Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Software Updates’

Marco_Arment

[Marco Arment:photo

自らがソフトウェア開発者である Marco Arment が直言している。

「機能面での優位性をアップルは失ってしまった」と・・・

Apple has lost the functional high ground | Marco.org

     *     *     *

アップルソフトウェアの品質の急落

アップルのハードウェアは素晴らしい。これまでになく素晴らしい。しかしソフトウェアの品質となるとここ数年で急落している。将来のことを考えると非常に心配だ。

Apple’s hardware today is amazing — it has never been better. But the software quality has taken such a nosedive in the last few years that I’m deeply concerned for its future. […]

     *     *     *

失われた優位性

アップルの機能的優位は完全に失われてしまった。お決まりの「ちゃんと動く」という常套文句はもはや真実ではなくなった。限定条件や注記を付けることがますます多くなった。いまやアップルの OS やアプリケーションがリリースされても、保守的なウインドウズ IT 部門さながらの極端な懐疑主義と恐怖感で対応しなければならなくなっている。

Apple has completely lost the functional high ground. “It just works” was never completely true, but I don’t think the list of qualifiers and asterisks has ever been longer. We now need to treat Apple’s OS and application releases with the same extreme skepticism and trepidation that conservative Windows IT departments employ.

     *     *     *

マーケティング優先の結果

アップルのソフトウェアが急速に勢いを失っているのはマーケティングの力が強力になり過ぎているせいではないかと怖れる。毎年メジャーなリリースを繰り返すのもマーケティング優先のためだが、品質を維持しつつエンジニアチームが遅れずについていくのは明らかに不可能だ。エンジニアリングの問題もあるかもしれないが、そうではないと自分は思う。いかなるエンジニアチームにとっても、マーケティングの要求は満たしつつ、しかもなお非常に高度な品質を保つことは求心力のあるチームとしては不可能だろう。

I suspect the rapid decline of Apple’s software is a sign that marketing has a bit too much power at Apple today: the marketing priority of having major new releases every year is clearly impossible for the engineering teams to keep up with while maintaining quality. Maybe it’s an engineering problem, but I suspect not — I doubt that any cohesive engineering team could keep up with these demands and maintain significantly higher quality.

     *     *     *

非現実的な期限設定

何が問題なのか極めて明白だ。非現実的な締め切りに追われて働き過ぎているのだ。それも過度なまでに・・・

The problem seems to be quite simple: they’re doing too much, with unrealistic deadlines.

     *     *     *

毎年 OS をリリースする必要はない

メジャーな OS リリースを毎年繰り返す必要なんかない。リリースのたびに長々と新しい機能をリストアップする必要もない。コンピュータや電話やタブレットがちゃんと動いてくれさえすればいい。そうすれば健全で、漸進的で、持続可能なペースでリリースされる新しい機能をみんなが享受できるようになるのだ。

We don’t need major OS releases every year. We don’t need each OS release to have a huge list of new features. We need our computers, phones, and tablets to work well first so we can enjoy new features released at a healthy, gradual, sustainable pace.

     *     *     *

ますます拡大し加速する

アップルのトップは、ソフトウェアの欠陥がいかにアップルの評判を損ねているのか十分に理解していないのではないかと怖れる。もし理解しているのであれば、そのようなことは起きないはずだからだ。しかし実際は逆のことが起きているようにみえる。マーケティング主導の、複数の製品群にまたがる、急速なペースでのアップデートは、ますます拡大し、加速しているように見えるのだ。

I fear that Apple’s leadership doesn’t realize quite how badly and deeply their software flaws have damaged their reputation, because if they realized it, they’d make serious changes that don’t appear to be happening. Instead, the opposite appears to be happening: the marketing-driven pace of rapid updates on multiple product lines seems to be expanding and accelerating.

     *     *     *

多くのひとがアップルについて感じている獏とした不安を Marco Arment が代弁しているかのようだ・・・

広告

Read Full Post »

Update》足りないのは信頼じゃなくて容量だ

ios8adoptionnumbers

[10月5日現在の普及率:Apple

iOS 8.0.1 のアップデート騒動があったせいか iOS 8 の普及率が伸び悩んでいる。

10月5日現在の普及率は 47% であることが開発者向けのサポートページにひっそりと示されている。2週間前と比べても1%しか増えていないそうだ。

これを見た John Gruber がひと言:

MacRumors: ‘iOS 8 Adoption Stagnates Just Two and a Half Weeks After Launch’ | Daring Fireball

     *     *     *

アップルのアップデートを信頼しなくなった?

非常に心配だ — 時たましか利用しないユーザーがアップルのメジャーな iOS アップデートをもはや信頼しなくなったことの予兆ではないかと。去年10月時点の iOS 7 の普及率は 70% 台で、その前年の iOS 6 よりも早かった。

Very worrisome — a canary-in-the-coal-mine indicator that casual users no longer trust Apple with major iOS updates. Last year the number for iOS 7 adoption was in the 70s in October, which was a faster adoption rate than iOS 6 the year prior.

     *     *     *

10月16日の iPad イベントではどんな形で触れるだろうか。

遅ればせながら筆者も iOS 7 から途中を飛ばしてやっと iOS 8.0.2 にアップデートした。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》足りないのは信頼じゃなくて容量だ(10月9日)

John Gruber が昨日のコメントを訂正している。

「アップルを信頼しなくなった」と書いたら読者から Daring Fireball 始まって以来のEメールや Twitter が殺到したらしい。「アップグレードしたかったのに容量が足りなかった」と。

Note to Self: It’s the Storage Space, Stupid | Daring Fireball

     *     *     *

足りないのは信頼じゃなくて容量だった

最大の原因について私が間違えたことは明らかだ。自明な答えを見落としていた。iOS の OTA(Over The Air)アップデートには 5 GB の空き容量が必要だという点だ。それだけスペースに空きのあるひとは少ない。どうしていいか分からず、なんとかしたいとまでは思わないのだ。

But it’s very clear that I was wrong about what the primary factor is. The simple answer was staring me right in the face. It’s all about the over-the-air update requiring 5 GB of free storage space, and many people not having that much free space, and not knowing how or simply not wanting to deal with it.

     *     *     *

空き容量を作る方法を一般ユーザーは知らない

Jonathan Hoover がいっている。

Jonathan Hoover puts it well:

iOS 8 の OTA アップデートには 5GB の空き容量が必要だ。多くのひと、とくにアイコンバッジが表示されないとアップデートしないひとには 5GB の空き容量なんてない。そんなひとはコンピュータにつなげば iTunes がアップデートやってくれるなんてことは知らない。また写真やビデオをコンピュータにダウンロードすれば空き容量が作れることも知らないのだ。

iOS 8 OTA update requires about 5GB of free space on the device. Most people, especially those who wouldn’t update until they get the badge on the settings app, don’t have 5GB free on their iPhone. They have no idea they can plug their iPhone into their computer and iTunes will update it. They don’t know they can free up space by downloading their pictures and videos to their computer.

     *     *     *

OTA アップデートソフトの手直しが必要

これはアップルにとって深刻な問題だ。何故なら(8 GB はもちろん)16 GB デバイスのユーザーが自分で容量を増やす方法はないからだ。iOS 8 にアップデートできないデバイスでも OTA ソフトが許すならそうしたいと思うだろう。少ない容量でもアップデートできるようにアップルが OTA ソフトを手直ししないかぎり、iOS 8 の普及率は永久に停滞するかもしれない。

This is a serious problem for Apple, because all those 16 GB devices (let alone the 8 GB ones) aren’t going to suddenly gain more free storage space on their own. A lot of these devices might never get updated to iOS 8, but would if the OTA software worked. Unless they can rejigger the OTA software update to require less free space, iOS 8’s adoption rate might lag permanently.

     *     *     *

iPhone ベースモデルの容量を増やすべき

なぜエントリーレベルモデルの容量がたった 16 GB のままなのか理解できない。

But I don’t understand why the entry level storage tier remained at a meager 16 GB. […]

iOS 自体でも約 4 GB を占めるので、まっさらの 16 GB デバイスでも残りはたった 12 GB だ。なんとしてでもアップルは新しい iPhone ベースモデルの容量を 32 GB に引き上げる措置を講じるべきだ。ましてやたった 8 GB の新しいモデルを売るなんて許し難い。

iOS itself takes up about 4 GB, so these 16 GB devices only have about 12 GB free right out of the box. If there is any way that Apple could have brought the base model storage up to 32 GB with the new iPhones, they should have. And it’s inexcusable that they’re still selling new devices with only 8 GB of storage.

     *     *     *

Arageo 氏に hat tip]

     *     *     *

追記:OTA アップデートがうまくいかないとき

OTA アップデートがうまくいかないときは、アップルサポートの「OTA (Over The Air) による iOS アップデートに関する問題を解決する」の記事が参考になる。

[via Daring Fireball

Read Full Post »

windows10

Windows 10 April Fools Joke from 2013 is actually the new name from Windows | reddit

エイプリルフールのジョークがホンモノになっちゃった・・・

Windows 9 gets passed over. | The Joy of Tech

Windows 10sion: what’s old is new again, and that’s a problem | The Verge

Windows 10 feels like a platform that hasn’t seen serious or meaningful change in eight years. Apps have gotten much more powerful and there’s a handy way to search everything, but when you pick up a Windows PC it may not be immediately clear which decade it comes from. It’s the best Windows 7 ever, but it’s still Windows 7.

Windows 10sion | ParisLemon

Such a strange, yet predictable response to Windows 8 by Microsoft. Windows 7 was the de-Vista-ing of Windows. A return to Windows XP. Windows 10 is the de-8-ing of Windows. A return to WIndows 7.

うわさ:マイクロソフトが9を飛ばして『Windows 10』を選んだ理由 | Engadget Japanese

Read Full Post »

chrome_webstore

[Chrome の機能拡張ならこんなに:image

これぞと思う製品にフォーカスできるのはアップルの強みだ。その一方でフォーカスされずに取り残される製品が出てくる可能性もある。

Safari の機能拡張を例に、Collin Donnell がそんな不満を述べている

Marco Arment もさらにそれを敷衍して、Mac アプリへの懸念を述べている。

Marco.org: “The Products Apple Doesn’t Have Time to Improve” by Marco Arment: 29 December 2013

     *     *     *

必要なアテンションが払われなくなる

Collin Donnell いわく

Collin Donnell:

Chrome と比べて Safari では優れた拡張機能が欠如していることがその格好の例だ — アップルで何かが注力されると、放っておかれるものが出て、成功に必要なアテンションが払われなくなる傾向がある格好の例・・・

The dearth of good Safari extensions compared to what Chrome has is a good example of Apple’s tendency to get something going, get kind of sidetracked and then not give it the attention it needs to succeed.

     *     *     *

見捨てられた Mac アプリ

アップルの未来を考えるときいちばんの心配は、そんな見捨てられたアップル製品のリストがどんどん長くなっていくことだ。Mac の主力となるソフトウェアがとくにそうだ。

My main concern for Apple’s future is the growing list of such products, especially the increasing number of major Mac applications.

     *     *     *

最悪のケースが iWork for Mac

最悪のケースは iWork for Mac だ。1年ないし1年半毎に重要なアップデートが行なわれていたが、それも 2009 年で完全に終わってしまった。2013 年に一部手直しが行なわれたが、4年間の空白を埋めるというよりはやっつけ仕事のように感じられた。iPad はオフィスの「仕事」には向かないとマーケティングで批判されることに対して急遽おこなった1年間のやっつけ仕事のように・・・。アップルはマーケティングのニーズを優先して、iWork ユーザーのニーズを大きく犠牲にしたのだ。

iWork for Mac is a worst-case example. Its series of substantial updates every 12–18 months completely stopped in 2009, and the 2013 rewrites don’t feel like nearly 4 years of work — they feel a lot more like a rushed 12-month effort in response to marketing threats against the iPad’s suitability for office “work”, prioritizing Apple’s marketing needs at significant expense to iWork customers’ needs.

     *     *     *

iLife アプリも iOS に注力

iLife アプリも見捨てられたように思える。Mac バージョンの iPhoto、iMovie、Garage Band はいずれも重要なアップデートが3年も行なわれていない。明らかに iLife の努力は iOS バージョンに向けられてしまったのだ。iOS バージョンの iMovie や Garage Band はたしかに目を見張るものがあるが、iPhoto はその努力にも、Mac バージョンで失われる機会費用にも値しないように思える。iPhoto こそ iLife アプリの中で最もよく利用され、最も重要なアプリだといっていいと思う。

The iLife apps feel abandoned, too: iPhoto, iMovie, and Garage Band haven’t seen meaningful Mac updates in 3 years. iLife effort has clearly shifted to their iOS versions instead, and while iMovie and Garage Band are impressive on iOS, iPhoto hardly seems worth the effort and the opportunity cost to its Mac version — and I bet iPhoto is the most used and most important iLife app by far.

     *     *     *

プロ向けアプリも

プロ向けのアプリもプッスンプッスン音を立てながら失速している。Final Cut Pro X は徐々に解決されているとはいえ大失敗だった。Logic Pro X は一応オーケーだが、まだ途方もなくバグが多い。Aperture はこれまで同様見捨てられたままの感じだ。(遅くてバグも多い。)

The pro apps are sputtering along — Final Cut Pro X was a disaster that’s slowly being resolved, Logic Pro X is OK (but still unreasonably buggy), and Aperture is continuing its tradition of always feeling abandoned (and slow, and buggy).

     *     *     *

新しいカテゴリーのハードウェアより

技術系プレスの多くは、新しいカテゴリーのハードウェアが登場することを希求しているが、それより自分としてはアップルがテレビや時計やあるいはユニコーンのような何かには手を出さず、これから5年間は既存製品のソフトやサービスを磨いてくれる方がずっといいと思う。

While most of the press demands new hardware categories, I’d be perfectly happy if Apple never made a TV or a watch or a unicorn, and instead devoted the next five years to polishing the software and services for their existing product lines.

     *     *     *

たしかにこのところ Mac は疎(おろそ)かにされているような気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


コンピュータにつながないと使えない iPad

破竹の勢いを誇る iPad だが、「ポスト PC」を謳いながらどうしても母艦としてのコンピュータから切り離せない部分がある。

John Gruber が興味深い考察をしている。「iPad をコンピュータにつなぐコードは切れないのか」と。

Daring Fireball: “Cutting That Cord” by John Gruber: 15 April 2011

     *     *     *

クラウドではひと世代遅れている?

先月 iPad 2 の発表イベントがあった際に、 Josh Topolsky[その後 Engadget を辞めた]と話をしたが、彼が興味深い指摘をした。iPad 2 は(ハード的にもソフト的にも)デバイスという面ではライバルよりひと世代先をいっているが、クラウドという面になるとひと世代遅れているのではないか・・・iPad 2 はそういうことを端的に示しているのではないか、と。

After Apple’s iPad 2 introduction event last month, I ran into Josh Topolsky, and, of course, we talked about what we thought of it. Topolsky made an interesting observation: that the iPad 2 epitomized how Apple seems to be a generation ahead of its competitors on the device side — both hardware and software — but a generation behind on the cloud side.

