Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Sports’

[#WorldCup on Twitter: Love every second. | YouTube

いよいよ・・・

[via Fast Company

Read Full Post »

alone_on_the_wall

[Alone on the Wall: Alex Honnold:Vimeo

フリーソロクライマーの Alex Honnold。

ヨセミテのハーフドームに挑戦。北米最大の絶壁だ。

命綱も使わず、生身の身体だけで挑む。

その全貌はこちら

“What am I doing up here?”

独り壁に立つ彼は何を考えるのだろうか・・・

★ →[ビデオを見る:Vimeo
★ →[ビデオを見る:National Geographic

Read Full Post »

daily-cartoon-140212-465

メダルを取れるかとれないか — まさにオリンピック競技の過酷さ・・・

[via ParisLemon

★ →[イラストを見る:Original Art

Read Full Post »

World Series Fever: BSO VS. SLSO! | YouTube]

今年のメジャリーグ(MLB)王者を決めるワールドシリーズ。

セントルイス・カージナルスとボストン・レッドソックスの闘いだ。

両チームのファンがその前哨戦を闘っている。

毛色が変わっているのはファンが交響楽団員だというところ。

セントルイスとボストンはどちらも有名な交響楽団を抱えている。

ボストンは小澤征爾さんが応援団を買って出た。

二つの交響楽団の対決をとくとご覧ください。

ファンの対決といってもなかなかスマートだなあ!

それにしても小澤さんの楽しそうなこと・・・

[via ARTery

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »

tumblr_mu0gxxHm6L1qz4mo8o2_1280

アメリカスカップ(America’s Cup)のために新たに設計されたカタマラン(双胴船)AC72 。

ヨットというより、これはもう飛行機だ!

その空飛ぶ勇姿を撮ったビデオがスバラしい!

No Second Place: Inside the America’s Cup – 34th America’s Cup: Learning to Fly | Red Bull

すぐ思い出すのは映画『Waterworld』でケビン・コスナーが乗った船。

第34回アメリカスカップ(34th America’s Cup)は、BMW オラクルレーシングが所属するゴールデンゲート・ヨットクラブがホストを務め、2013年9月にアメリカ合衆国・サンフランシスコで開催された。

このカタマランに乗った BMW オラクルレーシングは再びカップを制した

こんなカタマランに乗って海に出てみたい・・・

[via ParisLemon

★ →[ビデオを見る:Red Bull

Read Full Post »


【Lionel Messi World’s Greatest Player HD | YouTube
[|| Lionel Messi || World’s Greatest Player || ITV4 Documentary || – YouTube
[Lionel Messi World’s Greatest Player HD – Video Dailymotion

サッカー好きに捧げるリオネル・メッシ(Lionel Messi)のドキュメンタリー。

貧しいアルゼンチンの少年時代から、サッカー界の頂点に登り詰めて3年連続バロンドール(Ballon d’Or:最優秀選手賞)に輝く栄光の軌跡が描かれる。

アルゼンチンの少年時代のプレー、17歳のゴールキーパー越えのシュート、19歳のハットトリック達成など、伝説の映像が盛り沢山だ。

ボールのキープ力と正確無比のシュートには改めて目を見張らされる。

     *     *     *

有名選手や監督の口から次々に最高の賛辞を浴びる。

バルセロナに在籍したことのあるエリック・アビダル(Eric Abidal)のことばがとても印象的だ。[41 分頃から]

Eric Abidal のメッシ評

みんな知っているように、メッシはどこに動けばよいか知っている。1対1、2対1、3対1、どの場合にどこに動けばよいかを・・・

He knows where he needs to go, and as we’ve seen, if it’s 1 against 1, 2 against 1, 3 against 1.

彼は冒険を厭わないプレーヤだ。そのことを何度も見せてくれたし、いくつも信じられないゴールを決めてみせた。

He is a player who will dare to try things…
… and he’s already shown that many times, and scored some incredible goals.

メッシのスゴいところは・・・彼が次に何をするか誰にも分からないところだ。それが彼の手に負えないところだと思う。

But, the problem with Leo is that…
… no one knows what he’s joing to do.
I think that’s the problem.

彼はまるで我々世代の中の地球外生命体みたいな存在だ。

He’s like the extra terrestrial of our generation.

その若さにも関わらず、何でもやれるし、そのことを示してくれたと思う。

… he’s capable of anything as I think he’s already shown that, despite his young age.

     *     *     *

控え目でシャイとも思える人柄にも大きな好感が持てる。

それでもまだ24歳という若さ・・・

101 Great Goals: “The Lionel Messi ITV4 Documentary: ‘World’s Greatest Player’“: 08 March 2012

弱冠24歳で世界最高のプレーヤ

リオネル・メッシ(Lionel Messi)についてはいつもそうであるように、このドキュメンタリーもバルセロナのストライカーが如何に素晴しいかを描いている。かかる本格的ドキュメンタリーが制作されてなお、彼はまだ弱冠24歳なのだ!

As ever with Messi, it says much about how brilliant the Barcelona striker is, when serious documentaries like this are being made and he is only 24!

     *    *     *

この45分は決してあなたの期待を裏切らないだろう。

すっかりファンになり、二度も三度も見返した・・・

★ →[ビデオを見る:Dailymotion

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1OX

Read Full Post »

Update 3:FIFA の優勝インタビュー》
Update 2:沢主将、MVP と得点王を獲得》
Update:起死回生のミラクルシュート》


なでしこジャパン 世界一! | Thorsten Wagner/Getty Images]

取られたら取り返す。最後まで諦めない。それが世界チャンピオンをもたらした!


殊勲者 GK 海堀 | Getty Images]


モーガンが先取点 | Getty Images]


宮間の同点ゴール | Frank Augstein/AP]


ワンバックの追加点 | Getty Images]


さらに沢が取り返す | Getty Images]


ついに PK 戦を制す | Kai Pfaffenback/Reuters]


勝った、勝った | Christof Koespel/Getty Images]

     *     *     *

諦めない日本。

The Japanese never quit.

Three postgame thoughts on U.S.-Japan – Grant Wahl | SI.com

     *     *     *

日本チームのゴールは不屈の精神を象徴しているかのようだ。悲劇的大震災から復興しつつある日本の同胞から力をもらい、かつまた彼らに力を与えるかのように・・・

[…] The goal seemed to symbolize the never-say-die attitute of the Japanese team, which had gained strength from its countrymen — and vice versa — in representing a country still recovering from a devastating earthquake earlier this year.

Women’s World Cup Final: Japan Stuns U.S. in Shootout | NYTimes.com

     *     *     *

決勝戦のハイライト動画はこちら。

→[Japan 2:2 a.e.t. 3:1 PSO USA | FIFA.com]
→[Japan vs USA FIFA World Cup Final 2011 Full Highlights, Goals, Japan beats United States, Women‬‏ | YouTube]

なでしこ活躍の写真はこちら。

→[FIFA Women’s World Cup | FIFA.com]
→[Japan defeats USA in Women’s World Cup [Photo Galleries] | NewsObserver.com]

     *     *     *

《Update》起死回生のミラクルシュート(7月19日)


[これが起死回生のミラクルシュートだ | Photo

延長後半に沢選手が放った起死回生のミラクルシュートは日本の勝利に大きく貢献した。

ところがいくらテレビを見ても、背後からの映像だけで、なぜ沢選手の角度からあの鋭いシュートが決まったのかよく分からない。

スポーツ報知によれば「・・・沢は、ゴールに背を向けながら右足アウトサイドでゴールを決めた」のだそうだ。

こちらのブログに掲載された NHK 放映の写真を見て、実に神懸かり的なミラクルシュートであったことが初めて分かった。

よくぞ得点につながったものだ・・・

どこかの局のインタビューで、沢選手自身が「歓声が起きるまでゴールに入ったのは分からなかった」といっていたのもうなずける。

     *     *     *

《Update 2》沢主将、MVP と得点王を獲得(7月19日)


adidas Golden Ball Homare Sawa, Abby Wamback, Hope Solo | Mike Hewitt/Getty Images]

FIFA.com: “Double delight for Sawa“: 18 July 2011

澤 穂希(さわ ほまれ)にとって国際サッカー連盟(FIFA)主催女子ワールドカップ(W杯)は5回目の出場だ。この10番のミッドフィルダーは日本チームにとってこれまでになく貴重な存在となった。持てるすべての経験と技術、創造力を発揮、バックの4名を率いて敵陣切り裂き、ディフェンスとアタックを優れたパスで楽々とつなぎ、フォワードにキラーボールを与えた。5つのゴールを決めたことが栄誉に花を添えた。

In her fifth appearance at the FIFA Women’s World Cup, the Japan No10 was more precious to her team than ever before. Deploying all her reserves of experience, skill and creativity, Sawa not only put in the spadework in front of her back four, effortlessly linking defence and attack with intelligent passes, but also released her forwards with killer through balls. The icing on the cake was her clinically-taken haul of five goals.

32歳のスーパースターは決勝戦のどの場面でも威力を発揮した。117 分の2対2の驚くべき同点ゴールは試合を PK 戦に持ち込んだが、沢自身の個人的な栄誉を勝ち取っただけでなく、世界チャンピオンとなる夢も果たした。「沢は ball-winner[敵からボールを奪う能力]、build-up play[ゲームメーク能力]、goal-getter[得点能力]のすべてを兼ね備えていた。沢こそまさに完璧なプレーヤだ」と Tina Theune[2003 年ワールドカップのドイツの勝利コーチで、FIFA の技術研究グループメンバー]は語る。沢は MVP に指名されて Golden Ball を獲得しただけでなく、得点王として Golden Boot も獲得した。

The 32-year-old superstar stamped her authority all over the finals, crowning her personal triumph in the final with a stunning 117th-minute equaliser to level the scores at 2–2, send the game into penalties, and ultimately realise her dream of global glory. “She’s a ball-winner, the orchestrator of her side’s build-up play, and a goal-getter all in one. She’s definitely one of the most complete players,” declared Tina Theune, a FIFA Women’s World Cup-winning coach with Germany in 2003 and a member of the FIFA Technical Study Group, speaking exclusively to FIFA.com. Sawa was not only named best player at the tournament, but also takes home the adidas Golden Boot as top scorer.

     *     *     *

《Update 3》FIFA の優勝インタビュー(7月19日)


勝った日本チーム | Michael Sohn/AP]

FIFA.com: “Sawa: I could never imagine this“: 18 July 2011

FIFA:チームジャパンは何が特別だと思いますか?

FIFA.com: What do you think makes this Japan team so special?

澤 穂希:チームの全員が最後の最後まで諦めずベストを尽くした。2対1になったとき、これでダメかなと自分は思ったが、でも誰も諦めなかった。だから勝ったのだ。各戦を通してすばらしいチームだったし、よくひとつにまとまっていた。交代選手も試合の間中サポートしてくれた。若手も落ち着いていた。宮間、福元、近賀などの選手は北京オリンピック後の成長めざましく、チームに大変貢献した。

Homare Sawa: None of our players gave up and they worked hard until the last minute. When the score went to 2-1, I thought it might be difficult for us but nobody gave up and that’s how we made it. We were a good team throughout the tournament and remained united as one. The substitute members supported us all the way through the competition and the young players remained calm. The players like Miyama, Fukumoto and Kinga all developed and grew up a lot after the Beijing Olympics and they helped us a lot.

Read Full Post »