Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Scott Forstall’

Update:なぜ彼は沈黙しているのか》

FREE_AGENTS_BANNER

[The Information に名を連ねた Scott Forstall:image

Scott Forstall の近況が少しだけ漏れてきた・・・

Business Insider: “What Former iOS Leader Scott Forstall Is Doing” by Jay Yarow: 09 December 2013

     *     *     *

最大のミステリー

Scott Forstall に起きたことはテクノロジー業界最大のミステリーのひとつだ。

One of the biggest mysteries in technology is what has happened to Scott Forstall.

Forstall は画期的な iPhone OS の共同創案者だった。そのスタートから 2012 年末まで彼が iOS を率いてきた。そして 2012 年末突如アップルを逐われたのだった。

Forstall was the co-inventor of the iPhone’s ground breaking operating system. He led iOS from its creation until the end of 2012 when he was abruptly forced out of the company.

世界でもっとも価値ある会社でもっとも重要な製品を担当していた彼は、一夜にして姿を消した。

He went from being in charge of the most important product at the world’s most valuable company to disappearing over night.

     *     *     *

新しいニュース

アップルを逐われた後、彼は公の場では何も語らず、彼がどうしているのか何も聞こえてこなかった。

Since getting pushed out of Apple, he hasn’t said a word publicly, and there’s been no word on what he’s been up to.

今日になって新しいニュースが聞こえてきた。

Until today.

     *     *     *

イタリアや南アフリカへの旅行

Amir Efrati が主宰する新しいテクノロジーサイト「The Information」によれば、Forstall はイタリアや南アフリカへの旅をしてこの一年を過ごしたという。またスタートアップへのアドバイスや、教育、貧困、人権などの慈善事業にも関わってきたという。

Amir Efrati at new technology site The Information is reporting that Forstall spent the year traveling to Italy and South Africa. He also advised a few startups, and became more philanthropically involved, focusing on education, poverty, and human rights.

     *     *     *

次なる仕事は?

彼が次に何をやるのかについては Efrati は触れていないが、Kleiner Perkins や Andreessen Horowitz のようなベンチャー企業が彼と接触しているという。一方アップルの従業員たちは、Forstall が自らの会社を起こすと考えているようだ。

As for what’s next, Efrati doesn’t have any news, but he says VC firms like Kleiner Perkins and Andreessen Horowitz have stayed in touch, but Apple employees think Forstall’s next move will be starting his own company.

     *     *     *

ひさしぶりに Forstall のニュースだ。

スティーブ・ジョブズもアップルを逐われた不遇の時代に人間的に大きくなった。

アップルを逐われた Forstall は何を語るのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》なぜ彼は沈黙しているのか(12月11日)

Scott Forstall の「ニュース」について John Gruber がコメントしているのがオモシロい。

あちこち旅行していたという点を除けば特別ニュースでも何でもないではないかと Gruber はいう。

Daring Fireball: “Scott Forstall ‘News’” by John Gruber: 10 December 2013

     *     *     *

ガーデニング・リーブ

自分が聞いているところでは、Tim Cook から首を切られたとき Forstall は退職金として多額のカネをオファーされ、受け取ったという話だ。退職の条件には、Forstall が同業他社の仕事をしてはならない期間や公の場では沈黙を守ることなどが含まれているという。いわゆるガーデン・リーブ(garden leave)[注] というヤツで、今回のような物議をかもした上級管理職を辞めさせるときによく見られる。

What I’ve heard is that when Tim Cook fired him, Forstall was offered (and accepted) a big truck full of money as part of a severance package. The terms of the severance agreement included a period of time during which Forstall can not (could not?) work for any other company, nor make any public statements. A garden leave, if you will — and pretty standard stuff in a tempestuous senior executive shake-up like this.

[注]garden leave(ガーデン・リーブ)または gardening leave(ガーデニング・リーブ )とも。重要な役職にある社員が、すぐに同業他社に転職しないように、強制的に取らせる有給休暇のこと。庭いじり休暇の意味から。

     *     *     *

沈黙期間はもう過ぎた?

自分にとって唯一関心があるのは、沈黙を守る期間あるいは同業他社に努めてはならない期間がどのくらいの長さかという点だ。自分は1年間ではないかと考えたが、もしそうなら日本語]今や彼は話すのも他社で働くのも自由なハズだ。だから昨日 The Information の記事を聞いて興奮した — Forstall がアップルを辞めたあと初めてのインタビューを The Information が獲得したのだと思ったからだ。(自分は羨ましいと思った。)

The only question I’m curious about is how long the quiet / non-compete period is. I thought perhaps it was one year, which would mean he’s now free to talk and work elsewhere, which in turn was why I was at first excited to read The Information’s report yesterday. I thought perhaps they’d landed Forstall’s first post-Apple interview. (And I was jealous.)

     *     *     *

沈黙しているワケ

おそらく Forstall は今や自由に話せるのだが、ただ沈黙しているだけなのだろう。発表すべき何かがハッキリするまで・・・。それこそ衝撃的ではないか(それこそがニュースではないか)。

For all we know, Forstall is free to talk and is simply choosing to remain quiet until he actually has something to announce. Shocking, right?

     *     *     *

第一報は確かに内容が薄い。

Gruber がいうように、Forstall が口を開いたときこそ衝撃的なのだろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

広告

Read Full Post »

ios7_depth

[iOS 7 画面の奥行き:2分12秒ごろ]

Jony Ive が登場する iOS 7 の紹介ビデオで、オヤと思った瞬間があった。

iPhone の平たいはずの画面が、左右に傾けるとまるで奥行きのある立体画面のように見えたからだ。[2分47〜49秒ごろ]

「iOS 7 こそアップルを代表するもの」(’This Is Our Signature’: iOS 7)という John Gruber の投稿を読んで、そういうことだったのかと思った。

Daring Fireball: “‘This Is Our Signature’: iOS 7” by John Gruber: 10 June 2013

     *     *     *

ソフトウェアデザインも?

Jony Ive がハードウェアのデザインチームを率いることに疑問を抱くものは誰もいない。しかしソフトウェアデザインチームも率いることができるかどうかとなると、これは過去8か月の間アップルが直面した大きな問題だった。事実、アップルがこれまで直面した最大の問題だったともいえる。なぜなら、言わずと知れた誰かさんが船の舵をとらなくても、革新的なソフトウェアをアップルは出せるのかと尋ねるのと同じことだからだ。

No one has questioned whether Jony Ive can lead a hardware design team. Whether he could lead a software design team, however, has been the biggest question facing Apple over the last eight months. In fact, it might be the biggest question facing Apple, ever, because it’s another way of asking whether the company could produce innovative software without you-know-who at the helm of the ship.

     *     *     *

紛うかたなきイエス

今日その答えが出た。紛うかたなきイエスだ。Jony Ive はソフトウェアチームを率いることも出来るのだ。

Today, we have our answer, and it is a resounding yes. Jony Ive can lead a software team.

     *     *     *

重要な視点

Ive のアプローチ — そしてまた Forstall がいなくなった後のアップルの組織全体としてでもあるが、それを考える際にキーとなるのは、ハードウェアとソフトウェアを2つの異なったものと考えるのではなく、むしろデザインという単一のものとしてみることだと自分は考える。

The key, I think, is that his approach, and Apple’s as a whole under its post-Forstall organizational structure, is not to view this as two different things, hardware and software, but rather as a single thing: design.

     *     *     *

iOS 6 のリネン

iOS 7 のデザインには深い知的厳密さがある。それは Jony Ive のハードウェア的背景と深く関係しているのだと思う。ハードウェアの場合、デザインには物理的制約がある。重量、密度、大きさ、接続、継ぎ目などだ。そんな制約はソフトウェアのデザインにはない。iOS 6 の古いデザインでは制限がないことに便乗したがそれが裏目に出た。iOS 6 では、ホームスクリーンでフォルダーを開くと、背景にリネン(生地)が見える。通知センターをプルダウンすると、リネンが上から重なる。リネンは上にも下にもあるわけだ。ハードウェアの場合はそうはいかないが、ソフトウェアならそれができる。なぜならソフトウェアなら何でも見せることが可能だからだ。概念上の論理はどうでもいいのだ。

There is a deep intellectual rigor to the design of iOS 7, and it’s hard not to see it as being profoundly informed by Ive’s background in hardware. In hardware, design is limited by physics: weight, density, size, connections, seams. Software doesn’t face those design limits. The old design of iOS 6 took advantage of that lack of limits, to its detriment. In iOS 6, you open a folder on the home screen, and linen is something you see underneath. You pull down Notification Center, and linen is something you see over. It’s both over and under. Hardware doesn’t work like that, but software can, because software can show you anything, conceptual logic be damned.

     *     *     *

ios7_depth02

[iOS 7 画面の奥行き:2分47秒ごろ]

iOS 7 の3次元レイヤー

iOS 7 のデザインは法則に基づいている。複雑なシステムが働いている。3次元のZ軸のレイヤーが論理的に組み込まれているのだ。疑似的な3次元視角効果やテクスチャーの使用は極力減らされている。しかし iOS 7 は決してフラットではない。視覚的意味ではなく論理的な意味において3次元なのだ。今どこにいるのかという位置感覚を(誇示するためではなく)分からせるために半透明性(translucency)が用いられる。新しい Control Center パネルを下からプルアップすると、それが半透明なことからどこか新しい場所に移行したのではなく、前の同じ場所でその上に何かがあることが分かるのだ。

The design of iOS 7 is based on rules. There’s an intricate system at work, a Z-axis of layers organized in a logical way. There is a profound reduction in the use of faux-3D visual effects and textures, but iOS 7 is anything but flat. It is three dimensional not just visually but logically. It uses translucency not to show off, but to provide you with a sense of place. When you pull the new Control Center panel up from the bottom of the screen, its translucency lets you know that you haven’t gone somewhere new, you’re just looking at something over where you were.

     *     *     *

ios7_depth03

[iOS 7 画面の奥行き:2分49秒ごろ]

まるでハードウェアのように

iOS 7 では位置や、奥行き、広がりといった感覚がある。それがまるでハードウェアのように感じさせるのだ。ガラス面にレンダリングされたピクセルではなくホンモノなのだ。あたかもアップルのハードウェアであることがすぐ分かる設計目標を、Ive がソフトウェアデザインにももたらしたかのようだ。そこでは Ive のチームは物理的な制約を受けない。平面は厚さはゼロだが、真の意味でシステムなのだ。

There’s a sense of place, depth, and spatiality in iOS 7 that makes it feel like hardware. A real thing, not pixels rendered on glass. It’s as though Ive has brought the same design goals that have always informed Apple’s hardware to software. And here, his team isn’t limited by physics. Planes can have zero thickness. But it’s a system, in the truest sense of the word.

     *     *     *

過剰な美の排除

iOS 7 は完璧ではない。この新しいデザインのフレームワークは、iOS のオリジナルな美しさがそうだったように時とともに進化し、改良されるだろう。しかしこれはオリジナル iOS の美しさが持つ過剰な部分を修正するための概念上の基礎なのだ。まったく異なるものではあるが、決して見当外れではない。ケバケバしさやキラキラしたところは少ないが、より繊細で洗練されている。

iOS 7 is not perfect; this new design framework will evolve and improve over time, just like iOS’s original aesthetic did. But it’s a conceptual foundation that corrects all of the excesses of the original iOS aesthetic. It’s radically different but not disorienting. Less flashy, less bling, more subtle, more refined.

     *     *     *

人工甘味料的弱点

これはジョブズ亡き後のアップルの最初の製品だ。いくつかの点でアップルのソフトウェアデザインが結果的によくなったことを示している。なぜなら豊かなテクスチャーやギミックの類いを好んだのはジョブズ(Forstall も)だったからだ。ハードウェアに対するジョブズのセンスはほぼ完璧だったが、ソフトウェアの嗜好には人工甘味料的弱点があった。木目、リネン、贅沢なコリント風レザーなどで、すべては見かけ上のものだ。Jony Ive のソフトウェア嗜好にはこの弱点はない。

This is the first product of the post-Jobs Apple. The result shows that in some ways Apple’s software design has gotten better, because it was Jobs (and Forstall) who had a penchant for exuberant textures and gimmickry. Jobs’s taste in hardware was nearly perfect, but his taste in software had a weakness for the saccharine. Wood grain, linen, Rich Corinthian leather, etc. It was all just sugar for the eyes. This is a weakness Jony Ive’s software taste clearly does not suffer.

     *     *     *

デザインだけでいい

ソフトウェアは今やハードウェアの一部だ。この2つは同じコインの両面だ。ハードウェアデザインとソフトウェアデザインではない。デザインだけでいいのだ。

The software is now of a piece with the hardware. Two sides of the same coin. Not hardware design and software design. Just design.

     *     *     *

iOS 7 は決してフラットではなかった!

そんなところまで踏み込んだ Gruber はスゴい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:iOS 7 が遅れるというウワサ》

flat_design

[フラットデザイン?:image

WWDC に向けて臨戦態勢に入った iOS 7 チームの様子を John Paczkowski が報じている

AllThingsD: “Apple’s iOS 7 Team in Deadline Crunch Mode, Adding Engineers” by John Paczkowski: 01 May 2013

     *     *     *

WWDC に間に合わせる

アップルの iOS 7 はモバイル OS を考え直す意味で大変重要なので、6月10日から14日にサンフランシスコで開かれる WWDC でのプレビューに間に合わすべく、アップルはさらにエンジニアのたちを掻き集めている。

Apple’s iOS 7 is so significant a reimagining of the mobile operating system that the company is mustering additional engineering resources to get it out the door in time for a preview at its annual Worldwide Developers Conference, which is June 10-14 in San Francisco.

     *     *     *

予定どおり

匿名希望の複数のソースが AllThingsD に語ったところによれば、アップルは倍加して iOS 7 の作業に当たらせるため OS X 10.9 のチームからエンジニアを「借用している」といわれる。「そうだ、そうだ。iPhone/Leopard の時の繰り返しだ」とソースのひとりは 2007 年にアップルが OS X 10.5 のエンジニアを引き抜いて iPhone 開発に当たらせたことに言及していう。「防火訓練ほどではないけれどね。でもちゃんと予定どおりには出荷できるだろう」と。

Sources who declined to be named because they are forbidden to talk publicly about Apple’s plans tell AllThingsD that the company has been “borrowing” engineers from the OS X 10.9 team as part of an effort to double down on iOS 7. “Yes, yes — it’s essentially a repeat of the iPhone/Leopard scenario,” one source said, referring to Apple’s 2007 decision to pull engineers from OS X 10.5 to work on iPhone. “Not as much of a fire drill, though. It will ship on time.”

     *     *     *

John Gruber が最初

iOS 7 の人材争奪戦について最初に触れたのは先月の Daring Fireball だった。Bloomberg もそれを今日繰り返している。

News of Apple’s iOS 7 scramble was first reported by Daring Fireball last month, and reiterated today by Bloomberg.

     *     *     *

Ive になって初めてのアップデート

なんでまたアップルはエンジニアたちを掻き集めねばならないのか? それは今回が相当大きいアップデートだからだ。インダストリアルデザイン担当上級副社長 Jony Ive が今やインターフェイスのデザインも総括しているので、アップルはソフトウェアとハードウェアを一体化したアプローチをとっているのだと複数のソースはいう。Ive がアップルのハードウェアにもたらしたスパルタ的でエレガントな美しさがこんどはソフトウェアにももたらされようとしているのだ。先週 9to5Mac の Mark Gurman が、iOS 7 では派手さよりシンプルさを重視する「フラットな」デザインがメインになると書いた。自分も複数のソースから、「派手さをなくした」(de-glitzed)のが iOS 7 だという似たような表現を聞いている。

So what is it about iOS 7 that has caused Apple to rally additional engineering resources? It’s a pretty big update. With SVP of Industrial Design Jony Ive now oveerseeing interface design, sources say Apple has adopted a unified approach to software and hardware design. And evidently the spartan, elegant aesthetic that Ive has developed around Apple’s hardware is now being brought to bear on its software, as well. Last week, 9to5Mac’s Mark Gurman reported that iOS 7 would feature a “flat” design that favors simplicity over flash. I’ve heard similar descriptions from sources who say iOS 7 is iOS “de-glitzed.”

     *     *     *

脱 Forstall 化

iOS の説明を受けたソースのひとりは、「こういうことだ。Game Center のフェルトのクラップステーブルは知ってるだろう? サーカス・サーカス[Circus Circus:ラスベガスにあるカジノホテル]からオサラバというワケだよ。」

“Put it this way,” said one source who has been briefed on iOS. “You know Game Center’s green felt craps table? Well, goodbye, Circus Circus.”

驚くことはない。「縫い目のついたレザーや木目調の華やかさといった skeuomorphic なデザインの主唱者だった Scott Forstall がアップルを去り、その分 Ive の役割が大きくなったので、iOS 7 にはペンキの塗り替えが必要なのだ」と自分が話をしたアップルの元および現従業員たちはいう。「必要とされていた脱 Forstall 化だよ」というものもいた。

Not a surprise, really. With Scott Forstall — an advocate for flashy, skeuomorphic design and its stitched-leather and faux-wood-grain flourishes — now gone from Apple, and Ive in an expanded role, the current and former Apple employees I’ve spoken to say iOS 7 was destined for a new coat of paint. As one said, “Sounds like a much-needed ‘de-Forstallization.’

     *     *     *

デザインをいじるなら

しかし iOS 7 から skeuomorphic 的な光沢がすべてなくなってしまうワケではない。2007 年に iPhone が発表されて以来持っている OS のルックスはあまり変更されていない。アップルがデザインをいじるつもりなら、まさに今がその時だ。BlackBerry 10 や Windows Phone のモバイル OS には改善の余地がまだまだあるとすれば、アップルとしては iOS がホコリをかぶって見えるリスクをあえて冒すことはできないのだ。

Which is not to say that the design of iOS 7 is entirely about removing skeuomorphic gloss. Fact is, Apple hasn’t much changed the operating system’s look since the iPhone was introduced in 2007. If the company has good ideas for design tweaks, it’s about time it implemented them. With new mobile operating systems like BlackBerry 10 and Windows Phone proving that there’s plenty of room left for innovation in the market, Apple can ill afford even the risk of the perception that iOS might be getting dusty.

     *     *     *

ユーザーの期待に応えられるか

有名になった直観的な分かりやすさは保持しつつ、OS のルック&フィールを徹底的に見直すことがアップルにとっての挑戦だ。「アップルのデバイスはユーザーの生産性を高め、優れたユーザー体験を与えるというユーザーの期待にこの見直しが応えられるかどうかが最大の問題だ」と Forrester のアナリスト Charles Golvin はいう。「恐らくはそのビジョン達成のために派手なものはアップルにとって必要ないということなのだろう。」

Apple’s challenge, then, is to overhaul the look and feel of the OS while retaining the intuitiveness that has made it so popular. “The key question here is whether those changes deliver on the core Apple promise of improving customers’ ability to make productive use of the device and deliver a clearly superior experience,” Forrester analyst Charles Golvin told AllThingsD. “Presumably they don’t need the flashy stuff to realize that vision.”

     *     *     *

「お化粧直し」かそれ以上か?

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》iOS 7 が遅れるというウワサ

iOS 7 の出荷が遅れるというウワサについて、Jim Dalrymple が予定どおりだといっている。

The Loop: “On the rumor that iOS 7 will ship on time” by Jim Dalrymple: 01 May 2013

     *     *     *

イェップ

John Paczkowski は AllThingsD のソースのひとりを引用して:

John Paczkowski quoting a source on AllThingsD:

「そうだ、そうだ。iPhone/Leopard の時の繰り返しだ」とソースのひとりは 2007 年にアップルが OS X 10.5 のエンジニアを引き抜いて iPhone 開発に当たらせたことに言及していう。「防火訓練ほどではないけれどね。でもちゃんと予定どおりには出荷できるだろう」と。

“Yes, yes — it’s essentially a repeat of the iPhone/Leopard scenario,” one source said, referring to Apple’s 2007 decision to pull engineers from OS X 10.5 to work on iPhone. “Not as much of a fire drill, though. It will ship on time.”

イェップ

Yep.

     *     *     *

イェップ(= yes)は「予定どおりには出荷する」という部分に対するものだ。

他からの助っ人も得て iOS 7 チームは最後の追い込みをかけているのだろう。

ところで OS X チームからひとを借りているのなら、OS X 10.9 の方はどうなるのか? もしそちらが遅れれば、マックがらみのアップデートはどうなる?

Read Full Post »

donmelton

[元アップルプログラマー Don Melton:image

少し前に話題になった元アップルプログラマーの Safari 開発秘話が大変オモシロい。

Don Melton は Scott Forstall の下で極秘に Safari 開発に当たった責任者だった。

Don Melton: “Keeping Safari a secret“: 03 January 2013

     *     *     *

本名を名乗らなかった Safari

日夜 Safari の開発をやっていた頃、まだ Safari という名前で呼ばれるようになるずっと以前のことだが、それはマイクロソフトの Internet Explorer のふりをしていたものだ。そう、1998 年以来 Mac OS にバンドルされていた Internet Explorer for Mac のことだ。Safari 発表の半年前のころには、Mozilla ブラウザのふりをし始めた。

For much of the time we spent developing Safari — long before it was called by that name — it pretended to be Microsoft Internet Explorer. Specifically, Internet Explorer for Mac, which Apple had provided with the OS since 1998. Less than six months before Safari debuted, it started pretending to be a Mozilla browser.

     *     *     *

なぜそんなことを?

なぜそんなことをしたのかって? コードも動作も非常に異なる Safari をどうやって偽ることができたのかって?

Why did we do this? And how did we make Safari pretend to be these browsers when its code and behavior were so different?

チームを編成してそんなブラウザを作成するよう Scott Forstall に命じられたせいだけではない。このプロジェクト全体を極秘にしておかなければならなかったのだ。そのために、オリジナルチームの大部分を雇うのに、仕事を始めるまでは何をやるのか教えてやるワケにもいかないというひどく込み入った状態で、管理上の難問題だったのだが、その話は別の機会に譲るとしよう。

Not only was I tasked by Scott Forstall with building a browser and building a team to build that browser, I had to keep the whole damn project a secret. Which, by the way, really complicated the shit out of hiring most of the original team since I couldn’t tell them what they were working on until they took the job. Talk about your management challenges. But that’s another story.

     *     *     *

極秘任務

そう、極秘だった。かといって、Jony Ive のデザイングループが当時そうだったように、あるいはまた数年後には iPhone チームがそうなったように、肉体的にも閉じ込められていたワケではなかった。しかし名指しで訪ねてこない限り、われわれをキャンパスで見つけるのは不可能だった。できたとしても、われわれの誰かが実際に Safari を動かしている現場 — 通常密室でやっていたが — を見ない限り、何をやっているのか分からなかっただろう。

So, secrecy. We weren’t under physical lockdown like Jony Ive’s design group was then, or like the iPhone team would be years later. But unless you knew who to look for, you were never going to find us on campus. And if you did, it’s unlikely you could tell what we were doing unless you caught one of us actually running Safari — something we usually did with our office doors closed.

     *     *     *

チームの心配はしなかった

ウワサになることについては心配していなかった。Forstall が私を信頼していたからだ。その点は — 他にもいろいろあるが — 彼が偉大なボスだった証拠だ。それに私も自分のチームを信頼していた。さもなくばそもそも彼らを雇ったりはしなかっただろう。われわれの誰も、そしてアップル内部のベータテスターたちの誰も、密告などしなかった。ベータテスターの数は非常に限られていたが、みな非の打ちどころがなかった。

I wasn’t worried about talk either. Forstall certainly trusted me – that’s one of the many things that made him a great boss. And I trusted my team — otherwise I wouldn’t have hired them. None of us nor any of the internal beta testers at Apple were going to snitch. There were too damn few beta testers, but they were above reproach.

     *     *     *

何が心配だったか

当時はツィッターもなかったし、フェイスブックもなかった。仕事内容をブログに書くようなバカはアップルにはいなかった。それじゃいったい何を心配したのかって?

Twitter and Facebook didn’t exist then. Nobody at Apple was stupid enough to blog about work, so what was I worried about?

サーバーのログだ。死ぬほどそれが怖かった。

Server logs. They scared the hell out of me.

     *     *     *

ユーザーエージェント文字列

ウェブブラウザがウェブサーバーからページを読み込むとき、ブラウザは ID としてサーバーに対してユーザーエージェント文字列(user agent string)を明らかにする。基本的には名前、バージョン、プラットフォームなどのことだ。同時にまたブラウザはサーバーに IP アドレスも手渡すので、サーバーはどこにページを送ればいいのか分かるワケだ。このやり取りのおかげでウェブは動くことができ、さらに誰がどこで、どのブラウザを使っているかをサーバーに教えることができるのだ。

When a Web browser fetches a page from a Web server, the browser identifies itself to that server with a user agent string — basically its name, version, platform, etc. The browser also gives the server an IP address so the server knows where to return the page. This exchange not only makes the Web work, it also allows the server to tell who is using what browser and where they’re using it.

何をいいたいのか分かるだろう? でもそれだけではない・・・

You can see where this is going, right? But wait, there’s more…

     *     *     *

固定 IP アドレス

1990 年当時、先見の明のあるアップルの IT 担当者は、アップルのために IP アドレスの Class A ネットワーク全体を確保しておいた。そうなのだ、アップルは 16,777,216 個の固定 IP アドレス(static IP addresses)を確保していた。そしてこれに属するアドレスは — 今では「/8 block」と呼ばれているが — すべて同じ数字で始まるのだ。アップルの場合、それは 17 だった。

Back around 1990, some forward-thinking IT person secured for Apple an entire Class A network of IP addresses. That’s right, Apple has 16,777,216 static IP addresses. And because all of these addresses belong together — in what’s now called a “/8 block” — every one of them starts with the same number. In Apple’s case, the number is 17.

IP アドレスが 17.149.160.49 なら、それはアップルだ。17.1.2.3 もアップルだし、17.18.19.20 もアップル、17.253.254.255 もアップルというワケ。クソッ!

IP address 17.149.160.49? That’s Apple. 17.1.2.3? Yes, Apple. 17.18.19.20? Also, Apple. 17.253.254.255? Apple, dammit!

すっかり騙されていた。

I was so screwed.

     *     *     *

CIA 並みのプロジェクト

みんなが忠誠を宣誓をして CIA の非合法活動なみに密かにこのプロジェクトを遂行していたけれど、アップルキャンパスのネットワークを利用するときに Safari を「Safari」という名前で使うワケにはいかなかった。さもないと、ウェブサーバーの管理者がどこかでログファイルをスキャンして、ユーザーエージェント文字列と発信元の IP アドレスを突き合わせるかもしれないのだ。そうなれば 2003 年1月7日の Macworld で Steve Jobs が発表しようとしているビッグサプライズがダメになってしまう。ひいては自分もそうなるということなのだ!

Even though we operated the project like some CIA black op — with loyalty oaths and all — we couldn’t let Safari be “Safari” when we used it on the Apple campus network. Otherwise, some Web server administrator somewhere might be scanning their log files and notice the connection between user agent string and IP address origin. Then the big surprise Steve Jobs wanted to unveil at Macworld on January 7, 2003, would be shot. And, likely, so would I.

     *     *     *

自分が考案したユーザーエージェント文字列

そこでわれわれは自分が巧く考案した Safari のユーザーエージェント文字列を隠したのだ。「自分が考案した」という意味は、それが実際に Safari および WebKit の数少ないコードのひとつであり、1)それを考案したのは自分だと主張でき、2)今でもソースコードに残っているからだ。残りのハッキングについては自分のエンジニアチームがすべて削除ないしは更新してしまった。実に頭のいい連中を雇ったものだよ。

So we hid my cleverly designed Safari user agent string whenever we were at Apple. And I say “my” because that’s actually one of the few pieces of code in Safari and WebKit that 1) I can claim to have designed and 2) is still actually in the source. Thank God my engineering team removed or refactored all my other hacks. I hired good people.

     *     *     *

今でもその名残り

アップルキャンパスのネットワークを使うとき以外、すなわち自宅ではいつも、Safari をいじって本当のユーザーエージェント文字列を有効にしていた。互換性テストのためにそうせざるを得なかったのだ。文字列をいじることで当時のウェブサイトと最大限の互換性を確保することができたのだ。Safari のユーザーエージェント文字列には今でも余分な情報 — KHTML、Gecko など他のブラウザエンジンの名前 — が残っているのはそういうワケだ。

Whenever we were off the Apple campus network, e.g. in our homes, we modified Safari to enable its real user agent string. And we had to do this for compatibility testing. That allowed me to tweak the string for maximum compatibility with the websites of that time. Which explains why the Safari user agent string has so much extra information in it, e.g. KHTML, like Gecko — the names of other browser engines.

     *     *     *

ちょうど10年前の今ごろ

真の Safari ユーザーエージェント文字列を無効にしたまま出荷するワケにはいかなかったので、次善の策として、一定の日時が来たら自動的に有効になる方法をとった。ちょうど10年前の今ごろ、発表の数日前のこと、ついに Safari は世を忍ぶ隠れ家から堂々と自分を名乗れるスポットライトの下へ出て行ったのだった。

We couldn’t ship with the real Safari user agent string disabled, but we came up with the next best thing — automatically enabling it after a certain date. Just about this time 10 years ago, days before it was to debut, Safari went from hiding its light under a bushel to being proud of who it really was.

私は発表前の数日間、インターネットのサーバーログをくまなく探しては心配で眠れぬ夜を過ごしたものだった。

And I spent the days before that debut nervous and losing sleep as I combed the Internet for server logs.

     *     *     *

敵を欺くにはまず味方からというワケだろう。

ジョブズ時代の開発秘話だ。

Don Melton については彼をゲストに迎えたポッドキャストがメチャオモシロい。

Forstall のインタビューを受けたときや開発当時の様子のほか、あまり耳にすることのないアップルプログラマーの名前が続出する・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

tony_faddel2_3350

[Tony Fadell:photo

iPod の父と呼ばれた Tony Fadell の Scott Forstall 解任に対するコメントが話題になっている

「Scott は当然の報いを受けた」(Scott got what he deserved)、「みんなが喜んでいる」(people were cheering in Cupertino)というものだ。

BBC News: “Tony Fadell: From iPod father to thermostat start-up” by Leo Kelion: 29 November 2012

そのことを取り上げた John Gruber のコメントが興味深い。

Daring Fireball: “Forstall vs. Fadell” by John Gruber: 30 November 2012

     *     *     *

「当然の報いだ」

Scott Forstall がアップルを逐われたことに対する Tony Fadell の「彼は当然の報いを受けた」というコメントについては、この二人が iPhone の方向付けについて直接張り合う立場にあったことを考慮すべきだろう。2008 年に自分は次のように書いたことがある。

Worth keeping in mind regarding Tony Fadell’s “got what he deserved” comments regarding Scott Forstall’s ouster from Apple is that these two guys were directly vying with each other to define the iPhone. From a 2008 piece here at DF:

     *     *     *

iPhone OS に何を採用すべきか

iPhone OS に何を採用すべきかについては iPhone 開発初期に激しい論争があったと聞いている。Forstall と Serlet は OS X を使うべきだと主張し、Fadell は(あるソースによれば前役員の Steve Sakoman も)別なものを使うべきだと主張した。この論争で勝ったのが Forstall と Serlet であることは明らかだ。大げさに聞こえるかもしれないが、この初期のデザイン上の決定が、唯一アップル史上最も優れた決定であったということもできるのではないか。今になればそれ以外の iPhone を想像するのは困難だが、開発初期においては余分なものを一切削ぎ落し、リニューアルした OS X が携帯電話にも使えるということが当然の結論だったワケではない。

The story I’ve heard is that at the outset of Apple’s iPhone initiative, there was a heated debate within Apple as to what OS should be used [for the iPhone]. Forstall and Serlet pushed for using OS X. Fadell (and, according to one source, former Apple executive Steve Sakoman) pushed for using something else. Obviously, Forstall and Serlet won this debate, and, hyperbolic though it may sound, it may prove to be the single best early design decision in the entire history of the company. It seems hard to imagine the iPhone any other way now, but at the outset it was not a foregone conclusion that a stripped down and revamped version of OS X would work for a mobile phone. […]

     *     *     *

Bチームに甘んじれなかった Tony Fadell

クパティーノのウワサでは、Fadell は辞めさせられたのではなく、Papermaster のようにアップル携帯デバイスのハードウェアエンジニアリング全体を統轄する役割を与えられなかったからだという。iPhone によってアップルにおけるエリートAチームとしての iPod の影が薄くなったが、Tony Fadell はBチームで収まるようなタマではなかったということだ。

The word on the street in Cupertino is not that Fadell was pushed out the door, but that he was never offered a role like Papermaster’s, encompassing all of Apple’s handheld hardware engineering. The iPhone has eclipsed the iPod as the A Team at Apple, and Tony Fadell does not sound like a B Team sort of guy.

     *     *     *

みんながよろこんでいるワケではない

そういうことで Fadell は必ずしも偏見のない立場ということではないようだ。また Forstall の追放をアップル社員がよろこんでいるというコメントについては、それも本当だとは思うけれど、それがみんなではないという点に注意すべきだ。少なくとも Forstall の iOS 部門では、多くのエンジニアやデザイナーは Forstall の下で働くことを好み、みんなが彼を支持していると感じていた。彼は派閥的 — 偏向的 — ではあったが、誰もが彼を嫌っていたワケではないのだ。

So it’s not like Fadell is an unbiased observer here. And as for his comment that Forstall’s ouster resulted in cheering from employees in Cupertino, I’m sure that’s true, but it’s important to keep in mind that the cheering was not universal. At least within Forstall’s iOS division, many engineers and designers liked working under Forstall, and felt that he had their backs. He was divisive — polarizing — not universally disliked.

     *     *     *

敗軍の将に世間の風は冷たい

しかし必ずしもみんなが Forstall に背を向けているワケではない。

後から読み返すに足る記事を残せる Gruber はいい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[イノベーションを闘い取る:image

かつてアップルで仕事をしたことのある Michael Lopp が興味深い発言をしている

Rands In Repose: “Innovation is a Fight” by Michael Lopp: 11 November 2012

     *     *     *

いずれは命運が尽きる

いずれはアップルも命運が尽きる。そうだ、地上で最も価値ある会社が少しずつ活気を失い、月並みな会社になってしまうのだ。考えたこともなく、予想もできなかったものになってしまう。これぞ恐ろしくも効率的な技術淘汰の世界なのだ。なぜならそこは、優れたネズミ取りを作ることより、「なんでそんなものが必要なんだ?」と尋ねるような輩がうようよいる業界の話だからだ。

Apple is eventually doomed. Yes, the most valuable company on the planet will slowly fade into stagnant mediocrity. It will be replaced by something that they will not predict and they will not see coming. This horrifically efficient culling is a fact of life in technology because it is an industry populated by a demographic intent not on building a better mousetrap, but who avidly ask, “Why the hell do we need mousetraps?”

     *     *     *

すべてはジョブズの死から

アップルの悲運は静かに始まるが、何時それが始まるのかは誰も正確には予想できないだろうと思う。数十年後の歴史家なら、様々に定量化可能な洞察を重ねた結果明らかになると思われる、そんな終わりの始まりとなるたったひとつの出来事をピンポイントで当てることができるだろう。実際の出来事はさまざまに歪曲され、雲に覆われ、あるいは完全に忘れ去られてしまうからこそ、「明らかに」なるように思われるのであり、だからこそすべてが明白かつ、より早く、単純に思えるのだ。そのような出来事はジョブズの死を皮切りに始まり、それ以降の出来事は重要さに応じて明確に区分され、そして「ここだ。これがそうだ。ここから始まったのだ」ということになる。

Apple’s doom will start quietly and I doubt anyone can predict how it will actually begin. It will be historians who, decades from now, will easily pin its demise to a single event that will appear obvious given years of quantifiable insight. And it will only be “obvious” because the real details will have been twisted, clouded, or forgotten entirely, so it will all seem clearer, faster, and simpler. Their explanation will start with the passing of Steve Jobs, and they will draw a clear line to a subsequent event of significance and will say, “Here. This is it. This is when it began.”

     *     *     *

未完の長いリスト

トップの幹部たちが変わるのはアップルではいつものことだった。Mark Papermaster のことを覚えているだろうか? Avie Tevanian は? Jon Rubinstein? Steve Sakoman? Tony Fadell? Sina Tamaddon? Bertrand Serlet? Fred Anderson? Nancy Heinen? これらの主人公たちが辞めた背景にはいずれもそれなりの物語があった。長く続く未完のリストを見ただけで、Scott ForstallJohn Browett が最近辞めたことにもそれなりの理由があったのだろうと思えてくる。たいしたことじゃない、しょっちゅうあることだ、と。

Executive rearrangements have been going on at Apple for years. Remember Mark Papermaster? Avie Tevanian? Jon Rubinstein? Steve Sakoman? Tony Fadell? Sina Tamaddon? Bertrand Serlet? Fred Anderson? Nancy Heinen? There’s likely a compelling departure backstory for all of these key players, but the sheer length of this incomplete list gives some perspective to the recent announcement regarding Scott Forstall and John Browett – no big deal. Happens all the time.

果たしてそうだろうか?

Maybe.

     *     *     *

カルチャーに馴染めない

Papermaster がそうだったように、Browett もアップルのカルチャーに馴染めなかったということのように見える。彼が着任したことでアップルがひどいアレルギー症状を示したという意味だ。しかし Forstall の場合は、古くからのアップル本流(old school)なのだ。私がまだアップルにいたころ、彼こそが唯一ジョブズの正統なる後継者で、ジョブズを思わせる様々な特徴を兼ね備えているというのが、もっぱら Caffe Macs[注:アップル本社の社員食堂]でのウワサだった。すなわち、

Like Papermaster before him, all the signals point to the fact that Browett was not a cultural fit, which is Apple-speak for the organism having an intense allergic reaction to his arrival. Forstall, however, was old school. In my years at Apple, the Caffe Macs chatter about Forstall was that he was the only legit successor to Jobs because he displayed a variety of Jobsian characteristics. Namely:

・彼は嫌なヤツかもしれないが・・・
・すべてをうまくやれるように見えたし、それに・・・
・なぜ彼がうまくやってのけるのか、その成功の処方箋は誰にも分からなかった

– He was an asshole, but…
– Success seemed to surround him, and…
– No one was quite sure about the secret recipe to achieve this success.

     *     *     *

イノベーションは闘いだ

私がアップルを辞めたあとでも、重役連の間での Forstall の尊大な態度についてはよく耳にした。それでも彼が辞めたことはショックだった。スティーブ・ジョブズ本人にはなれなかったとしても、アップルに残った連中の中では最もスティーブ・ジョブズに近かったからだ。彼の周囲にはいつもある種の攪乱的要素(a certain amount of disruption)がつきまとっていたが、それこそアップルでの仕事のやり方だったし、それはいわばうまく制御された内部戦争(well-managed internal warfare)だったのだ。イノベーションはみんなで決める委員会などからは生まれない。イノベーションは闘いなのだ。汚く、死者も出る。しかし闘いのあとには、誰も想像できなかった何か重要なものが達成されるのだ。

While I’d continued to hear about the disdain amongst the executive ranks about Forstall after I left Apple, I was still shocked about his departure, because while he was in no way Steve Jobs, he was the best approximation of Steve Jobs that Apple had left. You came to expect a certain amount of disruption around him because that’s how business was done at Apple – it was well-managed internal warfare. Innovation is not born out out of a committee; innovation is a fight. It’s messy, people die, but when the battle is over, something unimaginably significant has been achieved.

     *     *     *

攪乱的要素はどうなる?

Forstall が辞めたあと、その仕事はそれぞれ Bob Mansfield、Jony Ive、Eddy Cue、Craig Federighi に分割された。彼らが才能ある有能なリーダーであることは疑いもないが、彼らは果たして攪乱的要素を持っている(disruptive)だろうか? そうあらんとするインセンティブを持ち合わせているだろうか? 私の立場から見れば、責任を分担することとなる連中はオペレーションの面では世界で最も有能かもしれない。オペレーションのリーダーとしての仕事は、予想し難く、測り難い様々な点を探し出しては少しでも減らすことだ。

With Forstall’s departure, I believe his former lieutenants have been distributed to Bob Mansfield, Jony Ive, Eddy Cue, and Craig Federighi. While there is no doubt in my mind that these are talented and qualified leaders, are they disruptive? Are they incentivized as such? Because from where I’m standing, the guy in charge is possibly the most talented operational leader on the planet. And an operational leader’s job is ferret out and exterminate all things that make their world less predictable and measured.

     *     *     *

「協調」なんて

解任のプレス発表で私をもっとも不安にさせたのは最初の文章であり、「協調」(collaboration)ということばだった。目を閉じてスティーブ・ジョブズに会うところを想像してみてほしい。どんな具合に進行して、結論が出るか想像するのだ。「協調」なんてことばが少しでも思い浮かんだりするだろうか? 私にはとてもそうは思えない。私はひたすら針の筵(むしろ)に座り、彼が爆発しズタズタにするのを待つだけだ。一見重要とも思えないアイコンをおざなりに作っただけなのに・・・

The word that worried me the most in the press release was in the first sentence. The word was “collaboration”. Close your eyes and imagine a meeting with Steve Jobs. Imagine how it proceeds and how decisions are made. Does the word collaboration ever enter your mind? Not mine. I’m just sitting there on pins and needles waiting for the guy to explode and rip us to shreds because we phoned it in on a seemingly unimportant icon.

     *     *     *

予想の出来ない不安定さ

どうしたら力を合わせてチームが仕事をできるかということに多くの時間を割いてきた私が、予想出来ない不安定さ(volatility)に重きを置くのは奇妙に思えるかもしれない。大きく、安定したオペレーションチームによってアップルが大いに裨益するのは間違いない。しかし同時に、競争力を保持するためには攪乱者のグループがいることも必要だと強く信じる。

As someone who spends much of his time figuring out how to get teams to work together, the premium I’m placing on volatility might seem odd. I believe Apple benefits greatly from having a large, stable operational team that consistently and steadily gets shit done, but I also believe that in order to maintain its edge Apple needs a group of disruptors.

     *     *     *

始まりになりはしまいか

Scott Forstall が好きか嫌いかは別にして、彼が去ったことによりアップルはより安定した会社になるだろう。そしてそれが始まりになりはしまいかと怖れる。

Love him or hate him, Scott Forstall’s departure makes Apple a more stable company, and I wonder if that is how it begins.

     *     *     *

Scott Forstall の解任という出来事も、視点の置き方次第で様々に見える。

アップルに在籍したことのある人間のことばだけに一層考えさせられるところが大きい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[Sir Jony Ive:photo

Scott Forstall の解任は大方の予期せぬところだった。

その直後に書かれた Micah Singleton の投稿がとても興味深い。

Forstall ではなく Cook の視点から書かれており、短いながら事の本質を衝いているように思えるからだ。

Thoughts of A Technologist: “Apple, Looking Forward” by Micah Singleton: 31 October 2012

     *     *     *

双頭のモデル

スティーブ・ジョブズが CEO だった時代、アップルにおけるリーダーシップは双頭の怪物だった。あらゆるアップル製品にはスティーブの手触りがあった。一方当時 COO だった Tim Cook はオペレーションの万全を図り、製品はきちんと顧客の手に届けられた。この双頭モデルのおかげで、アップルは創造性の面でも経営の面でもかつてない成功を収めた。いまや CEOになった Tim Cook は先日ある動きをしたが、それによって双頭のモデルが復活した。少し形を変えて、Tim Cook が全体をリードし、Jony Ive 卿がジョブズの役割を果たして、世界最大の会社の創造性を統括する形になってはいるが・・・

When Steve Jobs was CEO of Apple, its senior leadership was a two-headed monster. Steve put his touch on every product Apple released, while then COO Tim Cook made sure operations ran smoothly, and products were properly distributed. Using this model, Apple had unprecedented creative and financial success. With the recent moves made by now CEO Tim Cook, this model has returned, albeit slightly altered, with Cook leading, and Sir Jony Ive playing the role of Jobs, taking over creative control of the world’s largest company.

     *     *     *

創造的タッチ

認めるべきは認めよ。敢えてやり方を変えなくても、アップルは数多の成功を納め、たっぷり利益もあげることができただろう。しかし Cook はかつてアップルの隅々まで充満していた創造的タッチ(creative touch)失われ、何らかの手を打つ必要があることに気づいていた。かくて Ive に(創造性に関する限り)支配を委ね、ふたたび松明が灯されたのだ。そしてジョブズのオリジナル iPad 発表以来見ることのできなかった士気と期待をもって、全社が動き始めた。

Give credit where it is due: Apple would have had plenty of success, and made a ton of money standing pat, but Cook realized the creative touch that once permeated throughout Apple had disappeared, and moves needed to be made. With Ive at the helm, creatively speaking, the light has been switched back on, and employees throughout Apple are moving around with expectations and morale unseen since Jobs unveiled the iPad.

     *     *     *

みなが認めるデザインの天才

Tim Cook はまさにこの仕事にうってつけだ。彼はアップルを真に、その核心において理解している。Cook は何が問題か、何を(それも直ちに)変えるべきかを理解している。マージンがいかに高かろうと、銀行にどれだけの現金があろうと、アップルの真の遺産(true legacy)は革新的デザイン(innovative design)であり、衆目の一致するデザインの天才がアップルを前に導く必要があることを彼は理解している。90年代末にアップルに復帰したときジョブズが始めた双頭のモデルが、ジョブスでなくても[注:All rights reversed、転載自由、コピー自由]うまくいくことを理解しているのだ。

Yes, Tim Cook is the right man for the job. He understands Apple at its core. He understands when there is an issue, changes need to be made, and quickly. He understands that no matter how high margins are, or how much cash they have in the bank, the true legacy of Apple is innovative design, and a proven design genius must lead them forward. He understands the two-headed model that Jobs installed after his return to Apple in the late 90’s can work when reversed.

     *     *     *

来年の WWDC を期待

創造性を統括した Ive の最初の成果を見るのは WWDC ‘13 になるだろう。そのとき iOS および OS X の次期バージョンが発表されることになる。年初には計画が白紙に戻される。ハードウェアの発表はないだろう。予想外の iPad のアップデートを除けば・・・。Jony Ive 卿の舞台はこの夏に定められた。アップルの未来のソフトウェアがいかなる変化を遂げるか、皆が目撃することになるのだ。

We should see the first fruits of Ive’s creative control at WWDC ‘13, when the next iterations of iOS and OS X are due to be unveiled. The slate has been cleared for the beginning of the year. There will be no hardware releases, barring another unexpected iPad update. The stage has been set for a Sir Jony Ive showcase this summer, and we’ll all be waiting to see what the future of Apple’s software will look like.

     *     *     *

アップルにおけるトップ改編人事の本質は Singleton の指摘に尽きるのではないか。

マイクロソフトの Sinofsky と Forstall の去就は同一視点では論じられない気がする。

改めて Tim Cook を再認識する・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »