Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Sandy Bridge’


さっそく分解された13 インチ MacBook Air

最新アップル製品の分解はいまや iFixit の独壇場だ。バラシの早さ、見やすい写真、分解の手順、必要工具など、iFixit の右に出るものはいない。

発売されたばかりの 13 インチ MacBook Air を iFixit がさっそく分解している。

iFixit: “MacBook Air 13″ Mid 2011 Teardown“: 21 July 2011

iFixit の分解に基づいて Ars Technica が解説を加えた。

Ars Technica: “Sandy Bridge’s GPU makes room for Thunderbolt in new MacBook Air” by Chris Foresman: 22 July 2010

     *     *     *

変更された点は

アップル最新の MacBook Air がはやくも iFixit のラボで12のパーツに分解された。内部も外部も、昨年10月に出た一世代前のモデルとほぼ変わらない。変更されたのはバックライトキーボード、Bluetooth 4.0、Thunderbolt をサポートするため変更だけだ。

Apple’s latest MacBook Air has already made its way to iFixit’s labs, and it’s currently in 12 pieces. Though its insides and outsides are barely different from the last-generation Air released last October, a couple internal changes were necessary to add support for the backlit keyboard, Bluetooth 4.0, and Thunderbolt.

     *     *     *


ユニボディ Air

ペンタローブの特殊ネジ

iFixit の説明では、MacBook Air の外部から分かる唯一の変化は高速インターフェイスの Thunderbolt ポートだけだ。カーブしたアルミユニボディ底部に同じ10本のペンタローブ[pentalobe:五角形の花形]特殊ネジで固定されている。だからペンタローブドライバーを使えば前モデル同様簡単に内部にアクセスできる。

iFixit noted that the only identifiable change in the exterior is the “lightning bolt” that denotes the new MacBook Air’s Thunderbolt port. The same ten pentalobe screws hold the bottom plate on the carved aluminum unibody, so with the right screwdriver it’s as easy to access the internals as the previous models.

     *     *     *

直付けの RAM、直付けでない SSD

内部もほぼ同じで変わらない。新しい Air は昨年のモデルと同じく小型のブレードタイプ SSD を使用している。だからその気になればユーザーがアップグレードすることも可能だ。RAM はマザーボードに直付けのままだ。スピーカエンクロージャ、バッテリー、クーリング、ロジックボードの大部分も前のモデルと同じだ。

Inside, things are largely the same as well. The new Airs use the same small, blade-type SSDs as last year’s model, so it’s possible to upgrade on your own if you like. And RAM remains soldered directly to the motherboard. Speaker enclosures, battery, cooling, and the overall logic board are also the same.

     *     *     *

ワイヤレスチップは Broadcom

しかし変更された部分もいくつかある。新しいワイヤレスモジュールには Bluetooth Low Energy (BLE) をサポートするシングルチップ Bluetooth 4.0 プロセッサ「Broadcom BCM20702」が採用されている。iFixit によれば、Bluetooth の新標準によってセキュリティが増し、待ち時間もほとんどなく、電力消費も少ないという。

However, there are a few changes. An updated wireless module includes a Broadcom BCM20702 Single-Chip Bluetooth 4.0 Processor with Bluetooth Low Energy (BLE) support. According to iFixit, the newer Bluetooth standard offers improved security, very low latency, and less power consumption.

     *     *     *


13 インチ MacBook Air のロジックボード。赤が Intel Core i5 プロセッサ、オレンジが Intel PCH]

NVIDIA の統合コントローラは不要に

グラフィックスはインテルのオンダイ HD 3000 IGP で処理されるようになったので、統合グラフィックス対応の NVIDIA 320M コントローラは不要になった。それに代えてインテルのプラットフォームコントローラ「E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K」が使われている。同部品に関する情報はインテルのサイトで見られる。統合 Thunderbolt コントローラがこれに含まれているようだと Kyle Wiens[iFixit CEO]はいう。

With graphics now handled by an on-die Intel HD 3000 IGP, there is no longer a need for the NVIDIA 320M controller with integrated graphics. That chip has been replaced with an Intel platform controller hub labelled “E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K.” Information about the particular part isn’t on Intel’s website, but iFixit CEO Kyle Wiens told Ars that it likely includes an integrated Thunderbolt controller.

     *     *     *

バックライトキーボード

最後に、MacBook Air にバックライトを採用するため LED および光学回路が追加された。バックライト電源のため LED アレイをロジックボードにつなぐリボンケーブルが追加された。

Finally, the keyboard now contains a series of LEDs and optical channels necessary for the return of a backlit keyboard to the MacBook Air line. A new ribbon cable connects the the LED array to the logic board to provide power for the backlighting.

     *     *     *

製造中止になった MacBook

Sandy Bridge チップ搭載 MacBook Air の修理難易度は前と変わらず 4/10[10/10 が一番易しい]だという。Air 特有の部品とペンタローブネジがその理由で、一般ユーザーに内部を触らせないようになっているのだ。「アップルにとっては今日は素晴しい日かもしれないが、修理業者にとっては悲しむべき日だ」と iFixit の Miro Djuric はEメールでいう。「アップルはシンプルでサービス可能な白い MacBook をこのほっそりしたセクシーな MacBook Air で置き換えてしまった。」アップルはひっそりと MacBook を製造中止にしてしまったのだ。

iFixit awarded the new Sandy Bridge-powered MacBook Air a 4/10 for repairability—the same as the preceding model—due to its use of largely proprietary parts and pentalobe screws meant to keep the average user from getting inside the machine. “Although today is an exciting day for Apple, it’s a sad day for consumer repair,” iFixit’s Miro Djuric said via e-mail. “Apple decided that this ‘svelte and sexy’ MacBook Air will replace the ‘simple and serviceable’ white plastic MacBook,” which Apple unceremoniously discontinued on Wednesday.

     *     *     *

Ars Technica があまり触れていないスピードについては、 Bare Feats が一世代前の Air の倍になったと報告している。

MacBook Air と引き換えにラップトップのスタンダードモデル MacBook を生産中止にしてしまったのはさすがにショックだ。

この点については The Loop が行なったアップル担当役員とのインタビューが興味深い。

The Loop: “Apple execs discuss Lion, MacBook Air, Mac mini, Thunderbolt display” by Jim Dalrymple: 20 July 2011

     *     *     *

MacBook Air の方が人気が高い

新型 MacBook Air の発表と同時に白の MacBook が姿を消した。消費者の動向を考えれば当然だとアップルはいう。

With the release of the new MacBook Air came the demise of the white MacBook. Apple said it made sense after seeing the trends of its customers.

「ひとつは MacBook Air の方が MacBook より人気があるということ」と David Moody[アップルのハードウェア製品マーケティング担当副社長]はいう。「重さもボリュームも半分なのにもっといろんなことができるから。」

“One of the things we saw is that the MacBook Air was simply more popular than the MacBook,” said Moody. “It does more in half the weight and in half the volume.”

     *     *     *

MacBook Air はラップトップのスタンダードモデルでありながら、シロウトが内部をいじることなぞかなわない存在となった。


大部分を占めるバッテリー

iFixit のバラシをみて改めて感じるのは、Air の中身の大部分がバッテリーで占められていることだ。

バッテリーの進化次第ではまだまだ変化が期待できるということか・・・

★→[原文を見る:iFixit
★→[原文を見る:Ars Technica
★→[原文を見る:The Loop

Read Full Post »

intel-sandy_bridge.jpg

Intel Sandy Bridge CPU

詳細なマックレビューでなる AnandTech の Anand Lal Shimpi が、未来のマックが採用する CPU について興味深い発言をしている。

Macworld: “Mac of the future: the CPU” by Anand Lal Shimpi: 01 December 2010

     *     *     *

時計仕掛け

この数年来、アップルがマックで使う CPU を予想するのは比較的カンタンだった。アップルがインテルの x86 プロセッサに移行して以来、インテルのロードマップを反映したものがマックのロードマップだった。インテルが新しい CPU を出す。すると数か月後にアップルが新しいマックを出す。まるで時計仕掛けのように正確だった。おかげでさもなくば予想のむずかしいアップルのプロダクトサイクルから驚きの要素がいくぶん失われてしまった。

For the past few years, predicting the CPUs that Apple would put inside its Macs has been relatively easy. Ever since Apple made the move to Intel’s x86 processors, the Mac road map mirrored Intel’s road map: Intel would release a new CPU, and a few months later Apple would release a new Mac. It was like clockwork, and it removed some of the surprise from Apple’s otherwise difficult-to-predict product-release cadence.

     *     *     *

壊れた時計仕掛け

ところが1年にわたってアップルはその時計仕掛けを壊してしまった。それはアップルが 2010 年4月に MacBook Pros を出したことから始まった。

But over the past year, Apple effectively smashed that clock. It all started with the MacBook Pros released in April 2010.

     *     *     *

13インチモデルは古いまま

そのアップデートの際、当時のインテル最新の Arrandale マイクロプロセッサ(Core i5 および Core i7 チップという名前の方がよく知られている)を採用したのは MacBook Pro ファミリーのうち15インチと17インチの2モデルだけだった。この CPU はインテルの最新技術(32-nm 製造プロセス、Hyper-Threading、Turbo Boost)を利用したものだ。しかし13インチモデルは古い CPU のままだった。

In that round of updates, only two members of the MacBook Pro family—the 15-inch () and 17-inch () models—got Intel’s then-new Arrandale microprocessors (more popularly known as the Core i5 and Core i7 chips). Those CPUs took advantage of some of Intel’s most up-to-date technologies—including a 32-nanometer manufacturing process, Hyper-Threading, and Turbo Boost. The 13-inch MacBook Pro (), however, stuck with the older Core 2 Duo CPU.

     *     *     *

今後を占うポイント

アップルが古い Core 2 Duo にこだわったことは2つのことを意味する。ひとつはアップルとインテルの関係がかつてほど居心地のいいものではなくなったのかもしれないということであり、二つ目はアップルが本当に GPU[graphics processing unit:グラフィックス・プロセッシング・ユニット]を気に入っているということだ。この2点が、アップルのハードウェアに関する今後2年間の意思決定に影響を及ぼすことになる。

The simple decision to stick with the Core 2 Duo indicated two things: first, that the Apple-Intel relationship might not be as cozy as it once was; and, second, that Apple really likes graphics processing units (GPUs). Those two points will drive much of Apple’s hardware decision-making over the next two years.

     *     *     *

インテルの最新チップはいらない

私の見るところ、アップルユーザーは13インチ MacBook Pro で(さらには MacBook Air の11インチおよび13インチモデルで)古い Core 2 Duo が使われていても気にしていないように見える。アップルとしては、これら製品が売れさえすれば最新で最高のインテル製品を使う必要を感じなくなっているように思えるのだ。

As far as I can tell, Apple’s customers didn’t mind when it used the Core 2 Duo in the 13-inch MacBook Pro (and, more recently, in the 11- and 13-inch MacBook Airs). If those products sell just fine, Apple will probably no longer see the need to use Intel’s latest and greatest products.

     *     *     *

OpenCL のおかげで

一方アップルは、より強力な GPU を使う必要を感じているようだ。現在マックを買うと、なんらかの形で強力な GPU がついてくる。15インチおよび17インチ MacBook Pro では統合グラフィックスプロセッサ Nvidia GPU が必要な場合に備えてセットになっている。かかる GPU は、OpenCL スペックのおかげで、リアルタイムのグラフィックスレンダリングだけでなく、一般的なコンピュータ処理作業にも使えるのだ。

At the same time, Apple has seen the need to use powerful GPUs in its computers. You can’t buy a Mac today that doesn’t have a robust GPU of some sort. Even the 15- and 17-inch MacBook Pros pair their integrated graphics with an Nvidia GPU, just in case you need it. Thanks to the OpenCL spec, such GPUs can be used for more than just real-time graphics rendering, taking on general computing tasks as well.

     *     *     *

AMD の可能性

したがってかつてはインテルの CPU を必要とした会社も、むしろ GPU の方が大事になってくるというわけだ。もちろんアップルが完全にインテルを止めてしまうことなど考えられないが、以上の点から考えると、今後2年間にアップルが AMD の CPU を使うことを検討してもおかしくはないのだ。

So you have a company that seems no longer to care as much as it once did about Intel’s CPUs, but that increasingly cares a lot about GPUs. While I can’t imagine Apple dropping Intel altogether, these two factors make me wonder whether Apple will at least consider using CPUs from AMD in the next two years.

     *     *     *

かくて Anand Lal Shimpi は AMD の CPU-GPU 戦略を振り返って、アップルが AMD チップを採用する可能性を検討する。

Fusion クラスのプロセッサから始まって、E-350 から Llano まで検討した結果、2012 年に AMD が強力な CPU-GPU チップセットを出すまでは、その可能性はないだろうと判断する。

続いてインテルの Sandy Bridge を取り上げる。

     *     *     *

Core i-シリーズの次世代 CPU:Sandy Bridge

この間インテルも甘んじていたわけではない。Core i-シリーズの第2世代 CPU(コードネーム Sandy Bridge)は 2011 年1月に登場する。アップルとしてはこのチップによってパフォーマンスの全体的向上と動画デジタル加工(video transcoding)のハードウェア的加速が可能になるハズだ。マックがこれを採用することはほぼ間違いない。

Intel won’t be standing still all of that time. The second-generation of its Core i-series CPUs (code-named Sandy Bridge) will come out in January 2011. Apple would get much better overall performance and hardware-accelerated video transcoding from these chips; their adoption in Macs is pretty much guaranteed.

     *     *     *

Sandy Bridge は OpenCL をサポートしない

Sandy Bridge は On-Die グラフィックスを採用するが、OpenCL はサポートしない。Sandy Bridge のグラフィックスは大部分の OS X ユーザーにとって十分な速度だと思われるが、アップルが OpenCL 対応の GPU をマックで採用するのを止めるとまでは考えられない。そういうわけで 2011 年においても大部分のマックは別個 GPU の搭載を継続するだろう。

Sandy Bridge will have on-die graphics, but that hardware won’t support OpenCL. While I believe Sandy Bridge’s graphics will be fast enough for the majority of OS X users, I don’t think Apple will want to stop shipping OpenCL-capable GPUs in its systems. For that reason, we may continue to see discrete GPUs shipped with most Macs sold even in 2011.

     *     *     *

マックへの採用は 2011 年から

Sandy Bridge チップは 2011 年の第1ないしは第2四半期に MacBook、MacBook Pro、iMac に搭載されると考えられる。Mac Pro については、Sandy Bridge の採用は 2011 年第3ないし第4四半期になると思われる。最近のモデル発表からみて、MacBook Air の本格的アップデートは早くても 2011 年末までは行なわれないだろう。

I’d expect to see Sandy Bridge chips appear in MacBooks, MacBook Pros, and iMacs sometime in the first or second quarter of 2011; I’d expect the Mac Pro to get Sandy Bridge sometime in 2011’s third or fourth quarter. Given the recent release of the new models, I wouldn’t expect to see the MacBook Air get a serious update until late 2011 at the earliest.

     *     *     *

Ivy Bridge

インテルは 2011 年末ないしは 2012 年初頭に Sandy Bridge の後継チップ Ivy Bridge を発表する予定だ。Ivy Bridge はより強力な GPU コアを有するハズだ。ただ、その性能がアップルが必要とする GPU の基準を充たすかどうかはまだ不明だ。

In late 2011 or early 2012, Intel is expected to release Sandy Bridge’s successor: Ivy Bridge. That should provide a more capable GPU core than Sandy Bridge; whether or not it will meet Apple’s requirements for a compute-ready GPU is still unknown.

     *     *     *

Sandy Bridge に関する記事もちらほら現れ始めた。(こちらこちら

Anand Lal Shimpi の記事は未来のマック CPU を読み解く上で格好の道標になるように思える。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »