Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Sony’

Howard_Stringer_a_p

Ex-Sony CEO Howard Stringer on Sony’s Failures and Time Inc.’s Big Challenges | The Hollywood Reporter

“Running a big company is like running a cemetery: there are thousands of people beneath you, but no one is listening.”

“It was a bit like that at Sony.”

広告

Read Full Post »

Update》さっそく登場した予告編

[Aaron Sorkin: Christian Bale ‘Will Crush’ Steve Jobs Role | YouTube

どうやら結局 Christian Bale がソニー映画のスティーブ・ジョブズ役をやることが本決まりになったらしい。

Christian Bale Didn’t Have to Audition for Jobs Film Role | Bloomberg

“We needed the best actor on the board in a certain age range and that’s Chris Bale,” Sorkin told Bloomberg Television’s Emily Chang on a coming edition of “Studio 1.0.” “He didn’t have to audition. Well, there was a meeting.”

“He has more words to say in this movie than most people have in three movies combined,” Sorkin said. “There isn’t a scene or a frame that he’s not in. So it’s an extremely difficult part and he is gonna crush it.”

ジョブズ公式伝記の映画、クリスチャン・ベールがジョブズ役に(SONY Pictures配給) | トブ iPhone

スタンフォード大学卒業スピーチの後日談「人生ははかない」 | Steve Jobs museum

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》さっそく登場した予告編(10月24日)

Sneak Preview: Christian Bale As Steve Jobs – CONAN on TBS | YouTube

さっそくジョブズ映画の予告編が登場した。

ただし、コナン製作でバットマン風だが・・・

Read Full Post »

christian-bale-the-stand

Christian Bale がジョブズ役を演じる話はまだ消えていない・・・

Christian Bale is Steve Jobs: Actor in Talks to Play the Apple Co-Founder | Variety

Sources confirm the actor is in talks to star in “Jobs,” Sony’s biopic about the late Apple co-founder.

“It’s a little like writing about the Beatles,” he added. “There are so many people out there that know him and revere him.”

Read Full Post »

Leonardo_DiCaprio

Leonardo DiCaprio Exits Steve Jobs Biopic as Contenders Line Up (Exclusive) | Hollywood Reporter

But instead of making the untitled Jobs biopic right after, as had been hoped, DiCaprio has removed himself from the project altogether.

旧記事から:

ディカプリオのジョブズなんて見たくない | maclalala2

ジョブズ役は Christian Bale に決定か | maclalala2

ジョブズの伝記映画が進行中 | maclalala2

Read Full Post »

boyle-dicaprio

[DiCaprio と Boyle:photo

映画好きの MG Siegler が、Christian Bale ではなく Leonardo DiCaprio がジョブズ役になりそうだというのでガッカリしている。

ParisLemon: “Boyle & DiCaprio To Team Up For The Steve Jobs Film?” by MG Siegler: 21 April 2014

     *     *     *

Boyle 監督、DiCaprio 主役か

Boyle & DiCaprio To Team Up For The Steve Jobs Film?

The Hollywood Reporter 紙の Kim Masters いわく:

Kim Masters:

ソニー・ピクチャーズは期待のスティーブ・ジョブズ伝記映画の監督を David Fincher から Danny Boyle に替える方向で協議に入った。Boyle は Leonardo DiCaprio に主役の話を持ちかけているという。

Moving fast to replace David Fincher on its highly anticipated Steve Jobs movie, Sony Pictures is in talks with Danny Boyle to direct the biopic of the late Apple Computer co-founder. Boyle is said to have approached Leonardo DiCaprio to star.

     *     *     *

ガッカリだ

David Fincher と Christian Bale の組み合わせほどよくはない・・・というか、もっとずっと悪い。

Not as good as the Fincher/Christian Bale combo, but could be a lot worse.

興味深いことに、『アメリカン・サイコ』(原題:American Psycho)の主役は DiCaprio が降りた後 Bale になった。(Bale としては今回の役を承諾していたワケではないので[MG Siegler の期待は]完全に夢物語に終わってしまった。)Boyle と DiCaprio が一緒に仕事をしたのは『American Psycho』の代わりに撮った『ザ・ビーチ』(原題:The Beach)が最近作だった。

Interestingly enough, Bale got his role in American Psycho when DiCaprio dropped out. (Though Bale was obviously never actually committed here, it was more of a perfect pipe dream.) And the last time Boyle and DiCaprio worked together was the movie DiCaprio made instead of American Psycho: The Beach.

