Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Square’

[Philip Joyce の iOS 7 コンセプトビデオ:YouTube

Jony Ive が仕切る「フラットな iOS 7 デザイン」については、様々なコンセプトデザインで花盛りだ

とくにその皮切りとなった Philip Joyce の冒頭のビデオはなかなかオモシロい。

しかし John Gruber の目からすると、どうもこれは的外れということのようだ。

Daring Fireball: “Not Sure Why Anyone Would Spend So Much Time and Effort on an iOS 7 ‘Concept’ Redesign, But Here You Go” by John Gruber: 10 May 2013

     *     *     *

iOS 7 のコンセプトデザインは花盛りだが・・・

どうしてみんながせっせと iOS 7 のデザイン変更「コンセプト」について一生懸命なのかよく分からないが、それはそれとして・・・

Not Sure Why Anyone Would Spend So Much Time and Effort on an iOS 7 ‘Concept’ Redesign, But Here You Go

     *     *     *

たしかに気が利いて素晴しいけれど

デザインファーム Simply Zesty の Philip Joyce が作成した iOS 7「コンセプト」は、たしかに素晴しくて気の利いたデザインでいっぱいだ。しかし気が利いて素晴しいのはあくまでタッチスクリーン電話のインターフェイスの可能性としてという理論上の話だ。確かに素晴しく気が利いてはいるが、実際の iPhone の新しいデザインとなるとこれは失敗作だろう。たしかに新しい装い — 間違いなく新しくはなるだろう — ということはあるが、しかし iOS のように定着して幅広いユーザーがいる場合は、親しみ易さ(familiarity)を維持することが必要だ。「これは何? 自分は何処にいるの? いつも使っていたモノはみんな何処へいってしまったの?」などとユーザーから聞かれるようでは、これは大変なことだ。(かつて Mac OS X 10.0 ではそんな徹底的な模様替えが行なわれ、長期的には成功を収めた。しかし最初の数年間はそれまでの Mac ユーザーにとって長く苦痛に満ちた移行過程だった。iOS ユーザーにとってそんなショックは必要ないのだ。)

There are a lot of clever ideas and nice designs in this iOS 7 “concept” by Philip Joyce of design firm Simply Zesty. But they’re only clever and nice in the abstract, as possible designs for a touchscreen phone interface. Nice and clever though they are, this would be a disaster as a new design for the actual iPhone. A new look is one thing (and we’re going to get it), but when you’re well established and have a large user base, as iOS does, you need to maintain familiarity. If users are asking “What is this? Where am I? Where’s all the stuff I’m used to?” it’s going to be a disaster. (Mac OS X 10.0 was just such a radical do-over, and it was successful in the long term. But the first few years were a slow and painful transition for existing Mac users. iOS doesn’t need that sort of jolt.)

     *     *     *

アプリのアイコンの形

Joyce のデザインの細部には、ブランド戦略としてみると奇妙なほど調子ハズレのものがいくつかある。アプリのアイコンの形(shape)は — その意味では他のどの形も同じだが — 角の丸まった四角形から角の尖った四角形へは変化しないだろう。この形はアップルのもの(Apple owns)なのだ。この形を見れば誰でも「iOS アプリ」だと分かる。すべての iOS デバイスのハードウェアホームボタンにはそれが印刷されている。事実それがすべての iOS デバイスの表面で印刷されている唯一のものなのだ。2013 年の WWDC のロゴを見るがいい。(いずれ今よりいいリモートのついた Apple TV が出るまでは、Apple TV App Store もアプリも出ることはないだろうと自分は長い間考えてきた。今ではこう考えている。そんなリモートのホームボタンには今や iOS デバイスならどれでも見られるカラッポアプリのアイコンが付くに違いないと。)それに Joyce が使っているフォントだが・・・こいつは何とも。彼が使っているのはフルティガーないしはそれによく似たフォントだが、iOS のコンセプトというより Windows Phone 9 のそれのように見えてしまう。それってまるで iOS の嫌いなひとが iOS をデザインし直したように見える。こんなものが褒めそやされるのは自分にはどうもよく分からない。

And certain of Joyce’s details are oddly tone-deaf branding-wise. The shape of app icons is not going to change from round-cornered squares to sharp-cornered ones (or any other shape for that matter). Apple owns this shape; this shape says “iOS app” in everyone’s mind. It’s even printed right on the hardware home button of every iOS device. In fact it’s the only thing printed on the front face of every iOS device. And just look at the WWDC 2013 logo. (I’ve long thought we won’t see apps and an App Store for Apple TV until some future hardware revision of the product with a much-better remote control; it occurs to me now that that remote will surely have a home button with the universal empty app icon on it.) And his font choices — yikes. Frutiger (or whatever Frutiger-like typeface he’s using) makes the whole thing look more like a Windows Phone 9 concept than an iOS one. It’s like iOS re-imagined by someone who doesn’t like iOS. Hard for me to see how this is getting praised like this.

     *     *     *

遊び心は感じるけれど

もっとも、Joyce のアニメーションや場面転換から、「フラットになる」ことが必ずしも遊び心をなくすることにはならないという点は分かるけれども・・・

His animations and transitions do show how going “flatter” doesn’t necessarily mean eliminating playfulness, though.

     *     *     *

RoundRect かどうかがアップルとマイクロソフトの Metro UI を分かつ根本的な違いだ(design signatures)という視点は前にもあった

どうやら Gruber は本質を踏まえない単なるデザインのためのデザインには辛口のようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Charlie Rose – Jack Dorsey (04/25/12) | YouTube

Twitter を始めたのに使い方が分からずもがいている。

そんなときに Jack Dorsey のインタビューに出会った。

Twitter の創設者のひとりで現会長だ。

しかも相手が Charlie Rose だからこれは見逃せない。

Jack Dorsey | Charlie Rose

17 分という短いものだが、身震いがするほどスリリングだ。

Charlie Rose を相手に臆せず切り返すところは立派。

なかなかシャープだ。自分のやっていることに自信があるからだろう。自家薬籠の中ということか・・・

内容がこれまたオモシロい。

テクノロジーそのものはすでに存在している。そのテクノロジーの姿を消して見えなくすることが肝心だと・・・

     *     *     *

まったく姿を消してしまうテクノロジー

Charlie Rose:デジタル革命の何にもっともワクワクしますか?[14:30]

Jack Dorsey:まったく姿を消してしまう、見えなくなるテクノロジーには心が躍ります。

I’m super-excited about technologies that disappear completely. [14:45]

I think the next move of that is the technology disappears from our sight completely… [16:00]

     *     *     *

同じ Charlie Rose ショーに出演した David Carr の「ガジェットが姿を消してしまう」とか、Jürgen Schweizer の「iPad はカラッポのキャンバスだ」 、Jonathan Ive の「iPad 2 の最大の特長はディスプレイです。じゃまなものが一切ありません。」などということばを思い出す。

他にも Jack Dorsey のビデオがないか探してみた。

Charlie Rose ショーには前にも出演している。

Jack Dorsey, Founder of Twitter | Charlie Rose

Twitter の紹介ビデオもあった。

Jack Dorsey Presents Twitter | Vimeo

どれもなかなか見応えがあるが、Twitter の持つ意義という点では前回の Charlie Rose のものがベストか・・・

Jack Dorsey には何か Steve Jobs を思わせるところがあるような気がする。すっかり魅了されてしまった。

しばらく Twitter で彼をフォローしてみることにした。

そもそも Twitter を作ったひとがどういう使い方をするのかしばらく観察してみたい・・・

[via TechCrunch

★→[ビデオを見る:Charlie Rose Show

Read Full Post »


図形をモノにする

優れた洞察力をうかがわせる文章と出会った。

Interuserface: “Own a shape” by Clayton Miller: 01 July 2011

     *     *     *

図形が力を持つとき

目で見て分かるというケースはいろいろある。トレードマークが最も皮相的な場合であり、デザイン全体の特徴をなすデザイン・シグニチャー(design signatures)の場合は最も深く関わってくる。図形(shapes)そのものは言語の一部だ。最も基本的な図形はどこにでもあって、いかなる名前や製品、ブランドとも結びつかない。しかし図形の集合である図式(forms)という文脈、図式と交わり、統合すると、図形は強力な力を持ってくる。

Visual identity takes many forms, from the most superficial of trademarks to the most integrated of design signatures. Shapes are part of its language. At their most basic, shapes are universal, untetherable to any name, product, or brand. But in context, in their intersections and in the synthesis of forms, they are powerful.

     *     *     *

4つの基本図形

冒頭に示したのは4つの図形だ。四角形RoundRect[角が丸い四角]、Squircle[<square + circle:四角形と円の両方の特長を備えたもの]、の4つだ。[注:いずれもスーパー楕円 Superellipse に属する。]4つの図形は左右同形で、幾何学的にもシンプルだ。それぞれの図形と関係あるものを探そうとすると無数にある。しかし特定のスペース、特定のマーケットで考えると、事情は逆転する。モバイルソフトウェアの世界では、これらの図形は特定のものと関係が深く、ときには非常に強い関連性を示すのだ。

Illustrated above are four shapes: a square, a roundrect, a squircle, and a circle. Bilaterally symmetrical and geometrically simple, each shape’s popular associations are innumerable. Yet in a particular space, the context of a particular market, this is inverted: In the world of mobile software, each of these shapes has a definite association, some quite strong.

     *     *     *

特定の結びつき

マイクロソフトの Metro UI は四角形を自分のモノにしている(owns)。RoundRect はアップル独占だ。Springboard ローンチャーから iPhone ハードウェアにいたるまで。ノキアの場合は MeeGo で Harmattan UI に参入したのは遅かったが、Squircle を使っているところがないのに気づき、とても上手に使っている。Palm は PalmOS の初期のころから WebOS まで円を使っており、HP もその伝統に注意深く従っている。(Palm も HP もロゴの文字を円に配していることに気づくひともいるかもしれない。)

Microsoft’s Metro UI owns the square. Apple has a corner on the roundrect, from the Springboard launcher to the iPhone hardware itself. Nokia, despite its late entry with MeeGo’s Harmattan UI, found the squircle unclaimed and ran with it beautifully. Palm has used the circle from the early days of PalmOS, and in WebOS, HP continues the tradition with care (one might even note that both Palm and HP structure their wordmarks around the circle).

     *     *     *

マネとホンモノ

とはいっても王者を真似ようとするものはどこにもいる。サムスンの Bada も四角形を使うかもしれないが、マイクロソフトのモンドリアン的傑作には及ばない。RIM も結構うまく RoundRect を使うかもしれないが、アップルほど徹底してはいない。唯一際立っているのが Android だろう。一貫した図形が見られないのだ。フラグメンテーション症候ということか?

And yet there are pretenders to every throne. Samsung’s Bada may use the square, but it can’t hold a candle to Microsoft’s Mondrian-esque masterwork. RIM may use roundrects pleasantly enough, but not with the subtle consistency Apple does. The lone standout is Android, which doesn’t really have a unifying shape – a symptom of fragmentation?

     *     *     *

図形を使いこなす

色彩も無限の結びつきが可能だが、歴史的には特定マーケットとの強い結びつきが見られる。同様に図形も強力で、かつ他との微妙な差別化をもたらす要因だ。図形を自分のモノにするのは容易なことではない。サムスンや RIM の例で見たように、図形そのものに影響力があるわけではない。特定の図形を見事に自分のモノにできるのは、単なる見せかけではなく、基本的な構成要素としてうまく使いこなしたときだ。首尾一貫した個性のある優れたデザインのために図形の力を使いなさい。そうすれば何時の日か図形はあなたのモノになる。

Like color, which also despite limitless associations has a history of strong associations within a market, shape is a powerful, yet subtle differentiator. Owning a shape isn’t easy – by itself, as demonstrated by Samsung and RIM, a shape is hardly potent. Those who have successfully laid claim to a shape have used it as a building block rather than as window dressing. Use the power of shape to reinforce good design with coherence and identity – and that shape may one day be yours.

     *     *     *

こういうことを考えるデザイナーがいるのだなあ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »