることが分かる。このリストの大部分を率いているチームリーダーは Steve Zadesky だが、彼もまた自動車のハードウェアエンジニア出身だ。彼らの多くは Tim Cook が電気自動車プロジェクトにゴーサインを出したといわれる時期にアップルに加わっている。

A couple things we learn from the hires: Evident by this long list of automotive experts, it’s clear Apple’s ambitions go well beyond just its iOS-based CarPlay in-dash system. Well beyond software too, as many of the names below are hardware engineers coming from Tesla, Ford and other notable automotive related areas. In fact, the majority of employees on this list that are reporting to team leader Steve Zadesky come from an automotive hardware background and many only joined Apple recently or around the time Cook reportedly approved the electric car project.

     *     *     *

その長いリストはつぎのとおり:

・Steve Zadesky — team leader, Apple [former Ford executive]

・Johann Jungwirth (new hire) — former president and CEO of Mercedes-Benz Research & Development

・Robert Gough (new hire) — from Autoliv (safety systems including everything from airbags to seatbelts to radar and night vision systems)

・David Nelson (new hire) — former Tesla Motors engineer

・Pete Augenbergs — mechanical engineer at Tesla.

・Hugh Jay (new hire) — a transmission and mechanical design engineer at EMCO Gears

・John Ireland (new hire) — a senior power train test engineer at Tesla, a research engineer at the National Renewable Energy Laboratory (battery technologies)

・Mujeeb Ijaz (new hire) — from A123 Systems Inc (advanced Nanophosphate lithium iron phosphate batteries and energy storage systems)

・Rui Guan (new hire) — engineer at Ogin Inc (wind turbines and other clean energy solutions)

・Al Golko — Apple [previously Motorola]

・David Perner (new hire) — former Ford engineer on Hybrid electric vehicle systems

・Jim Cuseo — Apple [product manager on iMac]

・Fernando Cunha (new hire) — General Motors

・Lauren Ciminera (new hire) — Tesla’s Lead Recruiter

・Sawyer Cohen — Apple [previously Concept Systems]

・Phil Hobson — Apple [previously Tapwave]

・Brian Lynch — Apple

・Kurt Stiehl — Apple [iOS Accessory Product Design]

・Dillon Thomasson (new hire) — General Dynamics (aerospace and defense products)

・Sebastien Marineau — former BlackBerry exec (QNX software systems)

     *     *     *

ハンパじゃないリストの長さに圧倒される。

数百人が密かに作業中といわれる「Titan プロジェクト」が何をしようとしているのか興味津々・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》火のない所に煙は立たぬ(2月21日)

LaurenCiminera

[リクルーター Lauren Ciminera:@RecruiterLauren

アップルのカープロジェクトに関する冒頭記事について John Gruber の感想。

9to5Mac Reveals Members on Apple’s Electric Car Team | Daring Fireball

     *     *     *

トップリクルーター

Jordan Kahn と Mark Gurman による記事は見応えがある。何かが進行中だ。なかでも Lauren Ciminera の項が多くを語っていて興味深い。

Impressive reporting by Jordan Kahn and Mark Gurman at 9to5Mac. Something is going on. The big tell, to me, is Lauren Ciminera:

Lauren Ciminera(新規採用):アップル入社は9月。Tesla の Lead Recruiter を辞めてアップルに来たあと、アップルプロジェクトのためのリクルーターの仕事をしているようだ。アップルに来る前は Tesla で世界的に製造・機械技師をヘッドハントする仕事をしていた。

Lauren Ciminera (new hire). Joining Apple back in September, Lauren Ciminera is likely playing a role in recruiting employees for Apple’s project after leaving a position as Tesla’s Lead Recruiter to join the company. Before joining Apple, Ciminera was responsible for hiring manufacturing and mechanical engineers globally at Tesla.

電気自動車を作るのじゃなきゃどうして Tesla のトップリクルーターを引き抜いたりするだろうか?

Why poach Tesla’s lead recruiter unless you were building an electric car?

なお次の記事も参照:

SEE ALSO:

アップルカーの生産開始は 2020 年か

– Bloomberg reports Apple wants to ship by 2020.

自動車電池メーカーからの人材引き抜きで裁判沙汰になったアップル

– Electric-car battery maker A123 Systems has filed a lawsuit against Apple for poaching engineers.

アップルの自動車のウワサについては自分としてはかなり懐疑的だったが、火のない所に煙は立たぬだ。突如煙が立ちこめてきた・・・

I’ve been pretty skeptical about this Apple car rumor, but where there’s smoke, there’s fire. And all of a sudden there is a lot of smoke in the air on this one.

     *     *     *

最近はひとの動きを見ている方が何かが見えてくるような気がする・・・

広告

Read Full Post »

Zane_Lowe_BBC

[Zane Lowe:BBC

アップルがまた人材を引き抜いた。

今度は BBC 看板ラジオ番組の DJ だ。

Zane Lowe to leave Radio 1 in March | BBC Newsbeat

     *     *     *

アップルへ

BBC の Radio 1 放送局で10年以上を過ごした Zane Lowe が同番組を去る。

Zane Lowe is leaving Radio 1 after more than a decade at the station.

41歳の DJ は 2003 年にラジオ局に加わったが、今後は米国へ移住してアップルで働くことになる。

The 41-year-old DJ, who joined the network in 2003, is moving to the US to work at Apple.

     *     *     *

新人発掘の才覚

Zane Lowe to leave Radio 1 for Apple | Telegraph

Zane Lowe は41歳のニュージーランド人。すばらしい新人発掘の才覚を持つ。アークティック・モンキーズ (Arctic Monkeys)、アデル (Adele)、 エド・シーラン(Ed Sheeran)などがそうだ。3月5日の BBC 番組を最後にアメリカへ移住、アップルの仕事に就く予定。

The 41-year-old New Zealander, who had a knack for promoting emergent talent on the airwaves (including the Arctic Monkeys, Adele and Ed Sheeran), will present his final show on the BBC on March 5. He will then move to America to take up his position at Apple.

     *     *     *

Zane Lowe についてはこちらでも詳しく取り上げている。

アップル、英BBCから看板ラジオDJ、Zane Loweを引き抜く | BLOGOS

     *     *     *

2つの点で興味深い。

アップルが何をしようとしているのかという点がひとつ。

アップルが Beats を買収したのは昨年春だった。

Jimmy Iovine や Dr. Dre をどう使おうとしているのか未だ全容は見えてこない。

そこへ今回の Zane Lowe だ。

キュレーションをベースとした音楽ビジネスだろうとは想像できるものの、いまひとつ詳細は分からない。

ほかのすべてと同じく、「何らかのアップル製品」として結実するには長い時間がかかるということだけはハッキリしている。

いまはまだ仕込みの時期ということだろうか・・・

     *     *     *

もうひとつは英国に目が向いていること。

デザインの Jony Ive や Marc Newson がそうだ。Jony Ive の高級英国車好きも有名だ。

音楽でもロックやビートルズを生んだ英国ということだろうか。

英国的カルチャーが色濃く反映されている点が興味深い。

     *     *     *

いずれにせよアップルで何かが動いている・・・

Read Full Post »

150210_apple_mystery_van1

[アップルのミステリーカー:MacDailyNews

WSJ の若林大介記者のスクープ。

先発メーカーに対抗してアップルが電気自動車に狙いを定めたらしい・・・

Apple’s Titan Car Project to Challenge Tesla | WSJ
[WSJ は有料講読制なので、以下は The Loop から]

     *     *     *

「タイタン」プロジェクト

アップルではアップルブランドの電気自動車を製造すべく数百人の従業員が密かに作業中だ、と事情に詳しいソース(複数)は語る。コード名「タイタン」(Titan)というこのプロジェクトは、当初ミニバンに似たデザインをしていたとソースのひとりはいう。

The Cupertino, Calif., company has several hundred employees working secretly toward creating an Apple-branded electric vehicle, according to people familiar with the matter. The project, code-named “Titan,” initially is working on the design of a vehicle that resembles a minivan, one of the people said.

     *     *     *

1年前にゴーサイン

この自動車プロジェクトにクック氏がゴーサインを出したのは1年近く前のことだ。プロジェクトグループのトップにはプロダクトデザインのベテラン Steve Zadesky 副社長[こちらも]が任命された、と事情に詳しい複数のソースは語る。Zadesky 氏は Ford の元エンジニアで、これまでも iPod や iPhone を作ったアップルチームをリードしてきた。

Mr. Cook approved the car project almost a year ago and assigned veteran product design Vice President Steve Zadesky to lead the group, the people familiar with the matter said. Mr. Zadesky is a former Ford engineer who helped lead the Apple teams that created the iPod and iPhone.

     *     *     *

千人規模の研究チーム

Zadesky 氏は千人規模のチームを結成する許可を得ており、アップル社内の様々な部門から従業員を引き抜いたと、ソースのひとりは語る。アップル本社から数マイル離れた秘密の場所で働く作業チームは、ロボット工学や、自動車製造のための様々な金属や素材の研究にあたっている、とこのソースは語る。

Mr. Zadesky was given permission to create a 1,000-person team and poach employees from different parts of the company, one of the people familiar with the matter said. Working from a private location a few miles from Apple’s corporate headquarters in Cupertino, the team is researching different types of robotics, metals and materials consistent with automobile manufacturing, the people said.

     *     *     *

巨額の初期費用

自動車製造は極めてカネのかかるビジネスだ。工場ひとつ建てるだけでもゆうに10億ドルを超え、さらには1万以上の自動車部品を製造する巨大なサプライチェーンが必要だ。昨秋電気自動車 Model S セダンの増産に苦慮していた Tesla の CEO Elon Musk は、自動車製造は「ほんとに難しい」とこぼしたほどだ。

Manufacturing a car is enormously expensive. A single plant usually costs well over $1 billion and requires a massive supply chain to produce the more than 10,000 components in a car. Elon Musk , chief executive of electric-car maker Tesla, complained last fall that it is “really hard” to make a car amid the company’s struggle to ramp up production of its Model S sedan.

参入を狙うライバルにとって巨額の費用は大きなハードルだ。しかし昨年末の現金保有高 1780 億ドルのアップルにとってはさして問題にはなるまい。

The expense is a barrier to entry to many potential competitors, but would be less of a hurdle for Apple, which reported holding $178 billion in cash as of Dec. 27, 2014.

     *     *     *

折しも Tesla との人材引き抜き合戦が話題になったばかりだ。

新しく Mercedes-Benz Research & Development の CEO Johann Jungwirth がアップルに採用されたという話もある。

またアップルのものらしい自動車[冒頭写真]があちこちで散見されるようになったというウワサもある。

アップルの自動車への取り組みはどうやら本物らしい。

それにしても数百人規模、千人規模の研究チームとはスゴい!

果たしてアップルは自動車製造そのものに手を染めるつもりなのか、それとも自動車関連の新しい何かなのか?

オモシロいことになってきた・・・

Read Full Post »

Tesla-hired

Tesla が大量の人材をアップルから引き抜いていることが話題になっている。

Want Elon Musk to Hire You at Tesla? Work for Apple | Bloomberg Business

     *     *     *

150 人もアップル社員を採用

これまで Tesla は少なくとも 150 人のアップル社員を採用している。これは自動車会社を含めたどの会社からの採用数よりも多い。アップルの元スタッフたちは、6000 人の自動車メーカーのエンジニアリングや法務など多くの分野で仕事をしている。

The company has hired at least 150 former Apple employees, more than from any other company, even carmakers. The former Apple staffers work in many areas of the 6,000-employee automaker, including engineering and law. […]

自動車がコンピュータに近づいてくるにつれて従来の自動車メーカーはシリコンバレーから人材を獲得しようと躍起になっている。未来の車を開発するという点で、アップルの人材を惹き付ける Tesla の能力は突出している。

As cars become more like computers, and traditional U.S. automakers struggle to attract Silicon Valley talent, Tesla’s ability to lure people from Apple gives it an edge in developing cars of the future. […]

     *     *     *

なぜ Tesla に

元アップル社員たちが Tesla で働くことを決めた大きな理由は、未来の自動車と CEO だったという。スティーブ・ジョブズと同じく Elon Musk は激しい気性と細部へのこだわりで知られている。

Employees who have worked at Apple say their decision to join Tesla was based on its cars and its CEO. Musk has a reputation, like Steve Jobs did, for a mercurial temper and an obsessive attention to detail. […]

     *     *     *

25 万ドルのボーナスと 60% の給与アップ

アップルもまた契約時 25 万ドルのボーナスと 60% の給与アップを提示して Tesla の人材を引き抜こうとしていると Musk はいう。「アップルは Tesla に激しい引き抜きをかけたが、成功したのはほんの少しだ。」

Musk says Apple has been trying to poach Tesla employees, too, offering $250,000 signing bonuses and 60 percent salary increases. “Apple tries very hard to recruit from Tesla,” he says. “But so far they’ve actually recruited very few people.”

     *     *     *

アップルからごっそり人材を引き抜ける会社があるということにビックリさせられる。

いずれアップルにとって人材の流出防止が大問題になると Guy English が指摘したのは3年前のことだった・・・

Read Full Post »

steve-jobs-eric-schmidt

[それはアップルとグーグルから始まった:photo

このところアップル系ニュースがオモシロくない。

昔はウワサ系というジャンルがあった。

大手紙・誌が取り上げないウワサを発掘してきてはそれを披露する。

まだアップル自体がマイナーだった時代にはそれが大きな情報源だった。

現役のハーバード生が13才のとき始めた「Think Secret」はバツグンの正確さとオモシロさで一世を風靡したものだ。

それがいつの間にかウワサなどには見向きもしなかった大手紙・誌まで競ってアップルのウワサを取り上げるようになった。ウワサ系までプロ化してしまった。

枯渇する泉の周りに口を揃えて、今かいまかと水が出るのを待っているようなもの。

そんななかでさすがの大手紙・誌もあまり取り上げない話題がある。

人材引き抜き防止のためにアップルとグーグルが結んだという密約の話だ。

新しいウワサがなければ、古い話を蒸し返せということかも・・・

人材を引き抜かれてアタマにきたジョブズがグーグルの Eric Schmidt 宛に書いたEメールが表に出た。この人材引き抜きを防ぐため賃金を抑えるという「密約」は当初アップルとグーグルだけのものだったが、その後アドビ、インテル、Intuit、ウォルト・ディズニー、デル、マイクロソフト、IBM、eBay、Comcast、Dreamworks など IT の大所を含む巨大カルテルになり、独禁法訴訟の対象になっているというもの。

アップル対サムスンの訴訟資料から見つけ出した PandoDaily がシリーズで追いかけている。

このニュースについて John Gruber が微妙な言い回しながら次のようにコメントしている。

Daring Fireball: “Wouldn’t Have Happened If Tim Cook Had Been in Charge” by John Gruber: 27 March 2014

     *     *     *

スマイリー

アップルとグーグルが始めた「人材引き抜き防止・賃上げ抑制」カルテルの話を PandoDaily が連続して取り上げている。Sergey Brin がスティーブ・ジョブズからのEメールを見せられた話には笑っちゃうよ。

Pando continues its thorough coverage of the Apple/Google-led no-poaching wage-fixing cartel case. You have to laugh at this, from Sergey Brin, after being shown an email from Steve Jobs:

「ワオ、スティーブがスマイリーを使ってる。自分は一度も使ったことないのに・・・」

Wow, Steve used a smiley. God, I never got one of those.

     *     *     *

紙の証拠は残したくない

しかし、これは深刻な問題だ。先週の PandoDaily の記事によれば:

But overall, this is serious business. From Pando’s report a week ago:

Schmidt の返答:

Schmidt responded:

Omid には口頭でやって欲しいと思う。後あと訴えられないように紙の証拠は残したくないと思うんだが・・・どうもよく分からん。敬具 Eric

I would prefer that Omid do it verbally since I don’t want to create a paper trail over which we can be sued later? Not sure about this.. thanks Eric

当時のグーグルの人事担当 Shona Brown はボスに同意した。E. E. Cummings スタイルの小文字で書いた返事で:

Google’s HR head at the time, Shona Brown, agreed with her boss, in lower-case ee cummings syntax:

口頭トイウノガモットモデス ワカリマシタ

makes sense to do orally. i agree.

(Eメールだって紙と同じで有罪を示す証拠になることを Schmidt が知らなかったなんて奇妙な話だと思う。検索すればもっと簡単に見つけられるから。)

(Seems bizarre to me that Schmidt wasn’t aware that an email trail is just as incriminating as a paper trail — and more easily searched.)

     *     *     *

Tim Cook だったら・・・

まず自分が感じたこと — もし当時 Tim Cook が担当していたら、アップルはこんなトラブルに巻き込まれずに済んだだろうと自信をもっていえる。シニカルないい方でいえば、Tim Cook ならこんなことを書き物にするなんてミスはしないだろうと。理想主義的ないい方をするなら、そもそも Cook はこんなことに組しなかっただろうと。法的にも道徳的にも間違っていると分かったハズだから。

What strikes me is that I feel confident saying Apple wouldn’t be in this trouble if Tim Cook had been in charge at the time. If I want to be cynical, I’d say that’s because Cook is too careful to put anything like this in writing. If I want to be idealistic, I’d say it’s because Cook would not have agreed to participate in the agreement in the first place — that he’d have recognized that it was both legally and morally wrong.

     *     *     *

何かといえばジョブズがいないせいだというな

この種の傲慢な振る舞いはジョブズ伝説の最悪の側面だ。彼の不遜さはアップルが多くの偉大な事柄を成し遂げるのに役立ちはしたけれど、法的なトラブルにアップルが巻き込まれたのはこれが初めてではない。アップルにはもはやジョブズがいないからと Tim Cook は数多くの非難に晒されているが、これは違う意味で特筆さるべきだ。傲慢な CEO なかりせばアップルはどんなによかっただろう、と・・・
 

This sort of imperious behavior is the worst aspect of Steve Jobs’s legacy. His hubris helped Apple achieve great things, but this is not the only time it landed the company in legal trouble. For all the scrutiny Tim Cook has faced — and will continue to face, for the remainder of his career — regarding the numerous ways that Apple misses Steve Jobs, it’s been under-remarked that in other ways, Apple is better served without an imperious CEO.

     *     *     *

非常に微妙ないい方だが、ジョブズの時代にも問題は起きたのだといっている。

PandoDaily の連載がどうなるか分からないが、こんな記事が出てくるのもアップルのウワサがオモシロくないことも一因だろう。

本当はこんなときこそ、ズバリ未来の展望を語るジョブズのことばを聞きたいところ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »