Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Social’

Website-Traffic-752x483

[ウェブサイトへのトラッフィクのことだよ:image

気になることを Marco Arment がいっている。

Google and blogs: “Shit.” | Marco.org

     *     *     *

アクセスの頭打ち・減少傾向

ブログをやっているかい? 最近の、とくにここ1、2年のアクセス量はどうだろうか? たとえば 2013 年7月1日以降は・・・

Have a blog? How has your traffic been for the last year or two — say, since July 1, 2013?

自分の場合は頭打ち・次第に減少という傾向がはっきりしている。減少するなんて初めてだ。自分としてはこの期間も結構たくさん投稿しているのに・・・。友人たちの話を聞いてみたが、みんな同じ時期に頭打ちと減少傾向になったという。外部の大きなサイトから自分のサイトに張られたインバウンドリンク(inbound link)は以前ほどではなく、大きなサイトですらトラフィックを維持し、増やすのに苦労していることを思わせる。

Mine’s been clearly flat and slowly declining — the first time the trend has ever gone down — even in periods where I write a lot. I’ve talked to some friends who have seen similar plateaus and declines over the same period, also for the first time. Inbound links from bigger sites also aren’t worth as much as they used to be, suggesting that even big sites are struggling to maintain and grow their traffic.

     *     *     *

大きな流れ

誰も口にしないが、これは大きな流れではないかと思う。ブログの死とまではいかなくても、ブログは著しい減少傾向にあるのだ。2015 年は厳しい年になるかもしれない。

Nobody’s really talking about it, but I suspect this is a wider trend: blogs aren’t dying, but they are significantly declining. 2015 might be a rough year.

     *     *     *

グーグルが悪いのか

Seth Godin は「ウェブをつまらなくしたのはグーグルか」という記事で、グーグルのオーガニック検索結果[注]が著しく輝きを失ってきていることに原因があるという。
[注]organic search result:オーガニック検索結果、スポンサーの広告に左右されない検索結果

In Is Google making the web stupid?, Seth Godin suggests that the declining prominence of organic results in Google searches is significantly to blame:

ウェブ出版者がトラフィックを望むならそれなりの対価が必要だとグーグルの arc はハッキリ述べている。

If you want traffic, Google’s arc makes clear to publishers, you’re going to have to pay for it.

もちろんそうするのはグーグルの権利だ。しかしそれは各サイトがますますアグレッシブな広告戦術をとらざるを得ないということを意味する。なぜなら検索トラフィックだけでは良いコンテンツを得るのがますます難しくなるからだ。標題と関連してくるが、コンテンツの出版者はソーシャルやバイラルなトラフィックに向かいつつある。彼らにとってもはや検索は頼りにならないからだ。まさにソーシャル依存症こそがウェブをつまらないものにしている。トラフィックを増やしたいなら、水準を下げなければならないのだ。

Which is their right, of course, but that means that the ad tactics on every other site have to get ever more aggressive, because search traffic is harder to earn with good content. And even more germane to my headline, it means that content publishers are moving toward social and viral traffic, because they can no longer count on search to work for them. It’s this addiction to social that makes the web dumber. If you want tonnage, lower your standards.

     *     *     *

ウェブの浅薄さ

これまでもウェブでは「〇〇のための10の理由」といった類いの浅薄なリスティクル[listicle < list + article]やクリックベイト[clickbait:釣り記事]的なタイトルで溢れていたが、最近はますますひどくなっているようだ。

Shallow social-shareable listicles and clickbait headlines have always been plentiful on the web, but it does seem clear that they’re getting much worse and more dominant recently.

     *     *     *

真の問題は・・・

グーグルも問題を悪化させている。しかし彼らが根本原因なのではない。グーグルにとってすら問題は非常に大きいのだ。

Google is making the problem worse, but they’re not the root problem. In fact, the real problem is a pretty big problem for Google, too:

ウェブサイトのブラウジングやグーグル検索の代わりに、誰もがだらだらとアプリをやったり、細切れのソーシャルコンテンツをつまんだりして時間をつぶしている。

Everyone’s spending increasingly more consumption time dicking around in apps and snacking on bite-sized social content instead of browsing websites and searching Google.

オンライン出版社はますますソーシャルトラフィックに依存するようになっているが、それはグーグルに締め上げられたからではなく、誰もがソーシャルメディア使うようになったからだ。モバイルの使用、ソーシャルネットワーク、YouTube、それにみんなの注目を引こうとするアプリ — それらが支配的になったことがウェブ出版者やブログライターにとっての真の問題なのだ。

Publishers are relying more on social traffic not because Google’s squeezing them out, but because that’s where everyone went. The dominance of mobile usage, social networks, and YouTube, plus attention-competition from apps, are the real problems for web publishers and blog writers.

     *     *     *

ソーシャルやアプリに時間を費やせば費やすほど

ソーシャルメディアやアプリの革命は純粋に追加的なものではない。それらに時間を費やすことによって検索や RSS、ブックマークが犠牲になるのだ。

The social and app revolutions haven’t been purely additive — much of the time people spend on those now has come at the expense of search, RSS, and bookmarks.

他のところで読んだり書いたりする代わりにツイッターやフェイスブックに時間を費やすことで事態はますます悪化する。(みんなと同じく自分だって悪いのだが・・・)

Every hour we spend on Twitter or Facebook instead of reading and writing elsewhere is just making this worse — and I’m as guilty as anyone.

     *     *     *

流れを押し止めるには

ソーシャルネットワークには強力なメリットがあり、今後もそうあり続けるだろう。しかしいかなる趨勢といえどもあまりに一方に振れ過ぎると、制作者として、また消費者としての自分たちのためにならなくなる。振子を元に戻したいと願ってもその気配はない。良くなるにしても、その前に事態はさらに悪化するだろう。

Social networks have powerful benefits and are here to stay. But like any trend, we’ve swung too far in that direction for our own good, as both producers and consumers. I hope the pendulum starts to swing back soon, because it hasn’t yet. It’s going to get worse before it gets better, if it ever does.

好転することを望むなら、大きな流れを押し止める必要がある。ブログを改革して、次なる時代にふさわしいものに構築しなければならない。

If we want it to get better, we need to start pushing back against the trend, modernizing blogs, and building what we want to come next.

     *     *     *

なかなか口に出せないことをまた Marco Arment がいっている・・・

広告

Read Full Post »

461496095-580

[サルのグルーミング:photo

Facebook がハーバード大生オンリーのサイトだった頃からのユーザー Maria Konnokova が興味深いことをいっている。

The New Yorker: “Why Are We Still on Facebook?” by Maria Konnokova: 04 February 2014

     *     *     *

ソーシャルコネクション

みんなが Facebook を使う理由はまったく同じではないが、ある要因が突出している。友だちとの関係を持ちたいという強烈な欲求だ。もちろん便利さや社会的圧力に負けて使うひともいるが、圧倒的大多数はもっと根源的なソーシャルコネクションを求めている。Facebook は、ひととの関係を保つ最善で、最もアクセスしやすく、最も効率的な手段として登場した。

While the reasons for joining and using Facebook were not entirely homogenous, one factor kept emerging as the strongest motivation for use: the desire to keep in touch with friends. Sure, some people joined because of social pressure or expediency, but the overwhelming majority of users were looking for something much more fundamental: social connection. Facebook had emerged as the best, most accessible, and most efficient way to maintain bonds with others.

     *     *     *

Facebook はグルーミングだ

しかしもうひとつ関連する要因がある — お互いの関係を公にしたいという欲求だ。「サルは互いにグルーミング[grooming:毛づくろい、身づくろい行動]することで、お互いの関係を維持し、併せてその関係を公にする」とテキサス大学オースティン校の心理学者 Sam Gosling はいう。「Facebook はそれをやる。友だちと公にグルーミングをする手段なのだ。壁の中で行なわれる会話はプライベートな会話と同じようなものだ。Facebook はこの根源的な社会的欲求を満たし、大掛かりにやらせてくれるのだ。」

There’s another, related factor, though: the desire to broadcast the nature of these bonds. “Apes groom each other as a way of maintaining connections and making those connections public,” Sam Gosling, a psychologist at the University of Texas at Austin, told me. “That’s what Facebook does. It’s a way of publicly grooming your friends. Those conversations that happen on people’s walls could just as easily have happened in private. Facebook allows us to meet this very basic social need, and to do that on a broad scale.”

     *     *     *

既存のユーザーを逃がさないように

先週 Vauhini Vara が指摘したように、Facebook の伸びは以前ほど急激ではない。Facebook サイトが必然的に飽和状態に近づき、前ほど若い世代に魅力がなくなるにつれて、既存ユーザーが、Instagram や Snapchat のような新しく — 場合によってはもっとシンプルに — 関係を維持できる手段を求めて離れて行かないようにすることがこれまでにも増してFacebook にとっては重要になっている。

As Vauhini Vara pointed out the other week, Facebook is no longer growing as quickly as it used to. As the site reaches its inevitable saturation point and becomes less appealing to a younger generation, it will become ever more important to make certain that the site’s existing users don’t abandon it for newer—and, in some cases, simpler—ways of making connections, like Instagram or Snapchat.

     *     *     *

Facebook をやめる理由

テキサス大学オースティン校の Gosling と大学院生の Gabriella Harari は、なぜひとが Facebook を止める決心をするのかその理由を調べている。その結果3つの大きい原因を見つけた。1)Facebook は無意味で不必要だ、2)Facebook は気が散って困る、3)プライバシーが心配だ、などだ。ますます多くのひとからくるひっきりなしのアップデートを経験すると、無意味なアップデート(どうして赤ん坊がおしゃぶりをはじめたなんて知らなきゃいけないワケ?)には気が散り、フラストレーションを感じる可能性が急増する。情報をやり取りするひとの数が増えるにつれて、すべては — プライベートにしておきたいことですら — アナタを覗き見る窓になってしまう。ソーシャルな関係を肯定してより公にすればするほど、心理的な情報量はいっぱいになり、プライバシーが損なわれてしまう。

At the University of Texas at Austin, Gosling and one of his graduate students, Gabriella Harari, have been examining why people decide to leave Facebook. They have found three broad themes: people see Facebook as pointless and unnecessary, they see it as a problematic distraction, and they are worried about privacy. As you experience a constant stream of updates from more people, the possibilities for distraction or frustration at a pointless update (did I really need to know that her baby is now teething?) rise apace. And as you share more information with more people, it all becomes a window into who you are—even the parts you might prefer to keep private. The more publicly we form and affirm social bonds—and the more people we form and affirm them with—the more likely we are to see our mental bandwidth filled and our privacy eroded.

     *     *     *

神経に障り始めている

多くの Facebook ユーザーは今でも私の学生時代と同じやり方で使っているが、プライバシーコントロールはもっと強化している。昨年5月の Pew の調査によれば、これまでシェアし過ぎだったティーンエイジャーが、いまでは 60% がプライベートにすることを選択し、シェアする内容も誰とシェアするかも制限している。過去の投稿を削除ないし編集し直したひとが 59%、コメントを削除したことがあるひとが 53%、写真のタグを外したひとが 45% もおり、58% は友だちをブロックしたことがある。つき合いのすべてが神経に障り始めているのだ。

Increasingly, many Facebook users are using the site the way I used to use it in college, deploying privacy controls to make their own Facebook more self-contained. A Pew poll last May showed that teen-agers—often expected to over-share—are now opting for private profiles more than sixty per cent of the time, and are often limiting what they share and whom they share it with. Fifty-nine per cent have deleted or edited a post, fifty-three per cent have deleted comments, forty-five per cent have removed tags from photos, and fifty-eight per cent have blocked a friend. All this socializing can start to wear on your nerves.

     *     *     *

Facebook を始めたそもそもの理由が重荷になり始めている・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »