Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Sean Connery’

tumblr_nfter7j3aW1rpqdi8o1_1280

Is Bond rocking an iPhone 6 Plus? | ParisLemon

広告

Read Full Post »


Sean Connery から Steve Jobs あての手紙

インターネットで広く流布しているウワサらしい。

ジェームズ・ボンドがアップルの広告に出るのを断ったという手紙だ。

     *     *     *

1998 年12月11日

December 11, 1998

ジョブズ殿

Mr. Jobs:

重ねて申し上げる。貴殿は英語を解されぬのか。アップルその他いかなる企業のためであれ我が魂を売り渡すつもりはござらぬ。貴殿の「世界を変える」という戯言など興味ござらぬ。小生が必要とし、望むものなど貴殿は持ち合わせておられぬ。貴殿はたかがコンピュータのセールスマンに過ぎぬ。小生、痩せても枯れてもジェームズ・ボンドなり。

I will say this one more time. You do understand English, don’t you? I do not sell my soul for Apple or any other company. I have no interest in “changing the world” as you suggest. You have nothing that I need or want. You are a computer salesman — I am fucking JAMES BOND!

貴殿のがさつな広告に登場することほど我が経歴を汚す行為は考えられぬ。二度と小生に連絡なさらぬよう・・・

I can thing of no quicker way to destroy my career than to appear in one of your crass adverts. Please do not contact me again.

敬具

Best,

ショーン・コネリー

Sean Connery

     *     *     *

この手紙は iMac の誕生秘話を綴った「iMaculate Conception: How Apple’s iMac Was Born」[6月27日に Barnes & Noble から出版予定]が取り上げたものだという。

Scoopertino: “EXPOSED: The iMac disaster that almost was” by Miyoko Yamada: 19 June 2011

     *     *     *


[実現しなかったジェームズ・ボンドの広告 – 最下段の一行に注意]

スティーブ・ジョブズはジェームズ・ボンドの大ファンだった。当初 iMac の名前を「Double-O-Mac」にしようかと考えたほどだった。ダブル・オー・セブン(Double O Seven)のショーン・コネリーを使って iMac のクリスマス用特別広告を作るようエージェントに命じた。この時点でコネリーの同意ははまだ得られていなかった。

Steve Jobs, a lifelong fan of James Bond (he’d originally wanted to name the revolutionary computer “Double-O-Mac”), instructed his agency to begin work on a special celebrity Christmas ad featuring 007 himself, Sean Connery — even though Connery had yet to be signed.

スティーブ・ジョブズにはショーン・コネリーに対する特別な気持ちがあったが、相手は必ずしもそうではなかった。大西洋を越えて送られたジョブズの広告を見て愕然としたコネリーはそんな話にはのりたくないと少なくとも3度にわたって断った。

Though Steve had a thing for Sean Connery, the feeling was not mutual. Connery was appalled by the “advert” Jobs sent across the pond and declined to participate in the misadventure on at least three separate occasions.

コネリーが最後に送った手紙には彼のイライラぶりがよく出ている。[上記手紙参照]

Connery’s final rejection was accompanied by a note revealing one mightily peeved film star (see letter on right).

結局、ダブル・オー・セブンという非常手段をとらなくても iMac は生き延びることができたのだが・・・

Needless to say, iMac managed to “survive” without extraordinary measures.

iMaculate Conception」には他にも iMac に関連した興味深い逸話がたくさん語られている。評判の悪かった「アイスホッケーパック型マウス」がイングリッシュ・マッフィンから考えついたことや、iMac のハンドルを握ってえいやっと持ち上げた Jony Ive がヘルニアを患ったという話など。

iMaculate Conception reveals a number of other interesting iMac-related stories. Ms. Woods details the true origin of the failed “hockey-puck mouse”design — a burnt English muffin. She also tells the heart-thumping tale of Jony Ive’s hernia, suffered when he attempted to actually pick up an iMac by its handle.

     *     *     *

で、この話のオチは?・・・John Gruber の解説をどうぞ。

Daring Fireball: “You Have Nothing That I Need or Want. You Are a Computer Salesman — I Am Fucking James Bond!” by John Gruber: 23 June 2011

私のジェームズ・ボンド好きとアップル好きのせいで、私のメール箱は、1998 年に Sean Connery から Steve Jobs に送られたという Scoopertino の偽手紙に関するメールで溢れかえっている。これはこういうことだ。この手紙の画像コピーがインターネットを野火の如く流布している。しかし Scoopertino へのリンクは張られていない。ということはなりすましのイタズラはうまくいかなかったということだ。

Thanks to the confluence of my interests and the fact that it’s funny as hell, I’ve been inundated with email regarding Scoopertino’s fake 1998 letter from Sean Connery to Steve Jobs. Here’s the thing, though — it’s the image of the letter that’s circulating like wildfire, not the link to Scoopertino, so the fact that it’s a spoof is lost on many.

あまりによくできた話なので、本当ならとつい思ってしまう。

It’s so good we all want it to be true.

     *     *     *

はてさて、インターネットの話は何が本当なのか・・・

Read Full Post »