Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Security Updates’

Update 2:アップルが直ちに対応》
Update:ダブルクリックで開く》


[Rosetta tombstone | image

Office 2004、Photoshop CS2、Acrobat 7、Eudora 6、AppleWorks 6 など古いソフトに頼っているひとは要注意・・・

MacNN: “Snow Leopard Security Update breaks Rosetta support“: 03 February 2012

     *     *     *

Snow Leopard のセキュリティアップデート

Snow Leopard のための個別のセキュリティアップデート「Security Update 2012-001」をダウンロードすると、Rosetta に依存している PowerPC ベースのソフトが壊れる現象が出ているという複数の苦情がある。Eudora 6、Acrobat Pro 7、Quicken 2007、Office 2004 などのソフトがクラッシュ、フリーズ、ないしは印刷不能などの予期せぬ振る舞いを示すという。

The separate Security Update 2012-001 download for Snow Leopard users is breaking apps that depend on Rosetta, according to complaints. Rosetta allows PowerPC-based apps to operate within Snow Leopard. Programs such as Eudora 6, Acrobat Pro 7, Quicken 2007, and Office 2004 will reportedly crash, freeze, or exhibit other unexpected behavior, such as failing to print documents.

     *     *     *

当面の対策

アップルはこの問題について認識しているといわれるが、パッチを当てるのがいつになるかは不明。それまでの間ソフトを使う必要がある場合は2つのオプションしかない。最も極端なオプションは Snow Leopard を再インストールして v10.6.8 にアップデートするが Security Update 2012-001 は行なわないというもの。もうひとつは非公式ソフト「RosettaFix」を使ってアップデートした 2012-001 ファイルを元のバージョンに戻すもの。しかしこれでも Eudora 6、Acrobat 7、Photoshop CS2、AppleWorks 6 のようなソフトには依然として不具合が残るという。

Apple is said to be aware of the issue, but there is no timeline on a patch. People who need apps working earlier have two options, the most extreme of these being reinstalling Snow Leopard and updating to v10.6.8 while rejecting Security Update 2012-001. An unofficial app called RosettaFix may solve some problems by replacing files updated by 2012-001 with previous versions, but glitches persist in apps like Eudora 6, Acrobat 7, Photoshop CS2, and AppleWorks 6.

     *     *     *

古きものは去れ

アップルは PowerPC のサポートから少しずつ手を引いている。PowerPC チップ搭載 Mac の最後の OS X バージョンが Leopard だった。Snow Leopard では Rosetta がデフォルトのインストールから外された。Lion では PowerPC ソフトのサポートが完全に終わっている。

Apple has gradually drifted away from PowerPC support. Leopard was the last version of OS X to run on Macs with PowerPC chips, and in Snow Leopard, Rosetta was left out of default installations. Lion has no support for PowerPC apps whatsoever.

     *     *     *

いつもは OS X のアップデートには慎重で、周回遅れで様子を見ながら行なっているのだが、今回は誘惑に負けてしまった。

iBooks Author」がなんとも輝いて見えたのだ。

矢も楯もたまらず急遽 Lion へアップデート、iBooks Author をダウンロードしたのだが・・・

結果は、シロウトには思うようには使いこなせず、やっぱり出版業のプロが使うソフトは違うと変に納得するハメになっている。

問題はその後・・・

Snow Leopard 時代にはなかったいくつもの不具合に遭遇することとなった。

その最たるものは Excel が使えなくなったことだ。筆者の Excel、Word とも「Office 2004」時代のものだ。

とりあえず iWork の Numbers を使わざるを得なくなったが、古い書類がダブルクリックで開けず、その都度アイコンを Numbers にドラッグ&ドロップしなければならないので煩わしいことおびただしい。

おまけに書類を開いた感じがどうもいまひとつで、これまでのサクサク感がなくなったように思えてこれまたつらい。

もう一度 Snow Leopard へ戻すことを検討しようかと考えていた矢先に MacNN のこの記事に出会った。

進むに進めず戻るに戻れない、なんとも情けない状態になっている・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ダブルクリックで開く(2月5日)

読者の Yoshimoto 氏、paprica 氏からのご教示。

こうすれば Excel の古い書類がダブルクリックで自動的に開ける。

・古い書類をクリックして[ファイル]→[情報を見る]

・[このアプリケーションで開く:]項目で Numbers をデフォルトにして[すべてを変更…]を押す

たしかにこれで Excel の古い書類がすべてダブルクリックで Numbers で自動的に開けるようになりました。

     *     *     *

実は Numbers を使うのは今回が初めてだったのですが、こんなに簡単だったのですね。

これって Lion 以前の話で、いかにカジュアルユーザーとはいえこんなことも知らずにきたのですから、いやあお恥ずかしい・・・

Yoshimoto さん、paprica さん、ありがとうございました。

AppleWorks の古い書類も Pages で自動的に開けることを「発見」しました。

この機会に、もっとよく Lion のことを勉強しろということだと理解しましたです、ハイ・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》アップルが直ちに対応(2月5日)

さっそくアップルが問題に対処した。

Macworld.com: “Apple revises Snow Leopard security update” by Dan Moren: 04 February 2012

     *     *     *

セキュリティアップデート version 1.1

Snow Leopard の最新のセキュリティアップデートがもたらしたヒドい失敗を受けて、さっそくアップルは事態をコントロールした。昨金曜日、アップルは Snow Leopard Mac のために「Security Update 2012-001, version 1.1」をリリースした。

Suffering from bizarre errors related to the latest Snow Leopard security update? Apple’s already on top of things. On Friday, the company released Security Update 2012-001, version 1.1, for Snow Leopard Macs.

アップルはいつものように「Mac OS X のセキュリティを高めるために全てのユーザーがアップデートすることを推奨する」としかいっていないが、ラスベガスの賭け流にいえば、このアップデートはとんでもない副作用をもたらした水曜日の Security Updated 2012-001 のバージョン 1.0 と差し替えるためのものだ。

In its usual fashion, Apple only says that the update is “recommended for all users and improves the security of Mac OS X.” But if we had to place a wager, Vegas-style, we’d guess that the update in question has been issued to replace version 1.0 of Security Updated 2012-001, released on Wednesday, which had some nasty side effects.

先に Snow Leopard のセキュリティアップデートを行なった多くのユーザーが、PowerPC Mac 用のソフトが使えなくなったことに気づいた。アップデートによって Rosetta 技術に致命的障害が引き起こされたためだ。

Many users who applied the security update on their Snow Leopard found they could no longer use applications designed for PowerPC-based Macs, thanks to the fact that the update wreaked havoc on files crucial to Apple’s Rosetta technology.

今回のバグフィックスによって問題は解決されたかに見える。しかし我々自身はまだ確認していない。読者の問題が解決したようならその旨教えて欲しい。

It seems likely that the update fixes that problem, although we haven’t yet confirmed it for ourselves. If the update fixes issues for you, let us know in the comments below.

しかしながら、Lion への最新のアップデートMac OS X 10.7.3 の問題、すなわち一部ユーザーが起動時や妙な CUI エラーに遭遇する問題が解決したかどうかは未だ不明だ。

There’s no sign, however, of an update to fix the issues with the latest Lion update, Mac OS X 10.7.3, which saw some users having problems launching applications or experiencing weird textures.

「Security Update 2012-001 version 1.1」は Software Update で行なえるが、アップルのダウンロードサイトにはこの原稿の時点ではまだ掲載されていない。

Security Update 2012-001 version 1.1 is available via Software Update, but as of this writing was not on Apple’s support downloads site.

     *     *     *

バグフィックスの対応が早かったことは評価できるが、何が問題で何が解決されたのかよく分からないところに不安が残る。

これまでアップルのアップデートといえば、ほとんど盲目的に即実行してきたが、これからはひと呼吸おいて様子を見た方がいいのかもしれない・・・

広告

Read Full Post »

OSX_security_fix.png

セキュリティ問題の内訳をみると・・・

リリースされたばかりの Mac OS X 10.6.5 について John Gruber がコメントしている。

セキュリティアップデートの大部分は Flash に関連するものだ、と・・・

Daring Fireball: “Flash Player and Security Updates” by John Gruber: 11 November 2010

     *     *     *

Mac OS X には今後 Flash Player をバンドルしないというアップルの公式態度をひとつのデータが明示している。先月私はアップルからつぎのような説明を受けた。

A data point regarding Apple’s official stance regarding its decision to no longer bundle Flash Player with Mac OS X. Here’s the statement I got from Apple last month:

「われわれは今後ともマックにおいて Flash をサポートする。ユーザーにとって最新かつ安全なバージョンを入手する最善の方法はアドビから直接ダウンロードすることだ。」

“We’re happy to continue to support Flash on the Mac, and the best way for users to always have the most up to date and secure version is to download it directly from Adobe.”

昨日アップルは Mac OS X 10.6.5 をリリースした。アップルのセキュリティリリースは、134 の修正された CVE ID 脆弱性リストを明らかにしている。そのうち Flash Player に関係する脆弱性だけでも 55 を占めている。

Yesterday, Apple released Mac OS X 10.6.5. The security-related release notes for this update list 134 CVE IDs for fixed vulnerabilities. 55 of those vulnerabilities are for Flash Player alone.

     *     *     *

セキュリティアップデートの内訳については AppleInsider の分析したグラフ[冒頭画像]が興味深い。

AppleInsider: “Adobe Flash contributes largest number of security patches in Apple’s Mac OS X 10.6.5” by Daniel Eran Dilger: 10 November 2010

     *     *     *

最新の Mac OS X アップデートには 131 の脆弱性情報データベース番号[CVE ID:注]がリストアップされている。131 のうち、X11関連のもの[Unix X Window アプリを Mac OS X で動かすためのインストールオプション]が 16、デスクトップにはない Mac OS X Server 関連のものが 5 つある。

[注]CVE:Common Vulnerabilities and Exposures、脆弱性情報データベース、共通脆弱性識別子、

Of the 131 security vulnerabilities identified and patched by the latest Mac OS X update (cataloged by their public Common Vulnerabilities and Exposures or CVE ID), 16 are related to X11, an optional install which enables Mac OS X to run apps designed for the Unix X Window specification. Another five are related to features in Mac OS X Server that are missing in the desktop version.

しかしアップルの Product Security アップデートによれば、脆弱性のほとんどがアドビの Flash プラグイン関連で、55 というおびただしい数にのぼる。「もっとも深刻な場合にはコードが勝手に実行される恐れがある」とされている。

However, the most security vulnerabilities by far are associated with the Adobe Flash plugin, with a whopping 55 issues listed, the “most serious of which may lead to arbitrary code execution,” Apple reports in its Apple Product Security update.

アップルが自社のモバイル iOS から、サードパーティプラットフォームのコード[Java、Flash、X11 を含む]を除こうとした理由もこれではっきりする。

This leaves little reason for wondering why Apple has worked to shed all third party platform code from its mobile iOS, including Java and Flash (and of course, X11).

     *     *     *

Flash は単にバッテリーを食うだけでなく、セキュリティ上も看過できないという態度をアップルがハッキリと打ち出した・・・

★ →[原文を見る:Daring Fireball

★ →[原文を見る:AppleInsider

Read Full Post »