     *     *     *

先日 The Dissolve が、どんな役にも挑戦して成りきってしまう Bale の特集をしていた。いわく「どんな役にでも変身する Christian Bale」(Christian Bale, shape-shifter)と。

Bale がジョブズを演じることを期待してのことだろう。

DiCaprio のジョブズなんてなかなか想像できない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

david_fincher

[David Fincher 監督:photo

Walter Isaacson のベストセラーを『ソーシャル・ネットワーク』(原題: The Social Network)の監督で映画化しようとしていたソニーの計画が暗礁に乗り上げているようだ。

The Hollywood Reporter: “David Fincher Out of Steve Jobs Movie in $10 Million Fee Fight (Exclusive)” by Kim Masters: 14 April 2014

     *     *     *

過大な要求

スティーブ・ジョブズ映画に対する期待は大きいが、David Fincher に代わる監督をソニー・ピクチャーズは探している。彼の要求と映画へのコントロールが余りにも大きすぎるためだと複数のソースが伝えている。

Sony Pictures is looking to replace David Fincher as director of its highly anticipated Steve Jobs movie due to his aggressive demands for compensation and control, according to several sources.

     *     *     *

1千万ドルの手付金

ウワサでは、スタジオとの交渉で Fincher は1千万ドルの手付金とマーケティングの支配権を要求しているといわれる。ソニーは 2011 年の映画『ドラゴン・タトゥーの女』(原題: The Girl with the Dragon Tattoo)で彼の要求をかなり飲んだ。なかには「クリスマスには不向き」という宣伝文句を使えという彼の要求もあった。・・・
 

Fincher is said to be seeking a hefty $10 million up front in fees, as well as control over marketing, in negotiations with the studio. Sony allowed him considerable input into the marketing of the 2011 film The Girl With the Dragon Tattoo, including honoring his request to use the tagline “The feel bad movie of Christmas” in its campaign. […]

     *     *     *

どうやらこのジョブズ映画は最初からカネまみれのようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

christianbalestevejobs

[Christian Bale とジョブズ:photo

バットマン『Dark Knight』 の Christian Bale がソニー映画のジョブズ役に決まった模様・・・

TheWrap: “Christian Bale Is David Fincher’s Choice to Play Steve Jobs in Sony Movie (Exclusive)” by Jeff Sneider: 20 March 2014

     *     *     *

ジョブズ役は Christian Bale か

製作プロジェクトに詳しいひとりの人物が TheWrap に語ったところによれば、オスカー賞俳優 Christian Bale が David Fincher 監督の映画でスティーブ・ジョブズを演じる第一候補らしい。Aaron Sorkin 脚本のこのソニー映画のタイトルはまだ未定だ。

Oscar winner Christian Bale is David Fincher’s choice to play Steve Jobs in the untitled movie that Aaron Sorkin has written for Sony, an individual familiar with the project has told TheWrap.

     *     *     *

ジョブズ役が Bale なら、Fincher が監督してもいい

Fincher は最近ソニーの Amy Pascal と会って、映画監督の可能性について話し合った。彼は単刀直入に Bale がジョブズ役なら監督してもいいと述べたという。

Fincher recently met with Sony’s Amy Pascal to discuss the possibility of directing the film, and told her, in no uncertain terms, that he’d only take the reins of the project if Bale plays Jobs.

     *     *     *

Pascal と Fincher と Bale

Fincher と Pascal は、映画『The Girl With the Dragon Tattoo』の製作を通じて緊張関係にある。しかし Pascal はプロデューサーとしての彼に信をおいており、彼といい関係を持ちたいと願っているのだと、インサイダーのひとりは語っている。Pascal と Bale は映画『American Hustle』の体験から良好な関係を持っていることも役立っている。Bale は同映画で激しい競争の中でオスカーにノミネートされた。

Fincher and Pascal had a tense relationship during the making of “The Girl With the Dragon Tattoo,” but Pascal believes in him as a filmmaker — and is inclined to keep him happy, according to one insider. It helps that Pascal has a good relationship with Bale, following a positive experience on “American Hustle.” The film earned Bale an Oscar nomination during a highly-competitive year.

     *     *     *

当初から第一候補

スティーブ・ジョブズはバットマン役とはだいぶかけ離れているが、Bale の身体的特徴がジョブズによく似ていることから、この映画が発表されて以来、テクノスーパーヒーローを演じる第一候補とみなされてきた。

While Steve Jobs is a long way from Batman, Bale has been considered a prime contender to play the tech superhero since the project was first announced due to his physical resemblance to the Apple co-founder.

     *     *     *

Bale 自身はまだ

Bale はまだジョブズ役を演じることについての話を受けていない。Ridley Scott の映画『Exodus』のモーゼ役をこなした後、家族で休暇をとっているためだ。この聖書大作はアカデミー賞の時期にはまた話題になると思われる。

Bale has not been approached to play Jobs yet, as the actor is taking a brief break from the business to spend time with his family since wrapping the role of Moses in Ridley Scott’s “Exodus.” The Biblical epic is expected to have Bale back in the awards conversation.

     *     *     *

脚本は Aaron Sorkin

Aaron Sorkin は Fincher 監督のフェイスブック映画『The Social Network』の脚本でオスカーを受賞したが、今回の脚本は Walter Isaacsonこちらも]のベストセラー自伝本に基づいている。この伝記はまた、著者とジョブズ自身、友人や家族、同僚などとの 40 のインタビューに基づいている。

Sorkin, who won an Oscar for writing Fincher’s Facebook drama “The Social Network,” based his script on Walter Isaacson’s bestselling authorized biography. That book was, in turn, based on more than 40 interviews that author had with Jobs, as well as interviews with friends, family and colleagues.

     *     *     *

3つの製品発表シーン

この映画では有名なアップルの製品発表に関する3つの長時間シーンが登場する。 Mac、NeXT(ジョブズがアップルを追われた後)、iPod がそれだ。

The film consists of three long scenes regarding Apple’s buzzed-about product launches, including the Mac, NeXT (after Jobs had left Apple) and the iPod.

     *     *     *

製作開始は今年末か

映画製作は今年の終わりごろに開始されるかもしれない。Bale も Fincher もそれぞれの近作映画『Exodus』および『Gone Girl』の秋のプロモーションで忙しいためだ。

Production could begin before the end of the year, though an early 2015 start is more likely, as both Bale and Fincher will be busy this fall promoting their respective movies, “Exodus” and “Gone Girl.”

     *     *     *

イギリス生まれの Christian Bale は『リベリオン』の特異な役を演じたときいらい大好きな役者のひとりだ。

唯一の懸念はフェイスブック映画『The Social Network』の印象が強すぎること。Zuckerberg というとこの映画のこすっからいシーンと重なってしまう。

あんな風にジョブズが染め上げられてしまわなければいいが・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:パズルのピースを埋めて行く》

jobs_remembering_morita

[盛田昭夫氏の急逝を偲ぶジョブズ:Vimeo

ソニーがパソコン事業からの撤退を決めた。

そのソニーの VAIO にまつわるスティーブ・ジョブズの秘話が興味深い。

Mac の30周年をきっかけに林信行氏が明らかにしたもの。その第2話に「Mac 互換機 VAIO」の話が登場する。

nobi.com (EN): “The tales of Steve Jobs & Japan #02: casual friendship with Sony” by Nobuyuki Hayashi: 05 February 2014

     *     *     *

Mac OS で動く VAIO

ソニーの幹部たちは例年冬をハワイで過ごし、新年をゴルフで祝うのが常だった。そんな 2001 の新年ゴルフコンペでの話。「スティーブ・ジョブズとアップルの幹部たちがゴルフの最終コースで私たちを待っていました。『Mac OS で動いている VAIO』を抱えて・・・」と安藤国威元社長は当時を思い出して語る。2001 年は Mac OS X が出荷された年だったので、これはインテルバーションの Mac OS X だと思ったという。その後アップルは4年間もそのことを隠し続けた。

Most of Sony’s executives spends their winter vacation in Hawaii and play golf after celebrating new year. In one of those new year golf competitions back in 2001, ” Steve Jobs and another Apple executive were waiting for us at the end of golf course holding VAIO running Mac OS” recalls Ando; 2001 is the year, Mac OS X shipped and I am speculating this is Intel-version of Mac OS X, they hid for four and half years since then.

     *     *     *

例外を作っても・・・

1997 年にジョブズが復帰してアップルの指導権を握ったとき、最初にやったことのひとつが Mac 互換機ビジネスをやめることだった。Mac のエコシステムが破壊されるというのが理由だった。UMAX だけが唯一 Mac 互換機メーカーになる寸前までいったけれど、結局ジョブズは逆の決断をした。Mac 互換機ビジネスはアップルの事業だけでなく「Mac」ブランドにとっても有害だと考えたのだ。しかしそのジョブズが 2001 年には例外を作ってもいいと考えた。その例外がソニーの VAIO だった。

When Steve Jobs regained the control of Apple back in 1997, one of the first thing he did was to close all the Mac-compatible deals claiming it is destroying Mac’s eco-system. UMAX CEO almost got a deal with Steve Jobs that they’d become the sole manufacturer of Mac-compatible but Jobs ultimately decided otherwise. Steve Jobs believed that Mac-compatible business would harm not only Apple’s business but also the ‘Mac’ brand. But that same Steve Jobs was willing to make an exception in 2001. And that exception was Sony’s VAIO.

     *     *     *

タイミングが悪かった

安藤はアップルが好きだった。Mac と VAIO は哲学的に非常に近いものがあるといつも感じていた。とくに彼は 1998 年に発表されたオリジナル iMac に感心していた。しかしソニーにとってはタイミングが悪すぎた。ソニー VAIO の人気がちょうど出始めたところで、VAIO チームは VAIO のソフトとハードを Windows プラットフォームに最適化する作業を完了したばかりだった。このため VAIO チームのほとんどは「そんな価値があるだろうか」と反対した。かくて Mac 互換機 VAIO の話は終わりを告げた。

Ando liked Apple. He always felt Mac and VAIO were so close in philosophy. He especially admired the original iMac introduced in 1998. But the timing was bad for Sony, it is just about the time, Sony’s VAIO gained popularity and it is just about the time that VAIO team had finished optimizing both VAIO’s hardware and software specifically for Windows platform. Because of this, most of the VAIO team opposed asking ‘if it is worth it.’ And that was the end of story for this Mac-compatible VAIO.

     *     *     *

アップル側からみた同じ話について前に紹介したことがある。「Marklar:MacOS X はこうして生まれた・・・」というエピソードだ。

もしこのとき「Mac 互換機 VAIO」の話が実っていたらと考えると胸が躍る。Mac の歴史もずいぶん変わっていたかもしれない・・・

林氏の記事は海外では The Verge を手始めに、MacRumorsEngadgetBGR9to5MacAppleInsiderCult of MaciMoreSlashGearMacDailyNews など広く取り上げられたが、日本ではあまり取り上げられていないように思えるのは残念だ。

氏の記事にはこのほかにも、

・盛田昭夫氏とマイケル・ジャクソンやスティーブ・ジョブズとの交流
・アップルストアの原点となった SonyStyle リーテイルへのジョブズの関心
・ソニー PSP がディスクを使っていることへのジョブズの反応
・ソニーの Cybershots と GPS 搭載
・VAIO 開発をめぐるビル・ゲイツ、アンディ・グローブなどとのトップ同士の交流
・2004 年の Macworld キーノート(Final Cut Express 発表)でジョブズに招聘された安藤社長がソニーのビデオカメラを紹介するビデオ[7:30 ごろから]
・ハワード・ストリンガーになって様子が変わったこと
・Quora の記事への林氏のコメント[《Update》参照]

など興味深いエピソードが満載だ。ぜひとも原文をお読みください。

ジョブズの日本好きを考えると、こんな秘話はまだまだ眠っていそうな気がする。

日本の関係者がこんな話をもっと公開してくれたらと願うのは筆者だけか・・・

[via Daring Fireball

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》パズルのピースを埋めて行く(2月7日)

アップル側の Kim Scheinberg の話とソニー側の林信行氏の話が、時と海を越えて出会った。

Quora のサイトで交わされる双方のやりとりがとても興味深い。

Comment on Apple (company): How does Apple keep secrets so well? | Quora

     *     *     *

日本ではなくハワイ?

林信行 Nobuyuki Hayashi(2012 年6月11日)

非常に興味深い話。自分も VAIO の話を知っています。自著のためにソニーの元社長のインタビューをしましたから。ひとつだけ矛盾点があります。安藤氏が語ったところでは、スティーブ・ジョブズが姿を現したのは日本ではなく、ハワイのゴルフコースだった点です。

very interesting read. I knew the VAIO story because I actually did interview ex-president of Sony for one of my books; there is one conflict. Mr. Ando told me Steve Jobs showed up on a gold course in Hawaii (but not in Japan).

ソニーサイドの話で残念なことは、一部のひとたちがメモリースティック付きの iMac[?]を計画していたことです。VAIO のラインアップを国際的に打ち出したばかりで、Mac OS X バージョンの VAIO に人手を割ける余裕はなかったのです。安藤氏のインタビューは英訳しておけばよかったかもしれません 😉

The sad story with Sony half is although some of them were planning iMac with memory stick, etc. They have just launched the VAIO product line internationally and was so busy expanding it and they didn’t have extra resources to work on Mac OS X version of VAIO; perhaps, I should translate the interview into English 😉
11 Jun, 2012

     *     *     *

無意識のうちに間違えたかも

Kim Scheinberg(2012 年6月11日)

無意識のうちに間違いをしてしまったのだと思います。スティーブがソニーの社長に会うために飛行機に乗ったと聞いたとき、「日本へ」と思ってしまったのかもしれません。

I must have [unintentionally] made that detail up. That is to say, when I learned that Steve was on a plane to meet with the President of Sony, my mind probably filled in the “in Japan” part.

細部まで正確にしておきたいと思います。もしハワイのゴルフコースだったのなら、そのように訂正しようと思います。

I’d prefer that the details are accurate. If it was a golf course in Hawaii, I will edit the story to reflect that.

他にもいくつか間違いがあるかもしれません。なにしろ10年余も前のことですから。古いメールを今日いくつか見直してみました。JK も彼のバックアップドライブを引っ張りだしています。

I imagine there are other things I have wrong. It was, after all, a dozen years ago. I’ve been looking through some old email today and JK is pulling his off a backup drive.

少なくとも正確でない部分がひとつはありました。JK の話では、スタートアップスクリーンは「Welcome to Macintosh」ではなかったと。起動したときは冗長モードだったそうです。

I know already that there is at least one other incorrect detail. JK says that the startup screen did not say ‘Welcome to Macintosh.’ He had it booting up in Verbose mode.

残っているEメールを調べ直してみるつもりです。もっと正確で完璧なものにして、明日か火曜日にはアップデートできればと・・・

I will continue sorting through the surviving emails to see if I can piece together a more complete, accurate story and update tomorrow or Tuesday.
11 Jun, 2012

     *     *     *

ハワイは間違いない

林信行 Nobuyuki Hayashi(2012 年6月11日)

安藤氏の記憶も、特に日付については不正確なところがあります。しかしハワイに関する部分は正しいと思います。パズルのピースを少しずつ埋めていくのは楽しいですね。少なくとも自分はそうです。私のインタビューを英訳して、今週の WWDC が済んだら自分のサイトに載せたいと思っています。

But on the other hand Mr.Ando’s memory was also filled with incorrect memory especially dates, etc. But perhaps that Hawaii part is correct. It is interesting to put the puzzle pieces together, isn’t it? At least, I am enjoying it. I will try to translate my interview into English and put up on my web after WWDC this week 😉
11 Jun, 2012

     *     *     *

英訳のリンクは?

Asmita Sinha(2013 年7月31日)

英訳されたインタビューへのリンクを教えてください。

Can you post the link to the translated interview here?
31 Jul, 2013

     *     *     *

英訳はこちら

林信行 Nobuyuki Hayashi(2014 年2月5日)

Asmita、残念ながらまだインタビューの英訳はしていません。全部ではないけれど一部については2年たった今こちらに載せています。

Asmita, sorry I didn’t have the interview translated into English. It is not the complete translation but I translate portion of my interview in English after two years:
http://nobi.com/en/Steve%20Jobs%20and%20Japan/entry-1212.html
Wed

     *     *     *

海の両側の2つの視点が交わるとき浮かび上がってくる事実。

「Mac 互換機 VAIO」の好機を逸したのはソニーだったのかそれともアップルだったのか・・・

想像するだけでワクワクしてくる。

海外のサイトが一斉に取り上げたのもそういうことだろう。

Quora という良質なサイトがそれを可能にしていることもスバラしい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[連邦地裁での口頭弁論:image

サムスンとアップルの特許訴訟がカリフォルニア州サンノゼの連邦地裁で始まった。

iPhone だってソニーの真似じゃないかとサムソンは主張するのだが・・・

     *     *     *

オープンソースのスポークスマン的プログラマー Eric Raymond が批判している。

Armed and Dangerous: “The Smartphone Wars: The iPhone Design Was Inspired by Sony” by Eric Raymond: 29 July 2012

ソニーのデザインの真似だ

Eric Raymond いわく:

Eric Raymond:

これは単なる憶測の類いではない。アップルの社員がソニーのデザインを真似し、ボスに渡した、そしてそのことを裁判で証言したのだ。

This isn’t speculation — an Apple employee copied Sony’s design, circulated it to his bosses, and testified to these facts in court.

今後誰かがアップルデザインの優秀さや最高の技術について口にしたときは笑ってやれ。アップルが他人のアイデアを盗み、巧妙なマーケティングでその手柄を自分のものにすることに長けていると、我々はずっと以前からそう指摘してきた。その証拠がまさにこれだ。

From now on, when anyone heaps phrase on Apple’s design excellence and superlative innovation, just point and laugh. Some of us have been saying for years that what Apple is really good at is ripping off other peoples’ ideas and stealing the credit for them with slick marketing. This, right here, is the proof.

     *     *     *

iPhone はソニーからインスピレーションを得た

このサムスンの主張 — 「iPhone のデザインはソニーからインスピレーションを受けた」、あるいは彼らのことばに従えば、「iPhone のデザインはアップルがソニーから盗んだもの、特許権をとって、他のみんなを訴える」という主張は、多くのひとを混乱させてきた。

This whole “iPhone design inspired by Sony” (or, as these guys put it, “Apple Stole iPhone Design From Sony, Patented It And Sued Everyone Else”) argument from Samsung has a lot of people confused.

     *     *     *

サムスンの主張

サムスンの審理前要旨の関係部分は以下のとおり:

Here’s the relevant portion from Samsung’s pre-trial brief (PDF):

アップルの「革新的」iPhone デザインはライバル「ソニー」のデザインに由来するものである。すなわち 2006 年2月の時点で — 問題の iPhone デザインを考えつくより前に — アップル幹部の Tony Fadell は Steve Jobs、Jonathan Ive、そのほかに新聞記事を回覧した。ソニーのデザイナーがポータブル電子機器 — ボタンや「過剰な装飾」がなく、手に持てて、「長方形のスクリーン」と「丸まった角」を持つそんな電子機器 — のデザインを検討しているという記事だ。その記事が内部で回覧されるとすぐ、アップルのインダストリアルデザイナーの Shin Nishibori[西堀晋]はアップルの電話のために「ソニーのような」デザインの作成を指示され、CAD 図面を描き、三次元モデルを作成した。デザインの根拠を明らかにするため、西堀氏の指示で作成されたCAD 図面には「ソニー」という名前がハッキリと描かれている。以下のアップル内部書類の画像が示すとおりである。

For its part, Apple’s “revolutionary” iPhone design was derived from the designs of a competitor — Sony. In February 2006, before the claimed iPhone design was conceived of, Apple executive Tony Fadell circulated a news article to Steve Jobs, Jonathan Ive and others. In the article, a Sony designer discussed Sony designs for portable electronic devices that lacked buttons and other “excessive ornamentation,” fit in the hand, were “square with a screen” and had “corners [which] have been rounded out.” Right after this article was circulated internally, Apple industrial designer Shin Nishibori was directed to prepare a “Sony-like” design for an Apple phone and then had CAD drawings and a three-dimensional model prepared. Confirming the origin of the design, these internal Apple CAD drawings prepared at Mr. Nishibori‘s direction even had the “Sony” name prominently emblazoned on the phone design, as the below images from Apple‘s internal documents show:

     *     *     *

John Gruber がサムスンの主張はお門違いだと反論している。

Daring Fireball: “Inspired by Sony” by John Gruber: 31 July 2012

ソニーのデザインではない

[ソニーの電話:image

問題の「ソニー」電話のイメージギャラリーを The Verge が掲載している。つまりこういうことなのだ。これはソニーの電話ではないということだ。ソニーのデバイスに関する獏とした話にインスピレーションを得たアップルのデザイナーが、アップル社内で作り上げたモックアップなのだ。かかるソニーの電話は 2006 年頃には存在しなかった。[追記:サムスンが引用しているビジネスウィークのインタビューの関係部分はこちら。2人のソニーデザイナーに対して行なったもので、ソニーのデザインが様々なもの、とくに iPod からどのようなインスピレーションを受けたかという点に触れている。]

The Verge has an image gallery of the “Sony” phone in question. Here’s the thing, though — it’s not a Sony phone. It’s an in-house mockup by an Apple designer inspired by a very broad description of Sony devices. There is no actual circa 2006 Sony phone that looks like this. [Update: Here’s more on the Samsung-cited Businessweek interview with two Sony designers, including the relevant passage, which was actually in response to a question about how much Sony’s design had been inspired by, of all things, the iPod.]

     *     *     *

これがそのソニー電話

[実際のソニー電話:image

John Paczkowski によれば、アップルが iPhone のために真似したとサムスンが主張する実際のソニーの電話はこれだ。そのとおり、これは iPhone のソックリさんなのだ。

Via John Paczkowski, here’s the actual Sony phone Samsung is claiming Apple copied for the iPhone. Yeah, that’s a dead ringer for the iPhone.

     *     *     *

アップルが考えたもの

オリジナル iPhone のデザインがどんなものだったか自由に想像するのは一向にかまわない。(この裁判で明らかになったもうひとつの興味深い話 — これが 2005 年のアップル自身のデザインだ。) しかし間違えないで欲しいのは、この「ソニー」のモックアップとは実際のソニーの電話でも、ソニーのコンセプトデザインでもなかったということだ。これはソニーの電話ならどんなものになるだろうかアップルが考えたコンセプトデザインなのだ。

Feel free to continue believing what you want to believe about how original the iPhone design was (here’s a 2005 design by Apple, another fascinating nugget revealed by this lawsuit), but don’t make the mistake of thinking this “Sony” mockup was an actual Sony phone or even a Sony concept. It was an Apple concept showing what a Sony phone might look like.

     *     *     *

デザイン盗用をめぐる裁判からとうとう日本人アップルデザイナーの名前まで登場してきた。

西堀晋氏が iPhone デザインにどういう役割を果たされたのか寡聞にして詳らかでないが、氏自身も証言台に立たれたのだろうか。

アップルのお膝元近くで行なわれているサムスン対アップルの裁判は様々な波紋を呼んでいる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[ジョブズのソックリさん:photo

スティーブ・ジョブズの伝記映画を撮影中の Ashton Kutcher の写真が TMZ に載った。

TMZ.com: “Ashton Kutcher — The Steve Jobs Makeover” by Johnny Lopez: 12 May 2012

     *     *     *

ジョブズのソックリさん

Ashton Kutcher がスティーブ・ジョブズの扮装をしてロスの撮影所に向かうところが金曜日撮影された。黒のタートルネックとジーンズ、New Balance スニーカーはジョブズの伝記映画撮影のためのもの。

Wearing a black turtleneck, jeans and New Balance sneakers, Ashton Kutcher was spotted in full character as Steve Jobs as he made his way to the set of the late Apple CEO’s biopic in L.A. on Friday.

映画『Two and a Half Men』の 34 歳のスターは若き日のビジョナリーにして企業人のジョブズを演ずる。映画のタイトルは『ジョブズ:インスピレーションを得て』だそうだ。

The 34-year-old “Two and a Half Men” star plays the visionary businessman during his younger years in a movie tentatively titled “Jobs: Get Inspired.”

たしかに Kutcher は役柄ピッタリに見えるが、果たしてひとすじ縄ではいかない複雑な人物を彼が演じきれるのか — ヒッピーにして企業人、素晴らしい才能を備え、かつ狂気を秘めた人物を・・・

While Kutcher definitely looks the part, it remains to be seen if he can nail the role of a complicated man — part hippie, part driven businessman, part brilliant, and part crazy.

     *     *     *

ジョブズの伝記映画はこれだけではない。もう一本進行中だ。

ソニー・ピクチャーズが Walter Isaacson のベストセラー伝記本を映画化しようとしている。

その脚本家が決まった。

Variety: “Sony taps Sorkin for Steve Jobs biopic” by Jeff Sneider: 15 May 2012

     *     *     *

ソニーは脚本家 Sorkin を起用

Sony taps Sorkin for Steve Jobs biopic

バライエティ誌

Variety:

ソニー・ピクチャーズは、Walter Isaacson のベストセラー伝記本映画化の脚本家に『ソーシャル・ネットワーク』(Social Network)でオスカーを獲得した Aaron Sorkin を選んだ。

Sony Pictures has tapped its Oscar-winning “Social Network” scribe Aaron Sorkin to adapt “Steve Jobs,” Walter Isaacson’s bestselling biography of the late Apple co-founder.

Sorkin は Ben Mezrich の Facebook に関する大著「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」(The Accidental Billionaires)の脚本でオスカーを獲得した。ソニーの映画作品としてはこれまでも『奇跡のチームをつくった男』(Moneyball)を書いている。そのほか政治的映画3部作『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(Charlie Wilson’s War)、『アメリカン・プレジデント』(The American President)、『ア・フュー・グッドメン』(A Few Good Men)や、『冷たい月を抱く女』(Malice)などの作品がある。

Sorkin, who earned an Oscar for adapting Ben Mezrich’s Facebook tome “The Accidental Billionaires,” previously wrote “Moneyball” for the studio. His other feature credits include the politically-themed trio “Charlie Wilson’s War,” “The American President” and “A Few Good Men,” as well as “Malice.”

     *     *     *

Aaron Sorkin が大物脚本家であることは間違いなさそうだが、『ソーシャル・ネットワーク』の脚本を書いたという点が少し気に懸かる。

少なくとも筆者はあの映画で描かれた Mark Zuckerberg に好感をもてなかった。

公認伝記本をベースにするというと、どうしてもジョブズが大学をドロップアウトし、ヒッピーまがいの生活を送り、インドへの放浪の旅に出るまでが大きなヤマのひとつになるのではないか、エキセントリックなジョブズが強調されるのではないかと危惧する。

長い間ジョブズに惹かれていたものとして、興味本位の伝記映画になることだけは避けて欲しいと願う。

ジョブズの秘密はアップルを逐われ、自分を見つめ直した不遇の時代にあったと思う。

しかし公認伝記本でも、そのあたりは必ずしも明確ではない。

同じ懸念は Ashton Kutcher の映画が若い頃を描くという点にもある。

ジョブズの一時代を画することは間違いないとしても、アップルを逐われた不遇の時代をないがしろにして欲しくないと思う。

今日のアップルを成功を導いた秘密、あまり知られていない家庭人としての側面、怒りを抑えることを学んだジョブズ — そんなジョブズに惹かれるのだが、エキセントリックなジョブズを強調するあまり、他の側面を忘れては欲しくない・・・

★ →[原文を見る:TMZ
★ →[原文を見る:Variety

Read Full Post »

Older Posts »