     *     *     *

まさに iOS がそうだ

以来その点について考え続けてきた。そしてそれは iOS の現況そのものではないかと思い至った。どのライバルといえども、エレガンス、バッテリー、製造品質のいずれにおいても iPad 2 に匹敵するものを今年出すとは思えない。ユーザー体験という意味においても、iOS に勝る OS はないと思われる。

I’ve been thinking about the iPad in this context ever since, and I think it’s a perfect synopsis of the state of iOS. There will be no tablet this year from any competitor that matches the iPad 2 in terms of elegance, battery life, or build quality. No competing OS will match iOS in terms of on-the-device user experience.

     *     *     *

ライバルは PC を必要としない

しかし iPad のライバルのタブレットは、デスクトップ PC につなぐ必要がほとんどないか、まったくその必要がない。この点では RIM の PlayBook ですら一歩進んでいるといえる。出荷時点では PlayBook は独立のデバイスではない。メールや住所録、カレンダー、メッセージなどは BlackBerry(電話)につなぐ(tethered)ことが必要だ。それでも PC は必要ないのだ。

But most iPad competitors have little-to-no reliance on a connection to a desktop PC, the way an iPad does. Even RIM’s PlayBook is, in some sense, ahead in this regard. The PlayBook, as it is going to ship, is not a standalone device. It requires a tethered BlackBerry phone in order to do email, contacts, calendaring, or messaging — but it doesn’t require a PC.

     *     *     *

この点に関するいくつかの議論を踏まえて、Gruber はつぎの4つが iPhone、iPad、iPod Touch などの iOS デバイスが母艦としての Mac/PC を必要とする場合だという。

母艦が必要となる場合

1)デバイスのアクティベーション(device activation)
2)iOS のアップデート(software updates)
3)デバイスのバックアップおよびデータ復元(device backup/restore)
4)データの取り込み・移動(getting data onto your device)

・Michael Gartenberg: “‘Post-PC’ does not mean ‘Sans-PC’
・C.K. Sample: “Dear Apple: You’re Not ‘Post-PC’ Until You Cut the Cord
・Paul Hontz: “If iPads Are ‘Post-Pc Devices’ Why Must I Sync With iTunes Before I Can Use One?

     *     *     *

それぞれ別個の問題

これらの問題は、「デスクトップ iTunes につながなければ同期できないコンピュータへの依存はなくすべきだ」という単一の問題と考えるべきではなく、それぞれ別個の4つの問題と考えるべきだ。

I think it’s worth considering these as discrete problems, rather than thinking about this as a single “Apple should eliminate the dependency on tethered syncing to desktop iTunes” issue.

     *     *     *

Apple TV 2 の場合

Apple TV 2 は一歩進んでいる。iOS デバイスでありながら(コンピュータからは)独立しているのだ。箱から取り出し、電源コードをつなぎ、電源を入れて、iTunes Store の認証を入力すれば・・・それで終わりだ。ただし Apple TV 2 にはコンテンツを保存できない。ストリーミングするだけだ。だから最初に音楽やビデオといったコンテンツを同期する必要がないし、コンテンツをバックアップする必要もない。万が一 Apple TV がおシャカになってもデータを失うことはないのだ。

Apple TV 2 shows the way forward. It’s an iOS device that works independently. Take it out of the box, plug it in, turn it on, enter your iTunes Store credentials — done. But Apple TV 2 doesn’t store content; it only does streaming. And because it only does streaming, there’s no initial sync for music or video, and there’s no need for anything to be backed up. If your Apple TV goes belly-up, you don’t lose any data.

したがって iOS デバイスを iTunes が動いている母艦としての Mac ないしは Windows PC につなぐ必要があるとされる4つの理由のうち、Apple TV は2つに対処するだけで済む。デバイスのアクティベーションとソフトウェアのアップデードの2つだ。

So of the four reasons why other iOS devices require tethering to iTunes running on a Mac or Windows PC, Apple TV only tackles — and admittedly only needs to tackle — two of them: device activation and software updates.

     *     *     *

同じことができない理由はない

この2つの「デスクトップ iTunes」への依存に関しては、いずれアップルは iPhone や iPad についてもなくすることになるだろうと考える。もし Apple TV がアクティベーションもソフトウェアアップデートもできるのなら、iPhone や iPad で同じことができない理由はない。技術的に簡単に解決できるといっているのではない。マイクロソフトが Windows Phone 7 デバイスのアップデートで遭遇した問題を考えれば明らかだ。しかし、ともかく技術的に可能ではあるのだ。

I suspect those are the first two desktop iTunes dependencies that Apple will eliminate for iPhones and iPads. If Apple TV can activate itself and update its own software, there’s no reason iPhones and iPads couldn’t do the same. I’m not saying it’s an easy technical problem to solve — see, for example, the problems Microsoft has had with updates to Windows Phone 7 devices — but clearly, it’s technically feasible.

     *     *     *

容量がない場合はどうする

デバイス上に自由に使えるストレージスペースがない場合はどうするかという明らかな問題がある。その場合は、アップデーターは一部のスペースを開放するか、あるいは Mac や PC の iTunes につなぐ古いやり方でソフトウェアアップデートを行なうよう指示することになるだろう。もう一点、iPhone や iPad でワイヤレスなソフトウェアアップデートが可能になったとき、それでもアップルはコンピュータにつなぐやり方を好ましいアップデート方式とするだろうかという問題。これはそれほハッキリした問題ではない。なぜなら iTunes はアップデートをインストールする前にデバイスのバックアップを行なう。コンピュータに同期したことのない iPad は、一度もバックアップしたことのない iPad というわけだ。

One obvious problem: what to do if there isn’t enough free storage space on the device? Perhaps, in that case, the updater would suggest either freeing up some space or plugging the device into iTunes on a Mac or PC to update the software the old-fashioned way. A less obvious problem: even if/when over-the-air software updates are enabled for iPhones and iPads, should Apple still present tethered-to-a-computer updating as the preferred update mechanism? The reason: iTunes backs up the device before installing the update. An iPad that’s never been synced to a computer is an iPad that’s never been backed up.

     *     *     *

PC を必要とするデバイスをどうして「ポスト PC」デバイスといえるか

これは大切な点だ。なぜならワイヤレスなバックアップやコンテンツの同期はすぐ実現するとは考えられないからだ。ワイヤレスネットワークはまだ十分な速さを備えていない。Mac や PC で動く iTunes にローカルネットワークで Wi-Fi 同期(Wi-Fi syncing)させる話をしているのではない。それならいずれ実現するだろう。しかし「PC を必要とするデバイスがどうして『ポスト PC』デバイスといえるだろうか」という問題を解決することにはならない。iPad には USB ケーブルが必要だという類いの話ではない。そもそもなぜ PC が必要かという話なのだ。

That’s important, because I don’t think over-the-air backups or media syncing are coming soon. Wireless networking just isn’t fast enough. I’m not talking about Wi-Fi syncing over a local network to iTunes running on your Mac or PC — that may well be coming soon, but it wouldn’t solve the “how can these devices be ‘post-PC’ if they require a PC?” problem. We’re not talking about why the iPad needs a USB cable; we’re talking about why it needs a PC, period.

     *     *     *

アップルが踏み出す第一歩

アップルの「クラウド」対応は十分でない、あるいは関心を持っていないと非難されることがある。しかしそれは正確ではない。物事をひとつずつ解決してはいるのだ。音楽、映画、テレビ番組、そしてアプリなどの大部分については、iOS ユーザーが iPhone や iPad で直接に購入する段階になっている。これは Mac/PC の iTunes をハブとして必要としなくなる方向へアップルが踏み出した第一歩なのだ。

Apple gets a rap for being bad at, or simply not caring about, “the cloud”, but that’s not accurate. It’s just that they’re moving things there one piece at a time. It’s already the case that a large amount of songs, movies, TV shows — and especially apps — are purchased from the iTunes Store by iOS users directly from their iPhones and iPads. That’s the first step Apple took away from iTunes (on the Mac/PC) as a required hub.

     *     *     *

一歩一歩ずつ

だから私はこう考える。iPad や iPhone が iTunes の動く PC との接続を一気に断つということはないだろうと。それは一歩一歩の歩み(incremental)であり、最初は新品のデバイスのアクティベーションとソフトウェアアップデートから始まるのだ。そうなった時点で PC がなくても iPad/iPhone が使えるようになる。まだ大量の音楽・ビデオライブラリーを同期する必要があるのであれば、あいかわらず iTunes の動く PC が必要かもしれない。しかし、そもそも大量の音楽・ビデライブラリーを持っているのなら、すでに PC を所有しているハズだから問題はないわけだ。

So I’m thinking the iPad and iPhone won’t drop their connection to iTunes running on a PC in one fell swoop. It’ll be incremental, with new-device activation and software updates coming next. At that point, you’ll be able to use them without owning a PC. If you want to sync large libraries of music and video, you’ll still need a PC running iTunes, but if you have a large music/video library in the first place, you must have a PC already, so that’s not really a problem.

     *     *     *

クラウドへの完璧なバックアップ・復元

32 ないし 64 GB ものデータをクラウドにバックアップし、復元するのはまだ技術上可能ではない。 Wi-Fi 接続の iTunes から HD 映画一枚をダウンロードするだけで数時間かかる。アップロードとなるとダウンロードよりもっと遅くなる。この点では iOS デバイスが Android に遅れを取っているわけではない。Android ではクラウドへの完璧なバックアップや復元はやっていないからだ。(そもそも Android は完璧なバックアップ・復元はやらないのだ。)

It just isn’t technically feasible to have people backing up and restoring 32 or 64 GB of data to the cloud. It can take hours to download a single HD movie from iTunes over a Wi-Fi connection, and upload speeds are far slower than download speeds. iOS devices aren’t behind Android in this regard, because Android doesn’t do complete device backups/restores over the cloud. (Android devices don’t do complete backups/restores, period.)

     *     *     *

少量データのクラウドへの同期

膨大なデータを移動させるにはワイヤレスネットワークはまだ不十分だ。しかし少量データをクラウドで同期させる(cloud-based syncing)という面では、iOS はライバルに立ち遅れている。iPhone や iPad のユーザーは MobileMe を使えばカレンダー、住所録、ブックマークなどを簡単に同期できる。MobileMe はとても信頼性が高いので何年も使っており、私は大好きだ。しかし年間 99 ドルも払うとなると、多くの iOS ユーザーにとって話は別で、彼らのほとんどはカレンダー、住所録、ブックマークのワイヤレス同期を利用していない。現時点では競争力がないというわけ。・・・Android ユーザーならほとんど全部がグーグルアカウントを持ち、新しい端末を買ったらすぐカレンダー、住所録、その他多くのアプリケーションのデータをワイヤレスで同期しているのは間違いないだろう。

Wireless networking just isn’t ready for moving huge chunks of data around. Where iOS devices are behind the curve, competitively, is in cloud-based syncing for small bits of data. iPhone and iPad owners need MobileMe to get no-fuss wireless syncing for calendars, contacts, and bookmarks. I like MobileMe a lot, and it’s been very reliable for me for a few years now. But, at $99/year, it’s not something most iOS users have, and thus, most iOS users don’t get over-the-air syncing of calendars, contacts, and bookmarks. That’s not competitive today. (I’d love to know exactly what percentage of iOS users do use MobileMe.) I’ll bet nearly all Android users have Google accounts, and thus get calendars and contacts and many other bits of application data synced over-the-air a few minutes after they take their phones out of the box.

     *     *     *

ユーザーは待ちかねている

iOS ユーザーの多くは、Mac や Windows で動く iTunes はもはや必要ないとアップルが発表するのを待ちかねている。私が待ちかねているのは、ワイヤレスにカレンダーや住所録、それに App Store のアプリのデータを同期するのに MobileMe に支払わなくても済むことだ。

The announcement many people seem to be waiting for is for Apple to tell iOS users they no longer need iTunes on the Mac or Windows. The announcement I’d like to see is for iOS users to no longer need to pay for MobileMe to wirelessly sync calendars, contacts — and any other small bits of data from apps from the App Store.

     *     *     *

MobileMe の必要がない iBooks

iBooks ではそうなっている。iPad の読書を途中でやめ、iPhone でその続きを読もうとすれば、同じ本の同じページが見れる。Kindle でも、他の電子書籍サービスでもこれは同じだ。iBooks がユニークだとか、ライバルより一歩進んでいるという点が重要なのではない。iBooks には MobileMe が必要ないという点が重要なのだ。すべては iTunes Store で処理される。自分のデバイスで本を買い、同じデバイスでそれを読む。その履歴やブックマークなどのメタデータはクラウドにある iTunes アカウントに同期される。すべてはスムーズだ。ほかのアプリも同じようにできるべきなのだ。Safari のブックマークをワイヤレスに同期するのに年間 99 ドルも払う必要があるだろうか。iOS のゲームデベロッパにとって、自分のゲームでの上達ぶりが同じ iTunes アカウントを使えば、簡単に複数のデバイスでも同期できるようにすべきではないか。App Store のデベロッパは、この種の機能を使うために他のサードパーティの Dropbox などに頼らなくて済むべきではないか。

iBooks does this. If you pause while reading a book on your iPad, then resume reading on your iPhone, it picks up on the same page in the book. Kindle and a bunch of other e-reading services do this too. The point isn’t that iBooks is unique or ahead of the curve in this regard. It’s that you don’t need MobileMe for iBooks. It’s all handled by the iTunes Store itself. You buy books on your device, you read them on your device, and your history, bookmarks and other metadata all get synced to your iTunes account in the cloud. And it works great. But a lot more apps should work like this. Should wireless Safari bookmark syncing cost $99 a year? Shouldn’t it be easy for iOS game developers to sync progress for the same game across multiple devices using the same iTunes account? App Store developers shouldn’t have to rely on another third-party — Dropbox — for this sort of functionality.

     *     *     *

Google Docs なら

iWork ソフトや GarageBand の iPad 版は実にすばらしいアプリだ。これまでになくすばらしいユーザー体験をデザインしたクリエイティブソフトといっていい。しかし、例えば iPad の Keynote で作成したスライドを iMac の Keynote で開こうとすると、これは全くの時代遅れといわざるを得ない。Google Docs には UI 上の華々しさはないかもしれないが、同期するのは目にもつかない(invisible)ほど簡単だ。Google Docs を開きさえすれば、ファイルはそこに見つかる。編集や作成に使ったマシンが何か、いま使っているマシンが何かということは一切関係ない。いつでもそこにあるのだ。それが Google Docs が提供する全体的な体験なのだ。

[…] The iPad versions of the iWork suite and GarageBand are exquisite apps — easily some of the best-designed user experiences for creative software ever made. But the process of getting, say, a slide deck created in Keynote on your iPad open in Keynote on your iMac is downright antediluvian. Google Docs has none of the UI panache, but the syncing is invisible. You just open Google Docs, and there are your files. Doesn’t matter which machine you used to edit or create them, or which machine you’re using now, they’re all just there. That’s part of the overall experience.

     *     *     *

そして・・・

そしてその点でアップルは遅れている。

That’s where Apple is behind.

     *     *     *

徐々に母艦への依存度は減らしていくが、ある日突然すべてがクラウドに移行するわけではないという点が重要だろう。

「雲を掴むような」アップルクラウドや巨大データセンターの話に振り回されないためには、アップルの強みと弱みを十分に理解しておく必要がありそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »