Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Sony Pictures’

interview-censored

右往左往の挙句、ソニーはThe Interviewをクリスマスに一部劇場で公開する | TechCrunch

@ganzeer

Congrats, Sony, on the most cunning Marketing campaign a film has ever seen:

Sony Releases ‘The Interview’ Online | WSJ

Google, which is offering the movie through its YouTube and Google Play stores, and Microsoft, which is using its Xbox Video Store, were the only companies willing and able to offer it on Dec. 24. Sony talked to Apple Inc., which is a dominant No. 1 in online movie sales and rentals with its iTunes Store, and Amazon.com Inc., which is No. 2, but neither were willing to immediately join the effort, according to the person with knowledge of the talks.

Spokesmen for Apple and Amazon declined to comment.

@stevekovach

Apple reportedly didn’t have time to put The Interview on iTunes. I don’t buy that now.

広告

Read Full Post »

carrjump-articleLarge-v3

[上映中止になったソニー映画:NYTimes.com

ソニー映画The Interview』をめぐる空騒ぎのなかで、David Carr の書いたものがいちばん腑に落ちるような気がする。

「ホラー映画並みになってしまったソニー映画ハッキングの顛末。」

How the Hacking at Sony Over ‘The Interview’ Became a Horror Movie | NYTimes.com

     *     *     *

いつ果てるとも知れぬ論議

まさにそれは際立って、方向を見失わせる事態だ。どの映画なら見ることができ、どの映画ならそうではないのかを自国民に判断させる術(すべ)を欠いた卑小で、不手際な状態だ。攻撃された映画業界は傍観者のように無言で見守り、米大統領が低級なコメディによって引き起こされた国際的な衝突に敢えて踏み込まざるを得ないと感じるような事態だ。

It was a remarkable and disorienting turn of events: a tiny, failing state that lacks the wherewithal to feed its own people was deciding which movies we can and cannot see, while the industry it had attacked watched silently from the sidelines, and the president of the United States felt compelled to step into an international confrontation catalyzed by a lowbrow comedy. […]

脅迫とそれに続く上映キャンセルは今後悪夢として長いこと尾を引くだろう。文化的論議がオンライン脅迫のテーマになったことから、いつ果てるやも知れなくなった。ニュースや情報獲得の手段としてますます重要になっているドキュメンタリーが突如として危機に瀕することになるのだ。

The threats and subsequent cancellation will become a nightmare with a very long tail. Now that cultural discourse has become the subject of online blackmail, it is hard to imagine where it will end. Documentaries, which have become increasingly important sources of news and information, could suddenly be in jeopardy. […]

     *     *     *

ソニーに問題はなかったのか

2011 年にソニーの PlayStation がセキュリティ攻撃に晒されたとき、当時 CEO だった Howard Stringer と話す機会があったが、3日間の間彼は蜂の巣箱に身を隠しているように思えた。そのソニーがハッカー攻撃のターゲットにされないような何らかの有効な方策をその後講じなかったことは不可解だ。

Sony I happened to be with Howard Stringer, then chief executive of Sony, during a vast security attack on its PlayStation platform in 2011 — he looked as if he had been living inside a beehive for three days. That Sony did not harden as a target in a meaningful way afterward is inexplicable.

大胆で独創的なアイデアは歓迎だが、それにしても実際に現存する主権国家の支配者がおバカな暗殺者に吹き飛ばされるコメディなんてほんとうに重要な意味があるのだろうか? 無慈悲な支配者を風刺するのであれば、いくらでも方法はある。チャーリー・チャップリンが『独裁者』(The Great Dictator)でヒットラーを余すところなく(名指しにはしないで)やっつけたように・・・

And while I am all for bold creative choices, was it really important that the head being blown up in a comedy about bungling assassins be that of an actual sitting ruler of a sovereign state? If you want to satirize a lawless leader, there are plenty of ways to skin that cat, as Charlie Chaplin demonstrated with “The Great Dictator,” which skewered Hitler in everything but name.

     *     *     *

正しい対応策とは

じゃあ正しい対応策とは何なのか? — アメリカ人はソファに座ってあらゆる事象を見るのが得意だ。だからその衝動を抑えつけなければいいのだ。

So what is the right response? Americans are good at sitting on a couch and watching all kinds of stuff, so why not harness that impulse? […]

The Interview』を Hulu で公開すればいい。iTunes でも、Google Play でも、NBC やあらゆる放送網で、そして Showtime などあらゆるケーブルテレビで・・・あらゆるところで誰でもボタンひとつで「同時に」見れるようにすればいい。そうすればみんなが見るので、誰をターゲットにしていいか分からなくなり、検閲への決め手となり得るのだ。

[…] Put “The Interview” on Hulu, on iTunes, on Google Play, on Netflix, on NBC and all the broadcast networks, on Showtime and all the cable stations, put it anywhere and everywhere that people can push a button and watch at the same time. Ubiquity and the lack of a discernible target would trump censorship.

映画さえ見れるようにすればいい・・・

Play the movie.

     *     *     *

本質を衝いた David Carr の視点にはいつも頷かされる。

発表当初さまざまな疑問が提示された iPad について、「姿を消すガジェット」としての本質を見事に言い得たのが彼だった。

The Interview』ハッキングについての様々な偽善的論議を David Carr は厳しく糾弾する。

被害に遭ったソニーだけでなく、傍観するだけのハリウッドや、流出した私的情報を垂れ流しにするメディアについても容赦なく批判の目を向ける。

こんな記者の存在こそが NY タイムズのような大手メディアの強みだろう・・・

なお The Globe and Mail 紙の David Carr 論もたいへん興味深い。

Read Full Post »

JP-CYBER-blog427

[『The Interview』の封切り中止:NYTimes.com

クリスマス前のスローなインターネットの世界で、ハッカー攻撃を受けたソニー・ピクチャーズの話だけが奇妙な展開を見せている。

まずソニー・ピクチャーズがハッカー攻撃に屈して(?)、発端となったコメディー映画『The Interview』のクリスマス封切りを諦めた。

これに対しオバマ大統領は、ハッカー攻撃が北朝鮮によるものと断定し、ハッカーの要求に屈すべきではなかったと発言

一方北朝鮮は関与を否定し、米国との共同調査を提案。すると米国は中国に協力を依頼するという有様。

風刺映画にしろ一国のリーダーを暗殺するという企画より、ハッカー(テロリスト?)の要求に屈した点が問題になるのはやはりアメリカだからか・・・

ハッキングにより Torrent サイトに流出した映画は、この他にも『Annie』、『Fury』、『Mr. Turner』、『Still Alice』、『To Write Love on Her Arms』などがある。

話題性という点では『The Interview』がダントツか・・・

まるでハリウッドが人質に取られたみたいだ。

とうとう別のハッカーグループから、無料で配信してはという提案まで出る始末。

今後どういう展開になるのか予想もつかない。

しかし、なんだかなあ・・・

Read Full Post »

Tom-Jobs

[トム・クルーズが演じる幻のジョブズ:Ars Technica

脚本家 Aaron Sorkin の意中のひとはトム・クルーズだったらしい・・・

ハッカー攻撃にあったソニー・ピクチャーズから大量の内部データが流出している。その情報から Ars Technica がジョブズ伝記映画の舞台裏を取り上げている。

Leaked Sony e-mails reveal Aaron Sorkin wanted Tom Cruise as Steve Jobs | Ars Technica

     *     *     *

主役に不本意なソニー・ピクチャーズ会長

Guardians of Peace と名乗るハッカーグループがリークした書類の大半はコロンビア映画会長 Amy Pascal[ソニー・ピクチャーズの共同会長でもある]のメールのやり取りだ。それによると、ジョブズ伝記映画のカネを稼げる主役探しに四苦八苦していた Pascal がこの映画を手放すのを決定的にしたのは Danny Boyle 監督がジョブズ役に Michael Fassbender を選んだことだった。その後ソニーの交渉期限が過ぎたため、プロデューサーの Scott Rudin と Boyle 監督は映画をユニバーサルに譲る契約を結んだ。かくて激しいメールのやり取りが展開した。

Based on e-mail messages in the Outlook mailbox of Columbia Pictures Chairman Amy Pascal, which made up nearly half of the latest leak of documents by the group calling themselves “the Guardians of Peace,” it was ultimately Director Danny Boyle’s choice of Michael Fassbender for the role of Steve Jobs that blew up the deal, as Pascal and her team struggled to find someone to help finance the film with him in the lead. Then, as Sony reached a deadline for coming up with a deal, producer Scott Rudin and Boyle closed a deal with Universal to take the picture, sparking an e-mail flame war.

     *     *     *

脚本家の意中のひとは Tom Cruise

最初にジョブズ役として名前が挙がったのは Christian Bale だった。Pascal は10月7日のメールでその選定に「非常にハッピーだ」と述べている。しかし脚本家 Aaron Sorkin から最初のシナリオが持ち込まれると、彼がジョブズ役に別の人物を念頭においてシナリオを書いたことが明らかになった。ソニーが伝記映画を手放す数週間前の10月31日、Sorkin は次のようなメールを書いている。

Christian Bale had been mentioned as a candidate for the role of Steve Jobs, and Pascal had said in an October 7 e-mail that she was “very happy” with the choice. But it was clear that Aaron Sorkin, who was brought on to write the first draft of the screenplay for Jobs, had someone specific in mind when he wrote the part. On October 31, just weeks before the wheels fell off Sony’s deal for the film, Sorkin wrote in an e-mail:

「プロデューサーの Scott Rudin と Danny Boyle 監督の2人が Tom Cruise に少なからず関心を持つよう仕向けた。2人とも彼が年を取り過ぎていると心配しているが(自分はそれほどでもない)、彼が十分セリフをこなせること[注](『大いなる陰謀』、『マグノリア』、『ア・フュー・グッドメン』を見ても)、自信をもって主役をこなせるスターであることについてはみんなの意見が一致している。・・・」
[注]Tom Cruise の失読症(Dyslexia)のことか。

I’ve gotten Scott and Danny to the point where they’re now a little interested in Tom Cruise. Though both remain concerned about his age (me less so) everyone agrees that he’s an actor who can really handle language (Lions for Lambs, Magnolia, A Few Good Men) and a movie star who feels comfortable owning the stage.[…]

Pascal もそれでいいと返事をし、彼女も Boyle 監督と話してみるといった。しかし翌日彼女が Sorkin に出したメールでは、Boyle 監督は Michael Fassbender「に約束済みのように見えた」といっている。

Pascal e-mailed back, saying that she loved the idea and that she was going to talk to Boyle about it. But the next day she e-mailed Sorkin again to say that Boyle “seems committed to” Michael Fassbender for the part.

Sorkin の返事:「これは一大事だ。Michael Fassbender なんて自分は知らないし、世間だってそうだろう。まったく正気とは思えない。」 しかしその後のやり取りでは、「くそっ、彼は偉大なる俳優で、とうとう彼の時代が到来したのだ」とも。

Sorkin replied, “This used to be an event. I don’t know who Michael Fassbender is and the rest of the world isn’t going to care. This is insane.” But in the exchange that followed, he wrote, “Fuck it. He’s a great actor whose time has come.”

「結局そういうことだったの」というのが Pascal の返事だった。

“That’s where I ended up,” Pascal replied.

     *     *     *

脚本家 Aaron Sorkin が Tom Cruise のジョブズ役を念頭においていたとは初耳だ。

David Fincher 監督と Christian Bale の組み合わせでスタートした話が二転三転する様子が窺える。

それにしても映画製作の舞台裏がこれほどあからさまになるのは珍しい。

映画スタジオとプロデューサーと脚本家が三つ巴で画策するドロドロした背景が浮かび上がってくる。結局監督も俳優もひとつの駒(こま)に過ぎず、決めるのは背後にある大きな力なのだ。

この映画の配役に声をかけてもらおうとする俳優たちの動きも登場する。

これまでのところ、主役のジョブズにはこの他にも Tobey McGuire や Matthew McConaughey などが名乗りを上げたようだし、今回のハッキングの原因ともなった映画『The Interview』の Seth Rogen は Steve Wozniak 役を希望。Tom Hanks まで John Sculley 役で動いていたらしい。Natalie Portman が Joanna Hoffman[注]役という話も一時はあった。
[注]Macintosh のオリジナル開発チームの一員。唯一のマーケティング担当者。Macintosh User Interface Guidelines もドラフトは彼女が書いた。

これだけ様々な俳優や監督が登場するのなら、いっそのこと伝記映画のメイキング映画(The Making of Steve Jobs Biopic)でも作った方がおもしろいかもしれない・・・

今回のハッカー攻撃では未公開映画、経営実態データ、契約交渉の内容、配給元の選択などのリークだけでなく、「人気度ランキング表」(Confidential “popularity polls” detailing approval ratings and awareness ratings for hundreds of A-list celebrities in different markets around the world)なるものまで流出している。配役決定時に使われる部外秘のランキング表だ。門外不出の極秘資料まで出てしまったワケ。

これだけ様々な内部情報が流出すると、映画会社としてこれまでどおりの路線を継続できるのかどうかすら怪しくなる。

IT 会社を背景に持つソニー・ピクチャーズですらこうなら、他の映画会社にとってもハッカー攻撃は脅威に違いない。ハリウッドにとっては由々しき事態だろう・・・

Read Full Post »

sony_hack-100532451-orig

[ハッキングを受けたソニー・ピクチャーズ:CSO Online

ハッキングを受けたソニー・ピクチャーズが大変なことになっている。

Even more Sony Pictures data is leaked: scripts, box office projections, and Brad Pitt’s phone number | Fusion

     *     *     *

ハッキングを受けたソニー・ピクチャーズが大変なことに

ソニー・ピクチャーズのハッキングはますます大変なことになっている。

The Sony Pictures hack just keeps on getting worse.

ハッキングの背後に何者がいるにせよ、ソニー・ピクチャーズに対する単なる嫌がらせに止まらず、その屋台骨を揺るがす事態に発展しそうな気配だ。スタジオの経営実態が明るみに出てしまった以上、俳優との契約交渉から配給元の選択に至るまで、すべてが難しくなりそうだ。

Whoever is behind the hack, their goal seems to have shifted from embarrassing Sony Pictures to flat-out ruining it. With so much of the studio’s operations now out in the open, everything from actor contract negotiation to vendor selection just became a lot more difficult.

     *     *     *

ジョブズの伝記映画に関する部分も。

ディカプリオでなければ25%の減益

例えば、リークしたスティーブ・ジョブズの伝記映画の営業収入予想によれば、Leonardo DiCaprio がジョブズ役を降りて Christian Bale に変わったことで25%の減益になると見込まれている。(Bale もその後降りた。)

For example, one spreadsheet showed that revenue projections for the upcoming Steve Jobs biopic fell by 25 percent once Leonardo DiCaprio pulled out of the project, and Christian Bale was cast in his place. (Bale has since quit, too.)

     *     *     *

ソニーがこの映画を手放したのはそういうワケだったのか・・・

Read Full Post »

steve_jobs

[スティーブ・ジョブズ:The Hollywood Reporter

ソニー・ピクチャーズがスティーブ・ジョブズの伝記映画を断念した模様。どうやら商売敵のユニバーサルが食指を動かしているらしい。

Steve Jobs Movie Dead at Sony | The Hollywood Reporter

Walter Isaacson の公認伝記本が原作、脚本 Aaron Sorkin のこの映画は当初からご難続きだ。

まず監督でもめ、David Fincher から Danny Boyle に変わった。

主役も難航し、Christian Bale から Leonardo DiCaprio へ、そしてまた Bale、さらには Michael Fassbender へと二転三転している。

Bale には大いに期待したが、181 ページの脚本のうち 100 ページがジョブズのシーンというので、さすがにこれには尻込みしたらしい。

ユニバーサルになっても、脚本は Aaron Sorkin のままのようだ。

Sorkin によれば、この映画には3つの長時間シーンが登場する。Macintosh、NeXT、iPod の3つの製品発表だ。

それに娘 Lisa との葛藤も描くらしい。Lisa がこの映画のヒロインだと彼はいう。

Fassbender 以外の配役では Scarlett Johansson や Seth Rogen の名前も挙っているようだ。

Fassbender は次作『X-Men: Apocalypse』で忙しそうだし、Boyle 監督の予定も詰まっているうえ、映画製作所のスケジュールもあって予断は許さない。

はてさてどのような展開になるのか・・・

Read Full Post »